【祝・勝訴】日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも(本人談)


 

 

祝★ 中曽千鶴子 勝訴!!

 

「徳島県教組が、朝鮮総連にあしなが募金からのキックバックで得た
支援金150万円をわたした事への抗議」から訴訟に発展。
徳島県教祖より損害賠償、及び慰謝料として1683万円を請求する民事訴訟を起こされました。
彼女は五年近く戦ってきたのですが、無事に勝訴しました。

1683万円の請求に対して、 ゼロ円を勝ち取りました。

「日教組弁護団と、たったひとりで戦って 勝ちました♡
歴史上、日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも」とは本人談。

 

>「徳島県教組への抗議は、民族差別、朝鮮人差別ではないという判決
そして消滅時効の成立が認められました。」

>抗議内容について、徳島県教組が
>「民族差別だ、朝鮮人差別だ、ヘイトスピーチだ」と言ってきた事が
>裁判で、全面的に否定され
>徳島県教組への抗議は、民族差別でも朝鮮人差別でもヘイトでもない
と裁判官が認めた

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

14572424_1221482977922584_1389202643349093697_n

 

ここより本人ブログより転載開始。
(太字、フォントサイズの再指定のみ筆者)

日教組に勝ったよーーー♡

朝鮮総連との癒着に対しては、厳しく、強い抗議をしました。
強い口調の抗議ではありましたし、抗議の態度には問題はあったかも
しれませんが

決して、民族差別や、人種差別、憎悪ではない、
北朝鮮、朝鮮学校支援への抗議であり、日教組が政治活動することへの批判、日教組の考え方への批判であったと、
抗議内容の正当性は認められた という判決だと思います

日教組弁護団と、たったひとりで戦って 勝ちました♡

歴史上、日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも

快挙★

徳島県教組への抗議は、民族差別、朝鮮人差別ではないという判決
そして消滅時効の成立が認められました。

5年近く、戦ってまいりましたが、ついに、日教組との民事訴訟
本人訴訟対決で、勝訴しました。
徳島県教組は、日教組の一単組ですが、
歴史上、日教組と、一個人、一市民の女が、本人訴訟で勝訴したのは
はじめてじゃないかな!

1683万円の請求に対して、 ゼロ円を勝ち取りました。

徳島県教組は5年間、弁護団にどれだけの費用を払ったのだろう?

何度も何度も 徳島に通って、わからないことは
裁判官さんや書記官さんに教えてもらって・・・・
頑張った甲斐がありました。

嬉しいです。 判決は徳島まで行かなかったので、新聞社さんに教えて
もらいましたが、本日、書記官さんから判決の書類が届いて
確認しました。

特にこの抗議内容について、徳島県教組が
「民族差別だ、朝鮮人差別だ、ヘイトスピーチだ」と言ってきた事が
裁判で、全面的に否定され

徳島県教組への抗議は、民族差別でも朝鮮人差別でもヘイトでもない


裁判官が認めたことは、嬉しいことです。
あたりまえのことなんですが。

徳島県教組が、朝鮮総連にあしなが募金からのキックバックで得た
支援金150万円をわたした事への抗議に対して

徳島県教組が 1683万円の損害賠償及び慰謝料を請求する
民事訴訟を提起したのですが

私は、個人的に本人訴訟で弁護士をつけず、すべて自分で
準備書面も作成し、証拠も集め、裁判で戦いました。

在特会側は、弁護士をたてて争そっていたのですが、1683万円が
231万円になる判決だったようです。
控訴審で、逆転して勝訴になる可能性もまだあると思います。

新聞やネットには、在特会のことばかりで、私の勝訴のことは
書かれていないのが残念。 判決の日に徳島に行けば
新聞社にコメントできたのですが・・・・

裁判では、民族差別だ、朝鮮人差別だと供述する相手に対して
警視庁の拉致ポスターを掲げて「拉致被害者をかえせ」と
日教組と朝鮮総連との癒着に対して抗議したのですよと反論しました。

また、徳島県教組の男性委員長は、裁判中に私の質問に対して
しどろもどろになり、自分側、
徳島県教組側に不利になるような供述をしました。

決めては、徳島県教組の男性委員長が、、私の中傷をくりかえした門真市の左翼の戸田市議と癒着して連絡をとりあっていた証拠です。

実は、本人訴訟で相手側に質問したり、追及するのって
すごく楽しかった。 まるで弁護士になったみたいでしたもん。

ドラマの リーガルハイや キムタクのヒーローなどを見て
研究したんですwwww

裁判って、今回、この5年間で初体験でしたがドラマで見るみたいに
本当に裁判官さんが、黒い、幼稚園のお絵かきや給食の時の
スモックみたいなのを来てたり、ドラマで見るそのままなんです

県教組の男性委員長に対して、怒涛のように言葉ぜめしました笑

私は誰にも応援を頼まなかったので、傍聴席はいつも
動員された日教組や 極左、左翼、まっ赤赤 そして

さすが、相手が、朝鮮総連関係だけあって 警察やら公安やら
新聞記者やら・・・・・たったひとりの戦いでした。

帰り道は、いつも、怪しい組織に拉致されたり殺されたり
するかもと注意しながらでした。

徳島県教組は報告集会と記者会見で、
不当判決だ、受け入れられないと控訴するらしいのでまだ油断はできないけど

とにかく、おめでとう。自分。
お疲れ様。自分。

正義は勝つのであーる

*******************************************

韓国のテレビ局が、
日教組、徳島県教組(徳島県教職員組合)を

「朝鮮総連系列教職員組合」と報道しました。

海外から、日教組は、そう思われているという事なのかもしれませんね

祝★ 中曽千鶴子 勝訴!! 日教組と 本人訴訟で勝訴しました。

 

<スラップ訴訟について>
SLAPPという英語より。これは(strategic lawsuit against public participation)の頭文字をとったもの。
威圧訴訟、恫喝訴訟。定訳はないが「市民参加を排除するための戦略的訴訟」というのが語感に近い。

大企業や政府などの優越者が、公の場での発言や政府・自治体などの対応を求めて行動を起こした権力を持たない比較弱者や個人・市民・被害者に対して、恫喝・発言封じなどの威圧的、恫喝的あるいは報復的な目的で起こす訴訟である。

【言論の自由を守れ!】弁護士有志、北星学園・電凸動画の「たかすぎしんさく」氏を告発
【政治家の目線】北星学園、さらに「脅迫」との報に接して。
【北星学園】動き始める政治家たち
【北星学園】たかすぎ氏に対し、政治家としての支援【JAPANISMに感謝】

 

<活動家と訴訟リスク>
彼女は活動家である。
その点を否定する方はいないだろう。
私もわかった上で紹介している。

事前に断わっておきますが、活動方法や主張の全てが私と同一というわけではない。
それぞれに微妙に異なるスタンス、立ち位置に立脚して動いている。
お鶴さんの場合、特にクリスチャンとして、女性からの目線という部分を強く出して言論活動を行っているように思う。

紙を主体としたスタイルであったが、私自身も活動家の一翼をなしてきた。
私の場合は、特にロビイストに分類されると思う。

活動家は、常に訴訟リスクに晒されてきた。
住所・氏名を隠して動く者もいるし、中には顔すら隠す者もいる。
しかし、生身を晒して前線を張る。

指揮官級はこうはいかない。
顔はもちろんのこと、住所・氏名などは簡単に割られて行った。

サヨクからの襲撃を恐れての者もいるだろうが、
私が覚悟していたのは、訴訟リスクだ。

住所・氏名をweb上のIPから辿るのは、ひどく手間がかかる。
法整備が行われているため、不可能ではない。
これがないと訴訟がスタートしないのだ。

活動家は、常に訴訟リスクに晒されている。
サヨクからのスラップ訴訟だ。
私はこれを言論弾圧の一環だと考えている。

 

<かつての戦士たちの覚悟>
いま振り返れば、至らぬ点、「もっと」という部分もあるだろう。
私にしても知識不足、采配ミスはあった。
反省もある。

ただ、考えて欲しい、自分だったらどうか、と。
正当な抗議活動に対し、民事で1600万超を請求。
普通に考えて払いきれるものではない。

貴方だったら怖くはないだろうか。
「人生を潰す」覚悟を持て、ということ。

プレッシャーもあったろう、怖い時もあったろう。
それでも一歩も退かず、慣れぬ裁判を独学で学び、
本人訴訟(弁護士をつけない)で挑む。
それでも、前に出る覚悟。

訴訟リスクを覚悟の上で。
それでもマイクを握り、もしくは紙(行政活動)を撃ち込み続ける。
覚悟の上で、やり続ける。
貴方には、できますか?

 

<できなくていいんです。>
また、「やれ」とも言いません。
そんな覚悟を簡単にもたれても困ります。

その場の気分で前線に来られても、フォローに回れる人員だって限られる中
生半可な覚悟で前に出られても(如何に人員不足とは言え)逆に困ることもあります。

「貴方にはできますか?」と書きましたが
できなくてもいいんです。
求めているのは、前に出ることではありません。

前に出る者の気持ちもわかって欲しい。
それだけです。

いくばくかの敬意を払って欲しい、ということ。
(私に対してということではありません。)

活動方法を見るに「どうかなぁ」と思う方々、私にもおります。
スタイルの違いから反駁することもあります。
(特に行政手法に特化した私は、動き方が異なる場合も多い。)

同じリスクを晒す私が、スタイルの違いでバッティングし
「ちょっと・・・困るんですけど」と言うのと
「あーせい、こーせい」「ここが悪い」と、安全地帯から批判だけするのは、違うでしょ、と言いたいのです。

 

<正直、ほっといてくれ、と思う日もあった。>
ネットで支援を求め、いまのアクセスを頂いている。
これを武器とする私としては、非常に言いにくいことなのだが。
正直、ほっといてくれ、と思う日もあった。

匿名の世界から「あーせい、こーせい」とか。
「こっちのほうがいい」だの「あれも問題だ」と。

何をやるにも時間コストは必要だし
紙を主体とする私には、経済的な負荷も大きかった。

それでも無責任に「ああしろ。」「こうしろ。」と。
あれもある、これもある、と。
「うるさいな、おまえがやれよ」と思っておりました。

俺はやりたいテーマを自分で決めて、自分の裁量内でやるので。。。
自分で引き受けれるリスクを天秤にかけ、その限界でやってる。

「もっと!もっともっと!」と騒いでて連中は
人の家の夕ご飯に(飲食店の客かのように)「塩味が薄い」だの、肉をもっと増やせだの。
本当に、心底うるさかった。
別にイエスマンばかりでも困るが、「おまえは何様なのだ!」と。

肉を増やせば増やしたで、「俺は魚も食べたい」と。
焼き魚を用意すれば、刺身がいいと。
あー、うぜー、あー、うぜー、と。
私はネットの保守が本当に心底イヤになっておりました。

肉も魚もタダではないし、各家庭ごとの「お財布」もあるわけです。
人んちの夕食に、ゴタゴタ言うだけ言って、時たま謎の勝利宣言をしてくる人。
とっても嫌いでした。

 

<誰かが動かなくていい理由?>
無理に動けと求めることもしませんでした。
しかし、彼ら、一部の声の大きい人は、
「自分(彼ら)が動かなくていい理由」に私たちを利用していただけのように感じていました。

私のつくるご飯に難癖をつけても、
彼らの腹が満たされるわけではないのに。

「やった気分」になるため、そのためだけに
うるさく口出ししてきたのかな、と。

私たちは、少なくとも私は
彼らの謎の満足を得させるために、
命を賭して、人生を賭して
戦っているわけではありません。

どこかの誰かが「動かなくていい理由」となるために
私たちはいるのではないのです。

 

<私が動く理由>
ソース、ソースと言いますが、
誰かが全力で駆け抜けて、それで、その足跡がソースとなるのです。
誰かがリスクを負って前に出ねば、なんのソースもできはしない。
誰かの何かの動きが、媒体に取り上げられてソース化されていくのです。

動く理由、それはソースとなるため。
web空間に武器を提供するためであります。
それが私の役目だと思ったのです。

 

<彼女が勝ち得たソース>
原文ママ、である。
お誕生日の記述も原文ママ。
(特記:私の誕生日ではない。と言いたいだけである。)

平成27年3月27日判決言渡 

平成25年(ワ)第282号損害賠償請求事件

口頭弁論終結日 平成26年12月12日(わたしのお誕生日)

判決 主文

4 原告らの被告中曽に対する請求~を棄却する

事案の要旨

四国朝鮮学校への支援 およびその報道等

イ 産経新聞等は、平成22年3月19日頃、日教組があしなが育英会等への寄付を主たる使途として掲げた「子供支援カンパ」名目の街頭募金等により集めた寄付金について、その6割を占める一億円を連合へ寄付し、連合は、そのうち3750万円を日教組へ助成金として交付したこと、原告組合は、日教組から、朝鮮学校へ通う子供の就労支援として、前記助成金の中から、150万円受領したことを報道した。
また、原告T田が四国朝鮮学校に対し寄付金を交付する様子も
一部メディアによって取り上げられた。

第三 当裁判所の判断

ところで、原告らは、本件抗議活動①が人種差別的思想に基づく憎悪に満ちた悪質な行為であると主張するが、~略 ~
攻撃の主たる対象は、原告組合及び、原告T田であり、その内容も、
原告組合が、本件

支援を行ったことに対する批判、原告組合が政治活動を行っていることに対する批判、原告組合ないし日教組の考え方に対する批判、北朝鮮当局や朝鮮学校に対する批判等を内容とするもの

にとどまり、朝鮮人に対する差別を直接的に扇動・助長するような内容まで伴っているとはいい難く、本件抗議活動①それ自体をもって、

人種差別的思想が発現したとはいえない

から、原告らの上記主張は採用することができない

祝★ 中曽千鶴子 勝訴!! 日教組と 本人訴訟で勝訴しました。

 

 

夜学ではありますが、、、
また、学費もなかったので、聴講生ではありますが、
私も法学部に通いました。

理系だけでは厳しいのかな、と思いまして。
聴講生(お金はらってない)ので単位や学位はもっておりませんが、
いざとなったら、自分で戦わざるを得ません。
その覚悟で準備はしていたのです。

幸いにして、私はその機会はまだありませんが。

 

 

スラップ訴訟に怯まず、本人訴訟で勝訴をもぎとる。
潮目が変わったな、と思います。

サヨク側も感じているのではないでしょうか。
今までは、これが有効だったのです。

多額の慰謝料を求めて、弁護団を構えて、威圧すること。
孤軍奮闘し、女性が一人でそれを跳ね返すこと、
跳ね返した「事実」こそは、時代を変えていくきっかけとなると思います。

知らしめるため、周知をお願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【祝・勝訴】日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも(本人談) への18件のフィードバック

  1. 生野区民 2 のコメント:

    今日はブログの更新が早いですね、日教組に勝って本当に良かった
    左翼は控訴で言論弾圧を行おうとしているから、大阪市民なので市長の狂った行動のために、人事では
    ないので、この勝利は喜ばしい

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    外野から応援しているだけで、前にでることは今後もないでしょうし、また、前にいるかたの足を引っ張るようなことになってもいけませんので頑張れ!頑張れ!と応援をつづけたいとおもっています。

    しかし、今回の件ですが・・・
    >祝★ 中曽千鶴子 勝訴!!
    >「日教組弁護団と、たったひとりで戦って 勝ちました♡
    >歴史上、日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも」とは本人談。
    Twitterでも盛り上がっていたように思います。
    本当に、弁護士もつけないですべて訴訟をひとりで戦うなんて・・・すごい!本当にすごい!

    そして、日本の司法、特に地裁とかでは、在日朝鮮人が徘徊していておかしな判決がでることがおおいということをたびたび耳にしていますので、今回のような日本人を守るまっとうな判決がでたことに、日本の司法もまだ、すてたもんじゃないな・・という気持ちになりました。

  3. 南畿人 のコメント:

    敬意を払って黙って見守るのが大事ですよね。

  4. 中曽千鶴子 のコメント:

    小坪先生、過分なお褒めをいただきまして 身に余る 光栄に存じます。
    弁護士に依頼しなかったのは、金銭的に余裕がないからという事情でもあり、
    そんなにかっこいいものではないのですよw
    人生初めての民事裁判はつらい事もありましたが、スリルのある刺激的な体験を楽しめた部分もあります。
    しかし、何度も何度も通いましたが、兵庫県の東南部、川西市から徳島への道のり、
    神戸淡路鳴門自動車道、明石海峡大橋を超え、淡路島を縦断し、大鳴門橋を超え・・・遠かったです。
    おかげで長距離運転もずいぶん、うまくなりました。
    教育の短大出身で、小学校で仕事をしていましたが、法律については、まったくの無知です。
    準備書面の書き方も何も知らず、無謀な戦いでした。
    まさにスラップ訴訟、私の準備書面にも「この訴訟はスラップ訴訟だ、海外ではスラップ訴訟は禁止されているところもあるのだ。」との主張をしています。 判決は、その主張を間接的に認めてくれたような気がします
    今は、ほっとしていますが、まだまだ相手側は控訴をしてくるので、油断せず、続けて頑張ります。
    今回は、ブログで紹介してくださり、為書を頂き、励ましと祝福の言葉に感謝、感激しています。
    福岡は、私の父親や祖母が暮らした場所、今後とも先生のご活躍を心より祈念しています。
    まずは、お礼まで    中曽千鶴子拝 

    • 櫻盛居士 のコメント:

      中曽千鶴子 殿

      この度は、貴方様の誠意が世に認められました事、謹んでお祝い申し上げます。

      併せまして、多くの日本国民に勇気を齎して下さいました事、深く御礼申し上げます。

      扨て、私個人的に喜び絶えぬ吉報とは存じつつも些か心配事など感じ、呉々も油断なさらぬ事を祈るばかりで御座います。

      小生、文才も無く若輩の身で御座いますので、古人の文を借り自らの戒めと成します事と伴に、今後の益々の御活躍をお祈り申し上げます。

      聯合艦隊解散の辞 明治38年12月21日 連合艦隊司令長官 東郷平八郎 (古人曰く勝て兜の緒を締めよと。)

    • 酒井太造 のコメント:

      中曽千鶴子様

      勝訴おめでとうございます。
      チーム関西の活動の数々を動画で知り応援していたので、勧進橋児童公園の件で朝鮮人から訴えられたことに対しては何度かチーム関西や在特会に寄附させてもらいました。
      徳島の日教組への抗議活動も動画で見て感銘を受けていたのですが、まさか千鶴子様がお一人で裁判を闘っていたことは存じ上げませんでした。
      僕も事業の不動産業で、朝鮮人に土地の一部を無理やり取られたり、裁判をしかけられたりもした経験があるので、千鶴子様のご苦労には及びませんが少しは大変さが分かります。
      僕の裁判の場合、もともと無理筋だったので、僕が一歩も引かないものですから、途中で相手が取り下げました。
      勝手に訴えてきたくせにお詫びの一つもないものですから、何度も訪問したのですが、居留守をつかわれて裁判以降は会えませんでした。
      裁判中も僕の目さえ見ることができないような小心者を相手にしている時間ももったいないので、それからは相手にしてませんが、風のうわさに聞くと、ご近所からも相手にされなくなっているらしいです。
      あいつらは勢いしか取り柄のない連中なので大したことないのですが、体力的に劣る女性などに対しては暴力的になる非人間的な奴が多いので、身辺にはくれぐれもお気を付けください。

  5. 50代主婦 のコメント:

    「潮目が変わった」
    このひとこと、凄いことですよね。
    日本がまともになろうともがいている…そんな空気を感じる今日この頃。
    地道な活動を続けていらっしゃる方々に尊敬と感謝の日々です。

  6. ハヤブサ のコメント:

    勝訴おめでとうございます。
    多勢に無勢を覆す素晴らしい結果。
    まだまだ予断を許さない状況であると思いますが応援しています。

  7. たろう のコメント:

    日教組への怨念は朝日新聞に劣らないほど激しいものがあります。国民のひとりとして日教組をどうしても告発したい、告発したいと心底願ってきました。でもどんな観点から考えても裁判に訴えても到底有罪にはならないだろうと諦めてきました。せめて教育にかかわる政治家には知ってほしい、闘ってほしいと願ってきました。

    日教組が朝日新聞などの記事を悪用して、子どもたちに対して、どれほどおぞましいほどの、旧日本軍に関する残酷な映像(物語を語ることによる映像も含む)をやきつけたかというと、それは絶句するほどです。
    妊婦の腹をさく日本兵、女性を強姦する日本兵、子どもをなぶりり殺す日本兵。これらのすさまじい脳内映像は確実に子どもたちのトラウマになったことでしょう。日教組教師など左翼教師による、この無数の思想洗脳はおそるべきものでした。「子どもたちを二度と戦場に送るな」という美名をもとに何万人または何十万人もの子どもが犠牲になったに違いない。人間不信になった子どもも間違いなくいると確信します。

    従軍慰安婦騒動の際は、北朝鮮かどこかで仕入れたホラ話「女性の胸をきりさいて日本軍兵士が食った」というホラーが流通し、吹きこまれました。どれほどおぞましい教育が行われたことでしょうか。ほとんどは教師の手作りの教室資料であり、記録としては残ってないでしょう。できればすべてを入手して「子どもの白紙のこころに猛毒を刷り込む鬼畜どもよ。地獄に落ちろ」と徹底的に告発したい気持ちです。

    手がかりとしては朝日新聞の膨大な「証言資料」です。先日の3月3日には証言でダイナマイトで卑劣に殺害をした日本兵を記事に掲載していたようです。朝日新聞は過去にどれほどのこの手の悪質な証言を掲載してきたのでしょうか。数百では到底きかず、数千の記事数に達するのではないかと推測しています。しかもあれだけ世界を騒がせた吉田清治のおぞましい捏造証言がばれても、一切自社で検証しようとしない。本来であればどうして捏造を見逃したかと反省して、吉田清治の生涯の足取りを朝日新聞が徹底的に追うべきだが、ほとんど頬かむりしました。その鬼畜ぶりは想像を絶するものがあります。

    思い起こせば昭和50年代の後半のあたりから、法的または憲法的には自衛隊をなくして非武装中立を実現することは非現実的と世論がかたまり、左翼はじだんだを踏んでくやしがっていました。そして日教組などが思いついたのが、子どもたちに日本兵を殺人鬼や強姦魔のようになまなましいイメージを描いて吹き込み、もう軍人など見ると吐き気をもよおすまでに先入観をうえつけようとたくらんでいました。
    この悪質な洗脳は憲法9条の説明などの100倍くらいはおどろくほどの効果をおよぼし、生徒たちは日本兵を悪魔と罵倒し、二度と日本は軍隊をもつべきではないと作文に書きつらねる子どもたちが続出しました。

    こんな教育をやった教育団体は世界中どこにもないと思われます。敵国についてはこういったプロパガンダをやった国もあるでしょうが、自国の軍隊に対して執念深く、徹底的に生徒が吐き気をもよおすまで、やり続けた教育団体はまず絶対にありえない、史上初だろうと確信しています。ソ連や中国、北朝鮮にあこがれた組織であるから、あそこまで落ちぶれたんだろうと思います。
    これらはほとんど日本のマスコミではタブーになってしまうだろうと思うと、それがまた悔しいです。精神的被害を受けた人々が団結して日教組を訴える日がくればいいのですが、それは無理かもしれません。日本の若い世代にはもちろん、世界中にこういう鬼畜どもが教育を支配した日本の歴史を知ってほしいです。

  8. たろう のコメント:

    日本の国民が日教組と本気で闘うべきだと考えています。ひとつは子どもを通学させる学校の教師のだれが日教組に属しているか、公開請求できないものかと思います。
    またその糸口のひとつとして内申書の廃止です。内申書により子どもは学校の人質となっています(これは教育を破壊しようとする左翼の主張ではありません)。世界で日本のように内申書に異様にウェートを置く国はほとんど無いと聞いたことがあります。これは日教組を有利にする仕組みだと思います。教師に父兄が抗議しようとしても内申書などを気にして強く抗議できないようになっているのです。高校入試で子どもの人間性をチェックするのであれば面接や小論文くらいで良いはずです。

    あとは普通の親であれば大変難しいでしょうが、歴史教育や社会科教育のチェックです。朝鮮総連も悪質ですが、日本に深刻な危害を与えた比率でいえば仮に「朝鮮人」を5とすれば(日本人拉致や思想攻撃なども含めて5とすれば)、元共産主義者の反日左翼が日本に与えた危害は100くらいと推定しています。
    反日左翼が朝鮮人を反日の道具に仕立てて、反日の武器としてそそのかしたのです。

    韓国で「独立三義士」とは。
    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7888059.html

    ネットユーザーにとっては、韓国とはテロリストを英雄とする国であることが知れ渡っていますが、ネットを深く利用しない一般の父兄にとっては未知の情報です。
    この危険な国を(日本国内の過激派という危険な勢力をたきつけたように)反日左翼は精一杯たきつけて反日を増長させました。それにより無数の日本人が献身的に韓国の発展につくしてきた功績は完全にチャラになりました。極左勢力の進言に従って従軍慰安婦騒動を起こした朝日新聞は何度考え直しても「狂気の新聞社」です。
    反日左翼は朝鮮人にとって有利なように日本の歴史を改ざんするという卑劣な方法で朝鮮人を取り込むことに成功しました。(関東大震災における朝鮮人被害はいくら過剰に膨大化してもOK。ところが戦後における朝鮮人の日本人への卑劣な集団犯罪は研究するのでさえ民族差別のように吹聴して妨害)
    異様な反日左翼の学者が悪知恵を絞って、朝日新聞などマスコミが大人を洗脳、日教組が子どもを洗脳。一般の庶民が汗水流して働いて日本社会を豊かにしているうちに徹底的に洗脳活動を蔓延させました。この負の遺産は膨大で、多くの国民が覚醒しなければ子孫が危ういです。

  9. ひと言 のコメント:

    余計なお世話かもしれませんが、ブログランキングの最新記事のリンク一覧に本タイトルが表示されないようです。

  10. たろう のコメント:

    日教組と人種差別というキーワードでふと連想したことがあります。私はオウム事件を見るまでは、統一教会によるマインドコントロールが日本で宗教による最悪の洗脳例だと考えていました。統一教会の教祖はアメリカの議会で演説をしたのはアジアの宗教家で私が初めてみたいなことを書いているので(反共アピールにより日本や欧米の保守政治家に取り入ったに違いない)、欧米等でも信者を増やしていたのでしょうが、日本の場合は、反日左翼による異様な自虐教育の相乗効果が加わって、まさに最悪でした。

    北朝鮮による拉致被害者は将来、真相がわかる時代がくると思うのですが、統一教会のほうは闇に葬られるかもしれません。もちろん将来、教科書に掲載されることもないでしょう。この統一教会の教祖は、日本は韓国にひどいことをしたという、日本人の贖罪意識を利用して、多くの日本人女性を韓国に嫁がせました。ひどいのは、韓国でひどい男と結婚させられても、「日本は韓国にひどいことをしたのでその報いであり、自分の犠牲によって日本の罪が浄化される」と観念した女性が多かったようです。これは、個人的には、北朝鮮の拉致に匹敵するような悲惨な事態であり、苦労して生んで育てた両親からすれば本当に残酷なことであったと思います。

    これは日本という国をオカルト的に貶めることにより、日本人の罪悪心をくすぐり、プライドを無くさせた悪質で卑劣なカルト的手口でしたが、いわば反日左翼は日本人の「全体」を、このように無抵抗で韓国に嫁がされた日本女性たちのように、徹底的にプライドを喪失させられて相手の言いなりになるような精神的奴隷につくりかえようとしたと見れば、その陰謀の異常性に震撼させられます。
    また数年前にも駅前で統一教会信者が教祖の伝記を配っていたので受け取って読んでみたのですが、教祖の妻(朝鮮人)は日韓併合の時代に神社参拝を拒否して刑務所にいれられたと書かれています。どこまで真実なのか検証したほうがよいと思いました。日教組教育や朝日新聞など反日左翼の長年にわたる洗脳がなければ、あの女性たちの被害ももっと減らせたはずではないかと思えてなりません。

  11. araigumanooyaji のコメント:

    “韓国のテレビ局が、 日教組、徳島県教組(徳島県教職員組合)を 「朝鮮総連系列教職員組合」と報道しました。 海外から、日教組は、そう思われているという事なのかもしれませんね”

  12. 生野区民 2 のコメント:

    こういうスラップこそこそ、法律で禁止すべき、案件
    アカや朝鮮人の
    言論弾圧以外の何者でもない、常日頃ナチスガーってやってるのは、ナチスが大好きだから同じような手口を、使い人権を蔑ろにするのだろう
    日本人は断固として、この偏狭なアカ、朝鮮人を排除するべきだ

  13. Augusta のコメント:

    勝利おめでとうございます。
    SLAPP訴訟は対岸の火事などではなく、外資を中心に金融、保険会社が行っています。

    身近な例でいえば、生命保険、自動車保険など。保険会社が「損失」を抑えるために、恫喝訴訟を実行する例は着実に増えています。冷静に考えれば分かる事なのですが、掛け金の安い保険は、出す金もまた安く抑えるのです。

    車同士で追突事故が発生し、相手が100%悪いのに、相手の保険会社から訴訟を起こされる場合もあります。損害保険の示談でもめた場合、日本損害保険協会を紹介されますが、これは業界出資の団体であり、自浄作用など見込めません。あなたが折れるよう言われるだけです。

    この件はこれで終わりではなく、社会問題として提起していただける事を望みます。

  14. toshihiro のコメント:

    時々、おつるさんコールのデモ行進に参加してる者です。
    今回は本当に心強い裁判結果です。
    ご苦労さまです。おつる氏には希望の匂いがします。
    応援しています。

  15. ピンバック: 【対談申込み】有田よしふvs小坪しんやin行橋・夢のカード実現か?【見たいと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  16. ピンバック: 【拡散】辻元清美と民進党が大ポカ、党HPにて自爆の活動報告【呆れたらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です