平成26年9月議会(4)


○議長(宇戸健次君)

 小坪議員。

◆2番(小坪慎也君)

 それでは、もう残り7分しかございませんが、3番・4番に入らせていただきたいと思います。本当は喧々諤々いかずに済めば良いなと思っていたんですが、こうなってしまいました。

 今までは部長に問いますと言いましたが、3番・4番は明るくアットホームに市長と話ができればと思います。時間の関係で、4番からいきたいんですが、オートキャンプ場の治安についてでございます。これはちょっと危ないんじゃないかという要望が出ておりました。事前に少しお話をさせていただく機会もあったんじゃないかと思います。

 具体的には、道路から見えない、奥まっている。野球場の駐車場も含めてなんですが、夜間の公共施設、特に広い駐車場等に関しては、少し危ない。夜間の施錠、例えばゲートを付けるとかカメラを置くとか、これが、できれば行政が付けるものですから、偽物のカメラじゃなくて、ちゃんとしたカメラのほうが良いと思うんですが、また、よその自治体では、結構問題になっていますので、検索したら、いろいろ出てきましたが、障がい者用のトイレの夜間の治安というのは、決して良いものではありません。これらも含めまして、そこらの治安対策を予算執行措置も含めて具体的にお伺いできれば嬉しいなと思います。

 また恒久措置として、建設する際に、どうしても公用地は広い場所にありますから、夜間ちょっと人の流れが少ない所があります。ですから設計段階から夜間の治安等について、ちょっと勘案して設計していただければなと思います。よろしくお願いします。

○議長(宇戸健次君)

 田中市長。

◎市長(田中純君)

 特にオートキャンプ場を中心とした夜間を含めた治安問題ということで、ご質問をいただきました。

 事前の議員の通告を受けまして、少し内部的に調査をさせていただきました。その調査の内容は徹底的にやったというわけでは、必ずしもありませんし、表面的な調査と、後でお叱りを受けるかもしれませんが、そういう調査をやりました。

 ところが、その結果は、現状はですね、現状はそんなに極めて深刻な状況ではない。一時、夏休み中に花火の爆竹の後の残骸物が散らばっていたとか、少し若い人たちが奇声をあげていたとか、そういうような報告はあがってきていますが、率直に言って、現状ではそんなに深刻な問題ではない。さらに、警察等からもお話をお伺いしましたけれども、これは予想に反して、若者の世代の犯罪率というのは、実は行橋は落ちているんですね。件数も実は落ちていて、そういった意味でも、大きな現状では問題はないという認識でございます。

 従いまして、議員ご提案のカメラを付けたらどうかということは、将来的には十分検討の余地があるし、また場合によっては、そういう措置もしなければならない状況がくるかもしれないということは十分認識しておりますけれども、現状では、まだ良いのかなと。率直に言いまして、議員ご提案のことを全てやると、かなりの金額が掛りますので、それほど深刻でない状況であれば、現状では差し控えさせていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

○議長(宇戸健次君)

 小坪議員。

◆2番(小坪慎也君)

 私は、近所でございますので、結構やいやい言われるのと、通報等で調査で掛るかどうか分からないのですが、正直言えば明け方、早朝、ちょっとシンナー臭い時があって、今はないかもしれませんが、ちょっと大きな問題が発生するときついなと。

 またあまり言いたくないのですが、障がい者トイレにおける性的被害が発生する可能性が高い。それで今あるかどうかではなく、未然に防ぐという観点が必要かと思うんです。僕はもうちょっと個人的には、せめてゲート。カメラの設置だと、言うほど掛らないと思うので、是非検討していただきたいと思いますが、この場でその答弁を求める思いはありません。

 また恒久対策として。ちょっと3番は難しいかな。恒久対策として設計段階の問題があると思うんですね。研修センターから先というのは、道路から全く見えないので、夜間、連れ込まれたり等があると、もう正直どうしようもない。あと私が近所なので、聞いたんですが、女の子だけで花火をしていて男の人にからまれて、結局通報したという話があったと思います。叫び声があっても、ここは確実に聞こえないので、本当にお金が掛るのは有人監視等だと思いますが、設計段階から駐車場の位置がちょっと悪いと思うんですよ。オートキャンプ場のみならず、他の所もちょっと設計段階から織り込んでいただければ、後々お金が掛からないなと思います。特に安全安心の部分ですから、しっかりやっていただきたいと思います。お願いします。

○議長(宇戸健次君)

 田中市長。

◎市長(田中純君)

 議員ご提案の内容につきましては、私は全く同感でございます。ただ考え方については全く同感でございますが、事実認識として、事実行為として、より精査を進めた上で、そういう事実があれば、あるいは具体的に迫った危機があれば、その状況で対応したいと考えております。

 現状では、今元の交番にオートキャンプ場を中心としたところのパトロール強化等はお願いしておるところでございますが、現状はそういう対応で処理をしている。そして今後、公共物を建てるときには、治安に配慮して、当初からカメラの設置等は、考慮をすべきであるというお考えには全く賛成でございます。検討させていただきます。

○議長(宇戸健次君)

 小坪議員。

◆2番(小坪慎也君)

 最後、言い逃げのようになると思いますが、他の公共施設、特に障がい者トイレに関しては夜間の治安がどうかという調査、これは是非お願いしたいと思いますし、対応が必要な所は対応をお願いします。以上です。

○議長(宇戸健次君)

 会議運営上、ここで5分間休憩いたします。
 
 休憩 11時17分

 再開 11時25分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です