【拡散】北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日~16日【拉致被害者全員奪還】


 

 

国家とは、国の家と書きます。
我が国の国民が不当に拉致された。
これを取り戻せなくて、何が国家であろうか。

めぐみさんは、日本人なんだと自分に言い聞かせるように一生懸命に君が代を歌ったそうです。
金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮工作員から聞いたとして、めぐみさんのご両親が語ったそうです。

12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたい。

なぜ君が代を歌っていたのだろう。
我が国を思い、我が国の国家を歌っていたのではないでしょうか。

日本人さえも忘れてしまえば、この問題は「存在しなくなる」でしょう。
そして、その時こそは、国家としての日本が存在しなくなると私は考えています。

毎年、この記事を書くたびに虚しさに襲われる。
拉致問題の解決とは、拉致された被害者を「取り戻す」だけでは足りない。
真の意味で「救い出す」とは、引き離された家族と会うことができたときだ。待っている人に会えたとき、止まってしまった家族の砂時計が動き出したとき、初めて解決と言えるのだ。

帰国を待つ家族らも、複数名が鬼籍に入っている。
「日本に戻りたい」という言葉は、戻りたい場所は、家族なのだと思う。
もう会えない人だって、いるんだ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12351082_953294561408095_467412368_n

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

日本人なんだと自分に言い聞かせるように

以下、愛娘を拉致された両親が語った言葉です。
(過去の記事ゆえ年齢などは違います。)

(前略)
北朝鮮工作員によって北朝鮮に連れ去られた横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親らが参加。北朝鮮で祖国を思い、日本の国歌である「君が代」を歌っためぐみさんの様子が明かされた。

(中略)

「日本人なんだと自分に言い聞かせるように」
めぐみさんの北朝鮮での生活の一端を明らかにしたのは、めぐみさんの母、早紀江さん(79)。平成22年に来日した大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮工作員から聞いた話として紹介した。

(中略)

「久しぶりに会うものですから、気まずくてみんなが黙りこくっているもので、『何か歌を歌いましょう』ということになって、『めぐみちゃんが歌を歌ってくれました』ということでした。その歌は何だったと思いますか?」。会場に早紀江さんは問いかけるように話し、「めぐみは一生懸命に君が代を歌ったと聞きました。『私は日本人なんだ』。それを自分に言い聞かせるために君が代を一生懸命高い声で歌ったのだと思います」と続けた。

(後略)

産経新聞:「横田めぐみさんは君が代を歌っていた」 金賢姫元工作員が明かした衝撃の新事実 母・早紀江さんの眼に涙があふれ…

 

産まれた祖国が、
日本が、助けてくれると、信じている。

年を召されたご家族も、拉致された被害者も。
日本が、国家としての責務を果たせるものと、信じてる。

私は、日本の政治家として、日本の国民を信じている。
あなた方、一人一人がこの問題を自らのことと認識し
忘れず、声を挙げ続けてくれると信じてる。

これができなければ、我が国は、国家ではない。

 

 

 

政治家の在り方
以下は、私の拉致問題への基本スタンスである。
そして「政治問題」ではないと考えています。

政治分野とは「議論を要する」ものであり、例えば外交などが含まれます。
政治分野以前の「ただの犯罪」であり、問答無用で、国家はこれを救うべき、それ以上でも以下でもありません。

 

拉致問題は、政治家の基本
ここにはイデオロギーも何も関係ありません。
イデオロギーだとか政治問題だとか言う者は、「北朝鮮を利するための者」か、我が国に法律が制定されていることを知らぬ無学な者かだと認識します。

私は、いまだ青いバッチを胸にし続けることが、実は本当に重たい。
あのバッチは重たいのです。。。

すべての政治家は、日本国民に対し責任があると考えています。
国会議員のみならず、国民を護るという意思・思いは、すべての政治家の責務です。

 

国家とは。
国家は、国の「家」と書きます。
国民とは家族のようなもので、我が国に鑑みれば、天皇陛下を家長となした家だと思います。
難しい、神学論争のような国家観ではなく、私の認識している感覚であります。

大事な家族が、誘拐されています。
主権国家である我が国は、この横暴、テロ行為に対し毅然と立ち向かわねばなりません。

 

想像してみてください。
貴方の家族が、どこかのならず者にさらわれました。
取り返そうとしませんか?
警察に通報するでしょう?

生きていることがわかっているのに
なのに、取り返せない。

想像してください。
娘が、息子が、誘拐されて何十年。
妻が、旦那が、誘拐されて何十年。
兄弟、姉妹が、誘拐されて何十年。

 

心中を思うに余りある。
元気でいるだろうか、つらい思いはしてないだろうか。
気が狂うほどの辛さを、感じている国民がおります。

国家という考えで論じれば
私たちの家族が、貴方の家族が、
大切な人を不当に誘拐され、苦しんでいる、何十年もです。

 

政治家として、恥ずかしい。
このような基本中の基本が、、、
いまだ解決されず、残ってしまっていること。

青いバッチを今日も胸につけること。
そして恐らくは明日もつけざるを得ないこと。

保守層においては、ブルーリボンバッチをされてるんですね!と賞賛の声すら聞こえる。
あれは、本当は誉められても嬉しくはないものなのだ。
早く外してしまうべき、拉致被害者を取り戻して。

あのバッチは、私たち政治家を縛るものである。
重たい、重たい、十字架である。

 

以下、そのくだりを演説させて頂いた動画です。
いまは(私の支持していない政党に属しておりますが)、拉致被害者を取り戻した元・大臣と、元・文科大臣、2名の元大臣の前で演説しました。

 

 

 

 

北朝鮮人権侵害問題啓発週間
以下、法務省より。

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう
 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的として,平成18年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 拉致問題は,我が国の喫緊の国民的課題であり,この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が,国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中,この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

 

 

拉致被害者救出へ~山口采希「空と海の向こう」~

 

 

 

 

 

地方議員としてできること

私が市議を務める行橋市では、すべての公立小中学校において、
全学年、全クラスにおいて、100%の上映を実施しました。
全国初の事例だと、拉致問題対策本部(内閣官房)によると、自治体単位で公立小中学校で100%上映が確認されたのは、初めてだそうです。

 

 

また、拉致担当大臣・文部科学大臣の連名で、通達も出されました。
これは、行橋の事例がきっかけになったと言われているもので、「ある件にて」複数の国会議員から協力を得ています。
その多くの議員から、私に関連するものだと言われています。

北朝鮮当局による拉致問題に関する映像作品の活用促進について(依頼)(平成30年3月7日付 閣副第78号 29文科初第1576号)

 

 

あまり恰好の良い話ではなく、当議会での執行部答弁において、問題だと感じられるものがありました。
救う会福岡が抗議し、全国的な問題に発展していったあの件です。

詳しくは、私自身も著者として正論に寄稿させて頂きました。

 

 

100%実施になる以前においては、国も予算編成という形で対応をとっています。
地方議会の議事録をベースに、自らも記者会見に臨み(救う会の西岡会長とともに。)、それを事業にまで昇華させることは、

地方議員としては、ちょっと限界値だったと思います。

 

 

 

私は、確かにちょっと派手な動きだったかと思いますけれど、

言いたいのはシンプルでして、それがどういう現場であれ、

日本人として忘れてはならぬ、ということです。

 

 

 

拉致問題を「政治分野」などに引き込もうとした例は、枚挙に暇がありません。
拉致は決して政治分野の話ではなく、北朝鮮という、国家もどきによる犯罪行為です。
我が国は主権を侵害されているわけであり、これは侵略行為と述べることが正確だと考えています。

誘拐したヤクザと交渉することが、政治なのでしょうか。
私は、まったく意味がわかりません。拉致は、政治や外交分野の話ではない。

以下、私が許せないと思った事例、過去における活動を列挙させて頂きます。

【拉致問題】保守議員の街宣活動に対し、中指を立てた者

【TBS】悪役の政治家にブルーリボンバッチ!拉致問題への印象操作か?【許せないと思ったらシェア】

『拉致被害者全員奪還とは名ばかりのヘイトスピーチ活動』なのか?

 

この点に関しては、大手企業からの足並みを揃えた対応をもって、一応の成功を見せたと認識しております。
今後の偏向報道への抗議手法を検討する観点からも、重要なデータであると認識しております。

※ 市議単独による大企業群に対する攻勢データとして利活用された。

【拡散】メディアがネットに屈した日?スポンサー回答一覧【TBS・ブルーリボン問題】

 

私なりの、拉致問題への認識・スタンスは以下にまとめております。
少し長いエントリですが、興味のある方はお読みください。
国を憂う~拉致問題に関して思うこと。

 

 

 

国家とは、国の家と書きます。
我が国の国民が不当に拉致された。
これを取り戻せなくて、何が国家であろうか。

めぐみさんは、日本人なんだと自分に言い聞かせるように一生懸命に君が代を歌ったそうです。

 

12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたい。

日本人さえも忘れてしまえば、この問題は「存在しなくなる」でしょう。
そして、その時こそは、国家としての日本が存在しなくなると私は考えています。

 

拉致問題の早期解決を願う方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散等、一週間の啓発週間を(web上だけでも構いませんから)共に行動して頂けるよう、お願い申し上げます。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

9 Responses to 【拡散】北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日~16日【拉致被害者全員奪還】

  1. 師走の名無し のコメント:

    おはようございます。
    拉致被害者家族の方々の事を想いますと胸が張り裂けそうです。また、これら当時拉致に関与した実行者、幇助者、一つでも何か関わった者、政治家の方々(とくに土井くん一派)、何事もなく済まされないはずですよ。各省庁に巣食う反日に勤しむ方々に注意喚起しておく、この世には因果応報があることを、、、。

    さて、米国ホワイトハウスにて気になる署名事案がありますので紹介します。また、期日は12月14日で10万人分集まれば検討されるようです。

    小坪議員の本日の投稿とは趣旨がずれますが、日本国内に巣食う悪を外圧でプレッシャーをかけるには丁度よいかと思います。期日が迫っておりますのて、是非とも読者の皆さん署名ください。

    The Japanese people want an investigation into the Japanese government.

    日本人は日本政府の調査を望んでいます。

    The Japanese government’s refusal to disclose the nationality of its politicians and draft a spy law, which the Japanese people have repeatedly demanded, calls for an investigation into the possibility that spying is already widespread.
    Policies are in place that favor foreigners over the Japanese. They refuse to listen to the voice of the Japanese people. The Japanese government has a kinder policy towards anti-Japanese education in Korea and China.

    ttps://petitions.whitehouse.gov/petition/japanese-people-want-investigation-japanese-government

  2. 波那 のコメント:

    アメリカがトランプ政権になってから朝鮮半島近海に空母打撃軍を展開させて拷問によって植物人間にされたワームビアさんと米国籍の韓国人四人の拉致被害者を取り戻した事はまだ記憶に新しい事です。この事が示しているのは北朝鮮のようなヤクザな国から拉致被害者を取り戻すには明日にでも北朝鮮を滅ぼせる圧倒的な軍の威嚇を示す事でしかないと言う事実で、取り戻すと言う意志だけでは事態は前には進まないと言うシビアな現実に日本が向き合おうとしない、国家の威信を持たない国だと言う事です。

    戦前の日本は国家の威信を持つ事が出来た立派な誇れる国でした。陛下の御命令によって例え数人の漁民であっても軍は日本人を救い迎えに行きました。

    🌟ひうらさんの思い出 (帝国海軍は断じて同胞を救う) 

     北朝鮮による邦人誘拐問題はさっぱり進展しませんが、この点でも昔の日本の方がしっかりしていたものです。

     日本海軍は北洋警備-北洋漁業保護の為に、最旧式駆逐艦を以て編成する駆逐隊の一隊(定数四隻 司令は大佐または古参の中佐)を毎シーズン派遣しておりました 国民性なのでしょうか、ソ連は昔から露骨な国で、我が駆逐隊が漁業海域に到達し警備任務に就くや、日頃横暴なるソ連艦艇も、途端に猫の如く大人しくなりました だから駆逐隊は毎度漁民から熱狂的大歓迎を受けたものですが、必要に応じ、戦隊若くは艦隊を神速に派遣することも行われたようです  父の友人に「ひうらさん」という越後人がありました 生きて居られればゆうに百歳超えましょう 明治の御代に雪の越後を後にして、刻苦勉励、数多辛酸を嘗め、戦後は小金持になり、銭湯など経営して世を終えられました この御仁が、大正の末か昭和の初め、蟹工船に乗組んで北洋漁業に従事していた時の話です 氷濤の中、果敢に操業していたある日、突然ソ連の警備艦艇に謂れ無く拿捕され、乗組員一同、ウラジオに連行、抑留されました 此処までは今日と同じです  

     取調べは惨たらしいもので、生きて再び日の目を拝めるかと思った程だそうです ありもせぬ犯罪事実の自白を強要され、半殺し状態で朝を迎え、再び鉄格子の中から引き出されました いよいよ殺されるかと半ば覚悟した途端、何故か赤魔(注:ロシア人の蔑称)官憲の態度が掌を返す如くに豹変し、捜査は打切り、無罪放免 ロシア紅茶まで振舞われてにこやかに釈放するではありませんか 解き放たれたひうらさん達は警察署だか獄舎だかの外へ出ました 天然の港町なら大概、地形的に港へ向って傾斜し、海側の眺望が開けているものです、半信半疑のまま、ともかくも港へ向かおうとふらつく脚を海へ向けました その瞬間、何故、助かったかが判りました  沖には日本海軍の大艦隊が間近く展開し、旗艦たる巡洋艦以下、各艦砲身を陸に向け、砲門を開き、その強大な攻撃力は毎分幾百幾千発ぞ 陛下の赤子にかすり傷だに負はせなばウラジオストックそのものを消滅させんばかりの圧倒的武威を以て、ソビエト社会主義共和国連邦を威圧してくれていたのです 旭日の軍艦旗の何と美しく、浮かべる城の何と頼もしかったことでしょう 皆、感泣しました 鋼鉄の艦体に頬ずりしたい思いで‥‥  ひうらさんは無事、日本に帰りました 取るにも足らぬ漁舟の、僅かな人数の乗組員の為に、大国相手の戦争をも辞せず、瞬く間に艦隊を繰り出して救出してくれた祖国日本の親心に酬いる為にも、なお一層仕事に励み、三代の御代(注:明治、大正、昭和)を生き抜き、東京都江戸川区小岩の自邸で、四半世紀ほど前に大往生を遂げられました 勤倹貯蓄、関東大震災の前の年に買ったという革靴を、靴底だけ張替え張替えして生涯穿き続けました「贅沢をする金があったら海軍に献金でもせい!」

    上記の引用は、以下の口語文サイトをコピペ
     http://d.hatena.ne.jp/usi_no1/20040523
      ⬆
    何か都合が悪い事でも有るのでしょうかね。上記サイトは削除されていました。

    思い出すのはイラン・イラク戦争が勃発した時に日本は自衛隊機を海外に派遣出来ず、民間航空機も飛ばせずにいた時にトルコ人のパイロットがイラクの領空を飛ぶ飛行機は撃ち落とすと宣言された後に日本人を救いに行ってくれたことです。しかも100年以上も前の紀州沖で台風で遭難したエルツール号の乗組員を救ってくれたと、トルコの国民が恩を忘れないでいてくれたからでした。

    🔻日本とトルコ 125年の友情
    1890年の遭難から1985年のテヘラン ふたつの救出劇 つないだ絆
    http://mainichi.jp/sc/kainan/

    軍隊を持てない自国防衛を自前だけでは出来ない事は恥ずかしくて哀しい事なのだと日本人は何故これまで思わずに来れたのでしょうか。日本国民が意識を変えないなら政治家達も動きませんよ。

  3. やましろや のコメント:

    >12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」

    全然知りませんでした。
    日本政府の発信力のなさの結果ですかね。
    今だに「知らしむべからず、依らしむべし」という発想なのでしょう。

  4. 基本ROM専 のコメント:

    拉致問題が解決しない根本的な原因は、国民の多くが他人事という認識でいる事だと思います。
    肌感覚ですが、そのように感じます。改憲も然りです。国民が目先の事しか眼中に無いのです。

  5. 福岡 秀憲 のコメント:

    北朝鮮人権侵害問題啓発週間
    (法務省!仕事したつもり?総連の法務処理は!)

    いつの時代の政権であれ、拉致問題を掲げなければいけない!
    半島の影響力の強い広告代理店、TV局が「忘れさせよう」とし、伝統的左派も「無かった」ことから「騒ぎ立てない」に変更しているわけです。

    他の政権批判プロパガンダ並みに報道すれば、国民がもっともっと関心を高め、それに基づく外交をようやく政府が取れるのでしょう。(外交は世論だ!)

    でも、自民党政権も安倍政権ですら…
    障害や外交問題…なんて言い訳です。

    すべての自民党代議士が「拉致問題解決」をお題目でなく、強硬に常には発言していない事実があります。

    個人的に国家と認めることのできない朝鮮半島南部にある国家?の代議士は、事実に反することでも声高に発言しまくっています。
    北の方の国家らしき最高尊厳の妹キシリア閣下に似た方も、南の外務大臣を堂々と批判しています。
    事実で無いことでさえ強硬に発言するような相手に、事実をしっかり発言することに何の問題があるというのでしょうか?

    「大人な態度?」「ミサイル?」うんざりです…
    外務省的には発言しているつもり?…馬鹿か!

    拉致家族の心にはミサイル以上の攻撃です。

    無関心を装い、自分が傷つかないようにする人を「卑怯者」と言います。

    自民党の議員である小坪議員のブログコメント欄ではありますが、現政権与党自民党内にいる「卑怯者」こそ敵であると考えます。

    野党(一部は除く)などは所詮……

    本心から思っていることですが、怒りで冷静さを欠く表現かもしれず、気を悪くされた方にはお詫びします。

  6. 支寒内 のコメント:

    国民を守るのは政治家の仕事です。政治家が自分で実行できなくても、そこまでの道筋をつけて結果を出すのは政治家の仕事です。(外務大臣はブルーリボンバッジを付けていないとか、ネット情報が・・・)
    人権に無関心な独裁者に対して「人権が~」とか言っても、カエルの面に・・でしかありません。
    拉致された人を取り戻すのは、実際には誰が動くのですか?
    「帰してくれ」と言って返してくれる相手ではないのは、国民はみんな知っています。
    「北に囚われた人たちは”いつ”帰って来るのでしょうか?」という問いにきちんとした答えを出す(出せる)のは、一体どなたでしょうか? それが知りたいです。

  7. 常磐本線 のコメント:

    K団連は、世界人権日を啓蒙する荷駄なんてほざいていますが・・・・・・
    グローバルの要員には、大兆銭も手下の半島兆銭も必須なんでしょうかね・・・・・・

  8. suzuki のコメント:

    日本のマスコミは中国のスパイ(工作員)により洗脳され一部のマスコミしか報道されて居ない。
    例:TV関係ではNHK,朝日、TBS他チュ方局、新聞では朝日、毎日、沖縄新報、信毎、地方新聞
    大学では45大学の中国軍関連大と協定まで結ぶ輩の行動が目を疑ざるを得ない、大学名を公表すべきだ。又、日本人は中国人に戦争で悪いことをしたとひたすら誤り続けたことで中国人は良いことにスパイ活動がし易くなった事でしょう。中国人は外国へ出ても国籍は中国です、それを日本では帰化させるとか声高らかに云っている議院もおりバカ丸出しです。それと、若者が中国人と結婚している様ですが結婚すれば男も女も中国人と見なされるので結婚だけは止めて欲しい。本人が口では関係ないと云うと思いますが習近平指導部は許しません。それが共産党です。しかるに今立憲民主党で活躍している蓮舫議院は台湾国籍は除籍に成っていますが中国国籍は除籍されていません。議員さんは外国の憲法をもっと良く勉強してくれ。
    以上のように、拉致問題、沖縄県の基地問題、前政権の桜を見る会、等重箱の隅をつっつく様な事ばかり騒いでいますが本題は改憲でスパイ活動禁止法案、外国人への不動産売買禁止法案、拉致問題等を掲げ禁止した方が賢明です。

  9. kidokazu2 のコメント:

    #行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也市議#全拉致被害者即時一括帰国#拉致被害者全員奪還#拡散希望#憲法改正反対!現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!#六四天安門#武漢肺炎#拉致被害者竹島北方領土奪還

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください