【日台友好緊急事業】台湾パイナップル(農林水産省検疫検査合格品)直販ルートの紹介【食べて応援する人はシェア】


 

 

台湾パイナップルの直販ルートのお知らせです。みんなで台湾の農家を応援しよう!
これはネットで本件が話題になる以前に、台湾側の政治ルートを介し、日本の一部国会議員にも支援要請が来ていたことを発端とします。
いまネットやスーパーで販売されているものは、それ以前に入荷したものであり数も多くはありません。売り切れ店舗が続出していることはご存知の通りです。

特に台湾に思い入れのある国会議員事務所は、まず国内大手の青果卸と協議。台湾側との販路の確保に務めてきました。国会議員が直接、パイナップルを売りさばくわけにもいきませんので、こういう形で私が紹介させて頂いています。

余談になりますが、私が「日台友好のための日本国民と地方議員の会」として訪台させて頂いた際、同行してくれた国会議員事務所です。当時、閣僚(現職)2名を含む陣容でした。ネットでは知り得ない、国会議員の政治力の真骨頂です。現在、手配可能な総量は、マックス100t。

繰り返しますが、Twitterなどの支援要請を発端とする、「ネットでの支援の輪」が広がる以前からの動きになります。早期の動きであったこともあり、購入可能な販路としては、ネットに解放された有力なルートかと思います。
発注用FAX・注文用メールフォームを紹介します。(当サイトから入力できます。)

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

【日台友好緊急事業】台湾パイナップル購入用FAX
以下のファイルを印刷し、FAXで注文をお願いします。
メールフォームは、次項に表示しております。

【日台友好緊急事業】台湾パイナップル(農林水産省権益検査合格品)発注書.pdf

 

 

 

 

 

 

【日台友好緊急事業】台湾パイナップル(農林水産省検疫検査合格品)発注書.pdf

 

 

 

 

メールフォーム
FAXを持ってない!という方は以下からお申し込み頂けます。
青果店にメールが転送されるようになっています。

※1 返信ややり取りは青果店から行われます。私ではありません。
※2 個人情報を青果屋さんに送付するため、チェックボックスを設置しております。チェックして頂かないと送信できません。(恐らくフォームから送信できない方はここが原因かと思います。)
※3 ここ数日は、このあたりの動作確認を行っており、公開が遅れてしまいました。

 

    本年の受付は終了しました。

    皆様のご協力に感謝いたします。
     

    振込名義人が入力内容と異なる場合および依頼主住所とお届け先が異なる場合は、下記に記入をお願いします。

     

    台湾パインの輸出量、1万5000トン 半分近くが日本向け=農相

     

    (南投中央社)今年に入って台湾産パインの輸出量が1万5000トンに達したことが分かった。その半分近くを占める約7000トンが日本向けだという。行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)が25日、中部・南投県で行われたパインの販促イベントで明らかにした。

    台湾産パインをめぐっては、最大の輸出先だった中国が先月から輸入を停止。政府は他国への輸出促進を図り、日台では買い支えのムードが広がった。

    (後略)

     

    https://japan.cna.com.tw/news/aeco/202104250004.aspx

     

    うちのサイト経由では、10トンに届かないかな?というぐらいの規模感。
    すごい量ですが、日本向けの7000トンに比べると1/700です。

    amazonや楽天も加えての数値ですから、私は胸を張っています。
    皆様、ありがとうございます。

    入金先口座の御案内が自動返信メールで届きます。もしも届かない方は、入力したメールアドレスに誤りがないか、およびメール設定のご確認をお願いします。
    どうしても駄目な場合は、台湾パイナップル発注書.pdfより、FAXでの注文をお願いします。

    (到着予定日について)
     パイナップルは露地栽培のため、収穫量は天候事情にも左右されます。商品の特性上、お届け日および時間の指定を承ることができません。受注後に収穫していっているため、ご注文頂いたタイミングによってはお届けに遅れが生じる場合もございます。
     収穫・配送は、受注後にで即日開始、お申し込み順に発送いたします。到着は3月下旬から4月中旬を予定しています。収穫・在庫状況により、受注締切が変動いたしますのでお早めにお申し込みください。

     

     

     

    自民党国会議員の動き
    この写真のパイナップルは、実際の「今回のパイナップル」です。
    同じ品種という意味ではなくて、同じ青果店が仕入れ、いま注文を受け付けているものと同じものです。

     

     

     

     

    両先生とも、極めて台湾には思い入れの深い先生でありますが、実際に全力で動いたのは秘書さんです。

     

    原田事務所の高田さん、実は「尖閣諸島の資料」を国に寄贈した本人です。
    この件は別項で取り上げる予定です。

     

    高田さん(原田義昭事務所)、そして上野秘書(櫻田義孝事務所)は、「日台友好のための日本国民と地方議員の会」に参加してくれました。沼田大使への面会や、台湾の要職(台湾の市長や大きな市の市議、銀行の頭取)などとも面会、大手ホテルの支配人の前でも挨拶させて頂きました。

    当時は、現職の環境大臣・五輪大臣でした。
    台湾との密接なコネクションをもっている事務所の一つであり、その最前線は秘書さんたちが担います。

     

    今回の大量のパイナップルの入荷は、CHINAの意地悪がネットで表沙汰になる前に、彼らが情報をキャッチできたのは当然のことなのでしょう。

    まず行ったのは、日本側の受入れ体制。
    青果卸の手配、台湾側との折衝。
    特に果物の輸入の場合には(世界的に見ても厳しい)農水省の検疫もございます。

    そして、「国内での流通ルート」の構築です。
    ちなみに最後の”国内での流通ルート”とは、いまモニターの前の貴方も勝手に含めています。

     

     

     

    品種について

    「金鑽パイナップル」と言います。

    私自身は、今回のパイナップルはまだ食べていません。
    けれど(前述の秘書さんたち曰く)「相当においしい」そうですよ。

     

    品種についてというタイトルですが、実は台湾パイナップルはたくさんの種類があります。
    主に南部で生産されており、10品種ぐらいあったかと思います。私も台湾に行った際には、何種類か食べました。
    (今回の品種が、かつて食べた何なのかは分かりません。)

     

    芯まで食べることができて、人気の商品です。
    ネットだと高値で取引されているため、かなりのお値打ち価格です。

    ちなみに、楽天ですと”台湾金鑚パイン(2玉)約2.8kg”で3240円。
    10kgで送料込みの5000円代は格安です。
    (ガチの直送のようで、原価に近い価格なのかと思います。)

     

    私は色んな品種を食べたことがありますが、日本で一般的に食べていたパイナップルとは全く違うもの。
    それぞれ特徴があり、日本の例だと同じイチゴでも値段や味が天と地ほど違うぐらいの差。

    パインと言えば酸っぱくて甘いというイメージでしたが、物によると「ほとんど酸味がない」というブランドも。かつ糖度が非常に高くて、いわゆるパイナップルのイメージとは全く違う。
    甘さだけで言うと、まぁ個人差はあるのでしょうが、ウリとメロンとスイカぐらいの差はある。

    今回のパインは、多分これです。
    (他には、スナックパインみたいな、包丁を使わずに(皮単位で)ブロック状に分解できるやつも有名ですよね。)

     

    私はガチの甘党なので、パイナップルケーキも大好きです。
    けれど本場の台湾パインを食べてしまうと、少し色あせてしまいました。甘党から言わせて頂きますと。

    保存もきく焼き菓子にしてしまうと、ガチの瑞々しいパイナップルには勝てない。
    あれは生で食べるものであり(パイナップルケーキも大好きですが)、甘党から言わせてもらうと、やはり生食のほうが良い。

    砂糖を加えたケーキよりも、その果物の糖度が充分に高いのであれば、焼き菓子は不利。保存は効くのでしょうが。
    甘党が、「砂糖を加えるよりも美味しい」というのは重みがありますよ、甘党なので。
    (繰り返しておきますが、私は甘党です。)

     

    おっと、政治関係の話よりも味と品種のほうに力が入ってしまいました。

    私は「金鑽パイナップル」が、どのパイナップルかは分かりません。
    けれど、ググったところ相当に高価な、美味しいやつのようです。
    食べた秘書さん曰く「甘い。芯まで食えた。」という感想があったので、恐らくあれだろうな、と。

    私も注文してるので、首を長くして待ってます。

     

     

     

    ある意味、本気。
    この注文は、ある意味で「本気」が試されます。
    本気じゃないと頼めません。売ってるほうも本気なのです。
    ほぼ業販に近い。

    よくもまぁ、こんな販路を開拓したものです。
    (※ 私も一味と言えば一味ですが。)

     

    注文は、「10kg」です。
    8~14玉入り、10kgは多い!と思うかもしれませんが、これ以下の取扱いは今はありません。

    10kg単位になっているのは、送料の問題かと思います。
    これは直送に近いもので、価格には「検疫・梱包・税関・台湾から日本への配送料」が含まれています。

    台湾から日本への配送料は、たしか1800~2000円ほどするため、純粋な商品価格としては3000円を切るぐらい。
    で、これらの間接費が高額なため、コミコミの値段にするならば、こういう方法しかなかったようです。
    (先ほどの楽天だと2玉で3000円オーバーです。)

     

    取り扱っている会社は、台湾からのマンゴーを10年近く輸入している老舗です。
    どこで購入しようとも、直送に近い体制ならば送料はかかってくる。
    どうせなら「たくさん食べて欲しい」と考え、結果としては業販に近い単位にならざるを得ません。

    今後、同じぐらいの値付けも出てくるかもしれませんが、ある意味、利益度外視の売り方です。
    企画がスタートしたのは(ネットが過熱する遥か前なので)、こういう風に盛り上がるとも想定されておりませんでしたし、ギリギリの値段まで下げてでも「少しでも台湾に貢献したい」と思ったのでしょう。

    ま、値札を張り替える道もあったはずですが、それは嫌だ、と。
    代わりに小分けもできない、単位は10kgだ、と。

     

    売るほうも本気です。
    なので、買うほうも本気が試されます。

    一か月ぐらいは、デザートには困りませんね。
    もしくは隣近所で分け合うか、共同購入するよりありません。

     

    両事務所とも大臣でしたから、異常に政治力は高い。
    本気で政治力を行使したら「こうなる」という良い事例でしょう。

    そんなわけで、手配できる量は100トン。
    のち大手商社などの買い付けもあるかもしれませんが、いまなら普通に注文可能です。

    ”いわゆる大手ECサイト”のように、明日、明後日に届くわけではありません。
    受注を受けてからの収穫、そこから発送ですから。
    しかし、売り切れの心配をせず、普通に注文できるルートとしては極めて強力なルートだと思っています

     

     

     

     

    CHINAに台湾がイジメられる。

     

    そのとき日本人はどう動くべきか。

     

    考えるまでもない。

     

    販路の構築は、心ある国会議員らが協力、

     

    台湾からの輸入実績のある老舗青果店が担当。

     

    「売り切れの心配が少ない」、有力な購入ルートだと思います。

     

    日本人らしい、応援の方法。

     

    それは、美味しく食べて応援、

     

    互いにWINWINの関係。

     

    「台湾を応援するぞ!」という方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

     

    ※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

     

     

     

    一歩、前に出る勇気。
    ↓応援クリックお願いします。↓

       にほんブログ村 政治ブログへ
    にほんブログ村

    バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
    【支援要請】戦うための、武器をください。

     

    不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

     

    <重要>ブックマークをお願いします。
    特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
    次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

    【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

     

     


    This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

    50 Responses to 【日台友好緊急事業】台湾パイナップル(農林水産省検疫検査合格品)直販ルートの紹介【食べて応援する人はシェア】

    1. 神無月 より:

      メールフォームにて注文致しました。
      甘くて美味しいとの口コミと、困ったときはお互い様での支援を込めての注文です。

      更に、台湾が2011年の東京電力福島第1原発事故以降続けている福島県などの日本産食品の輸入禁止措置の緩和に向けての切っ掛けになればとの思いも有ります。

      中国が何度も王朝が替わった歴史は変わらないのでしょうね。
      .

      1. 波那 より:

        🔻日本産食品問題は「台湾のTPP参加に影響及ぼす」=謝駐日代表
        https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202012050006.aspx
        2020/12/05 19:56

        (台北中央社)台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃちょうてい)代表(大使に相当)は5日、台湾が2011年の東京電力福島第1原発事故以降続けている福島など日本5県産食品の禁輸措置について、国際的な安全基準に準じなければ、台湾が目指している環太平洋経済連携協定(TPP)参加に影響を及ぼすとの見方を示した。

        台北市内で同日開催された台日交流イベントに出席する前、報道陣の取材に応じて述べた。謝氏は、政府の立場は国民の健康第一だとした上で、放射能汚染がない食品の輸入は解禁すべきだと述べ、汚染の有無については科学的な方法で鑑定すべきとした。

        台湾では2018年11月に実施された国民投票で禁輸継続が決まったが、今年11月に2年間の効力が切れたことから、政府の対応に注目が集まっている。行政院(内閣)は同日、日本産食品に関する議題は現時点では話し合われていないとコメントした。

    2. 加藤 義浩 より:

      パイナップル、お願い申しあげます。

    3. 氷河期の隙間世代 より:

      台湾については「外省人(中国大陸から移り住んだ人)」と「本省人(台湾にもともと住んでいた人)」をしっかり分けて説明して欲しいです。

      親日なのはかつて「外省人」による圧政に苦しめられた「本省人」の方々です。

      台湾は政治・経済ともに「外省人」に牛耳られており、「外省人」は中国共産党とズブズブの関係であるため、日本にとって脅威の存在です。

      シャープをはじめとした日本経済の生命線であるエレクトロニクス関連企業を買収しているのは台湾の「外省人」であり、かつて日本の半導体産業を崩壊させた日米半導体協定も、台湾の「外省人」によるアメリカへのロビー活動の成果とも言われています。

      「台湾は親日」、「台湾は中国の侵略脅威にさらされている」、というのは台湾の「外省人」による情報操作であることを認識した上で、日本は台湾の「内省人」の方々を支援し良い関係を築く必要があります。

      「台湾は親日」は半分正解で半分不正解です。

    4. E様(管理権にて編集) より:

      毎年台湾ライチ販売の受付が始まるのを楽しみにしていますが同じ感覚で注文すればいいのですね
      それとパイナップルケーキは一部を除き中身は冬瓜をパイナップルジュースで味付けしたものですよ

      あと台湾人の心の拠り所である東京媽祖廟を中国の工作施設であるかの如く広めている人がいて心を痛めております
      小坪さんもお会いになった方です
      悲しいな(T ^ T)

    5. 福岡 秀憲 より:

      台湾パイナポー 早速FAXで注文しました。
      楽しみですwww

      応援したくても、売っている所を探してまで…という感じだったので、とってもありがたいです。

      台湾が落ちたら、日本のシーレーンは壊滅的…
      潜水艦にとって台湾島の東と西は展開可能深度が違う…
      封じ込み作戦に台湾は必須!

      加油 台湾!!

      一緒に民主主義を守りましょう!!

      「共に」民主主義を守ろうと…はじめ書いたのですが、どこかの半島国家の政権与党の名前が思い起こされると縁起が悪いので、「一緒に」と直さないといけないのが、なんかムカつくっぺ!

    6. 後期高齢年金爺 より:

      後期高齢年金爺
      最初にメールフォームにて注文しようとしましたが、半角・ハイホン・カタカナ・・原因不明で送信できず、FAXにて注文し振り込みも済ませました。

    7. 草莽の団塊です! より:

      台湾産パイナップル、少しでも応援したいとおもいます!

      1. 草莽の団塊です! より:

        午後5時6分、メールフォームでの注文ができました!
        これから、振込処理をしてまいりますb

        1. 草莽の団塊です! より:

          無事、みずほ銀行への振り込み処理完了しました!
          台湾産パイナップルの到着が楽しみですb

    8. 琵琶鯉 より:

      http://www.ss.apdw.jp/pdf/hot102.pdf
      この情報を共有します。

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください