【動画】続々々 #SEALDs の皆さんへ?過激派とは距離をとれ


 

 

学生たちに最も伝えたいのはこの点だ。
このタイトルが最もしっくり来るだろう。

過激派・公安監視対象の団体とは、距離を取りなさい。
また、左派指揮官級は、学生らが就職活動を控えていることに配慮をお願いしたい。

以下、シリーズとして書いてきたが、これが主たる主張である。
そして、次が最終章。

お読みでない方は、是非、ご一読を。

#SEALDs の皆さんへ?就職できなくて #ふるえる
続 #SEALDs の皆さんへ?法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる
続々 #SEALDs の皆さんへ?サヨク指揮官級に告ぐ、正々堂々と行こう。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(SEALDs?

 

 

 

共通するもの。

三菱樹脂事件が共通の背景としてある。
「過激派・公安監視対象の団体」と就職活動を論じるに、これを軸とするのは当然のことです。

 

三菱樹脂事件の概略と着眼点
着眼点は「過激派・公安監視対象の団体」という点だ。(私はこれを政治活動ゆえ、とは認識していない。)

原告は、就職活動がうまく行き、試用期間には漕ぎつけた学生です。
しかし、のち企業側の調査で「学生運動に参加」していることが発覚してしまう。
「60年安保闘争」への参加していた事実をもって、本採用が拒否される。
これを裁判で争い、最高裁まで戦う。

判決は「企業側には採用の自由」があるというものでした。
これは最高裁の判決です。

詳細は、以下の中段をお読み頂きたい。
続 #SEALDs の皆さんへ?法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる

 

政治活動と安保闘争
安保闘争と、一般的な政治活動を同列に語るべきではない。
規模も内容も異なる。

これは「公安監視対象の団体」への帰属が問題なのであり、
「過激派」であることが問題なのだ。

いわゆる普通の政治活動を行っていた等の話ではない。

 

「デモ等の政治活動」は論じていない。
ここで少し驚くと思う。
実は、学生によるデモ等の政治活動を論じていない。

読者も含め、全員が錯覚している。タイトルにSEALDsとあるため誤認したのだろう。
とは言え「タイトルについては一旦リセット」と冒頭において宣言している。

そもそも?の記事中において「政治活動」という単語はない。
また「学生によるデモ」についても触れていない。(教授までもがデモに行き煽動した場合、「大学のブランド」に傷が入る可能性を述べたのみ。)
実は、学生の政治活動には、一切言及していないのだ。

確認して頂きたい。
#SEALDs の皆さんへ?就職できなくて #ふるえる

この点は、かなり気を付けて書いている。
J-castの記事は、抗議を検討をしている。

 

論じ続けたのは「過激派・公安監視対象の団体」と混同されるリスク
当初より述べ続けているのは
「過激派・公安監視対象の団体」である。
ここと混同されることのリスクをのみ、説いている。
学生の政治活動には一切論じずに、だ。

しかも、安保法制についての是非も論じていない。
自らが推進側であることは述べたが、法案の是非を誘導する書き方はしていない。
フェアではないと考えたためだ。(これはサヨク側が完全に誤解している。)

にも関わらず、左派が大量に湧いたのには苦笑してしまう。
この動きは、彼らが「学生を道具」と看做している証拠に思えて仕方ない。

 

 

 

 

 

過激派とは距離をとれ。

私は「憲法で保障された権利」を否定するつもりはない。
学生の政治活動も、推奨はしないが、否定する気はない。

よく先日の記事を読んで欲しい。
そのようなことは書いていない。
(左翼の「大人たち」はそう誤認識させたいようだが。)

私が述べたいのは、ただ一点。
過激派とは距離をとれ、という点。

これはイデオロギーな側面から述べているわけではない。
就職活動にのみ、それを軸に述べています。

 

法案の反対活動も、どんどんやれ。
当然ながら私は法案の推進側だ。
その上で、反対活動がやりたければ、どんどんやればいい。

これは煽っているわけではない。
やりたい方がいれば、忠告はするが止めはしない。
憲法でも保障されている。

 

政治に目を向けてくれることは嬉しい。
それが反対であろうと、嬉しい。
やりなさい。

私は推進側なので、推進側がいれば、当然嬉しい。
それが推進であろうと反対であろうと
政治に目を向けてくれること、そのこと自体が嬉しい。

勧める立場にはないし、忠告したいほどなのだが
それでも本心では嬉しい。

ただしそれは「政治活動の一環」までです。
「過激派・公安監視対象の団体」と目される、混同される行為は絶対にやめて欲しい。

 

過激派と混同されることには注意を。
上記のデメリットを認識してください。
好きにすればいい、推奨はしないが権利の否定はしない。

私は「過激派・公安監視対象の団体」と混同された場合には、就職活動に影響があると思う。
実際に、法案反対側の大人たちが認めているではないか。
上記のソースは、できる限り「反対側」の声でのみ構成している。

デメリットを認識した上で、やるべきだ。
それが自ら決めるということです。

 

 

 

 

5分ほどの動画ですが、是非ご覧ください。
言葉よりよっぽど伝わるでしょう。

人数、格好(マスク等)や武装、ゲバ棒(実質の槍衾)
飛び交う火炎瓶、燃える警察車両、ついに突破される機動隊。

中核派 対 機動隊 〔中核派宣伝映像〕

 

 
これがデモ等の「いわゆる政治活動」と同一でしょうか?
在特会やしばき隊のレベルではありません。
政治というより暴動と言ったほうがいいレベルです。
幹部以外は、誰しも顔を隠していますね。

「過激派・公安監視対象の団体」と混同されるということは、その「仲間」と看做されるということです。
ここまでやったため、就職活動は困難になりました。
よって三菱樹脂事件のような最高裁の判例ができたのです。

人事担当なども「過激派・公安監視対象の団体」には敏感です。
なぜなら、まさにこれを知っている年代だからです。

政治活動はいい。
ただ、「過激派・公安監視対象の団体」と混同されることだけは止めて欲しい。

言葉の重みが、まるで違うのです。
そしてそこには最高裁の判例もある。
ちゃんと教えてくれましたか?そのことを。
メディアは、もう一度、安保闘争をさせたいのか?

 

その上で、以下をもう一度、お読みください。
当時、その場にいた者たちもデモの現場におるのでしょう?
Twitterでは元全共闘の知人が多数いることを私に(わざわざ)言ってきた者もおります。

続 #SEALDs の皆さんへ?法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる

どうか、左の指揮官級は、学生らから距離をとってあげてください。
また学生らも、これらのリスクについて認識してください。

 

 

もう一度、言います。

 

政治活動はいい。

 

ただ、「過激派・公安監視対象の団体」と混同されることだけは止めて欲しい。

 

左の指揮官級も配慮して欲しい。

 

学生らに、過去の歴史とその重みを伝えるため

 

賛同者はFBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

シリーズ)
#SEALDs の皆さんへ?就職できなくて #ふるえる
続 #SEALDs の皆さんへ?法案反対派の「大人たち」が就職に影響があると認めていて #ふるえる
続々 #SEALDs の皆さんへ?サヨク指揮官級に告ぐ、正々堂々と行こう。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

私がどんな議員か、どういう考えをもってこの場にあるか。
学生さんは、是非、知って欲しい。恐らく君らと立ち位置は変わらないから。
根底には、製造派遣を導入され、世代がボロボロにされていくこと、雇用とかそういう部分に憤って立ち上がったのです。

【政治家の目線】議員の資質と私の中身。

若手議員として、成人式に思う。着飾る子は、聞かざる子?

【政治家の目線】子供の日に思う、私たちは福祉財源ではない。

上記は、本件(安全保障法制)とは一切関係なく、かつて書いた記事です。
そして一貫したスタイルになります。

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

25 Responses to 【動画】続々々 #SEALDs の皆さんへ?過激派とは距離をとれ

  1. medakanoon のコメント:

    【動画】続々々 #SEALDs の皆さんへ④過激派とは距離をとれ 学生たちに最も伝えたいのはこの点だ。 このタイトルが最もしっくり来るだろう。 過激派・公安監視対象の団体とは、距離を取りなさい。 また、左派指揮官級は

  2. 東京都55歳 のコメント:

    今回のエントリーは、
    福沢諭吉の脱亜論に通じるものを感じますね。

    >惡友を親しむ者は共に惡友を免かる可らず。
    (悪友と親しく交わる者も、また悪名をまぬかれない。)

    >我は心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。
    (筆者は心の中で、東アジアの悪友を謝絶するものである。)

    朱に交われば赤くなる。
    そうであるのなら、まだ救いがありますが、
    交わった結果なのかどうかは判別できません。

    交わっていないと訴えても、
    赤く見えたら交わったとみなされます。

    類は友を呼ぶ。
    そう判断するのが組織の危機管理でしょう。

    ですから、
    朱に交わることなく、
    赤く染まることの無いように。
    赤く染まって見えないように。
    それが、
    個人としての危機管理でしょう。

    ワーストケースを想定して行動する。
    個人レベルの危機管理として。

    要するに、そういうメッセージなのかと。

    繰り返しになりますが、
    きっと、これは「親心」の言葉です。
    人生の先輩としての忠告かもしれません。

    逆に、染物屋さんにとっては、
    痛いメッセージなのかもしれません。

    染められるか否かは、あなた次第です。

  3. 生野区民 2 のコメント:

    今日は書き込めましたが、不安定で3日に1日位しか書き込む事が出来ません

  4. 大須騒擾事件 のコメント:

    戦争開始とか(笑)
    ttp://syakujiigawa.web.fc2.com/sandosyomei-728.html
    >2名の「デッチ上げ」不当逮捕、弾劾!
    >ただ今、原宿署・西が丘署への接見行動に決起しています!
    >今日から、安倍・公安一課との絶対戦争に入ることを宣言する!

  5. tarou のコメント:

    「過激派とはつるむな」
    当たり前の話ですね。
    素行不良の輩と共に行動したり反社会的な行為をなせば、社会的評価が下がるのは当然のことと思います。
    ただし現在進行中である、市民主体の反安保デモやSEALDsの活動は、かつての過激な安保闘争や学生運動とはかけ離れた合法的で大人しい活動であるため、参加しても就職活動に影響が出ることはないでしょう。
    もちろん今後これらの活動が白熱し激化していくようなことになれば、距離を置く必要があるとは思いますが。

    このエントリーは前回のエントリーへコメントした質問に答えていただいたものだと(勝手に)思っております。
    これで疑念は晴れました。
    ありがとうございます。

    • 元サヨ のコメント:

      あなたが言う「市民主体の反安保デモ」の中に中核派メンバーなどが紛れ込んでいるから問題なのですよ。そもそも「市民主体」がおかしい。
      公安警察は恐らく参加者の顔、名前、所属団体はほぼ全員記憶している連中でしょう。
      直接、犯罪行為をするかどうかが問題ではない。
      そもそも、犯罪を犯せばそれでアウトなのですが、指定暴力団同様、極左暴力集団はその組織に関係があると「疑われる」だけで公安の監視対象になるし、一般社会でも「危険人物」とみなされるのです。
      例えば、「ゴルフ」は合法的な活動ですが、指定暴力団の団員と一緒にゴルフをすれば、密接交際者として暴力団員そのものの「ブラック」に近い「グレー」な存在として警察からマークされます。
      そして、多くの一般企業も暴力団構成員を反社データベースのブラックに登録し、構成員ではないが例えば構成員と共に逮捕された一般人や構成員と頻繁に食事やゴルフを共にし冠婚葬祭等にも顔を出す関係にある者(密接交際者)のように、「疑わしい者」をグレーとして登録しています。
      こういう「グレー」な人物との新規取引や融資は、何かと理由を付けて謝絶します。
      この暴力団を極左暴力集団に置き換えると分かりやすいと思います。
      デモや集会に参加しても、それは「合法的でおとなしい」と言っても通用しないのです。「関係があると疑われること」が既に大問題なのです。
      ちなみに、私は昔、ソ連領事館の公開の行事に参加しただけで公安に尾行されたことがあります。冷戦時代の話ですが。

