【市議会】無事に一般質問、終えました。


今日は一般質問に立ちました。
準備不足かな、と思いましたが何とかなりました。
原稿・資料は一切準備できず、ぶっつけ本番。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

「小選挙区は自民、比例は次世代へ!」

内容は【外国人の扶養控除について】を含みます。
重ための内容、質問項目4点と多め。

「やめときゃよかった・・・。」と後悔したのは昨夜の深夜。
どうやっても原稿も資料も作れない。

とは言え、やらざるを得ません。
12月議会を逃せば、次は3月議会。

何がなんでも扶養控除の問題は是正させる。
そのためには今やる必要があった。

そのうち動画も上げれるかもだけど、
議会で用いた紙は、実質、下記一枚のみ。
JAPANISMの原稿も持ち込んだけど、10行ほど読んだのみ。

10

あとは勧進帳よろしく70分、攻めまくった。
そつなく、というか、気分でなんとか乗り切れた。

現在進行系の話がある以上、やらんわけにはいかん。
【外国人特権】扶養控除制度是正についての政策協定

 

<番外編>ちょっと苛立つ場面もあった。
県外の業者が傍聴に入っていた模様。
傍聴はむしろ来て頂きたいぐらいでいつもは有り難いのだけど・・・?

ICT関連、電算コストが非常に高いのではないか?という質問だったんだが、
「発注コストは年間数億オーダー」とかなりの規模で、その流れで「通告通り」業者名を問うた。
しかし答弁側(執行部)は、質問当日の今日になって業者名を明かすことを拒否。
・・・ん?何があった?

受注業者に明らかな偏りがあるのは事実で、正直、隠すようなものではない。
予算の監査も議会は行うため、委員会であがってくる資料には業者名も記載されているからだ。
むしろ私自身、そして他の議員も、知ってるし、持ってる。

昨年度の予算実績、つまり既に払った分なわけで。
議員からすれば、ほぼ公開資料のようなものだ。
これを市民の代表として議会で問うにあたり何が不都合なのか。
私にはまったく理解できない。

疑ってしまうのは。
業者が傍聴に来ていたことだ。
しかも遠方、県外からも、だ。

「誰かが」【こんな質問あるよ】と言わねば、県外から来るだろうか。
偶然ではあるまい。
あまりにもあからさまである、探られて痛い腹でもあるのか。

私が質問席に立った際。
その質疑に際して「邪魔」と感じた「もの」は、全て撃つ。
障害は、実力をもって排除。

なぜ、今日、業者名が明かされなかったのか。
県外の業者が、往復の交通費(と場合によっては宿泊費をはたき、)大の大人が平日を潰して(つまり業務として?)まで来るほど「うちの自治体から、ぼってる」ってことでしょうか。
雉も鳴かずば撃たれまいに。

今後、執行部に厳しく問う。
議会内外を問わずに、だ。
どこから何が漏れたのか、誰と何が繋がっているのか。
調査も求める。

「自浄」してくれることを希望するが、そうではない場合。
外の力(公権力)に頼るのもいい。

【赤旗問題】第一次・赤旗撲滅作戦(作戦コード:王手飛車取り)
【拡散】テロ関連三法案の実効性を上げるための「赤旗撲滅作戦」

「大山鳴動して鼠一匹」とも言うが、
同じく「ライオンはウサギを狩るときでも全力を尽くす」とも言う。
さて、どうするかな。

いまは忙しい。
とても忙しい。
それは私の都合だが、ただでさえ気がたっている中。
前に立たれると非常にイライラする。
そして「俺はやるタイプ」だ。

 

<日程が非常にタイト>
議会日程が、選挙期間とモロに被る。。。
とは書きましたが、どれぐらい被るか書いてませんでしたね、
本当に完全に、悲しいぐらいに被ります。

本会議日程が選挙に被って泣きそう

地元小選挙区(自民)においても役を頂いている。
ミスもある、果たして私はちゃんとできているだろうか。

木原先生(熊本1区)長尾先生(大阪14区)にも、是が非でも行きたい。
・・・行きたい。
本当に行きたい。
私には何もできない、悔しい。
諦めるしかないのかな。。。

 

<明日の予定>
明日は議会、ちょっと体調を壊し気味。
一般質問を終え議案の付託、委員会(それと議会の記念撮影)

夜になるが、小倉駅で街頭演説、のち福岡市で講演。
参加したい、というか小倉駅側の仕切りを投げられていた。
応援弁士、だ。
田母神さんにもtweetしてもらって、非常にびっくりした。

果たして行けるのか、議会日程上、無理なのか。
行けなかったら、またストレスを貯めて爆発してしまいそうだ。
【12月10日(水)】中山成彬・恭子夫妻、演説会in福岡(福岡市・北九州市)

議会と選挙、ダブルで来るのは、ちょっとあまりにもしんどい。
ひとつひとつが疎かになってしまう、
それでも全部、できるだけ、少しでも多くやりたい。

相当に気がたってる。
そんな中、「前に立つこと」は危ないと思う。
こういう時、私は簡単に「撃つ」から。

そして暴発のように撃った際、異常なまでの斬れ味をみせる。
自分でも怖いぐらいに冷酷になる。
いつもは深層心理下で手加減してるんだろうが、こういう時は容赦がない。
いつも以上に。

色々なことがありすぎる。
手が回らない、少しずつストレスを貯めてしまう。
候補者はもっと大変だろう、そう思えるから頑張れる。

できるだけ冷静に、平静に。
「いい子にしなきゃ、おりこうさんにしなきゃ」と呪文のように唱える。
とりあえず前に立ったのは、後で撃つ。
次世代が九州ブロックで一議席もとれんかったら、、、その怒りも込めて全力で行く。

いまは、先も見えぬ闇の中でも
前を向いて必死に駆けたい。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


【拡散希望】小選挙区は自民に、比例は #次世代 に!【衆院選ソングRANDOMYOKO】


カテゴリー: 市議会議員 パーマリンク

【市議会】無事に一般質問、終えました。 への5件のフィードバック

  1. 名無し のコメント:

    有権者は目の前の生活(費)や年金などで頭が一杯ですから、
    応援演説では、先生らしく(田母神候補のように)、
    是非、有権者の【納税者】としての側面を刺激するような【ショッキングなデータ】を、中学生に教えるつもりで並べるのを期待してます。(留学生、生保、扶養控除など)

    嘘の歴史
    →日本が悪い
    →在日(韓国)に配慮しろ
    →皆さんに使われるべきカネが奪われる

    など、『歴史問題』も無理やり税金問題に【転化】させ、庶民に自分の問題として意識させて欲しいです。

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    本記事を拝見するに、現状は一人軍隊(元帥から一兵卒まで)状態の様にお察し致します。
    ある意味、ゴルゴ13的な状況と言った所でしょうか。

    偖て、この日本には今は伏龍が如き存在ですが、参謀としても兵卒としても働ける者がまだまだ居ります。
    これらの存在は、きっと何れ与力する存在となると考えて居ります。

    どうぞ、存分に抜くべき太刀は抜いて敵を屠って下さい。

    それが、今の日本には不可欠な行動と判断して居ります。
    そして、我々も屠るべき敵は屠らねばならない事を悟る事でしょう。

  3. えくぼ のコメント:

    冷えますね。
    お身体に気を付けて頑張って下さい。

  4. のコメント:

    お疲れ様です。

    櫻盛居士様のコメントにもありましたが、
    >本記事を拝見するに、現状は一人軍隊(元帥から一兵卒まで)状態の様にお察し致します<
    同感です。

    私も、たった2~3時間でしたが、議員の姿、行動を直に拝見していて、候補への気配り、そして聴衆への気配り、そして気合の入った応援演説と、動きっぱなしでした。
    まさに行動の方だと察しました。
    私は覚醒した日がまだ浅く、兵卒の一人としての力だけしか持ち合わせていませんが、出来る限りの援護射撃をさせていただきます。

    このように市民、日本国を憂う熱い「志」を持った議員、今の日本に絶対必要な方です。
    「志」を同じくする参謀、そしてそれをバックアップ出来る現代の「白石正一郎」
    何処かにいることを念じます。

  5. 町工場の親方 のコメント:

    >(以下、豆知識を投下します。)

    <ネットの持つ票はいくらか?>
    >どうもネット上では比例票の集計方法がしっかり伝わっていないようです。
    ネット上で獲得できる保守票には限度があり、荒い試算で「全国で35万票程度」ではないかと言われています。
    九州沖縄ブロックでは、公明党は100万票を獲得しています。ブロックのみで、です。
    対してネットは全国35万。

    >九州・沖縄ブロックで比例で議席を得るには、30万票程度が必要。
    今回は投票率が下がるため、当選ラインは下がるとは思いますが、、、
    全国で35万というのは、ブロックで分散させてしまうと、一議席分にも満たないのです

    先日教えていただいた、ネットの投票数35万、公明党・九州100万と読むと悲観的になりますが、
    何としてでも中山成彬候補に当選してもらいたい者として、絶望するにはまだ゛早い、と考えます。
    ネット愛好者には当然、家族、親しい友人知人がいます。
    是非、その人脈を活用して気心の知れた何人かの、身内、友人に依頼していただきたいと切望します。

    どこかの党のように、なりふり構わず、厚かましく少しでも知っている人間に電話をかけまくるようなことは苦手な人たちですが、昨年参院選において、中山恭子議員は306,341を獲得しました。
    30万を超える得票を獲得したのは、自民3、公明7、(6位の当選者は7位の当選者の20倍を獲得しています。)維新2の12名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です