【応援する人はシェア】朝日新聞集団訴訟、第1回口頭弁論


 

 

朝日新聞に対し、2万5千人からもの集団訴訟が行われている。
私も原告の一人であり、blogにて告知したため読者にも多くの原告がいると思う。

昨日、10月14日、第1回口頭弁論が行われた。
ラフな説明にはなるが、開戦の火蓋が切っておとされた!と認識してもらって構わない。

朝日新聞を糺す国民会議からも公式声明が出されているため、紹介を兼ねて報告させて頂きます。

 

関連
2014年9月27日 【参加の呼びかけ】朝日新聞を糺す(ただす)国民の国民会議
2015年1月23日 【原告の募集】朝日新聞への集団訴訟
2015年1月27日 【二次募集のご案内】朝日新聞に提訴いたしました。(スマホ対応)

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
asahi

 

 

 

 

 

朝日新聞を糺す国民会議
以下、訴訟を行っている「朝日新聞を糺す国民会議」の公式FBより転載。

 

「朝日新聞2万5千人集団訴訟」第1回高等弁論が開かれました!

 

昨日10月14日、「朝日新聞 2万5千人集団訴訟」第1回口頭弁論が開かれました!
傍聴席数の2倍を超える多くの人々が東京地裁に集まり、閉廷後の報告会も、熱気溢れる満場の中で行われました。
平日の昼間にもかかわらず、駆けつけてくださった皆様、本当に有難うございます!

公判では、朝日新聞の報道が我が国と国民に及ぼした「実害」について、「朝日新聞を糺す国民会議」議長の渡部昇一氏、前衆議院議員の杉田水脈氏、明海大学名誉教授の山岸勝栄氏らが力強く意見陳述しました。
その模様や、それに対して「実害はない」と請求棄却を求めた朝日新聞側の主張について、産経新聞(産経ニュース)が報道しております。

初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140008-n1.html

「日本人が恥をかいている」原告側が?実害?訴え いじめられ帰国した子供も
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140014-n1.html

 

産経新聞の紙面記事(10月15日)は、画像をご覧ください。

asa1

 

asa2

 

 

 

また、報告会における「朝日新聞を糺す国民会議」水島総事務局長の挨拶や、渡部昇一議長、杉田水脈氏、山岸勝栄氏、そして米国在住の桜井雄一郎氏、五十嵐ゆう子氏による発言など、詳細についても、産経ニュースで報じています。

原告側報告会詳報(1)「朝日の根性たたき直す」「謝らないから訴訟」
((1)のみ全文転載しております。2、3はリンク先をお読みください。)

クリックして下さい!
原告側報告会詳報(1)「朝日の根性たたき直す」「謝らないから訴訟」

 朝日新聞の慰安婦報道をめぐって約8700人が同社を相手取り、1人1万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁で開かれたことを受け、原告団が同日、都内で報告会を行った。朝日新聞の報道で、日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして起こした訴訟。約1万7千人が追加提訴した結果、原告団の総数は計約2万5千人に上っており、朝日新聞は争う姿勢を見せている。報告会では、この日の法廷で意見陳述に立った原告団代表者らが訴訟に対する思いを語った。詳報は以下の通り。

《約120席が用意された会場には、ぞくぞくと原告らが集まって満席状態となり、立ち見の人の姿も多く見られた。会の開始前には原告側の事務局を務める任意団体「朝日新聞を糺す国民会議」事務局長の水島総氏があいさつに立った》

 水島氏「皆さん、今日が戦いの開始。紆余曲折もあるだろうが粘り強く、一歩一歩やっていく。朝日新聞は10年ぐらいでは廃刊しないだろうが、廃刊するか、根性をたたき直すことは、裁判を通じてあるかもしれない。子孫に誇れることだと思う。これから何十年後かに会うであろう先祖たちに、『ちょっと、娑婆では頑張ってきました』と言えるような戦いになる」

 《水島氏のあいさつの後、原告団長の渡部昇一上智大名誉教授が姿を現すと、会場は拍手に包まれた》

 渡部氏「私は年寄りですが、昔のことは知っている。約30年前に従軍慰安婦という言葉が出たときは、そんな言葉は日本にはないと雑誌に反論した。従軍看護婦、従軍記者とかそういう人はあった。強制連行、そんなものはあるわけない。日本兵は軍人であり、徴兵は軍人だけ。徴用も男性だけ。人間が足りなくなると、学徒動員となった。男の学生は同じ中学生でも勤労動員。同じことをする女学生は勤労動員と言われず、挺身隊と呼んだ。当時の日本の男の考え方で、ものすごくシャープに分けていた」

 「当時は、強制連行で女性を連れ出すという発想はない。少しごたごたもあったのだろうが、少なくとも満州事件があった後は、朝鮮でごたごたはない」

 「(慰安婦の)募集の公告や写真を見つけてくれた人もいる。朝鮮の女性は親孝行で喜んで行く。大金がもらえて、大きな家が建つ。私の齢では、強制というのは本当に考えられない。朝日新聞の若手の記者は知らないが、30年ぐらい前には僕よりも年上ぐらいの人がいたはずだ」

 「嘘がばれて、朝日新聞は長い間直そうとしなかった。ようやく謝ったけれども、読者に謝っただけで国民には謝っていない。何十年も悪いことをして日本人に恥をかかせ続けた。私の娘もジュネーブの学校にいて、恥をかいていた。悪いことをしているのは明々白々。社長も謝ってまわればいい」

 「アメリカの従軍慰安婦像が建っている街にいって、建てさせようとしている人に私の新聞記事のインチキ記事に基づいていると(謝ればいい)。韓国の朴槿恵(パク・クネ)や中国の習近平でもいい。お宅の従軍慰安婦は、私の新聞のインチキ記事によるものだからやめてくださいと言えば、やめざるをえない。日本人が悪いことをやったら謝るというのは最初の発想。しかし(朝日新聞が国民に)謝らないから、われわれは訴訟を起こした」

《所用のため、会場を後にした渡部氏には、会場から改めて拍手が送られた》

http://www.sankei.com/premium/news/151014/prm1510140004-n1.html

原告側報告会詳報(2)「本多氏と植村氏を信じて恥ずかしく思う」「今まで教えた数万人にお詫び行脚」

原告側報告会詳報(3完)米国在住の原告も登壇「ロサンゼルスでは子供たちの間に誤解や亀裂」「戦わなければならない戦いだ」

後略

 

 

朝日新聞を糺す国民会議 公式HPにおいては、意見陳述を行った6名の陳述書も掲載されております。

渡部昇一氏(「朝日新聞を糺す国民会議」議長) – 渡部昇一陳述書(PDF)
杉田水脈氏(前衆議院議員) – 杉田水脈陳述書(PDF)
山岸勝栄氏(明海大学名誉教授) – 山岸勝栄陳述書(PDF)
桜井雄一郎氏(米国在住邦人) – 桜井雄一郎陳述書(PDF)
五十嵐ゆう子氏(米国在住邦人) – 五十嵐ゆう子陳述書(PDF)
荒木田修氏(弁護士) – 荒木田修陳述書(PDF)

 

 

次回公判は12月17日(木)に行われる予定です。
戦いは、まだ始まったばかりです!
皆様の変わらぬご理解、ご支援を、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

 

訴訟に参加した理由
私も原告の一人として、訴訟に参加させて頂いております。
また、朝日新聞を糺す地方議員の会においても、名を連ねさせて頂いています。

この訴訟は、当然ながら勝たねばなりません。
しかし、勝ち負けにこだわって参加したわけではありません。
いくつかの理由を記します。

 

一人の日本人として。
私の祖父も従軍しました。
祖先の名誉を護るため、これを汚し続けた朝日新聞に対し、
保守とか政治家とか、そういう括りは抜きにして
「しっかりと意思表示」をしたかったからです、一人の日本人として。

 

政治家としての思い。
報道が野放しにされ、報道の体を為していない現状。
これを放置することは、民主主義の崩壊を是認することと同義です。
正しい判断情報が有権者に伝えられ、その判断の集大成として議会はあります。
その情報が歪められるという状態は、民主主義自体が歪められるという危険な状況だと考えております。

この行き過ぎた状況、民主主義を破壊する横暴に、
ブレーキを掛けねばならないと感じたのです、一人の政治家として。

 

保守ネット論壇に在る者として
ここに日本人がこれほど集い、怒りを法的手段として発露させたこと。
多大な負荷がかかる手段に、ついに打って出たということ。

手段はリアルでありますが、
そこに集った者の大半はネットを経由してのものでありましょう。

偏向報道に、そして朝日の誤報を問題提起し続けてきたネットが、
ついに、ついに、相手のフィールドに踏み込み、明確な意思表示を示したこと。
これは非常に大きな一歩であると考えています、保守ネット論壇に在る者として。

 

 

 

長い長い戦いです。
私のblogの記事で振り返ってみました。
結成の呼びかけは、昨年の9月27日 【参加の呼びかけ】朝日新聞を糺す(ただす)国民の国民会議です。

原告の募集が開始されたのは年を越した翌1月です。
2015年1月23日 【原告の募集】朝日新聞への集団訴訟
2015年1月27日 【二次募集のご案内】朝日新聞に提訴いたしました。(スマホ対応)

 

特に私のblog読者の場合は、延々と言い続けているため、理解はして頂けると思いますが。。。
リアルで動くということは、ひどく時間のかかるものなのです。
そして、とても大変です。

訴状ひとつとっても、相手のあることです。
金に物を言わせた凄腕の弁護士も出てくるだろう、相手の防御網を想定しつつ組まねばなりません。
ネットと違い、言って終わりというものではありません。

こちらの発言にミスがあれば、そこを突かれて不利になる。
単にgoogleで調べて終わりというわけにもいきません。

これらの事務負荷は、無償ではありません。
お金がかかるという意味のみならず、そこには膨大なマンパワーが必要であることを忘れて欲しくないのです。
人が手で、そしてプロが大量に動くのですから。。。

結成より一年を経て、やっと「第一回 口頭弁論」です。
これは裁判のスタート、序盤戦に過ぎません。
ここから戦っていくのです。

クリックひとつで進んでいき、「戻る」というボタンのあるネット。
このツールに慣れてしまうと、ひどく遅いように感じるかも知れません。
しかし、現実社会で「しっかり戦うこと」とは、本当に腰を据えて戦うということは、
これだけの手間暇を要するものなのです。

・・・代わりに、絶大な破壊力を有する。
モニターの前で嘆いても、スマホで愚痴っても効果は薄い。
彼らのフィールドに出て行って、戦う必要があるのです。

この裁判、いったいいつまで続くだろう。
2年か3年か、それとももっと、か。
私は諦めず、支援し続けたいと思う。

保守がこの「継続性」を身に着けたとき、
ネットは、本当に強力な発言力を有するようになると思う。

 

 

日本を取り戻すための

 

最初の一歩、大きな一歩。

 

何もせねば変わらない。

 

この怒りが、愚痴で終わるのか

 

それとも細い矢となり放たれるのか。

 

一歩を踏み出す勇気を持ちたい。

 

腰を据えて、しっかり戦おう。

 

賛同して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

13 Responses to 【応援する人はシェア】朝日新聞集団訴訟、第1回口頭弁論

  1. medakanoon のコメント:

    【応援する人はシェア】朝日新聞集団訴訟、第1回口頭弁論 朝日新聞に対し、2万5千人からもの集団訴訟が行われている。 私も原告の一人であり、blogにて告知したため読者にも多くの原告がいると思う。 昨日、10月1

  2. ふぃくさー のコメント:

    やっとスタートしましたね。
    応援しています。
    頑張ってください。

  3. けんたねこぱんち のコメント:

    自分は日本人として生きていて、それが誇りに思えて人生を過ごした人間です。
    ご先祖様も尊敬していますし、先の大戦で祖国を守るために命をとして行動出来た方々も尊敬しています。
    ハッキリ言うと自分の尊敬している物、人物を辱める行為は看過できません。
    虫唾が走る思いです。
    当然、そういった行為を安易に自分の利益のために利用した奴は許せません。
    原告側として参加出来るようになれたことは嬉しく思います。
    自分が気がついたのは中山成彬先生のネットでの発言でした。
    今後もこの動向はしっかりと見つめ、行動できるときは行動したいと、自分なりにできることはしたいと思っています。
    この流れは拡散して広めたいと思います。

  4. 生野民 2 のコメント:

    私も原告の一人だが、何としても朝日に責任を取らせたい
    今回騒ぎに、なってる南京については朝日は日本側に立ってるが
    本当は朝日記者の本多が日本で南京捏造を広めたんだが、流石に日本では信じる人間はなく
    これ以上、自分たちの捏造で会社を危機に落としたくないので南京は捏造みたいな
    報道をしれっとしてる、南京の世界の報道をみれば殆どが証拠のないプロパガンダと
    言ってる、左翼のカーディアンですら見出しこそ印象操作をしているが、証拠が
    さっぱりないので、日本のリベラルな朝日新聞まで批判してると報道してる
    これは海外報道における朝日の役割がはっきりした証拠だと思う
    海外に朝日が捏造したと認めるのが、売春婦騒動の火消しになるし
    最終的には国連も動かせると思う、朝日グループ全体で捏造であったと世界に
    認識させたい
    この裁判を報道しないで、志位ルズの奥田の自演を報道してるマスコミって
    本当に朝鮮人しか働いてないのかって、疑問がわいてくる

  5. id のコメント:

    仕事をするということには何らかの強制性がある。
    勤務地や勤務時間、業務内容。
    当時、合法だった売春業も同じ。
    売春業に強制性を問うことはばかげている。

  6. enn のコメント:

    私も原告の一人です。

    私は 2013年5月に清田治史氏の講義を受講しましたが その時少なからずショックを受けました。

    以下清田氏の発言です。
    「この会場に朝鮮の方はいらっしゃいますか 私はその関係者です。」 
    「もう朝鮮の人たちは 日本になじんできたそろそろいいだろう。」

    新聞記者が 日本人ではなかった。ということと 「そろそろいいだろう」が
    何かの勝利宣言に聞こえたからです。

    まだ問題が発覚するまえでした。慰安婦の記事で出世された方らしいのでそのことをおっしゃってたのだと思います。なんか毒が回るのをまっていたようで嫌な感じがします。

    大学の先生も 朝日新聞のおかげで著作物も売れるせいか 朝日新聞に頭が上がらず
    講義や論文が半島よりのものを いつまでも国内海外に発信されているようでは
    困ります。 それ以外に単純に信用されていた先生もおられたようですが。

    価値ある裁判ですので 先頭に立っていただいてる方々には 大変なご心労をおかけしますが 微力ながら応援いたしますので よろしくお願いいたします。

  7. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    海外での害国人による日本人や日系人虐待

    【アメリカ】在米日本人が韓国系住民から嫌がらせ・人種差別を受ける!  日本人だと分かるとレストランでは「ラーメンにつば」「冷えたライス」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/36395184

    日本人を『糞喰い』と罵倒してアメリカ人を洗脳中
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50425061

    日本人への国内でのヘイト??

    レイシストの不遜日本人は日本から出て行けばいいのに
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/35939885

    【在日】辛淑玉「あなた達が強姦して産ませた子供が在日韓国朝鮮人」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/33064232

    朝鮮学校の生徒が「日本人ぶっこ、ろすぞ」とツイートして炎上
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/32918133

    在日韓国人「ウヨ女は覚悟しとけよ。お前らはレ○プ対象なんだよ。妊娠や肛○裂傷、○房の切り落とし、ドリルバ○ブ拷問される覚悟でデモに参加しろ!しばき隊が監視してるからな」
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/34195982.html

  8. XXX のコメント:

    並行して、余命20号 事案についての、官邸、自民党への発信も進めましょう。
    外国人の扶養控除、違法な生活保護、etc、
    弁護士会の既存の枠組みをなくせば、ばんばん集団訴訟が可能となります。
    集団訴訟資金:10万人×1000円=一億円 は、最低あるとみています。
    https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    http://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html

    ——-
    余命20号 新弁護士会の設立について
    テーマ 余命20号 新弁護士会の設立について
    要望
    現状の日本弁護士連合会は、本来の弁護士業務から逸脱し、一般国民には常識から外れ、偏向した政治組織にしか見えない。もしそうでない自由だというのならば、加入義務は必要ないことになるし、弁護士活動にも制限はいらないことになる。
     まさか弁護士が詭弁を使うことはないだろうから、問題を提起した弁護士が弁護士会を訴えるという裁判を起こしたこの機会に弁護士法を改正して、複数の弁護士会の設立を認めるべきであると考える。すでに強制加入の弁護士会が一つという現状は、国民にとって百害あって一利なし。意味がなくなっている。
     ちなみに訴訟案件の概要は以下のとおりである。
    日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」などとして、南出喜久治弁護士が1日、日弁連や所属する京都弁護士会、それぞれの会長などを相手取り、ホームページ上の意見書や会長談話の削除と100万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こした。
    問題となったのは今年6月の「安全保障法制改定法案に反対する意見書」や平成26年7月の「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明」など計15本。
     原告側は訴状で、弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられているとした上で、「(声明として出される)文書は正規の機関決議を経たものではなく、文章を作成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない」と主張している。
    提訴後に会見した南出弁護士は「日弁連は特定の意見を表明する政治団体になっている。 主張したいならば強制加入の団体ではなく、賛同者を集めて任意団体を作ってやるべきだ」と訴えた。
     以上について早急な対応を要望する。

  9. 名ナシ のコメント:

    私も原告に参加させていただきました。
    祖父が満州に出征、シベリアに送られ帰らぬ人となりました。
    国のために戦ってくれた多くの先人を愚弄するような朝日新聞の
    対応は断じて許せません。
    たとえどれだけの時間を費やそうと戦いましょう。

  10. チャンネル隼人 のコメント:

    僕も原告の1人で、募集開始のごく初期に名を連ねました。

    今は各個撃破(本来の意味は違うけど)で朝日が対象ですが、
    そのうち地方紙(共同通信も不可分)も・・・。

    なぜならば。

    NIE(Newspaper in Education、教育に新聞を)という学習方法があります。
    鹿児島県でも複数の中高で導入しているのですが、
    そこでありがちなのが、
    地元紙すなわち南日本新聞「だけ」を題材に授業を進めるということ。
    南日本新聞が紙面を提供して(記事を指定して?)、
    南日本新聞が取材して、
    南日本新聞が翌日朝刊で写真入りで報じる・・・。

    中高生が新聞記事を批判的に読む、ウラを読む、不備を読む
    ということが自主的にできればよいのですが、
    まさか題材を提供した南日本新聞担当者がいる教室で
    教師が「新聞記事の(批判的)読み方」を教えるはずはないし、
    所属記者もそのような話はしないと思うので、気がかりです。

  11. たろう のコメント:

    今さらですが、大勢のメディアで無視されているように見えます。
    日本のメディアの異様性が実証された感じです。
    もし集団訴訟側に不利な判決がでたら、その時にさぞ嬉しそうに報道するのではないでしょうか。
    朝日新聞の従軍慰安婦騒動は世界の普通の常識で考えたらメディアによる犯罪そのものです。

  12. 関西太郎 のコメント:

    ネットよりこういう物があると知りました。
    以下、転載します。
    朝日の南京マッチポンプが真実か、世界の眼が真実か……
    裁判でついでに南京も取り扱ってもらいたいものですがw
    無理だろうけど。

    『厦門と広東南京と漢口』南洋協会 昭和13年より抜粋

    パトリック・スミス氏はその印象記(※)の中に重大なことを記述している。

    (※英国陸軍大尉パトリック・スミスが、南京などを三週間にわたり視察。その状況を「中支印象記」として東京日日新聞に寄稿)

    「支那の農民の大部分は支那兵に対して紛れもなく深い反感と憎悪の眼を向けている。
    支那の逃避兵が日本軍の眼をくらますために農夫を殺して、その衣服を着替え、死骸に自分の軍服を着せ証拠を煙滅するために農夫の家族を皆殺しにして沼沢地へ投げ込むことは随所に行われ、少し調べられると忽ち化けの皮が剥がれて銃刑に倒れるのを私は何度か目撃した。
    南京陥落後、蒋政権びいきの外国新聞が伝えた反日デマの一パーセントだけでも事実だったとすれば、今日の南京の少女達は日本人の姿を見る度に逃げ隠れてしまふ筈だ。
    漢口にしてもさうである。漢口に踏み留った一英国人が、ロンドンにいる妻に宛てた手紙を私は預って上海に戻ったが、その英人は私に読んでも差支へないと言っていたからここにニ三行引用して見やう。
    『僕の知っている漢口占領の日本軍は、軍紀粛然
    たるもので、僕等の誇る英国の軍隊でもあれ以上に綱紀を厳守し得るとは考へられない』」 

    因みにスミス氏が調べたところによると、南京が他より被害が大きかったのは商人達が早くから家財纏めて逃げたので、シナ兵が略奪する物がなく腹いせに商店街中心に根こそぎ破壊したから。
    蘇州は前もってシナ軍に賄賂渡し戦火を逃れ、漢口は宣教師ジャキノーが罹災民救済目的で集めた巨額な金を支那軍首脳に提供して焦土抗戦を手加減させた。
    南京大虐殺はデマであり、シナ人を殺したのはシナ兵である。
    日本軍が殺したのは便衣兵。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    また日本人の感情を逆撫でする事をやらかしておりますね

    【アカヒ】朝日新聞編集委員・豊秀一記者が韓国で講演、「メディアや安倍政権誕生によって歴史修正主義が加速」「ネット上では“慰安婦は朝日新聞の捏造”などのデマが広がった」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46607718

    日本人の子供を取り巻く環境が(思想的に)いかに有毒だったか分かりますね

    北海道の公立学校で『アベ政治を許さない』クリアファイルを配布か、有無を調査 ⇒ 配った教職員組合側は「学校現場を萎縮させる」と反発
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46606684

    保育園運動会の国旗掲揚に発狂!「国民教育を強制するな」
    ttp://m.moeruasia.net/article/45721060

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください