【元SEALDs・東大教授】『(安倍政権は)紛れもなくクーデター』→江戸幕府が明治維新するようなもの【何を言ってるんだと思ったらシェア】


 

 

ネットを見ていて、ぶったまげた。
元SEALDsの方が「安倍政権はクーデター」とだとtweetしたそうだ。

 

 

14993349_1221393964598152_4320557120729222319_n

 

 

 

実際のtweetはこちら。

akmbxjxjaqobkpv1478399010_1478399154

 

もしかしたら知らないのかも知れない。
政治関係者として、少しだけアドバイスをさせて頂きたい。

安倍政権は、クーデターを起こされる側であって、自らクーデターを起こすことはない。
江戸幕府が明治維新をはじめるようなもので、「政権を奪おう」として暴力行為などに訴えるわけです。

元から持っている人は、やりません。
ゆえに、安倍政権がクーデターをすることはありません。

言うなれば、社長が自社に対して労働争議どころか、
むしろ暴力的な手段に訴えてですね、
「社長の椅子を俺によこせ!」と社長がやるでしょうか。

安倍政権がクーデターを起こすというのは、これと同じぐらいの衝撃を私に与えました。

 

 

 

クーデターとは?
先ほどから「暴力」という言葉を使っております。
クーデターの定義は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を指すからです。

調べたところ、語源はフランス語。
「国家に対する一撃(攻撃)」を意味し、発音は(ク・デタ 発音例) 、英語: [?ku?de??t??](クーデイター)だそうです。
英語では単に「coup(クー)」と表記されることが多い。
(正直に申しますと、フランス語ということは知りませんでした。)

 

よって、クーデターとは「暴力」を伴うというのが、一般的な解釈でありましょう。

 

 

 

ちなみに、私はSEALDsに非常に優しく接してきたつもりだ。
だから今回も優しい。

政治活動は推奨は(学生に)しないが、悪いとは思わない。
ただし【公安監視対象団体】と混同された場合には、就職に響くことをアドバイスした。
慈愛に満ち溢れているつもりだが、どうも上手く理解してもらえなかったようだ。

 

シリーズ:SEALDsの皆さんへ
?は法案の賛成・反対を考慮せず、学生に理解して頂くことを第一義として書いたため、「その他の大人の方」は、まず最終章よりお読みください。
いま読み返せば、意図はわかると思う。
本当にイデオロギーを抜きとした、心からの文章である。

#SEALDs の皆さんへ?就職できなくて #ふるえる

続 #SEALDs の皆さんへ?法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる

続々 #SEALDs の皆さんへ?サヨク指揮官級に告ぐ、正々堂々と行こう。

【動画】続々々 #SEALDs の皆さんへ?過激派とは距離をとれ

最終章 #SEALDs の皆さんへ?若い議員から、若者たちへの手紙

番外編
@jcast_news は間違っている。私はそんなことは書いていない。

 

嘘だ、デマだと散々に叩かれたが、実際に就職できなかったようだ。
だから言ったじゃないか。

#SEALDs の皆様へ、やっぱり就職できなくて震えた。?「働き口をください。助けてください。」
#SEALDs の皆様へ、申告できなくて震える。?僕らの終活日記(中編)

 

 

 

東大教授は大丈夫か?
SEALDsは学生さんゆえ、もとい当時は学生であったでしょうから、
その括りで知識不足を指摘し続けるのは、いささか可哀想でもございます。
よって、私はアドバイスとのみ、させて頂きます。

 

ですが、それが教授となれば別である。
しかも、またしても東大ときた。
さらには法学部である。

三拍子そろっているのが、東京大学法学部教授の石川健治氏。

 

あの日、日本でクーデターが起きていた。そんなことを言われても、ほとんどの人が「何をバカな」と取り合わないかもしれない。しかし、残念ながら紛れもなくあれはクーデターだった。そして、それは現在も進行中である。
一見、民主主義の正当な手続きを踏んでいるように見えるが、決してそうではない。今回日本の政治に起きたことは、後世にまで禍根を残すことになるだろう
国民を置き去りにした状態で法秩序の連続性を破壊する行為を、法学的には「クーデター」と呼ぶ
今回日本が失ったものの中で、最も大きかったものは「理屈が突破されたこと」

