【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣


 

 

新たな保守活動の基軸として、本件には様々な角度から触れる必要がある。
産経にて報じられているが、イイネが2万。
記事単体としては、かなりのスマッシュヒットです。

我がことのように嬉しい。
心からお疲れ様ですと言いたい。

ありそうでなかったキャッチフレーズ。

「戦争反対だから法案賛成」

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(PEC)

 

 

 

報道をご覧ください。

産経の記事を紹介しますが、web版でイイネが2万、Twitterが4千強。
これはメディアの記事としても、なかなかのスマッシュヒットです。

「注目度が上がる」=「次の動きも掲載される可能性が高くなる」

web上の意見や思いが発露した結果かと思いますが、ネットはまだまだ戦えると感じました。

「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣

 

 安全保障関連法案が衆院平和安全法制特別委員会で可決された15日、法案に賛成する立場の女性や学生ら20人がソラリアステージビル(福岡市中央区)前で、「戦争に反対だから、安保法案に賛成です」と街頭宣伝活動をした=写真。

 福岡県筑紫野市に住む動画サイトの人気投稿者「random yoko」(ランダムヨーコ)さん(29)が呼びかけた。参加者は「『戦争法案』と呼ぶ人もいるが、今の時代、1国では自国の平和を守れません。安保法制は軍拡を進める中国の暴走を止めるのに役立つ法律です」などと声をあげた。

 福岡市南区の主婦、本山恵さん(43)は「メディアは安保法案反対の声ばかり取り上げる。普通の人から賛成の声を上げるべきだと思って参加しました」と話した。

 途中、安保法案反対の立場とみられる通行人が参加者に唾を吐いたり、罵倒する一幕もあったが、街宣の参加者は「戦争反対。アジアに平和を」と呼び掛け、1時間にわたり通行人にビラを配った。

rgn1507160064-p1

http://www.sankei.com/region/news/150716/rgn1507160064-n1.html

 

実は。
どう触れるものか、少し悩みました。

ただ、ひっそりと嬉しく思う。
よい頃合いなので、Blogで紹介させて頂きます。

なかなかナイスなキャッチコピーではないか。
素晴らしいな、と思う。

私が考えたわけではないが、同じ福岡の保守陣営として嬉しくもあり
そしてどこか照れくさくもある。

 

 

 

これからの保守活動

冒頭に「様々な角度から触れる必要がある」と述べた。
今後の保守活動を考えるにあたり、本件は「新しい軸」の事例となるだろう。

以下の点には特に注目して頂きたい。
本件は、ネット発祥では珍しく「報道された保守活動」であること。
そしてそれがスマッシュヒットとなっていること。
言い換えれば、報道側(また、取材に時間を費やした記者)とWINWINの構図ができている点だ。

?求められる動き=注目度
産経にて報じられているが、イイネが2万。
記事単体としては、かなりのスマッシュヒットです。

これは、世論に求められていた情報という証左であります。
報じた側(記者などの媒体)も、よし!っと思うのではないでしょうか。

 

?報道に掲載できる活動
ネット上で、ソーシャルメディア(ニコ動、Twitter、FB等)で自前で拡散するだけ、これでは限界がある。
報道に掲載される活動も、対サヨクを軸に考えれば必要となる。

実は、産経以外でも報道に露出しており、
何れも悪い書かれ方ではありません。

今後、「報道に掲載できる活動」は、一つの軸として、
頭の端に置いておく必要があるように思います。

 

?実例としての効果測定
少し左がかった紙面であっても、「賛成の声」があることで、印象がまったく異なってきます。
今回、実例として、それら紙面を「中立の形」に持って行く効果を発揮しております。

報道に載ることでのみ、発揮される効果もある。
報道をソースとし、そこに意見を述べるという「情報の流れとしての従属」の形から脱却し、ソースに影響を及ぼしていく必要がある。

私はそう考えます。

 

 

 

保守活動が、報じられない理由

行動系に代表されるネットのデモや動きは、多くの場合、報道されない。
ここには、実はひどくシンプルな理由がある。

私は、産経のみならず実は朝日に掲載されたこともあるし、一期も務め上げていない新人市議にしては珍しく、、、報道への露出は多いほうだと思う。

私の目線から見て、「イデオロギー」とか、「政治勢力上の問題」ではない部分で
ネット側に問題があるように思う。
何点か、列記してみたい。
(耳に痛い部分もあるかと思うが、今後のためとして記載させて頂く。)

 

報道できる状態にない。
言いたいことを言うだけでは、報道上、難しい部分が出てくる。
抑えるべきは抑える必要がある。

ネットのルールも、貴方のルールも、そこでは関係ない。
紙面に耐えうる(仮に記載されずとも)だけの言動であるか、発言であるか。

私たちがどう動くかは私たちの自由だが
その掲載の可否は、私たちが権限を有しているわけではない。
その当然の事実を、素直に受け入れる必要がある。
(行動系のデモを報道するのは、事実上、不可能だと言わせて頂きます。)

 

取材依頼の重要性
また、記者もスケジュールが実は非常にタイトなのだ。
特に産経の場合は、記者の数もギリギリだと思う。

通信社から記事を購入している媒体もあるが、
その場合も(紙面に独自で書く)記者の数は、結果的に少ないと言わざるを得ない。

「取材依頼」
この言葉を出されるまで、盲点だった方も多いのではないか。
当たり前のことだが、事前の予約というかアポが必要。

何かをレンタルする際(車でもDVDでもいいが)予約は必須である。
特に、その対象が少なく、品薄状態であればなおされた。

実は、口を開けていれば(何もせずとも)
記者が勝手に来て取材して記事になる、というわけではない。

非常にタイトなスケジュールで動いており
何十万人規模であったり、10年近く恒例で開いている等の背景がなければ
勝手に記者が来ることは、まずない。
人が来ない以上、つまり取材がない以上、記事にはならない。。

 

ニュースバリュー
まず、報道側も「仕事」なのだということを理解する必要がある。
この点では、左とか保守とか、そういうのは余り関係ない。
書かれ方に差こそあれ、報道する価値が、嫌な言い方だが「ビジネス上、在るか」という点は、意識する必要がある。

事前に取材依頼をかけるにあたり、
?なぜ今のタイミングでニュースバリューがあるか
?この点を記者・報道に対してPRする能力が必要
?かつ、できるならば日頃から良好な人間関係を構築しておく必要がある。

言われてみればシンプルなものだと思う。

 

相互にルールがある。
ネットにマナーがあり、ルールがあるように
各業界、それぞれにルールがある。

その上で、私たちが何をすべきか、どう動いて行くべきか。
本件は、一つの指標となるように思う。

相互にルールがある。
その当たり前のことを、ネット保守は理解すべきなのではないだろうか。

 

 

 

福岡の成功例

今回の件、私は実は、ほぼ関係ない。
確かに(近所でもないが)同県ということで主催者とは緊密に連絡をとってきた。
保守界隈の先輩として(あまり先輩面するのは好きではないが)できる限りのサポートは、ひっそりと傘のようにしてきたつもりです。

必死に悩みながら、短期間で状況を判断。
関係各所に、彼女たちは働きかけ、現場以外の準備も抜かりなかったのだ。

それが結果として現れた。
後進を見て頼もしく思い、とても、とても嬉しい。

 

ネットとリアルの融合
福岡の場合は、少し特殊だと思う。
リアル側の保守団体の幹部が、我々を深く受け入れてくれた。
私などより遥かに力を持つ先輩方だ。

初期においては、衝突もあった。
ネットから保守に目覚めた者も、リアルに身を投じたし
リアルの方々も、ネットにできないこと(各種の手配)などを行ってくれた。

相互理解が深まり、いまは両輪として機能しているように思う。
私もその一助となれているのであれば、それは本当に嬉しいことです。

 

実は、「ネットだけ」ではできない。
取材依頼の話に特化して書きましたが、その他の「ルール」も多々ございます。
胸を張って言えるレベルではありませんが、私はある程度はわかります。
それは、リアルの先輩方が手とり足とり指導してくれたからであって
ネット上で学んだことではありません。

ネットだけでは、できないことがある。
この点を認識して頂く必要が、双方にあるように思います。

 

これからの保守。
サヨクらは、再三のリアル活動の結果として、これらのノウハウ、
そして人間関係を強固に持っております。
報道への掲載が多いのは、ニュースバリューとしての読みも上手く、
タイミングの判断もうまいためです。

ここは、ネット発祥の保守では全く歯が立たない。
リアル側との関係を深めることで、補完した上で
報道に掲載される(掲載が可能なレベルの)活動を意識していく必要があるのではないか。

 

護衛艦隊として。

リアルを動くに、そして報道に掲載されるということは、危険も伴う。
それは事実だ。

時に、同じ福岡においては、以下のようなこともあった。
安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”

一応、言っておきますが、「高くつく」ことを述べておきます。。。
福岡の活動に際して、保守活動家に対して、同様のことをやった場合。
私も動きますし、それはもう全力でね、動きますし。。。
それは一期も務め上げていない新人の私のみではなく、「護衛艦隊」として多くのベテラン保守活動家が一斉に動く。間違いない。

これは、老婆心ながら言っておきたいと思います。
これが福岡の底力であり、保守王国としての誇りであります。
私たちは集団的自衛権を行使する。
あと、俺には威嚇射撃という概念はない。
暴力にこそ訴えないが、ロビーの分野で資金源から焼き払う。

 

 

 

憲法改正を視野に入れた動きを。

改正となれば、国民投票がある。
それはつまり、保守陣営のロビー力の総和と、サヨク陣営のロビー力の総和の戦いだ。
戦場は、ネットのみならず、メディア・誌面・街頭など多岐に渡る。

今回の平和安全法制にて戦況を分析するに。
左派陣営のほうがデザインスキル、発信手法を含め、「一般への浸透力」という意味での総和では大きく勝っている。
ネットを主軸とし、人数こそは負けておらず、むしろこちらのほうが多いことは事実だ。
しかし、出力として見た場合、負けている。
恐らくは10倍ほど違うのではないか。

 

いつまでも、報道をソースとし、そこへの論評で満足している場合ではない。
ソースにまで遡り、誌面において戦えるようになりたい。

 

憲法改正を視野にいれた動きが求められる。
保守の、悲願であった国民投票まで場合によっては進むことができるのだろう。
その際、私たちが戦うべきは、ネット上のみではない。

リアル活動もあるし、結果としての紙面もある。
私たちは、新しいフィールドにも踏み込まねばならない。

 

「戦争反対だから法案賛成!」

 

良き日本を護り抜く!

 

絶対に戦い抜くぞ!と思って頂ける方は

 

FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

21 Responses to 【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣

  1. medakanoon のコメント:

    【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣 新たな保守活動の基軸として、本件には様々な角度から触れる必要がある。 産経にて報じられているが、イイネが2万。 記事単体としては、かなりのスマッ

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんにちは

    新規投稿ありがとうございます。

    >ありそうでなかったキャッチフレーズ。
    >「戦争反対だから法案賛成」

    福岡で行われた安保法制支持の街宣、本当に素晴らしいとおもいます。
    心から護国活動に感謝します。記事にされた産経新聞にも感謝です。

  3. 生野区民 2 のコメント:

    これはいい記事、戦争を反対だから安保法案に賛成は同感
    シナ、朝鮮がうるさいが、日本が9条を廃棄して核武装したら何も言わなくなるのに
    日によって、未だ不具合が発生しています、昨日は書き込みが出来なかった
    仕事柄生活保護の同伴申請をよくするので、実態が一般人よりわかって居たのに、因みに不動産屋

  4. いずれ国政にぜひ のコメント:

    小坪先生こんにちわ。
    yokoさんの街宣模様が福岡朝日放送で流れた事に驚きました。
    映像はみていませんが、「テレビ映りは抜群」とコメントしてた方もいらしたようです。
    美人で、そこそこ若い方(yokoさんすんません)の保守的な意見がテレビで流れるのは、結構効果あると思います。
    地方局といえど朝日放送ですよ。もしかしたら、なんか変わってきたんですかねえ。

  5. 友北理央巳 のコメント:

    さすがは我らがYoko姫。
    頑張ってくれています。
    福岡県の宝です。

    私はこの街宣に関してはYokoさんのTwitterやfacebookで
    前以って知ってはいたのですが、当日は宮若市や古賀市に
    行く用事があったので、天神には行けずに残念な思いをしました。
    実は私が小坪さんの存在を知ったのも昨年9月のYokoさんのYouTube
    動画がきっかけでした。

    私もYAHOOニュースやYouTube、iRONNAなどのサイトに良く
    コメントを書き込んでいますが、まだまだですね。
    もっと積極的に発信したほうが良いのでしょうが、なにぶん単なる
    平凡な一般人ですし、Yokoさんほどの語学力も行動力も発信力も
    ないので、私なりに地道に頑張ります。

    世の中の文化人、著名人も竹田恒泰先生や櫻井よしこ女史、ケント・
    ギルバート氏、トニー・マラーノ(テキサス親父)氏、高橋洋一氏など
    のような本当に博識で世界情勢に長け、非凡な見識をお持ちの方も
    大勢おられますので、彼らもネットばかりでなく、メディアを上手く
    利用してもっともっと国民に広く正しい情報を伝えて欲しいと願って
    います。
    なでしこりんさんも復活されましたし、これ以上、左巻きの無能な
    連中をのさばらせておいてはいけません。
    左巻きの連中なんて、理論的でもなければ真の意味での人道主義から
    外れているのですから、保守陣営が現実直視を訴え理屈で攻撃すれば
    空論の左巻きに負ける筈はないのです。

    ところで、小坪さんは
    「憲法改正を視野に入れた動きを。
    改正となれば、国民投票がある。」
    と書かれましたが、
    ふと、安倍首相が憲法改正より安保法制のほうを優先したのには
    とりあえず安保法制を成立させ、それが国民に既定のものとして
    定着してしまった後で憲法改正の国民投票を行ったほうが、国民
    投票の際のハードルが下がると考えたのではないかと思うのです。
    もしそうだとしたら、安倍首相の思考は相当先を行っていますし、
    実際のところ実現性も格段に高まると思いますが、考えすぎで
    しょうかね。

  6. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    パブロ・ピカソ作「朝鮮の虐殺」という作品がある、なぜこんなに日本に朝鮮人が多いのか
    この作品の歴史を知れば今の中韓の嘘を証明することになるのではないか、これ以上中韓の嘘に
    付き合う理由などない、自分たちがやった罪をすべて日本になすりつけるような連中には正しい歴史を
    世界に発信し続けることによってしか修正の方法がない、生まれた時から反日教育で育ったものには
    国交断絶こそ唯一の解決策だと思う

  7. ロード のコメント:

    首相官邸→https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    戦争反対だから法案賛成!
    安保法案を推進する、安倍政権を支持します!

  8. 桃太郎 のコメント:

    近ければ駆けつけたい気持ちです。
    私はたまに官邸や自民党に私の職場や周りの声を送って応援してます。
    マスコミの印象操作になどまどわされてない声が多いことなどを伝えてます。
    桜チャンネルの方々が国会前で安保賛成の集会をされたりしてますが、全く報道されず、反対派のデモばかりが海外にまで発信されてます。
    左翼や在日みたいに馬鹿騒ぎする必要はありませんが良識ある方々の理論はしっかり響いてくるものがあります。保守派の声も全国的に発信していけるよう応援したいと思ってます。

  9. silverfoxno3 のコメント:

    「サヨク」とか「保守」という表現も一般人は引いてしまいます。
    「日本を嫌いな人」と「日本を好きな人」でどうでしょうか。

  10. スズメ のコメント:

    こういう意見がある事が広まって欲しいですね。
    中国の軍拡で南シナ海がどうなっているか、知らない訳ではないだろうに
    どうして日本は無事だと思えるのだろう。
    東シナ海のガス田開発が一方的に侵されている件の公表も、
    『安保法案を後押しする為の卑劣な行為で、日中友好の妨げだ』と報じる
    日本のマスコミは、どういう利益で動いているのか…。
    反対している人の大半は「TVで偉い人が言ってるから」で追従しているだけなので
    TVが本当に正しいのか、一歩引いて考えて欲しい。

  11. 東京都55歳 のコメント:

    いよいよ、ということですね。

    サイレントマジョリティーが、
    良識派の日本人が、
    普通の人々が、
    声を上げ始めたということですね。

    もともとノイジーなのはマイノリティー。
    正面切った多数決、応援合戦なら、
    結果は自ずから明らか。

    平和安全法制によって平和な日本を。
    平和安全法制によって安全な生活を。

    ようやく日本が普通の国になる。
    そういう2015年になることを望みます。

    そして、野党の言い分も考慮しましょう。
    「平和安全法制は違憲だ」
    「憲法学者の先生もそうおっしゃってる」
    なるほど、
    そういう解釈もあるのですね。
    理解しました。

    でも、重要なのは、
    憲法を護ることではなく、
    日本を守ること。
    優先順位は明らかです。

    では、こうしましょう。
    合憲となるように、改憲しましょう。
    文字通り、憲法改正です。

    2020年の東京五輪までに、
    新しい憲法を手に入れて、
    世界の国々に祝福してもらいましょう。

    良識ある日本人は、
    もう、黙っていないぞ。

    やかましい少数派には、
    「うるさい」
    「私の考えは違う」
    と、文句を言うことにしましょう。

    でも、否定や弾圧はしません。
    だって、言論の自由は守りたいから。
    お互いに、ですけどね。

  12. ふう のコメント:

    1.私も反対派には、
    「戦争で誰かが死ぬのは絶対に嫌だから私は賛成」と答えています。

    これはもちろん本心ですが、
    自分たちと同じことを言われると、相手は返せなくなることが多いです。

    2.自警団の説明もよく効きます。

    「町内会の自警団に加入することを反対する人って、誰?(→答え:強盗)
     そういえば世界で唯一、反対してる二カ国があったよね・・・」

    と丁寧に説明したら、返信が来なくなったりします。

    3.世界中で反対している人達の紹介を詳しくしてあげるのもいいと思います。

    日本を侵略したがっている反日国・中韓、テロ政党・日本共産党、
    拉致政党・社民党、中核派、革マル派、創価学会etc・・・。

    4.あとは「『竹島・尖閣』『拉致』『慰安婦・南京』『チベット・ウイグル』に対する
    批判デモも、反対派はもちろんやってるよね?」などと尋ねるとだんまりしちゃいます。

    ツイッターなどでは特に、相手のフォロワーも見ていることを意識して、
    詳しく丁寧に返信するよう心掛けています。
    みなさんもお試しください。

  13. kalevara のコメント:

    小坪先生が仰るとおり
    リアルでも受け入れられる保守行動が必要ですね!

    福岡はとにかく保守的なんですね。
    独特の反骨保守…かもしれません。

    例えば、NHKを国会で糾弾した鬼木誠さんは
    福岡2区の若手衆議院議員。

    また、NHK朝の反日連ドラ「あまちゃん」の視聴率と
    プロサッカー中継の視聴率は、全国で最低。

    (スポーツの好みは人それぞれです。
    ただ個人的には、プロサッカーは
    鳩山・細川・小沢などが台頭してきた90年代から
    マスコミ主導でブームを作った、いわば
    「グローバルサヨクのスポーツ」ではないかと思います。
    元来サッカーは、教育のない労働者向けに
    英国貴族が考案した球技でした)

    お空の上から広田弘毅や緒方竹虎が
    目を光らせて下さっているのかな?^^

  14. てつろう のコメント:

    H24.3.25の第5回フジテレビデモ運営代表を務めさせていただきましたてつろうと申します。
    毎日欠かさず読ませていただいております。

    確かに、おっしゃるとおりなんですよね。
    我々は、既存メディアに対する働きかけが足りていない。
    また、行動系のデモを現在の既存大手メディアが報道できない現状も理解できます。
    私も今はいわゆるその「行動系のデモ」に、しばしば参加している立場でありますが。

    ただ、同様のと言いますか同レベルに激しい主張をする左寄りのデモはしっかり報道していますよね、ということも正直言いたい部分ではあります。うまくトリミングしながらですがね。

    ただ私が関わっていた当時、フジテレビデモ陣営は少なくとも毎回必ず報道各社に対しての事前告知は欠かさず行なってきました。
    それでも、彼らは取材にも来ない、来ても実際に報道はしなかった、というのが現実です。
    まぁ「対マスコミ」というそもそものデモの性格からしてそうそう簡単に報道できないということは重々理解はしていますが。

    私のそもそもの立ち位置として主張として、現状において我が国をおかしくしている最大の元凶はマスコミである、と言いたいところも正直あります。
    ただ、それでもおっしゃるようにマスコミをうまく使っていかなければ現状を変えることなど到底できない、という理解もしています。
    今後は、我々ももっとマスコミに対してうまく立ち回る必要は間違いなくありますね。
    私は、行動系の中ではそのあたり比較的柔軟な考え方ができるタイプだと自負しておりますし、やらなければならないと思っております。

    今後、いずれ先生とうまくコラボレーションできる時が来れば良いな、とも朧げながら考えております。

  15. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    調布市の飛行機墜落事故とオスプレイを結びつけたツイートをした某市議会議員のコンテンツが、炎上して鍵垢になりましたね。

  16. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    ヨーコさんは保守速様でまとめられて以降ずっと応援しています

    【動画】『韓国人慰安婦の歌』の評価が急上昇中ww [ Comfort Women Song ] 歌手は日本人のYokoさん
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/33213425

    『韓国人慰安婦の歌』が韓国のテレビで報道されたランダムヨーコさん「私に何かあったら他殺です!」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/34308471

    ただ、危険と隣り合わせなのも心配です、以下のように、気持ちを同じくしている方も沢山いますからうまく連携して、気をつけて活動して下さいませ

    【告知/動画】安保法案大賛成デモ『Love & Peace 守ろうニッポン!!戦争させない大行進!!』 高須クリニック院長・西村幸祐氏ら参加予定(8/29 土曜)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/45802761

    キタ━(゚∀゚)━!!!【反安保】やりすぎた弁護士会、内部の日本人弁護士が続々立ち上がる!「弁護士全体が反対してると誤解される」法案賛成の声明
    ttp://m.moeruasia.net/article/44903115

  17. 善人 のコメント:

    私は、明日8日(土)17時から、渋谷ハチ公前の
    平和安全法制賛成!緊急国民行動(8/8)に参加します。

    安保推進派の集会、デモが圧倒的に少ないことも報道されない原因だと思います。
    少ないチャンスを逃さないようにしたいと思います。

  18. 観月 のコメント:

    私は、つい先ほどまで安保法案に対して反対していました。
    理由は、安保が戦争につながると思っていたから。
    なんでそう思っていたかといわれると、マスコミ(世論)が正しいと思い込んでいたから、です。
    学校の宿題(私は中三です)である平和学習で安保について調べたのが、私の意見を揺るがせたきっかけでした。
    調べれば調べるほど、安保が悪いものだと思えなくなってきたのです。
    そして極め付けは、この「戦争反対だから、法案賛成」。

    私は、平和なこの日本が大好きです。
    この国の平和を守りたい。
    だからこそ、この安保法案は大切なものなんだ。
    やっと、心にかかっていた霧が晴れました。

    日本の未来を担う私たちが、もっと、しっかりとこの国について考えるべきである。
    正しい情報を知る必要がある。
    それがわかった今、私はこう思います。

    「戦争反対!!だから、法案賛成!!」

  19. Kogi のコメント:

    全てのプロレタリアートに選挙権が有る日本に対して
    共産党貴族だけで政が決められる共産党支配国家。

    保守(現状の日本国の維持)に反旗を翻す、左翼(内戦革命主義者)たち。

    共産主義思想が最も忌み嫌うべき体制の共産党支配国家。
    平和主義者が嫌う革命(国内戦争)を夢見る左翼闘争主義。

    思想的にはリベラル系なので、保守を応援しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください