【呪いのバス】AIIB総会が韓国で開幕。なぜか日本を招待⇒日本政府「出席の理由がない」【バスは谷底にあると思ったらシェア】


 

 

AIIBの第2回年次総会が韓国で開幕した。反日で北朝鮮よりの、韓国の新政権・文大統領も駆けつけたそうだ。大統領は「AIIB設立を主導した中国政府に感謝する」と語ったと報じられている。
疑問に思ったのが、”なぜか”AIIBに非加盟の我が国にも招待状が届けられたこと、これまた”なぜか”【ソウルの日本大使館】に届けれたとの報道。我が国は欠席すると返答、政府関係者によると『非加盟国なので出席の理由がない』と話したそうだ。

CHINAや韓国に多額のお金でももらっているのか?と疑ってしまうほど、我が国のメディアは「バスが出発するぞ」とお勧めしまくっていた。地獄行きの、谷底に落ちることが確定しているバスに乗る者などいない。

すでに出発したはずのバスは何周も何周もまわって戻ってきた不思議。目的地が違えば、乗ることにより”違う場所”に到着してしまうだけだ。行きつく先は「一路一帯」なるCHINAの国策である。CHINAを中心とした覇権主義だ。AIIBは資金面から支える役割を持つ。そのバスが目指すゴールは、尖閣諸島を領有され、シーレーンを失う未来である。

バスは出発してから随分と立つはずだ。
目指す目的地は、CHINA主導の覇権主義。
我が国の主権を侵害する、地獄行きのバス。

「乗る資格のない」はずの我が国に届けれらた呪いの招待状。
ソウルの日本大使館に届けられた。
韓国は、すでにCHINAの伝令と化したか。

 

関連:
韓国は、我が国にとって”大事な国”だ。政府見解である。
基本的な価値を共有できなくなり、戦略的利益も共有できなくなり、ついには修辞語が「大事な」のみになった。(本当の話です。)

我が国の政府見解は「韓国は”大事な国”」です。そのうち隣国などにさらに格下げになるかも。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
時事通信の済州島(韓国)がソース。

 

アジア投資銀総会が韓国で開幕=日本は招待断る

 【済州島(韓国)時事】中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の第2回年次総会が16日、韓国南部の済州島で開幕した。加盟承認されたのは同日で計80カ国・地域に達し、主催国韓国の文在寅大統領も駆け付けたが、非加盟の日本は招待を断った。

 文大統領は開幕式で「5月の就任後、初めて参加する国際行事で、私にとっても意義深い」とあいさつ。「アジアのインフラ拡充を支援するAIIBはその意味と役割が極めて重要だ」と述べた。

 文大統領の参加は報道機関に事前配布された公式日程に入っておらず、中国との関係改善を図るため急きょ決めたようだ。大統領は「AIIB設立を主導した中国政府に感謝する」と語った。

 AIIBは中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」を資金面で支える役割がある。安倍晋三首相は今月5日、条件付きながらも「(日本として一帯一路に)協力していきたい」と表明した。

 ただ、加盟には依然慎重だ。複数の外交筋によると、ソウルの日本大使館は開幕式の招待状を受け取ったものの、欠席すると返答。日本政府関係者は「非加盟国なので出席の理由がない」と話した。AIIB筋によれば、米国も代表派遣を見送ったもようだ。(2017/06/16-19:38)

 

 

なんというか、全体的に笑ってしまう。

バスは出発してから随分と経つはずだ。

 

 

 

一応、指摘しておく。
違和感を覚えた点、おかしいと感じた点を一応指摘しておく。
真面目にやろうとしても、結果的に「ジョーク」のようになってしまうし、多くの人にとってこの分析は不要だとは思う。

あくまで常識的な範囲で、真面目にツッコミを入れてはみるが、本当に必要な作業だろうかという疑問が消えない。

 

我が国は参加していない。
この一点に尽きるのだが、AIIBの「総会」である。

なんでこのような初歩的なことを書かねばならないか理解できないが、
総会とは、加盟国が参加すべきもので、非加盟国には関係ない。

これは村の寄り合いであろうが、商工会議所などの総会であろうが、そしてAIIBだろうが同じだ。
無論、例外はある。オブザーバーや来賓としての参加だ。

 

CHINAの権威付けに悪用
我が国は、国力の高い強い国だ。
覇権主義を掲げ、世界から白い目で見られるCHINAとは違う。

ここに来賓出席すれば、「AIIBの権威付け」に利用されるだけだ。
我が国の領土である尖閣諸島に魔手を伸ばすCHINAに対し、「我が国のブランド」を貸し出すことはあり得ない選択肢だ。

 

米国も断った。
>AIIB筋によれば、米国も代表派遣を見送ったもようだ。

米国のブランドも使いたいと思ったのだろう。
思うのは勝手だが、招待状を持って行ったのであれば失礼だろう。

何を考えているのかわからない。

 

 

 

シルクロード経済圏構想「一帯一路」
なぜここまでボロカスに書くかという理由も述べておこう。
報道では”シルクロード経済圏構想”などという、当たり障りない言葉で記述されている。
この言葉は、意図的にその実態を隠しているようにすら感じる。

ひどく乱暴に言えば、そしてこの例えは我が国の保守層は怒るかと思うが、
(理念や掲げたものは違えども)CHINA版の「大東亜共栄圏」の構想が、「一帯一路」である。
つまりはCHINAを軸とした覇権主義である。

「一帯一路」に同調するということは、
それは尖閣諸島を侵略し、シーレーンを我が手に収めたいというCHINAの野望に同調することと同義であろう。なぜ、それに日米が同調せねばならないのか。

報道でも堂々と書いてある。

 

>AIIBは中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」を資金面で支える役割がある。

 

日米は、なぜこれに同調する必要があるのか。

我が国の防衛に大きな打撃を与える「一帯一路」。
同調する合理的な理由がない。

 

また、AIIBに対しては別の問題も感じている。
情けないことだが、我が国唯一の武器は金だ。
ODAと外貨による「外交」が唯一のツールである。

メインの武装を無効化される恐れがある。
情けないが、、、残念ながら、それしか武器がないのだ。

コメ ただし国の税金を直接いれているわけではない、あくまで(実際には使えない)外貨準備などである。

 

むしろAIIBについては、外交上の攻勢をしかけるべき、ぐらいの存在。
ただ、そもそも上手くいかないだろうから放置しているのかも知れないが。

私ならば、やる。
軍事攻撃じゃないのだから、先手必勝でも憲法違反にはなるまい。
外交も政治も「邪魔のしあい」の側面はある。

AIIBはさておき、
CHINAの掲げる「一帯一路」については、明確に対峙する方向性を打ち出し、具体的に対抗策を講じて行くべきだろう。

 

 

 

バスは乗らなくてもいい。
基本的なことを書いておくが、バスに乗るのは義務ではない。
発車するならば発車すればいい。乗らないという選択肢が乗客にはある。

乗ってしまえば運転手が目的地を決めるが、誰にハンドルを預けるかは乗客の意思だ。
それが「乗るか乗らないか」という選択である。
我が国は、乗らなかった。

 

自分に置き換えて頂きたい。
ゲームセンターから出てきた少年が「俺、まじ、峠はやいんすよ」「免許はないけど。」「世界、さいきょー」「ちょっと、貴方の車を貸してくださいよ、俺のドラテク見せてやる」「乗って、乗って」と言われてですね、車の鍵を預けますか?

AIIBの資金は、「日本と米国の金」をあてにしていた節があり、運転される資金は「CHINAの金ではない」のだ。その無免許で、ゲームセンターから出てきた少年は、車も貸して!と言っている。

これで「はい、どうぞ」と言うならば、貴方は政治家になるべきではない。
この車には、私も貴方も色んな国民が乗っているのだ。
勝手に素性不明の、運転技術もわからぬ者に、私たちの命を託さないで頂きたい。

このバスは、やばい。

 

 

 

呪いのバスの乗車券
メディアが「バスが出発するぞ」と散々さわいだAIIBというバス。

このバスの行きつく先は、「一帯一路」というCHINAの国策である。
尖閣諸島を領有され、シーレーンを喪失し、輸出入に弊害をもたらす「地獄行のバス」である。

 

そもそもCHINAの国策なのだから、CHINAの金でやればいい。
なぜ我が国が、その資金まで出さねばならぬのか。

ゆえに我が国のメディアに対し、CHINAから金でももらってるのか、と述べたのだ。

 

外交は国会議員の専決事項ゆえ、地方議員として口出しすることは職権外ではある。
だが、CHINAの国策に寄与する金があるならば、地方交付税をもっと増額して欲しいし、臨時財政対策債は「国の責任」と明記すべきだ。

 

発車するぞ、発車するぞと騒ぎ、
すでに発車したはずなのに、何度も戻ってくるバス。

「素敵な未来に乗せていきますよ(ぐへへ」
不敵な笑みを浮かべる運転手。
よく見れば、車体も何か変だ。

ボディサイドには「一路一帯」の大きなロゴ。
ステッカーには「尖閣諸島はCHINAのもの」「油田も欲しい」「海底資源も、全部、俺のもの」と小さな文字で書いてある。

乗るやつは、バカである。

 

 

 

 

開催地が韓国だからだとは思うが、

 

参加もしていないAIIBの招待状は、

 

ソウルの日本大使館に届けられた。

 

米国も参加を見送ったそうだ。

 

”CHINAの伝言役”として韓国が機能したのならば、

 

いよいよ日米との距離感は開く。

 

CHINAの覇権主義「一路一帯」という未来に向かう、

 

地獄行きのバスは、

 

随分と前に発車したはずだ。

 

加盟せずとも届けられる、呪いの乗車券。

 

「バスはすでに谷底だ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

テスト機能

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【呪いのバス】AIIB総会が韓国で開幕。なぜか日本を招待⇒日本政府「出席の理由がない」【バスは谷底にあると思ったらシェア】 への34件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【呪いのバス】AIIB総会が韓国で開幕。なぜか日本を招待⇒日本政府「出席の理由がない」【地獄行きのバスだと思ったらシェア】 AIIBの第2回年次総会が韓国で開幕した。反日で北朝鮮よりの、韓国の新政権・文大統領も駆

  2. ザッキー のコメント:

    一応指摘しておく
    の所の
    加盟していない
    の所で
    創価意図は→総会とは
    だと思います。

  3. なかちゃん のコメント:

    >>すでに出発したはずのバスは何周も何周もまわって戻ってきた不思議。

    先生、前提が間違っています。
    バスは「まだ」出発していないんですよ

    「呪いのバス」で地獄行きのバスには違いありませんけどね

  4. k のコメント:

    アホな論理でも振り回せば自分の利益になるという考え方は
    見上げたものだと思いますよ。実際そうですし。

    日本のマスコミが、バスに乗ればいいんですよ。帰ってくるな。

  5. のコメント:

    AIIBはガソリンがないバス、肉のないバーベキューに例えられますが、まだ発車してないんですね。日本やアメリカが参加しなければ屑債権ですから。無視しておけば勝手に瓦解するでしょう。なにせ、資金を欲している国々の集まりですから。
    マスコミはやれ参加しろとうるさかったですが、中国から資金をもらっていたのでしょうか?

    • ハリマオ のコメント:

      私も 「マスコミはやれ参加しろとうるさかったですが」ここは
      思っていました これって 意図は何だったんだろう 扇動
      罠 書いた記者はどこの国の者か そして これを調査する
      必要まであるのではないでしょうか 

      • coco のコメント:

        記者の国籍が問題ではなく、バックにチャイナの資金を掴まされ、チャイナのスピーカーになっているのではないでしょうか。

  6. 月光仮面 のコメント:

    AIIBも一路一帯も参加してはいけません でも 日本は 参加すると
    思います チャイナはそのために 日本の政治家に金を握らせ 飼って
    来たのだから 日本が もし 生き残ることが出来る時は 次の内閣
    改造であの人を要職から外すことだと思います でも それすら
    しない 最後に 日本が生き残ることは 民衆が政治を見張る必要が
    有るのだと思います そして こちらでも 議論してその結果を
    突きつける必要があるのではないでしょうか。

    • 月光仮面 のコメント:

      一つ提案です こちらでの書き込みがかなり
      成熟していると思うのです 一つの問題について
      日本はどうあるべきかまで まとめられないでしょうか
      一定の結論とまで言わなくても 意見として
      まとめられると 良いなと思ったのですが 
      とりあえず 書き込みます 意味不明で すみません 

  7. 鳥海山たろう のコメント:

    鳩山由紀夫が、AIIBの顧問とやらになりました。その「呪いのバス」とやらのボンネットの上に乗ってご満悦ですか。内心は右往左往している最中でしょうか。

    中国は、鳩山を顧問にしたのを皮切りに日本を巻き込もうとしています。
    日本が加入したら、キャッシュデスペンサーにされるだけです。

    AIIBを拒否したのも安倍内閣のグッドジョブでした。民主党政権の鳩山内閣だったら参加していた可能性もあるかと思うと、ぞっとします。

    鳩山由紀夫に「東アジア共同体」と吹き込んだ左翼マスコミも、せかすようにAIIBへの参加を求めました。

    そもそも中国や韓国の主導のものは東アジア共同体ではなく「反日共同体」です。
    衰退しつつある日本の偏向マスコミも、反日共同体を構成する同じ穴のムジナです。

    また参加申請をしてきた台湾を締め出すなど、中国共産党の息がかかっています。

    幸いなことに日本人の半数以上が、反対または様子見を求めています。
    経団連や経済同友会などの経済団体は、AIIBへの参加のメリットを訴えていますが、これは中国のご機嫌とりをするためのリップサービスです。

    万が一、米国がAIIBに参加したら日本も再考するでしょうが、米国が(共産党独裁で不透明きわまりない)中国が金融覇権に進むのを許容するわけはないので、米国の参加もありえないでしょう。

    (AIIBに賛成した政治家)
    蓮舫、河野洋平、岡田克也、志位和夫、辻元清美など
    (AIIBに賛成したマスコミ)
    朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、北海道新聞、日本経済新聞など

    これだけで、うさん臭いとわかります。

    以下は、最近、北京で開催された「一帯一路の国際会議」に参加された田中直毅氏(国際公共政策研究センター理事長)のコメントです。

    (引用開始)
    「AIIBは融資を増やそうにも国際的な社債発行に踏み切れないでいる。それは債券発行時に求められる格付けの取得ができないからだ」

    「AIIBにおけるガバナンスは、依然として投資家や格付け機関に発表できるほどのものになっていない」

    「また融資の実施にあたって、当該プロジェクトの遂行時の基本、たとえば公開入札があるのかどうか、関連分野における需給状況はどのように反映されるのか、そして収益環境はどうか、また融資にかかわって、その利払いや返済に問題が生じたとき、AIIBはどのようにして貸金の保全を図るのか、などの基本のところで、依然として投資家の納得がえられるようなものは提示されていない」

    「ということはAIIBが貸出しを大幅に増大させることができる時期は相当に先のことと考えるべきであろう」

    「結局のところ秋の党大会の人事を前に、北京に相当数の各国首脳を集めること自体が目的化した催事だったのでは、という総括が今年の暮れの時点でなされる可能性が高いのだ」
    ttp://www.huffingtonpost.jp/foresight/xi-jinping_b_16887866.html
    (引用終了)

    中国共産党の権威づけに利用されるだけのカラクリを絶賛する日本の左翼は、日本の足を引っ張るだけのどうしようもない無能です。

  8. enoyan のコメント:

    とりあえず要件のみにて。

    ブログランキング3位、おめでとうございます。

  9. 漫画喫茶店長 のコメント:

    投資銀行ですからね。
    投資、融資には様々な条件がありますが、中国のそれは一般的な条件、基準とは
    明らかに違う思惑で金を動かそうとするものです。
    そりゃあ融資を受けたい国、案件は山ほどあるでしょうが、
    まともでシビアな審査に耐えうるモノはほとんどないでしょうな。

    日本は闇金運営会社に投資をするようなことはしませんw

  10. 東京都56歳 のコメント:

    Chinaの外貨準備高は激減中。
    要するに、AIIBにはドルが無い!

    だから、
    ドルをたくさん持ってる国が必要。

    となれば・・・
    アメリカと日本ということに。

    と言っても、
    もう、とっくの昔に、
    バスの乗り口は閉められたはず。
    そして、
    とっくの昔に、
    「乗りません」
    と決断した日本とアメリカ。

    そこに、乗車券ですか?
    「発車が遅れてますよ」
    「まだ、乗れますよ」

    いや、招待券ですか?
    「バスのお披露目だけでも見に来ませんか?」

    はあ????

    溺れてますね。
    AIIBもChinaも、
    そして、韓国も。

    日本は「藁」扱いですかね。(笑)

    結局、溺れている状況は、
    改善できないままになるのでしょう。
    そのことは、
    Chinaが一番、わかっているはず。

    まあ、「ダメもと」って奴でしょうか。

    結局のところ、
    「ドル調達能力に欠ける」Chinaは、
    「ドル建て融資を断念」するしかない。

    残された方法は、
    まさかの「元建て融資」。

    紙屑になるかもしれない通貨。
    そんなもの、
    通用するのは、
    China企業だけ。

    となれば、
    AIIBで潤うのはChinaのみ。
    という、
    予想通りの構図が、
    ますますもって、
    明白になってきました。

    バスという比喩は不適当。
    泥船ですね。はい。

    そういえば、
    Chinaを「褒め殺し」なのか、
    「実行不可能な条件」を示したのか、
    安倍首相も、
    「一路一帯」への見解を示しました。
    実に、したたかな外交だと思います。

    泥船のAIIBが沈没することを知った上で、
    「安倍ノート」を提示したのでしょう。

    「万人が利用できるよう開かれており、
    透明で公正な調達によって整備される
    ことが重要」

    「プロジェクトに経済性があり、
    そして、
    借入れをして整備する国にとって
    債務が返済可能で、
    財政の健全性が損なわれない
    ことが不可欠」

    Chinaにとっては無理難題。
    要するに、
    「評価できない」
    ということを、
    婉曲に表現したんでしょう。

    しかも、その後には、
    「日本は、質の高いインフラパートナーシップを進めています。
     日本には、こだわりがあります。
     インフラは、安全で環境に優しくなければならない。
     それは、日々、現場で問題が解決される中で守られています。
     そこには、勤勉で誠実な人々がいます。」
    から始まって、
    日本製インフラの素晴らしさを、
    これでもか、と語り続けます。

    http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0605speech.html
    において、
    「一帯一路」へのスピーチは、12行。
    対して、
    それに続く、
    日本インフラについてのスピーチは、約100行。
    まあ、前者に関するハナシは、
    落語でいうところの「マクラ」に過ぎませんね。

    「おや?」
    と、思わせて、
    相手が聞き耳を立てたところで、
    「ほら!日本のインフラって凄いんだよ!」
    って。

    大したもんです。

    で、改めて、考えてみると、
    前者については、
    実は婉曲な「現状否定」表明だった。

    凄いスピーチです。

    でも・・・
    メディアは「お気に入り」しか報じないから・・・
    全文を読まなきゃ真意は伝わらないのに・・・

    私は、安倍首相を信じています。

  11. 通りすかり系 のコメント:

    ネット民にとってはいかにも滑稽で失笑を禁じ得ないニュースだが、それだけでは済まされない問題でもある。
    中国には日本政府や世論を動かすための準備工作ができていて、だからこそあの手この手でAIIBへの参加を日本に促す。
    翻って我が日本は、中国政府や中国世論を動かす手段を持ち合わせているだろうか?
    諜報に専守防衛などありえない。
    この危機にみんな気づいてほしい。

    • 一郎 のコメント:

      通りすがり系 様のご意見に賛同します。

      >翻って我が日本は、中国政府や中国世論を動かす手段を持ち合わせているだろうか?
      >諜報に専守防衛などありえない。
      >この危機にみんな気づいてほしい。

      日本は、【超限戦】と名付けられた攻撃を受けていると認識します。
      防戦一方でなく、CHINA政府やCHINA世論を動かせる手段を構築したいです。

      • コナン のコメント:

        私も賛同します
        でも 今の親中 親韓議員が居るかぎり
        今のマスコミが居るかぎり
        無理なんでしょうか
        受けは攻撃があって 始めて成り立つもの

        • coco のコメント:

          今は安倍総理が絶妙な外交を繰り広げ、敵対視しているようにみせず、しかし否定すべきは婉曲に否定しています。
          が、安倍総理任期終了後、誰が日本のかじ取りをすることになるのか、シナを上手くあしらいかわすことができるのか・・・不安ですね。

  12. araigumanooyaji のコメント:

    “ボディサイドには「一路一帯」の大きなロゴ。 ステッカーには「尖閣諸島はCHINAのもの」「油田も欲しい」「海底資源も、全部、俺のもの」と小さな文字で書いてある。 乗るやつは、バカである。”

  13. 町工場の親方 のコメント:

    ストップ詐欺被害、私は騙されない!

    2年ほど前、愛読する、「狼魔人日記」、に書き込んだものを紹介させていただきます。

    AIIBへの参加を促してた人達
    ・政治家
    二階俊博、河野洋平、福田康夫、石原伸晃、岡田克也、辻元清美、藤井裕久、、
    志位和夫、江田憲司、小沢鋭仁、藤末健三、蓮舫、浜田和幸、福山哲郎 、田中秀征、大串博志

    ・コメンテーター、ジャーナリスト
    孫崎享、天木直人、田中均、古賀茂明、須田慎一郎、伊藤惇夫、青木理、姫田小夏、莫邦富
    内田樹、岩上安身、高野孟、佐藤正明、田中康夫、ふるまいよしこ、姜尚中、近藤大介

    記者、アナウンサー
    川村晃司、岸井成格、龍崎孝、与良正男、福本容子、恵村順一郎、加藤青延

    ・テレビ、新聞等、通信社
    NHK、TBS、テレビ朝日、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞、日本経済新聞、中日新聞、西日本新聞、北海道新聞、信濃毎日新聞
    、茨城新聞、宮崎日日新聞、沖縄タイムス、琉球新報、東洋経済、日刊ゲンダイ、ポストセブン
    共同通信、ニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ、週刊エコノミスト

    ・経営コンサルタント、シンクタンク
    小宮一慶、副島隆彦、宋 文洲、岡崎研究所、倉都康行、瀬口清之、凌星光

    ・経済学者
    船橋洋一、塚田俊三、矢吹晋、上久保誠人、宿輪純一、金子勝、河合正弘、朱建栄、大庭三枝

    毎回楽しみにしている、チャンネル・桜、の土曜討論番組、今週、(4月4日)、は
    「中東・アジア・欧州から見える米国の本音」、というテーマにて行われました。出席者の顔ぶれから、大いに期待を持って見ましたが、期待にたがわぬ内容でした。
    1/3、において、AIIB、について論じられましたが、聞いていて吹き出してしまう言葉がいくつも出てきました。
    AIIBはアジアブロク゛主、狼魔神さんが
    「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成27年(2015)4月3日(金曜日)

    を挙げておられましたが、これを繰り返し読むと、AIIB、なるものがいかなるもかよく理解できます

    日本はまかり間違っても、中共のAIIBなどにはいるべきではありません。まさに日本にとって、百害あって一利なし、です。
    それにしても、私が、支那・中共の三下、下っ引き、人民日報・築地出張所、と呼ぶ、「朝日」=築地・チョーニチや、「日経」、の程度の低さにはウンザリするばかりです。
    ・インチキ・イカサマ・銀行、だと結論づけられたのは、適切な評価だと思います。

  14. 町工場の親方 のコメント:

    ところで最近、
    松原邦久・著、『チャイナハラスメント』、という非常に重要な本が、新潮社=新潮新書、から出版されました。

    著者は中国が改革開放政策をスタートさせた3年後の1981年から30年以上にわたり、中国とのビジネスに携わってきて、中国がGDP世界第二位の経済大国になった今日までの変化を目で見、肌で感じてきた人です。
    まえがきの一部をご紹介いたしますと、

    30年あまりりの間、無我夢中で中国ビジネスに携わってきたわけですが、ふと振り返ってみると、奇妙な事実に気付きました。
    この間一貫して、中国経済が元気になればなるほど、日本の経済がしぼんでいっているのです。
    中国との取引が大きくなればなるほど、日本の経済は小さくなっていくーーー。
    中国との貿易が増えれば増えるほど、日本の経済は大きくなってしかるべきなのに、これは一体何故なのだろうかと疑問になりました。

    そして根本的な問題に気付きました。日本の中国ビジネスは儲かっていない、中国のためにはなっても日本企業にとってはほとんど益がない、という事実です。
    現地に駐在するビジネスマンや、日本企業の中国ビジネス担当者に、「調子はどうか」、と尋ねてみて、良い返事が返ってきたことはほとんどありません。

    加えてこの反日運動です。事あるごとに難癖をつけられ、日本製品不買運動にまで発展しているのに、日本企業が中国に留まっている理由は何なのか。今日ではすでに、「日本企業は何をされても中国から出て行かない」、と中国側は見切っています。
    当然のこととして中国側は日本企業に、「無理筋」、の要求を次々とふっかけてきます。私は、日本企業に、「チャイナハラスメント」、とでも言うべき嫌がらせ、(その実態は本書で詳述しますが)、今後も日常茶飯事のように繰り返されるのであれば、健全なビジネス環境は望むべくもなく、日本企業の中国ビジネスは明るいものではないと思っています。
    現在の中国ビジネスが、儲かっていないのであれば、もう一度原点に戻って、中国ビジネスに何を期待しているかを考え直し、縮小や撤退を含めた根本的な見直しをしてみる時期に差し掛かっていると思います。
    ・・・
    本書では、こうした心情にお応えするため、日本企業が中国ビジネスを展開するに際して知っておくべきポイントを具体的に指摘してあります。
    事前に一言だけ申し上げるとすれば、
    「日本人と中国人は、あまりにも違った人たちであり、もし関わろうとするのならば、相当な覚悟を持って臨むべきである」、ということです。
    その覚悟がないのならば、中国と関わるべきでありりません。中国は人口が多くて市場がありそうだとか、人件費が安そうだ、日本企業が多く進出しているから何とかなりそうだなどの単純な理由で進出するのはもってのほかです。・・・

    AIIBに関し、参考となる資料をご紹介いたします。

    ※、英国に続き、ドイツ、フランス、イタリアも、中国主導で設立準備中のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加を表明したことから、メディアは
    「流れが変わった以上、現実的な目線で中国の構想と向き合うべきではないか。AIIBの否定や対立ではなく、むしろ積極的に関与し、関係国の立場から建設的に注文を出していく道があるはずだ」(日本経済新聞3月20日付朝刊社説)と言い出す始末だ。
    日経に限らずテレビ局を含め「親中派」メディアの無知さ、甘さには驚かされる。

     参加すれば、「日本はAIIBに注文を出せる」、のだろうか。中国はAIIBに50%を出資し、本部を北京に置き、総裁も元政府高官。
    マイナーな出資比率で発言するなら、理事会の場しかないはずだが、中国側の説明では理事会はほとんど開かず、総裁の専決で諸事を決めていく。総裁は重要事項については共産党中央委員会にうかがいを立てる。
    突き詰めると同委員会総書記の習近平国家主席が最終決定権限を持つ。つまり、AIIBとは中国政府の各部局と同じように、党の指令下にある。そのAIIBに日本代表が物申す、と言って通るはずはなく、北京では物笑いの種にされるだろう。

     日経は盛んに、AIIBに参加しないと、アジアのインフラ建設プロジェクトで「日本企業は不利な扱いを受けるのではないか」と論じる。
    昨日のチャンネル桜「沖縄の声」で、本番前に急に予定変更ありゲスト出演が決まった。おかげで準備していた中日新聞の記事「普天間のオスプレイ、ネパールへ 大地震救援で」を紹介することをウッカリ失念してしまった。 紹介するわけは、沖縄2紙が同記事を、あれほど発狂報道をしたにも関わらず昨日現在で一行も報道していないからである。 AIIBは世界一の外貨準備を持つ中国の信用力と国際金融センターロンドンの英国の参加で、有利な条件で資金調達できる、従って年間90兆~100兆円のアジアインフラ建設需要が本物になるという、思い込みによる。
    これも、中国の金融に無知なゆえの誤解である。

     中国の外貨準備は2014年末で3兆8430億ドル(約461兆円)に上るが、同年6月に比べて1500億ドル(約18兆円)も減った。不動産市況や景気減速を背景に資本逃避に加速がかかっているためだ。
    外準を対外融資に役立てるどころか、中国当局は対外借り入れを増やして外準のこれ以上の縮小に歯止めをかけようと躍起となっている。

     しかも、外準をおいそれと対外融資の財源に使えるはずはない。中国の金融制度は、中国人民銀行が流入する外貨に見合う人民元資金を発行する。外貨を取り崩そうとすれば人民元資金供給を減らさざるをえなくなる。
    すると国内経済にデフレ圧力がかかる。外準は見せ金にしか過ぎないのだ。

     中国は14年9月末で1・8兆ドルの対外純債権を持ち、日本に次ぐが、外準を除くと、負債が資産を2・4兆ドルも上回る。実質的な中身からすれば、中国は債務大国であり、債権大国の日独とは大きく違う。

     ロンドンなど国際金融市場にとって、中国は最大の融資先になっている。英国はお得意さんである中国のAIIB参加要請に応えたのだろうが、国際金融界はリスクに応じて高い金利を要求するだろう。
    巨額のインフラ・プロジェクト融資が北京主導でできるはずはない。 (産経新聞特別記者・田村秀男)

    ※、中国財政省はこの日、韓国のAIIB構想への参加表明について、歓迎するとの論評を発表した。

     ※、一方、朝日新聞は「アジアのインフラ整備をめぐって(日本と)競争を繰り広げる韓国の決断により、日本は苦しい立場に立たされることになった」と報じた。読売新聞は「韓国がAIIB構想への参加を通じ、北朝鮮のインフラ整備の財源を確保すれば、統一に備える上でもメリットになると判断した」と主張。共同通信は「日本が孤立する可能性が出てきた」と報じた。

    • コナン のコメント:

      中国が伸びれば 日本が縮む これは 韓国もそうだったと
      思います 親中 親韓 の仕業だと思います 日本は
      中国と韓国には鎖国政策で良いのだと思います でも
      政治家はそれはしないと思います それは 中国や韓国が
      親のような存在なんだと思います だから この
      鎖国政策は 日本の国民が自主的にする必要が あるのだと
      思います
      それには 中国 韓国 製品は買わない
      親中 親韓 議員には投票しない
      彼らの本心は 日本はどうなっても いい
      ただ ただ 自分だけ だと思います。

  15. 町工場の親方 のコメント:

    経済・社会ブログの大関、「厳選韓国情報」、のコメントから

    6
    よかったよかった。
    つくづく現政権はまともだ。
    7:
    どう見ても泥舟
    10:
    よーしよし
    クソマスゴミどもは日本が孤立するだの乗り遅れるだの騒いでるが
    中国主導で金絞られるだけだからな

    18:
    参加するメリットがないからよかった。
    中国のための中国による中華銀行になるのは目に見えてる。
    23
    皆が入るから入らなきゃだめ
    なんて言う頭の悪い理屈で加入して
    痛い目にあった例なんて腐る程あるわけでスルーが正解
    日本は投資される側じゃないし
    投資する側はボランティアだし
    28:
    左翼は、孤立する以外の言い草は無いのか、
    日本の孤立より、左翼の日本での孤立を心配したら。

    29:
    ネトウヨだジャップだと言ってるやつらが
    AIIB参加を煽っってるのが面白いね

    15:
    AIIBは中国が出資金の50%超だからな
    ただの「中国国有銀行」の海外版
    そこにHSBC(英)・仏・独をかませて
    資金集めとインチキ債権を売りまくる計画w
    第一の目的は、中国のバブル崩壊の不良債権くっ付けて
    中華版サブプライムをやりたいんでしょうね
    第二の目的は、中国の過剰生産材の海外への押し付け
    それも海外の資金を使ってw  

    【中国経済崩壊】中国の借金の増え方が ヤ バ す ぎ る !!! まさに雪だるま式に膨らんでるぞwww

    伸びる、そして経済成長が全く追いつかない。
    その借金の穴埋め=先送りに思いっきり通貨増発して対応するしかない国家になってる。
    シナ・人民銀行は発表せずに勝手にQEをやってるみたいだ、もう必死だ。
    国際通貨システムを新たに作ろうとしてるものバブルが崩壊中で最後のチャンスになるから、
    一か八かでやるしかない(失敗の可能性が高い)
    シナ共産党は最後の最後までやってるんだろう、共産党政権が持つかどうかまで追い込まれる。
    今極限の先食い中と言っていい、シナは20年後は最貧国ってのは当たるかもしれないわ。

    58:
    これが鳩や菅のころだったら諸手を挙げて参加して、国富を吸い取られていた。
    支那から孤立する日本は救われるよ。欧州やオセアニアは一枚噛んでおこうと
    いう程度。もし参加していたら、またぞろ日本のカネだけが利用・搾取の憂き目
    に遭う。

    71.
    強盗で乞食の乗り合いバスに乗車しない日本がおかしいですか?

    72.
    バスに乗り遅れてない
    乗らなかっただけ

    82.
    今日の官房長官の会見でも随分AIIB
    への参加について記者がしつこく質問していたな。
    日本が参加してもデメリットしか思いつかないのはなぜでしょう?

    83.
    日本にとって良いのか悪いのか?左翼が参加を煽ってる時点で自然に答えが出てる。

    130.
    さあ、天下の中国犬、朝日新聞がだまっちゃいないぞ
    社説や素粒子に、「日本の孤立化」「日本の苦境」が何回出てくるか
    賭けしませんか?

    >よーしよし
    クソマスゴミどもは日本が孤立するだの乗り遅れるだの騒いでるが
    中国主導で金絞られるだけだからな

  16. 町工場の親方 のコメント:

    表題に戻り。

    今夜6時過ぎの、NHKテレビで、チョーニチ、日経を上回るAIIB、ヨイショの報道をしていたのには呆れ返りました。
    ドミノ倒しの画面を使い、世界の非常に多くの国が次々と、参加を表明したのに加えて、大国、イギリスも参加を表明し、ドイツ、フランス、イタリー等のヨーロッパの先進国も参加し、入らないのは、日、米、だけだと、まるでこの二つの国が世界の趨勢から取り残され、孤立しているという印象操作をした挙句、支那にいるNHK職員も同様な支那の意見を述べていました。

    怒り心頭に発した町工場の親方は
    「これじゃNHKのやることは、毎晩放映している、《ストップ詐欺被害、私は騙されない!》、のオレオレ詐欺師ではないか」、と、テレビ画面に向かって怒鳴りたくなりました。

    「朝日」、共産党、「日経」、NHK、が是非参加しろ、と言うからには、日本の国益になることは絶対にないと考えます。

    • 波那 のコメント:

      NHK は大好きな中国に移転すればいいんですよ。企業の社員の犯罪率がトップのNHK (日本犯罪者協会)。

      あんなに次々と職員が犯罪で捕まっている腐敗している企業に税金垂れ流すなら国営の放送局を設立した方がいいと政府はいつになれば考え始められるのでしょうか?

  17. 月光仮面 のコメント:

    上記書き込みの方に まったく賛同いたします
    「尖閣諸島はCHINAのもの」「油田も欲しい」「海底資源も、全部、俺のもの」
    このように言っている国と なぜ 協力するのか まったく 理解が出来ない
    そして 国の利益とは 金だけかと言えばNOだと思います そして
    チャイナを助けて何になるか AIIBへの参加を促してた政治家が
    なぜ 親中なのか 不思議でならない 日本は日本の道を歩くべきだと思います

  18. 町工場の親方 のコメント:

    1/3、において、AIIB、について論じられましたが、聞いていて吹き出してしまう言葉がいくつも出てきました。

    の次の以下の文章を書き洩らしてしまいました。失礼いたしました。

    「AIIBはアジア・インチキ・イカサマ・銀行、だ」、と結論づけられたのは、適切な評価だと思います。

  19. 波那 のコメント:

    中国は外貨保有高で2位の日本を抜いてダントツの1位ということにしていますが、それにしたらこのAIIB に日本とアメリカを引き入れて資金を得ようとしている闇雲な焦り方は怪しすぎますね。ドイツ銀行がサブプライムローンの債務者に不適正に金を貸して、それを他の投資家に転売したことで米司法省から莫大な罰金を課せられ、それを支払う為に中国の銀行の株を売却した資金も中国政府に持ち出せないようにされてるというのは、その後どうなったのでしょうか。外貨が底をついているからでしょう。

    外貨保有高と言っても日本を含む海外企業が投資した際に人民元と両替したものと輸出によって得た物。中国は資金持ち出しを制限して海外企業が中国から撤退できないようにしていますね。でも共産党幹部達はせっせと海外に外貨資金を移しています。中国が嘘のデータを公表してるのは国民の暴動が怖いからでしょう。そして必ず反日に目を向けさせ人民を煽ります。日本企業の駐在員が引き上げようとしても認めないとか。呆気にとられる位デタラメな国、野蛮な国。

  20. 旧新人類 のコメント:

    またしつこく書くようですが、オバマとGS等の金儲け最優先の投資銀行がさんざんシナを甘やかしてきたからこうなるんですよ。日本にしたところで、伝統工芸の土産物までメイド・イン・チャイナ。地元の窯元社長に「こんなものお土産にできない」と苦情を言ったところ、「これからは中国だと行政がさんざん旗振りしていた」と言い訳していました。また多国籍企業が日本に進出して何をするかというと、販路獲得のために中小企業を買いあさり、ある程度業務のノウハウを吸い上げたところで大量にリストラ。そして簡素化できるフローのみならず研究部門まで全部シナにアウトソースです。こういう連中もみんなグルだということです。その一方、漫画家の孫さんや彼がリツイートしているついに載っているシナ国内の爆発(テロ)事件・暴動・環境破壊・人権弾圧・民族浄化の生々しい画像や動画。そりゃ怖ろしいものです。AIIB参加を煽ったりやシナを金儲けの手段にしているマスゴミや企業は、みなこれらの犯罪行為の共犯ですね。目下、シナと米国が熾烈なスパイ合戦で、シナがCIA要員を殺しまくっているようです。「報道特集」(=気持ち悪すぎて見れない)の司会が、共謀罪が成立した日本は独裁国家だとか妄言を吐いているようですが(そのロジックも意味不明)、スパイを処刑しまくりのシナには一切言及しませんね。なんで?あと、北朝鮮が拘束していた米国の大学生が植物人間になって開放されましたが、小坪先生のたとえでいうと、組長の親戚の子が植物人間にされたみたいなものでしょう?さー、これからどうなるか?日本は800人も拉致されているのに何もできないなんて、本当に情けないですね。なお、本件に関するWSJの記事に日本の拉致被害者家族インタも合わせて載っているようですが、私は購読していないので未読です。他社の記事によると、当該大学生の父いわく、オバマは北朝鮮に気を使って、何もしてくれなかったそうです。The couple broke their silence in April on a TV interview with Fox News commentator Tucker Carlson. They believe this segment spurred the diplomatic process that eventually led President Trump to send a State Department envoy and a medical team to Pyongyang to secure Warmbier’s return to the US. …….Conservative pundits said Fred Warmbier’s comments this morning showed that Trump deserved credit for accomplishing something his predecessor couldn’t. Fox News even ran a headline: “Otto Warmbier’s father lashes out at North Korea, hits Obama inaction.”(Vox, Jun 15, 2017, 4:10pm EDT からコピペ)いよいよ、liberal hypocrite =利己的な事なかれ主義者の面の皮が剥げてきました!(話が飛びまくってすみません)

    • 波那 のコメント:

      ワームビア氏は脳に重大な損傷を与えられているとか…何をされたんでしょうね。薬物や電気ショックか何らかの人体実験をされたかと思います。トランプ氏は前からロッドマンはオバマより役に立つのではないかというふうに話していたそうですね。アメリカの世論が北朝鮮にどう反応するかです。オバマを持ち上げていたメディアにもキツイ薬になればいいと思います。

  21. 日出処の天子 のコメント:

    遵法精神に則った法治国家とは、かくも無法国家にやられてしまうという無様な状況。
    独裁と無法と暴力と金は何よりも強いパワーなのではないかと再確認させられる面も大いにある。正直な善人は所詮この世では狡猾さには敵わない。

  22. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    マスコミが必死になって「バス、バス」と訴えているので、見る角度によってはバスに見える様になっているのでしょう。

    しかし、保守層の多くは・・・。
    「おいっ、あのバス形の後ろに何か見えるぞ」
    「ホント、何か見えるな」
    「唐草模様の風呂敷ほっかむりした、オッサンが見えなかったか?」
    「おおっ、あの髭の濃い奴か!」
    「あれっ!あれ中身は大八車じゃないのか?」
    「あ~、何時まで経っても動かない筈だよなぁ」

    その一方で、中共やおパヨク様は・・・。
    中共:「最新型のバスアルよ、乗らないと損アルよ~」
    中共の心の声:『早く金積むアル!』
    おパヨクと不快なマスコミ達:「バスに乗り遅れるな!!」
    麻生太郎氏:「バルス・・・。」
    おパヨクと不快なマスコミ達:「バスがぁー!バスがぁっー!!」

    ・・・前回迄のあらすじは、こんな感じですかね?
     
     
    っで、今回は。
    中共&韓国:「まだ待っててやったアルニダ!」

    しぶとさは、流石は特亜っと言った所でしょうか。
    ココまで執拗にストーキングされると、いい加減キャスティングが入れ代わっても良いので「見ろ!中共がゴミの様だ!!」と言ってみたくもなります。
     
     
    > むしろAIIBについては、外交上の攻勢をしかけるべき、ぐらいの存在。

    正しく、コレに尽きます。
    自衛隊は限られた枠の中で必死に厳しい演習を重ね、何とか国防体制を維持しています。
    日頃の訓練が、如何に大切な事か。

    それに対し、日本の外交筋は訓練を怠っていませんか?
    AIIBは外交筋にとって、調度良い訓練になるでしょう。

    是非とも「敵偽装バス破壊演習」を、外交筋に課して頂きたいものです。

  23. atom のコメント:

    小坪先生
     日本を取り戻すための連日の戦い、いつもありがとうございます。
     本日は、読者のみなさまも含めて、一服の清涼剤として、ささやかな笑いを提供させてください。まあ、猿たちの座興ですが・・・w

    ttps://www.youtube.com/watch?v=9DpxhhgSrVk

  24. ピンバック: SC77高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|ブルブル速報その10|ガタ速別館|2ちゃんねるまとめブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です