(後略)

あれは安倍政権によるクーデターだった/石川健治氏(東京大学法学部教授) より抜粋)

 

言論の自由がありますから、好きに表現されれば良いとは思いますけれど

それが「東大の教授」しかも「法学部」となれば、この発言はどうなのかなぁと思います。社会的な影響とか立場など、です。

 

>国民を置き去りにした状態で法秩序の連続性を破壊する行為を、法学的には「クーデター」と呼ぶ

こんな定義が、法学上あったのですね。
私が不勉強なのでしょう、存じ上げませんでした。

ただし多くの国民も同様の状況かと思います。
となれば、石川健治氏(東京大学法学部教授)は「国民を置き去りにした状態」で論を展開しているわけでありますが、

そんな理論がなかった場合はですね、石川健治氏(東京大学法学部教授)は「法秩序の連続性を破壊する行為」を行っていることになるわけです。

なるほど、
つまり、石川健治氏(東京大学法学部教授)は
「国民を置き去りにした状態」で
「法秩序の連続性を破壊する行為」を行っている可能性も
若干ながらあるわけですが、この教授の論理も「クーデター」ということにならないでしょうか。

 

これをジョークと受け取って頂いても結構ですが、
こんなに簡単にツッコミを受けるような自論展開を行うというのは、
東大のレベルって果たして大丈夫なんだろうか、と思うのであります。

正直、びっくりしました。

 

先日も問題を起こしていますし、東大は大丈夫なのか。
教授の人材とか、そのあたりはどこか監査しているのだろう。
「監視されぬ権力」を民主主義は認めていないと思うのだけど。

 

 

 

とりあえず。

 

安倍政権は、クーデターを起こせません。

 

というか、起こしません。

 

江戸幕府が明治維新を起こすような話です。

 

納得して頂けたらFBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

19 Responses to 【元SEALDs・東大教授】『(安倍政権は)紛れもなくクーデター』→江戸幕府が明治維新するようなもの【何を言ってるんだと思ったらシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【元SEALDs・東大教授】『(安倍政権は)紛れもなくクーデター』→江戸幕府が明治維新するようなもの【何を言ってるんだと思ったらシェア】 ネットを見ていて、ぶったまげた。 元SEALDsの方が「安倍政権はクーデター」

  2. 波那 のコメント:

    クーデターって軍部が武力を使って時の政権を転覆させ、国家機能を停止させ、メディアを掌握したりする行為だと単純に思ってました。つまりその国の行く末を憂いて起こすか、権力を掌中に収めたいが為に起こす政変なのだと。どういう定義で使われたのか分からないですけど、要は総理を強権的過ぎるということにしたいのではないですか。あれほど辛抱強く民主的に事を進めようとしている方はないのではないかと思う位、内心ウンザリなのは間違いないと思いますが総理の野党相手の懇切丁寧な国会質疑、頭の回転の早さにはいつも感心してしまいます。

    サヨクって安倍総理に対して個人的な怨念でも有るのかという食ってかかる、噛みつくような独断的な言い方をしますよね。あの人達にとっては総理は何か精神のバランスを崩してしまうような威圧でもあるのでしょうか。何をしても下がらない支持率にイラついているのかも知れません。

    飲み屋で出会う東大の先生がいい人です。何学部とは言いませんが、とても分かる筈はないわの分野の話を聞いてる時、こちらのレベルまで降りてきて話して下さるので何となく分かったような気になれます。今度出会うことがあれば、この二人の教授の名前を出して先生に聞いてツマミにしたいと思います。

  3. 由秋 のコメント:

    ぶっちゃけて言えば、大学教授っていうのは「徒弟制度」ですから。
    GHQの公職追放令で、東大を筆頭とする有名大学の文系学科の教授は全員「赤い踏み絵」を踏まされ(踏まない気概のある方々は全員退職)、その後はそういう方々が自分らの疚(やま)しい立場を守るため汲々としてきたわけです。
    そうして、そういう方々は、自分たちの立場を守り続けてくれる後輩ばかりを選抜・育成し後任教授に任じてきて(逆にいうと自分らの立場を危める恐れのある後輩は徹底的に排除し続けてきて)今の惨状があるわけです。
    そうやって自分のトンデモな反日学説を守ってくれる後輩ばかり後任に選抜してきたことから、人材の矮小化も随分と進んでいることでしょう。
    近年は日本の理系学科からノーベル賞受賞者が輩出している一方で、このSEALSシンパの教授などは、文系学科は世界の学問水準から完全に落伍して、どうにも救いようがないほどにガラパゴス化が進行している証左でしょうな。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    小坪先生にお願いがあります。
    彼らの言語らしきものに、正論を浴びせないであげて下さい。
    そう言う民族だとでも思って、コチラ側が彼らを理解してあげて下さい。

    小生も常々感じては居たのですが、彼らは「言葉には意味がある事を理解出来ていないのか?」と疑問に感じる発言が非常に多いのです。
    彼らが作り出す用語も、その傾向が高いですね。
    ”生前退位”なんて用語は、その典型例ですね。

    更に彼らの傾向としては、似たような概念の区別が出来無い様に感じます。
    従って、似たような言葉なら、よりインパクトを感じる方を好んで使います。
    明らかに区別でしかない事柄に対し、差別と言う用語をあてはめたり、永住許可を永住権と言い換えたり。
    そう言えば昨日の投稿にも、何にでも権を付けるのは如何なものかとありましたね。

    言語と言うものは面白いもので、文明が高度になり概念が増えるに連れて、似たような概念でありつつも、異なる意味を持つ用語が増えるらしいです。
    逆から捉えれば、暴力が支配する様な原始的な社会であれば高度な概念はあまり必要ありませんので、必然的に用語が少ない社会が形成されます。

    嘗て日本が統治した地域では、高度な概念が存在しなかった為にそれが近代化の足枷になっていた為、近代化の過程で多くの日本語がそのまま、或いは当地の発音にアレンジされて採り入れられて現在に至っています。

    若し、暴力が支配する様な原始的な社会に身を置く者が、急に高度な概念を持つ社会に出てきた場合、その微妙な区別が出来ずにより分かりやすい用語を使用するのだとすれば辻褄が合います。

    只でさえ日本語は微妙な意味合いを持つ言葉が多く、更に日本語は在来日本語よりマッチングする用語があれば、多言語からも容易く採り入れて消化してしまいます。
    クーデターと言う用語も然りですね。

    最近では高度な概念が存在する社会言語である英語ですら、そのカバーしきれない意味を補完する為に日本語が使われる様になりました。
    津波などは典型的な例で、英語では”Tsunami”で通用します。

    余談ですが、ケント・ギルバート氏は英語を日本語に翻訳するより、日本語を英語に翻訳する方が難しいと仰っておられますし、どなたか忘れましたが言語学者の方は、日本語をマスターするだけで言語学のエキスパートだとも仰っる方も居ます。
    小説家などの言語を商売にする方のボキャブラリー一つとっても、英語圏の小説家と日本語を使う小説家とは格段に差があるのだそうです。

    扨て、世のパヨク様の多くが意味に拘らずに、用語を誤用し妙ちくりんな主張を恥ずかしげも無くひけらかすのは、彼らの周囲が暴力が支配する様な原始的な社会であり、しかもそれを維持すれば良いと考えている為に、厳密な意味合いの違いを必要としてい無いのだとすれば、これまた辻褄が合う様に推察します。
     
     
     
    これまた余談ですが、某大手証券会社の部長にパヨチン様がいらした様ですね。
    あぁ?、Fセキュアを思い出してしまいました。

    • 波那 のコメント:

      かって闇のキャンディーズと称されていたパヨチン様の有り難い御言葉:
      ぶるってんじゃねーよ!ネトウヨ!お前ら、覚悟してヘイトしてきたんだろ?
      仕事もクビ、学校からも追い出されるのを覚悟でさ!今更、逃げるなよ!逃げないよな?
      どんな社会的制裁があろうとも、お前ら自信を持ってやって来たんだろ?

      この方の口から繰り出される言葉の数々には正直、青ざめましたね。ヘイトスピーチの真髄を見せられたような気がします。サヨクの皆さんにはヘイトスピーチを勝手に定義づけするのをやめて頂きたいですね。

  5. 月光仮面 のコメント:

    左翼は自分たちが天下を取っていると思っているのです
    それは 世間が逆らわないから 世間が意見を言わないから
    でも 今 日本は目覚めようとしています しているんです
    その一例が 小坪先生です それに同調して集まっているのが
    このHPです そして 左翼が天下を取っていると思うのは
    デモしても 道路封鎖しても 警察は遠くから見ているだけ
    このように言えば語弊もありますが 実際はそうなのです
    そして 世間も知らないふりしているのです 駅前で
    マイクもって 嘘を言っても日本を壊したいと言っても
    通行人は知らないふり 今を生きるために 関わり合いを
    持たないようにしているのです だから 左翼はやり放題
    でも SEALDsは就職できないと言われていますよね
    これは 日本が目覚めようとしているのです 学生の皆様
    このような先生たくさんいますよね このような先生の
    講義を受けると就職できなくなりますよ そして
    日本は企業もこれから もっとよくなります 経営陣が
    考えを変えると思うのです シャープ 東芝 三菱自動車
    などなど つまずいたのは経営者です これからは 変わると
    思います 派遣も考え直されると思いますよ 丸投げの
    下請けも変わると思います 日本自体が目覚める時が
    来ているのだと思います 憲法も変わります 皆様
    この日本人が 周りを見てください この日本人が 戦争で
    悪い事をするわけないでしょうが 目覚めましょうよ
    今から このネットが道具になるのだと思います

    このような大学の先生の講義を受けていいことはありません
    もっと有意義な講義を受けて自信を持って社会に出てくださいね
    そうそう 電通のような企業に不幸にも就職しても辞めて
    出直してください でも 黒い企業は辞めさせないとかも聞いたことが
    ありますね 事務の仕事で入ったけど辞めさせてくれないと
    言っていた人が居たと聞いたことが有ります これも 
    警察に政治家に言いたいのは自殺した後の捜査は何もならに
    ここは 日本の改善するところではないでしょうか 日本にFBI
    が必要だと思います これは 絶対に必要です。

  6. まりちゃん のコメント:

    本当に賢い人は無知な相手を絶対に怒らないよ。 分かるように優しく説明してくれる。
    アホウな権威者はこっちがワケワカ状態なのにイキナリ怒鳴りだす。これアホの証拠。

    今迄の経験で学びました。

  7. 大和の国の日本人 のコメント:

    今日の読売新聞に「侮蔑の意味も含まれる支那という言葉(だったかな)」等とトチ狂った持論をまたしても展開していましたねえ。世界中が侮蔑してるのですか。まあ、冷笑されるような行動をしていますからねえ。
    宮家でのお言葉「譲位」をシカトし生前退位も「譲位の意味があるので使用する」等と歪曲した意味で日本語破壊を続けています。
    退学、退却、退部、退陣…退くの意味は「自らがその地位や場所から存在を無くす事」でしょう。
    これらの言葉にはどこにも「譲る」という意味はない。

  8. 生野区民 2 のコメント:

    東大の教授と言っても多数にいて、殆ど教鞭をとってない人間が大半
    パヨクのコネで、教授になったんだろうが本当に日本の恥
    昨日のしばき証券の部長と同程度の、能無し

  9. 旧新人類 のコメント:

    その昔に自称知識人とやらが得意になって主張していた、「知のパラダイムシフト」がアカデミア外で静かに(?)進行中です。頭が硬直化したぱよくは、参加できなくてカワイソー。その悔しさで、わけのわからないヒステリーを起こしているのでしょうか。

  10. Augusta のコメント:

     この人は東大法学部教授という肩書をもって、クーデターという言葉に新たな定義をしたわけですね。ですが、『法学的には「クーデター」と呼ぶ』の部分は間違っています。主張に着ぐるみを被せて大きく見せたかったのでしょうが、見合わないんじゃないでしょうか。

    自分で調べようとしましたが、言いたいことを全部書いてる人がいましたので紹介します。
    http://irumashinjuku.net/?p=9502

  11. 親日日本人 のコメント:

    8月革命説の宮沢俊義すら、なまぬるい!とかいう9条カルトが東大法学部です。

    頭は悪くはないですが、使い方を大いに間違っているのが、彼らです。

  12. みっくん のコメント:

    小坪海岸?油壺?葉山?
    安倍晋三って偏差値の低い大学出てるそうですね!
    赤旗読んでみたいです。試読は出来ますか?

  13. 月光仮面 のコメント:

    おバカが居ますね あはは つい書き込みしています
    おバカさんはいはい

  14. 月光仮面 のコメント:

    小坪先生全く違う書き込みをお許しください
    ユーチューブで外国人に生活保護の問題で 宇都隆史という方だと
    思いますが国会での答弁を見ました この外国人に生活保護は
    日本人の年金より高い金額だそうです そして 何故支給するのだろう
    私 この方支持したいです 

  15. 鳥海山たろう のコメント:

    こりゃ、傑作だ。

    (「語源由来辞典」より)
    ★象牙の塔
    (意味1)「象牙の塔とは、芸術を至上のものとする人々が俗世間から離れ、
          芸術を楽しむ静寂・孤高の境地」
    (意味2)「学者などの現実離れした研究生活や態度、研究室などの閉鎖社会」

    両方当てはまりますね。
    学者にとっては、一種の自己満足の芸術なんでしょう。
    こういう連中は江戸末期に開国を拒んで攘夷に固執した運動家を連想させます。

    学者にもいろいろいますが、慶應義塾大学法務研究科教授の山元一氏(パリ政治学院でも招聘教授として毎年授業実施)は昨年以下のような発言をされていますね。

    <解釈改憲は悪か?>「THE PAGE」

    「歴史的に振り返れば、自衛隊は、 戦力の保持を禁止する憲法9条2項の明文と正面衝突していますから、本来自衛隊は違憲となるはずであり、このような解釈が本当につい最近まで、学説では多数説でした」

    「しかし、自衛隊は今日では合憲性と法的安定性を獲得し、学界の内外で個別的自衛権も含めて多くの人がその存在を法的に認めています」

    「これは、0を1にしたと言えるほどインパクトの大きい出来事といえます。それに比べると個別的自衛権から集団的自衛権ということになると、1から2へ進んだことになります」

    「もともと、9条を文字通り解釈すると、日本は軍事的には丸腰でいて、国際社会に安全を委ねるべきという考え方が主流でした。これに対して、当時の内閣法制局は9条の文言をほとんど無視するような形で、実質的に9条の意味内容を空洞化させる技巧性の高い解釈を行い、自衛隊の存在及び個別的自衛権について容認します」

    「この内閣法制局の解釈に対し、野党や憲法学者などは、あるべき枠を逸脱した「にせ解釈」「解釈改憲」であるとして、罵倒に近い批判を浴びせてきました」

    「しかし、昨年の9月29日、政府の解釈に対して批判的な立場の学者で構成され、長谷部恭男教授や小林節教授も名を連ねる、国民安保法制懇の意見では、従来、自衛隊違憲説に立っていた他の有力な憲法学者も個別的自衛権肯定論に転換し、「内閣法制局の従来の解釈は国民熟議の賜物」とまで評価しています」

    「そして、今はこの内閣法制局の従来の9条解釈を変更しないことが「立憲主義」だとまで言われています。議論の構造として、内閣法制局の解釈を都合良く用いているような印象があり、この点は問題ではないかと思います」
    (以上抜粋)

    つまり憲法学者はその時代時代によって内閣法制局の解釈を敵としたり味方としたりして、都合よく解釈してきたという便宜主義を批判しています。

    もっとストレートにいえば、こういうことです。

    本来は、憲法と実際の政治の大きな乖離が発生したら、憲法を時代にあわせて変えるか、それとも政治や安全保障の考え方を憲法に合わせるか、徹底的に議論されるべきです。それがまともな国家です。

    ところが、そうやって議論が本格化すれば憲法9条が改正される可能性が高いことを恐れた左翼が、「憲法9条歯止め論」という滑稽な理論を考えて、ありとあらゆる扇動やデマで国民を洗脳し、「憲法9条を変えたら戦争が起こるなり日本は大変危険な状態になる」という宗教みたいな信条を多くの国民に植えつけたわけです。

    これもあれも、すべて共産主義左翼が戦後日本で異様なほど社会のあちこちに浸透したことが根本原因です。
    日教組など左翼教師の扇動はすさまじいものでした。

    それで解釈改憲という方法で、憲法を現実の安全保障政策に適合させるべく日本政府は努力するしかありませんでした。

    穏健で平和を望む国民も、国民を深刻に二分させて対立させて社会を停滞させるような方法を好まず、政府が解釈改憲で対応し、それでその結果は選挙で国民の信を問うという形が続きました。

    集団的自衛権といっても、限定付きの集団的自衛権であり、現代の海外情勢や地域情勢または日本の国際的地位を考えると、これが妥当な選択であると私も思います。

  16. Sinobu Hattori のコメント:

    FBのシェアを
    させて頂きますね。

    ????????????????

    この「東大教授(笑)」
    …と、呼ばれているで有ろう人物は、
    何と言うのですかね…

    「クーデター」

    …という言葉を
    間違えて使っている…のでは無く、
    ?????????????????????

    安倍総理・安倍政権よりも、

    「自分」や「関係者」の
    「立ち位置」を「上」の立場に置いて

    語っておられるのでしょう。(笑

    ?????????????????????

    「教授…らしき方」の「脳内補完」では、
    「自分達」が、時の政権・与党で有り、

    「クーデター」を起こす
    「安倍政権」許すまじなのだぁ!!!

    …と、いう意味
    なのではないでしょうかね。(笑

    もしくは、
    ????????????????????

    「クーデター」…という言葉が、

    「拝見する方」に、
    「悪印象」を持ってもらえる

    ????????????????????
    …と、思っているのか、

    小学生・中二病…的な考え方で、
    ????????????????????

    「凄っげー!格好良い!」…と思って

    「使って」見たかった
    「言ってみたかった」…だけなの、

    ????????????????????
    …という事なのでは、
    ないのでしょうか?(笑

    そうでなければ、

    この「東大教授(笑)」
    …と、呼ばれているで有ろう人物は、
    ????????????

    もう一度、

    小学校から

    学び直した方がイイ

    ????????????
    …この様に、考えますよ。

  17. ネコ太郎 のコメント:

    感慨深い。
    東大は優秀な人材を集めてダメ人間を社会に送り出す製造所では。
    平均偏差値70以上を集めてこんなダメダメ教授の講義を受けていたらやはりダメ人間製造所だろう。

    理科系なら学術誌の業績やノーベル賞受賞者というという判断材料がある。
    東大は国立の研究費の半分を占めながら比例した業績は出していない。
    わずかな研究費の地方大学のノーベル賞受賞者数は素晴らしい。
    理科系でこれなら目安のない文系は惨憺たるものだろう。
    キャリア官僚の割合くらいしか目安がないのかな。

  18. くるーにー のコメント:

    子供が文句を言っているような反論で、唖然とするばかり。
    小坪はもっと相手方の論理を精査してものを言った方がいい。
    恥をかくばかりだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください