【許せないと思ったらシェア】自衛隊に対する左翼のやり方【がんばれ!自衛隊!】

c



パーマリンク

c への8件のフィードバック

  1. 袋小路 豈麻呂 のコメント:

    何時何処が戦場と化すか、或は災害に襲われるか、災難は忘れた頃に遣って来る等と言うのは、昔の古い考え方、現代の災害は忘れようと忘れまいと委細構わず所嫌わず遣って来ます。摩天楼に飛行機が突っ込んで来たり、駐車中の自動車が爆発したり、此れが近代戦です。日本を敵視する勢力が古式床しく山口県辺りの海岸に船で攻めちゃぁ来ません。日本を守る自衛隊が市街戦の訓練を怠っているのは職務怠慢であると非難されるのなら、さもありなんと思います。ハロウインパレードに毛の生えた様なレンジャー訓練卒業行進を軍事訓練とは褒め過ぎにも程が有る、贔屓の引き倒しです。

  2. 小隊長の日記 のコメント:

    其のお話、まさに今現在必要なことで、おっしゃる通りです!

    災害派遣の際、自衛官は「あなた共産党員ですか?または、社会党を支持されていらっしゃる方ですか?」と、
    聞きながら人命救助するのでしょうか?

    訓練しているからこそ、筋力がつき其の筋力と、精神力で国土防衛並びに災害派遣にも出てゆくのが、
    自衛官の職務です!

    一番危険なところへ最初に足を踏み込み、防人となり、一番最初に死を覚悟するのは自衛官です。
    その後、消防レンジャー、警察官と後に続きます。

    そこまで反対するなら、家に鍵をかけず寝て、外出時も戸を開けて外出して頂くよう願いたいものです。

    国内には奈良県の様に水害や地震、山手では土砂崩れなどが予想されますが部隊自体なく、他府県から来て頂くしかない県も有ります。

    • 奈良県の場合 京都府精華町にあります。祝園です 弾薬庫とそこに駐屯する部隊があります。一時間以内に奈良市内へ来られる距離
      近傍ですよ。そして 航空自衛隊幹部候補生学校が平城宮跡に近傍にあります。

  3. ほうみんこう のコメント:

    おそらくこの画像は首都圏の大規模災害時で主要道路が寸断されて、自衛隊車両が
    通行不能になった場合のことを想定しての徒歩移動訓練だったと推察します。
    隊員は銃、個人装備含めると30キロ以上はあろうかと思われる荷物を背負って
    練馬の駐屯地から各区役所(といっても23区のうち16区は受け入れ拒否)
    まで徒歩で移動するのです。平均的な人間でしたらそれらの重い装備を背負って
    最も長い距離で十数キロもとても歩けません。これも日頃の訓練の賜物と思い
    頭が下がる思いです。
    それゆえ、これらの画像を見て改めて怒りというか呆れるというか落胆というか、
    なんともいえない暗嘆な気分にさせられてしまいました。
    こういう輩は、考えたくはないですがもし大規模災害が発生してまって、倒壊した家屋
    に閉じ込められても、あくまで自衛隊から救助は拒否するのか?
    自分の信念を貫いて自衛隊からの救助を拒否し、その結果死亡したとしたら
    それならば自分の信念を貫いて、言動に対する責任を果たしたと自分は評価しますが、
    いざとなればおそらくそのような事はないでしょうね。その時になれば誰でもいいから我先に
    助けろと要求するでしょうよ。それて救助されたら救助されたで、感謝するどころか
    「なせもっと早くこなかったんだ!」と罵声を浴びせかけると思いますよ、あの輩ならば・・・。
    所詮あの連中は,普段 反日 反自衛隊 暴力反対を声高らかに唱えながら、ソマリア海賊怖さに大嫌いな
    暴力装置である海上自衛隊の護衛艦で洋上護衛をしてもらっていた辻本ピースボートと同じでしょう。
    もっとも辻本ピースボートは海上自衛官に罵声は浴びせなかったでしょうが。
    それでもある自衛官の言葉を借りれば「そういう人たちも助けるのが我々の任務です」と日々訓練に
    励んでおられます。
    正直そういう人たちを侮辱するのはやめて欲しい。もしあくまで自衛官を侮辱するならば、もしそのときが
    来たらあくまで自分の信念に基づいて、命をかけて自分の言動に対して責任を全うして欲しいと切に願います。

  4. 平八重 幸志 のコメント:

    私は、数年前にある(災害派遣)災害現場いました。そこの区長様から、あそこの家の
    ところの土砂の除去を指示されました。(理由は、老夫婦で子供もいないから)
    私達は老夫婦ために心を込めて土砂を除去しました。
    それを見ていた近くの人が、自衛隊さん、あの人所だけではなく私の家もしてくれと!そのとき言われたのが、同じ税金を払っているんだから(あんたら自衛隊は税金で働いていると)私の家もしてあたりまえだと!(その人の家は息子夫婦いて掃除していました)
    なんだか悲しい気持ちになりました。(そのとき私は、区長様の指示で動いていますので区長様に言って下さいと!)

    いざ何か起きたときに、自衛隊に文句言う人達はこのような人達なんだろうと思いました。

    • 平八重 幸志 のコメント:

      コメントを削除したいですが、こちから削除出来ませんので、コメントに対する返信は、遠慮します。

  5. ごいち のコメント:

    こんな事テーマにすることじたい、なんなのっ??って気がします。 自衛隊は自衛隊としてしなければならない事をするのが自衛隊であって、その他の何物でもない。  馬鹿じゃないの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です