【一般質問】「しんぶん赤旗について」が、産經新聞に掲載されました。


昨日、一般質問を行うと報告させて頂きましたが、産經新聞にて記事になっております。
webのみならず紙媒体、明日の朝刊(12月10日)に掲載される模様。
未確認ですが、九州版ではなく、どうも全国版のようです。
日本全国どこでも記事が読めるということでしょうか。
(中のことはよくわかりませんが。違ったらごめんなさい。)

相当に大きく扱って頂き、なんというか照れてしまいます。
一期生の新人、議員歴も一年半という状況を鑑みれば異例の扱いというか、光栄というか。
私個人としては、前エントリで触れたように「一般事務に関する」項目として重要だと感じたまで。
シンプルな疑問を持ったのみであり、まさか全国紙でこのような扱いを受けるとは想定もしておらず。
私自身、ただただ驚いております。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

関連:前エントリ
【平成25年度12月議会】一般質問に立ちます。(しんぶん赤旗の庁舎内配布について)

<他紙、地方版についての釈明>
私から説明することでもないとは思うのですが、問合せを何件か頂いたので説明。
「小坪 赤旗」で検索したところ、「朝日・毎日・西日本」の記事は今はヒットしないようです。
地方版では報じられないのかしら。
(掲載記事がありましたら教えてください。随時、紹介させて頂きます。)

「ネットに記事あるよ」と、行橋の支援者から教えてもらったのですが、(他紙の)地方版にも載るものだとワクワクしていたようです。(産経は取られていないのでしょう。)
一社に掲載されたからと言って、全紙に掲載されるわけではないと伝えたところ少し落胆していた様子。
私自身もこのように大きな記事になって驚いております。
私は記者ではないのでわかりませんけど。

 

 

共産党市議、福岡県行橋市役所内で「赤旗」を勧誘・配布・集金 20年以上前から 「政治的中立性」に疑念…

2013.12.9 22:54 (1/2ページ)
福岡県行橋市の管理職職員の多くが、共産党市議らから政党機関紙「しんぶん赤旗」の勧誘を受け、職場で購読していることが9日わかった。少なくとも20年前から市役所内で勧誘や配布、集金が行われており、市議の立場を利用した「心理的強制」にあたる可能性もある。市は、職場での購読は地方公務員法で定める「政治的中立性」に疑念を持たせるとして実態調査を検討している。同様のケースは他の自治体でも表面化しており、全国に広がる可能性がある。(田中一世)

9日の12月定例議会本会議で、小坪慎也市議(無所属)の一般質問に、松本英樹総務部長が答えた。

小坪氏は、共産党の市議や元市議らによる勧誘の結果、部課長級職員(約60人)のうち、少なくとも半数が「しんぶん赤旗」の日刊紙(月額3400円)か日曜版(月額800円)を購読しており、職場の机上に配布されていると指摘した。その上で「市議に勧誘されれば職員は断りにくく、心理的強制の可能性がある」と述べ、購読の経緯について実態調査を進めた上で是正を求めた。

松本氏は、共産党市議らによる市役所内での勧誘、配布、集金を認めた上で「私の知る限り20年以上前から続いている。購読は職員個人が判断することだが、政治的中立性を疑われるという意味では、市役所を訪れる多くの市民の目に(赤旗が)触れる現状はいかがなものかと、判断せざるを得ない」と答弁した。

また、「部課長級職員を対象にどのような形で調査するのか、これから工夫していきたい」と述べた。
小坪氏は「赤旗の購読は事実上、共産党への政治献金だ。職場内は赤旗まみれになり、市民から『市は共産党員が多いのか』と誤解されており、公務員の政治的中立性が疑われる。市役所内での購読や配布を禁止すべきだ」と求めた。

一方、ある市職員は、産経新聞の取材に応じ、係長級昇任時に日曜版、課長級昇任時に日刊紙の購読を共産党市議に持ちかけられたと明らかにした。現在、共産党支援者らが市役所内の職場を回り、配布しているという。この職員は「共産党は議会での追及が非常に厳しいし、他の管理職職員も大半は購読しているので断るわけにはいかないと思った。まあ購読しても手加減してくれるわけではないのですが…。小坪氏の(購読禁止の)要求が通れば多くの職員は『万歳』ですよ」と打ち明けた。

共産党の徳永克子市議は産経新聞の取材に対し、「市職員とはいえ個人として申し込みがあり、購読してもらっている。私個人の問題ではないので、今後の対応は党全体で検討したい」と述べた。

共産党の地方議員が職員に対し、赤旗購読を勧誘するケースは、神奈川県鎌倉市や川崎市など他の自治体でも表面化している。

転載元)
共産党市議、福岡県行橋市役所内で「赤旗」を勧誘・配布・集金 20年以上前から 「政治的中立性」に疑念…

同様の記事:産経デジタル IZA
共産党市議、福岡県市役所内で「赤旗」を勧誘・配布・集金

正直、ブログはあまりやる気がなかった。
こう見えてもそれなりに多忙で、ネットはやったりやらなかったりというのが実情。

記事において、これだけ大きな扱いをして頂いても、やはり私の述べたニュアンスの全ては伝わらない。なにしろ70分もの時間を質問(+執行部答弁)に費やすのだ。
それを第三者が(可能な限り客観的にではあるが)編集し、読みやすくしていく。
非常によくまとまった記事であり、文才のない私などからすれば、そのスキルを羨むばかり。

しかし。
いかに腕の良い料理人であろうとも、オリジナルには近づけることはできても完全に同じにはならない。
第三者の手を経由し全国に広がった以上、「実際は何を述べたか」「どのような思いから発言したのか。」は説明しておくべきだろう。
冗長にはなってしまうだろうが「オリジナルの全文」を併記、アップすることは市議としての責務のように思う。

あれもこれもといううち、約束したタスクが山積みである。
プロの記者に比べれば、駄文の積み重ねに終始するのは明らかだ。
恥をしのんでやるしかあるまい。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓


カテゴリー: 市議会議員 パーマリンク

【一般質問】「しんぶん赤旗について」が、産經新聞に掲載されました。 への12件のフィードバック

  1. 鵜飼 敏彰 のコメント:

    小名木善行さんのFacebookで紹介されていたのを見てここに来ました。
    ごネット社会はかつてない速度で情報が広がることがありますが、ほとんどがクチコミですので、本人からの事実関係の発信はとても大事な事だと思います。これからも頑張って下さい!

    • shinya_k のコメント:

      ねずさんにはいつもよくしてもらっています。
      今後ともよろしくお願いします!

  2. ピンバック: 【編集済み】ある自治体で「赤旗配布」の「禁止を検討」(記事、出ました) | 小坪しんやのブログ~行橋市議会議員

  3. ピンバック: 祖母の死。本会議最終日。公の重み。 | 小坪しんやのブログ~行橋市議会議員

  4. ピンバック: 平成26年度3月定例会 発言通告 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  5. ピンバック: 我、敵陣に突入セリ~赤旗を取り巻く諸問題。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  6. ピンバック: 【赤旗問題】第一次・赤旗撲滅作戦(作戦コード:王手飛車取り) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  7. ピンバック: 読者の皆様へ、本年もお世話になりました。今年の振り返り。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  8. ピンバック: 【政治家の目線】テロリストによる邦人殺害に対しての、野党の動きを批判。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  9. 南の島 九州 達磨 のコメント:

    「産経新聞」に掲載は  良かったですが
    「産経新聞」は「押し紙」の 詐欺師でしょう?

    「押し紙」の確実な証拠はお持ちと 「押し紙」記事から思うので
    新聞社の「押し紙」犯罪を 小坪市議が  どんどん 追求やって下さい

    「事実新見」 報道部
      南の島 九州 達磨

    「検事・裁判官・警察官・弁護士・「公務員」
         ・暴力団・マスコミ犯罪 追求委員会」

  10. ピンバック: 【赤旗問題】共産党の収入は8割以上を「しんぶん赤旗」の購読料金が支える。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  11. ピンバック: 今期、最後の本会議(一期四年、16回目の本会議) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です