【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁) #本当に止める


 

 

先般、警察庁が発表した「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」の紹介を行いました。

ご存じでしょうか。
公安調査庁からも、「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」との名で資料が出されていることを。
その中においては、過激派やテロ団体と、日本共産党は明らかに同列に扱われていることを。

具体的には以下に記載されています。

 

内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)公安調査庁
国内情勢2 社会的に注目を浴びた事象をめぐる諸団体の動向
2-1 普天間基地代替施設建設の中止を訴える運動を展開
2-2 慰安婦問題をめぐり政府の対応を追及
2-3 「再稼働阻止」を掲げて反原発運動を継続
2-4 政府が進める重要政治課題を捉え政権批判を展開

国内情勢3 過激派
3-1 革労協解放派の反主流派がゲリラ事件をじゃっ起
3-2 組織拡大を企図して労働者の取り込みに力を注いだ過激派
3-3 日本赤軍・「よど号」グループの動向

国内情勢4 共産党
4 安倍政権との対決姿勢を強める共産党

 

 

▼実際の紙面を見てみましょう。
非常に興味深いテキストです。
内容も極めて重要であり、一読の価値があります。
ネット上ではテキスト版が有名であり、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

今日は、紙面データ(実際のページ)をご覧頂きたいと思います。
一部においては用いられている画像なども異なるようです。

 

▼拡散依頼
これは公的な資料になります。
お読みでない方もおられるやも知れませんから、「共産党は好きではないなぁ」という方は、忘れないよう
まずもって拡散をお願いします。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(共産党テロ政党・公安調査庁)

 

 

 

 

実際の紙面データ
jpegのため、スマホ等からでは閲覧が厳しいかな?とも思います。
後半にてテキストでの紹介もございますので、閲覧しずらい方はそちらをご覧ください。

こうして紙のデータに触れると、また重みも違ってくるかと思います。
ではご覧ください。
特に警察庁版と作成年度が異なり、とても読み易いデザインとなっております。
時代の変化を感じますね。

 

内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)公安調査庁
国内情勢2 社会的に注目を浴びた事象をめぐる諸団体の動向
2-1 普天間基地代替施設建設の中止を訴える運動を展開
2-2 慰安婦問題をめぐり政府の対応を追及
2-3 「再稼働阻止」を掲げて反原発運動を継続
2-4 政府が進める重要政治課題を捉え政権批判を展開

国内情勢3 過激派
3-1 革労協解放派の反主流派がゲリラ事件をじゃっ起
3-2 組織拡大を企図して労働者の取り込みに力を注いだ過激派
3-3 日本赤軍・「よど号」グループの動向

国内情勢4 共産党
4 安倍政権との対決姿勢を強める共産党

 

 

 

58

 

59

 

60

 

61

 

62

 

63

 

64

 

65

 

66

 

[出典]公安調査庁 「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」58P~66P

 

 

 

テキスト版
文字を主体とした表記になります。

内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)公安調査庁
国内情勢2 社会的に注目を浴びた事象をめぐる諸団体の動向
2-1 普天間基地代替施設建設の中止を訴える運動を展開
2-2 慰安婦問題をめぐり政府の対応を追及
2-3 「再稼働阻止」を掲げて反原発運動を継続
2-4 政府が進める重要政治課題を捉え政権批判を展開

国内情勢3 過激派
3-1 革労協解放派の反主流派がゲリラ事件をじゃっ起
3-2 組織拡大を企図して労働者の取り込みに力を注いだ過激派
3-3 日本赤軍・「よど号」グループの動向

国内情勢4 共産党
4 安倍政権との対決姿勢を強める共産党

 

 

国内情勢2 社会的に注目を浴びた事象をめぐる諸団体の動向

2-1 普天間基地代替施設建設の中止を訴える運動を展開

• 党派を超えた反対運動を展開し,反基地世論の高揚を企図

 

共産党や過激派が海底ボーリング調査に対する妨害などの抗議行動を実施
 米軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり,沖縄防衛局が代替施設建設予定地の海底ボーリング調査に着手した(8月)ことなどから,共産党や過激派は,「反対の声を圧殺する蛮行」と批判し,辺野古周辺で反対派が取り組んだ抗議集会や座込みなどの反対運動に全国から党員や活動家らを動員した。特に,革マル派などの過激派は,同調査の「実力阻止」を訴えて,沖縄県内外から辺野古に赴いた反対派と共に,海上保安庁の警告を無視して,小型船艇で移設予定地やその周辺の立入禁止水域内に繰り返し侵入したり,移設予定地につながる米軍キャンプ・シュワブのゲート前で作業車両に立ち塞がるなどの抗議行動を展開した。

 

沖縄県内の各選挙への取組を通じて反基地世論を醸成
 沖縄県内で行われた一連の地方選挙をめぐり,共産党は,「辺野古への新基地建設が最大の争点」と位置付けて移設反対派候補を支援した。名護市長選挙(1月)及び県知事選挙(11月)では,全国から党員を動員したほか,応援演説を行った同党国会議員らが,有権者に「建設推進を明確にした候補が勝てば日本の民主主義が危うい」,「米軍基地は沖縄経済発展の阻害要因」などと訴えた。特に,前那覇市長を支援した県知事選挙においては,「保守と革新の枠組みを超えて移設断念を求める『オール沖縄』勢力と,建設を進める勢力とのたたかい」などと主張し,反基地世論の醸成に努めた。
これら選挙では,いずれも支援した候補が当選したことから,同党は, 「政府はこの結果を受け止め,建設を断念すべき」などと訴えた。

 

 

2-2 慰安婦問題をめぐり政府の対応を追及

• 「河野談話」への対応を捉えて,内外の諸勢力と連携した活動を展開

 

共産党は「河野談話」継承の必要性を強調

 慰安婦問題をめぐり,国内外の支援団体が参加した国際会議(5月末~ 6月初,東京)において,韓国政府系財団の支援を受けた韓国の団体などが元慰安婦への「謝罪と賠償」を求めたほか,各地で政府の対応を追及する集会(8月)・シンポジウム(11月)が開催された。

 こうした中,共産党は,政府による「河野談話」作成過程の検証作業の表明(2月)を受けて,「『河野談話』の見直しは歴史のねつ造」などとする党見解を発表する(3月)とともに,国会で旧日本軍による強制連行の有無を取り上げ(4月),慰安婦問題への政府の対応を追及した。また,志位委員長は,上記国際会議に出席し,慰安婦問題解決に向けて連帯を呼び掛けたほか,日韓議連代表団の一員として朴槿恵韓国大統領と会談した(10月)際,「『河野談話』を継承し,それにふさわしい行動を採ることが必要」などと党の立場を示した。

 

過激派は慰安婦問題で海外諸団体と連携して政府批判を展開
 革労協解放派・主流派は,機関紙上で「性暴力の行使を消し去ろうとする安倍を許してはならない」などと,革マル派は,東京で開催した集会(10月)で,「慰安婦という戦争犯罪を犯したことを居直っている」などと政府を非難した。また,共産同統一委員会主導の「日米のアジア支配に反対し,アジア民衆の連帯を推進する日本連絡会議」(AWC日本連)は,韓国で開催された反戦・反基地に関する国際会合(5月)に活動家を派遣し,「安倍首相は『河野談話』の見直しに動き出した。これは日本の戦争国家化である」などと批判し,「アジア民衆に敵対する安倍政権を弾劾する特別決議」に賛同した。さらに,AWC日本連は,国内各地で開催された反戦集会(6月)に韓国の活動家を招請し,海外団体と連携して慰安婦問題に取り組む姿勢をアピールするとともに,政府の対応を批判した。

