自衛官の心を、殺す者たち【人でなし】


 

 

「人でなし」

このような言葉を、他者にかけることは誉められたものではありません。
政治家として公開の場に書くことは、いくばくかの申し訳なさもございます。
しかし憚りながら、、、私はこの言葉で書き始めたいと決断したのでございます。

この人たちは、人でなし、です。
私にこの言葉を吐かせたのは彼らであるし、
そしてそれが適切でないと言うのであれば、
それこそ言葉狩り、言論弾圧ではないか。

何度か紹介した「あのデモ」ですが、
主催団体等を「特定」しましたので、ここに公開させて頂きます。

どう思いますか?
私は、人の心をもたぬ奴だと思いました。

許せないと思ったらシェア。
おかしいと思ったらRTしてください。

 

重要
【翁長県政の倒し方】日米外交に直結、沖縄選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

自衛官の心を殺す者たち
人なんだよ。
自衛官も、人間なんだ。

家に帰れば、家族もいる。
愛する恋人、大切に思う親もいる。

制服を身にまとえば、国家・国民を守るため、
私心を殺しているとは思うが、それでも彼らも人なんだ。

どうして、それがわからない?

 

g

 

 

 

 

a

 

 

 

デモの正体

当該デモは二種あり、ひとつ目は 「9.1東京都・目黒区総合防災訓練反対行動」であり、
中目黒の船入場公園で行われたデモ、及び付随する監視行動になります。

日付:平成24年9月1日
主催:自衛隊・米軍参加の東京都・目黒区総合防災訓練に反対する実行委
動員:65人(左翼系ブログより)

信じらぬことでありますが、東日本大震災以降、翌年の行動であります。

関連ブログ
虹とモンスーン? 報告: 9.1東京都・目黒区総合防災訓練反対行動 [魚拓]

 

もう片方は、以下のANNのニュース(50秒)動画をご覧頂ければわかるように、平成24年6月12日のレンジャー訓練への反対活動です。

レンジャー部隊が都の市街地に 42年ぶりの行事(12/06/12)

 

 

 

彼らのしたこと
僅か20名の訓練生に対し、しかも長い行軍訓練を経ての、疲労困憊、ボロボロになった自衛官に行われた「蛮行」です。
アスファルトは土よりも足に負担がかかるため、23区を護る自衛官たちに課せられた過酷な訓練でした。
その状態で行われたのが、下記です。

 

a

 

忘れられぬ句があります。
コメント欄でも頂いたので、ここに紹介させて頂きます。

ランドセル負いたる遺体 抱きしめて自衛隊員泥沼のなか
(浦安市白石美代子氏 作)

 

 

 

憲法の保障する、権利
私は、このような活動に「反論できぬ自衛隊」に、
反論できぬことをわかってこのようなことをすること、許せません。
心を傷つけ、痛めつける以外の目的はあったのでしょうか。
甚だ疑問です。

何が言論の自由か。
ただの人でなしではないか。

 

「人でなし」に「人でなし」と言って何が悪いのか。
私はそう思ったのだ、思想信条の自由がある。
そして表現の自由が、私にもある。

 

憲法は、言論の自由を保証している。
だから何をやってもいいというのが、彼らの論法なのだろう。
それはそれでいいのだが「私にも権利がある」ことをお忘れではないか?

左翼のみが言論の自由を持つのか?
だったら憲法を変えてきたまえ、
「言論の自由はサヨクにしかありません。」と。
そうだ、この際、改憲路線にシフトしたらどうだ?

 

日本国籍を正当に有する私にはね、憲法で保障された自由がある。
私にも言論の自由はあるんだよ、
だから言ってあげるよ、人でなしと。

震災を受けて、翌年、自衛隊が行った防災関連の訓練強化を行いました。
それに対し、このようなことが行える神経がわからない。

そして自らのみは、「絶対に批判されない」とか
「正義の側にある」つもりなのだろう。
違う、断じて違う。

 

 

 

物言えぬ自衛官に代わり。
思想信条の自由があるだろうから、
(左翼の)君たちは、勝手に「正義の側」だと思っていればいい。
確かにその自由はあるのだろう。

しかし、私は「人でなし」と言わせて頂く。
正義のお面をかぶっても、悪魔の心が透けて見えると言わせて頂く。
君たちにも自由はあるが、私にも同じようにあるでしょう?

あなた方は、人として、最低です。
いつも「こども達」と平仮名でダシにしてくださいましたが
当時の子供であった私が、大人になった今。

勝手にダシにするな!ということを強く述べさせて頂くと共に
「子供を出汁にしまくった左翼に、まったく感謝などしていない。」
「国民を護る自衛隊にこそ、感謝している。」と述べさせて頂く。

日頃、守られる国民として何が恩返しできるだろうか。
許せないと思ったらシェア。
おかしいと思ったらRTしてください。
ひとつひとつの声は小さくとも、積み重ねれば世論を動かす。

物言えぬ自衛官に代わって
物言う政治家として、「おかしい。」と言いたい。

自衛官の心を、殺そうとする者たち。
私は彼らが許せない。

物言えぬ自衛官の心を傷つけるのであれば
こちらも左翼の心を折りに行こう。

 

(5分ほどの動画です。ご覧ください。)

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

 

 

我が国を命を懸けて守ってくれる自衛官には、
なんでもできるような気がしてしまうのだが、
実は、できないことがある。

悔しくても悔しいとは言えないし、
辛くても辛いとは言えないのだ。

私たちにしか、できないことがある。

 

 

 

自衛官の心を殺す者たち。

 

私を、貴方を、そして貴方の大事な人を

 

命を懸けて守る自衛官への尊敬と感謝を

 

示すべき時は、今だ。

 

それぞれの者が、

 

それぞれの立場で

 

なすべきことをなせ!

 

物言えぬ自衛官に代わり、

 

物言う国民の思い、伝えて頂きたい。

 

賛同して頂ける方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

24 Responses to 自衛官の心を、殺す者たち【人でなし】

  1. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    なんなの、もしかしてもしかするのかしら?
    うちの近くに駐屯地があるんだけど、何かあったらそこに逃げればいいかしらん?

  2. 五人の孫のジイジ のコメント:

    阪神淡路大震災の折は社会党バカ首相のおかげで助かった命を多く失った。身内がいたので自分も当日現地に行きましたがあまりの惨状に爆撃を受けたのかと思いました。今だったらすぐに自衛隊の方が出動してくれたと思いますが当時は1か月も立っての出動で、当のバカ首相も今頃に来てと、みんなに帰れと怒鳴られていました。しかし自衛隊の方はバカ首相の支援命令が出ない中、単独で救援をしてくれました。それまで自衛隊の方に対しての認識は低かったのですが今は感謝しかありません。その後も色々な災害救助での自衛隊の方たちの活動には本当に頭が下がる思いです。憲法9条を盾にしたニセ市民団体のこういった行動にはらわたが煮えくりかえる思いです。あの時は各地からの給水車に運転中多く会いましたが、ガンバロウ神戸の横断幕が張られていて涙が出ました。日本人の思いやりの気持ちを決して忘れずみんなで日本を守って行かないといけません。反日団体には負けないようにしましょう。

  3. 子猫 のコメント:

    阪神淡路大震災の時の秘話をいくつか青山繁晴さんが今月号の月刊HANADAに書いておられました。
    その中で車の渋滞で自衛隊の到着がどんどんおくれ、何とかして考え神戸港に護衛艦をつけて陸自を送り込もうとしたところ、労働組合の一部が反対してなかなか接岸できず、時間をかけて説得してやっと入港できた、というくだりがあります。
    刻々と人が亡くなっている中でさえそんなことを平気で言うとは信じられない思いがしました。何を考えているのでしょう…。

    私も身内に自衛隊関係者が多いため、このようなデモには腹がたつし、命をかけてくれる人に向かってこのようなことが言える神経がわかりません。
    ごく当たり前に自衛隊へ敬意と感謝が払われるよう意識を変えていくようにさらに周囲にも機会を作って伝えていこうと思います。
    しかし、私の周囲には自衛隊にこんなことを言う人はいないのですけどね…

  4. 波那 のコメント:

    サヨクって、どこにでも居ますよね。動員をかけられて出てくる一定数の人達。何故か年寄りが多くて団塊サヨクと呼ばれています。大体、学生運動していた人達でしょう。年を取っても迷惑でしかない人達。

    デモではありませんが、前に安保法制を野党が反対している時、駅前に行ったらちょうど街宣車から大音量で演説していてロータリーの周りにグルっと並んでいた人達は年寄りばかりでした。大音量でウソを撒き散らして言いたい放題
    。プチンと切れてしまってチラシを配りに来たオジサンに捲し立てたら「安倍さんと同じこと言ってる」と言われました。

    安倍さんと同じことを言います。自衛隊を憲法に明文化しましょう。憲法を改正して自衛隊の皆さんに日本人からの感謝を捧げましょう。サヨクと国内の特ア人と中国と半島上下が反対していること、嫌がることは日本にとっては良いこと、必要なことなんです。

    話は変わりますが、沖縄に行幸された両陛下への奉迎パレードが素晴らしかったです。動画で見ました。自衛隊の音楽隊が先頭をきって日の丸を振り赤い提灯を持っての長い行列パレードでした。天皇陛下、万歳!皇后陛下、万歳!日本国沖縄県万歳!と唱和しながら。

    日本国沖縄県、万歳??(^-^)/

  5. 日出処の天子 のコメント:

    放送法四条撤廃、放送自由化に向けて既存組織の足掻きともいえる反対声明が各放送局社主から挙がっておりますが、自衛隊の真の活躍の姿を、日本にとって如何に掛け替えのない存在であるかの実況、動画、活動記録、特に海外での命をも張った働き、活躍ぶりをつぶさに日本国民視聴者に届けてくれるような媒体を切に希望する処です。そうすることによって「人でなし」と痛罵する卑怯で愚かな似非日本人の異常さを認識し、自衛隊員諸氏対する深い理解と感謝が生まれることを期待したいですね。

  6. あかうお のコメント:

    自衛隊に嫌がらせしてる連中なんて、共産党か社会党の系列でしょ。
    民主党系は奴ら程熱心に自衛隊に嫌がらせはしてないけど、
    ただの便利屋くらいにしか思っていないでしょう。
    この春、知人の高校生が自衛隊に入隊が決まりました。
    昔から自衛官を目指し、防衛大学校に挑戦しましたが失敗。
    それでも夢を変えず一般で入隊。
    個人的にも自衛隊を応援する理由が出来ました。

  7. 名ナシ のコメント:

    共産党の吉良よし子が参加していたデモですかね?
    いずれにしろ社民党系か共産党のどちらかでしょうね。
    4月は富士山周辺の駐屯地の公開が毎週ありますが、
    この手の連中が潜り込んで粗探しに来るんですよね・・・。
    米軍のキャンプ富士で「子供に銃を触らせた」とかね。

  8. 月光仮面 のコメント:

    おいらの予測ですが 左翼が知っている事を 一般人は知らないと思うのです
    それは
    まず 今の自衛隊は国内で敵を迎え撃つ考えだと思います 上陸を阻止して海辺にて
    撃退する と言うのでしょうか これは 今までのチャイナだったら 近海までも
    やって来れなかった 陸自などはこの作戦をいまだに 用いていると思います
    でも 実際は 違うと思うのです その時はすでに 国内は内戦状態になる
    可能性があるのです 必ず 前線は壊れ補給もなく自衛隊は戦線を保持できなく
    なり 玉砕か退散だと思います この時の国内の敵が見えてくるのです
    この時 一般国民は誰が自分たちを殺そうとしているか見ると思います

    このパレード阻止を見るたびに 国内の治安は守られていないと実感します
    怖い事です 本当に怖いと思います これが 警察を今の2倍にする
    必要があると思うのです

    そして 敵がきて国民を殺し始める時に それを 守りたいと訓練しているのが
    自衛隊です この必要性を今の日本国民は おのれが 殺されかかって初めて
    知ると思います そう させまいと自衛隊は頑張っているのです おいらの
    知り合いと言うか幼馴染ですが 自衛官を退官した者が居ます お疲れ様
    でしたと声をかけた時 幸いお国に大きな貢献をすることなく終わりましたと
    言っていました そうなんです 闘う時がお国への貢献なんです命をかけてね
    それを この方たちは知っています 知っているから邪魔なのです それは
    ハッキリ言いますチャイナのためですね おいらは そう思っています
    これは 間違っていません そして もぅひとつ間違っていない事を言えば
    自衛隊が居なければ 今 この時 日本国内で この方たちとチャイナによる
    大虐殺がおきています これも 間違いないと思いますよ 日本国民の
    皆様 改憲をして この目論見を砕く必要があるのです そして
    チャイナ国民自体がこの体制を支持する以上 日本は日本を守る必要があります
    敵は この方たちと親チャイナ議員と左翼とチャイナだと思います
    親チャイナ議員につげます 世界はこの方向に進みますよ あなた方が
    それを続けている以上 国民の敵だと思います。

    • 月光仮面 のコメント:

      トランプ大統領が世界を導くかもしれません
      そう思っています 悲しいかな日本人は
      そうは出来ないと思いますよ
      トランプ大統領がチャイナを封じ込めなければ
      日本は終わりかもね それを 知っているから
      アメリカでトランプつぶしを行っているのかもね

      日本は一日も早く改憲をするべきです
      自衛隊を三倍 海保を三倍 警察を二倍に
      増強するべきです。

      それが この方たちから日本を守るたった一つの手段だと
      思います そうそう 今 みなさん 面白いものが見られるのですよ
      一生懸命の安倍総理をどこかのおバカが 後ろから足を引っ張る
      姿が見えるのです この前 石を投げつけている姿が見えていました
      二人ほど居るけど 大変に面白く拝見しています 安倍総理に
      改憲をお願いします。

  9. Tanaka のコメント:

    阪神淡路大震災をWikipedia参照し、以下を書きますが長文となりますので
    要点だけ先に。それとWikipediaの情報は参考までに、です。

    ・信頼性は別と考えていますが、当時の事を記憶だけで書くには危険と考えた

    ・当時は村山政権下であり、村山首相を責める意見が多数あるが
     安直に賛同はしかねる。

    ・災害や自衛隊の出動に関して、法整備が不足していた。

    ・村山首相は、有能とは言えない首相であったかもしれないが
     『わからない事は他者に一任する』だけの度量はあったので
     民主党政権時代の歴代無能有害首相と同列には扱えない。

    ・やはり大部分のマスコミが、マスゴミかつゴキブリのような不快さを齎している。

    大雑把には以上になりますので、以下は読み飛ばされてもOKです。

    ※Wikipedia情報より抜粋(改行位置は変えておりますが内容はそのまま
     但し、注釈については削除)

    防衛庁・自衛隊による一部マスコミ報道への反論

    発生から数か月の間の自衛隊報道については様々な内容のものが存在する。
    批判もあれば過度の期待をにじませた内容もあるが、一部については
    事実と異なるとして、防衛庁広報誌『セキュリタリアン』にて反論が行われている。
    下記に、同誌で否定された項目を列挙する。カッコ内は同誌が批判した
    報道(同誌は紙誌名の特定をしていないため、全て「某〜」といった
    表記になっている)。

    自衛隊のヘリによる消火活動ができたのではないか(各紙・テレビ・複数週刊誌等)
    自衛隊のヘリが、被災地上空を戦争気分で飛び回っている(某週刊誌)

    初動の段階でヘリコプターにより人員を(実際より)
    もっと被災地に投入できた(各紙)

    複数ヘリの撮影したビデオカメラを机の上に置きっぱなしにした、現地情報が
    東京六本木の防衛庁中央に全く上がってこなかった(某月刊誌)

    E-2C 早期警戒機を出動させるべきだ(某月刊誌)

    地震発生後、現地部隊が出動できる体制を執りながら、出動命令がついに出ず、
    防衛庁(および官邸)に部隊の出動命令発出の許可を求めても、「待て」の
    言葉しか帰って来なかった(某週刊誌)

    災害時に自衛隊の「自己完結性」が仇にもなりうる(某月刊誌、筆者は憲法学者)

    松島総監が、初動態勢が遅れたとされたことについて釈明会見(某人気キャスター)
    約20年前に、消防飛行艇の計画が省庁間の「縄張り争い」によって
    実現しなかった(某紙)

    (RF-4E について)偵察した情報をリアルタイムで電送により伝えられる
    (某週刊誌他)

    なお、「指摘した事項はほんの一部」と記事は結ばれている。

    ※個人的感想 –ここから–
     地震でAWACSを飛ばしても、火事場泥棒国家に対する警戒にしか使えない。
     戦争気分で飛び回ってる?ある意味正解だろう、眼下の景色を報道ヘリも
     見ているはずだが、何も感じなかったのか?
     自衛隊は、不足する予算・備品・装備&法整備の中を
     決死の覚悟で飛んでいただろう、ちゃんと眼下で何が起こってるか
     認識し、国に対し宣誓をしてしまっているのだから。
     文句があるなら、吉田首相の隊に対する演説を調べろ。

     「自己完結性」が仇にもなりうる?
     災害発生地において、自己完結性を持たない組織は有害だ。
     手持ち弁当で駆けつけて、自分で自分の尻を拭えなくてどうする?
     ボランティアはある程度、状況が落ち着くまでは邪魔だ。
     まあ、報道陣の方が遥かに邪魔だが。
    –ここまで–

    「官邸をはじめとする政府、国の機関はもとより、地元の行政機関、防災関連機関に
     とってもテレビ・ラジオが最大の情報源であった。国土庁が独自に情報収集手段を
     持たず、また関係省庁からの情報の集約を十分に行えなかったことから
     情報が官邸に十分伝わらなかったという制度上の問題点が指摘された。」

    ??阪神・淡路大震災教訓情報資料集[50]

    • Tanaka のコメント:

      (以下、引用。改行位置については上記のとおりの状況なので保証不可)

      二階俊博衆議院議員「(略)最初にお尋ねしますが、国家の
      最高責任者である村山総理は、17日の5時46分ごろ兵庫県南部で
      発生した震災を、いつごろ、どこで、だれから報告を受けられ、
      どのような対策を指示されたのかをお伺いいたします。
      なお、災害発生当日の総理御自身の御日程についても
      明らかにしていただきたいのであります。
      この際、この最初の総理への報告内容がいかなるものであったのかが
      重大な問題であります。
      当初これほど大きな災害に及ぶという認識に欠けていたのではないかとの
      疑問を抱くものであります(後略)。」

      村山富市内閣総理大臣「(略)私は、この地震災害の発生直後の
      6時過ぎのテレビでまず第一に知りました。直ちに秘書官に連絡を
      いたしまして国土庁等からの情報収集を命じながら、
      7時30分ごろには第一回目の報告がございまして、甚大な被害に
      大きく発展をする可能性があるということを承りました。
      この報告を受けまして、さらにその被害状況の的確な把握をして
      連絡をしてほしいということを要請するとともに、何よりも
      人命救助を最優先に取り組んでくれ、同時に、火災も
      起こっておりますから、消火に全力を尽くせということも
      指示をいたしたところでございます。
      10時からの閣議におきまして非常災害対策本部を設置いたしまして、
      政府調査団の派遣を決めるなど、万全の対応をとってきたつもりで
      ございます。(後略)」

      ??1995年(平成7年)1月20日衆議院本会議(代表質問及び答弁)

      • Tanaka のコメント:

        二階俊博衆議院議員「(略)災害発生時の事態の掌握の
        おくれが自衛隊の出動に大きな影響を及ぼしていると
        考えますが、県からの要請があろうがなかろうが、国土と
        国民の安全を守る崇高な任務を持つ自衛隊の出動について、
        タイミングや規模等について判断に重大な誤りが
        なかったのか、大いに反省の必要があります。
        と申し上げるのは、生き埋めの人が200名ばかりおるので
        直ちに自衛隊の出動をという新進党の国会議員の要請に対し、
        地震当日の朝、…の段階においては防衛庁幹部はこの事態を
        承知していなかったという重大な事実があるからであります。
        自衛隊の最高指揮官としての村山総理は、救援の
        初動活動において、人命救助最優先の立場から
        もう少し積極的なしかも迅速な指揮がとれなかったのか、
        悔やまれてならないのであります。(拍手)
        政治責任もあわせて、この際、総理の御見解を
        伺いたいのであります。高秀横浜市長は、…大都市の
        首長の立場から政府の危機管理体制の不備を
        指摘しておられますが、国民のだれもが同じ思いであります。
        村山総理はこれらの声をどのように受けとめ、
        みずからの責任の重大さをいかに感じておられるか、
        重ねてお尋ねをいたします。(後略)」

        村山富市内閣総理大臣「(略)次に、政府の危機管理体制に
        ついての御質問でありますが、災害発生時におきましては、
        関係機関に対する迅速かつ的確な指示が実施できるよう
        政府の防災体制をとっているところでございまして、
        自衛隊等の対応につきましても、発生後直ちに伊丹で
        第36普通科連隊が災害派遣を実施してきたところで
        ございます。また、災害対策を円滑に実施するため、
        地方公共団体に対しましても必要な指示や要請を
        行ってきたところでございます。
        しかし、今から振り返って考えてみますると、
        何分初めての経験でもございますし、早朝の出来事でも
        ございますから、幾多の混乱があったと
        思われまするけれども、いずれにいたしましても、
        防災上の危機管理体制の充実は極めて重要な課題であると
        認識をしておりまして、今回の経験にかんがみながら、
        今後見直すべき点は見直すこととして、危機管理体制の
        強化に努力をしてまいりたいと考えている
        ところでございます。(後略)」

        ??平成7年(1995年)1月20日衆議院本会議(代表質問及び答弁)

        • Tanaka のコメント:

          初動対処が遅れた原因として左翼的思想の影響も
          指摘された。批判で指摘されたのは、社会党の
          反自衛隊思想、被災地である兵庫県をはじめ
          京阪神地域が革新勢力の票田であること、社会党を
          支持している全日本自治団体労働組合の影響など
          である[56][57]。

          自治体組織の緩慢な初動の背景としても
          これらは指摘されている[58]。
          産経新聞は1月28日、1面コラムにて社会党が
          野党時代に自衛隊の廃止を誓ったことを挙げて
          批判した。国内の批判は日系資本の英字紙[59]や
          海外メディアでも伝えられている[60]。
          政治的スタンスと関連した形でも、村山首相にも
          批判の矛先が向いた。
          内容的には初動期を通り越して復旧に着手するまでの
          期間全体を対象としたもの[61]もあれば、自衛隊への
          出動命令や発生から数日のリーダーシップの問題に
          重きを置いた内容もある[62]。
          しかし、その後に発生した地下鉄サリン事件も
          踏まえ、5月頃には産経は首相官邸の当時の
          危機管理体制の不備として総括、結論付ける社説も
          掲載することとなった[63]。
          ただし地震発生当時の内閣は自社さ連立政権下にあり、
          日本社会党は自衛隊を合憲と認めていた。
          また小沢潔国土庁長官と後に震災対策担当相に
          任命された小里貞利はいずれも自由民主党所属の
          国会議員であった。
                

          • Tanaka のコメント:

            一方、村山元首相は1997年(平成9年)8月に
            行われたインタビューにて次のように
            述べている。

            山川「たとえばアメリカの市会議員や神戸市の
            市会議員の場合、私たちの調査によると、
            かれらが選挙のことをかなり強く意識して
            行動したことが明らかになっています。
            それは政治家としては当然だと言えようかと
            思いますが、先生の場合は、いかがでしたか?」

            村山首相「私は選挙のことを全く
            考えなかった。また考えるべきではないと
            考えていた。
            首相としての仕事に全力を投入するべきだと
            信じていました」

            山川「(中略)たしかに危機管理の目的は、
            第一義的には、たしかに住民・市民を
            救済することで、政治的な目的とは
            区別されなければならないでしょう。
            しかし、言葉は熟しませんが、
            シンボリック・ユース・オブ・パワーと
            いったようなことがあるのではないでしょうか。
            つまり、首相のような、権力を持った高い
            地位の人の行動が、国民に印象深い、象徴的で
            暗示的な作用をおよぼすということ。
            その行動から、被災者のことを親身に
            心配してくれているのだな、と国民が直感的に
            理解するような行動。そこから生まれる首相と
            政府への信頼感。
            その信頼感が首相をささえる与党の
            選挙における支持につながり、
            得票数を増やす、ということがあっても
            構わない、と思うのですが……」

            村山首相「まあ、そういうこともあったかも
            知れません……。被災地での両陛下のお見舞いの
            態度のご立派なことに本当に感服しましたが、
            私の場合は、現地に行って被災者を
            お見舞いしたとき、どうもマスコミ関係者たちの
            雰囲気がよくなくて、なんだか苛々した感じを
            味わったことを思い出します……。
            訪れた避難所が板敷きで、被災者の皆さんが
            椅子に腰をかけておられたので、中腰で
            お見舞いの言葉をかけたところが、
            新聞などで『高い姿勢だった』と報道されたり
            して、難しいものだと感じた、と
            いうようなこともありました……」

            ??山川雄巳「阪神・淡路大震災における
              村山首相の危機管理リーダーシップ」
              『関西大学法学論集』47巻5号 1997年12月

  10. Tanaka のコメント:

    また、2006年(平成18年)に大分合同新聞が大分大学と共同で行った
    連載企画「明日を守る―防災立県めざして―」では責任について
    次のように語っている。

    被災地との通信網が途絶え、誰も情報をつかめなかった。当時、官邸には
    二十四時間体制で、災害や事故に対応する機能もシステムもなかった。
    アメリカのように、人口や地形、産業の分布などからコンピューターで
    地震被害を想定し、対応する仕組みもなかった。
    国の行政としては人命の救助が第一。官邸がいち早く被害を把握し、
    手を打っていかねばならないが、あのような大地震が起きることは
    想定してもいなかった。突発的な大災害に、緊急対応できる行政の
    仕組みそのものがなかった。初動対応が遅れた、と責められても弁明の
    余地がない

    ??「明日を守る-防災立県めざして- 第5部 行政の役割 当時首相 村山氏に聞く」
       『大分合同新聞』[64]

  11. Tanaka のコメント:

    過剰な取材

    報道倫理に関わる問題として過剰な取材活動が挙げられる。
    地震発生直後、マスメディア各社が航空取材活動を開始しているが、地震直後から
    始まった航空映像によって首相官邸など被災地外の人々が地震の被害状況を
    素早くつかむことができた反面、このヘリコプターの騒音によって、家屋の
    下敷きとなった被災者の声を聞き取れずに救助隊の初期活動の大きな妨げと
    なったとする指摘がある。

    1995年(平成7年)2月7日、衆議院地方行政委員会において、伝聞情報をもとに、
    この問題が取り上げられている。その後、関西の放送局間では、大災害発生時には
    ヘリコプターの飛行数を相互制限し、映像を各社で共有する
    方法(一種の代表取材)などが検討されている。
    ただし、震災で具体的にどの程度の騒音被害があったのかは明確でない。
    騒音の元が自衛隊や消防のヘリでないのか(どうやって上空のヘリを
    見分けたのか)、自衛隊や消防や警察や海上保安庁のヘリならば
    音は問題ないのかなど、主張に曖昧な点も多い。

    被災者への配慮
    東京をキー局とする報道局では震災直後から「東京で同様の地震が起きたら
    どうなるか」「東京でなくて良かった」というような報道も一部でなされ、
    被災地からの苦情が相次いだ。また震災直後、一部マスメディアは
    震災で崩れ去ったがれきの山と、数十メートル先で震災で崩れず問題なく
    震災直後も営業しているパチンコ店の映像を放送した[84]。

    • Tanaka のコメント:

      引用は以上です。

      さて、皆様からお叱りを受けるかと思っておりますが一点。
      『参考程度にでもWikipediaを見ましたか?』

      個人的感想としては
      ・民主党政権時代の歴代首相と村山首相なら、村山首相を選ぶ

      ・衆議院議員 二階俊博氏については
       『揚げ足取りと言うか、後からケチを付けるのは誰でもできる。
        二階氏が首相の立場であったなら、どうしたのか?
        不足する情報、バラバラに上がってくる情報に
        リアルタイムで接した時、どこまで可能だったのか?』
       非常に疑問である為、独断と偏見に満ちた見方ではあるが
       単なるパフォーマンスとしか思えず、中身が虚ろだ。

      ・殆どのマスコミは、マスゴミであったのは今と変わらない。

      ・全日本自治団体労働組合www

      以上であります( ゚д゚)

      やらかしたのでm(_ _)m

  12. コスモス のコメント:

    自衛官の皆様
    過酷な訓練 お疲れ様です。
    いつもいつも有難うございます
    心から御礼申し上げます。

    ものの役に立たない 無い方が良いもの
    でも現在、清掃員は回収しません。
    廃棄処分方法は手続が煩雑を極めた様子ですが
    まぁ 近いうちでしょう。
    綺麗な道を歩いていただきたい。
    そう 思います。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    抵抗出来ない自衛官に侮辱や妨害して悦に浸れるなんて、腐ってるけど幸せな思考回路ですよね。
    自衛官に、直接絡んでくる反自衛隊言動者の捕獲・収用・思想矯正の独自権限持たせられないんですかね。人助けの邪魔してるって事ですしこれで随分掃除出来るのでは。理不尽に対して抵抗出来るようにしてあげて欲しい。
    和田議員が抵抗する限り、彼らは追い詰められますよ。
    どうか負けないで下さいませ。

    週刊文春「和田政宗 得意技は告げ口、弱い者イジメ」⇒ 和田議員「泣き寝入りはしない」刑事告訴、民事訴訟へ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/53217275
    6: あなたの1票は無駄に
    告げ口、弱い者イジメってマスコミの得意技じゃん
    文春はもっとえげつないことやってきただろ

    青山さんに対して本人が20年前のこととして普通に
    しゃべっているペルーの日本大使館人質事件の事を、
    逆に脚色してわざわざ選挙前にネガキャンしてきた
    文春さんは書く事が違いますな。
    そりゃ中には良い記事も有るだろうが、相当どうしようも
    ない下劣な記事も多いからな。

    文春の社長の松井清人はどこに自分を売っているのだろう(棒)。

    おいおい、政治部デスクって誰だよ。
    実在する自社デスクなら名前を出してみろよ。

    【毎日新聞】自民党議員がマタハラ発言か 自身運営の保育園で
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/53219541
    19: あなたの1票は無駄に
    人手不足だから募集したのに1ヶ月後に産休に入られて文句言ったら即労基に訴えられましたwwww

    38: あなたの1票は無駄に
    記事を支持してくれると思ったのか、毎日新聞なのにヤフーのコメントオープンにしてあったけど、
    案の定、一ヶ月で産休入った奴の方に批判が集まっていたw
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000104-mai-pol
    流石に一ヶ月で産休したのがホントなら権利を悪用したモラル違反だな

    45: あなたの1票は無駄
    どこがマタハラなの?
    ひとつきで産休入らないといけないのが分かっているのに言わない方がどうかと思うけど

    性犯罪前科 51歳韓国人男性、電子足輪を切って日本へ逃亡
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/9083817
    10: (´・ω・`)(
    パスポートは?
    わざと国外脱出させたろ

    14: (´・ω・`)(`ハ´
    強姦魔などの犯罪常習者を意図的に日本に送り込んでる

    42: (´・ω・`)(`ハ´
    >>33
    日本もノービザだから
    どうしようもない
    犯罪歴がある朝鮮人が日本に入国できるんだから凄い
    アメリカは勿論、オーストラリアでさえ入国は阻止できるんだけどな

    実は日本は性暴力大国だった!?◯◯人に1人の女性が強姦されていることが内閣府の調査で判明
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52213501
    加害者との関係は「配偶者・元配偶者」「交際相手・元交際相手」がほとんど

    恋人でも無理矢理やっちゃダメって当たり前だろ
    男だって力がかなわない相手に無理矢理内臓を探られたくないだろ

    性犯罪とか一人で何十件何百件って世界だし大して意外でもないわ

    元々キツイ基準でやってる国もあるから、そのへんは変化しないな
    それでも日本より低い国はほとんど無いが

    元記事の最後のページにライター名あるからそれ押してみな
    とにかくオトコと日本を叩きたくてしょうがない、すげー笑える記事ばっかだから

    勝部元気の記事、どんな時事ネタでも全て女性擁護と男叩きで、
    ここまで露骨だとミソジニーを増やすために巧妙なことやってんのかと疑うレベル

    >>294
    世界的にみたらかなり低い、
    だけど、こういうのは数の問題じゃないからね
    その1件が被害者にとっては一生の傷になる

    記事書いた人がアレだからちゃんとデータの方読むべし…
    半数が配偶者や付き合ってる相手から無理にされただから
    性的合意に対してちゃんと性教育ができていない問題はあるだろうな。

    交際経験もない若者が増えてるのに、
    性暴力が多いってことは、同じ奴に引っかかってるんじゃねえの?
    そういう男に女は魅かれるんだろうな。

    赤の他人からの性被害と、恋人や夫(元も含む)からの性被害は分けて考えるものじゃないのか。

    あー。配偶者で気が乗らないのいしたってことも含むし交際相手・配偶者が一番多いのか
    それはまた別で換算しないと実態が認識しづらい
    恋人じゃない人からの強○とは違うからなぁ

    地球汚染破壊大国

    中国の新治水計画が『地球環境を連鎖崩壊に追い込む』絶望的な代物な模様。素人目から見ても失敗は不可避
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50509380
    10:(´・ω・`)(`ハ´
    人工降雨といったって空気中の水分を凝固させる訳だ、水分を増やす訳じゃない
    日本みたいに周囲を海に囲まれて水分補給が常にある状態でも、やたらに使うと長期的な干魃になる
    さて、モンゴルの草原がどうなるか・・カワイソス

    13:(´・ω・`)(`ハ´
    東京にも同様のヨウ化銀人工降雨装置があったよな
    使われたこと無いみたいな話だったが今でもあるんだろうか

    32:(´・ω・`)(`ハ´
    >>13
    一度使ったが降りすぎた。
    制御不可は危険すぎると封印した。

    またチベットで実験か
    ここまで放置する国連は本当すげえよ

    >中国がチベット高原で大規模な人工降雨の実施に向けて研究を進めている

    キンペーの頭上でやれよ!

    人種差別も相変わらずです

    信奉する者への貢献という名の虐殺
    ttp://syouji.m.blog.jp/article/1070536809
    1982年、ヤハウェ・ベン・ヤハウェ率いる「Temple of Love (愛の寺院) 」に参加
    ロジエは教団の中での秘密グループ「The Brotherhood」に参加したいと考える。
    このグループに参加するには「白い悪魔」を殺害し、ヤハウェに身体の一部を渡さなければならなかった。

    白人を白い悪魔として生け贄にする為に殺害する教団とか…。7人殺して10年で出したアメリカ司法にも呆れます。
    余談で、白人至上主義者より目立たないだけで、黒人至上主義者もいるんでしょうね

    • e2e2 のコメント:

      >とにかくオトコと日本を叩きたくてしょうがない、すげー笑える記事ばっかだから
      ソレって何てタヂマヨウコ?

  14. 小坪しんやさんの熱い思いを共有させていただきます!
    自分の国は自分で守る、この当たり前のことが、今までまともに議論すらされてこなかったことが、今の日本の危機だと認識します。

  15. e2e2 のコメント:

    2年ぐらい前に茨木県大洗市が某人気アニメとタイアップして街御輿を目論んでいた時
    アニメの内容の関連として陸自に協力をもとめて陸自の戦車の展示をしようとしたら共産党市議団が妨害したという実例がありました。
    震災からの復興に皆で取り組んでいた時共産党はプロパガンダに必死になっていたと言う事ですね。ごみ集団は日本には必要ありません。日本はこれから少子高齢化の時代を迎えるのなら貴重な人材を下らないプロパガンダで惑わそうと目論むテロ集団は法律で結党を禁止するべきです。憲法との兼ね合いは「公共の福祉の為」で良いでしょう。
    社会にとって有害な思想はオウム真理教のように制限されて当たり前の事です。

  16. 一郎 のコメント:

    学者の皮を被った左翼憲法学者も【自衛官の心を、殺す者たち】のはしくれだと考えます。

    憲法に【自衛隊】が記載され、不毛な憲法論議が終わることを祈ります。

  17. 海豚親父 のコメント:

    自衛隊の応援団として、議員に激しく同意します。改めて自衛隊を守るのだと心に決めました。我々国民が支えずして自衛隊が頑張れましょうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください