【外国人の扶養控除③】国会議員への陳情・添付資料2)


 

日本国民と在留外国人の扶養控除及び各種給付における不公平の是正 並びに日本国民の雇用回復・ワーキングプアの解消に関する陳情 (添付資料1)に引き続き、問題点の列挙を続ける。

前項においては、外国人の生活のイニシャルコストが日本人に比べ格段に安価なことを提示した。
扶養控除の制度に問題があることを示した。

「前項の簡易まとめ」を読まれる方はクリック。
大幅な差が出てきてしまった要因として「非課税世帯」の問題を挙げた。

地方自治体が有償で行う各種行政サービスは、所得に応じて増減・減免されるのが常であり、その中でも非課税世帯となると凄まじいまでの減免が実施されるためである。
生活実態としては非課税世帯ではないにも関わらず、これらの行政サービスを安価に受けることができることにより、大幅な格差を生じている実態を指摘した。
同様に付随する各種の問題点を順に列挙した。

(前エントリ:【外国人の扶養控除②】国会議員への陳情・添付資料1

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

外国人の扶養控除(図表)

日本国民と在留外国人の扶養控除及び各種給付における不公平の是正
並びに日本国民の雇用回復・ワーキングプアの解消に関する陳情 (添付資料2)より。

それでは、前エントリに引き続き、問題点の指摘を継続する。
下記は、基本的に国会で陳情に用いた添付資料の原文ママである。
(ブログに直すにあたり難解な用語を書き下す、誤字修正等を行っている。)

 

▼日本人中小企業経営者への差別 ~ 中小企業の税制への悪影響
家族経営などで運営される企業の場合、経営者(もしくは配偶者)が外国人であった場合、同一条件の企業であれば日本人の中小企業のみが一方的に敗退してしまう。人件費・役員報酬として処理し本制度を多用すると、日本人経営者に比較して多大な税制上のメリットが生じるためだ。乱暴な言い方をすれば、倒産しにくいと同時に利益率がすこぶる良い。
この条件下であれば、法人であげた利益を個人に還流する効率が高いため、増資・投資、広義では原価にまわせるウェイトが相対的に増える。
仕入れ原価が商品品質に多大な影響を与える飲食業界、同じ商品代金を支払ったとしても原価に多くを割けることにもなる。言い換えれば、外国人経営の焼肉屋のほうが美味しくなる。

 

▼日本人の低賃金化 ~ ワーキングプアの量産
外国人のみは、生活のイニシャルコストが極めて低く、同一労働・同一賃金であっても日本人比で月額5万円近くも安く求職できることになる。よって製造業を始めとした、ある意味でのセーフティネット、日雇い労働等の単価が不当に押し下げられていく実態がある。不当に押し下げられた賃金により、厳格に徴税を受ける日本人のみはワーキングプアに転落してしまう要因となっている。

 

▼外国人労働者を安く使うための扶助に転用 ~ 大企業のみが利益をあげる
地方自治体の福祉予算を原資とし、賃金を押し下げるための生活扶助費に転用されている構図にある。各種セーフティネットにフリーライドできる外国人は生活できる、大企業も人件費を抑えることができる。しかし日本人の目線から見ると、賃金は不当に押し下げられるておりデフレ脱却を困難にする要因となる。

 

▼国の制度の瑕疵 ~ 地方自治体の徴税権の侵害及び福祉予算の圧迫
本問題は国税(確定申告)等に起因するものであり、地方自治体ではどうしようもない。国の制度の瑕疵であることは明白であり、実態調査のみならず直ちに改善する必要がある。
(注1 瑕疵(かし):法律上の欠点や欠陥)

※特記
以下のくだりは法曹に明るい者に対しての書き方となっている。
可能な限り簡便な書き方としたが、一般向けに用意した言葉ではない。
立法を司る国会議員らを対象にした直接陳情であるため、専門性を匂わせる、言い換えれば正統性を主張する必要があった。
謝辞:また本項目に関しては、士業(有資格者)の友人より多大な支援を頂いたことを付記する。
(氏名については公開許可を得次第、ここに敬意をもって紹介する。)

1 課税の適正の確保
課税の現場において、日本国民と在留外国人の格差、つまり不公平が顕著となっているため、その是正措置を求める。すなわち、現行の法令及びその運用主体たる政府並びに地方自治体において、制度上、予算上又は人員上の制約若しくは瑕疵により、結果的に在留外国人への過剰又は不適正な優遇状態が生じており、実質的に地方自治体の徴税権が侵害されている。
具体的には、市県民税及び国民健康保険税(料)の減免事由たる扶養控除制度等が悪用されていることによる課税の不公平の発生であり、その是正、つまり課税の適正化を確保するための制度的、予算的及び人員的な措置の実施を直ちに求める。

2 各種給付の適正の確保
前述の課税上の不公平が放置されてきたことにより、本来なら不支給又は支給停止とすべき事由の存する在留外国人にも、生活保護、児童手当その他の各種給付が実質的に無条件で支給され、政府及び地方自治体の財政を圧迫し続けているため、その是正、つまり各種給付の適正化を確保するための制度的、予算的及び人員的な措置の実施を直ちに求める。

3 日本国民のワーキングプアの解消
前述の課税上の不公平及び各種給付上の不公平が放置されてきたことにより、国民、特に若年層は、在留外国人と比べ、収入・支出の両面で不利益を受けている。具体的には、同一労働同一賃金であろうと、日本人のみの世帯と在留外国人を含む世帯では、徴税される額と給付を受ける額の差が、年間で数十万円あるいはそれ以上となり、これが日本国民のワーキングプア現象の要因の一つである。3これをさらに放置し続けると、①デフレの悪化、②少子化の促進、③職業技術の途絶、④景気後退、⑤外国排斥気運の激化といった負の連鎖を量産するのは自明である。
実質的に無条件で支給され、政府及び地方自治体の財政を圧迫し続けているため、その是正、つまり各種給付の適正化を確保するための制度的、予算的及び人員的な措置の実施を直ちに求める。

 

結論
国の制度の瑕疵により、地方自治体の予算を原資として外国人の生活扶助を行っている構図にあり、結果として労働単価を不当に押し下げてしまっている。困窮者を救うためのセーフティネットが日本人イジメの原資として運用されている実態にある。

各種減免処置に容易にフリーライドできる外国人と異なり、厳格に納税せざるを得ない日本人のみは生活に困窮していく結果となり、デフレ脱却を困難にしてしまうのみならず、少子化にも大きな悪影響を及ぼすことは明白である。

会計検査院が本問題を要求した今こそ国政がこれに呼応することで、不公平な制度の改善を行うことが強く求められている。

上記をもって、陳情書に添付した「資料1」「資料2」の紹介と解説を終える。
次項においては、実際の陳情書の原文の紹介、及び国会議員へのアプローチ、議会工作(多数派工作)について解説と紹介を行う。

やや難解な用語もあったかと思う。
お詫びする。
これが政治家である。
政治家が自ら生き様を文字に投影した姿である。

現場において、実力行使、紙で殴り合う戦闘の一幕である。
当然「書き下し」に過ぎず、実物はより難易度が高い。
政治家は誰でもできると言われるが、私も政治家の端くれである。

問題点の指摘、で終えることが許されるのであれば、政治家を名乗ることはできない。
私の座右の銘は「闇を語り、光を示す。」である。

問題点の指摘は行うが、それのみで終われば暗くなる。
私は終末論者になるつもりはない。

一筋でよい、政策という光を示したい。
私は、政治家である。
誇りある日本の、一人の政治家である。
【座右の銘】闇を語り、光を示す。政治家の在り様。

良ければ以下もお読みください。
【支援要請】戦うための、武器をください。

身の安全の保障(割と本気で、です。)する意味もございます。
規模と影響が大きすぎます。
別項で紹介しますが「外国人はこんなに安い単価でも働いている。日本人はなまけている。」という経団連の論法が通じなくなるためです。

外国人の労働単価を不当に低下させ、人件費を大きく抑圧して根源であり、ここへのメスを市議が入れることには多大な危険が伴います。
(説明を聞けば納得かと思います。)

拡散やRT、FBでのシェアを強く強くお願いします。
注目を集め、発信することで本問題解決の一助としたいのです。
協力をお願いします。

↓外国人への優遇施策より「日本人をしっかり守れ!」と思う方は以下をクリック。↓
↓私を守ってくださる方も、以下をクリック願います。↓

関連記事
【外国人の扶養控除②】国会議員への陳情・添付資料1
【外国人の扶養控除①】会計検査院、外国人の扶養控除制度の見直しを財務省に要求!「扶養する家族が多すぎて控除額が高くなり所得税ゼロが多数」


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【外国人の扶養控除③】国会議員への陳情・添付資料2) への14件のフィードバック

  1. ピンバック: 【外国人の扶養控除②】国会議員への陳情・添付資料1 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  2. ピンバック: 【拡散】日本国民と在留外国人の扶養控除及び各種給付における不公平の是正 並びに日本国民の雇用回復・ワーキングプアの解消に関する陳情 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  3. ピンバック: 【許せないと思ったらシェア】自衛隊に対する左翼のやり方【がんばれ!自衛隊!】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  4. ピンバック: 【拡散希望】「在日特権・外国人特権」の公的証明(ソース不定とは言われません。) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  5. ピンバック: 「【感謝】保守速報に掲載されました! | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  6. ピンバック: 【外国人の扶養控除④】漫画でわかる、外国人の扶養控除の問題 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  7. ピンバック: 【応援したいと思ったらシェア】御嶽山における自衛隊の活動・左翼の自衛隊への横暴【許せないと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  8. ピンバック: 【外国人の扶養控除】国の行政機関たる会計検査院が正式に存在を証明(正式な調査結果) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  9. ピンバック: 【外国人の扶養控除】税理士の実態(画像公開) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  10. ピンバック: 【外国人の扶養控除】税理士の実態③地方議員の怒り、税理免許を剥奪せよ! | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  11. ピンバック: 【ネットの歴史に刻む。】国家を動かす、ちょっとだけ。これからのネット保守活動への提言 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  12. ピンバック: 【外国人の扶養控除】税制改正大綱についての解説②(地方税分野) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  13. ピンバック: 【祈・必勝・黒田大輔】激戦を潜り抜けてきた、即戦力のロビイスト(新宿区議選) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  14. ピンバック: 【外国人の扶養控除】外国人らの扶養控除制度の見直し訴え 7割が所得税「ゼロ」 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です