 

 

2-3 「再稼働阻止」を掲げて反原発運動を継続

• エネルギー基本計画や川内原発の再稼働に反対し,官邸前での抗議行動や大規模集会を実施

 

共産党は,政府のエネルギー政策を批判し,「即時原発ゼロ」を訴え
 原発再稼働をめぐっては,エネルギー基本計画の閣議決定(4月)や川内原発(鹿児島)の再稼働に向けた動きに対し,各地で集会・デモや政府,電力会社への抗議行動などの反対運動が取り組まれた。こうした中,共産党は,官邸や国会前での抗議行動(平成24年〈2012年〉3月末~)に党国会議員を継続的に参加させて共闘を呼び掛けたほか,福島原発事故後3年となる3月には,同党系の「原発をなくす全国連絡会」が,反原発団体と共に,都内で大規模集会(参加者約4, 500人)を開催して「即時原発ゼロ」を訴えた。また,共産党は,エネルギー基本計画の閣議決定に際して,「事実上の『原発永久化宣言』」であるとして,撤回を要求したり,川内原発の審査をめぐる意見公募(7~8月)に対して,地方党組織に反対意見の送付を呼び掛けた。さらに,原子力規制委員会が,同原発が新規制基準に適合するとの審査書を決定した(9月)後,反原発団体によって鹿児島市において開催された集会(同月)に党国会議員らを参加させ,「再稼働阻止」を訴えた。

 過激派は,全原発の即時停止・廃炉を掲げ,反原発集会に活動家を動員
過激派は,エネルギー基本計画について「原発・核開発に猛然と突き進むことの宣言にほかならない」などと批判するとともに,反原発団体の集会・デモに引き続き活動家を参加させ,自派の機関紙・ビラを配布して全原発の即時停止・廃炉を訴えた。このほか,過激派が支援する反原発グループは,経産省の敷地にテントを設置して不法占拠(平成23年〈2011年〉9月~)を継続する一方,川内原発においても,同原発に隣接する海岸(国有地)にテントを設置(9月~)し,県の再三の撤去要請を拒否して不法占用を継続した。

 

 

2-4 政府が進める重要政治課題を捉え政権批判を展開

• 集団的自衛権の行使容認や特定秘密保護法に対する反対世論の拡大に傾注

 

集団的自衛権行使容認の閣議決定を受け政府との対決姿勢を鮮明化
 憲法解釈の変更による集団的自衛権行使容認をめぐり,反戦や護憲を掲げた集会・デモが繰り返される中,共産党は,憲法記念日に同党系団体などが実施した集会(5月)において,志位委員長が「『立憲主義を守れ』の一点で連携しよう」などと,保革の違いを超えた幅広い共闘を呼び掛けたほか,「しんぶん赤旗」に集団的自衛権行使容認反対を主張する現役自衛隊員とされる匿名のインタビュー記事を掲載するなど,反対世論の拡大に努めた。また,集団的自衛権行使容認の閣議決定(7月)に際しては,継続的に実施された官邸前抗議行動(最大時約6,000人,6月30日)や国会包囲行動に党員を動員して反対運動の盛り上げを図った。

 さらに,共産党は,主要各紙の世論調査で「閣議決定を評価しない」との回答が過半数を占めたことなどから,安倍政権を追い込む好機と捉え,全国各地で開催した演説会で, 「国民の反対世論を切り捨てる安倍政権を打倒に追い込もう」と訴えたほか,青年層を中心とした市民団体と連携して「政権打倒」を掲げたイベントを実施するなど,政府との対決姿勢を強めた。
過激派は,機関紙などで「安倍政権は『戦争のできる国』への道を突き進んでいる」(中核派)などと主張し,反対集会・デモに活動家を参加させたり,署名運動を実施するなどして閣議決定の阻止・撤回を訴えた。

 

特定秘密保護法成立後も反対運動を継続
 特定秘密保護法(平成25年〈2013年〉12月成立)をめぐり,共産党や過激派は,「国民の『知る権利』を奪う天下の悪法」(共産党)などと主張し,法成立後も廃止を求める運動を継続した。共産党は,超党派の実行委員会が繰り返し実施した官邸前抗議行動に党国会議員らを動員して広範な共闘態勢の構築を呼び掛け,第186通常国会では,社民党などと共同で廃止法案を参議院に提出した(6月)。また,共産党などは,同法の運用基準等に係る閣議決定(10月)に対し,「政府は,パブリックコメントで寄せられた国民の懸念を切り捨て,微修正だけで施行へと踏み切った」などと批判し,改めて同法の廃止に向けた運動の継続を訴えた。

 

 

国内情勢3 過激派

3-1 革労協解放派の反主流派がゲリラ事件をじゃっ起

• 米軍普天間基地代替施設の工事関係者を狙った犯行
• 民間団体を狙ったゲリラ事件は13年ぶり

 

民間団体への攻撃をいとわない危険な組織体質を改めて露呈
 革労協解放派の反主流派は,10月20日未明,埼玉県川口市内に所在する民間会社の社屋ビルに向け,金属弾を発射するゲリラ事件を引き起こし,同派機関紙「解放」に犯行声明を掲載した(10月)。
同派は,同犯行声明において,米軍普天間基地代替施設の建設阻止を企図して同ゲリラ事件をじゃっ起したことを認めた上で,「あらゆる手段を尽くして名護新基地建設を必ずや爆砕する」と強調した。同派によるゲリラ事件は,米軍横田基地に向けて金属弾を発射したゲリラ事件(平成25年〈2013年〉11月)以来である。

 なお,過激派が民間団体を対象に引き起こしたゲリラ事件は,革労協解放派の反主流派が「新しい歴史教科書をつくる会」事務所に対して行った放火ゲリラ事件(平成13年〈2001年〉8月)以来であり,工事関連業者を対象としたゲリラ事件としては,中核派が成田空港建設関連業者の関係車両に対して行った放火ゲリラ事件(平成3年〈1991年〉9月)以来である。

 

 

3-2 組織拡大を企図して労働者の取り込みに力を注いだ過激派

• 公務員や基幹産業労組の組合員らへの働き掛けに重点

 

中核派は,新運動体を結成し,大衆運動強化と各層の取り込みを企図
 中核派は,労働運動を通じた組織拡大を基軸としつつ,安倍内閣による集団的自衛権の行使容認に関する閣議決定(7月)を「『戦争する国』への転換」と捉えて,新たな運動体「改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動」を立ち上げ(8月),反改憲・反戦,反原発などを掲げた大衆運動の強化や自派以外の各層の取り込みを図った。特に,集団的自衛権をめぐっては,機関紙「前進」で「兵士獲得の情勢は7・1閣議決定によって一気に成熟した」と強調し,自派の反対運動に利用する目的で自衛隊関係者に「合流・団結」を呼び掛けた。反原発の取組では,同派系医療機関「ふくしま共同診療所」が福島県内の仮設住宅に居住する被災者を対象に,健康相談会や福島原発事故による健康被害を訴える「報告会」(2月,9月,10月)を開催するなどして,被災者の取り込みを図った。

 

革マル派は,JR総連等の基幹産業労組の組合員獲得に傾注
 革マル派は,組織建設を優先するとの基本方針の下,自治労などの官公労やJR総連を始めとする基幹産業労組の組合員獲得に力を注いだほか,普天間基地移設や集団的自衛権行使容認に関する閣議決定など政府の施策に反対する活動を通じて市民層の取り込みを図った。

 このうち,組合員獲得については,メーデー中央集会(4月)の会場やJ P労組(6月)など各労組の定期大会の会場周辺に活動家を動員し,労働者派遣法改正案や「労働時間規制の緩和」への反対を訴えた上で, 「連合幹部による闘争放棄に抗しよう」と労組執行部批判を繰り返し,自派への結集を呼び掛けた。こうした中,同派は,機関紙「解放」で, 「経営陣が安全運行管理を放棄していたことにより列車事故が相次いで引き起こされた」などとJR北海道の経営陣を批判した上で,「JRの仲間とともにたたかおう」と訴えた。

 また,市民層の取り込みについては,集団的自衛権行使容認に関する閣議決定などに反対する超党派の集会(6月)に参加した活動家が,参加者に,「戦争をやれる国へと飛躍させることを狙う安倍政権を打倒しよう」などと訴え,自派への結集を呼び掛けた。

 

革労協解放派は,日雇労働者や原発労働者の取り込みを重視
 革労協解放派の主流派と反主流派は,それぞれが主導する日雇労組を前面に押し出し,労働者らの取り込みに努めた。
 主流派は,こうした労働者らを成田闘争に動員し,空港反対同盟や支援している他の過激派と共に,現地での全国集会(3月,10月)などに取り組んだ。
 一方,反主流派は,大間原発(青森)の「建設粉砕」を掲げ,労働者等を動員してデモを繰り返し実施し(3月,8月),機関紙「解放」において「原発労働者のストライキを組織」などと主張して同労働者への浸透を図った。

 

 

3-3 日本赤軍・「よど号」グループの動向

• 依然として危険な体質を保持しつつ活動を継続する日本赤軍
• 日本人拉致容疑での逮捕状撤回に向け世論喚起に傾注した「よど号」グループ

 

公然面での後継団体の解散を表明も,国内外の諸勢力と連携維持の方針
 日本赤軍の最高幹部・重信房子(服役中)は,テルアビブ空港乱射事件(昭和47年〈1972年〉5月30日)を記念する集会(5月)に際し,同事件を正当化する声明を寄せた。同集会では,同軍の公然面の後継団体とされる団体の解散が表明されたものの,同軍メンバーらは,従前どおり,パレスチナ連帯や反原発などの運動を通じて国内外の諸勢力との連携を続けていくことを訴えた。

 日本赤軍は,依然として同事件を正当化している上,過去に凶悪事件を引き起こしたメンバー7人が国際手配中であり,その危険な体質に変化はみられない。

 

様々なメディアを利用し,日本人拉致容疑を否定
 北朝鮮に残る「よど号」ハイジャック事件(昭和47年〈1972年〉3月31日~4月3日)の実行犯ら「よど号」グループは,帰国の前提条件とする日本人拉致容疑での逮捕状の撤回に向け,同グループ擁護の世論喚起に取り組んだ。具体的には,「逮捕状請求は違法」として東京都を訴えた国賠訴訟(3月,一審敗訴,8月,二審敗訴。現在,係争中)に取り組むとともに,滞在する施設の一部を公開し( 5月),それ以降,度々,マスコミとのインタビューに応じたり, 「ツイッター」上にアカウントを開設した(10月)。このほか,同グループは,マスコミの電話取材に対し,北朝鮮の「特別調査委員会」による聞き取り調査に応じた旨明らかにした(12月)。

 

 

コラム
米国で収監中の日本赤軍メンバー・城崎勉について

 日本赤軍メンバーは,昭和47年(1972年)のテルアビブ空港乱射事件を始めとして,同63年(1988年)までの間に多くの凶悪事件をじゃっ起した。このうち,城崎勉については,同61年(1986年)に引き起こしたジャカルタ事件(注)で米国に国際手配され,平成8年(1996年)にネパールで拘束されて,米国へ身柄が移送された。城崎は,同9年(1997年)に米国で裁判を受け,現在,同国内の矯正施設に収監中であるが,同27年(2015年)1月16日に刑期満了予定(米国連邦矯正局HP)となっている。警視庁は,同4年(1992年)に城崎をジャカルタ事件で指名手配しており,同人は刑期満了後に,日本に送還,逮捕される見込みである。

(注) 昭和61年(1986年)5月4日,在インドネシア日本大使館及び米国大使館に対し,爆発弾数発が打ち込まれた事件。

 

 

国内情勢4 共産党

4 安倍政権との対決姿勢を強める共産党

• 第26回党大会で「志位委員長-山下書記局長」新体制が発足
• 「安倍政権打倒」を掲げ,党への支持拡大活動を推進

 

「志位-山下」新体制に移行も,“世代交代の遅れ”が浮き彫り
 共産党は,平成22年(2010年)以来,4年ぶりに第26回大会を開催した(1月)。大会では,「自民党と共産党の対決という『自共対決』時代の本格的な始まりを迎えている」との認識を示した上で,集団的自衛権行使容認の阻止などを掲げて「安倍政権と対決する」と強調するとともに,次期国政及び統一地方選挙(平成27年〈2015年〉4月)で議席増を目指す方針を決定した。

 執行部人事では,山下芳生書記局長代行が書記局長に就任し,「志位委員長-山下書記局長」の新体制が発足した。また,中央役員には,参議院選挙(平成25年〈2013年〉7月)で初当選した吉良佳子(31歳,年齢は就任時,以下,同じ),辰巳孝太郎(37歳)の両議員などを選出し,若手の登用をアピールした。しかし,事実上の指導機関である常任幹部会が小幅な人事(新任2人)にとどまったのを始め,不破哲三前議長(83歳,常任幹部会委員に再任)など古参役員が残留したため,役員の平均年齢は前回大会よりも高齢化(55.7→57.2歳)し,後継者への世代交代が遅れている現状が浮き彫りとなった。
 党員数については, 「活動実態のない党員の問題の解決に取り組んだ結果,約30万5,000人になった」と報告された。

 

集団的自衛権問題などを批判しつつ,「安倍政権打倒」の運動を提起
 共産党は,通常国会に際して開催した党国会議員団総会(1月)において,「安倍政権と正面から対決し,消費税増税や集団的自衛権の行使容認などの『暴走』を頓挫させる」と表明し,消費税率の8%への引上げ(4月実施)に対しては,消費税率引上げ中止を掲げ,平成26年度(2014年度)予算案の組み替え動議を提出したり(2月),各地で宣伝・署名活動に取り組んだ。
特に,集団的自衛権の行使容認問題については,「日本が海外で戦争する国をつくるものである」と決め付け,衆院外務委員会(6月)では,防衛省や航空自衛隊が内部で作成したとされる資料を基にして政府を追及した。その後,開催された党創立92周年記念講演会(7月)では,「あらゆる分野で安倍政権打倒の国民的大運動を呼び掛ける」と対決姿勢を強め,秋の臨時国会では,集団的自衛権行使容認の閣議決定(7月)の撤回や消費税率10%引上げ中止などを主張した。

 こうした中,慰安婦問題では,河野談話に関する政府の検証作業を批判する一方で,朝日新聞が記事取消しを発表した(8月)慰安婦に関する証言については, 「しんぶん赤旗」でも同証言を掲載したことを1か月以上遅れで謝罪して取り消した(9月)。

 

青年・学生層や無党派層への働き掛けを重視して支持拡大活動を推進
 共産党は,「2010年代に党勢の倍加を目指す」との党大会の方針の下,青年・学生層や無党派層の取り込みを重視して宣伝・支持拡大に取り組んだ。

 青年・学生層に対しては,新入生勧誘活動で学費問題などを取り上げた「しんぶん赤旗」学生版を初めて作成・配布したり(4月),「ブラックバイト」の規制を訴える提言を発表し(6月),党の政策宣伝に努めた。無党派層に対しては,5月から各地で開催した統一地方選挙に向けた党幹部による演説会や地域住民の関心の高い消費税,介護問題などをテーマとした対話型の「集い」への参加を働き掛け,これまで党とつながりのなかった参加者の支持拡大に努めた。また,党国会・地方議員や党員が東日本大震災及び広島土砂災害(8月)の被災者支援活動を実施したり,青年・無党派層からの参加が多い市民団体主催の「安倍政権打倒」を掲げた抗議デモ(8月)に参加し,党の存在感をアピールした。

 こうした取組を踏まえ,幹部会(8月)では,「演説会の参加者が8万人を超え,前回の統一地方選挙,総選挙,参議院選挙に比べても多くの人々が参加した」,「58%の地区で新たに青年・学生党員を迎えた」などと成果を強調した上で,4年ぶりの開催となる「赤旗まつり」(11月)などを通じて更なる支持拡大を図るよう督励した。

 共産党は,引き続き,統一地方選挙などに向けて青年・学生層や無党派層の支持拡大に努めるとともに,「安倍政権打倒」を掲げて政権批判を繰り返しつつ,各種政策の対案を示して党の存在感をアピールするものとみられる。

[出典]公安調査庁 「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」58P~66P

 

 

 

 

共産党の危険性

いかがでしょうか。
「官憲横暴!」とか、「警察が悪い!」とかそういうことを言っている政党がございます。
では、これらの実際の歴史に裏打ちされた資料は、誤っているのでしょうか。
また、何がしかの不祥事が起きたとして、それが本資料の価値を棄損するのでしょうか。

私はそうは思いません。

 

事実を事実として、史実を史実として。
自らにとって都合の悪いものに対し、別の問題を必死に提起し
そこにある情報を消していこうとする行為。
私はこれが許せない。

私はデータを改竄したり、数字をいじったりする行為を嫌います。
この時代を生きた者が記した資料は、その時代において真なのです。
事実は事実、史実は史実でございます。

 

日本共産党は、(旧称)コミンテルン日本支部
コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美(朝日新聞記者)は、「戦争を煽る」記事を書き続けました。
日本の世論を戦争へと向かわせたのは、共産主義者らであり、朝日新聞であります。

その理由は何か。
共産主義革命を円滑に行うため、資本主義国同士の共倒れを狙ったのです。

日本を追い詰めて行ったハル・ノートですが、ハルとついている以上、責任者はハル氏です。
しかし日本が飲めないレベルにまで書き換えたのは「ハリー・ホワイト」です。
ハリー・ホワイトは、ベノナ文書より明らかなように、米国においても「コミンテルンのスパイ」として公式に認定されています。

関連
【赤旗問題】コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美(朝日新聞記者)

 

治安維持法とは何だったのか。
名前の通りでございます、治安を維持する法律です。
コミンテルン(時代によっては第三インターナショナル)として、他国に中枢がある「スパイの出先機関」の日本支部が国内にある。

しかもテーゼとして指令を受けており、その中には陛下の殺害を示唆するものまでありました。
治安が大変なことになります、よって治安を維持せねばなりません。
結果、治安維持法ができました。

確かに後期においては恣意的な運用もあり、批判される点もあるでしょう。
しかしその法律が作られ、取り締まられたのは当然のことではないでしょうか。

 

 

 

いまこそ共産主義者に注目を!
戦後70年を考えるにあたり、いまこそ共産党に注目すべきです。
コミンテルン日本支部として発祥し、その歴史を延々を受け継ぐのが日本共産党です。
正しくは共産党・日本支部と呼んだほうが適当なように思います。

民主党や在日問題を取り上げるのも良いでしょうが、私は共産党にこそ注目しておく必要があるように思います。

 

ソフト路線に転換
彼らは今、何をしているのでしょうか。
「わかりにくい形」で、いまだ国内で蠢いております。

例えば「若者を前面に出して擬態」してみたり
お洒落なデザインでイメージ戦略をはかったり。

あくまで「私的な推論」ですが、傍証程度は挙げるべきでしょう。

 

相手の反応から読み解く。
このような「私的推論」を公開したところ、大変に左巻きがわき、コメント欄がお祭り騒ぎのようになりました。

私が疑問の声をあげ、思想信条の自由に基づき「こうではないか?」と述べた際、どのような動きをしたか、ご覧下さい。
それを見て、皆様はどう思いますか?

共産党≒SEALDs≒朝日の証明、大変なことに。

相手の反応を見れば、それが事実、もしくは痛いところであったか否か、
「判断するに際しての傍証」にはなるように思います。

そうそう、つい先日はこのようなこともありました。
暴力的な平和主義者とは、いったい何なのでしょうか?
【平和主義者のウソ】安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”

 

共産党の真実の歴史を。
共産党は、いたるところで「戦争犯罪」とか「戦争責任」と叫びますが
私は「共産党の戦争犯罪」や「共産党の戦争責任」を問いたいと思います。

ゆえにスタートされた、赤旗撲滅作戦です。
第一次第二次、第三次より構成された、極めて組織的な大規模作戦群です。

これらの史実を後世に伝えると共に
いまを生きる若人たちに知らしめることは
いまを生きる政治家としての「責務」だと考えています。

本記事を読む大人たちには、どのような責務があるのでしょうか。
胸に手をあてて考えて頂きたい。

 

 

 

 

共産党の真実の歴史に光をあてるべきだ。

 

また、歴史を知らぬ、ひいては危険性を知らぬ若者たちに

 

真実を伝えるべきだ。

 

これは公的資料である。

 

賛同して頂ける方の、FBでのシェア、Twitterでの拡散を希望します。

 

※特記
暴力革命など恐ろしい、これは本当に止めねばなりません。
そのためタイトルにおいて「#本当に止める」とハッシュタグを仕込んでおります。

 

※関連
警察庁版の資料
「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

以下も併せてお読みください。
拡散推奨です。

共産党と救急車の話。
ひどい話です、そしてその後の対応もひどいものです。

クリックして下さい!
共産党車両が緊急車両スペースに駐車、救急車が進めず。共産党員は「いつも、ここに停めている!」と逆切れ!

デマだ、デマだと騒がれました。
低俗なレッテル張りでございます。
しかし、逆に共産党側からソースがつきました。
(私にデマと罵った方々は、撤回や修正を行っておりません。)

【共産党の見解】救急車が搬送を終えるまで、警察から指示を受けたが移動せず、しかし謝罪はしない。

それでは足りぬでしょうから、検証をしてみました。
デマデマいいまくった方たちが、撤回や修正を行わぬ以上、「せねばならぬ検証」でございます。
理系は事実と数字を重視するものであって、大声で叫んでもその思考には何の影響も与えぬのです。

【検証してみた】共産党車両により「救急車、進めず」とした理由。場所を特定し地図を紐解く。

 

 

こんなこともありました、覚えておいでですか?
官邸へのドローンの件、犯人のブログにて「狙いが選挙」であることが明記されていたこと。
そして、犯人が勝たせたかった候補とは・・・?

クリックして下さい!
【反原発テロリストのしわざ】「9日に飛ばした」官邸ドローン事件。狙いは「選挙」

そして、それは投票行為(誰に投じたか犯人が明記している)から見ても
共産党員もしくは支持者と見ることができるわけですが、共産党からは説明がありませんでした。
【共産党は説明すべき】共産候補を知事選に勝たせるための官邸ドローンテロ

説明がないと思ったら、共産党市議から謎の電話。
どうも抗議したかったようなのですが、受け入れないと述べたところガチャ切りです。
共産党市議・徳永克子さんから、よくわからない電話がかかってきました。
電話番号を教えてもないのにかけてきて、わめきたいだけわめき、突然切る。
電話は双方向の音声データがやり取りできる情報ツールであり、これなら無線や電報でもよかったのではないかと思うのです。ベルが泣いてますよ。

 

あと、公共施設である庁舎で、「政党機関紙」である赤旗を配るの、やめてくれませんかね?

クリックして下さい!
↓私の行った一般質問、それを報じた報道をまとめています。↓
政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘、配布、販売について

立場の弱い職員に、議員が勧誘しておりますが、パワハラ紛いに見えてしまいます。
また、職務中の職員が代金を支払えば、(政党機関紙ですから)政治献金の側面が否めず、地公法36条に抵触するように思います。
なんなら開示請求から行政訴訟とし、法廷で法解釈の決着でもつけたほうがいいのでしょうか。
人のことはあれだけ言っておいて、自分たちのことはだんまりです。

いや、この件に関してはだんまりではなかったな、「日本共産党 中央委員会」として私の陳情を停めよ!と必死の通達を出していましたね。
結果、憲法解釈に際しての反対活動が疎かになりました。
憲法よりもお金が好き、「資本主義に毒された赤いブタ」と言われても仕方ない。

 

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁) #本当に止める への30件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁) #本当に止める 先般、警察庁が発表した「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」の紹介を行いました。 ご存じでしょうか。 公安調査庁から

  2. のコメント:

    いつ見ても共産党は酷いものですね。
    特撮の悪の組織の方が子供向けにマイルドにしてある分まだマシなんじゃないかというレベルで社会に害を与えている。

  3. araigumanooyaji のコメント:

    “共産党の真実の歴史に光をあてるべきだ。 また、歴史を知らぬ、ひいては危険性を知らぬ若者たちに 真実を伝えるべきだ。 これは公的資料である。”

  4. 七子 のコメント:

    ♦コウアン、コワ~イ!
    ttp://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235400
    辺野古基金にご賛同の皆さん、またわずかな日当欲しさに反日デモにご参加のフリーターや学生のみなさん、もう活動家や関連組織は十分に釣れたようですので、お伝えしておきますよ。

    ガサ打たれて名簿やリストや通帳にお名前が入っていたら、人生アウトですよ。
    デモに参加してるみなさんも、複数回参加して人定が特定されたら、ほとんどアウト。
    え? なんでそんなことが言えるのかって?
    私が元公安だからですよ(笑)
    私自身が極左取り調べに立ち会ってますからね。
    公安の仕事については一切しゃべりませんが、最近人生棒に振ろうとしている学生さんが多いので、もう十分釣れたことだし、これ以上増えてほしくないのです。
    体力余っている割には社会の現場を知らない学生が社会運動してくれるなんて、悪い大人が利用するには持ってこいなんですよ。
    先輩後輩のしがらみも効いて、実に操りやすい。 で、その先どうなるか、お教えしましょうか?
    基金に送金して、ちょっと参加してみたデモをきっかけに、5~6年運動に燃えますが、どうしたことか大卒なのにどこを受けても不採用、活動家の先輩のツテでどこかに入社できればいいほうですが、ちょっと張り切っちゃって一度でも逮捕されれば、結婚できず子供もいない中年に突入、自分の実家はご近所のウワサで村八分状態、兄弟すら結婚式にも呼んでくれないまま疎遠になり、気がつきゃ出っ腹白髪の50代中盤、すでに実家どころか心配をかけた父母もなく、生きがいといえば政府あっての反政府運動、そんな仲間同士で寄り集まって暴れて騒ぐ時だけ生きているって感じ? でも、俺の人生ってなんだろう? 地元に歓迎されないし・・・
    って、そう、テント村のあのおっさん連中みたいになっちゃうんですよ。

    あの時私が取り調べに立ち会いお話した雪国生まれの極左活動家も、もう60代。
    「本当はもう辞めたいんだけどさ、やめてもなにもできないし、裏切り者だなんて疑われたら殺されかねないしね・・・」
    そう言いながら、警察からの連絡で上京したお母さんが平身低頭で署に差し入れたおにぎりを、もそもそと食べてました。
    私もひとつ頂いて一緒にお話しながら食べたけど、今どうしているのかな? 沖縄に行っているのかな?
    いろんな人生があっていいですけど、まだハンドルが切れる若い方々は、幸せを目指してほしいなあ。

    元刑事/一般社団法人全国防犯啓蒙推進機構理事 坂東忠信

  5. soramame のコメント:

    真実を言う大学教授が左遷されているという情報を聞きました。
    学会を名乗る団体は、全てにおいて、ソウカになっているとのことです。
    これは大変なことです。

    うるさい革命から、静かな革命まで起こされているのが日本の現状です。
    特に静かな革命については周知させていかなければなりません。

    奴らは「阿修羅」です。我々は「千手観音」にならなければなりません。

  6. 木村 友亮 のコメント:

    少し趣旨が異なるようで恐縮ですが、
    戦後70年、自由民主主義体制下で繁栄を享受していた様に見えますが、
    今まで我々日本人のほぼ全てが情報統制下にあったように思えます。
    それらが克服され、正確な情報が全国民に共有される状態になった時点で
    初めて主権国家としてのスタートが切れるのではないでしょうか・・・
    これから数年が正念場のような気が致します。

  7. 和びとニッポン のコメント:

    小坪さん、こんなに日本のこと心配してくれてて、ありがとう!!!
    でも、地元の選挙区大丈夫ですか?
    今、前回次世代支持ってだけで、犬アッチKも つべす もテロ朝も、日テロも、地方の選挙管理委員会も、すべて全力結集で、「やりたい放題やりまくってやがる」というわたしの友人(田舎の有力弁護士)の言もあるくらいです。

    もしもアンタが嫌われたなら
    次の選挙は あきまへん

    というのが今の日本の実態です。
    私は、あなたの選挙区に投票権ゼロですが、心から応援します。

  8. 日本人 のコメント:

    共産党はもちろんですが、他の民主や社民、維新や自民の一部にも同じような存在がいます。それにしてもこれだけ分かっていながら何ら手を打てないというのはどうにかなりませんかね。刑法など見ると内乱罪、内乱未遂罪、内乱予備・陰謀罪、内乱等幇助罪などあり幇助辺りなら該当しそうだとも言えますが暴動が起きないと要件を満たさないらしいですね。これだけ反日(反国家)的行動を取っていながら野放しとは、即刻法の制定を希望します。

  9. たろう のコメント:

    昔を良く知ってる爺さん、婆さんは共産党を毛嫌いしていますが、あまり知らない若い世代の一部が共産党に取り込まれている面もあるようです。うちの近所でも数ヶ月前に数人の青年が共産党の旗を持って原発反対を叫びながら路地裏を歩いてました。
    法律違反や犯罪をやる共産主義者はまだわかりやすいです。悪質な共産主義者は法律を守って悪いことをやります。また陰険な左翼は共産党を批判する左翼かもしれません。共産党を批判することにより俺は左翼ではないよとカムフラージュしているのです。

    何十年も左翼をだまって観察してきました。何十年も前に朝日新聞の関係者の朝日ジャーナルという雑誌が左翼の主張を集約しているというので、過去のバックナンバーを何十冊も読みました。読み始めたころは世界中で共産主義の悪魔性が暴露されて、左翼の衰退が話題になっている時代でした。
    朝日ジャーナルを現代から過去にさかのぼって読んでいくと、いろいろなことに気づきました。執筆者のなかには共産主義の悪を洞察して戦後左翼はなぜ共産主義に取り込まれたかと共産主義を真正面から批判しようという執筆者もいました。ところがしばらくすると淘汰されているようでした。そうやって真正面から共産主義者を批判しようとしない学者など執筆者ばかり重用されていったようでした。
    もうひとつは朝日ジャーナルも人権問題にこだわる。その際に共産主義国には甘いという傾向がありましたが、もうひとつ異様な習性に気付きました。たとえば日本の警察が外国人を不当に扱う、それは差別的ではないかと告発するのですが、その動機がふつうの正義感の強い日本人とは違うようなのです。この連中の動機は「いかに日本という国がおかしいか、間違っているか」というのを粗探しして国際社会に告発することでした。国際社会で日本をおとしめることが目的だったのです。日本を改善して良い国にしていくという感覚ではないのです。日本という国家への否定衝動が強いのです。ずっとそうです。革命で日本をひっくり返したいという遺伝子を受け継いでいました。

    GHQは日本の歴史を書き換えましたが、その範囲は満州事変以降でした。GHQは近代のうち明治や大正は肯定しないまでも完全否定はしませんでした。それを共産主義者はさらに近代全般までさかのぼり完全否定しました。
    GHQは日韓併合まで否定しませんでしたが、共産主義はそれもすべて日本の犯罪を断定して、ナチスのホロコーストのような民族浄化だと日本人を洗脳しました。それは絶対に弾圧される弱い民族への同情などではありませんでした。というのは共産主義者は同じく中国共産党に弾圧や虐殺されたチベットやウィグル族にはなんの同情も示さなかったからです。朝鮮民族を怒りくるわせて日本人を突き上げるためでした。
    そしてそれは冷戦崩壊で左翼の旗色が悪くなったころから過激さを増しました。左翼の生き残りのために「いかに日本人は悪いことをしてきたか」という洗脳に悪知恵を使いきりました。その結末と結晶のひとつが従軍慰安婦騒動などでした。

    毎年、夏になると左翼は「いかに日本人は戦争の反省をせずにきたか。日本人の手で戦争責任者を裁くべき」と日本人に語りかけることが慣例になりました。日本人の手で戦争責任者を裁くのなら、朝日新聞など先頭に立って戦争を煽ったマスコミこそがまっさきに血祭りにあげられるべきです。ところが腐りきった左翼は朝日新聞は容易に除外しました。朝日新聞などクソマスコミは戦後長らく共産主義左翼の協力者であり悪質な宣伝者であったからです。左翼が日本人に戦争の反省を強制するのは、戦後の左翼のおぞましい犯罪を隠蔽するためです。そして国内では完全に劣勢になってしまったので、国際社会で日本を悪者にして世界の反日勢力を寄せ集めて日本社会で有利に立ち回りたいためです。

    左翼の洗脳を免れるひとつの良い方法は戦後史にもっと詳しくなることだと思います。左翼は戦争史にだけ日本人を釘付けにして洗脳するからです。いかに戦後左翼が悪いことをやってきたか。それは身震いするほどです。
    左翼知識人や左翼マスコミの狂った洗脳でいったい何人の若者が人生を狂わされたでしょうか。かるく何十万人もいるのではないでしょうか。
    戦前をふりかえるなら、日本は共産主義に対抗する意味もこめて防共対策としてドイツと手を組んだのです。全体主義の共産主義に対抗するために同じく全体主義にむかっていたドイツを仲間にしたのは戦略的ミスでしたが、共産主義者の犯罪性は戦後何十年もかけて世界で実証されていきました。

  10. 鎌倉旅行社 のコメント:

    【参考】『在日同和の街』http://chronos.blog.jp

  11. たろう のコメント:

    本題と全然関係のないテーマに飛び恐縮ですが、戦後史を肌で感じたいのであればお勧めの場所がいーぱい日本にはあります。
    個人的には戦後史の記念碑のひとつとして大阪の万博記念公園は大好きな場所です。世界遺産にならずとも完全に日本の素晴らしい遺産です。岡本太郎の太陽の塔はアヒルみたいで不細工と思ってきたが改めて公園の象徴となってドカンと構えている姿と壮観は実に素晴らしいです。

    昭和45年(1970年)に開かれた大阪万博は「人類の進歩と調和」というテーマで6400万人も来場者を集めました。大部分は日本人ですが、外国人もたしか170万人くらい訪れたと記憶しています(というのを以前に万博記念公園で学びました)。
    アジアではじめて開催された大阪万博ははじめて黒字を達成した万博とされているようですが、世界から100国くらいの国家が参加して各国が個性的なパビリオンを建設しました(万博の契約のためイベントが終わったら取り壊されてしまうため、ほとんど現在は残っていないので当事の写真とかフィルムだけ)。
    当時の中国は「中華民国(台湾)」が参加者でした。中国共産党などは、いかに中華民国を国際社会で蹴落とすかだけを考えて、また日本がどんどん国際化していくのを歯軋りして眺めていたに違いない。朝鮮半島からは当然北朝鮮ではなく韓国が参加者でした。いかに韓国は朝鮮動乱で北朝鮮は非道なことをやったかを訴えようとして、せめて北朝鮮よりは国際社会で高く評価されたいとシコシコと努力していたのでしょう。

    万博記念公園のなかでも圧巻は75エキスポ記念館だったか、館内で当時のニュースフィルムが流れています。
    このころの日本人は誇りをもって半年ほどの大阪万博をむかえて成功させました。そして戦争の悲劇から立ち直り、これからは世界へ貢献する時代だと思ったに違いない。
    けれどもそうそううまくいきませんでした。やはり大きいのは当時も真っ只中であったベトナム戦争が大きいように思います。ベトナム戦争は米軍がトンキン湾で仕掛けた罠にはまった北ベトナムとの戦争から始まり、ベトナム人大虐殺となった。
    日本人はがんばっていたのだろうけども、これは日本国内の左翼のすさまじい大反撃をもたらした契機としてとんでもなく大きかったと思います。
    そして歴史はくりかえす。われわれの世代には911テロで怒り狂った米国がアフガンやイラクなどを攻撃しまくりました。それで日本の安全保障の議論は相当に後退しました。この戦争でイラク人は民間人だけで8万人くらいが死んだとされ、いまだ評価はさだまらない。今後イラクが救いようのない混迷におちれば米国のイラク戦争は国際法違反と烙印をおされて、日本も批判されかねないことになるかもしれません。
    むずかしいですが、今のところ米国の悪を警戒して善の部分と日本は提携するしかないのかもしれません。しかし左翼は人の失敗につけこんで大騒ぎして社会を混乱させるだけでなんの価値もない。小林多喜二の蟹工船を読んで涙するような多くの正義感ある若者を発狂させた。インターネットの黎明期にはそういう昔話を経験した年輩の方々がネットのあちこちいて面白い話を書いてくれました(相当保管していたのですがPCディスク壊れてすべて消えた)。左翼のおそろしさは語り継いでほしいし、研究は進化してほしいし、100年後には日本に侵食した左翼の異常性に日本人があきれ返ることでしょう。

  12. 東京都55歳 のコメント:

    共産党・ウイグル・中国。

    この三者の関連性は、
    共産党にとって禁句なんでしょうか。

    というのも、
    なでこりんさんのブログ記事が、
    以下の状態になっているからです。

    【アメブロ】
    >この記事は表示できません
    >2015-07-25 22:12:55NEW !
    >テーマ:ブログ
    >この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

    コメントが複数残されていることから、
    一定期間の公開はされていたようですが・・・

    幸いなことに、二重化したブログでは、
    以下の内容が残されています。

    >SATURDAY, JULY 25, 2015
    >「憲法に守られた平和」という幻想(葛城奈海) 自分の国ぐらい自分たちで守ろうよ!
    >話し合いをせずに実力行使を続ける中国を信じるんですか?
    > 普通の言葉で愛国を語れる政党・政治団体ができるといいな!
    >Posted by なでしこりん at 10:02 PM

    ひとつ前のエントリは、同一ですので、
    上記エントリの記載に「不都合な真実」が?

    勝手な推論ですが、後半部分の、
    以下の表現へのクレームかと。

    >中国だって、東トルキスタン(ウィグル)ではやりたい放題やってます。
    >中国は、ウィグル人には仕事を与えず、暴動を起こさせて射殺するという方法をとっています$。>そういう中国とつるんでいるのが日本共産党なんです。

    しつこい奴らだなあ・・・
    と思うのと同時に、
    消したい事実なのかなあ・・・
    と。

    いずれにしても、
    ブログの二重化の有効性が示された、
    (ある意味では、残念ですが、)
    アメブロ復活後のファーストイベント。

    共産党ネタは、尽きることはありませんね。

  13. 名ナシ のコメント:

    最近は民主党が共産党化してますね。
    そしてマスコミが共産党を持ち上げている。
    民主党があのざまで使い様が無いのも事実ですけどね。
    ここで共産党を叩かないといけないと思っています。
    それができたら次は・・・なんですけどね。

  14. yuu yuu のコメント:

    元東京女子大教授:林道義氏(東大法昭和37年卒)は東大在学中60年安保に参加しブント派全学連の常任中央執行委員として活動し、20代に社会主義の間違いに気づき転向した人ですが、左翼運動で間違ったこととして2つを上げています。

    1「よりよいもの」を目指す中で私が犯した最大の間違いは、ソ連・中国などの社会主義国を本当に理想を追求している国だと思い込んだことである。しかし幸いなことに、その間違いに二十歳前後という比較的早い時期に気づくことができた。社会主義と言われる国々は、人間性を否定する最悪の独裁国だと気づいたのである。
     
    2そのとき気づいたもう一つのことは、反体制の運動をしている人たちの大部分が、決して「何かをよりよくしよう」という理想から運動をしているのではなく、ただ秩序や権威を壊したいという心理的な動機に支配されているという事実である。

    ・・・・と述べている。これを知り今左翼勢力がやっている「安倍政権打倒・憲法改正反対・反原発運動・反基地運動」等を真に理解できた。また、小坪議員のこのコメントも納得できる。「秩序と権威を破壊したいだけ」で論理性は何もないのですね。

  15. yuu yuu のコメント:

    【追加】林道義はフェミニズム、男女共同社会基本法等の危険性にも警鐘を鳴らしています。http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/

    これは左翼思想が根底にあり、それを熟知された人ですから、すごく参考になりました。

  16. ロード のコメント:

    首相官邸→
    https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    公安調査庁、「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」にて、
    共産党は、過激派やテロ団体と、明らかに同列に扱われています。

    思想は両者共に同じであることがわかり、共産党は党勢拡大のため、
    メディアを駆使して暴力革命という本意を隠しているに過ぎません。

    共産党から国を守る、安倍政権を支持します!

  17. 町工場の親方 のコメント:

    ネット時代の有り難さ。

    私が今日読んだ、重要な文章。

    >私はデータを改竄したり、数字をいじったりする行為を嫌います。
    この時代を生きた者が記した資料は、その時代において真なのです。
    事実は事実、史実は史実でございます。

    コミンテルンのスパイが多く紛れ込んでいた、GHQ内部。
    彼らは徹底した検閲、思想弾圧を、恐怖政治=公職追放、により行った他、自分に都合の悪い戦前の書物を密かに大量に、《焚書》、しました。(この事実は戦後60年以上経って、西尾幹二・電通大名誉教授がチャンネル・桜、水島社長の協力の下、『GHQ焚書図書開封』のチャンネル・桜による、放映、と同名の著書により国民の前に明らかになりました)

    自己に都合の悪いことは徹底して隠し、取り上げず、反対に日本の左翼革命に役立つことは、真っ赤な嘘でも繰り返し報じるのが、マルクス・レーニン・コミンテルン教カルト、「朝日」、と共産党、の何よりの特徴です。

    まさに私が小学校時代習った、《墨塗り教科書》、です。
    しかし、ネット時代の到来とともに、虫眼鏡を持って図書館に行き新聞の縮刷版や本を調べる必要がなくなり、過去の政治家の言動や知識人の発言は、数個のキーワードにより、簡単にわかるようになり、それをネットを通じて多くの国民に伝えることが可能となったのは、実に有難いことと痛感します。

    これに関する、名著
    稲垣武・著、「悪魔祓いの戦後史」ーーー文藝春秋社・・・1964年   後に文庫化

  18. 町工場の親方 のコメント:

    訂正させてください。
    1964年
      ↓
    1994年

  19. 大阪のおばちゃん のコメント:

    横浜市中学校陸自演習見学 共産党による国会質問の件‏

    戦争する国づくりストップを!ひたむきに県政 神奈川県議会議員
    大山奈々子さんのHP

    >緑区の中学では予備自衛官として訓練しながら教職についている先生が夏季学習と称し、
    >10人を自衛隊の火力演習の予行演習に連れて行こうとしている問題。
    >自衛隊の青田刈り、許されません。

    共産党の職業差別には、目も当てられません…。

  20. osg123 のコメント:

    事簿先生、こんにちわ。

    支持します。 私もこれに関しては言いたいことがある。
    共産党の思想「すべての人民に平等を」は美しい理想です。
    しかし、これを実現するためには非常に恐ろしい道をたどらねばならない。

     ・ 政府・中央が、現在の国民からすべて資源と資産を収奪(この言葉がふさわしい)する
     ・ 収奪は、最初こそ政令で指示されるが国民すべてが唯々諾々と従うはずもないため、
       暴力機関がほぼ確実に使われる。
     ・ 暴力機関に阿ねり、便乗する輩が多数出てくる。 この時点で全国拡散、騒乱化する。
     ・ 中間層から富裕層まで死者累々、 サービス・技術層の半分以上が失われる

    そして集めた富を再配分する仕組みがまた問題となる。
    ソ連・中国・ベトナムの例を見れば十分だが、必ず偏在化し、別の腐敗層が起きる。

    結局、再配分は失敗し、理想は実現されない。 

    さらに悪いことに、暴力機関は肥大化して国民を圧制化する手段に成り果てる。

    どう考えても、共産党の思想とその実現には無理無謀しか見出せません。

  21. 櫻盛居士 のコメント:

    今日、在日朝鮮人問題を引き起こしたのも共産党と言えるでしょう。

    既に、強制連行説は嘘だと言う事が知れ渡りつつあります。
    それと伴に朝鮮戦争での難を逃れ、日本に密入国して来た事も周知の事実です。
    しかし、単なる戦争難民だけではありませんでした。

    連中の多くは済州島四・三事件、保導連盟事件など南鮮軍による虐殺から逃れる為に日本へ密入国したのですが、虐殺事件に至った発端は南鮮に於けるアカが原因と言っても過言ではないでしょう。
    虐殺された被害者に濡れ衣を着せられた者が大勢居た事は事実ですが、朝鮮人の特性である事大主義と目先の利益への執着によって、よく理解もせずにアカに迎合する者も多々あり、人間不信社会も合わさって疑わしきは罰すると言った行為に発展しました。

    そこにもって、日本共産党は朝鮮半島の同胞を救う為に、日本への密航を手引したのです。

    故に現在に至るまで、アカと在日が結託している訳です。
     
     
    扨て、七子様が坂東忠信氏の記事を採り上げて居ましたので、ここにも触れておきたく思います。

    昨今、支那経済が崩壊しつつある様ですが、氏によりますと「2年ほど前、解放軍少将が、国防動員法の発令に関し、『経済危機も発令状況条件の範囲に入る』と言った記事を見たことがある」との事で、その危険性を指摘しております。

    既に支那国内では、毎日のように暴動が乱発しているとの情報もあります。
    経済悪化により、今後もこう言った事例が増えるでしょう。
    その際、国防動員法発令に至らないと言う保障はありませんし、仮に国防動員法発令に至った場合は日本国内に於ける支那人勢力の作戦展開に日本共産党が助力する可能性も否定してはならないでしょう。

    また、支那国内に於いて中共勢力が劣勢に陥った場合にも、日本共産党が朝鮮戦争時と同じ様に同胞を救出する為に、再度密入国を手引する可能性もあると考えます。

    近年、国連からも日本へ難民受入れを強要する傾向が強くなり、また性善説で立法する我が国では関連法案が笊法である事もあり非常に危険であると言わざるを得ない状況にあります。
     
     
    危機管理の観点からは、当然上記の危険性に対して予め想定し対策を講じる必要がある訳です。

    尤も、資金が無ければ日本共産党と言えども大掛かりな事は出来ません。

    従って、日本国内のアカ共の収入源を、完膚無きまでに壊滅させるのが効果的かと考えております。
     
     

  22. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    庁舎で赤旗販売・勧誘するの、何年目かな。
    止めてくれ。

  23. 正義の味方 のコメント:

    日本共産党はテロ集団ではありません、むしろオウム真理教と戦っていました。
    逆にオウムを野放しにしていたのは警察です。

    1989年の「坂本堤弁護士一家殺害事件」では現場にオウムのバッジが落ちていましたが、
    なぜか神奈川県警は「事件性なし」として、捜査を行いませんでした。
    それは坂本弁護士は日本共産党系の自由法曹団に所属しており、
    戦前に市民を弾圧していた特高警察の流れを組む神奈川県警とは敵対していたためと報道されています。

    もし、1989年の時点でオウムの教団施設に家宅捜索に入っていれば、
    その後の「地下鉄サリン事件」も起きていなかったでしょう。
    死者17人を含む数千人の被害者を出したテロが、警察の重過失で起きたのは間違いありません。

    サリン事件の直後に警察庁長官の国松孝次が、横領した裏金で買った愛人マンション前で銃撃されましたが
    これは明らかに国内最大の犯罪組織「日本警察」に天罰が下されたということでしょう。
    北朝鮮のミサイル開発の資金源である在日パチンコ業界に天下りしている警察こそが国民最大の敵なのです。

    警察官=犯罪者と思って間違いありません。見つけ次第、皆殺しにしましょう!
    一億円を横領した国松孝次を公衆の面前において首を切断して処刑しましょう!

  24. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    ひどすぎではないですか…

    【画像】日本共産党、池内さおり議員、終戦記念日に韓国の光復70周年を祝福 韓国系であることをアピールか?
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/45125654

  25. こよみネツト保守連合「東京所属」 のコメント:

    私も共産党大嫌いです。家の近くに事務所を借りて、年寄りが集まって老人のサロン見たいです。毎日の様に自動車で「戦争法案です。貴方のお子さんは戦争に行かされます」と女性のの声で連呼しています。頭にきたから質問しました。「日本人を守る為の対案は」いろいろ質問しても無視して去っていきました。日本人を守る気は有りません、政府のやる事に反対を唱えている馬鹿の集まりです。

  26. とんと のコメント:

    一貫して過激派とは区別して記述されています。
    どこをどう読めば共産党が「確かなテロ政党」になるのか分かりません。

  27. ピンバック: 【政治】戦車が来なくなった大洗 共産党が「ガルパン」名指しで戦車展示の中止を要請していた | 俺がとおりますよ俺がとおりますよ

  28. yonmar のコメント:

    数日前、反天連に共感する共産主義者と思しき方と
    ネットを通じて少しだけ話しました。

    (あまり長い間話すと私まで公安監視対象になってもつまらないと思い
    途中でこちらから打ち切り→バカだなんだと罵倒されましたが
    馬鹿に何を言われても全くムカつかないのでw)

    すると↓のアメリカがWW2に参戦する時の国威発揚動画をソースに
    https://www.youtube.com/watch?v=xxLPErlKLkg
    日本人は天皇が神だと騙されてきたから、
    差別が生まれ、国民は奴隷となる などと言ってました。

    この動画の説明欄を見て下らないと思いながらも
    珍しい相手なので少しでも思考回路を覗こうと
    1時間近くの動画を半分飛ばし飛ばし見ましたが、
    彼が言うには3人の黒幕が出ているからよく見ろとの事でした(笑)
    共産主義者って外国のプロパガンダと陰謀説を真面目に信じている
    人たちなのかな?
    あと天皇陛下を明治以降からしか見れてないのかもと。
    陰謀説が全て嘘とは言い切れませんが、
    少なくとも彼らが現実社会で生きて行けない理由と
    「天皇いらない」などと言う思考回路の一端が少し解った気がしました。
    全くもって下らない人生を歩んでいる哀れな方だなぁと思った次第。

  29. 名無しのジムリーダー のコメント:

    子供に「共産党ってなあに?」と質問されたことがありまして、私は「ポケモンでいうとロケット団とかの悪の組織だよ」と答えました。
    間違ってないですよね?

  30. ピンバック: 【拡散】暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁)【怖いと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です