【TBS】悪役の政治家にブルーリボンバッチ!拉致問題への印象操作か?【許せないと思ったらシェア】


 

 

ドラマにおいて、悪役の国会議員が出てきた。
ドラマにおいてはよくある構成なのだが、問題はわざわざブルーリボンバッチをしている点である。

私は、この点について強く抗議する。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
rachi

 

 

 

 

荒木先生のコメント
荒木和博と聞いて、知らぬ方は保守にはおらぬだろう。
特定失踪者問題調査会の代表である。
荒木先生も早速コメントを出しているため、ここに紹介する。

ブルーリボンバッジ 【調査会NEWS1969】(27.9.1)

 ネットで流れていることで、自分が見たわけではないのですが、昨晩放送されたJNN系の「SP 八剱貴志」というテレビドラマで悪徳代議士がブルーリボンバッジを付けていたそうです。画面の写真も出ていますので(寺田農さんでしょうか)まあ間違いないと思います。正義の味方にブルーリボンバッジを付けさせろとは言いませんが、悪役に付けさせることはないでしょう。

 安保法制でマスコミの大勢は安倍政権を叩いているときですから、総理の付けているブルーリボンバッジを悪役に付けさせてイメージの悪化を狙ったのではないかとすら思ってしまいます。いずれにしてもあまり気持ちの良い話ではなく、何らかの責任ある人の釈明が必要だと思います。

 いっぽう、最近ブルーリボンバッジを付ける議員や閣僚が増えたこと自体は喜ばしいことですが、それなら何で事態が進展しないのか、とも考えてしまいます。バッジを付けている議員の中にやはり「悪役」ではない、本当に悪い議員がいるからなのかも知れません。もう一度、政党や、これまでのイメージを一旦クリアして、誰が本気なのか考え直す必要があるように思います。

(後略)
http://araki.way-nifty.com/araki/2015/09/news19692791-ec.html

まさにご指摘の通りです、としか言えません。

 

 

 

拉致は、政治問題ではない。
「問題がない」という意味ではない。「政治問題以前の話」である。

国際的な「ただの犯罪」であり、犯罪に対しての非難・批判は政治分野や外交分野ではない。これは極めて悪質な、国際的な人権侵害である。

政治家「が」ブルーリボンバッチを着けるのではなく、
政治家「も」ブルーリボンバッチを着けるのだ。
私は、政治分野よりも、拉致問題はさらに上位だと考えている。

以下、以前からの主張を再掲する。
ブルーリボンバッチに対しての思い、拉致に対してのスタンスです。

 

▼拉致問題は、政治家の基本
ここにはイデオロギーも何もありません。
私は、いまだ青いバッチを胸にし続けることが、実は本当に重たい。
あのバッチは重たいのです。。。

すべての政治家は、日本国民に対し責任があると考えています。
国会議員のみならず、国民を護るという意思・思いは、すべての政治家の責務です。

 

▼国家とは。
国家は、国の「家」と書きます。
国民とは家族のようなもので、我が国に鑑みれば、天皇陛下を家長となした家だと思います。
難しい、神学論争のような国家観ではなく、私の認識している感覚であります。

大事な家族が、誘拐されています。
主権国家である我が国は、この横暴、テロ行為に対し毅然と立ち向かわねばなりません。

 

▼想像してみてください。
貴方の家族が、どこかのならず者にさらわれました。
取り返そうとしませんか?
警察に通報するでしょう?

生きていることがわかっているのに
なのに、取り返せない。

想像してください。
娘が、息子が、誘拐されて何十年。
妻が、旦那が、誘拐されて何十年。
兄弟、姉妹が、誘拐されて何十年。

 

▼心中を思うに余りある。
元気でいるだろうか、つらい思いはしてないだろうか。
気が狂うほどの辛さを、感じている国民がおります。

国家という考えで論じれば
私たちの家族が、貴方の家族が、
大切な人を不当に誘拐され、苦しんでいる、何十年もです。

 

▼政治家として、恥ずかしい。
このような基本中の基本が、、、
いまだ解決されず、残ってしまっていること。

青いバッチを今日も胸につけること。
そして恐らくは明日もつけざるを得ないこと。

保守層においては、ブルーリボンバッチをされてるんですね!と賞賛の声すら聞こえる。
あれは、本当は誉められても嬉しくはないものなのだ。
早く外してしまうべき、拉致被害者を取り戻して。

あのバッチは、私たち政治家を縛るものである。
重たい、重たい、十字架である。

 

 

 

番組諸元

どのような番組が気になったため、以下に諸元を調べてみた。

TBS 月曜月曜ゴールデン
SP 八剱貴志
(2015年8月31日)
番組公式HP [魚拓]

上記スクリーンショット
11986596_903369579733927_6185789067368855137_n (1)

 

 

 

気になった点

あらすじが掲載されていたため、紹介する。
少し気になった箇所(ストーリー面ではない)に「赤い色」を付けたため、良ければその個所だけ確認して頂けないだろうか。
なに、たった三か所のみだ。

あらすじ(クリックして下さい!)
警視庁警備部警護課に勤務するSP(Security Police)八剱貴志(舘ひろし)警部は「女性自立プロジェクト国際交流会」会場で、シンガポールからのゲスト議員を招く吉峰佐和子(萬田久子)東京都知事の警護に付いていた。
ガーデンパーティの会場では、議員への花束のプレゼンターとして佐和子の愛娘・希望(木村心結)も呼ばれ、まさにこれから式典が始まろうとする寸前に、事件が起こる。
サイレンサーのライフルから発射された銃弾は地面に「ビシッ」と被弾。
異変にいち早く気付いた八剱の「伏せろ」という声だけが会場内に響くが、佐和子を始め多くの人が状況を判断できない中、シンガポールのSPが撃たれたことで、会場内はパニックとなる。
恐怖におびえた希望が、佐和子に駆け寄ろうとした瞬間、危険を察知した八剱が佐和子を引き止め伏せさたと同時に花束が散った。
あろうことか母親・佐和子の目の前で娘は帰らぬ人となってしまう。

忌まわしい事件から4年。
八剱は自らSPを退き、警視庁遺失物センターの窓口係として働いていたが、佐和子が東京都知事に再選したことで、新たな指名が下される。
佐和子の公約は「新都庁検札計画」を撤廃し、その分を都民の暮らしに充てるという政策だが、建築業者からの反発は必至で、新都庁建設中止を撤回しなければ「命は無い」という脅迫文も都知事宛に送りつけられているという。
その最中に、都知事秘書・里見祐一(前川泰之)が帰宅途中に車でひかれそうになるという事件が起こる。
いつ都知事が襲われてもおかしくない状況に、警視庁はSP強化を図る。
八剱は、復帰を迫る横尾昭一(中西良太)警視庁警部部長の勧めを拒むが、警視総監直々の命令で、佐和子も納得しているとの話では拒む理由が見つからない。
八剱の同僚で警視庁捜査一課の本郷毅(大杉漣)にも背中を押され、SPに復帰することを決意するのだが、職務を全うするためとはいえ、小さな命を救うことすら出来なかった八剱は心の奥底で「迷いがある人間に、人を守る仕事が務まるはずが無い」と、葛藤する。
一方、かつての部下で警備の指揮をとる仙堂繁之(岡田浩暉)や部下たちは「いまさら何故」と、八剱の復帰に難色を示す。
さらに佐和子は脅迫に屈することなく「新都庁検札計画撤廃」を推し進めるが、反対派の抗議は過激になっていく。
八剱は身内からの逆風を受けながら都知事の警護にあたるのだが、極秘とされているスケジュールがもれているのか?訪問の先々で事件が起こる。
八剱は身を挺して都知事を守ろうと奔走するのだが…。

あらすじ [魚拓]

 

気になった点は、「誤字が多いな」という点。
私も長文を書くため、かなりの頻度で誤字をやらかしている。
資料の手動での書き写しの際は、自分では大丈夫だと思っていても
読者に協力を求めれば、何か所も出てきてしまう。
誤字を責めることができる立場にはないが、組織としては少し脇が甘いのかな?という認識はもった。

使命を「指名」は、わからなくもない。
ただ「建設計画」を「検札」という個所は、二か所も出てきている。
単なる誤字というよりも、間違えて使っているような気もしてしまう。
あまり、漢字が得意ではないのかな?と感じた。

まったく別件の話にはなるが、漢字を廃止して音のみ(日本語で言うところの平仮名のみ)に切り換えた国があった。
そういう国であれば、音のみゆえ問題なく読めるのだろう。
ただの余談ゆえ、気にしなくて結構です。

 

 

 

許されざるもの

青いバッチには、イデオロギーは関係ない。
保守ゆえの、拉致問題への取り組みではない。
もしも保守系の、つまり自民党や次世代を貶める目的での、

「ブルーリボンバッチへの印象操作」であれば、それは許されるものではない。
ドラマの小道具に使って良いものではないのだ。

演出などの「表現の自由」と言う者もいるのだろうが
それを不服と声を挙げる自由もある。

すでに荒木先生のコメントの中でも「何らかの責任ある人の釈明が必要だと思います。」とありますが、私も同感であります。

これが「ただの演出」であれ、そうでなかろうと。
意識してのこと(故意)であろうと、無意識であろうと(過失)
説明は必要ではないでしょうか。

我が国は、現在、拉致問題に真剣に取り組んでおります。
市議の職権の範囲外ゆえ、意思表示を行うにとどめますが、
国が動くと信じたい。

 

 

 

拉致された者を、貴方はきっと知らぬだろう。

 

ただ、拉致された「一人」は、貴方だったかも知れない。

 

その「一人」は、貴方の家族だったかも知れない。

 

貴方の大事な人だったかも知れない。

 

その時、貴方と貴方の家族と、貴方の大事な人を

 

しっかりと守れる日本で在りたい。

 

そのために声を挙げれる政治家でいたいと思う。

 

我が国の威信と誇りを守るべく、次の世代に誇れる日本を引き継ぐために

 

共に歩める方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いしたい。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【TBS】悪役の政治家にブルーリボンバッチ!拉致問題への印象操作か?【許せないと思ったらシェア】 への40件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【TBS】悪役の政治家にブルーリボンバッチ!拉致問題への印象操作か?【許せないと思ったらシェア】 ドラマにおいて、悪役の国会議員が出てきた。 ドラマにおいてはよくある構成なのだが、問題はわざわざブルーリボン

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    ご指摘のTBS番組午後9時~、『警視庁SP・八剱貴志』ですね。たまたま、月曜日の産経新聞(二部の大人買いw)購入していたので、テレビ欄をみていたら、産経新聞さんの解説欄があり、そこでは、『前略・・・見えない襲撃者から警護対象者を守り、信頼を取り戻す寡黙なベテランSP。けれん味のない舘の好演が印象に残る。(る)』とありました。

    さすがの産経新聞さんも、悪徳政治家役(寺田農さん)のブルーバッジまではチェックしていなかったのでしょうね・・・残念です。

    追記:
    TVはみませんが、舘さん、寺田農さん、お二人とも好きな役者さんです。演技派俳優だとおもっております。

  3. 応援してます のコメント:

    いつも応援してますがシェアを極端に求めるのは控えられた方がよろしいかと思います。良い記事は自然と拡散されるものです。

  4. 反日変態左翼成敗 のコメント:

    拉致被害者の家族をバカにしているふざけたドラマだ。秋田県の反日左翼プロ市民の「拉致より憲法だ」と同じ、腐った思想にもとづくドラマだ。
    そもそもTBSは、テロ朝、NHKと並ぶ反日の枢軸である。フジTVは、日枝会長が韓国の大学で名誉博士号を授与されてから、韓国ごり押しをし過ぎた結果、茶の間の皆さんに愛想をつかれてから、もうゴールデンでも視聴率が取れず、すでに終わっている。今,報道で一番酷い番組を垂れ流しているTBSは、オウム事件から何も学んでいない。TBSは、在日韓国、朝鮮人、中国人を多数採用している結果、報道のみならずドラマにおいても、酷い反日を実践している。
     報道特集のMC金平茂紀は、TBSの執行役員であり、報道部門の業務執行に大きな影響力を持っている。「金平」の「金(キム)」であり、たぶん在日韓国・朝鮮の帰化人の可能性がある。また、サイテーモーニングのディレクターは、金××であり、
    もろ在日朝鮮系である。NEWS23の岸井などは、サイテーモーニングの番組内において、尖閣諸島沖の中国工作漁船衝突事件の映像秘匿問題で、責任を追及されている菅内閣に対して、この内閣は、絶対守らなければならないと必死に菅内閣を擁護
    していたことを記憶している。彼の今の安倍内閣に対する姿勢とは全く異なるとんでもない偏向発言だ。
    私は、在日のすべてではないが、反日的な在日朝鮮人をTV局に採用することは、自粛すべきではないかと常々思っている。彼らは、報道のみならずドラマ制作においても、反日的思想を取り入れ、公平性を欠くから、仮に、採用したとしても、公務員の権力的公務の管理職の場合と同様に、彼らを、報道系、ドラマ制作の管理職には、登用しない方が良いと思う。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    外国の多くはパスポートに国軍が身分を保障し、自国民を正当に扱う様に念押ししています。
    言い換えれば、自分の意思で他国に渡航しているのにも関わらず、「我が国の国民に不当な扱いしやがったら、軍が報復するぞ!」っと謳ってる訳です。
    これが国際的には常識。

    対し、日本国のパスポートにはただ「日本人で間違い無いです」「外務省からのお願いです。各国はちゃんと保護して下さいね」って書いてあるだけです。
    これまた言い換えれば、日本人に不当な扱いしても痛い目に遭う事は無いですよっと言っている様なものですね。

    上記は自らの意思で他国に渡航する事を前提にした、日本と外国との国家スタンスの相違点ですが、拉致は基本的に自らの意思で渡航したものではありません。
    しかも、被害者の数が半端ありません。

    ここまでの規模の拉致となると、国際常識的には軍が救助作戦を展開し被害者を取り戻すと伴に、報復を行い賠償をさせる事で以後の抑止力をもたせるのが普通です。
    (他国には自国憲法が適用出来ませんので自国警察権も適用出来ない関係上、軍が展開するのが常識)

    過激な表現を敢えてすれば、この国際常識からすれば北鮮はもとより南鮮も、とっくの昔に日本の報復によって滅ぼされて居る事が正しい国とも言えるでしょう。

    なぜ滅びて無いのかは、日本の特殊な国防事情によるものと、国連秩序の足枷の為です。

    日本人はこの辺りの軍事的常識を取り戻さないと、今後も「日本語の不自由な輩」に被害者を更に弄ばれ、被害者奪還を支援する者が屈辱される事例は続くのではないでしょうか。

  6. 新九郎 のコメント:

     これは、ダメでしょう。拉致被害者の方に対する最大の侮辱でしょう。許せません
    、私には何もで来ませんが、怒りが湧いてきました。

  7. たろう のコメント:

    とりあえず朝鮮戦争くらいまで振り返れば十分です。
    日本人は絶対に風化させないでほしい。おさらいを。

    「北朝鮮による拉致の歴史」
    1946年 金日成が韓国のインテリ拉致を指示。
    1950年 朝鮮戦争が始まる。北朝鮮の軍事委員会が韓国人50万人拉致を計画。

    (1960年代以降に日本人拉致の時代がはじまる。以下は典型的な拉致で、横田めぐみさんのケースは絶句するほど悲惨)

    1963年 石川県で寺越昭二、寺越外雄、寺越武志(13歳)が拉致される。
    1970年 事務員の加藤久美子(22歳)が拉致される。
    1973年 会社員の古川了子(18歳)が拉致される。
    1974年 渡辺秀子さんの2児(6歳と3歳)が拉致される(秀子さんは工作員により殺害される)。

    (1976年に金日成から政権を受け継いだ金正日が広く外国人を拉致するよう指示)

    1976年 東京学芸大学の藤田進が拉致される。
    1977年 石川県の警備員の久米裕(52歳)、会社員の松本京子(29歳)、新潟市の中学生の横田めぐみ(13歳)が拉致される。
    1978年 ウィーンで田中実(29歳)、田口八重子(22歳)が、福井県から地村保志(23歳)と浜本富貴恵(23歳)が拉致される。

    (補足)日本人以外の被害者
    北朝鮮から脱北した統一戦線幹部のチャン・チョルヒョンが「世界の国々から子供を拉致せよ」との金正日の指令が出され、
    世界各国から工作員に育てるため子供が拉致されたと証言。
    (マカオからタイ人や中国人が拉致されるなど、拉致被害者の国籍は、アメリカ人、タイ人、ルーマニア人、レバノン人、オランダ人、フランス人、ヨルダン人、イタリア人、シンガポール人、マレーシア人などと推測される)

    • たろう のコメント:

      補足的には、まだまだ傍流の歴史があります。
      韓国側による北朝鮮の人民の拉致も「藪の中」かと思われます。
      韓国が北朝鮮から拉致して慰安婦にしたとされている研究は客観的状況からして信じるに足るものだと思います。
      李承晩は自国民ですら平気で大量虐殺したのです。

      ただし金日成の素性に関する研究は二転三転しています。
      面白いことに和田春樹が金日成の「名誉回復」に異様な関心を示したことが何かを暗示していると思われます。

  8. たろう のコメント:

    上記にオーバーラップして日本に巣食う反日左翼の歴史をかぶせてみれば、日本の言論機関がどれほど醜いウジ虫に乗っ取られていたかがよくわかります。

    (1950年代から1980年代まで)
    狂ったように朝日新聞が北朝鮮を美化して、北朝鮮の金日成や社会体制を賞賛。その異様な記事の数々はネット検索で読めます。ぜひ一読を。

    (日教組の例)
    1971(昭和46) 槙枝元文が日教組委員長に就任
    1973(昭和46)(18歳の古川了子さんが拉致された年に)槙枝元文が北朝鮮を訪問し、
     「金日成は立派で偉大。経済も福祉も完璧。北朝鮮がうらやましい」と絶賛。(槙枝の「北朝鮮に貧困はないから泥棒はいない」という発言は有名)

    左翼のチンピラ自称知識人も次から次へと北朝鮮の福祉はうらやましいなどと絶賛。
    (共産主義など一切信用しない私でもダマされた例としては、日本人学者による「北朝鮮の病院医療は無料」という北朝鮮絶賛の研究成果。
    実は北朝鮮の病院医療とは学校の保健室と同レベルであり、医療が無料とは保健室入るのが無料であることであったと知らされたのは、しばらく経ってから。
    ちなみに北朝鮮の平均寿命は60才であるが、国土全体が政治収容所のような国家で真面目に統計調査されたかどうかは疑わしい)

    そうして、これらの北朝鮮神話を信じた人々の悲劇。
    1959(昭和34)年から1984(昭和59)年に共産主義左翼に「地上の楽園」と洗脳されて、北朝鮮に向けた帰国船が新潟港から次から次へと出航。
    9万3340人が帰国(そのうち6839人は日本人配偶者や子ども)。
    ーーーーーーーーーーーー

    そうして北朝鮮の拉致やテロ工作が隠ぺいできなくなった時期を見きわめるかのようにして、突然発生した朝日新聞の壮絶な従軍慰安婦キャンペーン。
    全社を総動員してむちゃくちゃな記事を毎日のように連載した。(そして北朝鮮拉致の証言は見向きもされずに、吉田清治という詐欺師のおそるべき性奴隷物語が内外に発信され、朝鮮半島にも面白いようにデマが飛び火した。)

    これで息をふきかえした無数の左翼ども。日教組や偏向マスコミなど数多く。
    学者も共産主義をほめちぎってきた和田春樹が喜んで舞台に登場。
    和田春樹の1980年代の徹底的な韓国たたき(韓国の軍事政権を非難して、韓国の民主主義を支援するかのように見せかけた)では北朝鮮の異常性が完全に隠ぺいされている。
    北朝鮮を間接的に支援するために韓国の反体制勢力を応援したのである。
    (こういううさん臭い学者を、なんと間抜けなNHKは20世紀の社会主義を総括するドキュメンタリーの主役に抜擢)

    そうして朝日新聞に出没する反日左翼は、吉田清治が少女から婦人まで何千人も強制連行して性奴隷にしたという韓国のチェジュ島ではなく、北朝鮮の国営機関に取材に行って、慰安婦を日本兵が食ったなどという「数々の誇らしい証言」を北朝鮮でひろいあつめて日本に帰国。
    (しつこく書きますが、吉田清治のチェジュ島証言には左翼はメディアも学者も評論家も一切取材せず裏付けしようとせず。ウソであるとうすうす感づいていたのです)

    そして国連は、吉田清治の証言と北朝鮮からひろってきた日本の左翼の証言を収集して、日本への攻撃を着々と準備。

    どれだけ日本人がおそろしい集団催眠にかかっていたか各自が研究調査して子どもや孫に伝えてください。これこそ日本人が風化してはならないことです。

    そして北朝鮮ではなく韓国も李承晩などが日本で爆破などのテロ計画を実施。竹島付近で多くの漁民を拉致。
    「なにが日韓併合の被害者だ。ふざけるなバカ野郎」というのが、まともな日本人の感性であるべき。

    ただし北朝鮮を先制攻撃は著しく困難。そのときはノドン数百発が日本を襲う。そして、そのミサイル攻撃の正当性を北朝鮮側に与えることになる。
    北朝鮮は少しでも反撃時の報復能力の精度と規模を拡大することに時間をかせぎ、その機会を狙っています。
    刺激せずに内部崩壊に導く方法を周辺国が考え抜くのが最善策です。(と同時に日本はいざというときのために防衛能力を着実に高めるしかない。)

  9. Ren のコメント:

    テレビを普段見ない私ですが、とても気になったので調べてみました。

    〖TBS放送基準〗
    TBSは、放送の社会的責任と公共的使命を認識し、メディアの特性を十分に活用して、文化の普及と向上に努め、平和で民主的な世界、より良い社会環境、地球環境の実現と、公共の福祉に貢献することを使命とする。 TBSは、電波が国民のものであるという原則にもとづき、基本的人権と世論を尊び、公正な立場を守り、自律を確保することによって、表現の自由を貫き、広告、宣伝の社会的効用を高め、国民の期待と信頼にこたえる。 このため、TBSは、放送番組を次の基準によって編成する。
    ・・・・・
    7.社会の良識や良俗に反する放送は行わない。(一部抜粋)

    とてもご立派ですね!
    架空のストーリーを視聴者にみせるドラマの中の、しかも「小道具」のことです。
    ブルーリボンバッチが長年に亘って北朝鮮に拉致され、苦しみ続ける日本人の祖国帰還を願って作られたものであったとしても、全く関係なんてないですよね。
    たかが小道具の選定ひとつ、世論にも社会の良識にも、もちろん自社の放送基準にも反するものではないと、少なくともTBSドラマの制作現場の方はお考えなのですよね?
    わかります。

    〖日本民間放送連盟放送基準〗
    1章 人権
    (2) 個人・団体の名誉を傷つけるような取り扱いはしない。
    8章 表現上の配慮
    (60) 視聴者が通常、感知し得ない方法によって、なんらかのメッセージの伝達を意図する手法(いわゆるサブリミナル的表現手法)は、公正とはいえず、放送に適さない。

    ブルーリボンバッチの何たるかを全く知らない、もしくは知ろうともしない無知で無神経で恥知らずなTBSドラマ制作関係者の皆様ですから、法律に反することがなければ何をしても良いとお考えなんですよね?
    どれだけ高い理念を掲げていたとしても、社員がこれではTBSテレビの制作現場の実態は推して知るべしですね。
    勉強になりました。

    (この件の問い合わせ先は、総務省ですか?内閣府でしょうか?ご存知の方がいらっしゃればお教えください)

    • 大和民族 のコメント:

      皆さん官邸メールを主にされていて、次に総務省、スポンサーへ問合せのようです。

      • Ren のコメント:

        大和民族様

        ありがとうございます!
        拉致対策本部副本部長の先生方には、TBSに対する抗議と法的対応を含めた検討をお願いしたところです。

        あとは、官邸と総務省、そしてスポンサーですね。
        特にスポンサーには、拉致被害者とその救出のための国民運動を無視したテレビ局「TBS」の番組制作に協力することの意味を真剣にお考えいただきたいと思います。

        スポンサー契約の継続は、自社がTBSと同様に拉致被害者の人権と人命を無視するモラルに欠けた企業であることを世間にわざわざ公表するようなものです…。商品PRはおろか、この国の社会に何ら貢献できない、必用のない存在だと見なされるのがオチですね。

  10. 鳥師 のコメント:

    またTBSか!!
    関係者でこれを止める人がいなかったのだからもはやTBSは完全に暴走している。
    安倍政権の暴走ガーとか言っているが、自分たちが暴走車に乗っているから相対的に相手が暴走しているように見えるだけだ。
    現政権を貶めたい意図があったにしても、拉致問題に政権や思想は関係ない。

    拉致問題を解決させたくない北朝鮮とそのシンパが嫌がらせをしているのでしょうか?
    仮にそうだとしたらTBSはどちらなのでしょうか?恐ろしいテレビ局ですね。

  11. のり のコメント:

    お陰様で、もう一度ブルーリボンを注文しました。ずっと付けていましたが、引っかかってしまい壊れてしまっていたんです。きっと、今回の事を契機に、もう一度買わなきゃ、付けなきゃって人増えるんでしょうね。流石TBSww法則発動^^

  12. ふう のコメント:

    TBS(朝鮮マスコミ)の日本人への嫌がらせの証拠が、
    また一つ増えましたね。

    過去にやらかしたものも含めて、
    これらをまとめたものをお花畑に見せれば、
    マスコミの正体にすぐに気付くと思います。

    百聞は一見に如かず。
    わかりやすい証拠を残してくれてありがとうと言いたいです。

  13. 熊本県民 のコメント:

    あまりのゲスっぷりに吐き気がします。
    当事者はどうせすっとぼけて逃げるのでしょうがTBSに対する嫌悪感と、当該番組へのスポンサー企業への不信感で一杯です。

  14. 大和民族 のコメント:

    TBSにはブルーリボンバッチを今回に限り、悪徳代議士役に付けさせることとなった経緯、意図の説明責任と、公表を求めました。

    月曜ゴールデン個別は分かりませんが、スポンサー一覧です。

    ※A・B枠は隔週で前後交代 (2014.10~)
    A枠 1’00″…アース製薬
    0’30″…サカイ引越センター、神楽酒造、カメラのキタムラ、mizkan+週替1社

    B枠 1’00″…タカラスタンダード、ヤマザキナビスコ
    0’30″(1’00″含む)…太田胃散、ユニ・チャーム+週替2~3社

    ヒッチハイク(0’30”)…タケダ(武田薬品)

  15. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     下記のとおり,また,煩い極左レッテル張りサナダムシが蠢きだしました。
     正義の小坪議員に対して,筋違いたる忌まわしき呪いの語句を浴びせています。
     うざい!!甚だ,耳障り,目障りだ!!いねい!!

    >いま多くの行橋の議員達は「小坪議員に関わりたくない」「これ以上行橋市議会に恥をかかせないでほしい」との思いのようです。

     嘘言え!!過日のデモの参加人数3万人足らずを,12万人と盛るくらいのホラ吹き反日左翼の言うことなど,あてになどならんわ!!

    こんにちは 徳永克子:です
    http://katuko.cocolog-nifty.com/katuko/2015/09/post-bca5.html#more
    公安調査庁指定新左翼系セクト・極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派福岡県行橋市議会議員の超現実主義な日常

    2015年9月2日(水) 本会議前に小坪議員が「陳謝」

    9月1日は、9月議会の開会日。

    「開会前に、小坪議員が『陳謝』をしたいとの申し出があったので許可しました。そのようにさせます」と、数日前に連絡がありました。私は、陳謝にはならないのではないかと思っていましたが、まったく私の予感は的中しました。

    小坪議員は元気よく「陳謝」の発言をはじめました。冒頭と最後に「お詫び」の言葉がなければ、何のための発言か分かりません。言い訳、あるいは自分の行為の正当性の説明だと思いました。
    私が「誰に対してのお詫びなのですか?」「市会議員として、どう責任をとるつもりですか?」と質問をしましたが、その発言は取り上げてもらえませんでした。残念です。
    いま多くの行橋の議員達は「小坪議員に関わりたくない」「これ以上行橋市議会に恥をかかせないでほしい」との思いのようです。私も同感です。
    行橋市政について、市民の要求実現のために、もっと時間をかけて取り組みたいのです。無用なエネルギーをつかわせないでいただきたい。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       過日,開会前の小坪議員のお言葉。
      「以上が、ことの経過の報告になります。
       これらの状況を知った先輩議員や執行部、市民の皆様には、多大なる心配を頂きました。感謝いたしますと共に、『 お詫び 』申し上げます。」

       対する反日左翼さん曰く,「冒頭と最後に『 お詫び 』の言葉が『 なければ 』、何のための発言か分かりません。」とのこと。

       あれれ,やはり反日左翼さんは,事実と異なることを平気で仰いますね。
       過日のデモ参加の3万人を12万人と盛るくらいですからね。

  16. 名ナシ のコメント:

    よくTBSが北朝鮮系と言われますが、このようなことを
    平然とやるようでは言われていることが事実だと思わざるを得ませんね。
    やることが露骨すぎて嫌悪感しかありません。

  17. 一郎鈴木 のコメント:

    中国・韓国・北朝鮮に、媚びへつらう日本のマスコミは、もうウンザリだ。

    視聴率に反映させるために、話題性を高める、狡猾で嫌味な番組に映る。

    おそらく、この番組のスポンサーは、まともじゃないかも。

  18. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    中国のパレードに対抗して反日したのかも??まあ、反日害国による被害者を侮辱するのも、反日の努めなのでしょう…

    12月2日NHK『衆院選2014党首に問う』拉致被害者を救う会の『ブルーリボンバッジ』を付け日本人を護る意思表示は自民党と次世代の党だけ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/41628751

    【有田先生がヘイトスピーチ】「有田さんって蓮池さんから何もしない政治家って言われてるんですね」→有田ヨシフ「デマはやめてください。悪用しているのはブルーリボン議員です」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/29058333

    【長野市】保守系市議が共産党市議団5人を名誉毀損で告訴、受理 共産党市議団が配布した安保チラシ(10万部)に「戦争法案に賛成した議員」として原告の市議の名前掲載
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46137918

    【衝撃画像】舛添都恥事、拉致被害者を救う会のブルーリボンバッジは付けず、セウォル号沈没事故の黄色いバッジを付ける
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/42801469

    【マスコミ】共同通信「敬愛する金正恩元帥のご健勝を謹んで祈ります」金正恩に花かごを贈る
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/30059530

    • スレチキジコピ@失礼します のコメント:

      【続報】TBSドラマ『SP 八剱貴志』で悪徳代議士の襟にブルーリボンバッジ… TBSスタッフの弁明「製作のオスカーが提案。政治家っぽい雰囲気を出すため」「バッジは救う会のHPで購入」
      ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46142028

      余談ですが、別の巣食う会もありまーす

      【悲報】『難病患者』救う会は、在日韓国人・帰化韓国人が巣食う会だった?
      ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/32534600

  19. 町工場の親方 のコメント:

    救う会、発足時からの一員として。
    「敵の敵は味方」

    >日本に巣食う反日左翼の歴史をかぶせてみれば、

    救う会、発足時からの一員として。

    「敵の敵は味方」

    >日本に巣食う反日左翼の歴史をかぶせてみれば、日本の言論機関がどれほど醜いウジ虫に乗っ取られていたかがよくわかります。
    ・・・
    もう十年以上前から、日本の腐れマスコミの内部では、「いわゆる、[救う会イデオロギー]、と言って拉致問題に熱心な国民をバカにするような言葉が使われてきました。

    日本国民の、『拉致』、を問題とする以上、当然、「日本国家」、が拉致犯罪を犯した、「国家」、と相対することになります。
    それが「北朝鮮」、が大好きで日本が大嫌いな、レーニン・コミンテルン教・カルト、憎日日本人にとっては不愉快でたまらなかったと思います。

    今回のTBSは連中の本音が出ただけです。

    「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、に平成15年に書いたものを書かせていただきます。

    小泉第一回訪朝以前の、北朝鮮の日本人拉致に対する、辻元清美や外務省チヤイナスクールの槇田邦彦の発言は到底許せるものではありません。
    北朝鮮による、日本人拉致がはっきりした直後の、「朝日」=築地・チョーニチ、岩波、「世界」、の言い草。

    〔チョーニチ、天声人語〕・・「・・・・拉致は朝鮮民主主義人民共和国の特殊機関による、国家機関の仕業であることを金日成は公式に認めた。
    そうした特殊機関による、「犯罪」、は珍しいことではない。米国のCIAに対する数々の告発を始め、歴史上枚挙にいとまがないし、かってのわが国の特殊機関も例外でない。----平成14年9月18日、(小泉訪朝の翌日)

    町・・米国CIAと、特に我が国の特殊機関のやった拉致に類する犯罪の幾つかを具体的に挙げて説明し、北朝鮮と比較しろ!

    〔チョーニチ社説〕・・「・・・・同朋の悲劇に対して、これほど豊かに同情を寄せることができるのに、虐げられる北朝鮮民衆への思いは乏しい。
    ひるがえって、日本による、植民地時代の蛮行を問う声は、「拉致問題と相殺するな」、の一言で封じ込めようとする。----平成15年元旦社説

    町・・同朋の悲劇、拉致被害者家族に対して、これほど冷たい態度をとり続けてきた、「朝日」、の非人間性は、本当に許せぬ思いです。
    「築地」、の大の贔屓、社民党の、拉致被害者家族に対する態度は酷いものでした。国会答弁において、北朝鮮による拉致、と判明して以来、拉致被害者家族は縋る思いで、北朝鮮とパイプのある、社民党の土井、辻元、福島等の国会議員に、何回もメールを送りましたが、まったくのナシのつぶての無回答、家族に会おうともしませんでした。
    それと外務省の冷たさにも怒りが湧きます。

    〔阿南アジア大洋州局長〕・・「拉致疑惑には、亡命者の証言以外に証拠がないわけなんですから、慎重に考えないといけないんですね。韓国の裁判での証言があると言ったって、韓国に捕まった工作員だから、彼らは何をいうわけかわからないわけですよ。----平成9年10月、記者会見にて。

    町・・昭和60年3月、梶山静六・国家公安委員長が、国会にて、昭和53年7月から8月にかけて、失踪した3組6人のアベックは、「北朝鮮による拉致の疑いは十分濃厚である。」、と答弁している。また平成4年、日朝交渉の場で、「李恩恵」、(田口八重子)、は北朝鮮のテロリスト、金賢姫の証言に基づき、拉致された者として交渉の場で問題にしている。馬鹿か!

    〔槇田アジア大洋州局長〕・・「たった10人のことで日朝国交正常化がとまってもいいのか。拉致にこだわり国交正常化がうまくいかないのは国益に反する。」

    町・・いったいどこの国の国益のことだ。!私が槇田と辻元をどうしても許せないのは、内心を偽る、真っ赤な嘘をついているからです。幼稚園児ならいざ知らず、高校生以上の常識ある日本人なら、「10人のはずはない、実際は何倍、何十倍いるに違いない。」、と思っています。国会議員や外交官で、もしそう考えないようでしたら、まったくの馬鹿か、不適格者です。
    警察でも70人とか言っているようですが、私は昔読んだ、大藪春彦の小説で、職安から行った北朝鮮系の建設会社で、身寄りの無い労務者が次々といなくなる、という筋書きが、かなり真実を突いているのではないかと考えます。横田さん、有本さんのような、しっかりしたご両親のいる、まともな家庭の子供を拉致するより、行方不明、いなくなっても、誰も気にとめない、関心を持たないような無人間を消して、日本人としてその人間になりすますのが、もっとも簡単であり、そのような工作員がかなり日本国内にいるのではないか、と考えます。

    以上からはっきり言えることは、「築地」、社民党、外務省チャイナスクール、の連中は、拉致された日本国民を何としてでも取り戻す、という決意はまったくなく、何十年にわたり、国の冷たい仕打ちに耐えて努力を重ねてきた被害者家族に対する同情もまるでありません。
    それと、理屈にもならないような、「等価式」、を持ち出して、北朝鮮を弁護し、特殊な国でも、犯罪国家でもないように見せかける詭弁を弄しています。

    〔岩波・世界の言い草〕

    >8人の死亡が告げられて以来、日本のマスコミは拉致問題一色になった。

    町・・当たり前だろう。今まで日本の国内で治外法権のような扱いを幾つも受け、日本に不当な内政干渉をし、日本が悪い、と言われ続ければ、いくらおとなしい日本人でも臨界点に達する。しかも人を拉致しておいて、一方的に死んだというが、死んだ人達の年齢、死亡場所、死亡原因、どれ一つとっても普通の常識のある日本人なら、絶対に納得できるようなものでない。「攫っておいて、殺しやがったな!」と日本中で思わない方がおかしい。

    >異様ともいうべき事態を作り出している。
    町・・何が異様な事態だ、お前等の発想を見ると、気違いは己が気違いなのが分からず、正常人が気違いに見える、ということを思い出す。

    >日朝間の交渉を入り口まで導いた外交官が、あたかも北朝鮮の利益を図っているかのごとく罵倒され、--

    町・・拉致家族のことなど全く無視して、国益に反する外務省内左翼・チャイナスクールのペースで話を進めようとしてきたくせに。過去の阿南、槙田の台詞もそうだが、外務省は拉致被害者の消息が判明する、午前10時に、情報を家族に知らせると約束していた。しかし、家族に知らせたのは約束の時間を6時間以上過ぎた午後4時だった。拉致問題に真剣に取り組む気などまるでなかつたと言うしかない。酷い事実を知らせず、当初の字句そのままになりふり構わず、共同宣言に署名させるためのペテンである。

    >これまで日朝の正常化のために力を砕いてきた、政治家、正当、組織、言論などが、あたかも「北朝鮮の手先」であるかのごとく攻撃されている。

    町・・なにが「力を砕いてきた」だ。お前等の言う、政治家、野中広務、河野洋平、田中真紀子、加藤紘一、中山正暉代議士、土井たか子、辻元清美、吉田康彦、小田実、和田春樹、社民党、「朝日」、「世界」、がどれだけ、北朝鮮を賛美し、北朝鮮の側に立った言動をなし、拉致を否定し、日本人同朋、拉致被害者家族の悲しみを考えもせず、冷酷、非人間的な態度をとってきたことか!正にこの点においては共通し、首尾一貫していよう。

    >本誌はこれら論者個々の指摘に対して、反論や弁解をする必要を認めない。---従来から変わらぬ日本人の朝鮮認識の歪みがーーー

    町・・いいだろう、弁解の必要を認めず、今までどおり、ヘッドギアーをつけ、斜眼帯をかけて闇雲に突っ走れ!。

    もう十年以上前から、日本の腐れマスコミの内部では、「いわゆる、[救う会イデオロギー]、と言って拉致問題に熱心な国民をバカにするような言葉が使われてきました。

    日本国民の、『拉致』、を問題とする以上、当然、「日本国家」、が拉致犯罪を犯した、「国家」、と相対することになります。
    それが「北朝鮮」、が大好きで日本が大嫌いな、レーニン・コミンテルン教・カルト、憎日日本人にとっては不愉快でたまらなかったと思います。

    「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、に平成15年に書いたものを書かせていただきます。

    小泉第一回訪朝以前の、北朝鮮の日本人拉致に対する、辻元清美や外務省チヤイナスクールの槇田邦彦の発言は到底許せるものではありません。
    北朝鮮による、日本人拉致がはっきりした直後の、「朝日」=築地・チョーニチ、岩波、「世界」、の言い草。

    〔チョーニチ、天声人語〕・・「・・・・拉致は朝鮮民主主義人民共和国の特殊機関による、国家機関の仕業であることを金日成は公式に認めた。
    そうした特殊機関による、「犯罪」、は珍しいことではない。米国のCIAに対する数々の告発を始め、歴史上枚挙にいとまがないし、かってのわが国の特殊機関も例外でない。----平成14年9月18日、(小泉訪朝の翌日)

    町・・米国CIAと、特に我が国の特殊機関のやった拉致に類する犯罪の幾つかを具体的に挙げて説明し、北朝鮮と比較しろ!

    〔チョーニチ社説〕・・「・・・・同朋の悲劇に対して、これほど豊かに同情を寄せることができるのに、虐げられる北朝鮮民衆への思いは乏しい。
    ひるがえって、日本による、植民地時代の蛮行を問う声は、「拉致問題と相殺するな」、の一言で封じ込めようとする。----平成15年元旦社説

    町・・同朋の悲劇、拉致被害者家族に対して、これほど冷たい態度をとり続けてきた、「朝日」、の非人間性は、本当に許せぬ思いです。
    「築地」、の大の贔屓、社民党の、拉致被害者家族に対する態度は酷いものでした。国会答弁において、北朝鮮による拉致、と判明して以来、拉致被害者家族は縋る思いで、北朝鮮とパイプのある、社民党の土井、辻元、福島等の国会議員に、何回もメールを送りましたが、まったくのナシのつぶての無回答、家族に会おうともしませんでした。
    それと外務省の冷たさにも怒りが湧きます。

    〔阿南アジア大洋州局長〕・・「拉致疑惑には、亡命者の証言以外に証拠がないわけなんですから、慎重に考えないといけないんですね。韓国の裁判での証言があると言ったって、韓国に捕まった工作員だから、彼らは何をいうわけかわからないわけですよ。----平成9年10月、記者会見にて。

    町・・昭和60年3月、梶山静六・国家公安委員長が、国会にて、昭和53年7月から8月にかけて、失踪した3組6人のアベックは、「北朝鮮による拉致の疑いは十分濃厚である。」、と答弁している。また平成4年、日朝交渉の場で、「李恩恵」、(田口八重子)、は北朝鮮のテロリスト、金賢姫の証言に基づき、拉致された者として交渉の場で問題にしている。馬鹿か!

    〔槇田アジア大洋州局長〕・・「たった10人のことで日朝国交正常化がとまってもいいのか。拉致にこだわり国交正常化がうまくいかないのは国益に反する。」

    町・・いったいどこの国の国益のことだ。!私が槇田と辻元をどうしても許せないのは、内心を偽る、真っ赤な嘘をついているからです。幼稚園児ならいざ知らず、高校生以上の常識ある日本人なら、「10人のはずはない、実際は何倍、何十倍いるに違いない。」、と思っています。国会議員や外交官で、もしそう考えないようでしたら、まったくの馬鹿か、不適格者です。
    警察でも70人とか言っているようですが、私は昔読んだ、大藪春彦の小説で、職安から行った北朝鮮系の建設会社で、身寄りの無い労務者が次々といなくなる、という筋書きが、かなり真実を突いているのではないかと考えます。横田さん、有本さんのような、しっかりしたご両親のいる、まともな家庭の子供を拉致するより、行方不明、いなくなっても、誰も気にとめない、関心を持たないような無人間を消して、日本人としてその人間になりすますのが、もっとも簡単であり、そのような工作員がかなり日本国内にいるのではないか、と考えます。

    以上からはっきり言えることは、「築地」、社民党、外務省チャイナスクール、の連中は、拉致された日本国民を何としてでも取り戻す、という決意はまったくなく、何十年にわたり、国の冷たい仕打ちに耐えて努力を重ねてきた被害者家族に対する同情もまるでありません。
    それと、理屈にもならないような、「等価式」、を持ち出して、北朝鮮を弁護し、特殊な国でも、犯罪国家でもないように見せかける詭弁を弄しています。

    〔岩波・世界の言い草〕

    >8人の死亡が告げられて以来、日本のマスコミは拉致問題一色になった。

    町・・当たり前だろう。今まで日本の国内で治外法権のような扱いを幾つも受け、日本に不当な内政干渉をし、日本が悪い、と言われ続ければ、いくらおとなしい日本人でも臨界点に達する。しかも人を拉致しておいて、一方的に死んだというが、死んだ人達の年齢、死亡場所、死亡原因、どれ一つとっても普通の常識のある日本人なら、絶対に納得できるようなものでない。「攫っておいて、殺しやがったな!」と日本中で思わない方がおかしい。

    >異様ともいうべき事態を作り出している。
    町・・何が異様な事態だ、お前等の発想を見ると、気違いは己が気違いなのが分からず、正常人が気違いに見える、ということを思い出す。

    >日朝間の交渉を入り口まで導いた外交官が、あたかも北朝鮮の利益を図っているかのごとく罵倒され、--

    町・・拉致家族のことなど全く無視して、国益に反する外務省内左翼・チャイナスクールのペースで話を進めようとしてきたくせに。過去の阿南、槙田の台詞もそうだが、外務省は拉致被害者の消息が判明する、午前10時に、情報を家族に知らせると約束していた。しかし、家族に知らせたのは約束の時間を6時間以上過ぎた午後4時だった。拉致問題に真剣に取り組む気などまるでなかつたと言うしかない。酷い事実を知らせず、当初の字句そのままになりふり構わず、共同宣言に署名させるためのペテンである。

    >これまで日朝の正常化のために力を砕いてきた、政治家、正当、組織、言論などが、あたかも「北朝鮮の手先」であるかのごとく攻撃されている。

    町・・なにが「力を砕いてきた」だ。お前等の言う、政治家、野中広務、河野洋平、田中真紀子、加藤紘一、中山正暉代議士、土井たか子、辻元清美、吉田康彦、小田実、和田春樹、社民党、「朝日」、「世界」、がどれだけ、北朝鮮を賛美し、北朝鮮の側に立った言動をなし、拉致を否定し、日本人同朋、拉致被害者家族の悲しみを考えもせず、冷酷、非人間的な態度をとってきたことか!正にこの点においては共通し、首尾一貫していよう。

    >本誌はこれら論者個々の指摘に対して、反論や弁解をする必要を認めない。---従来から変わらぬ日本人の朝鮮認識の歪みがーーー

    町・・いいだろう、弁解の必要を認めず、今までどおり、ヘッドギアーをつけ、斜眼帯をかけて闇雲に突っ走れ!。

  20. 町工場の親方 のコメント:

    ダブッテしまいまことに失礼いたしました。

  21. 生野区民 2 のコメント:

    日本にある、放送局はすべてプロパガンダ組織としか思えない
    ネットがなかったら、このような洗脳放送でも成功したかもしれない
    BPOは朝鮮組織で、とても対処できないし
    TBSはもう放送免許を取り消す段階に、来てると思える
    スポンサーに抗議の声を上げて、反日企業は社会から抹殺しよう
    TBSは狂ってるので、抗議をしてもウリは悪くないニダで終るから
    スポンサーを徹底的に叩こう

  22. ほうみんこう のコメント:

    TBSはオウム事件と坂本弁護士一家殺害事件の元凶として
    放送免許を永久に剥奪すべきでした。
    当時は左翼勢力もある程度力があった為なのか
    結果的にそうならなかったのは、今に思えばつくづく残念です。

  23. nao のコメント:

    小坪さんこのテーマを記事にしていただきましてとても感謝しています。
    Twitterの一部界隈では火曜日朝からじわじわと拡がりだしたのですが未だ周知されずにいましたが水曜のお昼になると著名な西村幸祐さんがツイートされ拡がりだしました。
    いつもより早い時間の小坪さんのブログ更新ツイートが水曜夜にあってからはどんどん拡がったと感じます。やはり流石に影響力がすごいですね。

    小坪さんのブログにコメントされている方は
    いつも精練された内容で本当に勉強になります、ありがとうございます。しっかり本記事を読んだあとにもうひとつの楽しみとしているくらいです。
    皆様本当に考察が鋭い!知識深い!
    余りに文章も内容もよくコメントするのが躊躇するくらいです、無知 故に恥ずかしくて。

    マスメディアの偏向や捏造はもう日常化しました。政府の見解、政府筋、政府関係者、なんて書きながら飛ばし記事をだします。文言を変えます。
    一般的に戦争法案なんて煽りはもう信じてる人は少ないでしょうが(政権支持率がポイント回復なところからもわかります)
    小さなデマや文言捏造がじわじわフリー票に響かないか心配しています。
    マスメディアは自己保身をしながら 平気で今回のような姑息なサブリミナル効果を狙った安部下ろしをしてくる。その手段に 一番に解決に向けて国家一団となって取り組まないといけないはずの拉致被害者奪還の意思表示なるブルーリボンバッチを使いました。
    許されざる行為です。

  24. taigen のコメント:

    抗日戦勝行事に日本の国会議員が続々出席・公明、民主、共産、村山など出席・自民の二階も上海へ
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/?no=5944

  25. ピンバック: 【続報】悪役の政治家にブルーリボンバッチ、TBSの見解 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  26. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    いったい中韓には反日のための資金はどこから出てくるのでしょう
    某国のイージスがこんど自主運営に切り替えるようです
    今まで妨害にめげず頑張ってきたのに維持して行くためには
    自主運営しか方法がないようです どのサイトも中韓のいいなり
    になっていると思っているのは私だけでしょうか

  27. お祝い のコメント:

    これぞ印象操作の最たるものであります。
    こんなものを見ている者は間違いなく、無意識にこの国なんかどうでも良い、
    自分がよければそれで良い、という人間になってしまう。
    気が付かないうちに、刷り込まれてしまうんですよね。
    テレビ大好きという人と話をしていると、
    特に国に関する事柄は無関心である事がほぼ全員、若しくは自虐史観にどっぷりです。
    特徴的なのは、「テレビで言ってた」という言葉に付随してその内容が話題となっている。ゲンナリします。
    今の社会の風潮を作ったのもマスゴミ、と個人的にはそう考えています。

    朝から殺人事件などの暗い話題を見させられ、気分が悪くなった子供時代。
    それは今も変わっていないと思います。
    昨今は、「韓国では」「中国では」のフレーズを毎日何度も聞かされ不快になった。

    麻生政権誕生のその日、
    初日のぶら下がりなんとかで当時の麻生首相に投げかけられた記者の第一声は、
    「解散はいつですか?」これにブチ切れ、アンテナケーブルを引っこ抜き、
    今も其の侭です。

    テレビは思考を停止させられますね。
    今に始った事ではありませんが、
    TBSの今回やらかしたもの、性質の悪い露骨な悪意がこもっているのが判ります。
    日本人の周りは敵だらけであります。
    こんな有害な電波は要らない。
    できることを頑張ります。

  28. アクアマリン のコメント:

    わざわざ本物のブル-リボンを購入して使用したそうですね。
    許されないことです。
    私は拉致問題についてなんら行動はできていませんが、同じ子供をもつ身として
    被害者ご家族の心中を考えると胸がおしつぶされそうな気持になります。
    これは拡散して訴えていくべきです。決して許されない行為です。
    産経ニュ-スで記事がでました。こっそりやった事がどんどんさらされ大きくなる。
    日本人を日本国内でおとしめて笑ってる奴ら、のさばらせてはいけないです。

  29. ピンバック: 【速報】 菅長官、TBSドラマのブルーリボンバッジ演出に不快感「(拉致被害者救出祈る)意味、理解してほしい」 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  30. 月侯 のコメント:

    かなり周知されて来ましたが懸念もあります。
    拉致被害者 拉致被害者 ブルーリボン ブルーリボンと感情的なってはいけないと思います。
    当初からこの、ブルーリボンを使用した印象操作であり 印象操作そのものを問題視しブルーリボン着用によるTBSの現政権を思想心情的に故意に行ったものです。
    要はブルーリボンの意味は知っていたのTBS側の発言からも読み取れる真意こそが印象操作なのです。
    これは故意に安倍潰しの一貫であり飽くまでもブルーリボンは印象操作の道具でしかないと言う事です。
    勿論ブルーリボンの会や拉致被害者家族に対しての謝罪はして貰わなければなりません!
    でも大切なのはマスメディア全体の昨今の偏向報道や繰り返される印象操作だと思います。
    TBSの停波位求めるのが現在行われている不公平な人心誘導を辞めさせ真の中道のマスメディアの報道姿勢を正すものと考えています。

  31. ピンバック: 【応援

  32. ピンバック: めぐみさんは君が代を歌っていた(北朝鮮工作員より) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  33. ピンバック: 【拡散】メディアがネットに屈した日~スポンサー回答一覧【TBS・ブルーリボン問題】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  34. 梅々 のコメント:

    今の野党は何処から見ても韓朝中の傀儡政治家、国家国民を守る事など微塵も無い!

  35. ピンバック: 【拡散】北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日~16日【拉致被害者全員奪還】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です