  6. araigumanooyaji のコメント:

    距離を取るってよりも関わるな。

  7. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    最近は随分と追い詰められているようで、保守系プログを力ずくで公開
    できないようにしているのではないかと思える案件が頻発しています
    すでに余命3年時事日記のプログが何者かの手によって公開不能に
    なったようです、だがすでに別ルートによって公開されました
    なでしこりんの場合と何も変わらず恫喝的行為によってしか
    自分を表現できない人たちとはもうこれ以上一緒には住めない

  8. coco のコメント:

    中核派宣伝映像、拝見させていただきました。
    動画最後に「日帝国家権力云々」とありました。
    未だに日本を「日帝」と呼称し、敵視する民族がいますよね?
    彼らが多数紛れ込み、日本の過激派と共に行動していると聞きます。 
    真偽の程はわかりませんが、ネット上では「過激な左派活動家のほとんどは日本人左翼ではない」と公安が認定しているとも聞きます。

    子供の頃、もうすぐ空港ができるから最後に、という事で、三里塚牧場に家族で遊びに行ったことを覚えています。 のどかで楽しい思い出なのに、直後にこんな恐ろしいことが起きていたなんて。 そういえば、民主党の大臣の中にも機動隊に向けて火炎瓶を投げつけて火をつけた人がいると聞きますが、本当でしょうか? 真偽が分らないのでお名前は伏せますが。

    学生の皆さんが安保法制案について多角的な角度から情報を収集し、自分で考えたうえで反対運動をするのなら、それは思想信条の自由で止めることはできません。
    そうではなく、何となくマスコミや左派の反対派のレッテルに踊らされ、または「ノリ」でやっているとしたら、あまりに安易過ぎます。
    自分の将来も日本の未来もかかっていることを真剣に考えて欲しい。
    安易なノリで人生を棒に振るようなことになれば、一生懸命子供を育ててきて、あと一息でやっと無事社会に送り出すことができると思っていた親御さんにとっても耐えられないでしょう。
    同世代の子供を持つ親として、学生さんたちは小坪先生の助言に真摯に耳を傾け、よく考えて欲しいと思います。

  9. Augusta のコメント:

    もうご存知と思いますが、安倍首相が明言しました。
    http://hosyusokuhou.jp/archives/44919182.html

    日本は中国の侵略行為に対処しなければならない。
    これを妨げる事は、国防を妨げ、日本国民全員の
    命を脅威にさらす事だ。

    サヨクがそうであるように、国家の敵として
    生きる覚悟があるのだろうか?
    かつての日本赤軍の様に、北朝鮮にでも亡命
    するのかな?しばき隊は、自ら北朝鮮の関係者
    だと言っている連中だ。

    先日のコメントを読むに、甘やかされる事を
    期待した子供としか思えないのだが。

  10. 元新卒採用面接官 のコメント:

    学生が集まらず採用に困っている会社でも、SEALDsに参加した学生を採用することはまず無いでしょう。過激派との距離など関係ないです。大金を払ってリスクを抱える意味がありません。
    尤も、SEALDsに企業が採用したくなる学生がいるとは思えないが。

  11. 通り道 のコメント:

    先生は親切ごかしにでもしてる学生は就職ないよ?!って持論を展開中ですが
    学生たちは「就職なんかより、今活動しないと子や孫が戦争に連れていかれてから公開するほうが嫌だ!」という考えのようです。未来を見てますね。
    それに下記の情報もある
    『大手化学メーカーで採用を担当する幹部は「デモが就職に不利なんて、いつの時代の話ですか。学生がデモに参加したかなんて調べるヒマもリソースもありませんよ」と一刀両断。「うちの会社には学生運動出身の役員も何人もいますし、私もキャンパスの学長室で座り込みをしていて写真を撮られました。もう30年以上も前かなあ」と笑う。』
    グローバルな企業では言論弾圧に負けるような学生は必要ない!ってことのようですよ。

    • yu_ta のコメント:

      で、そのグローバル企業ってのはどこなんでしょうか。
      何故企業側から、屋号を出して「SEALDs大歓迎!」と言わないのでしょう。
      それが企業側のリスク対策だからではないですかね。

      • Ren のコメント:

        化学メーカーの方の言葉は、7月30日に配信された、朝日新聞の後藤遼太さんという方の記事からの引用ですね。

        小坪さんのお話しは、こうしたメディアからの情報も含めて、様々な角度から物事を考える大切さをいつも教えてくださいますね。

        学生は、社会での経験(仕事の現場で実感として得られる情報)とメディアからの情報を照らし合わせることがまだできません。これは、その学生に努力や理解力が足りないのではなく、現場で自分が見聞きしてみなければ、わからないことは「ある」という意味です。

        学生には、小坪さんのお話しにもぜひ耳を傾けて欲しいです。皆さんの将来を応援しています。

    • 隼人 のコメント:

      >「うちの会社には学生運動出身の役員も何人もいますし、
      >私もキャンパスの学長室で座り込みをしていて写真を撮ら
      >れました。もう30年以上も前かなあ」と笑う。

      「学生運動出身の役員」
      そりゃいますよ。
      元・日教組で教頭、校長になった人もいるのと同じ。
      思想がまとも(自虐史観・反日思想から脱却)になった人もいれば、
      管理職試験時だけ思想転向したふりをして、
      校長になれば日教組と同じ思想で学校運営する人もいる。

      「うちの会社には」
      社共系の企業なんてわんさかありますからね。新日本出版とか。

  12. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議…
    いつもありがとうございます

  13. まっく のコメント:

    いつも見ていますが、初めてコメントさせていただきます。

    私、北海道の中小企業で採用担当の役員をしております。北海道には、元朝日新聞記者の方が非常勤講師を務めておられる大学があり、これまでは数名その大学から採用しておりましたが、元朝日新聞記者の着任以降、その大学の方は履歴書が送られてきた時点で不採用を決めております。もちろんそのようなことを露骨にするのではなく、あくまで「結果として不採用」の流れをスマートに作りますが。
    仕事柄、本州の大学の文系・理系卒業生の応募はあまりないのですが、正直今後はSEALDs関連で目にした大学の卒業予定者に関しては、ネット等の写真も活用してチェックを細かくかけていかねばと思っております(中小企業ですのでこのあたりが限界です)。
    他の企業の役員の方とお話をしても最近そのような傾向が強いと感じます。公安云々はまったくわからない世界ですが、そのように「防御」している企業もあることを他のコメント者にも知らせたいと思いました。

    先生、これからも貴重な情報をよろしくお願いします。また、体を壊さない程度にはセーブしてくださいね。

  14. 123 のコメント:

    左翼、在日韓国人や帰化人、あるいは韓国とのハーフなどの
    感情的なコメントが一連の記事に目立ちますね。

    私は他人を採用する側ですが、
    小坪市議の仰る通りだと思います。

    コメントを見るとまだまだこんなにも
    在日韓国人や帰化人やハーフが日本に紛れ込んで悪さをしているんだなぁと思います。

    しかし、彼らに読んでみて論理的な反論はなく、
    どれもただの悪口ばかりです。

    小坪市議、どうかこのような輩に負けずに頑張って下さいませ。
    「悪口は悪の白旗」です。

    もう悪口を言うくらいしかまともに出来ることがないという証拠です。
    少しずつ日本を浄化していきましょう。

  15. 漫画喫茶店長 のコメント:

    昔のオルグには多少なりとも「フリーセックス」という手段も使われていました
    先進的な思想=フリーセックスという概念があった時代です
    私の先輩の彼女(熊大法文学部)はコンドームを持って学生アパートを回っていたと聞いたことがあります
    虹に染まったイマドキの男の子にもそういうトラップが通用するのでしょうかねぇ・・・

    • 櫻盛居士 のコメント:

      生々しい話題だったのでスルーしようと思ったのですが、実は「家族解体」から始まり「夫婦別姓」に繋がる話題ですので、敢えて触れる事にします。

      共産主義者のフリードリヒ・エンゲルスの提唱した科学的社会主義の世界観を基にし、「女性の解放」と聞こえの良い様に飾り付け、家族間にも闘争を持ち込もうとした思想を発端とします。

      一夫一婦制の家族を「最初の支配の形態」と位置付け、家族をもぶち壊そうとするキチガイとしか思えない理論です。

      例え「女性の解放」を理想論として掲げてみたとしても、世界で活動していた末端アカ活動家の実態は、金、食糧、快楽を求めるならず者の匪賊集団で、性欲がコントロール出来ない獣の様な連中でした。

      「女性の解放」「自由恋愛」などと言う、一見聞こえの良い言葉で飾りながら、実態は慰安婦の確保に利用されて来た一面があります。

      扨て、ここ日本では支那及び朝鮮由来のアカも多く、上記のトチ狂った思想に特亜の風習や思想が加味され、ジェンダーフリーの名の下、夫婦別姓制度構築工作へと繋がります。
       
       
      先ず苗字ですが、日本と中華圏とでは種類が異なる事を御存知でしょうか。

       氏:家単位(家族単位)の名前で、日本で用いられる。
       姓:一族単位の名前で、中華圏で用いられている。

      嘗ての日本に於いても姓は用いられており、血統を示すものとして使用されていたのも事実です。
      徳川家康が源家康を名乗っていた事を御存知の方は多い事と思いますが、これは徳川家の系統が源氏であると明示する為であって、改姓したものではありません。
      平たく言えば「源一族の、徳川と言う家の、家康」って事です。

      余談ですが、現在の日本では公式に使用している苗字が氏である為、姓を知らない方が大多数ですが、家系を遡って調査すると多くが、源、平、藤、橘の姓に至る様です。

      日本の婚姻制度は、他の一族の者も家族として迎えると言う精神に基づき継承されて来たもので、今日婚姻届には氏の記入欄しかありません。
      その意味から言えば、日本は昔から「夫婦別姓」なのです。

      現在、この他の一族の者も家族として迎えると言う精神をブチ壊し、「家族解体」を目論む連中が暗躍しております。

      中華圏では他の一族の者を家族として迎え入れると言う思想が乏しく、夫婦の片方は「子供生産機」的な位置付けであった為夫婦別姓です。

      家族解体を目論む連中が「別の姓を名乗る」と言う中華圏の形を利用して、現在様々な工作を行っているのです。
       
       
      姓氏に触れましたので、ついでに創氏改名にも触れておきます。

      実は「創氏」と「改名」は全く別の制度で、くっつけて呼ぶ事自体がナンセンスなのです。

      当時、アジア唯一の一等国民であった日本人に朝鮮人もなりたがり、日本式の名前を欲し社会運動にも発展しています。

      しかし、日本の治安当局者は当時から素行が悪く、犯罪を含むトラブルメーカーであった朝鮮人と日本人を明確に区別する為に、朝鮮人の名前変更に反対しておりましたし、日韓併合から1936年の朝鮮戸籍法改正まで朝鮮人が日本式の名前に変更する事を禁じていました。

      しかし、日本は対欧米へ人種差別撤廃をアプローチしていた時期で、国内で日本人と朝鮮人との差別がある状況では不具合もあった時期なのです。

      人種差別撤廃、日本人になりたがる朝鮮人、日本人と朝鮮人を明確に区別しておきたい治安当局者の板挟みになった朝鮮總督府は、氏と姓が異なる事に着目し、ウルトラ理論で1936年の朝鮮戸籍法改正を実現させました。

      「朝鮮人には氏が無いので、姓の他に氏を新設すれば問題無いよね ♪」って理論で法整備を行ったので改姓では無く『創氏』なのです。

      ですので、従来の日本人戸籍には無い本貫欄が朝鮮戸籍には設けられ、この本貫欄に朝鮮人従来の姓を記載する事としました。

      朝鮮戸籍の氏は本人の届出が無い限り、姓をそのままスライドする方法が用いられ、戸籍上では「李・李・明博」の様に記載され、氏の希望を届出たものに関しては「李・月山・明博」の様に記載されていました。

      改名に関しては「氏が日本式でも名前が朝鮮式だと、朝鮮人とバレるニダ!」と朝鮮人が主張したので、「分かった、分かった、じゃあ改名も可能にするよ・・・。でも、審査はするからな。手数料も取るからな」と言う具合に、改名にあたっては裁判所で犯罪者で無い事などの審査を受け、許可証を発行して貰い、役所で手数料を払って名前を変更出来る様にした制度でした。

  16. ふう のコメント:

    彼らは、
    公安監視対象の過激派テロリストと祖国を同じくする同胞なので、
    「離れろ」と言っても無駄だと思います。

    問題は、騙されている日本人学生ですが・・・。

    外国人の政治活動を取り締まれば一気に終息すると思うのですが、
    なぜそれをしないのかわかりません。

    外国人によって日本の世論が誘導され、
    大事なことが決まったり決まらなかったりすることは
    ものすごく恐ろしいことだと思うのですが。

  17. 和魂洋才 のコメント:

    成程、あくまでも「過激派・公安監視対象団体」限定が前提と言う事ですね。
    このトリックアートやパズル的な楽しみがあるが故、小坪市議のブログには妙な「中毒性」があります。読解力向上及び頭の体操として有効活用させて頂きます。

    後、常連コメンテーターの方に私が「しばき隊」だと思われている方がいらっしゃる様ですので、自らの政治スタンスを明確にしておきます。(苦笑)

    私は、自民党支持者(後援会員)です。決して盲目的な支持者ではなく、行き過ぎた新自由主義政策に対しては寧ろ否定的に捉えている面も多々あります。基本的には、この国の日本人が幸せになれる政策を提起する政党及び無所属議員・支持者の方がいれば極右〜中道右派左派〜左派の方も誰とでも議論するスタンスです。政治・政策にのみ関して言えば一部の狂信的なカルト系の方以外、誰でもWelcomeの柔軟姿勢派でありますので。念の為。

  18. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     私は、小坪議員のルーツを拝見していたので、先の扇情的な記事に正当な意図を感じておりました。
     これを知らずに、何を叩いているのかと、イライラしておりました。
     というよりは、左翼は赤旗にせよ、外国人の税金控除及び生活保護の問題と言い、マイナンバーといい、不都合な記事がアップされると、いつも、この調子ですが。

     私が毎度、嫌われる若しくは煙たがられる覚悟で、敢えて粘着質に連呼している文言であり、甚だグロテスクにして好きな言葉であり、名言と思料している文言。

     (終身絶対的欠格事項=何年たっても消えない。)
     日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。

  19. 眠牛 のコメント:

    きわめて現実的なアドバイスで、立場も中立を超えないものと拝見しました。
    上から目線のようで僭越で失礼な物言いですが、個人的には、
    若さゆえの行動力に富む若者に向けた、的確なアドバイスと思います。

    ただ、就職活動を目前に控えた成人している学生さんであれば、
    自分の行動に拠って評価を受けたり就職活動での有利不利が生じるのは、
    当然の自己責任に帰結する問題なんだよなあ、とも思います。

    つまり相手が学生さんであっても、相手が参政権を持つ成人であるならば、
    その結果や因果までを含めて、本人の見識に任せていいんじゃないでしょうか。

    まあ、狷介な中年に体よく踊らされていそうな若者相手を見て、
    お節介を焼きたくなる気持ちはわかりますけどね。

    親が安保世代、子が就職活動世代の団塊Jrの泡沫として、
    そんな感想を抱きました。

  20. ピンバック: #SEALDs の皆様へ、やっぱり就職できなくて震えた。?「働き口をください。助けてください。」 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください