【拡散希望】小選挙区は自民に、比例は #次世代 に!【衆院選ソングRANDOMYOKO】


RANDOMYOKOの最新動画です。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

「小選挙区は自民、比例は次世代へ!」

 

 

「小選挙区は自民、比例は次世代に!」というのは、
実は、私が考えたスローガンだったりします。

ネーミングライツを主張する目的ではありません。
いま考えると申し訳ないことしたなぁと。
「こんなのできたらいいなぁ・・・。」って、気軽に言ってしまいました。
緊急での依頼にも拘わらず、ここまでのクォリティのものを用意してくれるとは・・・汗

楽曲、作詞作曲、すべて彼女のオリジナルです。
著作権の問題は完全にクリアしています。
それがどれほどの武器で、そしてどれほど凄いことか。
このレベルの動画、楽曲を用意するのに、どれほどの労力が必要か。
私には想像がつきません。

投票依頼を行える公示後にあわせ、ない時間を捻出し、この日にあわせてアップしてくれた一撃必殺の動画です。

<ネット選挙を戦う仲間へ>
皆様の出番です。
「弾」は受け取りました。

あとは皆で撃つのみ。

FBでのシェア・ツイート、なんでもいい。
拡散、お願いします!
一気にネット世論を動かそう。

重要なため以下をお読みください。
【未成年へ拡散を!】未成年の選挙運動は禁止されています!※リツイートもダメ!
【大人にも拡散を!】ネット選挙の注意点(総務省のポップ)

 

リアルは誰しも自由に動けるわけではない。
「動ける方」に伝えるため、「伝える力」を少しずつ貸してください。
下記、いずれも拡散希望。

シリーズ:「試される覚悟、踏み出す勇気」
【選挙に行こう!?】ある自民党地域支部からの声、「比例は公明党」と言わざるを得ない苦悩。
【選挙に行こう!?】ある市議の日常、過酷な現場。ロビイストの苦悩
【選挙に行こう!?】漫画「試される覚悟、踏み出す勇気。」
【選挙に行こう!?】選挙事務所への紹介状・必読の選挙ノウハウ
【選挙に行こう!?】運動員の有難みと重み?政治家への手紙

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

22 Responses to 【拡散希望】小選挙区は自民に、比例は #次世代 に!【衆院選ソングRANDOMYOKO】

  1. ぴよぴよ のコメント:

    いつも更新ありがとうございます。
    日本を素敵な国に、そして次の世代に繋ぎたいので、選挙行きますし、周りにも伝えます。
    小選挙区、比例のアドバイスもありがとうございます。

    ただ、私の選挙区は悩みます。
    自民、共産の二人が立候補(そう、アソコです)
    ただ、いまいち自民の候補が…
    知名度はバリバリある方なんで圧勝でしょうが。

    そこで質問です。
    小選挙区、無記入、比例のみ記入って有効でしょうか。初歩的ですみません。

  2. 干し芋干し柿 のコメント:

    過去記事2014年3月22日の 「私のルーツ。議員としてこの場に在る理由。」 を読ませていただきました。
    感動いたしました。立ち上がってくださってありがとうございます。

    >ボロボロにされていく同世代を泣きながら眺めていた傍観者でした。
    若者の将来に不安を抱き選挙の重要性を話すのですが、当人たちは選挙の重要性に気がついておりません。

    >これより叩き落とされていく仲間たち(同世代)を見ると。
    >一方的に国家を(考えることもせず)安心しきっている。
    >ぞっとした。
    年金や仕事への不満があるはずなのに、諦めなのか不安から目をそらすためなのかスマホで一息も二息もついています。おそらく政治ブログは見ない。
    「若者の投票棄権」は地道な努力を避け、いきなりソコソコの人生を欲しがっているみたいですが、それは人間の性で仕方ないのかと諦めかけていました。

    >当時は「派遣社員」「契約社員」という聞きなれぬ言葉は
    >元々はエリート業種に限定された名称でしたから
    >「派遣になれた!」と驚きと共に喜ぶ若い女の子の声が耳から離れません。
    何と優しいまなざしでしょうか! 
    私も投げ出さずにやっていこうと考え直しました。
    先日の「在日特権・外国人特権はある」を見せようと思いますが、できましたら独身の若者用のシミュレーションも作っていただけないでしょうか? 政治に興味のない者には簡単で判りやすいのが受け入れられると思います。

    本日TVで高橋浩祐氏がツイッターで日経新聞の記事「若者世代の投票率1%低下→若者が年間13万5000円分の損をする」を紹介したところ瞬く間にリツィートがアップしたそうです。
    高橋浩祐氏や吉田浩教授がどのような方かは存じませんが、現実的な数値での損得勘定は説明もしやすく、若者も飛びつくようです。

  3. ピンバック: 【拡散】政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金についての政策協定 #次世代の党 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  4. 昭和20年生まれの男 のコメント:

    若い世代を見くびっていました。御免なさい。昭和20年生まれの私もノリマス。ネット世代よ、今の若者はなどと上から目線のオジサン、老人を見返して下さい。
    この応援歌を拡散お願いします。妖怪ウオッチの負けないブームを巻き起こしてください。
    「小選挙区は自民、比例代表は次世代の党!!」

    総選挙は無駄遣いと多くのマスメデイア、知識人が批判するが、見方を変えると700億円の金が動いたことにより、消費低迷の中潤った会社・個人もあります。全てが無駄遣いとは言えないと考えます。
    どなたかが、同じような主旨のを述べている方もいました。

  5. CherryBlossoms のコメント:

    はじめまして。大変勉強になる記事をありがとうございます。思ってもいなかったことが見つかりましたのでぜひ、皆様に知っていただきたいと思い、投稿させていただきます。時節柄、ふさわしくないと思われたら削除されてください。お忙しい中、よろしくお願いいたします。

    坂東忠信の日中憂考より
    投票用紙を受け取って、所定の位置で書こうとしたところ、
    「あ、鉛筆で書いてください」
    とのこと。

    「ああ、自分で持ってきたので」
    「鉛筆でお願いします」
    ・・・と執拗に鉛筆を勧めますので

    「鉛筆って、なにか決まりでもあるんでしょうか?」
    と聞くと、黙りました。

    まあ、お役所なので決められたことを決められたとおりにしてもらわないと気がすまない癖がついておりますから、「鉛筆を置いたのだから鉛筆で書け」ということでしょうか?

    後で消せなくなるからでしょうか(笑)

    みなさん、
    投票用紙にはしっかりと、
    マッキー(太)で書きましょう。
    以下略

    時事随想抄より
    今月14日に実施される選挙の開票作業に関連して、パソナが作業に当たるアルバイトを募集しているとのことです。この情報が事実であるとしますと、日本国の選挙に、特定の民間企業が介在することになります。以下略

  6. 左衛門府 のコメント:

    自分の選挙区はざっとこんな感じです
    次世代の党公認(勝たせたい)
    自民党公認(一期生)
    民主党公認(元社民?みどりの風)
    共産党公認(????)
    次世代一本か小選挙区自民、比例次世代で迷ってます…

  7. ひげじい のコメント:

    始めまして。これだけの内容を御忙しい合間にまとめあげることに驚嘆しています。
    読む方も真摯に向き合わなければと思う次第です。
    私は来年還暦という会社員です。
    私は、もう少し早く生まれたならば流行に乗って学生運動ごっこに興じていたかも
    知れません。それほど左翼思想に染まっていた自分でした。
    私が中学上級生だったころ東大安田講堂が落ち激しかった学生運動も終焉を迎え、
    次の年だったか浅間山荘事件を起こした日本赤軍の榛名山でのおぞましい実態が
    世に出たのでした。それでも、思想は変わらず左翼でした。
    私が18から20歳台の自民党による相次ぐ汚職事件で完全な反体制思想に陥り、それは
    かなりの年齢になるまで続きました。悪魔の飽食などというおぞましい本を読んで
    他人に反日思想を押し付けるような説教を垂れていたものです。
    それが、今は完全に転向。左翼の主張に危険な匂いを嗅いだのか、何かおかしいと
    思うようになったんでしょうね。きっかけは何だったのか今ではわかりませんが。
    2002年のワールドカップでの韓国の実態にも影響を受けたんでしょう。その後は
    ネットの普及でだんだん真の情報を得られるようになり現在に至っています。
    テレビもニュース番組はほとんど信じていません。チャンネル桜、見てます。

    さて、選挙ですが先日女房が食事会で、ある女性が「安倍さんは嫌、戦争を始める
    つもりみたいだから」と言ったというのです。これが大マスコミからしか情報を
    得ようとしない(多分ですが)大半の一般市民の実態なのかと愕然としました。
    我が家は女房のほうが保守に目覚めたのが早かったという稀(?)な家庭でして
    家でインターネットに接する時間が多い分早くから情報入手が進んでいたのかも
    知れません。民主党が政権を取ったときに歯ぎしりしていたのも女房でした。
    「あなた、まさか民主なんかに入れてないでしょうね!」入れてませんよう。
    てな具合でした。
    私も今回、選挙区は自民、比例は次世代にしようと思っています。ネット上では
    かなり変わってきているように思えますがまだまだ壁は厚いのが実態です。
    私は教育から変えていかないとなかなか変わっていかないのかと思っています。
    国というもの、責任と義務を果たしてこそ自由と権利を得る資格を与えられると
    いうことを小さい頃から教えなくては駄目です。現状の国民の無知蒙昧さを思うと
    切実に感じています。駄文、長文、失礼しました。今後のご活躍を期待しています。

  8. 昭和20年生まれの男 のコメント:

    今日の北海道新聞新聞≪共同通信社電話世論調査)、産経新聞(全国の総支局の取材と共同通信の世論調査などにより)がトップで「自民300議席超の勢い」と報じておりました。
    しかし共同通信の電話世論調査では「まだ決めていない」の回答が選挙区で53.3%、比例代表で45.5%に上っているとありました。
    安倍政権のおかれている立場は、崖っぷち(土俵際)と厳しいものです。

    あと10日厳しい戦いの日々です。理由は朝日新聞、NHK、テレビ朝日、週刊ポストなどの多くのマスメデイアが、「安倍政権」を潰すことに異様とも言えるぐらいに力を注いでいるからです。今年の流行語大賞の「ダメヨ、ダメダメ」「集団自衛権」は見事に「反安倍」ですね。

    3日(水)の北海道新聞朝刊では、「冷え込むネット選挙」(効果見えず「炎上」警戒も)の見出しで第二社会面大きく、明らかに「ネット」を否定するような記事を掲載しています。これは逆にネットの力の大きさを認めたからこその危機感なのかもしれませんが。
    ネットを駆使する若い力は、意図的に矮小化されております。
    怒れ!!若者たち!! 偏った考えを教え込まれた戦後教育を受けた世代に怒りをぶつけて下さい。
     小選挙区は自民党、比例代表は次世代の党
    孫たちのために、日本の将来を守ます。
     

  9. ピンバック: 【非公開資料・暴露】生活保護の裏マニュアル? | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  10. ピンバック: アクセス障害についてのお詫びと、特定記事の拡散のお願い | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  11. ピンバック: 明日(12月7日)の街頭演説のお知らせ | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  12. ピンバック: 【街頭演説】12月7日(日)街頭演説のお知らせ | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  13. ピンバック: 【拡散】外国人の選挙運動をやめさせる魔法【民主などが困る記事】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  14. ピンバック: 【2014衆院選】次世代の党、選挙演説(中山成彬・小坪慎也・RANDOMYOKO) | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  15. ピンバック: 【12月10日(水)】中山成彬・恭子夫妻、演説会in福岡(福岡市・北九州市) | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  16. ピンバック: 【外国人優遇】扶養控除制度是正についての政策協定 #次世代の党 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  17. ピンバック: 【市議会】無事に一般質問、終えました。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  18. ピンバック: 【12月10日】次世代の党・街頭演説(動画あり) | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  19. ピンバック: 【拡散】「最高裁判事国民審査」についての参考資料 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  20. ピンバック: 【衆院選総括1】小選挙区は自民へ。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  21. ピンバック: 【外国人特権】扶養控除制度是正についての政策協定 #次世代の党 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  22. ピンバック: 【拡散】政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金についての政策協定 #次世代の党 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください