【外国人の扶養控除】採択して頂いた議会一覧(中間報告)さらに採択


 

 

驚く方が多いように思います。
九月末日締めでの、通知文書到着分について報告させて頂きます。
さらに多くの意見書が採択されております。
貴方の住んでいる自治体はあったでしょうか?

伊藤嘉規議員が協賛してくださっているあま市議会(愛知県)でも採択の通知が届きました。
この場を借りて、伊藤議員はじめ、賛成にまわってくださったあま市議会の皆様にお礼を言わせて頂きます。

 

関連
【外国人の扶養控除】意見書採択の報告~動き始めた地方議会
【外国人の扶養控除】続く採択、驚きの全会一致
【意見書採択】行橋市議会において、外国人の扶養控除

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
saitaku

 

 

 

 

続く採択
伊藤嘉規議員が協賛してくださっているあま市議会(愛知県)でも採択の通知が届きました。
この場を借りて、伊藤議員はじめ、賛成にまわってくださったあま市議会の皆様にお礼を言わせて頂きます。

発信元である私が所属する行橋市議会においても、字句修正のち無事に採択されました。
9月末日までに届いている採択結果を報告します。

 

あま市議会(愛知県)

2あま市

2あま市2

 

愛川町議会(神奈川県)
2愛川町

2愛川町2

 

井川町議会(秋田県)
2井川町

2井川町2

 

潟上市議会(秋田県)
2潟上

2潟上2

 

糸満市議会(沖縄県)

2糸満

2糸満2

 

長野原町議会(群馬県)

2長野原町

2長野原町2

 

天栄村議会(福島県)

2天栄村

2天栄村2

 

日高村議会(高知県)

2日高

2日高2

 

鰺ヶ沢町議会(青森県)

2鰺ヶ沢町

2鰺ヶ沢町2

 

相当の苦労があったと思います、議会での審議で面倒な思いもさせたと思います。

共に立ち上がってくださったこと、
声をあげてくださったことを、深く深く感謝します。

【再掲】
地方議員の先輩方へ

 

 

 

趣旨採択
以下は、趣旨採択された自治体です。
理論的には「採択か不採択しかない」のですが、少し曖昧な状態です。
採択したいが難しく、しかし不採択にもできないという状況を示していると思います。

地方自治法第九十九条に基づく意見書としては、現時点では法的には採択ではありません。
しかし、これら多数の採択を受け、12月に続く動きの中では採択になっていく可能性が高いものと考えています。
(私自身も趣旨採択は初めて触れたため、うまく説明できません。)

迷いと葛藤、賛成・反対側の意見がぶつかる中で、賛同議員たちが必死につかみ取ってくださった結果だと考えております。
継続審査ではなく、賛意を議会として示す、そのギリギリのラインが趣旨採択であったと認識しています。

 

大仙市議会(秋田県)

s大仙

s大仙2

 

真鶴町議会(神奈川県)

s真鶴

s真鶴2

 

日吉津村議会(鳥取県)

s日吉

s日吉2

 

 

 

九月末日時点の報告
10月の初旬まで本会議が続く自治体も多く、少しかも知れませんが、続報もお届けできると思います。
また、一部の自治体では陳情者に通知を返送していない場合もあるため、以下が全てかは確証がもてません。
(意見書は国に送付するため、陳情者への報告なしという流れ?)

採択された議会
更別村議会 (北海道)
大鰐町議会 (青森県)
鰺ヶ沢町議会(青森県)
にかほ市議会(秋田県)
井川町議会 (秋田県)
潟上市議会 (秋田県)
北塩原町議会(福島県)
天栄村議会 (福島県)
南相木町議会(長野県)
長野原町議会(群馬県)
愛川町議会 (神奈川県)
あま市議会 (愛知県) 伊藤嘉規議員
高取町議会 (奈良県) 新澤良文議員
本山町議会 (高知県)
日高村議会 (高知県)
行橋市議会 (福岡県) 小坪しんや
多久市議会 (佐賀県) 野北悟議員
南阿蘇村議会(熊本県)
糸満市議会 (沖縄県)

(※ 九月末日 通知文書到着分)

 

趣旨採択された議会
大仙市議会 (秋田県)
真鶴町議会 (神奈川県)
日吉津村議会(鳥取県)

(※ 九月末日 通知文書到着分)

以上をもって、九月定例会 市区町村議会における中間報告とさせて頂きます。

 

※ 特記
国からの制度改正が「地方の負担」と「責任(権限付与による)」が生じることになるだろう。
制度自体は抜本的には変更されておらず、書類さえ準備できれば(国外親族が多数存在している)外国人のみは、やはり税金が安くなる実態に変化はない。

添付資料は、申告者の義務となったが、確認するのは地方行政である。
世界中の言語が、読めて、話せると共に、その国の行政資料の真贋を見極める力がなければ、対応は実質不可能である。
詐欺事案が発生した場合は(権限が付与されているため)これからは地方行政の責任も問われかねない。

詳細な記事は以下。
【外国人の扶養控除】国の動きと地方に生じる責任、改善されても確認できない。

 

 

 

さらに継続しての動き
今回、賛成数がギリギリ足りず、敢えて議会に諮らず継続審査とした議会。
また、まずは一般質問を行い、議会側の周知を図るという議会。
さらに、「調整がついたため12月で通せる」という連絡も。
採択された議会の議員が、近隣議会に働きかけてくれるという話も出ています。

12月議会は、今議会の採択実績を受け、さらに採択数を増やせるのではないかと考えています。
継続審査が相当数あるため、動きは明確に数字として出てくるでしょう。

また、政令市・県議会は相当に厚い壁でありますが、これから本会議となっていきます。
一つでも多く採択されるよう、緊密な連絡をとると共に、必要に応じて字句修正を行っていきます。

以前も告知させて頂きましたが、12月定例会におきましては、
これらの採択実績を資料として添付した、新型の意見書を作成させて頂きます。
「郵送ではなく」地元自治体に、是非、陳情(意見書採択を求める陳情)を提出して頂けますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

 

ひとつずつ、一歩ずつ。

 

地方議会から、法改正を目指す。

 

無謀とも思える壮大な夢を、共に願ってくれた議員たちがおります。

 

ここに公式に示された、厳然たる事実は、

 

こうしてモニターの前で情報に触れる皆様にとっても、

 

各地で賛成多数となるため議会工作に奔走する議員たちにとっても、

 

一人一人にとって、大きな勇気になると強く確信するものです。

 

一歩を、踏み出す。

 

その勇気を持ちたい。

 

一人でも多くの方に伝えるため、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

踏み出す勇気を持つための公式資料を、一人でも多くの仲間に伝えるために。

 

関連
【外国人の扶養控除】意見書採択の報告~動き始めた地方議会
【外国人の扶養控除】続く採択、驚きの全会一致
【意見書採択】行橋市議会において、外国人の扶養控除

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

良ければ、今日この日、以下のエントリをもう一度見て頂けないでしょうか。
こうやってこの意見書は発送されました。
全国すべての自治体に陳情書・発送



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【外国人の扶養控除】採択して頂いた議会一覧(中間報告)さらに採択 への33件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【外国人の扶養控除】採択して頂いた議会一覧(中間報告)さらに採択 驚く方が多いように思います。 九月末日締めでの、通知文書到着分について報告させて頂きます。 さらに多くの意見書が採択されております。 貴方

  2. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     わたくしも,リアルに行政を業として生きる者であり,やはり地元地方公共団体議会へ直接請願(ごり押ししてでも,嫌われてでも。)いたしたく存じます。
     万が一,それでも議員に嫌がられたなら,渋々陳情にグレードを下げるつもりであります。
     突撃いたします。
     己が個人情報が,ウェブ上に乗っても,町役場掲示板に登載されても,町の公式資料に永久登載されても,構いません!!

  3. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     ところで,本採択の地方公共団体さんには,草津温泉でお馴染みの草津町と同じ群馬県吾妻郡(あがつまぐん)に属する長野原町(ながのはらまち)と,区が3つしかないことで知られる政令指定都市の相模原市に隣接し,神奈川県唯一の村である清川村(きよかわむら)と同じ愛甲郡(あいこうぐん)に属する愛川町(あいかわまち)がありました。
     セミ採択では,あの箱根山で有名な箱根町と同じ神奈川県足柄下郡(あしがらしもぐん)に属する真鶴町(まなづるまち)もございました。
     知っている地名が出ると,妙に燃えます。
     ただ,残念ながら,わが地元の埼玉県K郡S町は,9月定例会では上がっておりません。極めて遺憾であります。嗚呼無情。。。
     また,皆様におかれましても,ウェブ上に個人情報が搭載されるといっても,画像ベースなので,検索サイトのキャッシュやサジェストにはかかりませんし,役場の掲示板なんて,正直,誰もみませんし,役場の公式資料に永久登載されても,やはり誰も開示請求はしませんし,お蔵入りするだけですので,どうかご安心の上,ご自身の役所へ突撃願います。
     あなたの勇気が,公共の福祉を救済するのです!!!!

  4. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     嗚呼,各地及びわが地元町議会の12月定例会が楽しみであります。
     そして,やがて小坪議員発出のこの税制抜本改革への意見書(案)が,マスコミ及び世論から本格的に取り上げられることを,期待しております。

  5. 生野区民 2 のコメント:

    沖縄の糸満があったのが、驚いた
    翁長を排除できたらと、希望がわく

  6. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議、おめでとうございます!
    伊藤議員や採択協力者の方々も素晴らしいです、ありがとうございます!!
    しかしながらこの記事以外にいいニュースがあまり無いのです…

    【中国】スパイ容疑で拘束された日本人、北朝鮮からの「脱北者」で日本国籍を取得した朝鮮系日本人と判明 頻繁に北朝鮮関連情報収集していた
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/45572267

    あと、以下は以前ありました防衛省の資料もどき??流出??騒ぎの件を踏まえますと、
    どこかの省の誰か→日本共産党員の誰か→中国
    かもしれませんね

    【高速鉄道】インドネシア政府、突如『中国案』採用… インドネシア運輸省の幹部「ルートも駅位置も全部日本のコピー。違うのは金額だけ」「親中派が調査結果を中国に流した」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46440033

    【パクリ中国】インドネシア採用の中国高速鉄道計画、日本の現地調査内容がインドネシアから中国へ流出
    ttp://m.moeruasia.net/article/45572663

  7. お祝い のコメント:

    ご報告、有り難う御座います。
    嬉しい、ただ嬉しい気持ちがこみ上げました。
    これからも、個人でできる事を続けていくモチベーションを頂きました。
    諦めませんので。
    お隣の愛川町が採択してくれたとは、とても嬉しい。

  8. 名ナシ のコメント:

    おめでとうございます。
    わが市は政令指定都市なので今月ですね。(たぶん)
    静岡県内の議会で採択の報が無いのがショックです。

  9. のコメント:

    おめでとうございます!
    安部総理の元にも声が届いたのが嬉しいですね。

    うーん、隣県の大分市は無し、と。

    大分は「安部談話に侵略と謝罪を盛り込め」とうるさかった村山富一や、MERS大流行中の韓国に主導者としてサッカーをしにいったえとう征士郎等を排出し、県庁内に人権図書館、周辺は自治労、日経新聞に囲まれ、大分合同新聞は反原発と反安保、軍歌を大音量で撒き散らすなりすまし右翼街宣カーが交番前を大爆走、別府温泉も在日の巣窟らしい…と。(在特会の大分演説でそう言ってました)

    こっちは国東市あたりに期待してみますか。(なんとなく空港と多数の工場があるので外人いそうだなーと。

  10. イチ熊本市民 のコメント:

    いつも興味深く拝見させていただいてます。

    一点指摘があり初めてコメントします。

    南阿蘇町 ではなく
    南阿蘇「村」議会が正しいかと存じます。

    前回の記事でも同じ箇所があり勘違いがあるかと思い連絡いたしました。

    これからもご活躍を祈念しています。

    • 小坪しんや のコメント:

      イチ熊本市民様

      コメントありがとうございます。
      謹んで訂正させて頂きます。

  11. たろう のコメント:

    素晴らしいです

  12. ある愛国者 のコメント:

    とりあえずシェアしときました。

    外国人に食い潰されるだけの日本から1日でも早く脱却できるように。

  13. 生野民 2 のコメント:

    シナで逮捕されてる、日本人というのは片方は北朝鮮からの帰化みたいですね
    北朝鮮のスパイが日本に帰化してるとしか思えないんだが
    もう一方は未確認の情報だが、テレ朝関係者でこちらは下朝鮮のスパイの疑いありみたい、帰化を真剣に廃止した方がいい
    それと志位ルズのテロリスト奥田の自演をマスゴミが狂ったように、報道してる
    ネット以外何も信用できない。

    • ふぃくさー のコメント:

      > 北朝鮮のスパイが日本に帰化してるとしか思えない

      本日更新の妄想記事によれば、金正男を暗殺すべく投入した北朝鮮工作員が中国に壊滅させられたため、代替対策として北からの帰化日本人を工作員とする作戦に切り替えているとの事です。

  14. araigumanooyaji のコメント:

    “← ”

  15. マツモト のコメント:

    小坪さま 
    こちらにコメントは初めてです。
    素晴らしい政治活動、毎回拝見していて心強く思っています。応援しています。

    ところで、外国人の扶養控除ではないのですが、市議会議員の事務所前を通りかかった折、ふっと思いつき日頃の疑問をぶつけてみました。

    質問として「最高裁の判例が出たが、在日外国人に対する生活保護は如何なものか?」

    当日市会議員は不在でしたので、事務所の女性に必ずお返事くださいと伝言して帰宅しました。

    そして10日あまりしてメールで返答が帰ってきました。以下コピペです。

    「このたびは、○○議員から生活保護制度に関するお問合せをうかがいましたので、保護課より回答をさせていただきます。
     
     生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置については、「生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について(昭和29年5月8日 社援第382号 厚生省社会局長通知改正 平成26年6月30日 社援発0630第1号による改正まで)」 により、一般国民に対する生活保護の決定実施の取扱に準じて必要と認める保護を行うこととされています。
     外国人に対する保護については、行政不服審査法に規定する処分に該当しないため不服申し立ての対象とはなりませんが、 外国人に対する生活保護の実施決定の取扱いについて、最高裁の判決を受けての変更はないと判断しております。
     外国人であるかどうかに関わらず今後も適正な保護適用に努めてまいりますので、
    ご理解くださいますようお願いします。

    担当:神戸市保健福祉局総務部保護課」

    なんだかしっくり納得できないのです。
    私は神戸市長田区在住ですが、市営住宅に居住している外国人(ベトナム人その他)は生活保護をもらっている人が多いらしく(市営住宅に住んでいる人の証言)、贅沢に(ここのところは噂レベル)暮らしている様子。生活保護受給するのは日本人だけにできないのかしら?素朴な疑問です。
    最高裁判例でても、こう言ったことは改善できないものなのでしょうか?

    一市民として、どうしても納得できないので、市長の事務所にも問い合わせしてみようかと考えています。

    • ふぃくさー のコメント:

      回答文の敬語の使い方がおかしいと思ったんですが保護課からの回答になったんですね。マツモトさんは議員さんの考えを聞いてみたかったんでしょうに、逃げちゃったんでしょうか(^^?

      神戸といえばちょっと前に「避難勧告」メールを「避難韓国」として発信して話題になってましたよね。韓国人対応の業務が多すぎて変換の優先度が上がりすぎてるからだっていう理由で。役所からの回答であればさもありなんという印象です。

      > どうにも納得できない

      お察しします。「自治体の裁量で支払っている」状態は私も納得できません。最後に書いてらっしゃるように、市長とか議員とか、個人レベルの考えを答えてもらう工夫があれば良いのですが、何かいい方法ないかなあ・・・・過激に活動して目をつけられると狙われる危険性もありますから、さじ加減が難しそうなんですよね。

      ——- すみません。以下他サイト関連の宣伝になります。  ——-
      ——- やや長くてマナー違反とは思いますがご容赦ください ——-

      ちなみに、私は官邸メール送付活動に協力しています。首相官邸への要望を集団で訴える活動であり、外国人への生活保護支給撤廃を謳ったものも含まれます。即効性は低いものの、少なくとも数万人のレベルで毎日送りつけてますから「民意」として政府に動きやすさを与える効果があります。

      もし興味があり、かつ、賛同・参加いただけるならば歓迎します。小坪先生の口癖にもあるように、一歩ずつ、一歩ずつです。

      官邸メール要望一覧(ワンクリック送信もできます)
      http://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html
      ★★★ご注意下さい★★★
      賛同者が好意で開発してくれたツールですが、客観的に言えば個人情報抜取り等の仕掛けがない保証はありません。私たちは同士としての信頼感で、悪さを組込んではいないと信じて利用しているだけです。よって、ワンクリックツールの利用に不安がある場合は、同意する要望のテキスト部分だけを切り取って、下記正規URLから手動で送信すれば問題はありません。

      官邸メール正規URL
      https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

      • マツモト のコメント:

        ふぃくさー様
        ありがとうございます。

        >マツモトさんは議員さんの考えを聞いてみたかったんでしょうに、逃げちゃったんでしょうか(^^?

        私は保護課の回答では、市会議員からの回答をお願いしたのです。しかも質問事項はこれだけではなりませんでした。神戸市での生活保護事例の内、在日外国人に受給している割合は? それに対して市会議員としてどのような認識であるか? 等

        私の意図に反して保護課からの回答でした。事務所の女性に住所とメールアドレスを伝えてあったにもかかわらず、簡単なメールでの回答でかわされた印象を受けました。しかもメールアドレス間違って聞いたらしく回答に10日あまりかかってます。そのあたりもいい加減な対応でした。

        ちょうど神戸市議会は政務活動費の不正流用問題の最中。政務活動費は小坪さんのような活動に使って欲しいと強く思います。

        官邸メール送付活動が一番良い方法かもしれませんね。私も活動しますね。
        まぁ、一市民として下から問題を提起して突き上げることも、安倍首相への援護射撃になるかなぁとも考えます。
        正直なところ、もやもやして黙ってられないんですよね。

        ところで、ここ数ヶ月神戸の空はヘリが飛ぶ回数が増えたように感じます。以前はなかっんですけどね。893関係か? 何か見えないところで、何か動いている気配を感じるのは気のせいでしょうか。

        色々ご教授いただきありがとうございました。

        • ふぃくさー のコメント:

          最近は新しい要望も随分と増えていますが、「余命xx号」とついているものは、元々安倍政権がやりたがっているものばかりです。黙ってても実現の方向に動いていく内容なのですが、集団要望を行うことによって、安倍政権に実行するための「民意」という大義を与えています。要するに動きやすくするための応援活動ですね。各要望に50万通も集まれば官邸としても動かざるを得ないし、もしそれでもダメなら100万通、500万通でも送り付けろ!が合言葉みたいになっています(^^

          官邸側で迷惑と判断しているならばそれなりのメッセージを掲載するはずですよね。でも実際にはそんなメッセージなど一言もありませんし、たまには[首相官邸より]ってタイトルの返信があったりします。受信した時は結構感動しました♪

  16. 延清 圭祐 のコメント:

    国税庁が「国外居住親族に係る扶養控除等の適用について」
    平成 28年1月1日以後に支払を受けるべき給与等及び公的年金等について
    適用される旨のリーフレットとQ&Aを9月25日に公表しました。
    今までの状況からは少しは厳しくなる内容の様ですが、
    租税条約を結んでいる国及び地域の外国人実習生制度などを
    利用すれば扶養控除なんて必要ありません。

    次に国税庁の新しい適用についてのリンクを掲載しますのでご確認ください。
    適用が少し厳しくなるようです。
    国外居住親族に係る扶養控除等の適用について
    https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/kokugaifuyou_leaflet.pdf

    「国外居住親族に係る扶養控除等Q&A(源泉所得税関係)」を掲載しました(平成27年9月)(PDF/244KB)(平成27年9月25日)
    https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/kokugaifuyou-QA.pdf

  17. 桃太郎 のコメント:

    おめでとうございます。自分の地元の議会がまだのようですので支援した議員事務所に聞いてみようと思います。

    別件ですが、
    民主党 小西洋之のツイッターでの発言が炎上してます。

    安倍総理の国連総会演説 「(日本援助の)母子健康手帳が書き留めた身長や体重を見て、
    わが子の成長に目を細める母のうち一体誰が、その同じ子が、成長したのち、恐怖の使徒と
    なるのを望むでしょう」

    自衛隊員の母親の望みも虚しく、自衛隊員は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になるのである。

    自衛隊の方々へのこの侮辱的発言がヤフーでアップされ1000件以上のコメントのほとんどがすごいことになってます。この男は議員である前に人として狂ってます。

    • 桃太郎 のコメント:

      産経新聞から詳しく

      民主党の小西洋之参院議員は9月30日、自身のツイッターに「自衛隊員の母親の望みも
      虚しく、自衛隊員は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になるのである」と記した。
      安全保障関連法反対の立場からの投稿とみられるが、2日現在この記述は削除されている。

      小西氏の最初の投稿では、安倍晋三首相が9月末に行った国連総会の一般討論演説で、
      日本がシリア難民に支援した母子手帳に言及したことを紹介。

      首相が「わが子の成長に目を細める母のうち一体誰が、その同じ子が、成長したのち、
      恐怖の使徒となるのを望むでしょう」と述べた部分を逆手にとったようだ。

      小西氏は1日のツイッターで、首相発言の紹介をそのまま残した上で、「安倍総理の安保法制により、
      自衛隊の集団的自衛権行使を受ける国の子供達は自衛隊員を『恐怖の使徒』と思うだろう。
      違憲立法から自衛隊員を救わなければならない」との投稿に差し替えた。

  18. 秋田県潟上市 のコメント:

    貴方の住んでいる自治体はあったでしょうか?
    とありましたが、まさか!!ありました!
    当然の判断と思いますが、行動できる議会であったことに、感心しました。
    賛成した市議には、次回の選挙で投票したいと思います。

  19. 日本人 のコメント:

    ◎非公開でお願いします。
     岐阜県大垣市在住の松田 博(63歳)と申します。

    小坪しんや様

    小坪議員からの「外国人の扶養控除制度見直しについての意見書採択」市政HPの意見箱にて確認しましたところ

    27大市議第356 号
    平成27年8月20 日
    松田 博 様
    大垣市議会事務局
    議事調査課長

    市政へのご意見について(回答)

    先日はご意見をいただきありがとうざました。
    お問い合わせがありました件につて回答いたします。

    外国人の扶養控除制度の見直しを求める意書採択を求める陳情については、提出(平 成27年8月17日受付)されています。
    提出された陳情については、今後取り扱いについて協議されます。
    【担当】議会事務局 議事調査課係
    主幹:松山 担当:日比
    ℡ :0584 -47 -8073

    その後協議されたか否かを確認しましたところ

    27大市議第356 号
    平成27年 10 月1日
    松田 博 様
    大垣市議会事務局
    議事調査課長

    市政へのご意見について(回答)

    先日はご意見をいただきありがとうざました。
    お問い合わせがありました件について回答いたします。

    外国人の扶養控除制度見直しを求める意見書採択を求める陳情についてですが、自民党、公明党の平成27年度税制改正大綱の中にこの項目があることなど、国の動向を見守るというこで議長預かりとなっております。そのため、 ホームページの会議録検索や意見書決議を検索していただきましても、掲載されていませんのでご了承下さい。
    【担当】議会事務局 議事調査課係
    主幹:松山 担当:日比
    ℡ :0584 -47-8073

    以上2回の質問に対してPDFでの回答がございました。
    自民王国の岐阜県ですが野田聖子議員のような訳分からん自民党が県議も含め多くなって今一と感じております。

    小坪しんや議員の益々のご活躍を遠くからですが応援させて頂いております。

                                      以上

  20. enn のコメント:

    採択していただいた市町村会議員の皆様 ありがとうございました。
    小坪議員のおかげで 名前のあがった市町村のHPを数々見せていただくことになろうとは思いもよりませんでした。
     
    ————————-
    外国人扶養控除ですが
    これ「扶養」となってますが 外国人に「援助」したら所得を控除してもらえると説明してる会社があります。そういう会社に問い合わせしてみました。

    外国の親族姻族の 生活実態はこれまで調べられることはなかったそうです。
    理由を書く欄が あるので、国税や市が理由をきいてくるそうです。
    それでお役人が納得する理由だったら 通るそうです。
    まずそうなところは税理士さんが 書類が通るように チェックしてくれるそうです。

    H28年度も 収入実態は調べずにやっていくようです。
            
    ——————————————–

    しかしどうして 何十人も扶養の申請が通ったのか不思議です。 税理士さんは 国税となあなあなのかと思ってしまいます。
    中国などは お金で正式な書類を買えるそうなので 東南アジアもそうかもしれませんが 偽書類で日本のことですからごまかされそうです。
    いくら送金したらという金額は 関係ないのでしょうか。

    —————————————–
    もっとも これまで市役所もめんどくさいのと トラブルになりたくないので 生年月日わからないといわれても いいですよと 所得税が0になるまで申請させてたところもあったようです。 理由:日本みたいに役所がしっかりしてないから把握してないだろう。国際問題になる。 (2011 関西の市役所につとめてるものです。より)

    —————————-
    5~6人の女性の集まりでこのこと知ってるか聞いたら 全員知りませんでした。
    外国にいる外国人を控除するのは おかしい。とか日本では 同居してないと無理なのにというかたもいました。

    • enn のコメント:

      小坪議員 ゆっくり休養をおとりください。
      市販薬で風をこじらせ入院した人がいますので、やはり病院に行く方が安心ですね。きっと疲れがたまっていらっしゃったのでしょう。
      ———————-
      すいません。少し訂正があります。 国税庁、財務省に問い合わせましたら

      H28年度の外国人の扶養の申請書類(添付書類は除く)は日本人と同じ物だそうで、氏名、生年月日、住所を書いて 外国に扶養される人がいるなら右側の非居住者欄にも○をつけ生計を一にする事実の欄にも送金合計金額を記入するらしいです。
      国税庁の方によると 「理由を聞くとすればこの生計を一にする事実の欄のことかな」とおっしゃってました。
      送金金額は いくらであればとか特に決まってないそうです。そこまで細かく見れないというか決められないそうです。

      財務省に問い合わせますと 明確な送金基準はないそうです。 客観的に最低限生活していける金額かを物価や為替も含めて 添付書類で個別人ごとに 確定申告場の国税の係員が判断していくそうです。(確定申告の場合)

      扶養される人の収入実態は 調べる法律もないし 財務省は国税庁がどうするかだとおっしゃってます。というと業者さんが調べられないといっていたのは本当のようです。

      ★理由を書く欄が あるというのが間違ってました そんな欄はありませんでした。
      ★また業者さんが「援助」という言葉を使っていましたが 国税は「援助」という言葉は使ってないそうです。

  21. ゴルゴマタギ のコメント:

    本日お通夜で面識のある市議が来られていて終わった後で話す事が出来ました。
    確かに送られて来てはいたが取り上げる予定はなかったようですが、スマホで採択された市町村を見て貰い(県内の幾つかの市町村で採択されている)重要性を説明したところ会派に図って採択して貰えるよう動いて下さる約束をして貰いました。
    動かなければ何も変わらないのですね。
    今日は故人のお導きがあったように思います。
    これからも状況を確認しながら力になれるよう頑張って行きます!
    小坪市議もお身体に気を付けて頑張って下さい。
    応援してます。

  22. ゴルゴマタギ のコメント:

    済みません、名前を変えて欲しいです。
    宜しくお願いします。

  23. ピンバック: 【外国人の扶養控除】立ち上がり、意思を示した地方議会(九月議会・最終報告) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  24. ピンバック: 【外国人の扶養控除】北九州市議会にて口頭陳情 ~ 諦めない姿勢、信じる心。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  25. ピンバック: 【外国人の扶養控除】上手な陳情のやり方(事例集1) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  26. ピンバック: 【外国人の扶養控除】上手な陳情のやり方(事例集2) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です