めぐみさんは君が代を歌っていた(北朝鮮工作員より)【拉致を許さない人はシェア】


 

 

12月10日から同月16日は「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたいと思い、あるニュースを紹介します。

日本人さえも忘れてしまえば、この問題は「存在しなくなる」でしょう。
そして、その時こそは、国家としての日本が存在しなくなると私は考えています。

国家とは、国の家と書きます。
我が国の国民が不当に拉致された。
これを取り戻せなくて、何が国家であろうか。

めぐみさんは、日本人なんだと自分に言い聞かせるように一生懸命に君が代を歌ったそうです。
金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮工作員から聞いたとして、めぐみさんのご両親が語ったそうです。

 

 

(OGP画像)
12351082_953294561408095_467412368_n
 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

 

日本人なんだと自分に言い聞かせるように

以下、愛娘を拉致された両親が語った言葉です。

 

(前略)
北朝鮮工作員によって北朝鮮に連れ去られた横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親らが参加。北朝鮮で祖国を思い、日本の国歌である「君が代」を歌っためぐみさんの様子が明かされた。

(中略)

「日本人なんだと自分に言い聞かせるように」
めぐみさんの北朝鮮での生活の一端を明らかにしたのは、めぐみさんの母、早紀江さん(79)。平成22年に来日した大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮工作員から聞いた話として紹介した。

(中略)

「久しぶりに会うものですから、気まずくてみんなが黙りこくっているもので、『何か歌を歌いましょう』ということになって、『めぐみちゃんが歌を歌ってくれました』ということでした。その歌は何だったと思いますか?」。会場に早紀江さんは問いかけるように話し、「めぐみは一生懸命に君が代を歌ったと聞きました。『私は日本人なんだ』。それを自分に言い聞かせるために君が代を一生懸命高い声で歌ったのだと思います」と続けた。

(後略)

産経新聞:「横田めぐみさんは君が代を歌っていた」 金賢姫元工作員が明かした衝撃の新事実 母・早紀江さんの眼に涙があふれ…

 

産まれた祖国が、
日本が、助けてくれると、信じている。

年を召されたご家族も、拉致された被害者も。
日本が、国家としての責務を果たせるものと、信じてる。

私は、日本の政治家として、日本の国民を信じている。
あなた方、一人一人がこの問題を自らのことと認識し
忘れず、声を挙げ続けてくれると信じてる。

これができなければ、我が国は、国家ではない。

 

 

 

政治家の在り方
以下は、私の拉致問題への基本スタンスである。
そして「政治問題」ではないと考えています。

政治分野とは「議論を要する」ものであり、例えば外交などが含まれます。
政治分野以前の「ただの犯罪」であり、問答無用で、国家はこれを救うべき、それ以上でも以下でもありません。

 

拉致問題は、政治家の基本
ここにはイデオロギーも何もありません。
私は、いまだ青いバッチを胸にし続けることが、実は本当に重たい。
あのバッチは重たいのです。。。

すべての政治家は、日本国民に対し責任があると考えています。
国会議員のみならず、国民を護るという意思・思いは、すべての政治家の責務です。

 

国家とは。
国家は、国の「家」と書きます。
国民とは家族のようなもので、我が国に鑑みれば、天皇陛下を家長となした家だと思います。
難しい、神学論争のような国家観ではなく、私の認識している感覚であります。

大事な家族が、誘拐されています。
主権国家である我が国は、この横暴、テロ行為に対し毅然と立ち向かわねばなりません。

 

想像してみてください。
貴方の家族が、どこかのならず者にさらわれました。
取り返そうとしませんか?
警察に通報するでしょう?

生きていることがわかっているのに
なのに、取り返せない。

想像してください。
娘が、息子が、誘拐されて何十年。
妻が、旦那が、誘拐されて何十年。
兄弟、姉妹が、誘拐されて何十年。

 

心中を思うに余りある。
元気でいるだろうか、つらい思いはしてないだろうか。
気が狂うほどの辛さを、感じている国民がおります。

国家という考えで論じれば
私たちの家族が、貴方の家族が、
大切な人を不当に誘拐され、苦しんでいる、何十年もです。

 

政治家として、恥ずかしい。
このような基本中の基本が、、、
いまだ解決されず、残ってしまっていること。

青いバッチを今日も胸につけること。
そして恐らくは明日もつけざるを得ないこと。

保守層においては、ブルーリボンバッチをされてるんですね!と賞賛の声すら聞こえる。
あれは、本当は誉められても嬉しくはないものなのだ。
早く外してしまうべき、拉致被害者を取り戻して。

あのバッチは、私たち政治家を縛るものである。
重たい、重たい、十字架である。

 

以下、そのくだりを演説させて頂いた動画です。

 

 

 

北朝鮮人権侵害問題啓発週間
以下、法務省より。

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう
 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的として,平成18年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 拉致問題は,我が国の喫緊の国民的課題であり,この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が,国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中,この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

001160834

 

 

拉致問題を「政治分野」などに引き込もうとした例は、枚挙に暇がありません。
以下、私が許せないと思った事例、過去のエントリを列挙させて頂きます。

【拉致問題】保守議員の街宣活動に対し、中指を立てた者

【TBS】悪役の政治家にブルーリボンバッチ!拉致問題への印象操作か?【許せないと思ったらシェア】

『拉致被害者全員奪還とは名ばかりのヘイトスピーチ活動』なのか?

 

この点に関しては、大手企業からの足並みを揃えた対応をもって、一応の成功を見せたと認識しております。
今後の偏向報道への抗議手法を検討する観点からも、重要なデータであると認識しております。
【拡散】メディアがネットに屈した日~スポンサー回答一覧【TBS・ブルーリボン問題】

 

私なりの、拉致問題への認識・スタンスは以下にまとめております。
少し長いエントリですが、興味のある方はお読みください。
国を憂う~拉致問題に関して思うこと。

 

 

 

国家とは、国の家と書きます。
我が国の国民が不当に拉致された。
これを取り戻せなくて、何が国家であろうか。

めぐみさんは、日本人なんだと自分に言い聞かせるように一生懸命に君が代を歌ったそうです。

 

12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたい。

日本人さえも忘れてしまえば、この問題は「存在しなくなる」でしょう。
そして、その時こそは、国家としての日本が存在しなくなると私は考えています。

 

拉致問題の早期解決を願う方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散等、一週間の啓発週間を(web上だけでも構いませんから)共に行動して頂けるよう、お願い申し上げます。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

めぐみさんは君が代を歌っていた(北朝鮮工作員より)【拉致を許さない人はシェア】 への13件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    めぐみさんは君が代を歌っていた(北朝鮮工作員より) 12月10日から同月16日は「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。 拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたいと思い、あるニュースを紹介し

  2. 鳥海山たろう のコメント:

    もうしつこいくらい書いてますが、何度も書きます(死ぬまで書きつづけます)。

    北朝鮮社会で壮絶な洗脳と精神的拷問の地獄のなかで(ただお子様をもうけられたのだから「ひと時の幸福」はあったのだろうと思いたいですが)、めぐみさんは、あの朝日新聞が90年代に朝鮮半島に打ち放った(それこそ核兵器のような)狂った従軍慰安婦キャンペーンをどのように耐えられたのだろうかという事が、ずっと頭から離れません。

    あれは、めぐみさんも、大変な苦痛を強いられたと思います。
    朝日新聞が何年もかけて仕込んだ猿芝居だったのですが、すさまじい衝撃となって日本社会を襲いました。

    「何十万人もの朝鮮人女性を日本軍の兵士が有無をいわさず強制連行して強姦して、死ぬまで性奴隷として酷使した」という人類史上でも、そうそう滅多にないことが、つい何十年か前の近代に起こった、というのです。
    すさまじいキャンペーンでした。
    巧妙な洗脳で、多くの日本人が信じ込まされました。

    日本人の苦痛も相当なものでしたが、めぐみさんの苦痛も地獄のレベルであったと確信します。
    朝鮮人スパイは、めぐみさんに「お前は過去の日本の途轍もない犯罪の贖罪をしているのだ」と間違いなく説き伏せたことでしょう。
    めぐみさんも「自分が拉致されてスパイの手伝いをさせられるのも仕方ない」と思ったかもしれません。

    もし私が、そういう洗脳を受けたら、(両親や兄弟への愛は絶対に変わらないものの)日本人であること、日本人である誇りを捨てようとするかもしれません。
    なにせ13歳で誘拐されて北朝鮮で洗脳され続けるのです。

    朝日新聞などの変態左翼は、本物のキチガイです。いかに鬼畜が日本の言論空間で権力を持っていたということを本当に知ってほしいのです。

    なお、同時に伝えたいのは「赤報隊」という精神異常者どもの行いです。
    これは別の意味で完全な鬼畜です。

    (ある意味で、朝日新聞を擁護すると)従軍慰安婦キャンペーンみたいな狂ったデマが大手を振って、まかり通ったのは、赤報隊みたいなキチガイどもが、朝日新聞記者を虐殺して、朝日新聞への批判が一時的に封じられた(または下火になった)時期があったからです。

    80年代の朝日新聞の異様性がだんだんと知られていて批判が強まり、世界を二分割した冷戦も終わろうとしていた時代に、赤報隊が、朝日新聞や政治家等に発狂したようにテロを仕掛けたことによって、朝日批判の風潮が、ふっーと消滅したのでした。

    ここは時代考証が必要かもしれませんが、実に、正統派の朝日新聞批判がやっと復活したのは、赤報隊事件から5,6年くらい後の(元朝日新聞社員の)稲垣武氏による左翼批判(「悪魔祓いの戦後史」など)を待つまで、ほぼ消滅していたのではないかと思い起こされます。

    つまり赤報隊が、とてつもないテロをやり、それで朝日新聞に同情が集まり、(その同情で)過去の悪行が帳消しになった時代のスキをついて、あの狂ったような従軍慰安婦キャンペーンがはじまったのです。

    変態左翼がどうのこうのといまだにカムフラージュしてますが、あの途轍もない反日プロパガンダ(世界をまきこんだプロパガンダ)は、それは、それは、若い世代の朝鮮民族までが絶叫して泣きわめくほどに、恐るべき洗脳キャンペーンであったのです。

    もし、時代の因果関係を逆に考えて、「赤報隊が朝日新聞の攻撃性をやわらげた」などと信じる日本人がいたら、とんでもない思い違いと錯覚をもっているのであり、常に朝日新聞を批判する際には、「あくまで合法的な方法でやらなければならない」ということを、くどいくらい繰り返さなければ、また「歴史は繰り返す」ということになる懸念があると思われます。

  3. 中共に狙われるので名前は控えます。 のコメント:

    拉致は北朝鮮だけではありません。
    実は 中国も日本人を拉致してきました。

    中国には日本人を拉致して隔離する「日本人村」と呼ばれているところがあります。
    数十年前、日本人村を見て体験した人から直接聞いたので事実です。

    日本政府はその事を多分知っていると思いますが、非常な厄介で面倒な事なので、国民には ひた隠しにしていると思われます。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    国税庁と言う役所が、日本には存在します。
    文字通り国が徴収する税金を、国民から巻き上げる役所です。
    何故「巻き上げる」と表現したのかと言えば、発展途上国ですら国が国民に保障している恩恵を、我々日本人は受ける事も出来無いにも関わらず、日本国はさも当然の様に税金を徴収しているからです。

    発展途上国ですら国が国民に保障している恩恵とは、自国民に危害を加えられた時は国家として戦争も辞さないと言う姿勢です。

    日本以外の多くの国のパスポートには、外務大臣からの諸官への保護扶助要請とは別に、国軍が身分を保障し「若し危害を加えたら、軍を送り込む」と言った旨の一文が添えられています。

    日本以外の国家は、国家として最低限の責務として軍を展開してでも、自国民の保護に努める事で税金を国民から頂いている訳です。

    所が我が国と来たらやるべき事をやらずに、いっちょ前に税金だけは国民から巻き上げている訳です。
    その典型例が、南北朝鮮による拉致問題です。

    税金だけ毟り取る癖に、発展途上国ですら国家が負っている最低ラインの自国民の保護は、知らんぷりしている訳です。
    我が国は度々増税を目論んで、その度に他の重要法案の審議を阻害し、場合によっては解散総選挙で国政の実質的空白期間を生むに至っています。

    国は増税したけりゃ、最低限国家としてやるべき事をやれと・・・。

    我々国民は、拉致問題が解決する迄は「一切の増税を認めない」と言う意思表示を行うのも一策でしょう。
    年金や国民健康保険も使えますね。

    今までと同じ手法では、この拉致問題は被害者もその直系親族も鬼籍に入る事でしか消滅しないでしょう。

    消滅では無く解決を目指すならば外務省や内閣だけでは無く、財務省を利用する方法も併用する時期に来ているのではないでしょうか。

  5. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市 市議会議員 小坪しんや様
     中川八洋氏が、飯島勳と拉致被害者の交換について述べられています。詳細は最新の掲示板にて。
     http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/ (2016年11月30日)

  6. 月光仮面 のコメント:

    取り返そうと言わない政党が日本に必要だろうか 取り返そうと言わない政治家が
    日本に必要だろうか 取り返そうと言わないマスコミが日本に必要だろうか
    取り返そうと思わない国民が日本に居るだろうか そうなんです日本人は
    取り返したいのです それを邪魔しているのは日本を壊したいと思っている
    人たちです 日本人など殺しても良いと思っている人たちなんです
    日本はこの勢力と戦う時が来たのではないでしょうか 時代が日本人を思い出させて
    いるのではないでしょうか そして 提案ですが 軍事力強化にお金を
    使うのは経済活性化につながるのではないでしょうか 今一度富国強兵を
    目指すべきではないでしょうか 前回の富国強兵は西欧の侵略から守るため
    でした 今は中国朝鮮ロシアこのアジアの侵略から国を守るため 今一度
    富国強兵を目指す時が来たと思います 絶対条件は侵略無き強兵ですね
    そして 無人兵器などなど あると思いますが ここでは言いません
    政治家に言いたい 選挙協力 などする時 相手がどんなこころざしを
    持っているのかしっかり見てください 私の事ですがこの党いいなと
    思った党がありますが ある人と党を合併したいと言っていたのです
    人を見る目 国民の見る目も大事だと思います その相手の議員はもはや
    国民は捨てた人物だと私は思ったのです 選挙が強かろうと金があろうと
    政治家のこころざしを見抜いてほしいと思います それがなければ
    富国強兵など拉致被害者など取り戻せないんです 上で中国も拉致していると
    言われている方が居ましたが 私 あり得ると思いますそれだけ今の
    日本は治安が良いと思いません 拉致を繰り返さない国にしてほしいと思います。 

    • 月光仮面 のコメント:

      今のまま 取り返せるのでしょうか わたし 無理だと思います
      なぜなら 相手は何も痛くないし 何もなくしていない
      日本はなんでもやり放題やられ放題 それを 改善していない国なんだと
      思います そうそう 取り返すため何をしたのでしょうか

  7. 大阪のおばちゃん のコメント:

    今年は関係省庁から教育委員会へ
    「拉致啓発週間のポスター掲示要請がなかった」ので
    特に学校では何もしない事が多いようです。

    それでも
    自治体によっては議員さんの活躍で学校への啓発ポスター掲示を
    実施できていると聞きます。

    大阪はダメかも知れません。

    行橋市での健闘をお祈りいたします!

  8. こっくり悠流 のコメント:

    Google+ にてシェアさせていただきます。
    拉致を指揮・実行した北朝鮮や、北朝鮮を礼賛した連中を断固として許さない姿勢を持ち続けていかなあきまへんね…

  9. 旧新人類 のコメント:

    もう、日本というか日本人が我を取り戻して日本全体が変わっていかないと、この問題は解決しない気がします。これまでも平和、今日も平和、これからも平和で、今日何も起こらなかったから明日も起こらないようなエセ平和番組ばかり観ていると、「カエルの楽園」から抜け出せません。こういうプロパガンダツール(バカ箱)を観ない10代・20代が覚醒しているというのも、むべなるかな。シリアを見てください。大国の思惑による代理戦争でメチャクチャになり、オバマのような偽善者がその悪化に拍車をかけています。ヨーロッパもアメリカも、暴動やらテロやらでこれからどうなるかわかりません。日本だけが無事にすむわけないでしょう。これまでだって、こうして多数の日本人が拉致されても取り返すこともできず、連中はますます日本と日本人を舐めてかかり、したい放題やってます。日本人は自分で自分を守らなければ本当に国がなくなることを覚悟すべきです。外国のテロや紛争を他人事と思ってはいけません。明日は我が身です。まずは、国内で敵対外国勢力の手引きをしたり、予算を横流ししたりする連中をあぶりだして排除しなければなりません。そうして日本人の求心力を高め、憲法改正や日本の抑止力を高める方向に世論を先導すること、それを小坪先生を始めとした政治家の方々に期待しております。法改正がないと、日本軍(もう軍隊なんだから、それでいいじゃないですか。私は心底自衛隊=日本軍を尊敬しています)が動けないんですよね。集中と選択による拉致問題解決へのロードマップ。明確に打ち出すとかしてほしいです。特亜に気を使う外務省とか、評判わるいじゃないですか。はっきりさせるべき。

  10. 朴 信浩  のコメント:

    初めまして 朴 信浩 です。青春時代から拉致事件が北の仕業である事を知るまでは共産主義理念、チュチェ思想、金 日成 の正当性を信じ総連の活動に参加しておりました。しかし拉致事件の発覚後自分の期待を裏切られ、業火のごとく怒りが込み上げております。

    今までも総連批判、北の不当性を題材にした作品を制作致しました。
     
    どうしてもこの日本に住んでいる在日として一志報いる為と北の犯罪行為である 拉致事件の真相と拉致事件に関与した不当勢力と北の工作員の悪辣性を元に今映像を制作しようとしております。

    福井県小浜をロケしドキュメンタリータッチの映像制作準備をしております。

    今現在拉致事件は風化しており、ブルーリボンバッチは飾りと成っている風潮と拉致事件を野放しにて北朝鮮はやりたたい放題の現状の打開の一助に成ればと思い制作の決定を致しました。

    皆様のご声援頂けましたら幸いです。

  11. ピンバック: 【拉致問題】国民としてできること・動員依頼12月10日【拉致を許さない方はシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  12. ピンバック: 北朝鮮のスパイ?有田芳生(民進・参議院議員)『必ず生きている』という拉致啓発ポスターに、「願望はわかるが虚偽はダメ」と問題発言【人の心がない政治家】 | 小坪しんやのHP~行橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です