【反原発テロリストのしわざ】「9日に飛ばした」官邸ドローン事件。狙いは「選挙」


 

 

【反原発テロリストのしわざ】
このように断定させて頂くだけのソースがついた。
本人のブログに拠るものだ。

関連エントリ
【政治家の目線】首相官邸屋上に発煙筒付きドローン墜落。【テロ指定、一直線】

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

報道を見ていきたい。

「9日に飛ばした」 逮捕の40歳男供述 出頭時は迷彩服姿

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、威力業務妨害容疑で25日に逮捕された福井県小浜市青井、無職、山本泰雄容疑者(40)が、「4月9日午前3時半ごろにドローンを飛ばした」と供述していることが分かった。

(中略)

 山本容疑者は出頭時に「原発政策に不満があった。俺が官邸にドローンを飛ばした」などと話していたが、逮捕容疑の認否については無言だったという。警視庁は否認ではないとしている。

 山本容疑者は24日午後8時ごろ小浜署に上下迷彩服姿で出頭した。出頭時にはドローンのコントローラーのようなものと砂を所持。砂については「福島の砂だ」と話し、ドローンに搭載した容器に入れていたと説明していた。

 22日に発見されたドローンには、微量の放射線が測定され、放射性セシウム134と137を検出。放射線を示すマークのシールが貼られた茶色い容器には砂が入っていたことが、24日までの警視庁の調べで判明していた。だが、山本容疑者の出頭時には、容器の具体的な中身については明らかにされておらず、警視庁は、犯人しか知り得ない秘密の暴露にあたる可能性もあるとみていた。

(後略)

http://www.sankei.com/affairs/news/150425/afr1504250015-n1.html

wst1504250020-p1

・・・・・・・・

以下、FBフレンドの推察をベースに記事を寄稿。
着眼点、論拠などが私と同様であったため、許可を得て改変。
(文体を私らしく。またソース確認できたものは追記、確認が難しいものについては削除。流れについてはほぼ同様)

 

▼犯人の可能性が濃厚
記事後半でも触れられている点だが、逮捕時には
「容器の具体的な中身について報道では伏せられていた」のだ。
現物を持ってきたこの男、ほぼクロと見ていいでしょう。
この点が「犯人しか知り得ない秘密の暴露」にあたります。

 

▼書くまでもない結論
反原発のテロリストが、首相官邸に向けてドローンを飛ばした、ということ。
これは本人も自認していることだが、テロである。
本人の自認とは、本人がブログで自ら綴っているため。
(当事者のBlogについても後述)

 

▼テロの背景
テロリスト本人のブログ(のち紹介)によると
自らを「官邸サンタ」などと自称、
原発再稼働を止めるためには「テロをも辞さない」と、
グーグルマップを利用して、原発への侵入経路を検討。

事実、川内原発に侵入するため購入したかぎ爪の画像、
同紹介、そのためのトレーニングを行っていたことが自ら書かれている。

福島県を訪れ、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが
制限されている場所に入り、土を持ち帰ったと投稿。
同12月には、実際に官邸近くまで向かい、
今回と同様にドローンを飛行させようとした経緯がつづられていた。

その際は、影響が小さいのではないか、報道の扱いはどうなるか等
逡巡し(メンタル面より)断念した経緯が綴られている。

 

▼テロの計画と狙い
ブログでは、今回の事件を「第2の矢」と位置づけ、
今月12日投開票の統一地方選に照準を合わせた

以下は、ブログの原文ママ

計画
4/8 官邸にドローン墜落・・・マスコミ報道
4/9 ブログ公開、警察に出頭・・・ここが選挙3日前
4/12 混乱の中で選挙を迎える

テロリストの4月13日のエントリ

21087_833231296747756_8060307222783610707_n

 

知事選結果として「現職の西川一誠氏が金元幸枝氏を大差で破り4選を果たす」とある。
これは福井県知事選のことである。
よって、原発再稼働反対のため、例えば沖縄のように知事を奪取、混乱を生じせしめることが目的であったのだろう。

狙いは選挙であった。

 

▼テロリストの誤算
ところが官邸に飛ばしたドローンを、
いっこうに見つけてもらえず、
結局、選挙が終わってしまった・・・という顛末。

経過においては、ドローンを飛ばした日の詳細(警備状況を含む)
ドローンが行方不明になってしまったこと、
報道がないこと、警備態勢が甘いのではないかという(謎の)怒りなどが綴られている。

これが今回のテロの背景、計画であると推定する。
推定とは書いたが、本人のブログは昨年から更新されており
現在の状況と照らし合わせるに(書いていないことはあるかも知れないが)
虚偽である可能性は低い。

であるならば、この流れは事実であると考えるほうが自然だろう。

 

 

「遅せーよ!2週間放置て」…「官邸サンタ」名乗り事件関与を示唆するブログあった

首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、関与したことを示唆する内容のブログが存在していることが25日、分かった。9日未明にドローンを官邸に向けて飛ばしたと記している。

ブログの主は福井県小浜市に住む「官邸サンタ」と名乗り、原発のある自治体に隣接する小浜市は「原発が事故ると直撃コース」「再稼働を止める活動をしなくては」と記載。「反原発アピールなら汚染土か」として、昨年10月~今年3月、3回にわたり福島県入りして土を採取した経緯を書き込んでいる。

黒く塗られたドローンや「汚染土100グラム搭載」の容器の写真も掲載。「(ドローン規制の)法整備前に飛ばしてしまおう」と書いた。

今月12日に投稿された記事によると、7日に小浜市を出て8日未明に東京・赤坂に着いたが、悪天候のためその場を離れた。9日未明に再び赤坂を訪れ、ビルの谷間の駐車場からドローンを飛ばした。

「官邸上空…中庭…全く見えない…真っ暗」だったため、官邸の前庭に向けて降下させたが「そのまま完全ロスト…現場離脱」した。同日午前、小浜市に戻り「帰宅後ニュースを見るが…何も報道ない…」

22日にドローンが見つかり、機体に付いた容器に液体が入っていたと報じられたことには「遅せーよ職員! 2週間放置て…」と反応。「放射線も感知してくれたか…液体とか言ってるけど土だし」と書き込んだ。

そのほか、東京で下見を繰り返していたことや、昨年末にも官邸に向けてドローンを飛ばそうとして断念したこともつづっている。24日の午前には「官邸を狙う時は2週間前に飛ばさないといけないのか」「自分の無能さが悲しい…」との記事を投稿していた。

http://www.sankei.com/west/news/150425/wst1504250017-n2.html

 

 以上をもって「反原発派によるテロ」と断定したい。
極めて悪質なことに、選挙を狙ったものであった。

こうなると、今後の政治状況の未来が見えてくる。
以前のエントリと一部重複するが、端的に言わせて頂きたい。

 

▼反原発派、テロ指定一直線。
以下のエントリにて、詳細をまとめさせて頂いたが、、、
【政治家の目線】首相官邸屋上に発煙筒付きドローン墜落。【テロ指定、一直線】

これは反原発派、全体に対して「テロ指定一直線」であると考える。
問題は「全体に対して」という点だ。

反原発は、実質、サヨクの隠れ蓑となっており
沖縄の件なども含め、勢力として同質であると考えている。

私は、サヨクとは異なり、そもそも全く異なる立場、真逆のポジションだ。
その上で、「原発反対」と言う自由も、同様にあって良いと考えている。
それらが結果的に封殺されていくであろう未来を心から嘆く立場だ。

トムとジェリーの寂しさ、なのかも知れない。
ジェリーが他の猫に食べられてしまったら、トムも寂しいだろうな、と。
私はそんな寂しさを感じているのだと思う。

 

▼サヨク壊滅
私がやりたかったので、結果的に自滅して崩壊してしまうであろうことを
本当に、寂しく思っています。

また、言論を戦わせることは、時に楽しくもありました。
内心、イラッとすることも多かったのですが、
勉強になることも稀にありました。

というか、ほぼイライラすることばかりでしたが
いなくなるのだと思うと寂しくてなりません。

本事件が「反原発派によるものであった」ことを知らしめるため
拡散支援のほど、よろしくお願いします。

 

(追伸)
「狙いは選挙」であったこと。
私は、結構、怒っています。
二度、書きます、私は結構、怒っています。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です