【座右の銘】闇を語り、光を示す。政治家の在り様。


私の座右の銘は
「闇を語り
 光を示す。」
であります。

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

<闇を語る>
各種諸問題をわかりやすく発信する。
これが闇を語る、であります。
しかし、これだけで終わっては、ただの終末論者であります。誰でもできる。
ゆえに後段があります。

<光を示す。>
これができて、初めて政治家です。
「問題はある、しかしこのやり方でどうにかします。」と。
政策をもって、一筋でいい、光を示す。

これが政治家の在り様です。
選挙に勝てば、議員にはなれます。
それをもって政治家になれたわけではありません。

モニターの前の貴方が、もし私の中に、希望を見出してくださったとしたら。
その思いを持つ者がいて、それで初めて私は政治家であれるのです。
誰かに希望を与えることができて、それで初めて政治家と名乗れるのです。

政治家とは、
政策をもって、
行動をもって、
実績をもって、
一筋の光を示すもの。
終末論者になど、なるものか。

↓政治家よ!光を示せ!と思った方はクリックを!↓

いま一度、胸に刻もう。
座右の銘。

これからしばらく「救いのない話」もせねばなりません。
光(政策)を併記したいのですが、いまはございません。
そして、、、少し泣き言になりますが、到底、思いつきそうにもありません。

つまり「闇を語る」フローになります。
光を、私はまだ持っておりません。
事実を伝える、現実を直視する。
そういうフローでございます。

どんなに辛くとも目をそらすことは許されない。
皆様はよくとも、私には許されないのだ。
辛くとも、辛くとも。

光を持たずに、闇から語る、
これは好きではないタスク。

もちろん、
光は今から考える。
絶対に、小さくともいい、絶対に考えるんだ!

その思いをこめて
いま一度、座右の銘を刻む。

私の座右の銘は
「闇を語り
光を示す。」
であります。

 

 

↓何か思いつくんじゃないか?という期待をこめてクリックお願いします!↓


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【座右の銘】闇を語り、光を示す。政治家の在り様。 への4件のフィードバック

  1. ふぅ のコメント:

    心折れないでください。いつも応援しています。
    そしていつの日か国政に出て下さい!!

    • 小坪しんや のコメント:

      ふぅ 様

      ありがとうございます。
      心は簡単には折れませんよ。

      何度も辛酸をなめてきました。
      そんなにヤワじゃありません。

      ただ、ちょっと暗いことも書いてしまうかもです。

  2. ピンバック: 【外国人の扶養控除③】国会議員への陳情・添付資料2 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  3. ピンバック: 【我が国には主権がない。】小笠原にミサイル一発、撃ち込めない。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です