Monthly Archives: 11月 2022

【ご意見伺い】ネットで行くか、リアルでやるか。~これからのネット保守のために。

にほんブログ村     せめぎ合いがあった、私の中にも。 私はネットを否定する立場ではないし、むしろ極めて肯定的な立場です。かつて”ネットとリアルの橋渡し”を掲げ、少しでもリアルの政治側に、ネットの声 … Continue reading

Posted in 国政報告 | 35 Comments

【自民党そのものを】ブルーリボンの着用に関する共同声明、通達発出を求める。【動かしたい】

    ”安倍元総理が亡くなった今年”だからこそ、やらねばならぬことがある。 今年、折れてしまった心は、 来年、何をやっても戻ることはない。 私は救う会を代表する立場にはないし、家族会の心情を代弁する … Continue reading

Posted in 国政報告 | 4 Comments

天安門事件の再来か?中国で大学生らが抗議活動、極めて大規模。在留邦人および家族の避難準備が必要だと思う。

    散発的な抗議は今までも生じていた。まず述べておきたのは、中国には国軍は存在しない。国軍とは国民を守るものなのだが、中国の国民を守るための軍ではない。人民解放軍は、中国”共産党”の私兵集団だと言 … Continue reading

Posted in 国政報告 | 13 Comments

【納刀】月刊WiLL”廃刊”のリスクもあった。発行元のワック株式会社を訪問、出版局長と協議を終え、握手して写真を撮りました。

    抜刀速度、そこに驚かれた方も多いのだろう。これは事前の調整がなされていたという一つの証明である。ポイントは納刀までの速度、実は抜刀から納刀が尋常じゃなく速い。本件はここに取りまとまり、いずれの … Continue reading

Posted in 国政報告 | 5 Comments

【台湾・対中強硬路線に黄信号】蔡総統が主席を辞任表明、統一地方選で敗北のため。遠くない未来、台湾が”平和的に”中国に併呑される可能性。日本のシーレーンにも危機

    この統一地方選とは、来たる台湾総統選挙の前哨戦。総統選で「対中強硬路線」の候補が敗北すれば、やがては「親中派」となり、経済的な部分からの「媚中派」となる危険性はあり、それは台湾が中国に併呑され … Continue reading

Posted in 国政報告 | 10 Comments

WiLL発行元のワック株式会社に訪問し、出版局長と協議しました。

    平和的にお話をしまして、握手をして写真を撮りました。 私たちは顔も名前も晒して、かつ文責を負ったり論評もされます。 「出版することの社会的責任」を果たす意味でも、私は同列だと思っておりますので … Continue reading

Posted in 国政報告 | 2 Comments

【ブルーリボンを守る議員の会】主要各党、立憲・維新・国民に1000名を越える地方議員の賛同リストを提出。自公の足並みが揃ったとして。【国家を動かすためにシェア】

    自公の足並みが揃ったとして、立憲民主党・日本維新の会・国民民主党に1000名を越える政治家の賛同リストを提出させて頂きました。ネット上においては、特に私の読者層からすれば「なぜ?」と思う方もい … Continue reading

Posted in 国政報告 | 6 Comments

【撃ち方止め】ワック(月刊WiLL発行元)が事態を認め、お詫びと訂正を投稿【政治家の仕事】

    すでにWiLL編集部のアカウントにおいて、当該事件に関するtweetがなされている。出版元であるワック社の出版局長の名で、”編集部の意向が混在”し、添田議員の主張ではない点があったことを認めて … Continue reading

Posted in 国政報告 | 8 Comments

月刊WiLLが議員名の原稿でアサヒ芸能を”盗作”。ウイグル問題でも容認しがたい誤報を掲載。添田詩織(泉南市議)が苦境に。【これからの保守媒体のために】

   月刊「WiLL」のデタラメでいい加減な編集で添田詩織議員(泉南市議)の政治生命が葬られようとしています。添田議員の名で十二月号に「彼女の論文」が掲載されていますが、実はこの論文は彼女が書いたものではないの … Continue reading

Posted in 国政報告 | 12 Comments

まだ上手く書けない。

    今日は寝ます。 んー、ネットとリアルの乖離を発表するときも迷った。 同じぐらいに迷う、今度は現在進行形・・・。 そういうときは寝るに限る。   ちなみにリアルでの政治は順調、 木曜日 … Continue reading

Posted in 国政報告 | 1 Comment