#SEALDs の皆様へ、やっぱり就職できなくて震えた。①「働き口をください。助けてください。」


 

 

【SEALDs の皆様へ】のタグが懐かしい方も多いでしょう。
やっぱり就職できなくて震える結果となったようです。

公安監視対象である共産党とタッグを組んで、政治活動・選挙活動に邁進。
結果的に同一視されているわけだが、まさに私の指摘した通りになった。

参院選を終え、SEALDsは解散。
大学生として、就職という現実を直視せざるを得なくなる。
メンバーの一人は「働き口をください。助けてください。」と投稿。

本稿は以前のエントリをベースに加筆したもの。
彼らには資金面的に「少しまずい」ことがあり、本件については「政治家」として解説させて頂きたく思います。
最もまずいのは、このあたりになるだろう。むしろ解散理由ではないか?
果たしてそれで逃げ切れるか?私は難しいと思う。

私たちも個人献金を始めお金の出し入れがあるのですが、「政治と金」は非常に厳しい法規制が敷かれております。

市議には寄附金控除はございませんが、政治団体の場合は税制上の優遇処置(法人としては無税など)があり、「入金」と「支出」には税制上のメリットの大きさと対になるだけの、厳しい制限があるためです。

この解説と指摘を行うに際し、堅苦しい制度解説からでは伝わりにくいことでしょう。
今の「終活ブーム」に合わせて、フィクションの小説を書いてみました。
シェアリンク自由です。
「夏休みの終活日記」です。
(本エントリは、友人の渡邉哲也氏より許可を得て転載させて頂いたものです。)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
13716206_1107218986015651_2682052642959237236_n

 

 

 

 

僕らの終活日記(前編)
(原文はTwitterで記述されているため、文字数制限を受けたと思われる末尾の句読点などのみ微修正しております。)

 今日 友達のAくんに誘われて初めてデモに参加した。このままだと、僕らが戦争に行かされるらしい。デモに行くと沢山の人達がいた。テレビの人や新聞記者や偉い国会議員の先生もいた。みんな僕らを応援してくれた。記者さんにも質問されたし、国会議員の先生は握手してくれた。とても嬉しかった。

 デモが終わると、おじさん達がよってきて、おごるから飲みにいかないかと誘ってくれた。汗をかいた後の生ビールはうまい。おじさん達も僕らぐらいの頃、デモをしていたそうだ。このままだと、戦争に行かされて僕らは殺されるらしい。これを止めるには総理をやめさせるしかない。

 僕たちが「帰る」というと、また来いよと連絡先を交換して、僕たちにお小遣いだよと封筒を渡してくれた。開けたらお金がないがはいっていた。楽しんでお金が貰えるなんてアルバイトするのがバカバカしくなってきた。次も連絡してくれるらしい。

 おじさんから電話があった。○日にデモがあるらしい。僕はいきますと答えた。待ち合わせ場所に行くと、おじさんとリーダー達が待っていた。おじさんはリーダー達を紹介してくれた。頑張れば僕も仲間になれるって言ってくれた。かわいい女の子もいた。彼女は僕を見てたと思う。彼氏はいるのかなぁ?

 そこにテレビ局と新聞記者さんが近づいてきた。そして、カメラをまわし取材を始めた。かっこいいなぁ 僕は羨ましかった。そこに偉い国会議員の先生がやってきて、みんなで楽しそうに話してた。僕もあんな人になりたいなぁ。

 取材が終わると、かわいい女の子がやってきて、僕の名前をよんでくれて名刺をくれた。そして、携帯電話の番号を交換した。あまり話せなかったけど、凄くうれしかった。いつでも電話ちょうだいといってくれたけど電話してもいいのかなぁ。

 翌日、朝起きると彼女からこれからはラインで話そうとメールが来ていた。やったー。。。一生懸命彼女に返事を書いた。嫌われないかなぁと心配だった。すぐに彼女からラインで返事がきた。僕をグループに入れてくれるらしい。僕は有頂天になった。

 ラインでみんなが次のデモの話をしていた。今運営のスタッフが足りないらしい。組織が急に大きくなったので追いついていないみたいだ。僕にお小遣いをくれたおじさん達もいた。みんな難しそうな話をしていた。

 僕が経済学部だというと、みんなから会計責任者になってほしいと頼まれた。僕が何をしたらよいのかわからないと言うと、彼女が私が手伝うから大丈夫だと言ってくれた。彼女は一人じゃ無理だけどやることはわかっているらしい。おじさんが明日銀行口座を作りに行こうと言ってくれた。

 おじさんが支店長さんに僕を新しい会計責任者だと紹介してくれた、支店長さんはがんばれよと僕を励ましてくれた。そして、わからないことがあればいつでも相談にのるからと言ってくれた。僕は身分証明と印鑑を出して、書類をかいた。支店長さんはとても親切に教えてくれた。

 デモは日毎に大きくなっていった。そして、メディアに取り上げられる事も増えていった。僕はこれで戦争を止められると思った。。。そんなある日、デモの最中、おじさんが警察に捕まった。警察官に暴力を振るったというのだ。そして、これは新聞に載った。おじさんは中○派のメンバーだったらしい。

 僕は中○派を何か知らなかった。。ネットで調べたら、過激派というらしく公安に監視されているようだ。ひょっとして僕も監視されるのかなぁ。僕をデモに誘ったA君はもうデモには参加していない。夏休み実家に帰った時、お母さんに話したら、就職できなくなると泣かれたようだ。

 そして、A君は、僕の電話にも出なくなってしまった。。友だちに聞いたらあいつヤバイからもう関わりたくないといっているようだ。そして、ネットで騒ぎが起きた。どっかの議員がデモに参加すると就職できなくなるといっているらしい。でも、新聞を見るとそんなことはないと書いてある。僕は安心した。

 デモのリーダーたちは毎日のように取材を受けている。あの彼女も。。残念ながら、彼女からは連絡がない。彼女は会計を手伝ってくれるといっていたが、忙しくてそれどころではないようだ。デモで一緒になるけど、ほとんど喋れていない。僕は何をしているのだろう。。。

 デモが大きくなるに連れて、いろいろな人がデモに参加するようになった。有名な国会議員さんも来てくれている。でも、最初からいたメンバーは最近分裂気味。僕を誘ってくれたおじさんは追い出されようとしている。中○派と関わると僕らもヤバイらしい。だから追い出して口きくなといわれた。おじさんとても寂しそうにしていた。

 組織は大きくなったんだけど、派閥みたいなのが出来てしまった。最初からいたメンバーもバラバラになり始めた。みんな他にも所属している団体があるらしく、そこから応援の人がたくさん入ってきた。ありがたいんだけど、なんだか憂鬱。だけど、僕らが有名になったおかげでお金が沢山入ってきている。

 僕らの反対をよそに、政治家は戦争法案を無理やり通そうとしている。だから、僕らは夏休み最期のデモを国会でやることにした。全国からいろいろな人が応援に来てくれるらしい。テレビでよく見る国会議員の先生たちもたくさん来るみたいだ。また、僕らの仲間がハンストを始めた。

 ハンストを始めた仲間たちのところにも沢山のメディアが来ている。僕もテレビに映りたいなぁ。でも、親にはナイショだし、、就職できなくなったら困るし、、、とりあえずデモは大成功だった。仲間たちは15万人集めたといっている。でも、戦争法案はそのまま通りそうだ。僕は少し鬱になった。

 そして、僕らの反対をよそに戦争法案は国会を通ってしまった。。僕らの夏は終わった。そして、僕らの仲間たちの多くが去っていった。でも、まだ僕らが終わったわけじゃない。。。メディアも取り上げてくれるし、、、お金もある。政治家さんも僕たちを呼んでくれる。

 そんなある日、信用金庫から僕のところに電話があった。 僕に信用金庫に来てほしいというのだ。 とりあえず、僕は信用金庫に行った。すると、沢山の人が僕のことを待っていた。だけど、口座を作った時の支店長さんは居なかった。 本店に呼ばれたみたいで、もう支店には戻ってこないらしい。

 僕らには代表はいない 僕らは自由に集まったのだ。だけど、信用金庫の人に聞くと何かあった時は会計責任者の僕の責任になるらしい。税金も僕が払わなくてはいけないみたいだ。そして、もう銀行からお金を下ろせないと言われ、通帳やキャッシュカードを返してほしいといわれた。

 僕は銀行口座もキャッシュカードも持っていない。僕がしていたのは言われたままネットで入金をチェックし帳簿をつけていただけなのだ。 そういえば通帳を誰が持っているのだろう。。。僕はわからないと答えた。。。そして、リーダーに電話した。リーダーと信用金庫の人がなにか話している。

 僕はとりあえず、リーダーたちが待っているところにいった。リーダーが言うには政治団体の届け出をすればいいらしい。そうしないと、銀行のお金を下ろせないしものすごい税金が僕にかかるみたいだ。そんなお金親に相談しても払えない。。。でも、届け出を出すだけで大丈夫なようだ。

 ネットで調べたら、政治団体の届け出をするのは簡単らしい。僕とリーダーは届け出を出しに行った。窓口のおじさんは色々親切に教えてくれた。これまでとは違い名前を聞いたり職業を聞いたりしないといけないみたいだ。報告書もいるみたい。めんどくさいけど仕方ない。。。

 でもどうしよう。昔もらったお金は誰から貰ったかわからない。領収書も貰っていないのもあるし、、、お金を誰が使ったもよくわからない。。。 どうすればいいんだろう? 一緒の口座を作りに行った彼女もいつの間にかいなくなっちゃったし、そうだ、彼女が通帳を持っていたんだった。

 僕は彼女に電話した。でも、現在使用されていませんという音声が流れ続けた。 そして、通帳と印鑑だけが郵便で送られてきた。 リーダーなら新しい電話番号を知っているはずなのだが、リーダーは僕に教えてくれない。。。 そして、きちんと報告書ださないと僕の責任になるらしい。

 そして、リーダーから連絡があった。リーダーたちが集まっているようだ。僕は会いに行った。。。いつもと雰囲気が違い、みんな責任の押し付け合いをしているようだ。そして、僕は知らないとみんないなくなってゆく、、 政治団体を届け出なくて募金を集めたのが犯罪になるらしい。。。 僕はふるえた

 これで ぼくの夏休みは完全に終わった。。人生も終わったかもしれない。やらなくちゃいけないことがあるんだけど、何をやって良いのかわからないしやる気にもなれない。。。もう就職どころじゃない。。学校にも行きたくない。ふるえる毎日を送っている。こんなことなら「戦争に行くことを震えていた」方がマシだったのかもしれない。

 僕の終活日記はこれで終わりだ。僕は毎日ふるえている。

 

中編に続く。
#SEALDs の皆様へ、申告できなくて震える。②僕らの終活日記(中編)

 

 

 

シリーズ:SEALDsの皆さんへ
本エントリを含め、実は極めて「SEALDs側」に立ったエントリなのだ。
当時は、保守からは「いけー!」と礼賛され、左派陣営からは糾弾されたものだが、それはおかしな話。
今であれば、それがよくわかると思う。

お時間のある方は、過去のエントリを読み返して頂きたい。
特に着眼して頂きたいのは、「②」で触れている三菱樹脂事件の最高裁判例をベースとし、学生向けに「①」が書かれたことがよくわかると思う。

新たに政治活動に身を投じる彼らに対し、対峙する陣営ではあるものの「最低限のこと」があることを訴え、左派指揮官級(大人たち)に「ちゃんと面倒を見てあげて欲しい」と切々と訴えていることが、おわかりだろうか。

 

シリーズ:SEALDsの皆さんへ
全シリーズが完成したため、リンクを掲示させて頂きます。
①は法案の賛成・反対を考慮せず、学生に理解して頂くことを第一義として書いたため、「その他の大人の方」は、まず最終章よりお読みください。

#SEALDs の皆さんへ①就職できなくて #ふるえる

続 #SEALDs の皆さんへ②法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる

続々 #SEALDs の皆さんへ③サヨク指揮官級に告ぐ、正々堂々と行こう。

【動画】続々々 #SEALDs の皆さんへ④過激派とは距離をとれ

最終章 #SEALDs の皆さんへ⑤若い議員から、若者たちへの手紙

番外編
@jcast_news は間違っている。私はそんなことは書いていない。

 

私が何か言ったからこうなったわけではない。
「こうなるとわかっていた」から、だから口を酸っぱくして言っていたのだ。

時、ここに至りなば。
その意図、思いも伝わると信じる。

対立陣営ではあるものの、左派も冷静に受け入れて頂きたい。
自らの陣営を振り返り、「新たに参画した学生」に対してのフォローアップが適切であったか、それが足りていたか。
よく考えて頂きたい。

対峙する陣営の議員として、私を責めても仕方ないのだ。
法で定められたものは、イデオロギーに拠らず同一のかかってくる。
最高裁判例は司法分野であり、私たち政治分野からは言及しずらいこと。

私は、安保法制を見ていたのではなく、
無論、左派を見ていたのでもなく、
ただ、そこにある学生だけを見続けていた。

 

 

 

法的な問題
私の個人献金のページにも、相当数の法的な文言が並んでいる。
個人献金のお願いの、関連法規の項目をお読み頂きたい。また、後援会会則を設けており、それを明示。
口座・クレジット双方に対応するため、各種の行政窓口との折衝には半年以上の時間を必要とした。

正直、どうにもならぬ部分があるように思う。
このあたりは、触れざるを得ない。
行政サイドも退きようがないように思う。

ここを黙認した場合、国会議員やその他の市議会議員らの「入金・支出」に対し、今後の前例となってしまうからだ。
結論から言えば、どのように処理すればいいやらわからない。
手はないように思う。

自らにもかかる問題ゆえ、両陣営の今後に関わるゆえ
解説を試みたいと考えている。

 

 

 

SEALDs、「働き口をください。助けてください。」
悲しい投稿だ。

以下、netgeekより一部を紹介。

解散が決まったSEALDsのメンバー「働き口をください。助けてください」
http://netgeek.biz/archives/78921

学生政治団体のSEALDsが解散することを受けて、所属メンバーが行き場を失っているという情報が飛び込んできた。実際にSEALDsメンバーの一人が「働き口をください」と悲しい投稿をしている。

SEALDsについては、一度入ってしまうと自身の経歴が汚れ、就職できなくなるという指摘が飛び交っていた。

▼だが、それを聞き入れなかったのは無知ゆえか。あまりにも社会を甘く見すぎているという印象を受ける。

sealds_shushoku-1

▼選挙では大敗。その結果、SEALDs解散が決まってメンバーは突然、目の前の現実に直面することになった。

sealds_shushoku-3

▼「犠牲になってしまった若者」と自虐的な投稿をしたうえで職を与えてほしいとお願いするSEALDsメンバー。

sealds_shushoku-2

▼この投稿をしたのは明治学院大学4年の学生兼ラッパーとしても活動する牛田悦正(よしまさ)くん。堂々と自分の顔写真もアップしている。

13699958_1107207132683503_1261577964381159398_n

▼牛田悦正くんがSEALDs在籍中に初めてつくったCDの曲名は日本語に訳すと「はじめてのうんち」

13782181_1107207892683427_2756055698387339474_n

牛田悦正くんは研究者を目指すと書いているが、明治学院大学は決して偏差値が高い大学ではなく、また彼の日頃の発言を聞いていてもあまりにも基礎知識が不足しすぎていて大学から給料を貰う研究者なんてとんでもないという印象を受ける。
その他のメンバーについても同じ。なおWikipediaでSEALDsを調べると「構成員」としてメンバーの名前と所属大学が掲載されており、企業が名前で検索すれば一発で見つかるようになっている。SEALDsとして活動したことはもはや消せない黒歴史なのだ。
一説では警察や公安はデモ参加者の顔写真をリストとして保管し、監視対象にしているという話もある。

13692626_1107209682683248_6387968477276112228_n

もちろんSEALDsもそのうちの一つだ。ホリエモンこと堀江貴文氏が「SEALDsは連合赤軍やオウム真理教のようなテロ組織になる恐れがあるので、今のうちから監視して叩くことが大切」と言ったのは実に本質を突いた発言と絶賛され、普段はホリエモンアンチを名乗る者たちも一斉に同意した。
(後略)

 

 

 

私は、これを「嬉しい」とか「喜ばしい」とは思っていない。

間に合ううちに止めたかったのだ、まさにWe will stopして欲しかった。

結果は想定通りであるが、当時、私を批判していた大人たちを、今、君たちはどう思うのか。

あれらのエントリは、ただ単に君たちを思ったものであり、

そして(恐らくは責任をとらぬであろう)大人たちに自制を求めたものだ。

もっと言えば、就職を控えた君たちへの「配慮」を求めたものだ。

私のこの思いを批判したのは、君たちを「便利な道具」のままで使いたかった者ではないのか?

いま一度、考えて頂きたい。

 

 

【KSM】解散が決まったSEALDsのメンバー「働き口をください。助けてください」小坪議員の言った通りでしょ?

 

 

謝辞
快く転載許可を頂いた渡邉 哲也氏に敬意と感謝を。。

渡邉哲也Twitter
渡邉哲也Facebook

[著書一覧]

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

#SEALDs の皆様へ、やっぱり就職できなくて震えた。①「働き口をください。助けてください。」 への6件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    #SEALDs の皆様へ、やっぱり就職できなくて震えた。①「働き口をください。助けてください。」 【SEALDs の皆様へ】のタグが懐かしい方も多いでしょう。 やっぱり就職できなくて震える結果となったようです。 公安監視対象

  2. JL のコメント:

    もうほとんど今年の就活おわってますよ。。既に来年の学生のインターンに移行してます。
    ここ数年アベノミクスのおかげで真面目に活動してた学生にとっては就職口を見つけるのはそれ以前より容易かったと思います。
    今後、彼らが活動家なる奇妙な肩書で一生を過ごすことのないよう祈ってますが、現実は厳しそうですね。

  3. のん のコメント:

    残念ながら、小坪議員の心配がそのまま現実化したということでしょう。
    そしてご本人が仰られてるように想定内の話でしかありません。
    元々共産党は、このような汚れ仕事をやらせるダミー団体を無数に作りいらなくなったら切り捨てる卑劣な集団でしかありません。
    無関係を装うのは公的な場でアレは我々とは関係ないと切り捨てる為そのものなのですから。
    親に洗脳され、ドツボにおちただろう彼らは可哀相ですが他の道へは進むことはできないでしょう。それどころか更なる道、テロリストへの道も見えているかと思われます。
    名前の知れ渡ってしまっているリーダー格はともかくも、下の方の方達だけでも今のうちに全力で逃げて頂きたいものです。

  4. 生野区民 2 のコメント:

    常識的に考えて、トラブルの元になるテロリストを雇う会社ってほとんどないだろ
    志位ルズで得したのは、朝鮮人の奥田だけだろ
    帰化出来たら選挙にでも出ると思われる、頭が悪くても組織票で議員に成れるんだから

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    「助けて下さい」って・・・。
    これ、言っちゃマズいでしょ。
    再び「ロックオンしてくれ」って言ってる様なものです。
    黙って、人知れずフェードアウトしとけば良いものを。

    きっと、助けてくれる(ように見える)人が現れると思いますよ。
    そうですねぇ、あまり目立たなかった”第六列”あたりの人は、優しく生活保護受給の手ほどきしてくれる様な、オジサンやオバサンが擦り寄って来るんじゃないですかね?
    優しい精神科医の居る病院まで紹介してくれて、やれ「こう言う事を言え」だとか、やれ「こんな仕草をしろ」だとか、診断書を直ぐ書いてくれる方法を指南してくれたりして。
    そして、優しい弁護士さんが同行して区役所へ。
    その時は助かった様な気になるでしょうけど、履歴書にはブランク期間が発生する訳で、いざ就職活動って時には企業が警戒して不採用の連続。
    そのうち、勤労意欲自体が無くなって行く・・・。
    そんなナマポ生活が続けば、就職出来た同窓生とは確実に経済的に差が出て来る。
    周りのみんなが手取り30万、40万と昇給していくのに、自分の生活保護支給金は何時まで経っても20万弱。
    いつも優しく相談にのってくれるオジサンやオバサンは、「君は悪く無い」「悪いのは安倍」「日本が悪い」「こんな日本は壊さなきゃダメ」と、優しく慰めてくれる。
    時々、デモのお誘いで癒やしてもくれる。

    ・・・はい、コレでデモ専属要員の出来上がり。
    あっ、因みに日本を潰したら、その後の生活保護なんて無くなりますからね。
     
     
    ”第五列”あたりの君は「色々手伝って貰おうかな。給料も払うよ。」なんて声が頻繁にかかるかもね。
    上手くすれば、同士が経営する会社や商店で働かせて貰って、それなりの生活資金は確保出来るかもね。
    真面目に活動を続ければ、周りの皆が認めてくれる。
    いつも、笑顔で世話してくれるオジサンやオバサンが異性を紹介してくれて、めでたく結婚して子供も生まれるかも。
    ところが、ひょんな事から耳に入った伴侶の噂。
    目玉がとろけ出る様な、彼女の武勇伝。
    子供のDNAを検査したら、自分の遺伝子配列と全く違う。
    そんな憂鬱な気分の時に、責任ある活動の話が来たりして。
    気を紛らわす為に一心に活動に没頭していると、気付けば周りに同士が居ない。
    何故かそんな時に限って、官憲が「話を聞きたい」と訪ねて来る。

    ・・・はい、コレで使い勝手の良い捨駒の出来上がり。
     
     
    どうです?
    人生設計出来ました?
    上記例に挙げた様な人生は嫌でしょう?

    今からでも遅く無い。
    これ以上傷口を広げない為には、フェードアウトが一番ですよ。
     
     
    【第五列】
    攻略対象国を敗戦に導く為に、攻略対象国民を宣伝煽動する工作員。

    【第六列】
    第五列に洗脳されて「不戦」を訴えたり、生活に関する不平不満を言いつのって自国の士気をそぐ自国民。

  6. 漫画喫茶店長 のコメント:

    この子たちと一緒に活動していた大人たちにとっては
    シールズといえばブルック・シールズしか覚えてないでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です