【対談申込み】有田よしふvs小坪しんやin行橋・夢のカード実現か?【見たいと思ったらシェア】


 

 

あの有田よしふ参議院議員が、行橋に来るという。
ヘイトスピーチの講演とのことだが、是非、対談してみたい。

楽しみに思う方もいるだろう。
是非、「対談申込み」を呼びかけたいと思ったのだが、、、

なんと!
Twitterはすでにブロックされていた。
絡んだ記憶はないのだが、なんということだろう。
これでは対談の申込みができないではないか。

ショック!

 

関連

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
15195933_1257047134366168_6152709681938661666_o

 

 

 

 

有田よしふvs小坪しんや
これは、夢のカードであろう。
私も見てみたい。
いったい、何が飛び出すのだろうか。

鹿砦社の「反差別と暴力の正体」に掲載されている、有田号の件についてだろうか。
あれは人権問題で、さらに事件化している傷害事件でもあるようだ。
弱きを助ける国会議員として、きっと取り上げてくださるだろう。

 

 

 

私も買いました!

 

 

何が飛び出す以前の問題として、
そもそも話は噛み合うのか?

不安に思う方もおられるだろう。
だが安心して頂きたい。
私と有田議員は、「きっと話が噛み合う」はずだ。

 

有田議員は「ヘイトスピーチを許さない」スタンスのようだが、
実は私も「ヘイトスピーチは許さない」というスタンスだ。

日本における、いわゆる反ヘイト法は外国人の人権ばかりを論じているが、
実はヘイトスピーチには、宗教差別や職業差別を明確に含む。

【沖縄に派遣された機動隊員】の人権を護るべきだ。
歪んだ報道は、機動隊員という職業に対して、特段に厳しいように感じるが
これぞ職業差別ではないか。

職業差別は、明確にヘイトスピーチである。
メディアによるヘイトスピーチを許さない。
これが私のスタンスだ。

 

ヘイトスピーチと戦う「同志」としてですね、
がっちり話が噛み合うと思うわけです。
(その場合は、同志有田とか呼んだほうがいいのでしょうか。)

というのは、半ば政治ジョークと笑う人もいるのでしょうけれど。
意外に話はあうような気もします。

 

 

 

「受ける」と信じる。
「ほぼ私のため」に来てくださることは確定しているわけです。

市議の地元に「全国区の国会議員」が乗り込む以上、
対談申込みを蹴ることは、流石にないでしょう。
参議院議員としてのプライドもあるように思います。

 

特に、前職が関係してくるでしょう。
著名なジャーナリストでもあったわけですから、
「元ジャーナリスト」として、この構図で断ることは考えにくい。

 

はっきり言いますが、断れば「恥」だ。
ネット界隈では色々と言われますが、なんだかんだで期数を重ねた国会議員。

私は、受けると信じたい。

 

 

 

ブロックされてた!

 

などと夢想しておったわけですが、有田議員と言えばTwitter。

 

公式に「お願い」をしようと思ったのです。

 

対談の申込み。

 

 

 

な、な、な、

 

なんと!!!

 

 

ブロックされてる??

 

絡んだ記憶もないのですが、いったいなんで?

 

 

 

 

8576

 

 

 

これは政治家としては恥ずかしいことです。
真面目に述べさせて頂きます。

確かに、私もブロックしている人間はおりますが、
繰り返しの暴言であったり、流石にどうなんだ?
という素行が繰り返されてのち、です。

例えば「死んだほうがいい」などと、名指しで連呼された場合は、
だいぶ長いこと様子を見て、それからブロックさせて頂きました。

例)「おい小坪!お前死んだ方がエエぞ!」と言われました。【生きててもエエぞと思った人はシェア】

 

私は、有田参議院議員とTwitter上でコミュニケーションをとった記憶はありません。
ブロックという手段を用い、言論を拒絶される謂れはない。

政治家同士、言論で戦おう。
政治家たるもの、言論から逃げることは、その責務を放棄するに等しい。

 

確かにイデオロギー的には対峙する存在なのでしょうが、
だからこそ言論を重ね、双方の意見をぶつけあうことが必要なのではないか。

痛みを伴う場合もあるが、それが「相互理解」であり、
一つ一つの政策が「より良いもの」になって行く。

民主主義とは、最後は数で決するにせよ、
その過程における果実にこそ、意味があるのだと私は信じたい。

 

 

 

心の広い有田議員
私の古くからの友人でもあるジャンヌ・お鶴こと中曽千鶴子女史ともツーショット写真を快く許可してくれたそうです。

彼女は、単身で日教組と訴訟を戦い抜き、勝訴した過去もあります。
【祝・勝訴】日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも(本人談)

 

それもあってか、イデオロギーの異なる立場からは「ヘイトだ」等とレッテルを貼られ、長年、嫌がらせを受けているようです。
特に北朝鮮による人権侵害・拉致の問題を深く取り扱っています。

 

有田議員は、立場を越えて中曽千鶴子さんとも写真を撮ってくれています。
私は偉いなぁと思いました。

 

15240150_1174090866003205_1112378187_n

 

 

実は、この写真は貴重な一枚。
この写真一枚で、国会の審議にも影響を与えたと思料され、なんと週刊誌の記事にまでなったものなのです。

 

 

「山谷大臣」在特会写真を批判した「有田芳生」議員に痛恨写真〈週刊新潮〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141014-00010003-shincho-pol
「週刊新潮」2014年10月9日号

〈山谷大臣と差別煽動団体である在特会との関係についての質問主意書を提出することにしました〉

 山谷えり子・拉致担当相兼国家公安委員長が、ヘイトスピーチなど過激なデモ活動で知られる「在日特権を許さない市民の会(在特会)」幹部の男性と一緒に写真に納まっていた問題を巡り、9月19日、ツイッターで追及の狼煙を上げたのは、有田芳生(よしふ)・参議院議員(62)である。しかし天に唾するとはこのことか。皮肉なことに、当の有田議員にも痛恨の写真が存在した。

 ***

 この問題で、山谷大臣は、

「写真の男性が、在特会の人とは知らなかった」

 と釈明した。しかし、

「一緒に写真に写っていたのは、当時の在特会の関西支部長です。付き合いも10年以上と長く、在特会のメンバーであることを知らないはずがありません」

 と、有田氏は手厳しい。

「在特会は“朝鮮人を殺せ”などとヘイトスピーチを行っている。そんな組織と国家公安委員長が親しいなんて成り立たない話です」

 と、意気軒昂。しかるに、“政界は、一寸先は闇”だ。

「実は有田さんにも痛恨事となる写真があるのです」

 とは、政治部記者だ。

「今年3月29日、『救う会埼玉』が東京・上野で拉致被害者救出の署名活動を主催しました。そこに有田さんも応援に駆けつけた。この場に、『チーム関西』と呼ばれる急進的な保守系市民運動家組織の中心メンバーで、在特会のデモに頻繁に参加している女性がいたのです。彼女は有田さんに記念撮影をお願いし、その写真をツイッターにアップしているんですよ」

 そのツイッターで曰く、

〈仲良く握手しました。有田先生は、私の事、ちゃんとご存じでしたよ〉

“私の事”と存在感をアピールする彼女(52)。一体、どういう経歴の持ち主なのか。

■刑事訴追の過去も!
「兵庫出身の彼女は小学校講師などを務め、やがて保守系市民運動に携わるようになった。チーム関西は、在特会や『主権会』など保守活動を行う人々の混合組織。彼女はそこでお母さん的役割を担っている」(在特会に詳しいジャーナリスト)

 その言動はやはり過激だ。

「2010年、在特会のメンバー等が、徳島県教組事務所に侵入、110番通報中の職員の受話器を取り上げ、シュプレヒコールを上げ続けるなどしたとして、威力業務妨害等で7人の逮捕者が出る事件が起こった。彼女もこの現場にいて、書類送検された。罰金30万円の有罪判決を受け、目下、最高裁に上告中です」

 ご当人に在特会との関係や写真について尋ねると、

「私は在特会の会員ではありません。在特会のデモに参加していたというよりは、私が活動すると、そこに彼らが集ってきていたという感じです。徳島事件についても、昔からあの体質に問題意識を持っていたので、参加したに過ぎません。有田先生との写真は、私が頼んで撮ってもらったもの」

 もっとも、

「在特会と関係が深く、共に行動してきた“在特会系”の人間とは言えます」(先のジャーナリスト)

 いずれにしろ彼女が急進的活動を展開しているのは間違いない。当の有田氏は、写真についてどう語るか。

「彼女が在特会系の活動をしている人物との認識は勿論ありました。だから、写真は難しい。色んな人から頼まれ、撮っちゃうから」

 山谷大臣と同じ言い訳だ。

「嫌だなぁと思ったんです。でも、周りには横田さん夫妻もいらしたし、大人気ない態度をとって、揉めるわけにはいかないでしょう。その女性とはこの時、1回お会いしただけ。それに、僕は国家公安委員長でも何でもない。それ以前も、その後も在特会を批判する闘いは進めている。全然、質が違う問題だと思います」

 苦々しい口調で釈明する有田氏。墓穴を掘った感は否めないのである。

「ワイド特集 天網恢恢 疎にして 漏らさず」より

 

 

取材に対しては、このように振る舞っておりますが、
それは立場ゆえのものでしょう。

実際、中曽千鶴子さんは糾弾されるような活動をしているとは思えません。
いわゆるカウンター勢力からも「彼女は違うでしょ?」という声がちらほら。

有田議員は、そのあたりも把握した上で撮影に応じたのだと私は考えています。
さすが、有田議員は心が広い。さすが国会議員。
ひろい、心が広い。本当に広い。

きっと対談申込みも受け付けてくれるはずだ。

 

 

 

私もっ!
有田議員、ようこそ、ヘイト・爆破予告をされた行橋市へ。
テロに屈した(一部の)行橋市議たちがお待ちですよ。

きっと参加してくれると思いますので、リストを掲載しておきます。
私も心が広いアピールです。

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、大野慶裕
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

私も御利益にあやかりたいと言うと怒られそうですが、
実際、「オープンな場」で話してみたいですね。

市議からの対談申込みに対し、参議院議員が断るとは考えにくい。
中曽氏がよくて、私が悪いということもないでしょう。

ブロックされておりますが、これを早急に解除して頂き、
「Twitter上で」【よし、わかった受けよう!】と快諾して頂ければと思います。

私は、Blogという公開のツールで「対談を申し込む」のです。
これは私の持つ最大の発信ツールです。
有田議員におかれましても、「公開ツール」であるTwitterで回答を頂きたく思います。

 

 

 

市議である私、小坪の対談申込みを

 

参議院議員である有田議員は受けてくれるはずだ!

 

「行橋市議会議員 小坪しんや vs 参議院議員 有田よしふ」

 

是非、実現して欲しい!楽しみだ!

 

と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

関連

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【対談申込み】有田よしふvs小坪しんやin行橋・夢のカード実現か?【見たいと思ったらシェア】 への17件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【対談申込み】有田よしふvs小坪しんやin行橋・夢のカード実現か?【見たいと思ったらシェア】 あの有田よしふ参議院議員が、行橋に来るという。 ヘイトスピーチの講演とのことだが、是非、対談してみたい。 楽しみ

  2. WAO のコメント:

    飛んで火(=行橋)に入る冬のヨシフ、って感じでしょうか。

    小坪先生は戦略家ですから、彼の逃げ道を塞ぐ二の手・三の手も講じていらっしゃっるのでしょうかね。

    • 小坪しんや のコメント:

      WAO様

      コメントありがとうございます。

      >小坪先生は戦略家ですから、彼の逃げ道を塞ぐ二の手・三の手も講じていらっしゃっるのでしょうかね。

      私は市議ゆえ、参議院議員の胸を借りるのみでございます。
      とてもとても、レベルではかないません。
      国会議員ですから、市議よりも遥かに高いレベルだと信じております。

      その上で述べさせて頂きますが、相当に勉強し尽くしてきたので
      手には2つ3つではなく、もっとたくさんございます。
      市議とは言え、20、30は用意できないと政治家は名乗れません。

      特に、「反差別と暴力の正体」(鹿砦社)は参考になりました。

  3. 波那 のコメント:

    心から対談を楽しみにしています。
    東に西に南に北に常に目を光らせ、ヘイトスピーチだ!と奔走されている有田議員となら必ずや議論は深化したものとなり、実り多い時間となる筈です。行橋市の皆様にも公開対談は、またとない機会になりますね。

    国会議員たるもの井戸端会議に集まってるマダム達のように居ない人の悪口を言うだけ…なんて、まさかそんな事をされたりする筈はありません。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    Twitterでブロックですか。
    初っ端から笑いを提供してくれるとは、中々高度なテクニックを使って来ますね。

    因みに、小生も有田芳生大先生にはブロックされています。
    小坪先生の場合は著名人と言っても過言では無いので、まぁ分からなくも無いと言えば分からなくも無いですが、無名な小生のアカウントがブロックされているのは不思議ですねー。

    まさか国会議員に在らせられる有田芳生大々先生が、「ぶろっくやっちゃうよ君」なんて利用していないと思いますが、何故か小坪先生も小生も「ぶろっくやっちゃうよ君リスト」に登録されていると言う共通点があります。
    因みにこの「ぶろっくやっちゃうよ君リスト」に登録されると、日本国にとって有益な国民として認定されるらしく、小坪先生も例に漏れず認定書が下記の様に発行されています。
    http://blockers.96.lt/nintei.php?id=2912855948&sn=kotsubo48&jn=%E5%B0%8F%E5%9D%AA%E6%85%8E%E4%B9%9F

    ブロックと言えば蓮舫大先生も相当数ブロックしている様ですが、Twitterをログアウトすれば参照出来ますので、全く意味をなさない事を御存知無いのですかね?
    更にネット上にはあらゆるAPI連携のアプリケーションが提供されていますので、わざわざログアウトしなくても参照出来ます。

    つまり、公人がTwitterでブロックすると言う事は、万人が認める正当な理由が存在しない限り、ただ単に器の小ささだけをアピールしている様なもので、呟き自体は丸々抜き取られていると言う、実に滑稽な醜態を晒す行為です。
    それを堂々と、且つ極めてナチュラルにやってのける民進党の大々先生方は、大した度胸をお持ちですねぇー。

    旬を過ぎた芸人世の注目を集める民進党の大々先生方は、やはり一味違いますね。
    日本人とは。

    それとも、地方巡業前に話題を呼ぶ為の高等広報技術なのでしょうか?

    まぁ、何にせよ盛況に幕を閉じられれば良いですねぇー。

  5. 鳥海山たろう のコメント:

    まあ、半分はご冗談とは思いますが、、。

    18歳の母の日に日本共産党の党員になり、38歳ころに日本共産党から、
    「日本共産党への手紙」という書籍(注1を参照)に関わったため日本共産党から除名されたという筋金いりの共産主義者。

    (注1)「日本共産党への手紙」とは

    「もっと共産党を良くして、日本人の共産党支持者を増やそう」という日本の左翼知識人の提言した日本人懐柔の手引き。

    「無敵皇軍を不穏だなんて言った腰抜野郎!今こそ出て来い。神国日本は開闢以来無敵なんだ!」「やあ、おめでとう。マニラも陥ちたね、いやー愉快、愉快」と戦中に大はしゃぎをしながら、敗戦すると掌を返したように共産主義者に生まれ変わって日本や天皇を罵倒しまくった、住井すえ。

    その他には、日本共産党の機関紙みたいな出版社の大月書店出身の加藤哲郎、天皇制打倒と憲法9条を文字通りの実現を目指した憲法学者の星野安三郎、変態的な日本文化解説者の加藤周一など。

    これら日本共産党を支持する知識人たちが、「より効果的に日本人を洗脳するための悪知恵」を開陳した「手紙」です。

    これは、東西冷戦の終了で、ソ連が崩壊して、日本の左翼を延命させようという左翼の生き残りの作戦のひとつです。(従軍慰安婦騒動も同じ時期に同じ目的ではじまった)

    このなかで、住井すえは、「共産党の人は人間的に鋭い半面、情がない。理性的だがエゴである。だから、義理人情を大切にしてほしい」とアドバイス。

    こういう指示に従ったのか、有田氏は常識的な義理人情はあるように見える。
    (むかし雑誌等で拝見した文章は、うっすら記憶あるが、比較的左翼臭が少なかった記憶がある)

    統一教会やオウム真理教が存在しなかったら、これほど世にでることもなかったのでは。
    (統一教会やオウム真理教は保守勢力も批判していたと思いますが、当時のメディアが左翼シンパだったので、有田氏を積極的にメディアに露出したのかもしれません)

    共産主義者の手法はむかしから一貫しています。

    ①「狂ったようなイデオロギーで暴動を起こして、権力者を刺激し挑発する」
     ↓
    ②「権力者の弾圧がはじまり、共産主義者が弾圧される」
     ↓
    ③「共産主義者が悲劇のヒーローとなり民衆の支持をえる」
     ↓
    ④「共産主義者が民衆支持を集めて暴力的な転覆で政権をとる」
     ↓
    ⑤「共産党の(元の権力者以上に徹底的な)独裁と民衆弾圧がはじまる」

    こんなものの繰り返しです。
    毎度、毎度、繰り返し。

    日本では、上記の最後のように共産主義者が支配することは免れました。

    でも狡猾な共産主義者は別の方法で、これをやりました。

    ①「狂ったようなイデオロギーで朝鮮人を扇動して日本人を攻撃させる」
     ↓
    ②「日本人が怒り出し、一部の日本人が、朝鮮人を敵視する、糾弾する」
     ↓
    ③「差別だー!と共産主義者が抗議して、朝鮮人を守るヒーローに見せかける」
     ↓
    ④「差別反対の名目で、人権にみせかけて言論封じを乗り出す。敵を打倒する」

    今は最後の段階でしょうか。
    なにも奇抜なことを書こうとしているのではなく、まともな日本人なら誰もわかっていることを念のため書いています。

    くれぐれも、変態左翼の挑発にひっかかって、自暴自棄になり罠にはまらないように、冷静に左翼の罠の構造をみやぶり、どこに罠がしかけられているか分析して、慎重に対処したほうが良いと思います。

  6. 鳥海山たろう のコメント:

    以下はくだらない推測です。
    気にされている「ブロック」の件が気になったので。

    私の推測は、以前に小坪先生が有田氏の北朝鮮がらみの雑誌活動をブログに書かれたことがあるので、それを誰かがご丁寧なことに本人に教えてあげた、それで目をつけられてブロックされた。
    ・・ということもありうると思います。

    その推測を裏付けるために、ブロックされた日付が重要になります。
    それで、TwitterのAPIをたたいてブロック日時を引っこ抜けるだろうかと思ってAPIリストを調べましたが、(さすがに当たり前というか)当の本人にしか、ブロック日時を取得する権限はありませんでした。
    (あまりTwitter詳しくないので、なにか勘違いをしていたらすみません)

  7. 月光仮面 のコメント:

    相手にしない方が良いですよ。

  8. 生野区民 2 のコメント:

    反日政党でスパイの謝が率いる民進党の下部組織の日本最大のヘイトクライム団体(しばき隊)の責任者の卑怯者ヨシフは、対談を絶対に応じるわけないし百田直樹さんも
    ヨシフと初対面したときは、何か言ってくるのかと思ったらしいが目を合わすこともなく会釈して、逃げて行ったと証言してるし
    正論を吐く人間、政治家や有名人には自分が北朝鮮の工作員で、ヘイトクライムをやっているので、ツィート以外の暴言はできないようだ
    しばき隊の隊長の野間と同じで、人をそそのかすだけで自分は陰でこそこそするゴキブリのような男だから、ツィートすらブロックいしてるのは正論を質問されたら困るからだろう
    正論が怖いから、ヤクザを大勢引き連れてくると思うので気おつけて下さい
    それとも北朝鮮の工作員仲間の、一水会やオウムの攻撃も想定していた方が良いと思います
    ヨシフとその配下が、行橋市にいる間は警察と連携して動いて下さい
    保守の希望の先生に何かあっては、日本人として困るのです
    提案ですが、ツィートもブロックされてるしヨシフが講演をするのなら同じ日か
    次の日に同じように小坪先生が、日本人に対するヘイトと日本の国防を妨害する
    沖縄に出向くテロリストについて、話してはどうでしょう
    特にしばき隊内の男組組長の添田の沖縄での暴力活動で逮捕について触れてみては
    しばき隊の隊長の野間も沖縄でのヘリパット妨害活動は、仕事と称して野間も出向いています野間が逮捕されないのは、ツィート以外に暴言を吐いたり日本人を刺すとか
    言わないからでしょう、その点入れ墨者の添田は本当に暴力行為に及び逮捕されたと
    思うが、日本人に対するヘイトを大問題にしてヨシフを黙らせて欲しい
    何年か前にヨシフが保守に対して、特定日本人と言うレッテルを貼ろうとしたら
    OLに特定日本人とは、ヨシフの事じゃないかと指摘され、大勢が同調し民主党も
    特定政党とか、ネットで言われてその言葉を二度と言わなくなった
    その次のレッテル貼りの言葉が、ヘイトスピーチなんですから
    レッテルはレッテルで潰すのが、効果的だと思う

  9. ピンバック: 尖閣・竹島の天気予報&朝鮮人の害で国が亡ぶ – 待ち望むもの

  10. こっくり悠流 のコメント:

    「反日こそヘイトとみなされて然るべき」
    こういう認識を小坪はんやヨシフさんに持ってもらいたい

  11. ピンバック: 【対談申込み】有田事務所にFAXで打診し、電話しました(動画あり)【楽しみな人はシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  12. 一市民 のコメント:

    議員なんだから、別にTwitterに頼らなくても対談ぐらい申し込めるだろうに。

    小坪さん、頑張ってください。あなたが力めば力むほど、ウヨはバカであるとの確信が強くなります。

  13. ピンバック: 【行橋市】有田よしふ vs 小坪しんや…夢のカード実現か? 小坪市議「Twitterで対談を申込もうとしたらブロックされていた。ショック!」

  14. ピンバック: 【凄まじい脅迫と圧力】”参議院議員”である有田芳生氏などによる、一橋大学学生への言論弾圧に抗議する。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  15. ピンバック: しばき隊関係者?に「市議を辞職すべきだ」と言われたので「爆破予告犯とは交友関係はありましたか?」と返事をした結果【気になったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です