ウイグルを応援する全国地方議員の会のHP


 

 

を、作っています。

デザインはプロに外注しておりますが、ある程度はテキストを流しこんでおかないと恥ずかしい。

・・・と言っても、流石に完璧に完成させるのは無理があるため、現在あるデータを淡々と流し込んでいっていました。

雰囲気程度にはインタフェースも決めてみましたが、最終的にはどんな感じになるやら。

気づけば、朝六時を回ってしまった。
近いうちに公開できると思います。

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

【日台友好緊急事業】台湾パイナップル(農林水産省検疫検査合格品)直販ルートの紹介

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

5 Responses to ウイグルを応援する全国地方議員の会のHP

  1. 福岡 秀憲 のコメント:

    ウイグルを応援する全国地方議員の会のHP

    楽しみです。

    日本は民主主義国の中、ウイグル人問題が遅れていると言わざるを得ません。
    そんな中、着実な仕事ぶりに感謝しています。
    国政が頼りなくとも???しっかりしている所が日本国内にあるということで、まだ救われているのだと思えます。

    西欧諸国・米国等は、リベラル勢力が人権に対ししっかりと主張をします。意見が異なる部分があるとはいえ、主義主張の通った話です。

    それに比べ、我が国のリベラル勢力……
    一部から「エセリベラル」と呼ばれていますが、「中共」への忖度が目に付く様は「エセ」と言われるのもやんぬるかな……

    「保守」においても「人権」は大事なテーマです。

    普遍的人権を守る活動に大いに賛同しております。

    今後も大変でしょうが、頑張って下さい。
    届いた台湾パイナポーとっても甘くておいしかったです。

    民主主義と人権を「中共」を囲む国で連携し、守らなければいけませんよね。

  2. ぽのかのぽん のコメント:

    良いね良いねー。これからも外国人のために
    全力を尽くして欲しいねー。

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    こう言うのは、地味に手間が掛かるんですよね。
    他にも議連が運営するHPは存在しますが、政治関係者かアンチがツッコミ所を監視する為のツールと化して居るものが殆どであり、存在感と言えば半ば空気の様な状態のものが大半であると言っても過言では無いでしょう。

    この問題、幾ら点が揃って居ても、それが点のまま繋がらない人にとっては、「外国人の為に」なんて感じるでしょうし、余りブッ混んだ記述をすると、それはそれで怒り狂う人も現れるでしょう。

    かと言って差し障りの無さ過ぎる有り体なものですと、この問題自体が余り浸透しない等、色々考慮しなければならない事が多いかと考えます。
    会としての建前の部分でしか打出せない筈ですので、何処までを表に出すかの部分の舵取りが非常に難しいかと考えます。

    世の風潮としては、これが”未来の日本の姿である可能性”としてシミュレート出来る人が、圧倒的に少な過ぎるのです。
    人権や自由と言った概念に敏感なリベラル思考人の殆ども、この問題となると途端に他人事、ファンタジー世界の物語の様な口振りになります。
    決して特亜贔屓では無い、寧ろ否定的なリベラル思考人ですら、そんな有様である事が殆どです。
    自民憎しの柵に囚われて居る人ほど、この傾向は強く現れる様です。

    然し乍ら、その様な風潮を看過しておくのは、非常に宜しくはありません。
    日本全体の風潮として、それがリアルで現在行われて居り、「在ってはならぬ事」と言う認識が浸透すれば、この問題を起点に我が国の国益に繋がって行く事でしょう。

    故に、この問題を如何に”リアルとして感じさせる”かに懸って居るのではないでしょうか。

    それらを鑑みれば、たかがHP、されどHPの分水嶺的なものになるやも知れません。
    そして、ここで確立されたアピール手法は、保守派の有効な武器にも成るでしょう。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、爺はたのしみにしておりますb

  5. BLACK のコメント:

    保守の間にも、ウイグル問題=移民問題 ウイグル問題=外国のこと
    と言う認識の方々がいまだに多いと感じます。
    小坪氏が日本の防衛問題、日本防衛の為の戦略、と表明しても
    理解しようとなされない、または知らないフリをなされておられるのか
    これでは日本を護ることは出来ないのではないかと
    現在のウイグルに対する、日本の、特に日本の保守層の感じ方に危機感を感じます。

    ウイグルの問題を、移民問題・他国のこと・外国のこと・日本に関係ないこと
    そう思っていては、そう感じていては、日本を護ることなど不可能に思います。

    地政学、などと言う訳ではありませんが、私にそのような知識はありませんが
    ウイグルは中国大陸の西側、日本は東側、両端です。
    海がある、とは言え、日本もウイグルと対称の位置に居るのだと思います。
    そのような意味でも(もちろん、そうでなくてもですが)決して他人事、他国事では無いと思います。

    ウイグル問題は人道上だけでは無く、戦略的であることが非常に重要だと思います。
    ウイグル問題が、日本にとって、人道上だけではなく、
    日本防衛の為に非常に戦略的に有効であり重要であることを
    多くの方々に理解していただきたいと願っています。

    このご活動への硬軟織り交ぜた妨害・誹謗中傷も今後多くなるのではないかと推察します。
    暴力と分かり辛い形での暴力も使用される可能性も考えられます。
    それに負けないだけのご活動とHPであることを、心から願っています。

    以上 文責 BLACK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください