オール沖縄の電撃戦を警戒、最短で8月知事選【ヤバイと思った人はシェア】


 

 

沖縄県において、県政奪還は必須だ。いま、保守派は(支持者も含め)分裂状態にあり、互いに互いの陣営を敵視している状況だ。そこを監視しあっても仕方がない。
見るべき「相手」はオール沖縄であり、実は不気味なほど動きがない。少なくとも11月までは続投しないというのは、多くの方が言っている。任期切れまで引っ張れば、翁長知事は恐らく当事者能力を失うからだ。ゆえに「早まる」とは誰もが思っていると思うが、最短での選挙日程を想定してみる。

オール沖縄側が「一気に盛り上げる」ことができるタイミングは、どこか。
8月11日が予定されているが、土砂投入阻止に向けた県民大会を午前11時から那覇市の奥武山公園陸上競技場で開く。実際、何人が集まるかは不明だが、3万人以上の参加を目指している。

ここで電撃的に辞任なり、もしくは知事選への続投なりを発表すれば、(彼らなりには)見た目も良いだろう。防衛局は8月17日に土砂投入を予定しており、このタイミングを選挙に使う。これが彼らの電撃戦ではなかろうか。

ある意味では解散権を有しているのは、オール沖縄側であり保守ではない。
国政において自民が与党ゆえ、支持率が高いときに解散を打つことができる。これこそが総理の最大の刀であり、保守系は自らのみの武器だと錯覚していまいか。
沖縄県においては、解散権を持っているのは彼等だ。ゆえに、もっとも注目せねばならないのは「相手の動き」であり、保守陣営の動向ではない。

いま沈黙している「相手方の武装」がある。それは沖縄二紙である。この異常な沈黙を不気味だとは思わないのか。

仮に電撃戦が仕掛けられるとして、トリガーは何か。
それは、「宜野湾市長が、知事選に出馬」という発言だろう。左派は、宜野湾市長がどうしても欲しい。自民が名護を奪還したゆえ、普天間基地を要する宜野湾を取りたい、これは垂涎の的である。ゆえに、佐喜眞市長が「知事選への転出」を明言するまで待つ。はっきり言えば、「宜野湾市長選が始まる」となった場合に、彼らは総攻撃を開始するだろう。

例えば、表題はこうだ。
「普天間基地を要する宜野湾市長、知事選に転出!」
【知事選、普天間基地が争点に!】だ。
実際、知事選の争点は、普天間になってしまう。どうやろうとも、そこが争点になる。これは苦しい。
副題として、「?県外移転を望む声」などと、「覇権市民」の活動でも特集。

「国の言いなり知事でいいのか!」とか、言いようはいくらでもある。
そこに敵はいる、当たり前だ、選挙なのだから。
しかも事実上の解散権をもっており、強力な武器をもっている。だが、カードは伏せられたままで、相手の動きはわからない。この状態で、相手陣営が望むのは何か。

例えば安里氏は、那覇市では相当の得票を持つ。
彼だけが絶対的な支持母体ではないが、自民党の票田の一つであることは間違いない。今のままだと、宜野湾市長選・那覇市長選・沖縄県知事選・(県議補選?)があるかと思うが、全ての小選挙区において、安里チームは支援の手が弱まるだろう。
支持母体が一つ欠けるだけでも手痛い打撃となる、特に那覇市ではかなりのダメージ。

古謝氏は、確かに南城市長選で数十票差で惜敗したが、「大型の選挙」で選対に入り続けている。鉄軌道(JR)を持たぬ沖縄県は、公共交通機関の整備は本土とは異なるため、自治体間の人的交流が弱い。首長として16年も動いてきた実績は、県内のいかなる自治体にもコネクションをもち「選挙の番頭として、陣頭指揮をとってきた」のだ。

リベラルが最も喜ぶもの。
現場指揮官として、古謝氏が抜けること。来年には参院選だってある、大型選挙における稼働率の低下が懸念される。
僅差で勝ってきた保守から、安里チームの得票を奪うこと。連続する小選挙区において、1グループが抜けることは打撃となる。

この両名が抜けた状態で、電撃戦があった場合、どうなるのだろう。
最短で「8月選挙」となった場合、準備できる時間なんて、すでに30日ほど、となる。

だが、佐喜眞氏は出馬を決定せざるを得なくなる。
そうせざるを得なくなるはずだ、それが組織とも言える。
ここで佐喜眞市長まで降りてしまえば、すでに選考委は完全に面子を失い、県連は崩壊していく。動き始めた象が簡単には止まれぬように、このまま正面衝突してしまうのだろうか。

そこには、オール沖縄のトラップがあるように思えてならない。
だが、このまま全ては進んで行くのだろう、実は四年前も似たような状況があった。

いまネット保守が絶対にしてはいけないことは、「安里のワガママが悪い」とか、「古謝は、どうせ選挙に弱い」みたいな暴言を即座に中止することだ。彼らが(直近の選挙以外にも)長期的に、共に自民を支えることができる体制を維持し、かつ「両名の支援者」が【共に戦う】という姿勢を維持できる状況を構築すること。

自民王国で、保守一強ならば、「裏切り者を排除」したり「トップダウン」も手なのかも知れない。だが、実際には負けているし、人を切るような余裕はどこにもない。

チャンネル桜 沖縄の声において「上記の趣旨」に基づき、番組に出演してきた。
すでに配信されており、本日、youtubeにもアップされた。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

チャンネル桜 沖縄の声
当該部分のみを頭出ししてみました。
トータルは1時間ほどありますが、下記は極短いため、せめてここだけでも聴いてください。

あくまで「最短の状況」であり、「最悪状況」の想定ですが、どこまで現実味があるかも含め。

 

 

 

 

せめて政策は伺うべきだったと思う。

双方の政策、つまり「今後、沖縄県をどうしたいのか」は、発表する場があるべきだった。

それを党員や支持者に訴え、その上で選考はされるべきだったと思う。

 

これは単に手続き論とかを言っているのではなく、ほぼ感情的な問題だ。

見ているのは、候補ではなく、予定候補を応援したい支持者だ。

 

支持者は、話して欲しいんだ、政策を訴えて欲しいんだ。
未来を聴きたかったんだ。

 

例えば、貴方がどこかの学校を目指したとして、受験届を出したとしよう。

待てど暮せど、試験日は教えてもらえず、試験も開催されず、
ある日、突然に「○○さんが合格しました」と言われて納得できるのか?

仮に、だ。
明らかに偏差値が足りておらずとも、「どうしても、この学校を受けたい」と思ったとして、【不合格の通知】すらなく、それで納得できるのか。

 

別に切るなら、切ればいい。

だが、大型選挙、とくに小選挙区は「みんなで戦う」もの、だ。
組織の論理を押し通すことで鉄の結束を発揮する地域だって、確かにある。
それは「保守王国」であり、自民だけで圧勝できるような地域だけだ。

僅差で薄氷の勝利を納めてきた地域において、味方の大型グループをパージして行けば、喜ぶのは誰か。

 

全編を通して見る。

 

 

いまの状況では、古謝さんは「手伝おう」としても、

 

古謝さんの支持者は納得すまい。

 

非公式にではなく、公式の場において、面子を保つという当然のフォローがなされていないからだ。

 

このままチキンレースを続ければ、

 

安里氏の支持者は、自民の選挙を手伝うまい。

 

最も深刻な問題は、二度と自民党の選挙をやらないだろう、という部分だ。

 

県庁所在地、人口密集地の那覇において、自民の基盤が一つ失われる。

 

知事選だけではない。

 

来年には参院選もあるし、解散があれば衆院選もある。

 

二年後の県議選は、特に影響を受けるのではないか。

 

一度離れた保守の心は、簡単には氷解しないだろう。

 

いま、保守系の候補者をディスりあっても仕方ない。

 

注視すべきは、オール沖縄の動きであり

 

対峙する陣営の電撃戦に備えねばならない。

 

同士討ちしている余裕なんてない。

 

「敵を見誤るな!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

22 Responses to オール沖縄の電撃戦を警戒、最短で8月知事選【ヤバイと思った人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    オール沖縄の電撃戦を警戒、最短で8月知事選【ヤバイと思ったら】 沖縄県において、県政奪還は必須だ。いま、保守派は(支持者も含め)分裂状態にあり、互いに互いの陣営を敵視している状況だ。そこを監視しあって

  2. ミカンの実 のコメント:

    本当にそうですね。圧倒的な勝利が出来て当たり前。保守が分裂して誰が一番特をして大喜びするのか?。少し考えたらわかりますよね。理想を言う人に限って似非左翼に利用されていることに気がついていない。しっかりしましょうね。(←私自身にも言い聞かせてます。)

  3. WAO のコメント:

    小坪先生、おはようございます。
    月曜日の「沖縄の声」、手登根安則氏の話術に嵌って、いつも視聴しています。
    本放送では視聴者のチャットが入りますが、そこの常連系の輩ドモは小坪先生の発言こそ混乱を招いているとか、安里候補を持ち上げるのが狙いだの、
    の書込みが多く、妙なムラ社会の様でしたね。

    まあ、大半は沖縄県民じゃないだろうし、投票行動に影響は与えないと思うけど、なんちゃって保守の吹き溜まりみたいでした。
    チャンネル桜は未だに、誰も取り上げなくなって久しい田母神バッシングを続けていますし、それに盲従する書込み者(YOUTUBEコメントなど)が散見されるのも珍妙に映ります。

    兎に角、小坪先生はこれまで通り、冷静な分析で我々に問題点の発信を続けてくださいませ。

  4. ふぃくさー のコメント:

    一部に理解できない文章がありました。

    >いまネット保守が絶対にしてはいけないことは、「安里のワガママが悪い」とか、「古謝は、どうせ選挙に弱い」みたいな暴言を即座に中止することだ。

    これは、暴言を続けろということでしょうか? 述語の単純ミスのような気もするのですが???

    • ひょっとこ のコメント:

      ふぃくさー様

      私も気になりました。
      文脈を読めば暴言をやめるべきだ、と分かりますが、出来れば訂正お願いしたいです。

      • (仮名) のコメント:

        貴方達は、何故にそんなに裏読みしたいのですか?

        そもそも、市議が伝えたい言葉をちゃんと理解してますか?

        文言は【その通り】で捉えれば良いと思うんですが…… ちゃんと記事を読んでますか?

  5. ひろちゃん のコメント:

    とにかく沢山の情報を多面的にとらえ、自分の頭で考えて、情報を取捨選択しながら判断するしかないと思います。保守の中で合意形成ができることが、最大の焦点となるでしょう。

  6. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    相手に動きがないのは不気味ですが、かと言って現状、何かされても対策とるのも難しそうですし、困ったものですよね

    鳩山由紀夫「川床をコンクリートで固め、林野の保全予算を大幅に減らせば洪水被害は増えるのは当然!十分な手立てを怠ってきた責任は大きい!」
    ttp://seikeidouga.blog.jp/archives/1071610760.html
    民主党があの時、撤廃せず存続させてれば、今回の被害は間違いなく少なくなってたろう
    撤廃後放置したのは自民だってのはお門違いだよ、一度止めたのを復活させる事を政治家は責任問題として絶対に認めないし
    おそらく自民がこの案件を復活させようとすりゃ、民主が確実に阻止してるのは目に見えてる
    そして鳩は豆でも食ってろ

    自民党が政権奪回したんだから、すぐインフラ整備すりゃ良かったじゃんって言う人おるけど
    予算ってのは限りあるリソースを分配してるから、一旦取り止めた計画を急に再開するのは
    難しいんだぞ。既に他の用途に分配されちゃってるから簡単に計画再開にはできない
    またリソースの再分配をしなきゃならんからな。だからこそ民主党政権時の責任が重いわけだ

    【東京国税局】免税店で外国人旅行者に高級腕時計を販売したように装い、消費税1億円超の不正還付を受けようとした韓国籍の男らを告発
    ttp://www.wara2ch.com/archives/9151457.html
    東京国税局が運営会社ブエナビスタジャパンホールディングス(東京)と実質的経営者の徐世昌氏(45)=韓国籍=を消費税法違反の疑いで東京地検に告発

    9: 名無しさん@1周年
    額が少ないとか紛れ込ませるとかして相当他でもやってるはず

    37: 名無しさん@1周年
    金もそうだけど自己申告にこんなザルで還付すんなよ
    免税の手続き書類と付き合わせたりしないの?

    49: 名無しさん@1周年
    >>37
    最近は観光客が増えたせいか、免税手続きが以前にくらべてかなり簡略化されてる
    チェックも緩いし、規定も曖昧だから抜け道がかなりある

    43: 名無しさん@1周年 2018/07/
    韓国人なのに社名にジャパンとかつけるなよ気持ち悪い

    46: 名無しさん@1周年 2018/07/10(火
    >>1
    ブエナビスタってディズニーのソフト部門だよね?
    どういう事?

    50: 名無しさん@1周年 2018/07/10(火)
    >>46
    ディズニーのブエナビスタになりすまして、さらに韓国人なのにジャパンと付けてブエナビスタの日本法人になりすましてたって事?
    この店舗は浦安のディズニー内にあるの?

    68: 名無しさん@1周年 2018/
    >>54
    これは架空の仕入れを計上して本来無い筈の還付金受け取ろうとしてんだから一種の詐欺だよ
    今回は未遂だが、過去に既遂があんじゃねえのかとは思うが

    今この会社のURLが無効になっとるな。
    株式会社ブエナビスタジャパンホールディングス
    設立年月 2016年12月26日
    本社所在地 〒106-0045
    東京都港区麻布十番3?3?3プレーリー麻布1F
    TEL: 03-5439-5365
    代表者 田口 俊介

    過去に還付を受けていたら、すべて利息をつけて請求し、没収!!

    タイトルだけですけど


    弁護士「死刑制度について会長声明を出すのやめて!強制加入団体である日弁連でなく、弁護士個人や有志の団体名で自由に発言すればいい!会員にとって迷惑!」

    【注意喚起】松井一郎大阪府知事「共産党の募金活動は先ず自分達の経費を差し引くので注意しましょう」

  7. 西郷 のコメント:

    コリャダメだ…
    【沖縄保守陣営】に、どんな確執が有るのであろう?
    このまま突き進めば、【沖縄保守】は亡国の輩になってしまう。
    まるで【内ゲバ】で崩壊した極左を見ているようだ。
    こういった時に、「事態を引き起こした元凶が一歩引き、「国の為に妥協する」事ができるのが【保守】では無かったのか?
    【沖縄保守】は、理解に苦しむ…

    県を、延いては「国を失っても良いのか?」

  8. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    純粋な人程、催眠にかかりやすいのね

    だれが珊瑚を根こそぎ掻っ攫っていったか
    だれが?を根こそぎ掻っ攫っていったか
    だれが振興費をガメているか
    だれが災害支援をしているか
    だれが安全を確保しているか

    偉そうに現実を理解しろって言っても無理ね
    昔のアタシを看ているようだわ
    できる事はチャイナボカンを早める事位では?

  9. ホンマのところはようわかりませんが、いずれにしても、保守分裂だけは絶対避けてほしいですね。
    出でよ、平成の西郷隆盛、もしくは坂本龍馬、ですよね。

  10. 月光仮面 のコメント:

    真剣に政治をおこなってほしいですね そして 自民党は平和ボケしている
    (野党は政治家として認めていない)
    水害はおきない
    尖閣はアメリカが居るから取られない
    竹島は日本の領土と言っとけばすむ
    沖縄はどうにかなるさ

    こんな所でしょうか 日本の政治は御ままごと と同じ
    政治ゴッコですね さて 竹島どうしますか

    水害は国土強靭化なんて言葉遊びしてたから ね
    国会議員になれば まーーーおいそがしいでしょうね
    おままごとのお父さん

  11. サンダーボルト のコメント:

    小坪議員、お疲れ様です。

    我那覇真子氏が主催する、沖縄のコミュニティーFMラジオ「沖縄防衛情報局」が、沖縄のラジオ局から閉め出されたようです。沖縄タイムスと朝日新聞の圧力があった模様です。
    https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

    またまた、パヨクによる言論弾圧が始まりました。保守速報の寄付の件どうなったのでしょうか?心配です。

  12. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    保守層が分裂すると言う事は、保守層がそれなりの母数に膨らんでいる事の証左でもありますので、悲観的になり過ぎても良い事は無いでしょう。

    母数が膨らめば採る事が出来る方法も増える為、当然方法論で揉める事も多くなる訳です。
    更に信条も多様化しますので、やはり揉める可能性が高くなりますし、その他細々とした利害が絡めば尚更です。

    これは敵方である反日勢力も同様です。

    特に敵方である反日勢力は特亜成分の濃度が高いですので、『目先の利益』を毒餌に用いれば突き崩し易い土壌があるのにも関わらず、保守層はそれを利用する事は余りありませんし、経済的理由などから利用出来無いと言う背景もあり、成功した例は僅かであると言えるでしょう。

    それに対し反日勢力の方は『目先の利益』こそが精神的基軸通貨であり、それが当たり前であるので保守層突き崩しにそれを多用する傾向があります。
    更に出所不明の謎の実金銭的な経済力もある為、容易に買収の様な行為も使える背景があります。
    特に”詭策”に対して精神的に抵抗が無い為、直ぐバレるデマを多用する事にも抵抗を感じず、その結果として謀略が非常に上手いのも留意すべきです。
    保守的な発言や表現等で散々おパヨク様から叩かれまくったのに、何故かおパヨク様に寝返ってしまう人が出て来るのは、この様な事情が重なっているからでしょう。
     
     
    先の大戦に関して「反省すべきは、負けた事である」と言う意見は、当に至言と言っても良いでしょう。

    保守層は以下の要点を気に留める癖を付けて、交通整理が上手になれば強く成る事が可能でしょう。

     ・目的は何か?
     ・目標として何を定めるか?
     ・手段は手分けする事が出来るか?
     ・手段は何通り採用を出来るか?
     ・状況に応じて採りうる手段を容易に変更出来るか?

  13. 草莽の草 のコメント:

    >選考委は完全に面子を失い、県連は崩壊していく。

    今まで,調整も何もせずに面子も何もないでしょ。
    沖縄県連は,わざと選挙に負けて,宜野湾市長・那覇市長・沖縄県知事をパヨクに渡したいのではないかな。敵の工作員になっている疑いが真っ黒というくらい濃厚ですね。
    いっそのこと選考委のメンバーを自民党から除名して一度解体しちゃえばいいんじゃね。

    • 南大阪の田舎者 のコメント:

      このままじゃあ 数年前の大阪みたく、自民の党員が愛想つかして 維新や次世代に大量に移った事が再現されるかもしれませんね 冗談抜きで

  14. 花束 のコメント:

    小坪先生、いつもありがとうございます。
    つまらない嫌がらせに負けないでください。
    ぶれない姿に私達は勇気づけられていますから。
    笑って過ごせる日々が来ますように。

  15. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    分裂してる場合じゃない、は同意です。
    が、選考委は選考委の機能、役割を失っています。
    これは「自民党は勝つ気が有るのか?」「日本を守る気が有るのか?」に直結してしまう話です。
    勿論、選考委の面子を気にしている場合でもありません。
    取り敢えず13日を待ちます。
    もしも負けたら、こんな状況ですし戦犯はきっちりと晒されるべきだと考えます。

    なぁなぁはいけません。

    色々憤りを書きましたが・・・・こうやって乗っ取られて行くのかな?とフと思いました。
    あああああーーーーー、モヤモヤする。

  16. 南大阪の田舎の のコメント:

    ・・・正直候補者云々というよりも 沖縄県連の運営自体が クズだということは解ります・・・・・・佐喜真さんで決まった以上それで通してもらうしかないですが、

    宜野湾市長選で その分 沖縄県連・・は死にものぐるいで勝ちを取りに行かないと 幹部の方々は全員辞めるだけじゃあすまないと思いますよ(@@;)

    自民党沖縄県連の新陳代謝を図るか それとも 数年前に 大阪自民から大量に
    党員が日本のこころに移動したような事になるかもしれませんね・・・・・・
    そうなるかならないかは県連次第です・・・・・・ 

  17. wakame のコメント:

    色々とお考えはあると思いますが、
    私は沖縄県知事選挙を、「翁長さん」や「オール沖縄」、「共産党や社民党、社大党」から「取り戻す」のが、最も大事と思ってます。
    いまは立候補者が決まってない段階で、その候補者調整ですが、
    人の思惑が色々あるのは当然のことかと思います。

    選挙は勝たないと意味はありません。
    敗けて次の選挙の布石や教訓など垂れても仕方ありません。

    いま、候補者調整段階ですが、これから候補が絞られていくことでしょう。
    ここでも大事なのは、選挙に勝つために候補を絞るのです。
    候補になる人を応援する人、応援する人が候補になれなかった人、
    様々な禍根に近い感情を抱く方もあるやもしれませんが、

    応援する人が候補になれなかった人は、「オール沖縄候補」が知事となることを望むでしょうか?
    それを望まないなら、「オール沖縄候補」の利につながる可能性のある行動や発言は、やるべきではないと思います。

    自公県連が推薦してくれなかった→納得がいかないから無所属出馬・・これで「オール沖縄」と勝負して勝算はあるでしょうか?

    この感情にまかせた行動は、「オール沖縄候補」にストレートに利をもたらします。
    つまり、「オール沖縄」から沖縄を選挙で取り戻す大目標から遠のくこととなります。
    この大目標を共有しているならば、「決まった保守候補」への全面応援は、我々が立つべき場所かと思います。

    翁長知事が前回当選した時のことを思い出しましょう。
    保守陣営は全力で闘ったが、20時に当確が出たことを。
    前回と同じでは、普通に敗けます。

    次の沖縄県知事も、「オール沖縄」や「共産党」や「社民党」のままでいいですか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください