【拡散】暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁) #本当に止める


 

 

ご存じでしょうか。
警察庁により、「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」との名で資料が出されていることを。
具体的には以下に記載されています。

警備警察50年 ◆現行警察法施行50周年記念特集号◆
焦点 警察庁 第269号

第2章 警備情勢の推移
1 暴力革命の方針を堅持する日本共産党

 

▼実際の紙面を見てみましょう。
非常に興味深いテキストです。
内容も極めて重要であり、一読の価値があります。
ネット上ではテキスト版が有名であり、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

今日は、紙面データ(実際のページ)をご覧頂きたいと思います。
一部においては用いられている画像なども異なるようです。

 

▼拡散依頼
これは公的な資料になります。
お読みでない方もおられるやも知れませんから、「共産党は好きではないなぁ」という方は、忘れないよう
まずもって拡散をお願いします。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(共産党暴力革命)

 

 

 

 

▼実際の紙面データ
jpegのため、スマホ等からでは閲覧が厳しいかな?とも思います。
後半にてテキストでの紹介もございますので、閲覧しずらい方はそちらをご覧ください。

こうして紙のデータに触れると、また重みも違ってくるかと思います。
ではご覧ください。

 

警備警察50年 ◆現行警察法施行50周年記念特集号◆
焦点 警察庁 第269号

第2章 警備情勢の推移
1 暴力革命の方針を堅持する日本共産党

 

1

 

222

 

3

 

4

[出典]焦点 警察庁 第269号警備警察50年 ◆現行警察法施行50周年記念特集号◆第2章 警備情勢の推移 1 暴力革命の方針を堅持する日本共産党

 

 

▼テキスト版
文字を主体とした表記になります。

焦点 警察庁 第269号
警備警察50年 ◆現行警察法施行50周年記念特集号◆

第2章 警備情勢の推移
1 暴力革命の方針を堅持する日本共産党

1 暴力的破壊活動を展開(昭和20年代)

1 占領下での勢力拡大

 第二次世界大戦終了後、公然活動を開始した日本共産党は、敗戦直後の国民生活の窮乏と社会不安を背景に党勢の拡大に努め、昭和24年1月の衆院選では35議席を獲得し、10数万人の党員を擁するようになりました。

 

2 「51年綱領」に基づく暴力的破壊活動を展開

 日本共産党は、同党の革命路線についてコミンフォルムから批判を受け、昭和26年10月の第5回全国協議会において、「日本の解放と民主的変革を、平和の手段によって達成しうると考えるのはまちがいである」とする「51年綱領」と、「われわれは、武装の準備と行動を開始しなければならない」とする「軍事方針」を決定しました。そして、この方針に基づいて、20年代後半に、全国的に騒擾事件や警察に対する襲撃事件等の暴力的破壊活動を繰り広げました。しかし、こうした武装闘争は、国民から非難されるところとなり、27年10月の衆院選では、党候補は全員落選しました。
 ところで現在、日本共産党は、当時の暴力的破壊活動は「分裂した一方が行ったことで、党としての活動ではない」と主張しています。しかし、同党が20年代後半に暴力的破壊活動を行ったことは歴史的事実であり、そのことは「白鳥警部射殺事件」(27年1月)、「大須騒擾事件」(27年7月)の判決でも認定されています。

s02_0101
日本共産党の暴力的破壊活動等について報道する当時の新聞各紙
日本共産党の暴力的破壊活動等について報道する
当時の新聞各紙
(読売新聞昭和27年3月7日、朝日新聞27年4月1日・
4月12日・5月29日・11月18日)

 

 

2「51年綱領」の廃止と現綱領の採択(昭和30年代)

1 「51年綱領」の廃止

 日本共産党は、昭和30年7月の第6回全国協議会(6全協)で、20年代後半に行った武装闘争を「誤りのうちもっとも大きなものは極左冒険主義である」(=革命情勢がないのに武装蜂起した)などと自己批判しました。そして、33年7月の第7回党大会で、暴力革命唯一論の立場に立った「51年綱領」を「一つの重要な歴史的な役割を果たした」と評価した上で廃止しました。

 

2 現綱領の採択

 同大会では、「51年綱領」に代わる党の新綱領が「党章草案」(綱領と規約を一つにしたもの)として示されましたが、現状規定や革命の性格等について反対意見が多く、党内の意思統一を図ることができませんでした。そうしたことから、草案の綱領部分は引き続き討議することとし、この大会では規約部分のみの採択となりました。

 その後、宮本顕治書記長(当時)の指導の下、3年間にわたる党を挙げての綱領論争と、いわゆる反党章派の幹部の除名等を経て、昭和36年7月、第8回党大会が開催されました。そして、同大会で「現在、日本を基本的に支配しているのは、アメリカ帝国主義とそれに従属的に同盟している日本の独占資本である」とする現状規定や、民主主義革命から引き続き社会主義革命に至るという「二段階革命」方式等を規定した現綱領を採択しました。
また、両党大会や綱領論争の過程における党中央を代表して行われた様々な報告の中で、革命が「平和的となるか非平和的となるかは結局敵の出方による」とするいわゆる「敵の出方」論による暴力革命の方針が示されました。

 

 

3「革命を準備する時期」における党勢拡大(昭和40~60年代)

 日本共産党は、革命に至る過程を情勢によって「革命的情勢の時期」と「革命を準備する時期」という二つの時期に分け、それぞれの時期において、採用すべき戦術、方針を明確に区別しました。そして、現状を「革命を準備する時期」ととらえ、革命の条件づくりのため、長期展望に立って党勢拡大を始めとする各分野での影響力の増大や国会、地方議会での勢力の拡大を図るという戦術を採りました。その後、党勢は拡大し、昭和50年代には、党員40万人、機関紙300万部を超える勢力を擁するに至りました。

 また、国政の分野では、47年12月の衆院選で40議席(革新共同・推薦2議席を含む。)、49年7月の参院選で13議席を獲得するなど、議席を伸長させました。しかし、その後、55年1月には、共産党が共闘の対象と考えてきた日本社会党が、共産党排除の連合政権構想で公明党と合意し、また、ソ連のアフガニスタン侵攻(54年12月)、ポーランド問題(56年12月)、「大韓航空機撃墜事件」(58年9月)、「ラングーン爆弾テロ事件」(58年10月)等、社会主義のイメージダウンとなる出来事が頻発したことなどもあって、議席数、得票数とも頭打ちとなりました。

s02_0102

 

 

4 ソ連・東欧の崩壊等による党勢の停滞(平成元年~)

 昭和60年3月に就任したゴルバチョフ・ソ連共産党書記長は、停滞した経済等の立て直しのため、ペレストロイカ(改革)、グラスノスチ(情報公開)政策を押し進めました。そして、この影響を受けた東欧の社会主義国では、民主化要求が急速に高まり、平成元年以降、ポーランドで非共産勢力が主導する政権が誕生したのを皮切りに、「ベルリンの壁」の崩壊に象徴される東西ドイツの統合やルーマニア・チャウシェスク政権の打倒等、東欧諸国の社会主義体制は一挙に瓦解しました。そして、3年12月、世界で最初の社会主義国家として大きな影響力を有していたソ連が解体され、69年間に及ぶ歴史に幕を降ろしました。また、中国では元年6月、政府が民主化運動を反革命運動として武力鎮圧した「天安門事件」が発生し、共産党独裁国家の民主化運動に対する断固とした態度を示す事件として、全世界に衝撃を与えました。ソ連・東欧の崩壊という事実に対し、日本共産党は、「ソ連共産党の解体は、もろ手をあげて歓迎すべき歴史的出来事」、「(ソ連の崩壊は)科学的社会主義の破綻を示すものではない」などとする宣伝に努めましたが、共産主義イデオロギーの破綻が明らかとなったことで党勢は停滞しました。

s02_0103
レーニン像の撤去
(平成2年3月5日、ルーマニア)(PANA)

 

 

5 日本共産党の現状

1 宮本議長の引退と「不破・志位体制」の確立

 平成9年9月の第21回党大会で、長期にわたって日本共産党のトップとしての地位に就いてきた宮本顕治議長が議長職から退き、以後、不破哲三委員長が党の最高指導者として、志位和夫書記局長とともに党運営に当たることとなりました(12年11月の第22回党大会で不破委員長が議長に、志位書記局長が委員長に就任)。
その後、10年7月の参院選では、これまでの得票を大幅に上回る約820万票を得て15議席を獲得しました。そして、次の衆院選で自民党が過半数割れした際には野党暫定政権に参加する用意があることを強調し、同参院選後の首班指名選挙では、約38年振りに第1回投票から他党党首(菅民主党代表)に投票したり、不破委員長が「暫定政権としては、安保条約にかかわる問題は凍結する」などとする日米安保条約凍結発言を行ったりしました。しかし、他の野党は、日本共産党を含めた政権構想には否定的な態度に終始しました。

 

2 規約、綱領の改定

その後、日本共産党は、平成12年6月の衆院選、13年7月の参院選で議席を減少させ、さらに、15年11月の衆院選では、改選前議席を半減させ、約36年振りに一けた台となる9議席にとどまりました。
日本共産党は、12年11月の第22回党大会で、規約前文を全面削除する大幅な規約改定を行い、「労働者階級の前衛政党」、「人民の民主主義革命を遂行」、「社会主義革命をへて日本に社会主義社会を建設」等の革命を連想させるような表現を削除しました。しかし、「科学的社会主義を理論的な基礎とする」との党の性格や「民主集中制を組織の原則とする」との組織原則は、「党の基本にかんする、規約として欠くわけにはゆかない部分」として条文化しました。
引き続き、16年1月の第23回党大会で、昭和36年7月の第8回党大会で採択して以来5回目となる綱領改定を行いました。
改定の結果、マルクス・レーニン主義特有の用語や国民が警戒心を抱きそうな表現を削除、変更するなど、「革命」色を薄めソフトイメージを強調したものとなりました。しかし、二段階革命論、統一戦線戦術といった現綱領の基本路線に変更はなく、不破議長も、改定案提案時、「綱領の基本路線は、42年間の政治的実践によって試されずみ」として、路線の正しさを強調しました。
このことは、現綱領が討議され採択された第7回党大会から第8回党大会までの間に、党中央を代表して報告された「敵の出方」論に立つ同党の革命方針に変更がないことを示すものであり、警察としては、引き続き日本共産党の動向に重大な関心を払っています。

s02_0104
日本共産党の綱領改定案を報道する各紙
(産経新聞平成15年6月7日・22日、読売新聞15年6月22日、毎日新聞15年6月22日)

[出典]焦点 警察庁 第269号警備警察50年 ◆現行警察法施行50周年記念特集号◆第2章 警備情勢の推移 1 暴力革命の方針を堅持する日本共産党

 

 

 

 

共産党の危険性

いかがでしょうか。
「官憲横暴!」とか、「警察が悪い!」とかそういうことを言っている政党がございます。
では、これらの実際の歴史に裏打ちされた資料は、誤っているのでしょうか。
また、何がしかの不祥事が起きたとして、それが本資料の価値を棄損するのでしょうか。

私はそうは思いません。

 

事実を事実として、史実を史実として。
自らにとって都合の悪いものに対し、別の問題を必死に提起し
そこにある情報を消していこうとする行為。
私はこれが許せない。

私はデータを改竄したり、数字をいじったりする行為を嫌います。
この時代を生きた者が記した資料は、その時代において真なのです。
事実は事実、史実は史実でございます。

 

日本共産党は、(旧称)コミンテルン日本支部
コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美(朝日新聞記者)は、「戦争を煽る」記事を書き続けました。
日本の世論を戦争へと向かわせたのは、共産主義者らであり、朝日新聞であります。

その理由は何か。
共産主義革命を円滑に行うため、資本主義国同士の共倒れを狙ったのです。

日本を追い詰めて行ったハル・ノートですが、ハルとついている以上、責任者はハル氏です。
しかし日本が飲めないレベルにまで書き換えたのは「ハリー・ホワイト」です。
ハリー・ホワイトは、ベノナ文書より明らかなように、米国においても「コミンテルンのスパイ」として公式に認定されています。

関連
【赤旗問題】コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美(朝日新聞記者)

 

治安維持法とは何だったのか。
名前の通りでございます、治安を維持する法律です。
コミンテルン(時代によっては第三インターナショナル)として、他国に中枢がある「スパイの出先機関」の日本支部が国内にある。

しかもテーゼとして指令を受けており、その中には陛下の殺害を示唆するものまでありました。
治安が大変なことになります、よって治安を維持せねばなりません。
結果、治安維持法ができました。

確かに後期においては恣意的な運用もあり、批判される点もあるでしょう。
しかしその法律が作られ、取り締まられたのは当然のことではないでしょうか。

 

 

 

いまこそ共産主義者に注目を!
戦後70年を考えるにあたり、いまこそ共産党に注目すべきです。
コミンテルン日本支部として発祥し、その歴史を延々を受け継ぐのが日本共産党です。
正しくは共産党・日本支部と呼んだほうが適当なように思います。

民主党や在日問題を取り上げるのも良いでしょうが、私は共産党にこそ注目しておく必要があるように思います。

 

ソフト路線に転換
彼らは今、何をしているのでしょうか。
「わかりにくい形」で、いまだ国内で蠢いております。

例えば「若者を前面に出して擬態」してみたり
お洒落なデザインでイメージ戦略をはかったり。

あくまで「私的な推論」ですが、傍証程度は挙げるべきでしょう。

 

相手の反応から読み解く。
このような「私的推論」を公開したところ、大変に左巻きがわき、コメント欄がお祭り騒ぎのようになりました。

私が疑問の声をあげ、思想信条の自由に基づき「こうではないか?」と述べた際、どのような動きをしたか、ご覧下さい。
それを見て、皆様はどう思いますか?

共産党≒SEALDs≒朝日の証明、大変なことに。

相手の反応を見れば、それが事実、もしくは痛いところであったか否か、
「判断するに際しての傍証」にはなるように思います。

そうそう、つい先日はこのようなこともありました。
暴力的な平和主義者とは、いったい何なのでしょうか?
【平和主義者のウソ】安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”

 

共産党の真実の歴史を。
共産党は、いたるところで「戦争犯罪」とか「戦争責任」と叫びますが
私は「共産党の戦争犯罪」や「共産党の戦争責任」を問いたいと思います。

ゆえにスタートされた、赤旗撲滅作戦です。
第一次第二次、第三次より構成された、極めて組織的な大規模作戦群です。

これらの史実を後世に伝えると共に
いまを生きる若人たちに知らしめることは
いまを生きる政治家としての「責務」だと考えています。

本記事を読む大人たちには、どのような責務があるのでしょうか。
胸に手をあてて考えて頂きたい。

 

 

 

 

共産党の真実の歴史に光をあてるべきだ。

 

また、歴史を知らぬ、ひいては危険性を知らぬ若者たちに

 

真実を伝えるべきだ。

 

これは公的資料である。

 

賛同して頂ける方の、FBでのシェア、Twitterでの拡散を希望します。

 

※特記
暴力革命など恐ろしい、これは本当に止めねばなりません。
そのためタイトルにおいて「#本当に止める」とハッシュタグを仕込んでおります。

 

※関連
公安調査庁版の資料
公安調査庁 「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」 国内情勢4 共産党

 

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

以下も併せてお読みください。
拡散推奨です。

共産党と救急車の話。
ひどい話です、そしてその後の対応もひどいものです。

クリックして下さい!
共産党車両が緊急車両スペースに駐車、救急車が進めず。共産党員は「いつも、ここに停めている!」と逆切れ!

デマだ、デマだと騒がれました。
低俗なレッテル張りでございます。
しかし、逆に共産党側からソースがつきました。
(私にデマと罵った方々は、撤回や修正を行っておりません。)

【共産党の見解】救急車が搬送を終えるまで、警察から指示を受けたが移動せず、しかし謝罪はしない。

それでは足りぬでしょうから、検証をしてみました。
デマデマいいまくった方たちが、撤回や修正を行わぬ以上、「せねばならぬ検証」でございます。
理系は事実と数字を重視するものであって、大声で叫んでもその思考には何の影響も与えぬのです。

【検証してみた】共産党車両により「救急車、進めず」とした理由。場所を特定し地図を紐解く。

 

 

こんなこともありました、覚えておいでですか?
官邸へのドローンの件、犯人のブログにて「狙いが選挙」であることが明記されていたこと。
そして、犯人が勝たせたかった候補とは・・・?

クリックして下さい!
【反原発テロリストのしわざ】「9日に飛ばした」官邸ドローン事件。狙いは「選挙」

そして、それは投票行為(誰に投じたか犯人が明記している)から見ても
共産党員もしくは支持者と見ることができるわけですが、共産党からは説明がありませんでした。
【共産党は説明すべき】共産候補を知事選に勝たせるための官邸ドローンテロ

説明がないと思ったら、共産党市議から謎の電話。
どうも抗議したかったようなのですが、受け入れないと述べたところガチャ切りです。
共産党市議・徳永克子さんから、よくわからない電話がかかってきました。
電話番号を教えてもないのにかけてきて、わめきたいだけわめき、突然切る。
電話は双方向の音声データがやり取りできる情報ツールであり、これなら無線や電報でもよかったのではないかと思うのです。ベルが泣いてますよ。

 

あと、公共施設である庁舎で、「政党機関紙」である赤旗を配るの、やめてくれませんかね?

クリックして下さい!
↓私の行った一般質問、それを報じた報道をまとめています。↓
政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘、配布、販売について

立場の弱い職員に、議員が勧誘しておりますが、パワハラ紛いに見えてしまいます。
また、職務中の職員が代金を支払えば、(政党機関紙ですから)政治献金の側面が否めず、地公法36条に抵触するように思います。
なんなら開示請求から行政訴訟とし、法廷で法解釈の決着でもつけたほうがいいのでしょうか。
人のことはあれだけ言っておいて、自分たちのことはだんまりです。

いや、この件に関してはだんまりではなかったな、「日本共産党 中央委員会」として私の陳情を停めよ!と必死の通達を出していましたね。
結果、憲法解釈に際しての反対活動が疎かになりました。
憲法よりもお金が好き、「資本主義に毒された赤いブタ」と言われても仕方ない。

 

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁) #本当に止める への23件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁) #本当に止める ご存じでしょうか。 警察庁により、「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」との名で資料が出されていることを。 具体的には以下に記載されてい

  2. ロード のコメント:

    首相官邸→https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    (要約)
    現行警察法施行50周年記念特集号にあるように、
    共産党の最終目標は革命であり、

    その手法として、
    クーデターによる暴力的な国家転覆の野望を捨てていません。

    昨今は、革命という言葉は封印し、
    メディアを利用したイメージ操作、政権批判など、
    革命の準備段階として、党勢拡大を優先させています。

    国民としては、このような状況に対し、非常に危険を感じています。
    先の大戦で、日本を戦争に駆り立てた一端は、
    コミンテルンの謀略があり、共産党はコミンテルンの残党です。

    違法行為をしているならば、取り締まらねばなりません。

    ・市役所での赤旗勧誘は違法。
    ・共産党とメディアとの癒着を追求すべき。

    等、平和国家を守るために、要望します。
    暴力革命から国民を守る、安倍政権を支持します!

  3. 元サヨ のコメント:

    日本共産党、朝鮮総連は破壊活動防止法の「暴力的破壊主義活動を行う疑いのある団体」として、公安調査庁の調査対象

    第096回国会法務委員会第6号昭和五十七年四月一日より ttp://urx3.nu/jnly

    ○政府委員(鎌田好夫君) 御指摘のように、公安調査庁は、破壊活動防止法に基づきまして、同法で規定するいわゆる破壊的団体に対する規制処分の請求に備えまして、同法で定める暴力的破壊主義活動を行う疑いのある団体に対する調査を行い、規制請求をするための証拠等の収集に努めているということでございます。
    ○寺田熊雄君 総論は大体わかったけれども、その破壊活動を行う団体というのは、ちょっとあなた方としては言いにくいだろうけれども、大体幾つぐらいを対象にしておられるんです。
    ○政府委員(鎌田好夫君) 現在はいわゆる左翼系統といたしまして七団体、右翼系統といたしまして八団体程度を調査の対象として推進しております。
    ○寺田熊雄君 左翼七団体、右翼八団体ですか。
    ○政府委員(鎌田好夫君) はい、さようでございます。
    ○寺田熊雄君 その個々の名称、団体名は言っていただけますか。
    ○政府委員(鎌田好夫君) 現在、公的に申し上げることはいかがかと思いますけれども、二、三申し上げますと、左翼関係としましては 日 本 共 産 党、大日本朝鮮人総連合等でございます。右翼団体といたしましては護国団、大日本愛国党等八団体でございます。

  4. 生野区民 2 のコメント:

    コミンテルン日本支部を何としても、叩き潰さないといけない
    選挙制度もかえて、比例代表を廃止しよう、アカは民主国家の日本には必要ない

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんにちは

    新規投稿ありがとうございます。
    にしても、連続投稿、本当にすごいですね。そして、おつかれさまでございます。

    閑話休題・・・・今回、私が栞をおきたいのは、ここです
    >共産党の真実の歴史に光をあてるべきだ。
    >また、歴史を知らぬ、ひいては危険性を知らぬ若者たちに
    >真実を伝えるべきだ。
    上記、先生のおっしゃるとおりです。
    そして、歴史を知らぬ、ひいては危険性を知らぬのは、若者たちだけじゃなく、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞をいまだに購読しているような団塊世代以上の高齢者(私も含めて)もまだまだ、日本では大勢いるということでございます。

    高齢者はやがて、この世から自然消滅していきますが、若い世代のかたがたには未来があります。
    是非、共産党の危険性について、覚醒していただきたいと心からおもいます。

    草莽の一人として拡散!拡散!拡散!応援していきます。

  6. ろんどなー のコメント:

    共産党は党方針として、未だに天皇陛下・日の丸・君が代を否定しています。

    つまり、もし万が一共産党が政権を取ったら「憲法第一章 天皇 一条~八条」は真っ先に大幅改憲するということ。

    それなのに共産党が「改憲反対!」という矛盾。なぜかマスメディアはそれをまったく指摘しません。野党の無責任さをマスメディアがまともに批判したことが有ったでしょうか?

    大多数の日本国民が共産党政権など許すはずはありませんから、彼らが政権を取ることはないでしょう。それを自ら知っているからこそ「左翼系メディアと共に権力を監視する」というおいしいポジション取り。共産党国会議員は万年野党の地位を利用し、たいした代案も出さずに小姑みたいに自民党のアラ探しをしては叩いているだけ。それで経費込み4,400万円という年収を得られるのですから、これ以上美味しい仕事はありません。国民の血税を使って日本弱体化運動をしているようなもの。

    「天皇陛下・日の丸・君が代」が無く、憲法九条が残る日本は、もはや日本で有り得ないし、共産党は日本を中国に売る気満々としか思えません。そういえば「人権問題」に熱心なはずの彼らが、中国・北朝鮮の非人道的行為を批判するのを見たことがない。チベット・ウィグル弾圧は無視。ここ数日の中国人権派弁護士200人逮捕にもダンマリ。北朝鮮拉致被害者にも無関心。

    日本を中国に売る気満々なのか、そういえば人権問題ない熱心なはずの彼らが中国・北朝鮮の非人道的行為を批判するのを聴いたことがない。ここ数日で中国の人権派弁護士200人逮捕にもダンマリ。

    残念ながら、大手の新聞・テレビだけしか情報がない人たちは正義派面して口先だけのキレイごとを並べる共産党に騙されるかもしれませんが、ネットに暴かれた彼らの真の姿を見てしまった私は金輪際彼らに投票することは有り得ないし、身近に騙されて投票しそうな人がいれば、全力で防止します。共産党が力を持てば持つほど日本が危うくなる、と信じるからです。ニホン共産党のような政党は日本には要らない。

    私が切望するのは日本国に有るべき国政・外交・経済すべての政策を議論・立案できる本物の「責任野党」です。

  7. bamboo親父 のコメント:

    共産党と言えば1989年綾瀬で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件が思い起こされます。加害者少年4人の内の一人が41 日間に渡って監禁虐待場所として自宅を提供。この少年の両親が共産党員。自宅に息子が少女を監禁していることを知りながら放置し死に追いやった事件です。

    日本共産党は、両親が共産党員と認めた上で事件と党とはいっさい関係無いとしています。しかしこの事件の異常さはまさに共産党の残虐性と胡散臭さそのものと思います。

    表では平和、弱者の味方を標榜していますが、実態は残虐な独裁•暴力主義者そのものです。

  8. 戸籍は行橋 のコメント:

    そういえば 例の高速の「みかん畑じいさん」。
    大手ブロガーに取り上げられたり、テレビで流され英雄扱いでした。
    正直不愉快です。
    あの人の噂はとなり町の行橋にも聞こえてましたからね。
    行橋市内でも沢山の市民が立退きしたのにその甲斐なくこの1人のせいで完全完成できません。
    10分しか変わらないのに立ち退きを強要されているなんて言える立場か!
    10分っていうのは高速降りて、みかん畑周りを迂回して高速に乗り直す手間の時間だろうに!

    市議としてご意見しにくいのでしたら無視してくれて結構です。
    正直 市民としては小坪さんを含めて市が何か動いてくれたことなんて一度もなく、何も期待していません。
    ただ小坪さんはこのブログで県外で活動して市の問題まで手は回らないんだなと理解しています。

  9. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     例の救急車騒動,私は毎日毎日懲りずに関係者へ糾弾メールを送信し続けております。
     継続は力なり。

    Subject: 人の噂も七十五日?違います。あなた方、共産党の炎上は、無限大!!継続は力なり。命ある限り、絶対に諦めません。一生、毎日毎日、あなたたちに付きまとって、妨害いたします!
    Date: Mon, 20 Jul 2015 17:30:19 +0900

    >ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。
     そんなの,しなくとも結構です。
     承認制,と言うことは,嫌な投稿にも目を遣らねばならぬ,と言う事。
     それが私の生きがいですからね。
     一生止めません。毎日継続します。時間が許すなんてことはありません。
     サカキバラセイト君又は朝鮮人の慰安婦問題の如く,救急車妨害騒動について,共産党・世界暴力革命派連中は永久に呪われます。
     私ではなく,患者さんからね。
     そして,やがて祟りがあることでしょう。
     お天道様はご覧になっているのです。
     時効を迎えた殺人犯のレントゲンに突如,不自然に大きな影が現れるかのように。

     公安調査庁指定新左翼系セクト・極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派東京都足立区議会議員ぬかが和子容疑者は,当初の予想どおり,ツイッター及びブログの意見投稿において,気に食わぬ者,特にかの救急車妨害騒動について追及をしてくるアカウントをブロックし,いかにも時間が全てを解決してくれると言うスタンス炸裂で,のうのうと何食わぬ様子で更新を続けている。
     そして,相変わらず,弱者救済だの,ひと・いのち・くらしだの,生活を守るだの,机上の空論を述べている。
     公安調査庁指定新左翼系セクト・極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派をはじめ,反日左翼は,比較的簡単な能書きだけを口にし,これを実行することはない。
     あくまで,言っていることが立派なのであって,していることは極悪非道で,凶悪犯罪者と何ら変わりはない,と言うことを絶対に忘れてはならない。
     また,時間で風化させてもいけない。
     毎日毎日,一生,糾弾を継続し,彼らに一日たりとも平穏な日を与えない,楽をさせない,コクとトロミに満ち溢れた苦痛を絶えずプレゼントすることに,真の被害者救済へのカギがあるのだ。

                                  平成 27 年 5 月 13 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    国会・地方議会議長・議員 各位
    報道機関 代表者 各位
    地方公共団体 首長 各位
    行政関係機関・施設 代表者 各位
    人権団体 代表者 各位

                                 高橋 エマニエル=努
       日本共産党の倫理逸脱テロ行為の横行についてII(通報)
     下記のとおり,極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派の一味,東京都足立区議会議員ぬかが和子の常軌を逸した言動が,公共の福祉を破壊しているので,粛清願います。

                                  平成 27 年 5 月 13 日
    日本共産党
     東京都足立区議会議員 ぬかが 和子 殿
                                 高橋 エマニエル=努

       地方議会議員の公共の福祉への寄与並びに法令順守及び倫理観について(通知)
     あなたは, 不合格 と決定されました。
     なお,あなたは公共の福祉の障害,つまりは公害です。
     破壊活動防止法その他諸法令に基づき,直ちに消えて下さい。

    ↓ 参 考

                                  平成 27 年 5 月 18 日
    極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派
     東京都議会議員 大島 よしえ 殿
                                 高橋 エマニエル=努

       地方議会議員等の公共の福祉への寄与並びに法令順守及び倫理観について(通知)
     あなたは, 不合格 と決定されました。
     なお,あなたは公共の福祉の障害,つまりは公害です。
     子供たちの明るい未来のためにも,地球の平和のためにも,直ちに消えて下さい。

                                  平成 27 年 5 月 18 日
    極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派
     足立地区委員会 女性・児童部長 西の原 えみ子 殿
                                 高橋 エマニエル=努

       地方議会議員等の公共の福祉への寄与並びに法令順守及び倫理観について(通知)
     あなたは, 不合格 と決定されました。
     なお,あなたは公共の福祉の障害,つまりは公害です。
     子供たちの明るい未来のためにも,地球の平和のためにも,直ちに消えて下さい。

                                  平成 27 年 5 月 1 日
    精神科医師 香山 リカ=金 梨花 殿
                                 高橋 エマニエル=努

       医師の公共の福祉への寄与並びに法令順守及び倫理観について(通知)
     あなたは, 不合格 と決定されました。
     なお,あなたは公共の福祉の障害,つまりは公害です。
     青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上,その他子供たちの明るい未来のためにも,地球の平和のためにも,直ちに辞職願います。

                                  平成 27 年 5 月 1 日
    日本共産党
     埼玉県上尾市議会議員 秋山 もえ 殿
                                 高橋 エマニエル=努

       地方議会議員の公共の福祉への寄与並びに法令順守及び倫理観について(通知)
     あなたは,改めて 不合格 と決定されました。
     なお,あなたは公共の福祉の障害,つまりは公害です。
     青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上,その他子供たちの明るい未来のためにも,地球の平和のためにも,直ちに辞職願います。

                                  平成 27 年 5 月 1 日
    日本共産党
     福岡県行橋市議会議員 徳永 克子 殿
                                 高橋 エマニエル=努

       地方議会議員の公共の福祉への寄与並びに法令順守及び倫理観について(通知)
     あなたは, 不合格 と決定されました。

                                  平成 27 年 5 月 11 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    国会・地方議会議長・議員 各位
    報道機関 代表者 各位
    地方公共団体 首長 各位
    行政関係機関・施設 代表者 各位
    人権団体 代表者 各位

                                 高橋 エマニエル=努
       日本共産党の倫理逸脱テロ行為の横行について(通報)
     下記のとおり,極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派の理不尽横行が目に余るので,お取計らい願います。

                                  平成 27 年 5 月 11 日
    日本共産党 中央委員会 御中
     議員 各位
                                 高橋 エマニエル=努

       日本共産党の倫理逸脱テロ行為の横行について(照会)
     日本共産党は,庶民の味方とか言っていますが,如何でしょう。
     下記二つの事例からしても,相当程度,逆行しております。
     むしろ,真の社会的弱者を苛めた上で公共の福祉を破壊せしめ,自己主張の上で私利私益を貫徹する,カス集団と思料されます。
     日本共産党は,他人様のウィルス規模のあらさがしの追及は達者ですが,自分たちの銀河系規模のあらを指摘されると,黙って無視貫徹。
     道路交通で言うなら,他人様の軽微な速度違反又は一時停止違反を凶悪殺人犯級に糾弾しておきながら,自分は高速道路を平然と逆走し,これを指摘されると,開き直るか,無視貫徹するのと同義です。
     いい加減,しっかりと回答してもらいたいものです。
     だからこそ,標題に(照会)と付けているのです。
     意味不明な外国人とDQN層のママさんと若年女性と高齢者の贅沢,我儘又は娯楽は,福祉でも正義でもなく,悪であり,公共の福祉ではなく,私利私益です。
     挙句の果てには,女性専用車輛ごり押しで「女性も含めた」身体・知的・精神の遍く種別の障がい者,傷病者,高齢者,そして妊婦さんを地獄へ陥れ,さらには選挙カーで急病人等の保護及び通報を妨害し,西新井駅前では,またまたさらに救急車専用スペースを街宣車で潰す始末。
     そのようなテロ行為を散々繰り返しておきながら,戦争のない平和な社会だの,女性が輝く社会だの,子育てし易い社会だの,消費税増税絶対反対だの言われても困ります。
     そもそも,正社員としてバリバリ働きたい女性など,自分の周囲には一人とておらず,103万円の範囲内で働く,旦那の医療保険を借用する第三号被保険者が相当数です。
     子育ての前に,若年男性の雇用がないから,自動車を買わないし,結婚もしないし,当然子供も設けられないのです。
     貴方がたは,一体何をしたいのでしょうか。
     正しい行いの人間が苦しみ,若しくは不幸に陥る様態を見て,又は正直者が馬鹿を見る社会を構築して,楽しんでいるのでしょうか。

    1.日本共産党,選挙カーの対応を謝罪 倒れた女性を前に演説を中止せず,救急隊に通報遅れる
     日本共産党大阪府委員会は2014年12月10日,6日の演説中における選挙カーの対応を公式ホームページで謝罪した。
     6日午前,JR森ノ宮駅前で行われていた清水忠史候補の演説中に駅構内で女性が倒れた。
     しかし,選挙カーはなおも演説を中止せず,結果,救急隊への連絡が聞こえづらくなった。
     「事故や病気への対応を最優先すべきことは当然であり,今後は乗務員一同 機敏な対応が出来るように徹底していく所存です」としている。
     ツイッターには目撃者と思われる人物から「真ん前やで,真ん前。倒れてんの丸見えやのに」
     「一向に誰も声かけやん」
     「私がぶち切れるまで演説をやめてくれなかった」との報告が寄せられている。
     日本共産党大阪府委員会は取材に対し,「女性が倒れたさい,演説を行っていたのは清水候補本人でなく, 係の者だった」「女性に気付いた清水候補は係の者に注意し,演説をやめさせた」と話している?

    2.さんたろう @ubugoro 12:43 AM – 10 5月 2015
     先日,西新井駅西口で,信じられない光景。緊急車両スペースに,救急車がきたが,共産党の街頭車が停まり前に進めず。
     婦人が「ここは緊急車両の場所です」と声をあげたのに,共産党員は「いつも,ここに停めているんだ!」と逆切れ。
     ひどい!拡散希望

     Tomiepon @Tomiepon 9:02 AM – 10 5月 2015
     @ubugoro @igamacrp 自動車に,あなたと共に共産党と描いてある。嘘つけ,ガラの悪い共産党です

     
    ふじ たか @ootakas 9:56 AM – 10 5月 2015
     @ubugoro @thrillingbuzz さすがテロリスト政党の共産党 庶民の味方アピールに必死ですけど実際は人殺しの集団です

    (参考)
    「誤解しないでもらいたいのです。」

    西の原えみ子 さんへ

     私は何も、わが相当程度粘着質な連投文書を、あなた方に読んでもらいたい訳でも、あなたのサイトに掲載してほしい訳でもないのです。
     実は、今までにあなたのサイトに投稿した、わがメッセージの総ては、私、本人でさえ把握しきれぬほどに数多のサイトへ投稿し、見事に承認され、掲載されております。
     私の本当の目的は、日本共産党に不名誉な真実の記事が、インターネットの検索サイトに引っ掛かり易くすることなのです。
     今、もうすでに、共産党又はあなたのお名前、さらにはぬかが和子さんのお名前を、インターネットで検索すると、わが投稿も含めた、多くの日本共産党にとっては厳しい真実の記事の数々がヒットします!!!!
     わが目的は、すでに達成されたのであります!!!!!
     いまさら、ご自身のサイト内の記事だけを消しても、遅いのです!!!!
     初期消火失敗!!!!
     笑止千万!!!!!!!!!

  10. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     赤旗問題についても,根気よく活動しております。
     継続は力なり。風化させてはなりません。

    政治団体 代表者 御中
    国会・地方議会 議員 各位

     私は,下記のとおり,セクト機関紙「赤旗」の庁舎内配布の被害者であります。
     下記の情報拡散及び極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派の打倒・殲滅へ向け,お取計らい下さるよう,お願い申し上げます。

    小坪 慎也 様
     いつも,貴台のサイトを拝見しております。貴台から元気をいただいております。
     やはり,善人面をした悪党,極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派のセクト機関紙「赤旗」を,官公庁庁舎内で有料配布及び勧誘し,これを批判する方々へ言論の自由への弾圧だの何だの濡れ衣カウンターを浴びせるオルグ及びシンパたちからは,議員の資格を剥奪すべきです。
     そもそも,公務員の絶対的終身欠格事項である「日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者」が,なぜ公の政党を成し,議員という公務員へ就けるのか?
     わが国の現状が,甚だ不思議でなりません。
     私は,絶対に,あの漫画の女性係長のようにはなりません。
     少しも怯えることも凹むこともなく,極左バーサーカーの圧力を,感情なき機械人形のごとくあっさり無視貫徹し,赤旗シンパ・オルグ連中を,庁舎及び議席から廃棄処分したいです。
     あのような,甚だグロテスクな物体=赤旗を,神聖なる庁舎内で配布すること自体,表現の自由を大義名分に,一般の定食屋又は待合スペースでアダルトビデオを上映することと同義であります。
     自由は,あくまで公共の福祉の範囲内でのみ許容されることを,彼らは忘却しているようです。
     セクト打倒へ向けて,貴台の更なるご活躍を,祈念いたします。

    ↓ この事実は,決して風化させてはなりません。(未だ,庁舎内での有料配布をやめていません。)

                                  平成 26 年 9 月 15 日
    福岡県行橋市議会議員  小坪 慎也 様
                                  高橋 エマニエル=努

       地方公共団体職員・議員・政党の倫理観について(通報)
     標記について,下記のとおり,貴台へも通報します。
     先般,標記類似案件について,埼玉県春日部市さんでも問題になり,一方で,春日部市さんは,しっかりと当該問題を議会でも取り上げ,かつ報道機関(産経さん)へその過程及び顛末を公表され,問題解決へ踏み出されました。
     一方,埼玉県上尾市は,未だしらを切り続けるばかりか,同様の行為を繰り返し続けており,週末になると,相変わらず日本共産党員たる上尾市議会議員が,上尾市役所庁舎内で,公安調査庁及び警察庁から公式に監視対象とされている,セクト機関紙「赤旗」を有料配布しております。
     これは,議員の立場を悪用した,一般職へのパワハラであり,庁舎内での不正な勧誘・販売行為でもあります。
     これらの様態,もはや言語道断,不届千万。死をも超越せんばかりの,猛烈な怒りを覚えます。
     直ちに,彼らを淘汰・打倒・破壊・廃棄・殲滅いたしたく存じ上げます。
     お取計らい,よろしくお願いいたします。

    (※※専決等不可:要本人伝達)
                                  平成 26 年 8 月 12 日
    さいたま市長 殿
    さいたま市議会議長 殿
    さいたま市議会議員 各位
    さいたま市職員 各位
                                  高橋 エマニエル=努

       地方公共団体・議会の倫理観について(通報)
     標記について,下記のとおり,貴台へも参考送付します。
     先般の公民館だよりへの俳句不掲載問題で,貴台,貴市は,報道及び世論から謂れなき痛烈な批判を受けていることと思料されます。
     しかし,貴台は正しい道を歩まれているのです。貴台の姿勢を,心より尊敬いたします。
     厳正公正に優る正義・公務はありません。
     今後とも,心なき愚民たちの感情論及び誹謗中傷になど屈することなく,粛々と日々の公務に専念されて下さい。
     貴台のご健勝・ご多幸を願っております。

    (※※専決等不可:要本人伝達)
                                  平成 26 年 8 月 12 日
    上尾市長 殿
     庶務担当部局・課所長 殿
                                  高橋 エマニエル=努

       上尾市の倫理観について(通報)
     先般,上尾市役所及び日本共産党並びにその他諸々の政党・政治団体・人権団体・官公庁・外郭団体・報道機関・公安機関へ通報のとおり,上尾市議会議員の内,日本共産党の議員が,上尾市役所庁舎内にて複数の部署へ重複して,中立性を欠いたゲバ機関紙「赤旗」を有料配布しております。
     庶務担当部局が市役所を代表して,遍く政党機関紙を一部ずつ購入するのは問題ありませんが,一部の政党のみが部署ごとに重複して有料配布するのは,予算執行上も問題ですし,厳正公正さを要求される官公庁としても問題です。
     これについては,通報先の一つである総務省からも予算執行上問題であるとの見解をいただいており,(上尾市)監査委員会への通報を指示され,そのとおりにもしましたが,相当長期間経ても反応はありませんでしたし,問題点の改善もありませんでした。(当該事務局職員の職務怠慢・公務放棄・債務不履行=懲戒処分の対象では。)
     まして,当該機関紙配布者が一般の党員であれば門前払い必至ですが,地元議員ともなるとそうは行きません。議員としての立場・権力の濫用でもあります。
     そもそも,職員以外(議員は職員ではない)が執務室へ侵入するのは,情報機密保持上危険であり,まして公安調査庁及び警察庁の監視対象ともなっている,中立性を欠いたセクト情報誌を配布されるのは甚だ不快であり,集中力を減殺され,公務執行妨害でもあります。
     先般,諸報道及び世論から痛烈な批判をされ続けていた,特定層の感情論に充満した極左で甚だ不気味な俳句か短歌を機関紙に掲載しない,さいたま市さんのご対応こそ,厳正公正で素晴らしい行政と思料されます。
     幾度それらを通報しても,無視貫徹され,同様のことを繰り返され,回答及び是正の気配すらありませんでした。
     これは,不法行為に係る通報の無視及び当該不法行為の継続並びに苦情一般の放置と言う意味でも,法令抵触のみならずISO-9001の趣旨にも逆行し,PDCAサイクルの不履行であります。
     誠実な姿勢及び自浄能力の超絶な欠乏振りにも落胆しており,このままでは,規格剥奪へ向けたISO認定機関への通報も近日中に行いたいです。
     再検討及び誠実なる対応を,再三・再度,切望します。

                                 平成 26 年 6 月 29 日
    (※専決等不可:要本人伝達)
    総務大臣 殿
     事務次官 殿
     自治行政局長 殿
     行政評価局長 殿
    法務大臣 殿
     事務次官 殿
     公安調査庁 極左集団・セクト 担当官 殿
                                  高橋 エマニエル=努

       国会・地方議会議員と官公庁との中立性の確保への要請について
     私自身並びにわが知人及び友人も実際に,勤務先の役所の庁舎にて,日本共産党の議員が,中立性を欠いた当該政党の極左情報誌を,有料で配布し続けている(定期的に現金での集金をしている。)様態を目の当たりにしております。
     各官公庁の単一の庶務・文書担当部局が,当該官公庁全体を代表して,遍く一般誌及び政党機関紙を分隔てなく,かつ一部ずつ購読する分には結構なのですが,日本共産党は,同一官公庁の部署毎に重複して有料配布しているのです。
     まして,内容も労組のビラにも値せず,一般の党員ではなく,地元又は関連する議会議員であれば,役所当局としては,決して邪険には出来ない状況です。
     これは,似非同和による極左暴力書の押売りに等しい様態であり,猛烈に不快であり,甚だ気持ち悪く,集中力を減殺され,公務執行妨害でもあり,また,執務室に部外者が勝手に侵入するのも違法であり,情報機密保持上も好ましくなく,誰も読まずにゴミ箱直行と言う意味でも国民の血税の浪費であり,中立・公正,不偏不党であるべく官公庁としては,決して黙認できないものです。
     是正・淘汰・打倒・殲滅へ向け,お取計らい願います。

                                    平成26年7月1日
    高橋 エマニエル=努 様
                                総務省関東管区行政評価局
                                   首席行政相談官室

       行政相談への回答について
     平成26年6月29日、高橋様からの「国会・地方議会議員と官公庁との中立性の確保への要請について」と題する御相談を行政苦情110番メールで受け取りました。
     私ども総務省の行政相談では、国や特殊法人、独立行政法人の業務及び地方公共団体等が国から委任又は補助を受けている業務等に関して、具体的な不利益を受けている方から苦情・要望を受け付けた場合、必要に応じて相談者と関係行政機関との間に介在し、苦情が自主的に解決されるよう促進する行為(あっせん)を行っています。
     本件について、御相談の内容からみて地方公共団体における特定の政党機関誌の購入問題であると推測され、当局の行政相談では取り扱うことができません。しかし、当局が取り扱えない事案であれ、高橋様がご指摘のように官公庁全体を代表して他の政党機関誌と分け隔て無く、一部を購入することは許されると思いますが、部署ごとに重複して特定の政党機関誌のみを官費をもって購読しているとすれば、予算の執行上問題があるのではないかと考えますので、当該自治体の監査委員会等へ通報することを検討してください。
     一方、国の行政機関における実情は解りませんが、先に述べたとおり高橋様がご指摘の実態があるとすれば、中立性の確保の問題とともに、やはり予算の適正な執行とは見なされないと考えられ、その場合は当然に会計検査院の指摘事項となっていると思われますが、当局としても行政評価監視活動の一つの視点として記録したいと考えていますことをご連絡します。

                                  平成 26 年 7 月 27 日
    (※※専決等不可:要本人伝達)
    参議院議員 蓮  舫 様
    衆議院議員 玉木雄一郎 様
    荒川区議会議員 小坂 英二 様
    衆議院議員 杉田 水脈 様
    人権団体 代表者 各位
    報道機関 代表者 各位
    政治団体 代表者 各位
    国会・地方議会議員 各位
    地方公共団体 首長 各位
     法令順守担当部局・課所長 各位
     外 管理職 各位
    市民連帯の会
     代 表  三 井  環 様
    梅田総合法律事務所
     弁護士  大 平  光 代 様
    法務大臣 殿
     事務次官 殿
     人権擁護局長 殿
     公安調査庁 セクト担当官 各位
    総務大臣 殿
     事務次官 殿
     行政評価局長 殿
    厚生労働大臣 殿
     アフターサービス推進室  御 中
     事務次官 殿
     大臣官房総務課長 殿
      行政相談室長 殿
     大臣官房地方課長
      地方支分部局法令遵守室長 殿
     職業安定局長 殿
     社会・援護局長 殿
    外 国家・地方行政関係団体・施設 代表者 各位
                                  高橋 エマニエル=努

       政治活動倫理について
     標記について,下記のとおり,貴台へ回付します。
     お取計らい,お願いいたします。

                                  平成 26 年 7 月 27 日
    日本共産党 上尾市議会議員 秋山 もえ 様
    外 日本共産党議員 各位
                                  高橋 エマニエル=努
       政治活動倫理について
     下記のとおり,貴台へも回付します。
     今一度,再学習すべくものと思料します。

                                  平成 26 年 7 月 27 日
    全国市民オンブズマン連絡会議 御中
    埼玉市民オンブズマン・ネットワーク 御中
    埼玉市民オンブズマン 御中
    いしん埼玉市民の会 御中
                                  高橋 エマニエル=努

       告発状の写しの参考送付について
     別添のとおり,日本共産党議員による地方公共団体への恒常的な執務室への不当侵入並びに甚だ中立性を欠いたゲバ機関紙の同一官庁の複数部署への重複した有料配布行為を,さいたま地方検察庁へ告発し,当該告発状の写し及び過去の類似事例としての福岡県直方市の資料を,警察庁長官,警視庁本部長,関東管区警察局長,埼玉県警察本部長及び公安調査庁並びに一般行政機関・外郭団体・市民団体,その他公共の福祉・倫理に係る諸団体,さらにはマスコミ並びに政党及び政治家,そして他の地方公共団体同士のみならず,わが勤務先の自治体の首長及び議会議員各位に参考送付して,問題の議員をはじめとする日本共産党議員の悪質振りを訴えて参りました。
     しかし,当該自治体並びに問題の議員及び日本共産党を含め,一切,動きがなく,何事もなく通常通りのダイアで日々の業務を継続するばかりか,問題の議員の使いの者が,相変わらず,被告発後も,当該ゲバ機関紙有料配布及びこれに随伴する部外者執務室不正侵入と言う犯罪行為の上塗りを続けております。
     日本共産党は,自分たちがしていることには白を切り続け,他人様のウィルス規模の粗を大震災級に激しく糾弾し続ける割には,己の銀河系規模の絶大なる不始末又は犯罪行為を指摘されると,無視貫徹。
     まるで,道路交通において,他人様の軽微な一時停止違反又は速度違反を無差別大量殺人犯級に激しく糾弾しておきながら,自分は高速道路を涼しい顔で逆走し,当該逆走を指摘されても,白を切っているのと,全く同義である。
     社会正義・倫理,その他公共の福祉に対し,極めて挑戦的・破壊的で,甚だ不貞腐れたスタンスを貫徹しており,もはや,言語道断,不届千万。
     死をも超越せんばかりの超絶な苦痛を随伴する猛烈なる怒りを覚え,腸が煮えくり返る思いです。
     わが利益又は損害など一切度外視し,唯専ら,破邪顕正の思いで,子供たちの明るい未来のためにも,地球の平和のためにも,彼らの不正に終止符を打ち,彼らの様な,青少年の健全なる育成並びに治安の維持及び向上,その他公共の福祉を著しく破壊する,子供の教育に甚だ悪い,ボウフラもウジもハエも湧かぬ程に腐り切った大人たちを,是非,淘汰・打倒・殲滅いたしたく存じます。
     先述のとおり,わが一個人の力では,限界があります。
     お力添え,よろしくお願い申し上げます。

    (※※専決等不可:要本人伝達)
                                 平成 26 年 7 月 24 日
    国家公安委員会 警察庁長官  米 田   壮 様
     関東管区警察局長 警視監  横 山  雅 之 様
     埼玉県警察本部長 警視監  杵 淵  智 行 様
    法務省 公安調査庁 セクト担当官 各位
                                  高橋 エマニエル=努

       告発状の写しの参考送付について
     別紙のとおり,貴台へも参考送付します。
     本事件は,氷山の一角であり,同様の事件が全国的に蔓延しています。
     警察庁,地方管区警察局並びに警視庁及び道府県警察が一丸となって,全国的に捜査する必要があるものと思料します。
     お取計らい,お願いいたします。

    (※※専決等不可:要本人伝達)
                                 平成 26 年 7 月 24 日
    法務省検察庁 さいたま地方検察庁
     検 事 正  中 井  国 緒 様
                                  高橋 エマニエル=努

       刑事事件の告発について
     別紙告発状のとおり,貴台へ告発いたします。
     厳正・公正にお取計らい下さるよう,お願いいたします。

                    告  発  状

                                 平成 26 年 7 月 24 日
    法務省検察庁 さいたま地方検察庁
     検 事 正  中 井  国 緒 様

                         ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                          告 発 人   高橋 エマニエル=努
                                  電話 ■■■■■■■

                                 埼玉県上尾市小敷谷77-1
                                 西上尾第二団地2-19-503
                         被 告 発 人 日本共産党上尾市議会議員
                                    秋 山  も え
                                    電話048-783-0503

                     告発の趣旨
     被告発人秋山等は,刑法第234条に抵触するものと思料する。
     犯状悪質につき,被告発人秋山等を厳罰に処していただきたく,ここに告発する。

                      告発事実
     被告発人秋山は,市議会議員の立場を利用し,恒常的に,期間を置いて,日本共産党の中立性を欠いた機関紙「赤旗」を,上尾市役所庁舎内で,複数の部署へ有料配布し,かつ,執務室へ侵入し,告発人等職員の公務への専念を妨害し続けている。

                    告発に至る経緯
     被告発人秋山等が,上尾市役所庁舎内で日本共産党機関紙「赤旗」を有料配布する様態は,もはや恒例となってしまっている。
     長期休業の際は,代わりの者に,これを行わせ続けている。
     官公庁の一部署が,当該官公庁を代表して,遍く政党機関紙を一部のみ購入するのであれば問題はないが,同一官公庁の複数部署へ,特定の政党機関紙のみを,それも政治的・思想的に偏った内容のものを重複して有料配布するのは,中立・公正,不偏不党であるべく官公庁の姿勢を破壊するものである。
     これは,国家公務員法とは異なり直接的な罰則規定を随伴しないものの,地方公務員法36条(政治的行為の制限)に抵触する。
     また,当該配布の際、部外者たる被告発人秋山等が執務室に侵入するので,情報の機密保持上も,危険である。
     これらが相乗効果を成し,告発人等役所職員を甚だ不快にし,その集中力を減殺し,職務に専念できなくしている。
     これは,刑法第234条(威力業務妨害罪)に抵触する。
     また,中立性を欠いた政党機関紙が,庁舎内に有料配布されていることを,住民はどう思うだろうか。
     もはや,想像を絶する。
     そもそも,一般の党員であれば,単なる部外者として追放・淘汰されて終わるのだが,地元議会議員ともなると,そうは行かない。
     まして,自身の幼い子息と同伴して,被告発人秋山が当該配布をしていたこともあった。益々,断り辛いではないか。
     子供をダシにするなど,卑劣極まりない。親として,人間として最低だ。
     腸が煮え返るほど,猛烈な怒りを覚える。
     これは,役所職員に対する,所謂「パワハラ」でもある。
     その意味でも,同条に,益々抵触する。
     さらに,これらの事実及び苦情を,告発人が日本共産党へ度々通報し続けても,無視貫徹され,被告発人秋山等の様態が改善されることはなかった。
     日本共産党は,政治献金を受け取っていないことばかりを理由に,自画自賛で,自身を「清潔な政党」として世間へ強烈にアピールしている。
     だが,本件だけを勘案しても,如何に,日本共産党が卑劣極まりない政党であるかを容易に窺い知れる。
     また,日本共産党議員による,類似事件は,全国的に蔓延している。
     参考に,福岡県直方市ウェブサイトから取得した,当該市の類似事件の例を別紙に示す。
     これら被告発人秋山等の犯行を是正することは,上尾市役所のみならず,遍く官公庁の中立・公正及び不偏不党な姿勢の堅持並びに法令順守意識の啓発にもつながる。
     結果として,公務員による犯罪行為の減殺にも寄与する。
     本件を告発することは,告発人にとって何の利益にもならないばかりか,時間・費用・労力を費やした上で立場も不利になり,今後,告発人は茨の道を歩むこととなるであろう。
     しかし,全体の奉仕者たる者,己が利益又は損害などは度外視してでも,公共の福祉へ寄与しなければならない。
     現在,公務員に対する国民全般からの信頼は,残念ながら乏しい。
     公務員に対する信頼回復のためにも,保身行為に走らない者もいるという事実を示すためにも,今回の告発に踏み切った次第である。
     また,現在の告発人は,中立・公正,不偏不党を絶対視している。
     相手の立場などは意に介さず,不正は不正として,是正しなければならないと,考えている。
     今後の公共の福祉のためにも,どうか,被告発人秋山等を厳正・公正に処分願いたい。

                  添  付  資  料
    1.福岡県直方市ウェブサイト コンテンツ
     「政党機関紙赤旗新聞を市役付職員の大多数が購入していることについて」1通

                                         以 上

  11. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    (以下,参考。)
                               平成 27 年 7 月 20 日
    埼玉県職員 各位
                              高橋 エマニエル=努

       現埼玉県知事の適性について(通知)
     上田清司埼玉県知事は, 不合格 と決定されました。
     なお,埼玉県庁舎内にて,埼玉県職員自身によるものと思料される怪文書が出回っており,これが上田悪政の数々を暴露していると聞きました。
     是非,これを社会全般へ拡散されますよう,お取り計らい願います。

                               平成 27 年 7 月 20 日
    行政調査新聞 御中
                              高橋 エマニエル=努

       上田清司埼玉県知事再選阻止について(依頼)
     連日の上田暴君の実態の暴露,お疲れ様です。
     当該暴露記事は,今までの我々県民の屈辱,怨恨呪詛を代弁した物であります。
     これは上田県政に限らず,世間全般に共通している事でありますが,ハロー効果は怖いものです。
     一旦功績を上げ続けると,当該功績者が人々から好かれ,当該者が為すこと総てが正しく見え,又は仮令これが間違っていることが明白であっても尚,無理矢理正当化し,若しくは依怙贔屓で100%の人間なんていない,で許容してしまうのです。
     その典型が上田による悪政であります。
     御社の記事も含めて,私自身がアンチ上田ネタを拡散しております。
     日本一自治体数の多い埼玉県だからこそ,全63市町村,全広域行政,市長会,町村会,知事会,社会福祉協議会,国民健康保険団体連合会,市町村職員共済組合,地方職員共済組合,市町村総合事務組合,総務省,マスコミ各社,議会諸々に拡散しました。
     しかし,送り主が個人である以上,恐らく誰も読まずに廃棄することと思料されます。
     是非,御社ご自身でも,これら関係諸団体へ拡散すべくものと思料されます。

  12. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     赤旗の市役所庁舎内での市職員へのパワハラ販売を行い続けている張本人である,極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派埼玉県上尾市議会議員秋山もえが,自身のブログ
    http://mugendai2007.blog.shinobi.jp/%E2%97%8F%E5%B8%82%E6%94%BF%E3%83%BB%E7%9C%8C%E6%94%BF%E3%83%BB%E5%9B%BD%E6%94%BF/%E3%80%8C%E6%88%A6%E4%BA%89%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%BC%B7%E8%A1%8C%E6%8E%A1%E6%B1%BA%E3%81%AB%E6%80%9D%E3%81%86#comment
    において,下記のことを述べています。
     極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派議員は,彼女に限らず,皆,このような論調です。

    「戦争法案」の強行採決に思う

    2015/07/20 (Mon)

    自民党と公明党が
    衆院本会議で
    「戦争法案」を
    強行採決しました。

    彼らは
    こういうやり方でしか
    この法案を
    扱えなくなっている。

    どうにも
    国民に説明すればするほど
    けっきょくは
    憲法違反の法案だ
    ということが
    明々白々になって
    どうにもならない。

    まさに
    彼らが
    国民世論に
    追いつめられている
    証拠です。

    独裁政治というのは
    本当に恐ろしい。

    権力を握ったが最後
    国民の世論を
    謙虚に受けとめる姿勢が
    無くなって
    しまうのですね。

    いま
    若い世代の方たちが
    声をあげています。

    先日
    私は若者の国会前での
    抗議行動に
    参加しました。

    「民主主義って何だ!」

    ラップ調で
    彼らは
    コールをしていました、

    心からの叫びです。

    民主主義って
    なんでしょうか。

    国会で多数の議席を得たら
    なんでもしていい。

    選ばれた人たちが
    なんでも判断して
    政治を動かしていい。

    これが
    民主主義でしょうか。

    私は
    そうではないと
    思います。

    選ばれた人たちは
    謙虚に
    慎重に
    国民目線で
    そしてなによりも
    憲法を守って
    憲法にそって
    政治にたずさわり
    行動しなければ
    なりません。

    国民は
    いつも
    権力が暴走しないよう
    憲法を逸脱しないよう
    監視をする。

    そうでなければ
    権力は
    まちがいを
    犯しやすい。

    今まさに
    安倍政権が
    まちがいを
    犯そうとしています。

    だからこそ
    これまでにないほど
    反対の声が広がり
    「アベ政治を許さない」の声が
    日に日に高まっているのでは
    ないでしょうか。

    私は毎日
    子どもたちと
    今の政治のことを
    話します。

    なにが
    起きているのか。

    どうなっているのか。

    いっぱい
    話します。

    なぜならば
    子どもに関係ない
    ということでは
    ないからです。

    勉強だけしていればいい
    サッカーだけしていればいい
    それでは
    ダメだと
    伝えています。

    平和だからこそ
    サッカーができる。

    夢を
    追いかけることが
    できる。

    すべて
    平和だからこそです。

    来年の夏の参議院選挙では
    18歳と19歳の若者に
    選挙権が与えられます。

    若い世代が
    政治を動かすことができる!

    本当に
    すばらしいことです。

    私は
    平和を求めて
    たたかう大人として
    子どもたちと
    若者たちと
    未来を切り開いて
    いきたい。

    ぜったいに
    自民党と公明党の暴走は
    止めなくては
    なりません。

    みなさん
    それぞれの
    やり方で
    ぜひ声をあげてください。

    Twitterでつぶやく。

    国会の抗議行動に
    参加する。

    学習会に行ってみる。

    集会に行ってみる。

    抗議の手紙やファックスを
    安倍さんに送る。

    新聞に思いを投稿する。

    デモに参加する。

    署名に協力する。

    平和的な
    やり方ならば
    どんな形でも
    どんな方法でも
    だいじょうぶ。


    声をあげなければ
    日本はまた
    後戻りをしてしまいます。

    それだけは
    絶対に
    絶対に
    阻止しなくては!

  13. 加藤 義浩 のコメント:

    いつも拝読しております。
    ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願い申し訳あげます。

  14. 東京都55歳 のコメント:

    「平和安全法制」の衆院通過に思う

    2015/07/21 (Tue)

    自民党と公明党が
    衆院本会議で
    「平和安全法制」を
    単独採決しました。

    彼らは
    十分な審議時間を設けたにも関わらず、
    違憲だ危険だという枝葉のみの、
    本質でない議論しかできない野党のせいで、
    この法案を単独採決せざるを得なかった。

    どうにも
    間抜けな野党に説明すればするほど
    けっきょくは
    そもそも国を衰退させる目的で
    押し付けられてしまった
    憲法をすり抜ける法案であって
    我が国を守るために必よ不可欠である
    ということが
    明々白々になって
    どうにも嬉しくてならない。

    まさに
    役立たずの野党が
    サイレントマジョリティーに
    追いつめられている
    証拠です。

    コミンテルンというのは
    本当に恐ろしい。

    権力を握ったが最後
    意思に沿わないの言論を
    謙虚に受けとめる姿勢が
    元来無いだけでなく
    暴力によって封殺
    しまうのですね。

    いま
    サイレントマジョリティーたちが
    声をあげようとしています。

    先日
    私はバカ者たちの国会前での
    抗議行動に関する報道を
    げらげら笑いながら鑑賞しました。

    「民主主義って何だ!」

    ラップ調で
    彼らは
    コールをしていました、

    心からの叫びです。

    民主主義って
    なんでしょうか。
    それは、多数決でしょう。

    国会で多数の議席を得たら
    なんでもしていい。
    それが共産党の考え方です。

    だから共産党が多数派になることは、
    絶対に防がなければならない。

    選ばれた人たちが
    なんでも判断して
    政治を動かしていい。

    これが
    民主主義の姿です。

    私は
    そのとおりだと
    思います。
    基本的には。

    空気に流されやすく、
    記憶力に乏しく、
    マスメディアに染まりやすい、
    愚かな国民よりも、
    遥かに高い知識と意識を持ち、
    この国を正しく導いてくれる。

    選ばれた人たちは
    謙虚に
    慎重に
    国民目線で
    などという、
    愚かなポピュリズムに染まることなく、

    そしてなによりも
    我が国を衰退させる目的で
    押し付けられた
    憲法を守ることなく
    憲法にそうことなく

    我が国の国益や日本人の幸せを、
    最大限に考え
    政治にたずさわり
    行動しなければ
    なりません。

    国民は
    いつも
    共産党が暴走しないよう
    監視をする。

    そうでなければ
    共産党は
    まちがいを
    犯しやすい。

    今まさに
    共産党が
    まちがいを
    犯そうとしています。

    だからこそ
    これまでにないほど
    反対の声が広がり
    「共産党を許さない」の声が
    日に日に高まっているのでは
    ないでしょうか。

    私は毎日
    子どもたちと
    今の政治のことを
    話します。

    なにが
    起きているのか。

    どうなっているのか。

    いっぱい
    話します。

    なぜならば
    子どもに関係ない
    ということでは
    ないからです。

    勉強だけしていればいい
    サッカーだけしていればいい
    それでは
    ダメだと
    伝えています。

    平和だからこそ
    サッカーができる。

    夢を
    追いかけることが
    できる。

    すべて
    平和だからこそです。

    来年の夏の参議院選挙では
    18歳と19歳の若者に
    選挙権が与えられます。

    若い世代が
    政治を動かすことができる!

    本当に
    すばらしいことです。

    私は
    平和を求めて
    たたかう大人として
    子どもたちと
    若者たちと
    未来を切り開いて
    いきたい。

    ぜったいに
    民主党と共産党の暴走は
    止めなくては
    なりません。

    みなさん
    それぞれの
    やり方で
    ぜひ声をあげてください。

    Twitterでつぶやく。

    国会の抗議行動に
    参加するバカ者を鑑賞する。

    自民党の学習会に行ってみる。

    自民党の集会に行ってみる。

    平和安全法制賛成の手紙やファックスを
    安倍さんに送る。

    新聞に賛成の思いを投稿する。

    賛成のデモに参加する。

    賛成の署名に協力する。

    平和的な
    やり方ならば
    どんな形でも
    どんな方法でも
    だいじょうぶ。


    声をあげなければ
    日本はいよいよ
    危険を防止できなくなってしまいます。

    平和安全法制だけは
    絶対に
    絶対に
    成立させなくては!

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

      GJ!!
      素晴らしいです!!
      芸術的なアレンジ、有難うございます。

  15. 湖青 のコメント:

    小坪先生

    ブログのアップ有り難うございます。いつも勉強させて頂いております。

    昨年末の選挙の時に○産党の方が、「○産党は怖い政党ではありません。今回、お試しに一度投票していただきたい。」といった趣旨の発言をされていて本当に怖いと感じました。かの党のソフト路線はとても巧妙で狡猾です。日本で広がりつつある格差の問題や若者の不満などを上手く吸収しているともいえるでしょう。
    また、以前にも書かせて頂きましたが、カトリックなどの宗教界にも○産党シンパが形成されています。
    司祭が赤旗の紙面を飾る事も珍しいことではなくなっています。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-21/2015042103_01_0.html
    宗教家として○産主義に同調するものではないという逃げ道を作りながら、しっかりと手を繋ぐやり方に多くの信者からも疑問の声が出ています。(組織としてのカトリックなど・宗教が利用される事が怖いのです)

    ソフト路線がこれ以上浸透する前に、○産党の脅威から若者を、日本を守りたいと、
    心から思います。

  16. coco のコメント:

    正しい歴史認識・・・さんで見たのですが、共産党の小池晃氏がニコ生で「公安監視団体だから何?」と発言! 何って(汗)日本にとって危険な団体という意味ですよ?
        動画はこちら↓です

    https://www.youtube.com/watch?v=nXSrKq_jO-Y

    P.S..            ・ ・ ・
    動画に出てくる女の子、韓国のキムヨナに似ていると思うのは私だけでしょうか???

  17. coco のコメント:

    本エントリーと内容違いですみません。
    できるだけ多くの読者のかたにアンケートに参加して頂きたいと思い、Topのエントリーにコメントさせて頂きましたのでお許しください。

    安保法制案の賛否について、Yahooがアンケート実施中です。
    (期間は7/15~8/5)

    安保法案が衆院特別委で可決、あなたはどう思う?
    http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/17822/result

    21日16;14時点で、賛成 48.8%、反対 48.4%、どちらでもない 2.8%と拮抗しています。
    (昨夜は反対が1.6%リードしていたのでやや巻き返しています。まだ参加されていない方、宜しくお願いします。拡散にもご協力宜しくお願いします!

    マスコミの偏向報道に負けないよう、頑張りましょう。

  18. 政治に疎い教師 のコメント:

    今日、ニュースでありましたが、共産党の資金源は赤旗だけではないようですよ。
    私の暮らす自治体では、共産党の議員さんとホームレス支援をしている方が、自分自身も生活保護を受給していました。しかも、朝からパチンコ屋に並んでいたりします。
    私たちの税金が、このような方々に使われ、パチンコに使われたり、政党へ流れていたりという事が残念でなりません。

    http://www.sankei.com/west/news/150721/wst1507210011-n1.html

  19. ピンバック: 【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁) #本当に止める | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  20. ピンバック: #SEALDs の皆さんへ。就職できなくて #ふるえる | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  21. ピンバック: 「SEALDsで活動すると就職できずふるえることになる」小坪しんや議員が警告|2ちゃんまとめ保存庫 - 2ちゃんねるのまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です