【平和主義者のウソ】安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”


 

 

「嘘つき」と言いたい。
どこが平和主義なのだ。
憲法以前に法律を守れ、と言いたい。

また、「憲法で保障された思想信条の自由」を、平和主義者らはしきりに喧伝するが
他者には認めず、自らのにみしか保障されていないと思い込んでいる節がある。

敢えて言わせて頂こう。
それは、独裁であり、ファシズムである。

少しライトな書き方に感じる方もいるやも知れぬ。
宣言しておくが、私は結構、怒っています。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(平和主義者の矛盾)

 

 

 

どこが「平和」なのか。

彼らこそ、如何に攻撃的であるか。
また他者の自由をどれほど侵しているか。

「民主主義」と「平和」の敵が誰であるか、よくわかる事例だ。

 

報道を見て頂きたい。

安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”

 

きのう、衆議院を通過した安保法案について、多くの憲法学者が違憲という立場を取る中、合憲だと判断する憲法学者もいます。

1

その九州大学の准教授が、報道番組で自らの考えを示したあと、インターネット上にひぼう中傷や
殺害を予告するかのような書き込みがあり、大学側は、今後の対応を警察に相談しています。

●九州大学憲法学・井上武史准教授
「集団的自衛権の今回の限定行使、それ自体は、憲法には違反しないというふうに考えています」

九州大学憲法学の井上武史准教授は、安保法案について、合憲だという考えを示しています。

●井上武史准教授
「わが国は現在、自分たちだけで国の安全を守っているわけではなくて、実は、アメリカ軍とか、国連加盟国の多くの国の軍事力によって守られているんですね。今後は、もう少し日本も外国のためにリスクを負うという判断になると思いますので、それが、必ずしも戦争になるとか、あるいは日本の子供たちを戦争に行かすなということとは、少し話が違うのではないかと思ってますね」

しかし、先月9日、全国放送のニュースでこの見解が報道されると、ツイッターなどSNS上には、ひぼう中傷の書き込みが相次ぎました。

中には、殺害を予告するかのような悪質極まりない書き込みもあります。

2

 

九州大学も、こうした状況を把握していて、今後の対応について警察に相談しているということです。

3

●井上武史准教授
「中には、殺害予告とか、あるいは所属している大学に対して『退職させろ』とか、そういう脅しのメールなんかが来たようですので、その点については、日本は『表現の自由』があるという国なので、残念なことだとは思っています」

※スタジオ

●川上キャスター
たとえ意見が異なると言っても、こうした行為は、絶対に許されません。
正々堂々と議論に参加し、法案について、しっかりと考えを深める時だと思います。

http://rkb.jp/news/news/27744/

 

 

 

平和の対極にいる「平和主義者」たち。

争いごとは、「平和主義者」がもたらしており
彼らこそは平和の対極にある。

ソフト路線に切り替えたコミュニストどもは、様々な騒乱を引き落としつつ
我が国を歪めてきた。

現在の、我が国が内政として抱える各種の問題は
彼らが引き落としてきたと言っても過言ではない。

ネットで流行のテーマを軸に、少し昔話をしてみよう。
以下は、webの皆様は「え?」と思うかも知れないが、政治の現場では「常識」であることを付記しておく。
(論じるまでもない、ただの政治の近代史である。)

 

日本vs韓国
例えば、「日本と韓国」を対峙させてきたのは、共産主義者たちである。
いまでは保守が韓国を討つ構図にあるが、これは共産主義者らの策動の結果だ。
こんなことを書くと、いまのネット保守は驚くのだろう。

嘘付きにはなりなくないので、ここは明言しておく。
かつては「保守こそが韓国を擁護」したのだ。
そして日本共産党らは、韓国を「南朝鮮」「南鮮」と表記した。

 

共産主義者vs韓国
考えれば当たり前のことだ。
北朝鮮という共産主義圏の最前線に対し、西側諸国の「ショーウィンドー」として韓国は存在した。
ゆえに発展させることで「見せびらかす」必要があったのだ。
日本のみの意思ではなく、西側諸国全体の意思として。
世界の益として。

当然、共産主義者らは面白くない。
ゆえに北朝鮮側と結託し、韓国の誇りを傷つけ、侮辱し続けたのだ。

 

従軍慰安婦の虚構
韓国において、「慰安婦問題」を喧伝したのは
【韓国内の北朝鮮側】の勢力だ。
北朝鮮系の勢力とは、とどのつまり、共産主義者たちと言ってもいいだろう。

世界同時革命を狙い、西側諸国の国力低下を狙った組織、
第三インターナショナル、コミンテルンをトップとする世界組織である。

日本に置き換えれば、在日とベタベタの民主党・社民党のイメージ。
もしくは日教組が教科書を「完全に掌握」したようなもの。

日本側のサヨクと結託し、北朝鮮勢力が韓国の「西側の力」をそぎ落としてきた。
結果、陥落してしまった、そして時を経たのが今の韓国の姿だと理解している。

 

韓国の、日本にとってのメリット
統一朝鮮となり、北朝鮮主導で統一されたとしよう。
国際法を紐解くに、法的には韓国による統一は不可能だ。
(成立の時点でぐちゃぐちゃであり、同好会に毛が生えたような手法をとったため法論拠がまったくない。現時点でも国際法上、国家として認めることは無理があるように思う。)

北朝鮮による主導による「統一朝鮮」が成立したとしよう。
バックには、ロシア(冷戦下においてはソヴィエト)または中国がつく。

日本海側の防衛はズタズタになる。
良港に恵まれた朝鮮半島を、「ロシアor中国」に制圧されること。
それは日本の死を意味する、あの半島は日本列島の喉元に刺さる短刀なのだ。
これは、地政学上も、大東亜戦争の時代とまったく変わらない。

よって、内戦状態が継続し、ほどほどに発展してもらった上で
北朝鮮を牽制する「西側国家」が、朝鮮半島の南に存在することは
我が国にとってメリットがあった。

これはイデオロギーに基づくものではなく、地政学上の「事実」を述べたに過ぎない。

※ お気づきかと思うが、すべて「過去形」で書いている。

 

共産主義者らのしたこと
従軍慰安婦の虚構などを再三にわたり喧伝し、両国の国民感情を傷つけた。
特に、韓国側を「退くに退けないレベル」にまで焚き付けたのだ。

それが終わってのち「恵まれない外国人」や「韓国人への差別問題」を述べている。
どこの誰が言っているのだ、と私は言いたい。

2,30年前の保守系議員であれば、むしろ「韓国との友好」を掲げていた。
それは対北朝鮮であり、冷戦下における対ソヴィエト政策であり、正しい保守の在り方でもあったのだ。
(いま韓国びいきであることには眉をひそめるが、かつてそうであった者を保守とカウントしないのは、ネットが歴史を知らないだけである。)

これらの保守勢力と対抗するため、共産主義者らは、
日本と韓国の友好関係にヒビを入れ続ける行為を継続した。

その一例が、「従軍慰安婦の虚構」である。

※ 私は、それらの経緯を把握した上で言論活動を行っている。
  踏み込みが浅いと感じることもあるかも知れないが、
  根差した知識が、リアルかネットかの差だと思う。

 

多くは述べないが、結果として「おかしなことになった韓国」には
憐れみことそ感じるものの「だからどうしたんだ」と思っている。

そんなものは、日本の政治家である私には関係ない。
そもそも私が政治家になる以前の話である。
現状に文句があるなら、平和主義者や共産主義者らどもに言って頂きたい。

いまの韓国の言動。
あまりにも失礼、そして無茶苦茶なあの国を見るに「仲良くしたいとは全く思わない」のである。

それが共産主義者らによる策動の結果であったとしても
嫌なものは、嫌なのだ。
無理。

 

 

おわかりだろうか。
いま我が国が抱える様々な内政問題。

これらは「ソフト路線」を選択することで、
まるで潜水艦のように、またはステルス戦闘機のように
もしくは忍者やスパイのように。
「平和主義者」らが、創り上げてきた「揉め事」なのだ。

今回の件にしてもそうである。
何が「平和主義者」だ、平和を乱してきたのはどこのどいつだ。
潜ったからと言って、共産主義者らへの警戒を緩めることがあってはならない。

「平和主義者」らは、憲法を護れと掲げつつも
他者の言論の自由を堂々と侵害してみせた。
これこそが証左である。

 

外国人問題を論じるならば。
確かに問題はある。
余りにも仲が悪くなりすぎ、排外主義と言われても仕方がない状況も、ある。
私も非常に心を痛めている。

よって、「責任元」である「自称・平和主義者」らを攻めることを提案したい。
人権を掲げる方々は、共産主義者らのしたことを責めるべきだ。
保守を責めても「私たちには責任はない」のである。

こっちを見てもどうにもならぬ。
責任元に言って頂きたい。

その責任元とは「平和主義者」たちである。

 

 

 

「護憲の旗」は降ろすべき。

法律すら守れず、憲法で保障された思想信条の自由を侵す。
この状態で「憲法を護れ」とは、「自称:平和主義者」らは言えまい。
恥ずかしすぎて反吐がでる。

暴力をもって他者の言論を侵す、
これを認めることこそが、独裁でありファシズムである。

 

思想信条の自由
憲法で保障された思想信条の自由がある。
共産党がよく言っているではないか。

その権利は私にもある。
忘れないで頂きたい。

しかも「日本国憲法」なのに、日本国籍を有しないものにまで拡大解釈を試みている。
であるならば、「日本国籍を有する私」は、より保護されて然るべきだ。

 

護憲を掲げる政党の責務
護憲を掲げる政党がある。
旧称コミンテルン日本支部こと、日本共産党一派ら、だ。

護憲を掲げる以上、私の権利も守って頂けるものと確信している。
日本国民である小坪しんやにも、憲法で保障された権利がある。
よって護憲を旗印とする以上、彼らこそ私の権利を最も守るべきだ。

その権利とは、「思想信条の自由」であり、
このようにブログを書くという「表現の自由」だ。

 

できぬなら旗を降ろすべき。
私にその権利を認めることができぬのであれば
護憲の旗は即刻降ろして頂きたい。

憲法は日本国民に権利を保障しているのだろう?
私に認められず、共産党のみに保障されていると言うばかりの動きをとるならば。

「憲法は、共産党員および外国人にしか効きません。」と憲法を変えるべき。
政党要件を満たした公党ではないか。

護憲の旗をおとし、「改憲政党として」国政の場で働きかけて頂きたい。

 

 

何が平和主義者だ!

 

化けの皮が剥がれたな!

 

そう思った方は、全力で拡散して頂きたい。

 

 

本件の持つ意味は、極めて重い。

 

言論を、暴力をもって制しようとする者が

 

「平和主義者」らの中におるのだ。

 

 

たまには真似でもさせて頂こう。

 

あたかもサヨクやメディアのように

 

そして平和主義者を自称する者たちのように

 

激しく責め立てよ!

 

賛同して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【平和主義者のウソ】安保法案「合憲」の学者に“殺害予告” への22件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【平和主義者のウソ】安保法案「合憲」の学者に“殺害予告” 「嘘つき」と言いたい。 どこが平和主義者なのだ。 憲法以前に法律を守れ、と言いたい。 また、「憲法で保障された思想信条の自由」を、平和主義者らはし

  2. ふう のコメント:

    殺害予告と聞いても、あまり驚きませんね。
    あの民族の得意分野ですし。

    それよりも、このニュースが九州以外でも放送されたのかどうか気になります。
    放送時間帯は、日中でしょうか?

    もしこれが逆のニュースなら(違憲派に対して殺害予告)、
    おそらく全国ニュースで、朝晩の時間帯に、連日連夜報道していたでしょう。

    捏造ステ・・・報道ステーションでは、ちゃんと扱っているのでしょうか?

    • channel hayato のコメント:

      少なくとも鹿児島のMBC(TBS系列)や南日本新聞では
      報道されていないと思います。
      安全保障関連法案反対デモや投書はほぼ毎日報道しますが。

  3. 神奈川11区 のコメント:

    今や日本を擁護する発言をしただけで総叩きに合う韓国のまともな教授や学者たち。
    韓国の左派は反日という旗を掲げ、まんまと国民を洗脳し、結果、国全体が共産主義の望む方へ誘導されてしまいました。哀れですね。

    ただ、日本も(維新・民主党等入り乱れてはいますが安倍憎しで取り込まれ寸前)共産党やメディアが国民を騙そうと必死です。
    韓国を馬鹿にできない程の左派によるメディア侵略が酷くなっていませんか?

    日本はまず日本の事だけを考えるとなると、やはりテレビ(新聞はもう瀕死なので)の捏造・偏向報道をなんとしてでも終わらせなければと思います。
    報道に関しては政府がなかなか動けないのは理解していますが、どうにかして捏造・偏向報道に罰則を与える法整備をできないものか……
    今がその時だと思いますが、政府に意見を送り続けるぐらいしか出来ていない自分が情けないです。

  4. channel hayato のコメント:

    まさしく
    「平和とか 言ってるくせに 火炎瓶」

  5. 東京都55歳 のコメント:

    「(彼らの)平和」のためであるのなら、
    「殺人」も「暴力」も許容されるのでしょうね。

    その矛盾に気づかないんでしょうかね。

    「健康ブーム」を皮肉った、
    武田先生の名言と同一の構造なのかも。
    「健康のためなら死んでもいい」

    「平和」のために、
    「憲法」を守るために、
    「刑法」は守らなくてもよい。

    実に興味深い論理です。

    ある意味、この論理こそが、
    彼らの本質を端的に示しているのでしょう。

    「(彼らの)平和」とは、いったい何なのか?
    その明確な定義を説明してほしいものです。

    彼らが守ろうとしているものは、何なのか?
    それが明らかになれば、
    (実は、すでに明らかなのですが)
    彼ら支持することの恐ろしさに気付くはず。

    そのProgramの解除は、
    WGIPよりも、はるかに容易でしょうね。
    なぜなら、
    その行動様式が単純で、杜撰だから。

    もっとも、その浅薄な構造が故に、
    行動が過激化するという部分では、
    逆に、恐ろしいとも言えますが。

    いずれにしても、ボロが出ました。
    浅い底が見えています。

    そういえば、タレントの誰かが、
    「法案賛成派の意見も聞きたい」
    と発言したら、炎上したとか?

    どっちがファシストなんでしょうね?

  6. ken-ichirou yamamoto のコメント:

    ちょっとわからないのですが、
    【保守】と称される人は【自称平和主義】ではないのですか?
    それとも【反平和主義】なのですか?

  7. 名ナシ のコメント:

    アメリカで自称慰安婦が今上天皇陛下、岸元総理、安倍総理などを
    相手に賠償金総額26億円の訴訟を起こしたらしいですね。
    これも左翼、北系の離間工作でしょう。
    そもそもこの慰安婦問題を拡散していた弁護士が後に朝鮮人政党
    である社民党の党首となる福島瑞穂ですからね。
    やはり、福島・河野・植村の3人は国会の証人喚問に引き摺り出す
    必要がありますよ。

  8. のコメント:

    共産主義者や自称平和主義者らが「自分は言いたいこと言う権利があるけど反対意見は許さない、封殺する」という姿勢を取ってきたのに比べると、安倍さんは相手の言い分も聞いており日本人らしいと思う。
    彼らのしたいという議論のために審議期間の延長をした。国民への説明が不十分と言われると「それはある」と相手の言い分も聞いた上で「これからも説明していく」と先の方針を示した。
    結果、こいつら罵声ばかりでまともに議論する気が無いなとみて、これ以上は「日本」国民の不満が溜まるので「日本国民」と「諸外国」の意見を尊重し可決した。相手の言うことも十分聞いた上で。
    (民主は先に暴力行為で「強制阻止」しようとしました)

  9. てるてるお東 のコメント:

    お早う御座います。(先日、コメント文中「市議」と呼び捨てのようになって失礼しました)

    「最も暴力を訴える者こそ最も暴力に訴える」という名言?があったと思います。
    「最も平和を声高に唱えるものこそが、一番の平和の敵なのだ」
     (若きアインシュタインの言葉だったかと?読みましたが、未確認です。
      当時の状況に関してだったと思いますが、もちろん今でも妥当)
    差別反対を声高に叫ぶ・・・例えば朝日とかが、実は最も酷い差別記事とかネットへの書き込みを行ってたり・・・

    これらは昔から指摘されてきた社会の実相なわけで、また、そのような偽善・欺瞞のおぞましさを痛烈に批判する言論人も存在してたと思う。
     しかしながら、日本では大手マスコミがそんな言論人を抑圧。叫んだもん勝ち、大手マスコミの情報統制・弾圧こそが最も激しい。彼らは既に第一権力者然としてるし、実際時に国会議員や大臣よりも権力で上回る。
    いつの時代でも、時の権力を奪おうとする輩はいたが、現在はマスコミの情報統制こそがその温床と言えるのではないか。マスコミ幹部は実際に社員に「我々こそが世論を握っている」と訓示し、「NHKの情報発信は核兵器程の威力を持つ」と、NHK社員に言い聞かせるそうだ(内部告発者)。そりゃ「我こそ第一権力者なり!」と思い上がるのが居ても不思議じゃない。実際、首相の面前で足組んでふんぞり返ってインタビューする記者もいるそうな(TBS記者)

    左翼は元からウソつき。あの悪魔的な言葉「目的は手段を正当化する」を最初から取り入れてたし。
    レーニンなど、あらゆる人間の道徳さえも踏みにじって構わないといった感じで「ウソつき・裏切りを奨励」してた程。こうなると世界最大のカルトといわざるを得ない。
     実際に、社会主義の歴史は「壮大なウソつきの歴史」じゃないか?いまでも恥ずかしげもなく「民主主義なんとか」「人民なんとか」と国名に掲げる。これぞ最大の国家のブラック・ジョーク!

    ○ スレ違いですが、世界遺産登録の件。
     共同通信が「韓国に譲歩して全会一致での可決を目指せと安倍首相が支持した」・・・と確定的に書いているようです。到底信じられませんが、先ほどの産経記事からすれば「さもありなん」と思う人は多い筈。
    しかし安倍首相を一貫して支持してきた者としては、いまだに信じられません。不審な点もあります。
    しかし、安保法制の件もあって内閣支持率が大きく低下している中。これら(産経含め)の記事発信の影響は・・・さらに、支持率の低下を招き負の相乗効果となるかも。共同通信などは当然、それを狙ってるだろうが。ここぞとばかり、一気に倒閣に繋げたいと必至の筈。これもまた格好の標的。但し表立っては騒ぎにくい。

  10. araigumanooyaji のコメント:

    “法律すら守れず、憲法で保障された思想信条の自由を侵す。 この状態で「憲法を護れ」とは、「自称:平和主義者」らは言えまい。 恥ずかしすぎて反吐がでる。”

  11. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんにちは

    連日の新規投稿ありがとうございます

    今回の私が栞をおかせていただいたのは・・・・
    >本件の持つ意味は、極めて重い。
    >言論を、暴力をもって制しようとする者が
    >「平和主義者」らの中におるのだ。

    九州大学の井上先生の言論が暴力により封鎖されるという、いわゆる存立記事事態ですね。
    ここは、集団的自衛権の発動要件が満たされた、んで、草莽の日本国民が井上先生を応援しましょう。連合艦隊の戦艦を守らなければなりません。

  12. 櫻盛居士 のコメント:

    そもそも、憲法とは何かを問いたいですね。

    日本では明治以降、明確に国家と民族の意思が内外に伝わる様に、成文憲法を採用しました。
    大東亜戦争以前では決まり(ルール)を守れない国は、人間の国では無いと見做されていたからです。
    2000年以上もの歴史を持ちながら、我が国が法治体系を外向きに明確にしたのは僅か百数十年程の事で、これは我が国の決まり(ルール)を遵守する限り、外国人が我が国で不当な扱いを受ける事は無いと言う事を明確に示す必要があったからです。

    尤も、我が国ではそれ以前より成文憲法を採用するまでも無く、日本人一人一人が決まりを守って来ましたし、実際に江戸期には朝鮮から逃れてきた欧州人を本国に送り返しています。
    それに対し、台湾出兵の引き金になった漁師殺害などの様な事案は、我が国を除けば多々見られる事案で、寧ろ当時としては我が国と欧米列強を除いては世界の常識と言える事象でした。

    そもそも、法治概念とは地続きで国境が曖昧であり野蛮な行為が当たり前であったが故に、欧州で生まれた副産物とも言えるでしょう。

    故に明確な決まり(ルール)を持つか持たないか、そしてそれが遵守出来るかが、欧米列強によって人間か獣かの区別として世界に広められました。
     
     
    扨て、自称平和主義者とやらは、いったい人間と獣のどちらなのでしょうね?

    自称平和主義者どもは憲法の条文を変更しない事を『憲法を護る』と言っています。
    決して定められた決まり(ルール)を遵守する事ではありません。(外国人への生活保護斡旋など最たる例です)

    だから、この様な殺害予告など平気で出来るのです。

    奴らの『憲法を護る』は憲法で定められた決まり(ルール)を遵守する事では無いので、この言葉自体が詭弁です。

    しかも、読み方が「まもる」と言う事を利用した、チープなペテンを用いています。
    漢字の意味を見て頂きたい。

     守る: 大切なものとして持ち続けること。
      (例) 約束を守る

     護る: 攻められることがないように持ち続けること。
      (例) 身を護る
     
     
    だから「護憲」なんですね。
    「守憲」では無いのです。

    何とも滑稽な事でしょう、自称平和主義者とやらは『憲法を護るけど、憲法は守らない』と言って実践している訳です。

    つまり、以前ならば獣扱いですね。

    自称平和主義者とやらはアカと密接な関係を持つ者が非常に多いですが、世界中でアカがやらかして来た所業を見ても獣としか表現のしようが無いですね。

    アカ共はこんな感じですから、奴らにとって憲法自体が意味を成していません。
    守られない憲法など、無きに等しいからです。

    奴らは憲法を『日本を縛る為のツール』として考えており、法治概念など理解出来ない獣だと自ら宣言している様ですね。
     
     
     
    皆様方におかれましても、決して騙されないで下さい。

    憲法は守るものであって、護るものでは無い
     
     

  13. ロード のコメント:

    首相官邸→https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    (要約)
    安保法制に賛成した、九州大学・井上武史准教授が殺害予告されています。

    民意の反映である国会議員の法案に賛成したことで殺害予告を受けるとは、
    由々しき事態です。

    これは自称、”平和主義者”たちが、実は非常に暴力的であり、
    言論弾圧してまで、自分の主張を押し通す、ファシストであることを示しています。

    ・勇気ある、井上准教授を守ること。
    ・殺害予告した犯人を捕まえること。
    ・犯人の所属団体など背後関係を調査し、公表すること。

    等、民主主義を守るために、要求します。
    ファシストから国民を守る、安倍政権を支持します!

  14. Issei Isii のコメント:

    例えば、今の日本が共産国家だった場合、民主化運動を起こす人々は、時に暴力や圧力を以って改革、或いは革命を起こすだろう。その点においては批判する気はナイ。革命は基本的に違法であり違憲なのです。しかし平和憲法を守れといいながら暴言や脅迫で言論の自由を奪い、思想の自由を圧迫しているのでは自ら掲げた旗にドロをかけているだけではないか?もはやバカを通り越してただの「愚」でしかない。

  15. (ま) のコメント:

     自民党に日韓議員連盟所属議員が多いのはそういう歴史があるからですか。まったく、にわかには目からうろこです。小坪議員有難うございます。

     ところで安保法案が憲法違反だと言う憲法学者様は、こんなアンケートだったらどう回答してくださるのでしょうか。

     ・日本を戦争から守るために、今の憲法は有効でしょうか。日本が侵攻を企図する場合(拉致被害者奪還、ISIL人質奪還)、日本が侵攻された・される場合(竹島、小笠原サンゴ、尖閣諸島)の両方を念頭にお答えください。
     (選択肢)有効であり日本が戦争状態になることはない
          無効であり日本を戦争遂行被害から守れない
          憲法は無力・無能であって日本を守るのは日米安保条約

     ・日本人の生命、財産、領土その他を他国から守るために、今の憲法が果たしている役割はありますか。拉致被害者、竹島、尖閣諸島、小笠原サンゴを念頭にその条文をお答えください。
     (選択肢)ない
          ある(9条)
          ある(前文)
          ある(その他・具体的に:            )

     ・あなたは日本を侵略しようと画策する他国から日本を守るために憲法9条の改正は必要だと考えますか。
     (選択肢)早急に必要
          必要
          どちらかというと必要
          いずれは必要(何時まで:            )
          当分必要ない(必要となる条件:         )
          永久に必要ない

     ・憲法を存続したまま日本を守るために制定しようとする安保法案に、あなたは賛成ですか? 反対ですか?
     (選択肢)憲法を改正せず解釈で日本を守ろうとすることに賛成
          現行憲法のままでは無理だから憲法改正して日本を守るべし
          憲法改正も安保法案も反対

  16. すー のコメント:

    ハッとさせられました。自分は所詮「ネット」の中でしかないと改めて痛感させられましたし、正しい韓国の歴史、正しい日本の歴史だけでなく、いわば保守の歴史、自称平和主義者の歴史も知らなければいけませんね。ありがとうございました。

  17. 櫻盛居士 のコメント:

    今年、2015年は平成27年。
    そう言えば、平成元年生まれも30歳前になっていたのですね。

    小坪先生が保守と韓国の関係に触れるのも、もっともな流れですね。

    韓国が民主化に踏み出したのは、1987年(昭和62年)の民主化宣言に始まります。
    平成になる僅か2年程前です。
    まだ、民主化になって30年も経て無いのです。
    それまでは軍事政権で選挙もへったくれも無い、保導連盟事件の様な自国民への大虐殺も言論弾圧で封殺出来る体制だったのです。

    しかも、東西冷戦では西側諸国が豊かな生活をアピールし東側諸国と対峙していた時代に、唯一西側で東側諸国より貧しい情けない国が韓国でした。
    実は日本統治時代の遺産におんぶに抱っこで、東側である北朝鮮の方が豊かな時代があったのです。

    こんな情けない西側諸国唯一の劣等国を、対東側対策として日米主導の西側諸国で寄って集って豊かな国に仕立て上げたのです。
    これが小坪先生が仰る、ショーウィンドウです。

    また、自国防衛に制限のある日本にとっては、韓国人の血と肉を浪費してでも反共の防波堤として利用しなければならない状況であった事と、物資の不足で敗戦を余儀無くされた苦い経験を持つ日本にとっては、戦争が金で遂行する時代を思い知らされていた事もあり、南鮮のワガママは目を瞑ってでも金をつぎ込んで来ました。

    軍事面でもミサイルは主流では無く、陸兵力が主体となって侵略するのが定石の時代でしたから、日本を侵略する為に一番効率の良い方法は、先ず朝鮮半島南部の攻略が先決でした。

    ここまで、小坪先生と同じ様に過去形です。

    1990年代に入ると、中共に続き北鮮もミサイル配備が進み、南鮮攻略不要で日本を直接攻撃出来る体制が出来上がりました。
    つまり、この時点で南鮮の利用価値が著しく低下した訳です。

    しかし、この時点で日本の平和ボケした政治家は、その事実を認識出来ていなかった様ですね。
    利用価値が無くなった事をネタに脅し、従北派の活動に楔を打つ機会を逃しました。

    その結果がアカが牛耳る形だけの西側諸国、大韓民国の出来上がりです。

    反日を民族団結に利用し歴史をファンタジー化した挙句、日本統治世代が淘汰された結果本音と建前が区別出来無くなり、嘗て支那に「属国にしてくれニダ!」とストーカしまくっていたDNAだけが沸き立つ変ちくりんな国に成り果てました。
    尤も、1000年以上も属国で自立した事が無いのですから仕方が無いのですが。

    まだそこの所が理解出来ない日本人や朝鮮人に対して、以下の事をアピールして理解させてやる必要があるのです。

     南鮮は用無しだ。
     
     
     

  18. 桃太郎 のコメント:

    小坪先生、今晩は。いつも勉強になります。
    韓国と親しい自民党議員、二階さんや額賀さんなど日韓議員連盟は売国議員と思ってましたがもともとは保守側なのですか?
    それとも利権が絡んでると聞いたことがありますがそちらの方で理解した方がいいのですか?

  19. ピンバック: 【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  20. 星屑倶楽部 のコメント:

    産経新聞(黒田さん)が韓国よりなのも、同じ理由ですね。後安倍首相が統一教会と関係があると言われるのは勝共連合絡みのためですね。昔からの保守派、桜井よしこさんなどもそうですね。

  21. とんと のコメント:

    殺害予告などするような人物は、そもそも平和主義者ではない。
    筆者は彼が平和主義者であると何を以って判断しているのか。
    また、もし彼が「平和主義者」であったからと言って、彼への憎悪を平和主義者全体にまで拡大するのは誤りである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です