入院日記④発熱、手術直後の話。(まとめサイトから来た方へ)


 

 

blogの語源は、「web」+「log」(記録)であり、
ネットで書き連ねる日記のようなものだ。

私の場合、ほぼ資料としてのlog、意図をもって武器として用いてきた側面がある。
今日は、普通に日記を書いてみたい。

以下は、手術翌日、FBに投下したコメントを加筆修正したもの。

注1 ホワイトデビル事件
採血を嫌がった私に対し、「白衣の天使」がいると説得を試みた者がいたが、これに対し「生き血(採血)を狙うホワイトデビルしかいない!と落ち込んだところ、ナースに爆笑された事件。
入院日記②ホワイトデビル事件と集団的自衛権

注2 ホワイトデビル駐屯地
ナースステーションのこと。

注3 ホワイトデビルボタン
彼ら(彼女ら)が、集団的自衛権を発動するボタン。
できる限り押したくない。

注4 いまは反省している。

 

 

 

 

手術、翌日の話
難しい手術ではなかったが、不安もあった。
私は、基本的に病院がだいぶ怖い。
共産党や左派とやりあうのは、どうということはないのだが。

入院日記①注文の多い料理店との相関について

無事に手術は成功。
お医者さん、看護婦さんに心から感謝。
(だけど怖い。)

 

 

発熱。
これは仕方のないことだ。

37度で止まるかと思いきや、
ついに8度代に。9度近い。

氷嚢とか、いろいろされ中。
ま、切ってるんでね、
写メ取り忘れましたが、切除した扁桃腺、
普通にでかかったし。

熱は、ねぇ、出ますわなぁ。
問題は、そこじゃない、
ホワイトデビルスイッチを、俺が押さなかったのは。

 

 

問題は、座薬ということ。
すでに二回、やられてる。
動けないので、やられるのだ。
あひんっ、てなった。
敗北感であった。。。

負けた気がして、
呼びたくなかったんだが、
ナースコールを押そうと思う、
あひんっ!ってなるけど。

 

 

意識がもうろうとする中、スイッチを私は押した。
もう限界であった。
すると、ブツをもって彼女は現れた。
もう私には打つべき手はない。
なされるがままだ。

フラフラしながら私は言った記憶がある。
どうして君たちだけ集団的自衛権があるのか、ずるい、悲しい、と。
駐屯地がこのフロアだけで3つもある、かなわない。
これぞ抑止力だ、と。

そして、あひんってなった。
これが手術、翌日の話である。

 

※ あひんは、ションボリーナと違い、ネーミングライツは私にはない。
古くからのゲーム仲間が、ぼそっと言った結果、身内で流行っている言葉である。

 

 

 

無理をしてしまった。
実は、高熱を発した原因は、私にある。
扁桃腺とは、かなり大きな「ぶつ」であることを述べたが、親指二個分(でひとつ、これを二個)ぐらいのサイズであった。
せっかくホルマリン漬けでもらったのに、写真を撮り損ねてしまった。

術後、翌朝の事。
喉に違和感がある、そりゃそうだ、巨大な部位を切りとったのだから。
だが、ご飯も食べるように言われたため、なんとか2割程度、無理やり流し込む。

昼ごはんだ。
こちらも朝に引き続き、全粥。
副菜、おかずもあった。
食べないと、治るものもなおらない。
完食した。

夕ご飯。
私は頑張った。
またしても全粥である、味はない。
塩分もよくはないためだ。

想像して欲しい。
私は医学の心得はないが、いままで肉であった部位、表面ではなかった部分が大幅に露出しているのだ。

泣きそうになりながら、全粥を完食。
最後に残ったのは、なんだっけ、大根か厚揚げだったと思う。
絶対に食べれない、食べきれないと思った。

ただ、、、
食べろって言ってたし、食べれば治ると思って。
全力で食べた、私は。

まだ少し血が出ていたが(喉から)
喉の傷口にご飯粒がつまるような感じがあったが、問答無用で喰った。
喰いつくした、そして完食した!!

よっしゃーーー!
勝ったぞーーー!
万歳したい思いで、ベッドの上、後ろに倒れ込む。
そのまま起き上がれなかった。。。

翌日、聞いてみると、、、
どうも全部食べろという意味ではなかったようだ。

その時の私の心中は、わかって頂けるだろうか。
とてもとても悲しかった。
(な、な、なんだと?)
(食べろって言ったやん!)
(え?みんな、ほとんど食べないから?だと??)
(痛くなかったですか?だって? 痛かったよ、とても痛かったよ!)

 

うめきつつ
お粥を食べて
ぶっ倒れ。

あひん!となって、
敗北感。

 

 

 

白衣の戦士たち
ホワイトデビルは、ちょっと撤回する。
これは別稿で触れるが、採血を求めるからといって「生き血を狙っている」と逃げたのは、やりすぎであった。
(これは先輩にうまいごと言って、その場(術前検査)をバックレようとしたもの。実際は、ちゃんと我慢して大人の対応をとった。)

 

ちょっぴり、真面目な話になるかもしれなので、そのうち別稿でしっかり書きたい。
触りだけ言うと、強いな、と。
ここは出会いというよりも、別れも多い場所、まずメンタルの部分で関心してしまった。
どことなく、空気が近い。
私にそんなことを言われても嬉しくはないかもだけど。
戦士の匂い、現場の匂い、狼の匂いがした。
それは尊敬の対象、ということ。

 

夜勤、しんどいはずだ。
私は、きつい。(だけど似たこともしてるが。)

腕も、決して太くはない。
これで人体という、それなりの重量物を持ち上げるのだ。
体力面でも相当なもので、精神力で補ってギリギリというところだろう。

それでも笑ってた。

 

ホワイトデビル改め、
時に、エンジニアだよ、
間違えた、エンジェル。

夜勤もさ、楽じゃないよね、俺は寝てるだけなのに。
それでも、12時すぎてんのに、疲れてても笑顔が出せるってさ、エンジニアだよ。
(エンジェルというよりもね。)

ブラック企業のデスマーチも行けそうだ。
技術の現場、鉄火場みたいな気合を感じた。
女性的な魅力?よりも、戦士、戦闘兵として評価したい。
エンジニアに近い空気を感じる、それは私になりは誉め言葉なのだけど、多分、嬉しくはないだろう。

 

 

 

まとめサイトから来た方へ
昨夜、高熱の中、ボロボロになって書いたエントリがまとめられている。
スレ建てしてくれた方のテクニックが素晴らしいな、と。
建ててくれた方に感謝、(あのわかりにくい文章に)コメントを入れてくれた方に感謝。
自分で読んでもわかりにくいし、後半はもう何が何やら、朦朧としていた。

現在、私が確認しているのは、痛いニュースマジキチ速報U-1速報おーるじゃんるふぇー速エクサワロスJACKLOG

そして、いつもありがとうございます、保守速報さん。

追記:
正義の見方様、俺的ゲーム速報@JIN様からも紹介を頂いており、遅ればせながら追記させて頂きます。

各管理人の皆様、そして各サイトのファンの皆様。
ご支援、ご声援のほどありがとうございます。
本当はコメント欄に赴き、お礼も伝えたいのですが、熱があるため休ませて頂きます。

今後は「①facebookへの流出に関しての問い合せ」及び「②F-Secure本社」へのアプローチを計画しております。公開質問状方式で、(一部の被害者と連名で)公人として責める。
さらに「各地方議会の議員向け資料」を完成させ、それを配布。
配布の際は、重ねてご支援のほどよろしくお願いします。

併せまして、当方の自己紹介でありますが、最近では「外国人の扶養控除」を取り扱い、全国の議会に陳情書を発送、(近日中に不採択となった議会を公開予定)また、「赤旗撲滅作戦」国保の外国人の詐欺可能性を指摘した者です。

案件を言われると「あぁ」と思い出して頂ける方も多いのでは?
それなりの成果は出してみせたいと思いますので、資料作成までもう数日いただけますと幸いです。
(熱があって、いまはこれが限界。)

 

 

 

これだけを医療関係者に見られたら怒られそうなので
テンプレのように以下も張っておきます。
(ホワイトデビル駐屯地対策?)

 

福祉制度について
以下の、国保の海外療養費(+高額療養費)については、会計検査院が入るという報道こそあったものの、調査結果は出ていない。
今年はやられていないのかな?

某有名女性芸能人の父について、国保詐欺の手口が明らかになったものだが、その逮捕前に国会に陳情に行き、無理やりアポを手配してもらい、功労大臣室にてプレゼン・資料配布まで済ませている。
(動画は、それを踏まえた上で、かつ伏せて撮影したもの。)

【小坪慎也】地方から正す外国人福祉政策問題

 

国保は、条例も財源も地方自治体がもっているゆえ、
地方議員として国保優先でスタートさせたが、
外国人の扶養控除の件との関連も鑑み、社保についても調査・チェックが必要かも知れない。

現時点では、外国人の扶養控除の件について負荷を集中。是正を求め地方議会に呼びかけを継続していきたい。
漫画でわかる外国人特権~税金がゼロになる仕組み

せっかくと言うと変だが、病院にいるのだ。
視察などの、外からでは見えないものもある。
中から見る空気というか、色んなものに触れてみたいと思う。
(準看の友人が多いが、看護師も厳しい。また介護職なども。)

 

とりあえず、手術は無事に成功しております。
入院は、事前にお伝えしたように二週間程度。
かなりの長期になります。

新しい環境とは、どういう状況でもワクワクするもの。
良いことではないので、もろ手を挙げて喜ぶことは慎みますが
何事も「知ること」「体験すること」には強い意義を感じるものであります。

 

 

 

専守防衛である。

そうそう。
f-secureの件だが、人が術後、発熱している状態で、Twitterで絡んできた「神田章」氏が原因。
  
術後、突然絡まれた。

SIELDSの就職について、三菱樹脂事件を例に、就職において不利になる可能性を指摘した際、東京新聞、現代、毎日などなど、あとyahooニュースでバッシングにされたのですけど、覚えている方もいると思う。
この際、神田なる方は「(私の)議員辞職をもとめweb署名」を集めていたらしい。
(忙しいから、よくわからない。意見書の取りまとめ作業に必死だったため。)

ただ。
人が病気の際である、
いかに中核派・過激派の疑いをかけられた彼とは言え、
いかに私を嫌っているとは言え、流石に無礼ではないか。
渦中においては「マジで入院www」みたく笑っていたと思う。

よって。
宣言の上、やらせて頂いた。
寝起きの子供はやかましい、起こしたやつが責任をとれ。
ある程度の範囲で巻き込まれる方もいるかも知れないが、そんなの知らない。

左派は、これは「小坪の専守防衛」であることをしっかり認識するように。
「先制攻撃はそちら」である。
ただでさえ不機嫌なところに、神田某が仕掛けてきたこと。

人が、ゆっくり寝てるときに、療養中に、ごちゃごちゃうるさい。
2日か3日か、よく覚えてないが、人がボロボロの時、起きるたびにこれである。
エフセキュアについてはどうせ焼け落ちるだろうから、(実際、入院中だし)私は放置しようかと思っていたのだ。気が変わった。
いま大変、不機嫌である。

なので。
もうちょっと撃ちこむ。
次は、Facebook本社とf-secureの本社。
打撃が出た分は、左派勢力は神田某に問うように。
俺は知らん。

 

労組がごちゃごちゃ言って来たら、下記のモザイクを取る。
【漫画でわかる】左翼デモ、動員の実態~自治労による日当疑惑(証拠付き)

共産党がごちゃごちゃ言ってきたら、赤旗についての指摘を再度、行う。
【赤旗問題】自治体職員への「赤旗」勧誘 自民党が実態把握の通達

修羅の国と自分で言ったら怒られるのだろうが、修羅の国から来た普通の修羅としてやらせてもらう。

いま、私は病気療養中なんだ。
うるさいと、いつもよりイライラしやすい。
覚悟して触るように。
ただでさえ、病院が怖いのだから。

 

 

おまけ:
手術直前の、Facebookの投稿。

 

 

手術直後の、Facebookの投稿。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

入院日記④発熱、手術直後の話。(まとめサイトから来た方へ) への25件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    入院日記④発熱、手術直後の話。(まとめサイトから来た方へ) blogの語源は、「web」+「log」(記録)であり、 ネットで書き連ねる日記のようなものだ。 私の場合、ほぼ資料としてのlog、意図をもって武器として用いて

  2. 保守マン のコメント:

    今回のエフセキュアについての、先生のブログを読んで思いました。

    先生、本当に本当にカッコ良すぎです、死語ですが、かなりしびれました。

    先生のことを応援し始めて、まだ数カ月の新参者ですが、私の中では、「もし万が一、安倍総理が倒れる(総理大臣の座から降りるという意味)ことがあった場合、安倍総理に代わって日本を治めてほしいリスト」に入りました。

    小坪先生を応援してきて本当に良かったなぁ。
    私たちでも協力できることがあれば、なんでもさせていただきます!

  3. にわとり のコメント:

    術後の経過が順調そうで何よりです。
    前記事にて、早速民事訴訟(スラップ訴訟というやつですか?)に言及された方がおられ、クスリとしてしまいました。
    早く美味しいものが食べられるといいですね。御身、お大事に。

    医療関係の方々も本当にお疲れ様です。ネタ患者として語り継がれるのかな?まあ、小坪さんのことですから、本当の意味で困ったことはしていない・・・と信じたいところです。

  4. 兵藤栄治 のコメント:

    小坪先生
      ご無事に、手術成功、おめでとうございます。全身麻酔ですか?
    どうか、ご無理なさらないで、お体の回復を最優先になさって、静養してください。
    私事ではございますが、手術の恐ろしさを、身をもって、体験してしまいました。3年前に、蓄膿症【副鼻腔炎】と、近くの医者に診断されました。紹介状を書くから、名古屋医療センター【旧国立名古屋病院】に行って、手術をするように、言われて、迷うことなく決心しました。当日、30分もあれば、手術は終わるし、簡単な手術だと説明を受けました。しかし、その後、想定外の事件が、発生しました。副鼻腔炎専門医なのに、なんと、私の目の血管を、誤って、切断し、右目が失明してしまったのです。今は、片目でなんとか生きています。回復は100パーセント不可能です。慰謝料も受け取っていません。100人中7人が、失明したと、後から説明されました。初めから、そういう説明をされていたら、切開手術を依頼しています。この専門医は、最先端が得意らしく、内視鏡で見ながら、細い鉗子を使っての手術です。「あなたの鼻の穴が小さすぎた」「鼻の中の腫瘍の裏には、目の血管があるのが、異常です」などと、言い訳ばかり言われました。医療裁判を引き受ける弁護士など、一人もいないのです。勝てないと、始めから、言われます。病院側は、お見舞金100万円だけを、提示してきましたが、納得できない私は、一円も受け取らずに、現在に至ります。「示談書」付きの「お見舞金」なのです。世間の常識とかけ離れた医療社会に、疑問と怒りを感じます。術中DVDを手に入れてきました。このまま、泣き寝入りするくらいなら、いっそ、YouTubeなんかに、upして、良識ある判断を、ネット民に求めてみたいと感じる次第です。
    どうか、ご期待ください。
    私事にて、失礼いたしました。
    先生の、議員としての復帰をお待ちしています。どうか、油断なさらないで、静養してください。                    名古屋市在住 兵藤栄治

  5. 名ナシ のコメント:

    なんか怖いです…よく扁桃腺のの腫れから風邪をひくので。
    そうか・・・こうなるのか・・・って感じで。
    明日は我が身です。

    医療費の不正受給の件で審査の甘い国保受給者を集めて受給させた
    暴力団の件を先ほど携帯のニュ-スで見ましたが、外国人の受給とか
    闇は深いですね。
    逆に彼等が騒ぐということは彼等が困るということなんでしょう。

  6. 彩戸 輝明 のコメント:

    手術無事成功おめでとうございます。
    私も以前に扁桃腺ではないですが手術をして便通には本当に苦労しましたのですごくお気持ちお察しします。普段、健康な時は日常生活でベッドの上でなんてしませんもんね。
    一般病棟に移って歩き回れるようでしたら大分安心な気持ちになれたかと思います。
    普段忙しくされてた分、ゆっくりご静養してください。

  7. ふぃくさー のコメント:

    いや、だいぶ元気になられたようで重畳の限りです。今日は(もう日付変わりましたけど)昼間はなかなかつながらず、夜に入ってからはまずつながらない状況でした。まとめサイトで相当のアクセスが出ていたのでそのせいかとも思う反面、反対派の攻撃でもあったんじゃないかとも心配していました。
    ・・・・絶対やりかえしますよね、性格的に・・・・却って敵を心配してしまいました(´・ω・`)

    • 小坪しんや のコメント:

      ふぃくさー様

      コメントありがとうございます。
      私は、例のWeb署名までならば、事を構えるつもりもありませんでした。

      しかし。
      これだけ病院が嫌いなのに、初めて手術して、熱が出てフラフラしているときに、ヘラヘラ現れたわけです。
      これは、許されない。

      周りで囃してた連中も酷い目にはあうと思いますが、そんなの知りません。
      私はですね、病院が怖いんですよ!
      すごいビビッてるんです、その時に面白くもない冗談をやられたとしましょう。
      どうなるかは、自明でございます。

      沸点が下がってるのは理解しております。
      しかし私が気を付ける気はない。
      喧嘩を売るやつが、気を付ければいい。
      わからないなら、脳裏に刻み込むつもりでガツンと行ってやる。

      病院が怖いから、許さない。

      • ふぃくさー のコメント:

        あはは、返信ありがとうございます。
        入院中のトピックには大笑いしっぱなしです♪

        さて、ちょっと真面目な話に戻しますと、ナースが強いというのは間違いないです。男の目で女性として見た視線であれば個人的には遠慮したいですが、業務執行能力という視点であればそんじょそこらの男共よりもよほど信頼できます。ハードな職業みたいですよ。肉親がナースをしており、「きつい。だからどんどん止めていって人手が慢性的に足りなくなる」という証言があります。

        また、F-Secureの件ではぜひ指揮をお願いしたいと思います。我が市にも働きかけて、絶対にマイナンバーへの導入を止めるつもりですので、入札時期の目安や対応方法などの指導を願えればと思っています。ただ、今から間に合うのですか? それだけが不安材料です。

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    前記事、【政治家の目線】エフセキュアについてのコメント欄、先程確認致しました。

    #SEALDs の皆さんへシリーズの時と同じ臭いの漂う方々からの久々のコメントと、その伸びに思わずニヤけてしまいました。
    小坪先生には大変申し訳無く思うのですが、正直に白状してニヤけてしまいました。

    そもそも連中は、日本を衰退させる為に日夜頑張り続けている輩です。
    外資系だとしても、日本で登記しているF-secure日本法人が衰退したり滅んだりする事は日本の国力衰退に繋がり、彼らにとっては非常に喜ばしい限りの筈です。

    なのに何故か、F-secure日本法人を擁護するかの様なコメントをしています。
    小生は、ここに違和感を感じる訳です。

    日本法人を衰退させ韓国系の資金を投入して乗盗る事は、彼らがとっても大好きな手口ですよね。
    しかし、なぜ今回は庇うが如く行動するのか?

    元祖”ぱよぱよちーん”こと久保田直己氏の教祖的カリスマにより、同胞が必死になって擁護しているのであろうか・・・?
    まぁ、無いでしょうね。
    アノ連中、内ケバ大好きですし。

    っで、あれば・・・

     1.国の中枢に打ち込んだパイプを、切られるとマズい。
     2.反社会的勢力を優しく包み込み雇用してくれる会社だから、潰れるとマズい。

    こんなとこかなぁっと、勘繰ってしまう訳です。
    香ばしいコメントがあったので。

    尤も、正確な理由などどうでも良いですが。
    確実な事は、F-secure日本法人が窮地に陥る事は、彼ら反社会的勢力にとってデメリットであると言う事が分かりました。
    これが、ニヤけた理由です。

    そうなれば、小さな事からコツコツと。
    地道にヤルべき事を積み重ねて行けば良い訳です。

    いやぁ~、何だかヤル気が出てきたなぁー。
    香ばしいコメントのせいで。

    あっ、そうそう全国大学生活協同組合連合会の石野雅之氏でしたっけ、ぱよちん久保田直己氏を罠に嵌めたのは。
    石野雅之氏があんな事しなければ、ぱよちん久保田直己氏もこんな状況にならなかったのかも知れないのになぁー。
    F-secure日本法人もこんな窮地に陥らなかったのになぁー。
    いやー、罪な方だ。

  9. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。

    …座薬……あぁぁ……心中、お察し致します…。

    でも、効くンですよね、座薬。
    「気持ち」「考え」「体感」
    …色々とギリギリの想いになります。(笑

    完全復活の為にも、
    「あひんっ」…を 是非、耐えて下さいませ。

    「正義の見方」さんでも、
    小坪先生のまとめが有りましたので、ご報告致します。↓
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/46846020.html#more

    早期・完全回復・復活、
    祈り、期待をしております。

  10. 七子 のコメント:

    大した手術ではないけど切除したことがあります。
    痛いですよね~( *´д)/(´д`、)
    何でこんな目に合わされなきゃいけないんだ?という敗北感と、謂われないイライラ😠血圧ドカ下がりでフラフラ。

    痛かったでしょうね。病院はゾッとします。
    二週間は長いですね~。ゆっくり体を休めて体力を回復して下さいね。

  11. トラっきぃ のコメント:

    今回のF-secureの件は「俺的ゲーム速報」でも取り上げられてました。
    もっと広く、この問題が取り上げられ、議員の活動が評価される様に願います。
    手術、無事に終えられた様で良かったです。
    今後も健康第一で日本国内のふざけた輩をぶった切って下さい。

  12. 助さん、拡散 のコメント:

    小坪議員、術後の速やかな回復をお祈りしております。粥を飲み下すというくだり、痛々しく、こちらまで喉元を擦ってしまいそうでした。これからは、出来るだけ体を動かしてお過ごし下さい。動かせる部位のみでも、絶対安静より、回復が早まるそうです。早く、痛みが退きますように。

  13. 駒上 のコメント:

    お大事に。
    まとめに載っていたのを見てびっくりしましたが、
    その後こちらにつながらなかったのでさぞ多くの閲覧が
    あったのだろうと思いました(笑)。

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    この北朝鮮の味方さんは、日本人の為に働く気がないなら、辞めていいと思います

    【維新の会】「拉致問題が解決したら我々は幸せになれるのか」「日本の出す名簿がどんどん変わるから北朝鮮も閉口」アントニオ猪木議員
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/30379024

    【これは酷い】アントニオ猪木参院議員「あんなつまらない国会は早くやめたい。“元気ですか〜!”や、マフラーもダメ。制約ありすぎ」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46852222

    余談で誰かの夫人関係とか。夫婦って似ると言いますが…

    【シュール画像】翁長知事の樹子夫人が座り込みに参加、ついでに踊る
    ttp://m.moeruasia.net/article/45945208

    【都知事選】 菅直人元首相の伸子夫人「原発賛成のおうちには、放射性廃棄物を庭先に置かせてもらう法案を出したいくらい」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/36106763

    【都知事選】細川元首相(76)の佳代子夫人「今立ち上がらないと、将来日本はなくなってしまう。最後の最後に、悔いのない人生を送りたい」候補者演説会に、細川氏の代理で出席
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/35809911

    • coco のコメント:

      >【都知事選】 菅直人元首相の伸子夫人「原発賛成のおうちには、放射性廃棄物を庭先に置かせてもらう法案を出したいくらい」

      原発反対のおうちには、電気の供給を止める法案を出しましょうか?

      原発については将来的にはメタンハイドレードや新しい国産エネルギーに変えていく必要性を感じますが、だからといって、今の反原発が単なるエネルギー論に起因するとも思われず。 
      ついコメントしてしまいました。大変
      失礼致しました。

  15. aジージ のコメント:

    どうでもいいけど面白い
    ずーっと応援しています
    打倒中国韓国

  16. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    遂に動き出したようです、Facebookのいいねを押したために
    プライバシーを晒されてしまった人たちによる集団訴訟を
    準備中とのこと、
    追伸
    いっそ俗世間から離れて静かな場所でリフレッシュしたらどうですか
    もうすでに日本人は覚醒しているので心配はいりません
    Xデーもすでに決まったようなので

  17. たろう のコメント:

    食事大変そうですね。でも正月には十分回復してオイシイおせち料理が待ってますよ。

    興味本位ですが、今「マーケティングマネージャー K」で検索するとトップに来ます。(若干同情を禁じえません。)
    転々とした経歴をみるとMacafeeからF-Secureとなぜかランクの低いセキュリテイ企業へ移っているようです。政治活動に熱をあげすぎたのでしょうか。
    推測ですが、F-Secureのエンジン部分コードはフィンランドでおさえられていて日本ではコードを見ることもできないのではないですか。それでゲートウェイとかファイアウォールなどの外側部分を日本法人で製造して付加価値をつけて売るような商売をやっていたので、そのマーケティングでもしてたんでしょうか。
    日本の中核のネットセキュリティが脅かされるとか組織的に食い込んでいるとか、そんな大げさな話ではないと感じます。

    どなたかすでに指摘されていると思いますが、ちょうど「アノニマス」というクラッカー集団が米国でもKKKの参加者リストをハッキングして暴露したようです。こちらもF-Seucreの社員のようで、日米同じような騒ぎが起こったことで、F-Seucreの大きなイメージダウンにつながるような気がします。

    今回のは意外と高齢者ですが、この世代は非常に反日教育の強かった時代に中学・高校生だったのではないですか。それで学生運動くずれの古参左翼に洗脳された人たちでないでしょうか。
    それよりも老婆心ながら非常に気になったのが、マンガの絵のひとつに子どもが使われていることです。これは悪意はなかったとは思いますが、やってはダメだと思いました。

    かつては左翼に汚染される日本を憂えるネットユーザーの人たちは、たとえば北朝鮮の学校認可に反対するのに、たとえば美濃部都知事がどういう風に北朝鮮の金日成に手玉にとられて、日本を無防備にしたか、北朝鮮から「一生分の高麗人参をもらった」と豪語する美濃部のアホぶりを風刺しながら世論を喚起していたことを思い出します。
    あくまで子どもや朝鮮人そのものをいじめるようなことはやってませんでした。権力に寄生して正義とみせかけた反日をやる左翼を罵倒していました。
    小坪先生の以前の漫画も外国人扶養をネタにして金をかせぐ悪徳弁護士を標的にしているのでそれは巧妙だと思いました。

    露骨な民族差別にエスカレートするとどんどん愉快犯が参加して言論活動が汚染します。
    外国人地方参政権などについても、ネット上の議論では大抵は反対側が優勢な議論展開をしていましたが、いつも最後は議論で負けたら、露骨な差別をやる連中がわーと急襲してきて議論がうやむやになってましたが、やつらは真正面から議論すると負けるので、そうやって議論をめちゃくちゃにして無効にしてしまうのです。

    当たり前すぎて大変余計なお世話かもしれませんが、
    ・子どもなど弱者を直接標的にしない
    ・家族を標的にしない
    ・脅迫まがいのことをやらない
    ・民族性批判しても民族そのものを敵視しすぎない、
    などというのは墓穴をほらないための絶対条件だと思います。

  18. kalevala のコメント:

    皆様のお蔭で、保守の灯は燃え続けており、本当に有難いことです。
    小坪先生、どうぞご無理されず、しっかりチャージして下さいませ。

    手術の後やリハビリで、ドクターや看護師さん達から
    「○○してくださいね〜」と言われるのは、少し高めの目標なので
    その通りに実行すると、後がつらいんですよね…
    また、「もういつでも退院していいよ〜」と言われるままに
    急いで退院すると、娑婆の風はきつい!ので
    一時的に具合を悪くする方が多いようです…

    徐々に、お仕事を増やされ、日中外出などもされて
    娑婆の暮らしと同等の負荷をかけても大丈夫、になったら退院!
    のような余裕を持った日程でも、よいのではないでしょうか。

  19. そろと のコメント:

    「あひんっ」

    心の お気に入り に、登録させていただきました。

  20. ピンバック: F-secure | ヒロユキの「やらないか?」

  21. のコメント:

    病気と怪我は治りかけが最も危険です。
    まだもうしばらくご自愛を。

  22. JL のコメント:

    もう早く退院させてあげてほしいけど、お美しい奥様が大変だと思いますのでやっぱりもう少し我慢しといてください。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です