【地方議員烈伝】戦闘機乗りだった父が殉職、それでも空自を目指した息子【命を護る大山たかお】


 

 

一年前、オール沖縄の牙城、那覇市において県外出身・元自衛官が当選。私は選対本部長を務めていた。
オール沖縄にも、自民にも激震が走った。奇跡というよりないだろう、大山たかお当選!
自民公認は7名の当選と半数にとどまったが、自民の中では2位。
現職を抑えての上位当選である。

オール沖縄にも激震が走った理由。
なぜなら、彼らの牙城である那覇市において、「元自衛官」の、【自民公認・日本のこころ推薦】が勝利したのだ。

自民県連においても驚きがあったと思料するが、彼の挑戦は序盤から無理があった。大変に厳しい状況でありこの短期間での決戦で勝利を収めるとは誰も想像していなかったはずだ。

 奇跡と称したのには、理由がある。まず、僅か三か月の準備であったこと。最大の理由は、保守が苦戦する沖縄県において「元・自衛隊」であることを前面に押し出しての選挙であったこと。軋轢もあったと思うし、選挙期間中にも心無い言葉を投げられたこともある。選挙カーに筆記具を投げつけられたことも。例を挙げればきりがない。

 しかも、大山事務所には「選挙経験者が皆無」であったのだ。素人選挙で戦えるような選挙区ではなく、それなりの規模の組織票、地盤などが必須となる地域であるためだ。こうして列挙していくと、私もよく勝てたなぁというのが偽らざる思い。

大山たかお議員の紹介
 私の、二つ下の高校の後輩の話をする。彼の名前は、大山たかお。彼の父は、日本を守る戦闘機操縦者だった。那覇基地に所属、沖縄の空を守ってきた。大山候補は、那覇自衛隊病院にて昭和55年、生誕する。

 自民党公認、日本のこころ推薦で、那覇市議選を戦った。彼は確かに那覇で産まれた。だが、なぜ「福岡の私」と同じ高校を出たのか。彼が生後九か月の際、事故により殉職したからだ。のち母方の実家のある福岡に戻る。

 ゆえに、私(小坪)と同じ高校を卒業。女手ひとつで育てあげてくれた母に感謝しつつも、やや荒れた高校時代。亡き父の焼香に、自衛官が来てくれた。
 高校三年生、夏のこと。彼は、父と同じ航空自衛官となる道を選ぶ。父と同じ、操縦士に。しかし、戦闘機ではない。パイロットが脱出した際に、救援に行くための操縦士だ。

 貴方にはできますか?
 父を空自で事故で亡くし、それでもなお、
 空自を進路とし、しかもパイロットを目指すという【決断】が、できますか?
 高校三年生でできますか?

 友を亡くした東日本大震災、それを乗り越えての熊本地震。救難ヘリのパイロットとして、彼はそれをとても誇りに思ってきた。

大山君は、那覇市議選における、自民党公認候補(日本の心推薦)として戦い、勝利をおさめました。“内側から見た”選挙を知ることで、政治を身近に感じて頂きたい。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

那覇で生まれ、沖縄を護る。
数奇な運命というよりなかろう。彼が産まれたのは、那覇自衛隊病院。
父は戦闘機操縦者(航空学生22期)、那覇基地所属の207飛行隊に所属していた。

愛機は、F-104。
愛称は栄光。鉛筆型の、ピカピカの戦闘機だ。

新田原の204飛行隊に転勤、大山一家も引っ越すことに。
父の乗るT-33が墜落、帰らぬ人に。
時期的にはF15の配備中のことなのだろう、技能維持のための訓練だと推察される。

彼が生後9か月のことだった。

 

母方の実家は、福岡県。
まさに第八航空団・築城基地の目と鼻の先。
そして、私が市議を務める行橋市の、隣町。

大山候補は、ここで幼少期を過ごす。
やがて、私(小坪しんや)と同じ高校に進学。

 

女手ひとつで育てあげてくれた母に感謝しつつも、やや荒れた高校時代。
ぽろりと言った、小さな言葉が胸に刺さる。

学年が二つも違えば、高校が同じとは言え、たいした付き合いはない。
あの子かな?と記憶を辿るが、やはり正解だったようだ。

 

自衛隊のパイロット、極めて狭き門。
なんの努力もなく、なれる職業ではない。

甘えたいとき、頼りたいときだって、たくさんあったろう。
ただ、それでも実直に生きてきた、ということだ。

 

 

 

空自を目指す。
亡き父の焼香に、自衛官が来てくれた。
高校三年生の夏、彼は決断した。

自衛官を、進路とすることに。
父と同じ、航空自衛隊を目指すことに。
そして、父と同じパイロットを目指すことに。

 

冒頭でも述べた内容だが、貴方にはできるか?
高校三年生で、この決断ができるか?
私には、できない。

彼の凄みは、「この決断」に集約されているように思う。

 

晴れて彼は自衛官に、しかもパイロットとなる。
凄まじい努力が必要だったはずだ。

ぐっと来るのは、彼が乗っていた機種だ。
救難ヘリのパイロット、海難や海の上での急病(特に遠方や夜間)を助ける。
そして、墜落した飛行機の、脱出した操縦士の救援にも向かう。

亡き父のような、操縦士を助けに行くヘリ。

 

 

 

苦難
東日本大震災を経験、そして熊本大地震で空輸を行う。

この二つのエピソードだけでもたまらぬ思いだが、そもそも救難ヘリの訓練は厳しい。
というか、自衛隊の任務はいずれも過酷だ。

 

海保でも対応できぬ場合でも、自衛隊の救難ヘリは対応できねばならぬ。
遥か洋上、遠方であっても飛ぶ。燃料の消費を考えてもリスクは跳ね上がる。
荒天の海、激しく上下する海面でも水面を目指す。
誰も飛べぬ、夜間であっても飛ぶ。

助けを求める者がいるならば、
どんなとこでも行くのが、救難ヘリだ。
あのリスクは、格が違う。

 

神業のようなホバリングを見て、それを曲芸のように感じた者もいよう。
訓練以上の成果は出ない。

どれほど厳しい訓練を、
どれほど過酷な訓練を、
彼らが自らに課してきたか、わかるだろうか。

 

考えたくないことだが、有事の際、撃墜された空自機の救出に向かう可能性だってある。
足の遅いヘリで、前線に向かい、かつ救助を行い、そして生還する。

目立たぬ職種に感じるかも知れないが、極めて厳しい職務である。

 

出陣式での演説です。
行橋市議 小坪しんや(大山たかお・那覇市議候補 応援演説)

 

 

 

物言えぬ自衛官
物言えぬ自衛官、という言葉がある。
まさに生身を、ときにその命を捧げる者として、
誰よりも防衛に精通し、まさに体感する彼等だが、
政治的な発言は、行うことができない。
自衛官は、言えぬ。

 

のみならず、一方的な罵声、侮蔑されることもままある。
時には「人殺し!」「死ね!」などの心無い言葉すら。
それでも「物言えぬ自衛官」は、言えぬ。

自らのためではなく、言わねばならぬことがある。
その際に、どれほど誇りをもっていようとも、自衛官が物を言うためには、自衛隊を去るよりない。

 

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

 

例えば、防災・減災。
沖縄本島を上空から見てきた。
実は、人口密集地である平野部は、標高は驚くほど低い。

また、過去においては、沖縄を大津波が襲った痕跡もある。
今後数十年を鑑みれば、そのリスクは決して軽視できない。

そして「備え」には、多額の予算と時間が必要だ。
この観点からの論評は、彼以上の専門家はいないだろう。

 

彼は30代で、自民公認の新人候補では最年少だ。
だが、若さだけが売りではない。

 

 

 

写真

事務長と私で、最初の目をいれました。

 

 

 

 

 

大山選対
自民県連にも驚きがあったろう、と述べた。
これは県連が悪いわけではない、とはっきりさせておきたい。

私が情報を伏せていたのもあるが、大山選対の陣容を把握している沖縄の政治関係者は、ほぼ存在しない。徹底した箝口令がひかれ、ごく少数で指揮を行っていたためだ。ただし、これは結果論である。

 

とは言え、外部に漏れ伝わる情報が誤っていたわけではない。
告示の前日で、後援会長は決まっていない。(会長代行のみ。)
事務局長はいない、選対本部長はいない。

ただ、途中で大きく変容したのだ。
特に、後援会の一人一人のスキルは、完全にプロレベルと化していた。

 

後半においては有力国会議員も「彼の為だけ」に入っており、企業訪問を繰り返している。中には県連を通さず(つまり全ての候補を回ったわけではなく)単独支援を行った議員もいる。元大臣、現・副大臣を含む。また都議も入った。

沖縄の衆議院議員からも「まるで国政選挙並みですね」と言われたが、実質、似たような状況であったと思料する。

 

これらの情報を、そして「なぜ?」という背景については、候補自身も関知していなかった。当時は政治素人であるため、理解してもらえぬだろうし(それなりに高度な場面もあった。)なにより候補者の時間を奪いたくなかった。

全権委任で渉外に関する権限を委譲されていたので、議員や首長級、企業経営者(代理は不可)のみに事情を話し、情報は彼らのラインで止めていた。全容については、U氏と私しかわからないと思う。

 

 

 

幼少期に父を亡くし、

 

若き日に重い決断。

 

空自で父を亡くし、それでも空自を志す。

 

厳しい訓練、震災を乗り越え、

 

人命救助に命を懸ける。

 

国家国民を守ってきた男は、

 

今度は、那覇市民を、沖縄県民を、

 

ひいては日本国民を守る為、

 

大山たかおの戦いは続く。

 

那覇は”オール沖縄”の牙城

 

自衛官出身の彼は勝った。

 

オール沖縄の牙城に

 

風穴をほがした。

 

この事実は、多くの者に、強い勇気を与えるだろう。

 

「よくやった!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

16 Responses to 【地方議員烈伝】戦闘機乗りだった父が殉職、それでも空自を目指した息子【命を護る大山たかお】

  1. medakanoon のコメント:

    【地方議員烈伝】戦闘機乗りだった父が殉職、それでも空自を目指した息子【命を護る大山たかお】 一年前、オール沖縄の牙城、那覇市において県外出身・元自衛官が当選。私は選対本部長を務めていた。 オール沖縄にも

  2. たまにはコメントしてみます。 のコメント:

    T-33A入間川墜落事故という話があります。「13秒後のベイルアウト」という話はご存知の方もいらっしゃるでしょう。

    当時、私はこれによる停電で大騒ぎに巻き込まれた地域にいました。

    まだ政治にも反日にも興味がなく…いや、知らずにいた私はメディアの情報を鵜呑みにしていた口です。

    しかし、複数の名前を使う者にとても嫌な思いをさせられて色々調べるうちに覚醒しました。

    そして「13秒後のベイルアウト」の話を知ったんですね。

    私は残念ながら自らの将来の進路を決める時に何も知らずに人生を失敗しました。命を賭して仕事をするということがどういうことなのか?本当に理解できているなら同じ道を進むことができるんじゃないかと思います。

    人は与えられた情報からしか判断ができません。

    大事な決断をする為に本当の事を知らしめるということがとても大切だと今更になって痛感している自分がいます。

    この日本において、何が大切なのか?
    そう言う事を拡散してゆくのがとても大切だと思います。

    人間千差万別!
    今日の記事のように人の生き方を事実として伝えるのはとても大切なことだと思います。

    これからもよい記事をお願いします。
    敬具。

    • たつまき のコメント:

      これからも是非コメントして下さい。

    • え?あのたまコメさんですよね?
      そんな過去があったんですか?
      初めてお聞きしました。
      私も人生後悔ばっかりですが、前を向いて生きて行きます(笑)。
      あ、小坪さん、今日もありがたいお話、感謝です。

      • たまにはコメントしてみます。 のコメント:

        あの?(笑)
        そうです!
        私が変なおじさん…じゃなくて(笑)
        たまコメです。(笑)

  3. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    那覇市議選のボギー氏の動画を拝見したけど、大山議員の奥様?とっても可愛らしくて良い人ね?もらい泣きしちゃいそう?

    何やら裏で暗躍していたのね。
    恐るべしね、日本会議?

  4. 一郎 のコメント:

    多くの人命を護り抜く大山先生を応援します。そして、よく戦われました!

    ゆくゆくは、那覇市長や沖縄県知事もしくは国会議員もお任せしたい。

    いずれ、沖縄にはびこる売国政治屋を駆逐していただき、日本国を護っていただきたいところです。

  5. 沖縄保守 のコメント:

    幼稚な自慢話はやめなさい。
    みっともない。
    当選の最大要因は自衛隊関係者とその票だ。
    失礼極まりない。

    それに、知事選についても保守分裂を煽るのはやめなさい。
    すでに佐喜眞氏で決まっているのにグズグズ言うのは百害あって一利なし。
    安里氏では自民、公明、維新連合体制が構築できないことは子供でもわかること。
    古謝氏は大人だからすでに水面下で佐喜眞氏支援を表明している。
    候補者不在の左翼陣営が辺野古移設反対の一点でで同調する安里氏を取り込み
    オール沖縄候補にしようとする動きがあるというのになんと能天気なことか。
    人格能力に申し分のない佐喜眞氏を県知事候補にすることで、連鎖的に宜野湾市長も
    那覇市長選も勝利の方程式が出来上がるということが理解できないとは思考が浅すぎる。
    沖縄のことに今後一切口だししないでほしい。
    ブログ発信もやめよ。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    大山たかお市議の自衛隊の経歴を見れば、その意味を知る人ならば「絶対に喧嘩したく無い」との評価に落着くでしょう。

    ”空の神兵”の系譜であり、全員がレンジャー資格所有者で構成される陸上自衛隊第一空挺団と言えば、良い意味で「化物」とか「気狂い」と呼ばれたりする事を御存知の方も多いのではないでしょうか。

    大山たかお市議の所属していた航空自衛隊救難隊は、同航空救難団の配下に属する組織で、陸上自衛隊第一空挺団と同等、或いはそれ以上と言われ、やはり良い意味で「化物」とか「気狂い」と呼ばれたりする精鋭の集団です。

    体力は超人的で当たり前、どんな過酷な状況下でも屈しない精神力、基本的な医学や、気象、工学、力学、サバイバル術など広範囲な学術的知識も必須で、とんでもない存在です。

    その航空自衛隊で一等空尉、国際的には大尉まで上り詰めたのですから、その人格の程は推して知るべしでしょう。
    若し航空自衛隊を退官していなければ、佐官、将官も望めたのかも知れません。

    そんな物凄い人物が「那覇市民の為に働きたい」と意を決して、現に那覇市民の為に活躍してくれているのだから、那覇市民は幸せと言っても過言では無いでしょう。
    他の選挙区では消去法の結果に、やむを得ずっと言うパターンも多々あるのですから。
     
     
    余談ですが、軍人だとか自衛官だとかの印象として、脳味噌も筋繊維で出来ているゴリマッチョと言うイメージをお持ちの方もおられますが、そのイメージは捨てた方が恥をかかなくて済むでしょう。

    そもそも非常時には、国際条約に則りルールを遵守しなければなりませんので、基礎的な国際法の知識は必須ですし、兵科毎の技術や知識も当然必要です。
    更に自衛隊は良くも悪くも「軍では無く、行政機関だ」と評される程、役人並みの事務能力が必要だったりします。
    前線戦闘部隊ですら、半分文官と言っても良いかも知れません。

    その現状から言っても、我が国の自衛官は江戸時代の武士に近い存在なのかも知れません。

  7. 北九州市民 のコメント:

    沖縄の選挙に対するシナの分断工作が熾烈化しているようですね。
    金のために平気で国を売る人間が保守にもたくさんいる、その最前線です。

  8. 琵琶鯉 のコメント:

    丁度一年になりますね。
    よく日本人の民度を称賛されますが、最近、権力、財力を持つ方々の自制心のなさにため息をつく事が多くあります。

    石平さんが「中国の権力者とは、常に相手の足の引っ張り会いで、決して民衆の事など考えていない。それが、中国の歴史である。」と証言してましたし、
    安倍総理も「中国は一筋縄ではいかない。ほんとに難しい」と、先日、虎8で有本香さんが総理の証言として紹介されてました。

    私なりに考察して観ると、
    中国人には来世と言う観念が無いのでしょう。
    日本人は、昔から神様が至る所に居られ、常に見られている。そして、生前の行いで来世が決まるし、子孫にも良くも悪くも業が廻る。だから、自制心を効かす。最近は、それを気にしない左翼の方々が多くいますが、死んでから後悔しても遅いのですけど、

    さて、中国の方々ですが、あまり酷い生き方をしたら次は、半島に生まれ変わり、そこでも非道な生き方をすれば、人ではない昆虫にでも生まれ変わる事になるかもしれません。

  9. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議も大山先生も奥様もお疲れ様です、ますます活躍されますように。
    自衛隊の待遇がもっと良くなるといいのですが…

    日本国・自衛隊…高速道路を使えず、その理由が馬鹿げていると話題
    ttp://crx7601.com/archives/53776613.html
    警察含めて、特殊公務員は公務中は無料にすればいいのに

    防衛費が足りないのもそうなんだが
    災害時や有事に、高速道路だろうが私有地だろうが自由に自衛隊が動くことができる法整備しないと…
    この調子じゃ有事にも、ちんたら高速料金払いながら行軍することになるかもな

    まあ、高速道路をあまり当てにするのもなんだかな…
    爆破テロで土砂崩れ、高架破壊での落車とか洒落にならんわな。
    とっととスパイ防止法作ってまともに運用出来るようにしないとな。

    ※5
    つうか防衛費と災害対策費は別口で用意するべきよね

    下道走るガス代と時間のロス考えたら高速より無駄で高く付いてるよな
    一部ではトイレットペーパーすら隊員が時前で用意してるとも聞いたぞ?
    戦争がーきゅーじょーがーとか騒ぐ以前に、自分たちを守ってくれる国の防人を蔑ろにするとかおかしいだろ

    上記の記事には誤解があります。平時ならいざ知らず、災害派遣時には、自衛隊車両も無料の措置が取られます。
    標識を掲げるか、証明書の提示が求められますが、料金所の係員にも事前の連絡がありますから、入り口でストップさせる不心得者はいないでしょう。
    また、災害対策基本法に基づき、本来は警察官が行う職務を自衛官や消防隊員が代理で執行できるケースがあります。

    ※36
    逆噴射の片桐機長のおかげだな
    あの時自衛隊が高速で救助に向かったら出口で金払えといわれ隊員が持ってる金で支払った話は有名

    自衛隊は無料にするべき
    消防、救急、血液を運ぶのも無料でいい

    外国人観光客には一定額で高速乗り放題とかやってるわけじゃん。日本に縁もゆかりもなさそうな外国人にサービスするなら、自衛隊にタダ、若しくは格安で使ってもろてもええんちゃうの?あと、このサービス、在日も対象になってるらしい。韓国からの留学生やら出張ビジネスマンならわかるが、何で在日とかいう、永住権持って日本に住居構えてる奴等まで対象になるん?これ、会計上は行政なり、道路公団の負担だろ。長距離トラックの運ちゃんとか、本来の目的以外に使い放題だろ。

    この件は「財務省が予算を出さないことが問題」だそうですね。
    スレの元記事を書いたライターさん本人のブログを見つけたのでご紹介。
    参考記事「自衛隊の高速道路代削減は防衛省のせいはなく財務省の問題なのです。」
    (ttps://ameblo.jp/calorstars/entry-12389307237.html)
    なので請願法に則った陳情で「財務省設置法改正による財務省粛清」を要請すべきかと。

    〉災害派遣と防衛出動以外は有料よ

    災害派遣は要請自治体が事後支払う

    愛媛県知事、安倍総理に災害支援を要請 ⇒ 知事「愛媛はぎりぎりまで(大雨)特別警報が出なかった!」
    ttp://seikeidouga.blog.jp/archives/1071599824.html
    安倍総理は外遊をやめたのに愛媛県知事は文句を言いに上京。
    被災者そっちのけでこんなことやるのは中村知事だけ。

    100年に1度の確率で起こる洪水浸水想定区域図を作成しているはず。
    想定24時間降水量が出ているので、降水量情報だけでも独自に予想できたはず。
    ただ、晴れの国岡山や愛媛などの瀬戸内海沿岸地域は、台風などでも比較的降水量が少ない。
    今回のようなメカニズムで起きる大雨もあることを甘く見ていた可能性がある。

    首相には外遊行くなとか言ってるくせにコイツはバカなの?
    首相の外遊=県知事が他県に行くのと同じようなもんだぞ。
    何で愛媛が水害で苦しんでる時にオマエが東京にいるの?
    県知事の仕事勘違いしてるだろ?
    大体まだ混乱してる最中で何で政府が全て悪いになってるの?
    普通は状況を把握し、どこの失敗が甚大な被害に繋がり、そこをどう改善するかが本来の再発防止だ。
    そこをやらずに全て政府のせいにしてるなら、このアホが県知事をやってる限りまた愛媛は甚大な被害を被る。
    全て他人のせいにして真因を反省してないからな。
    間違いなく半分は政府頼りにしすぎてる自治体のせいだ

    防災担当大臣が昨日岡山に。現地で待ってても良かったのでは

    タイトルだけですけど


    日本共産党・宮本岳志「オウム事件でさえ死者29名、豪雨災害はもっと多い!絶対に安倍内閣の命取りにしなければならない!」

  10. e21965 のコメント:

    この投稿はFacebookコミュニティ規定に違反しています

    この投稿はヘイトスピーチに関するFacebookの規定に違反するため、公開範囲をあなたのみに制限しました。

    いや、既に姦酷は洋上で援助物資の受け渡しとかして居るみたいだからねぇ、,,
    むしろ日本は今以上に制裁を強化するなら朝鮮籍の追放も視野に入れないと。あと、技術スパイの恐れのある大学等の研究機関に潜り込んでいる半島籍も全員追放せねば。
    半島籍は容易に南北替えられるので両方を一緒に追放しないと意味が無い場合が多い。

    こういうボケた感覚だから朝鮮塵には復興の見通しが無い。
    どこがヘスピ?純然たる真実。

  11. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です。

    被災地で自衛隊員の赤飯に苦情 → 栄養補給を考えられた食品だったが禁止に
    ttp://jin115.com/archives/52226002.html
    以前被災地で自衛隊員が赤飯を食べているのを見て、「けしからん!」と苦情を言った者がいる。
     赤飯はもち米・豆・塩が入っていて腹持ちが良く栄養補給に最適なのに被災地で赤飯を食べるのは禁止となった。
     私にとってけしからんのは苦情を言った者です。https://t.co/BJqb757oyD
    ? 川畑 剛 (@tk09058283217) 2018年7月8日

    いまだにお赤飯は、お祝い事で食べると思いこんでる人がいるんですね。私は、お赤飯大好きだし良く食べてるけど…こんな事を言う人は普通に白米を食べてても文句言いそう。

    非常時の栄養補給に最適な赤飯を食べないとはけしからん!
    って苦情出せば解禁になるのでは!?

    文句があるなら食わねばいいのだ・・・その分別の人が食える。

    もうこういう馬鹿のいう事は無視でいいんじゃないかな…いざって時に隊員の方が満足な力をだせないなんて事になったらどうすんだよ。
    文句言ってる馬鹿は自然の餌になっちまえ

    赤飯じゃなく、栗おこわとかにすれば解決やね

    赤飯の缶詰が存在していて栄養面もしっかりしているからってだけだろ拘ってるわけじゃねーわw
    拘ってるのは赤飯はお祝い事!っていうクレーマーの方だ

    >>200
    赤飯は基本自衛隊員が食べるものだから、
    よほどのことが無い限り被災者には出してないと思うぞ
    しかも目の前で自衛隊員に飯を食われたら不快だって意見があって、隠れて食うようになった

    いい加減にしろや
    自衛隊は救助してくれる人であって手前らの奴隷じゃねえんだぞ

    被災者達が言ってるんならじゃあ自衛隊に頼んないで自分らで全部やれ
    被災地と関係ない奴が言ってるならじゃあお前が被災地きてかわりに働け

    文句言う奴には配給しないでやればいい。
    そのまま飢えて死ねと言いたい。

    しかしこの記事を早く見てたら良かったなぁ
    缶詰めやレトルトの赤飯っていう超便利で腹持ちの良い食糧の存在を覚えてたらこの2、3
    日もう少し頑張れたかも

    助けたい、被災した方々のために何かしたい、と思うなら、とにかく今は「邪魔をしない」ことです。

    もう、こういうモンスタークレイマーの「ご意見」は一度どこかに提示して世間の意見とすり合わせる場所があったほうがいいかも
    一部のおかしい意見をまともに扱って全体の効率下げるのは金もかかるし無駄が出るで

    【西日本豪雨】被災地でATMを破壊し現金盗もうとした疑い 男3人を逮捕 岡山
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53791203.html
    岡山県倉敷市中島の自称、建設業、杉本一史容疑者(22)と倉敷市内に住む19歳の少年2人です。

    37: 名無しさん@涙目
    火事場泥棒の罪は重くしとくべきだと思う

    275: 名無しさん@涙目
    >>37
    全くだよな

    【ワロタw】立民・福山幹事長、被災地凸「市長から被災状況の報告を受ける」市長「府や国と連携したい」
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49608915.html
    281: 日出づる処の名無し 2018
    報告ってのは基本下から上にいくもんだろ。
    報告を受けるだと?何様だよお前。
    呼んでもないのにでしゃばってきた野党議員のくせに。

    ただただ邪魔。
    真備役所も「直接来ないで」って言ってるのに柚木みちよしが足引っ張るし。

    なるほど、こういう邪魔者も利点があるな。現に14とか、一つ前の松尾貴史とかを騙すことが出来るのだから。

    >今日の視察は、突然だったにもかかわらず

    野党は他人と会う時アポなしが常識なのか?
    というか、忙しいの解ってるのに先方の事情も考えずに凸とか馬鹿なの?明らかに“邪魔”でしょうが。

    >野田勝康福知山市会議員、塩見聡福知山市会議員、片岡ひであき綾部市会議員に党派を超えて

    立民と共産議員しか相手にしてくれないってオチ?

    写真を見てつくづく市長や市役所の皆さんにお疲れ様ですと言いたくなった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください