拡散【漫画でわかる】左翼デモ、動員の実態~自治労による日当疑惑(証拠付き)


 

 

左翼デモの実態、日当をもらってのデモ参加。
大変、好評を博しております、「漫画でわかるシリーズ」でございます。
(人的負荷、時間コストもかかることから、多くは用いることができません。)

ある労働組合に所属していた方(嫌々参加させられていた)のヒアリングを元に、非常に解りやすい漫画になっております。

是非、拡散のほどよろしくお願いします。
スレ建て、まとめサイトへの転載など、一切を許容します。
リンクのみ必須とし、著作権の使用権を、ここに保守陣営に限り全て開示いたします。

漫画の末尾に「実際のお手当が記載されたビラ」を資料として掲示しています。
併せてご確認ください。

弾は準備した。
あとは、皆様次第。

前編:【漫画でわかる】左翼デモの実態~日当疑惑と資金源の謎

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
sayoku

 

 

 

 

 

11

 

 

22

 

 

33

 

 

44

 

 

55

 

 

66

 

 

77

 

出典:アメブロ版わたしをデモにつれてって2

 

 

 

 

 

これはデマなのか。

「本漫画はデマである!!」という批判が大量に湧いてくるであろうことは、想像に難くない。
よって、以下にソースを示す。

私なりの【配慮】として、モザイク処理を行っている。
地域が特定できぬよう「優しさ」として大きく画像加工を行った。

 

下記画像の「一番下」の、赤字部分をよくご覧頂きたい。

 

99モザイク

 

 

そこにある言葉は、

※ 上記行動に参加いただいた組合員に、交通費込2,000円(家族1,000円)をお支払いします

だ。

 

 

警告
デマデマと論拠もなくやかましかったら、モザイクをとる。
「デマ」という私への声は「ソースを示せ」と言う意味で受け取らせて頂く。
その場合は「当然、ソースを示したい。」と思っている。モザイクをとるしかない。
どこかの市職労が面倒なことになるだろう。
覚悟した上で「デマデマ」言うように。

こちらは「基準」を設けており、その数値を超えた場合、やる。
君たちには、私をデマという権利もある、それを否定しない。
その上で、私には画像加工という配慮を撤回する自由がある。

 

当然、自治体名が掲載されている。
よその自治体に所属する議員の私に、webで指摘されれば、当該議会の議員からすれば凄まじい恥となるでしょう。

それなりのアクセスを頂いている私のblogで公開された場合、職労にとっては「それなりの打撃」が想定される。ネット上の打撃ではなく、リアルの打撃である。
怒り狂った所属議会の議員、もしくは執行部からの「指導」が想定される、という意味だ。

かわいそうだな、と思ったので、「配慮」した。
私が優しい人間でいられるかどうかは、web上の左派の皆様の行い次第である。
撃ち返してくるタイプの政治家を相手にする際には、少し気を付けたほうがいい。
(一回、言ってみたかった♪)

 

 

本漫画と対になる「本編」が以下になります。

総合オピニオンサイト iRONNA
左翼の資金源はアレだった!? 官公労に巣食う「専従活動家」の真実(行橋市議会議員 小坪しんや)

この漫画に続く「種明かし編」です。
iRONNAをお読み頂いた上で、お読み頂けると、より深く楽しめるかと思います。
左翼の資金源を滅ぼす処方箋、新しい戦法。

 

 

是非、拡散のほどよろしくお願いします。

 

スレ建て、まとめサイトへの転載など、一切を許容します。

 

著作権の使用権を、ここに保守陣営に限り全て開示いたします。

 

弾は準備した。

 

あとは、皆様次第。

 

撃ち方、はじめっ!

 

 

関連
【沖縄問題】これは何だと思いますか?これがもしも【アレ】なら、初めての物的証拠かも知れません。
【政治家の目線】サヨクが日当を払っていた場合、それは民主主義の破壊
日教組と自治労と一発で干上がらせ、組合を是正する秘策。

 

 

漫画でわかるシリーズ
【拡散】漫画でわかる外国人特権~税金がゼロになる仕組み
【拡散】漫画でわかる外国人特権②~日本人への結婚差別
【漫画でわかる】左翼デモの実態~日当疑惑と資金源の謎
拡散希望!【選挙に行こう!③】漫画・試される覚悟、踏み出す勇気。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

拡散【漫画でわかる】左翼デモ、動員の実態~自治労による日当疑惑(証拠付き) への42件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    拡散【漫画でわかる】左翼デモ、動員の実態~自治労による日当疑惑(資料付き) 左翼デモの実態、日当をもらってのデモ参加。 大変、好評を博しております、「漫画でわかるシリーズ」でございます。 (人的負荷、時間

  2. Axe のコメント:

    いつも興味深く拝見させていただいております。
    「漫画でわかるシリーズ」ですが、もう一つ赤旗の件が有りませんでしたか?

  3. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     これ,自治労連もやっていますよ。
     わたくしも誘われましたが,もちろん断りました。
     余談ながらも,各地方公共団体は共通して,左派同士ながらも対立する自治労連(共産党系,日本自治体労働組合総連合)と自治労(民主党系,全日本自治団体労働組合)との差別化を図るため,自治労連系の単組を「職労」又は「職員労働組合」とし,自治労系の単組を「組合」又は「職員組合」と呼称しております。
     彼らはこう言います。
     「あれは,日当などの賃金的な性質のものではない。足が出ないようにするための均一たる交通費込の諸雑費だ。」と。
     しかし,それは詭弁であって,真のデモンストレーションは,献身的なものだから,総て自己負担でしょうに。
     何をいっているんだか。反日左翼さんたちは・・・。

  4. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    ※※補足

     上記の「あれは,日当などの賃金的な性質のものではない。足が出ないようにするための均一たる交通費込の諸雑費だ。」と言う先方の主張は,自治労連及び自治労の何れにも共通した主張であります。
     しかし,その何れも,こうも付け加えます。
     「組合員の皆様が常日頃,様々な活動に骨を折っていることへの慰労であり,当方に負担下さっている組合費の還付でもある。」と。
     しかし,わたくしを含めた脱退者及び加入していない者に対してすら誘いの手が来ている時点で,これは矛盾しております。

  5. 加藤 義浩 のコメント:

    シェアします.

    しかし,日当,2,000円ですか,ちょっと,安くないですか?
    もう少し,出してあげないとね.

    5,000円とか,10,000円とか出してあげればいいのに.
    学生さんとかにも,いいアルバイトになりますよ.

    できれば,食事代と交通費は,別途支給して欲しいですね.
    あ,税金も納めてね.
    源泉徴収票の発行も,必要ですよね?

  6. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     それと,もう一つの自治労連(自治労の片割れ,社民党系,全国自治団体労働組合連合)は全く別物で,単に自治労連と言えば共産党系の日本自治体労働組合総連合の方です。
     明記する場合,社民党系のものは連合・自治労連と言い,共産党系方は全労連・自治労連と言います。

     そして・・・。
     デモ等の日当は,一般組合員のものは安価ですが,執行委員長及び書記長の場合は別扱いです。
     彼らは,労組書記局員=労組の事務方=組合事務所の職員として参加しており,これは労働に当たるので,もっと高めのそれこそ本当の日当が支給され,さらに,交通費等の実費は別途支給されます。

  7. かつてのラヂヲ少年 のコメント:

    では、「デマだ!」と言ってみるテスト。

  8. ふぃくさー のコメント:

    あはははは、そっくりな文章が検索でヒットしました。
    まさか全国共通テンプレとかないですよねー(棒)

    http://www.kyoto-21.com/shisyokuro/information/804

  9. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。
    多くの「拡散」になる事を 期待します。

    私は、国益主義の保守思考で、
    小坪先生には、

    「全面的に支持」をする人間ですが、

    「モザイクを消して欲しいw」…ので、
    ―――――――――――――――――

    うわぁ~(棒

    こんなのは、デマだ~(棒

    きちんと、ソースを出せ~(棒

    ソースを 凄く見たい!!(切実希望

    ―――――――――――――――――
    …と、記載しておきます。(笑

    しかし、
    交通費込み「2000円」…は、少ないです。
    これでも、集まるものなのですね。

    …でも、「まかない(飯代)込み」だったら、
    何も気にしない、若い頃の自分も参加してたかも…ですね。

    本当に、悪質です。

  10. ふぃくさー のコメント:

    あ、突然思い出しました。かつての職場(電機連合に所属)で、政治的デモとは違うもののメーデーでの動員はありました。新人は強制参加ですが、2年生以上は確か参加すれば1万円前後のグッズが貰えた様な気がします。新卒初任給が13万円台の時代でしたからそれなりに魅力は大きかったですね(但しそれでも参加者の集まりは悪かったようですが)。あれも組合費だったのか・・・・(ーー;)。

  11. たろう のコメント:

    自治労の全体像はよく知りませんが、まあ組合が強かったといわれるのは旧国鉄もそうですが、日本航空(JAL)などもそうでしょう。
    国営的な企業ほど労働組合は好き勝手なことをやって暴れまわってました。

    JALは労働組合の人間が経営者にメールを見られたくないので、労働組合の関係者しか見られないメールサーバーを別箇にもうけたいと構想してました。企業のなかに「治外法権」の領域をつくろうとあちこちに内密をもちかけてました。
    普通の企業では考えられないです。
    そこまで経営者に不信をもち、闘争や抵抗によってしか何事も改善できないという精神状態に追い込まれるのです。なんらかの社内被害者を見つけたらすぐに企業を脅迫する鉄砲道具として悪用されます。法廷闘争など大好物です。

    私は「国家の内戦というのは、こういう風に起こっていくのか」、と感じました。企業も国家も同様です。
    経営者と従業員の間の憎しみを煽るのも平然とやりきるのだから、日本と他国との争いや憎しみを煽るのも彼らにとってはたやすいことです。
    現在の日韓や日中の憎みあいも相当なレベルですが、これも落ち目になった共産主義者が、執念深く中国や韓国の歴史的怨念を引っぱり出して憎しみを煽って蓄積してきたものです。あらゆる手段を使いました。

    今さらですが、日本の戦後、共産主義者たちが育成に力を入れたのが労働組合でした。労働組合を革命の戦士、先兵、突撃隊にしようとしたのです。

    世界の労働者たち(プロレタリアート)が各国で革命を起こして、それぞれの国の既存体制を転覆させる。その後、世界中のプロレタリアートがつくった国家が団結する。
    プロレタリアートがつくった国家どうしが、戦争を起こすわけがない。だから「恒久平和がくる」という発想でした。
    ところが、その後に来たものはプロレタリアート独裁から派生した悲惨な全体主義国家でした。しかも好戦的で侵略的でした。国内の不満を押し潰すために外国への敵対心を煽るからです。
    カンボジアのポルポトも毛沢東の文化革命なども国内で粛清しまくりました。

    まあ、馬鹿なことを考えたものです。
    金持ちから財産を強制的に取り上げて、公平な配分という美名のもとに一党独裁が法を好き勝手に変えて政治を牛耳れば、全体主義国家になるのは当たり前です。
    革命を美化するということは、闘争を美化するということで、あちこちで悲惨な階級闘争を巻き起こしました。

    戦後日本の共産主義者は労働組合に3つの目的を持たせてました。一点目は、国家や企業から給料を保障される身分でありながら共産主義者の政治運動を全面支援すること(選挙運動も狂ったようにやった)。
    二点目は、国家の中枢にいながら国家を呪って国に寄生して、国家を弱体化させること。三点目は、革命を起こしやすい雰囲気をつくり将来の革命の機会を狙うことです。(もちろん現在はドラステイックな革命など考えておらず、法のもとに巧妙に漸進的な革命をやろうとするのでしょう)

    筆坂 秀世氏という元共産党幹部が、最近いろいろ文章を書かれたりテレビに出演されているのも見ましたが、まあ共産党員のころと違って人相がずいぶん変わったことに驚きます。
    現在は風呂あがりのようにサバサバとした好爺さんの人相をしていますが、共産党幹部のころテレビで見ると、たちの悪い総会屋のおっさんにしか見えなかったです。
    几帳面に相手のあらさがしをして容赦なく追及しまくるのが日常業務になっていたので人相も自然とああなったのでしょう。

    思いついたことを書いているのであちこちに飛びますが、日本の近代で、または世界中でなぜあれほどインテリが共産主義に洗脳されたかというのは、科学的教養をもっている人間であれば、当時の古典を見てすぐなるほどとわかると思われます。
    マルクスのように通貨や労働など基本的定義から解説をはじめる。これは物理で力の定義からはじめたり生物で細胞の定義からはじめるのと同様です。

    この科学を装ったインチキ科学が真正の経済科学として脚光を浴びて世間知らずの鬱屈した青年(とくに金持ちのドラ息子)や労働者のむこうみずの正義感に点火して、爆発したのです。
    とにかくなんでもかんでも屁理屈をつけて社会を罵倒して体制転覆を狙うという精神が社会に充満しました。実際は科学的精神というものとはほど遠かった。

    共産主義に毒された学者やマスコミほど滑稽なものはありません。学者も毎日のように歴史のごみ箱をあさって人間の怨念を見つけては、現代人に八つ当たりして、あーしろこーしろと学問を悪用して脅迫してきました。
    共産主義者や日教組が小学生のことから洗脳した若者は爆弾をあちこちでつくり仕掛けて人を殺しました。逮捕してつかまえると「日本はアジアを侵略したと教わった。現在も東南アジアで侵略が続いている。それを阻止するためにやった」と答える。
    そういうのが数人とか数十人とかいうレベルではなく共感する共産主義者が何千人も何万人もいた。

    特にマスコミはあまりに悲惨で頭がおかしいとしか思えません。
    中国の大躍進政策などでは1958年から数年で3000万人以上と言われる餓死者をだしたといわれてますが、当時の日本マスコミは共産主義者の空想書物を読みあさりながら平然と日本社会に寄生して高級住宅に住みながら、毛沢東の中国は素晴らしいと絶賛していました。
    (大躍進政策の真相が日本で報道されたのはいったい何年になってからなのでしょうか)

    なんの建設的能力もないくせに現代社会のいろんな制度を悪用して、その欠陥に便乗して、社会に潜む憎悪をネタにしながら社会をめちゃくちゃにかきまわして混乱させるしか能がないのが共産主義者の遺伝子というものです。
    思想としては死にかかっていても、凶暴な反日遺伝子としてあちこちで悪さをしてきました。いつも平和とか人権とか平等とか耳ざわりの良い言葉で人をだましながら、あれこれをひっかきまわしてややこしくするいうのも昔からです。
    くれぐれも苦労知らずで綺麗ごとしかわからない若者でなまじ正義感だけ強いケースは要注意です。たいていは簡単にひっかかってしまいます。

  12. 名ナシ のコメント:

    鹿児島の川内原発付近で地元住民を脅迫したり勝手にテント貼ったり
    なにやらやりたい放題やってるようですね。
    こういう平日の真昼間からデモをやってる連中にも労組の幟を立てた
    連中がいっぱい居ますね。
    こんな事に薄給から無理矢理天引きされる組合費が使われているのかと
    思うと払う気が本当に無くなりますよ。
    しかも組合とは名ばかりの御用組合ですからね。

  13. ピンバック: 【KSM】漫画でわかる!左翼デモの実態。これが真実。私は元組合執行委員ですww | KoeNews - 政治動画

  14. ふう のコメント:

    こんなのはデマです!
    デマに違いありません!!

  15. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     ちなみに,お役人労組の三大御用組合である,全労連・自治労連並びに連合・自治労連及び自治労は,互いに激しい抗争を繰り広げている敵なのは,間違いありません。
     が,同じ穴の狢なのであり,互いの抑止力どころか,むしろ対抗意識故の相乗効果で,それでいて互いに猿まねをしており,先のデモのビラ等に関しても,文面が酷似しておるのです。
     連合・自治労連は,弱小かつ官公庁そのものならぬ外郭団体特化型なので,やがて温帯低気圧になるでしょう。
     ところが,自治労が,この己の片割れの死骸を再び吸収し,元の自治労へ戻り力をつけることが思料されます。
     そして,連合・自治労連及び自治労とは一線を画して非正規雇用労働者層に予てより重点を置いている全労連・自治労連の方こそ,却って不況を餌にして単独で急速に勢力を増して,熱帯低気圧となり,今般の共産党の支持率上昇も相俟って,共産党系労組ならではの強みを生かし,非正規雇用労働者本位の一見弱者主義たる様態が益々支持率を上げ,台風へと発展するのです。
     連合・自治労連及び自治労が,正規雇用本位の我儘御用組合なのに対し,全労連・自治労連は,表面的ながらも一応は非正規雇用労働者の待遇改善をテーマに執行部及び任命権者と強烈な闘争を起こし,不況にあえぐ非正規雇用労働者にはさぞや救世主に映るからであります。
     また,全労連・自治労連は,他の労組とは異なり,非正規雇用労働者本位の福利厚生その他特典が充実しており,組合費も正規雇用労働者などより遥かに安価であり,非正規組が喜んで入ってしまう巧妙な空気を築いてしまっております。
     決して,某八王子市議会議員の様にクレイジーな訳でもない,ごく普通の若い単身女性から中高年の奥様までの,多彩たる役場で働く非正規雇用労働者ご自身が,シンパならぬ強力なオルグになってしまうのです。
     これほどにまで,非正規雇用労働者が主導権を握っている労組は,非正規雇用労働者専用のものを除いて,外にありません。
     かつて,嫌々組合だったわたくしも,周囲の者も,正規雇用労働者サイドは,まるで発言権がなく,結構な額の組合費を払っていながらも一口株主程度の立場であり,逆に一口株主の金額の組合費を払っている非正規雇用労働者サイドが,筆頭株主待遇でありました。
     この労働者層の組織率の比率の逆転をリーマンショック前から構築し,弱者又は困窮者を取り込む巧妙な手法は,ある意味感心さえ覚えております。
     保守層も,弱者層の心を巧くつかむ手法を交えつつ正論を述べる技法を修得しないと,情報戦で反日左翼に勝利するのは厳しいものであると痛感しております。

  16. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     そして,世間一般,民間の方々には,自治労のみがメジャーとなり,これに批難が集中し,それを隠れ蓑にして,全労連・自治労連がやりたい放題しているのが,現代における労組事情です。
     上述のとおり,自治労以上に全労連・自治労連の方が,遥かに悪質であり危険なのです。
     そのような中,全労連・自治労連が,リーマンショックくらいの時期にとんでもないことを執行部へ要求するようになりました。
     競争試験を経ずして任用されている,定型事務のみを担っている非正規雇用労働者の契約更新回数又は任期を無制限にすると言う,人事院規則踏襲に反するもので,これがとうとう実現してしまいました。
     さらには,現在,当該非正規雇用労働者の勤続年数に応じて,競争試験はおろか易しい選考さえも経ずして,タダで正規雇用の公務員へ惰性的に登用するような,無謀な要求までもしております。
     厳正公正・不偏不党たる実証に基づく成績主義の競争試験制度を著しく冒涜し,かつ死ぬ気で激痛たる競争試験を経てきた現行の正規雇用労働者の今までの苦労をむしろ蹂躙するものであります。
     所謂逆差別です。弱者としての立場を活用し,前衛で苦しんでいる人々を蔑ろにする,外国人の税制優遇措置,生活保護,又は本当に困窮し,若しくは頑張っている女性を無視し,楽をしている層を無償で優遇する意味不明な男女共同参画云々と同様です。
     弱者面をして,超過勤務(民間で言う残業)無き,責任無き定型事務を数年こなせば,誰でもかれでも正規の公務員になれるだなんて,そんな馬鹿げた話にはなりません。
     参加者全員が金メダルの甚だグロテスクなオリンピックなど,誰も見ません。
     ここでも,反日左翼,特に共産党系の者どもによる,弱者を甘やかした逆差別商法が炸裂しているのです。
     尤も,非正規雇用労働者の惰性的正規登用の件は,執行部が断固として法令及び倫理に則ってこそ拒絶しておりますが。

  17. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     さらに,正規雇用労働者の所謂使えない人たちにも,協力無比たる助け舟を出しました。
     従来,役所と言うものは,決裁ルートにおける決定権を有する管理職以上になるには,必ず昇任試験と言う競争試験を受け,これに上位で合格しなければなりませんでした。
     ところが,全労連・自治労連は,当該昇任試験制度をも破壊し,窓際族の人たちを,一律年功序列で最悪でも主幹級にできるように変えてしまいました。
     そして,部長級の要職への昇任も競争試験から選考へと変質させました。
     これで,民間の方々から指摘されている年功序列を益々強化させ,挙句,今人事院が謳っている人事評価制度にまで強く反発し,百歩譲って人事考課の部分を飲んでも,これを給与・賞与・昇進・昇格等の待遇面には一切影響させないことを必須条件にするなど,せっかくの人事評価制度を形だけの通知表へと形骸化させるように話を進めてしまいました。
     また,人事評価自体も,非常に簡素化してしまいました。
     (期末に形だけの,ラフな雑談だけの評価面接を年1回だけ。例の如く,全員よくできましたww 職務遂行能力 ランクA♪♪ 執務態度 ランクA♪♪。懲戒処分を受けた者以外にCやDの評価は見ない。また,Bは病欠・産休・育休等の評価不能者のみである。)
     嗚呼,無常。れ・みぜらぶる。

  18. 一般市民 のコメント:

    こんなクソ安い額で釣れる魚も小物なもんですね
    そういう『弱者』にまで気を使う先生の心意気は大変素晴らしいと思います。

    水から出れない魚を駆除したところで日本にはなんの影響もないです、どうせ時季によって水底に生活保護で沈んだり周りの楽しそうなカエルの合唱の中で口を(戦争法案)とパクパクして生きながらえるしかない可哀想な生き物なんですから

  19. まー坊 のコメント:

     組合員の人たちもいいかげんに
     目を覚ましてほしいです。
     

  20. 生野民 2 のコメント:

    動員に日当は、事実だと思う
    先日志位ルズが本当のデモを行ったときに、参加者が7人しか集まらなかった
    一般の人間は冷静で、バイトの人間を除いたらこの程度だと良くわかる
    フジテレビデモや変態祭りと比べると、なんともみすぼらしい
    自治労などの、公務員のデモ参加は一発で懲戒免償にする法律でも作れば
    テロリストのデモは、殆ど無くなるのに是非とも法制化して欲しい

  21. 生野民 2 のコメント:

    訂正 懲戒免職

  22. 夕刻を思う50代(東京) のコメント:

    自治労に直接は関係しませんが、
    クローズド、ユニオンなどのショップ制を見直す時期に来てはいませんか?
    全てオープンショップにするぐらいの改革でもしなければ労組の弱体化は無理。

  23. kamotyan のコメント:

    組合員から、民間に比べて法外な組合費を徴収してこんなことに使ってる。。根底はマルクス、それなのに労働組合貴族!そういえばノーメンクラツーラなんてのがありました。それにしても、噂はあったのですが、とうとう現物ビラが公開されちゃいましたね。

    • のコメント:

      横からですが、根底はマルクスってそのマルクス自身がまともに労働して稼いで生活する力皆無、生活費は親戚や友人からの借金、そんな身のくせに女中さんを妊娠させ、さらには子供の面倒なんてみられないからエンゲルスくんの支援にシュートってもう絵に描いたようなクズなのです。そんな人でなしが説く社会がまともなわけがありません。(同類にフランス革命の思想背景になったルソーがいます。)
      画家や音楽家であれば人としては逸脱した屑の方が常人から外れた感性を発揮して名作を残すかもしれません。
      理系、特に数学の研究であるならば理論的に正しいかどうかが問題で研究者の人格は関係ないでしょう。(といっても現代のように高度化が進みすぎた科学研究では他の研究者や協力者と協調できない人物は何も為せないでしょうが。)
      しかし、社会科学においては人格破綻者の思想が人類社会に資することはありえません。人間を、集団を、社会を扱い、その実際の運営に携わるのですから。
      とにかくマルクスもその信奉者もアウトだということです。
      横から長文で喚いてすみませんが、初めのマルクスは善意だったのにと誤解している方があるならその誤解は解かなければと思いました。

      • 松本栄司 のコメント:

        偉人のことをクズとよぶ?
        人は自分の事を言う・・・と申します。
        自分のことは、他人が言う・・・とも。
        現代日本の基礎は、あなたのいうクズであるルソーの社会契約論がもとになっている現実をどう思われますか?

  24. こんなん のコメント:

    デマに決まってるだろ。

  25. 七子 のコメント:

    赤峰和彦氏の「クーデターを目論む共産党」という記事を読んで〈 http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/42953cd2580bfccda57e4297914606dd〉、 日本でクーデターなんてと思いながらも、共産党が戦争法案と不安を煽ることで人心をかき乱し社会の混乱を望んでいるのではないかと言葉にならない漠然とした思いが明らかにされているのを読み、共産党がそこまで考えてないとは思えなくなりました。

    赤峰氏によると共産党員はNHK 、朝日、読売、産経にまで入り込み、地方新聞や防衛省、民間企業、大手金融機関にまで党員がいるようです。

    もう一つはブログ依存症の独り言で「日本共産党の喜色満面な顔が見える、岡田克也の背後に」という記事です。

    〈・・・レーニンの革命理論を学ぶと、プロパガンダを連発、流布することで国家(体制)を窮地に追い込み、国民の国家(体制)に対する不安や不信を煽ることが革命の基本だということがよくわかる。「帝国主義戦争の内乱への転化(革命的祖国敗北主義)」がそれをよく表している。〉

    戦後の混乱の時期、共産党は在日朝鮮人と共に日本各地でテロを起こしました。口では平和、平和と言いながら、日本は戦争が出来る国になると党員を動員して不安を煽り人心を混乱させようとしている共産党の不気味さをもっと広く知らせなければなりません。

  26. 通りすがり のコメント:

    こんなのデマだ!
    早くソースを!

  27. 異国より のコメント:

    全くブサヨぽいのが沸いて来ないのが逆に楽しいので悪ノリしちゃいます。

    こんなビラ、加工してもっともらしく見せたデマに決まっている!
    どこの市なんだか見せれるものなら見せてみろ!!!
    デマなんだから出来ないだろう!!!

    さてここまでで10デマ貯まりましたよ〜〜。

  28. 電機労連 のコメント:

    電機労連に加入している企業での経験談です。
    組合は、民主党支持です。
    新人は、入社後、家族や親族含めて紹介するノルマがあり、職場委員よりフォローされます。選挙当日には、寮に職場委員が訪れ、投票のフォローをされます。
    また、勤務時間内にタクシー使用(上司負担)にて投票所に行かされ、期日前投票を強要されたこともあります。
    その企業は、誰もが知ってる大手企業です。

  29. zakinco のコメント:

    なんだこれ。工学系に行って教養を身に着けなかった人間が議員になったという見事な例。何のために議員をやっているのだろう。疑惑の暴露はアクセス稼ぎ狙いでもったいぶらずにさっさとやるべき。

  30. knorimoto のコメント:

    左翼陣営が労組の構成員や地元住民に日当を渡してデモの参加者を水増ししているというのは公知の事実だと思っていたのですが、どうやら小坪議員が注意喚起しないといけないと考えるくらい、知らない方が多いのですね。

    昭和35年に富士演習場に対する反対運動で地元住民に日当をばらまいていた、という話を母親から聞きました。その時はまだ胎児だったので、私自身は覚えてませんが……。

    沖縄ではそういう日当がヤクザのしのぎになっている、といううわさを聞いたのですが、ソースをご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

  31. moondoldo のコメント:

    左翼デモ

  32. 通りすがりです のコメント:

     この漫画では、集会の動員要請は「言いやすい人・言いくるめられる人」に依頼しているところを描いておりました。まさに労働組合の実態がそのまま書かれているものです。
     市役所・県庁の労働組合が政治活動を規制する法律はありませんが、職務の立場上印象はよくありません。また、平日にデモも行われているようですから、人がいなくても業務が回るのではないかと思う内容です。
     
     自治労・自治労連の政治活動を自民党は批判しているものの、決して規制することはできないでしょう。それは、自民党も官僚におんぶにだっこで、公務員の政治活動を規制すれば大打撃を受けます。
     だから、自民党、民主党・社民党、共産党と表面的に対立していても、根本的なところでは同じです。お互いの支持基盤に立ち入らないよう縄張りを守っているだけにすぎません。

     また、労働組合が力を握っているこの問題の本質に、当局側が労組(自治労・自治労連)なくして職場を管理できないことです。業務や体系・労働条件の変更時に個人個人で意見を総務部門へ来られていては業務が回らなくなります。そこで、「業務・労働条件の変更時は労働組合が唯一の窓口である」と協定を結べば、事実上のユニオンショップ制度が完成します。
     当局側も労働組合なしで、職員を育成でき・要望を聞く組織づくりをしない限り、組合問題は解決しないでしょう。

  33. ピンバック: 日本国民をだます左翼の偽装デモの正体見っけ! あなたの知らないデモの秘密! | くろくろくん-2chスレまとめ

  34. ピンバック: 【デモ日当疑惑のやばさ】日当が出ていた場合、脱税を指摘される可能性がある。公務員の場合は特にまずい。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  35. ピンバック: 【業務連絡】入院の報告と、体調について。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  36. ピンバック: 入院日記④発熱、手術直後の話。(まとめサイトから来た方へ) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  37. ピンバック: 反日左翼機関誌リテラの発狂ぶり~田母神事件 | 待ち望むもの

  38. 松本栄司 のコメント:

    デマではないと思いますが、情報を隠すやり方はNHKと似ていると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です