「押し紙」なんと7割。悪質事例、関東でも。裁判で明らかに【公取委は摘発すべき】


 

 

大阪に続き千葉でも、である。
なんと搬入される新聞の「7割が押し紙」である事例が法廷闘争で明らかになった。
実態が明らかになったのは毎日新聞である。

イデオロギーについては異なる陣営であるが、
古くからの同志、黒藪哲也氏のメディア黒書より実態を紹介。

これは、明らかに独占禁止法違反であると推察される。
公正取引委員会は是非とも摘発して頂きたい。

 

拡散するだけでメディアが怯える「数字」である。
全力での拡散支援をお願いする。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

押し紙、なんと7割。関東でも。
以下、黒藪氏より許可を得て転載する。

 

千葉県の毎日新聞・販売店の元店主が起こした「押し紙」裁判で明らかになった新聞の偽装部数の実態を数字で紹介しよう。被告は毎日新聞社(当時、朝比奈豊社長)である。結論を先に言えば、「押し紙」率が約7割にもなっていた。約7割にも達した例は、大阪の高屋肇氏が経営していた毎日新聞・蛍池店と豊中店だけではなかった。関東でも同じような異常な実態があったのだ。

2013年1月から2015年7月までの期間に毎日新聞社が、原告の販売店に搬入した新聞の総部数は、4万8702部(搬入部数)だった。これに対して、実際に配達されていた部数は1万5095部(実配部数)だった。差異は、3万3607部。ここから予備紙(通常は実配部数の2%程度)を差し引いた部数が「押し紙」である。

この販売店の場合、搬入される新聞の約7割が「押し紙」だったことになる。
毎日新聞社は毎日、毎日、こりもせずに新聞を「押し売り」してきたのである。月ごとの数字は次の通りである。左の数字が実配部数、右の()ないの数字が搬入部数)

 

【H25】
1月 540 (1,584) 34.0%
2月 528 (1,559) 33.8%
3月 524 (1,559)
4月 501 (1,559)
5月 501( 1,559)
6月 500 (1,559)
7月 501 (1,559)
8月 490 (1,559)
9月 493 (1,572)
10月 497 (1,572)
11月 509 (1,572)
12月 502 (1,572)

【H26】
1月 502(1,597)
2月 498 (1,573)
3月 499 (1,573)
4月 492 (1,573)
5月 484 (1,573)
6月 480 (1,573)
7月 486 (1,573)
8月 482 (1,573)
9月 479 (1,573)
10月 477 (1,573)
11月 478 (1,573)
12月 473 (1,573)

【H27】
1月 472( 1,576)
2月 466 (1,573)
3月 460 (1,573)
4月 456 (1,576)
5月 455 (1,573)
6月 450 (1,573)
7月 420 (1,573)
合計 15,095( 48,702)

 

◇100%独禁法違反
この「押し紙」事件の特徴は、原告の店主が2012年7月に毎日新聞社との間で商取引の契約を締結した時点の実配部数が546部だったのに、それを承知のうえで、毎日新聞社が、当初から「押し紙」を送り続けた事実である。元店主は、繰り返し「押し売り」に「NO」を表明してきた。きっぱりと断っていたのである。それを立証する膨大な録音も残っている。

もし裁判所が公平な法の番人であれば、毎日新聞社は、「押し紙」によって元店主が受けた損害を全額賠償しなければならない。また、公正取引委員会も、独禁法違反で、同社に対して指導に乗りださなければならない。新聞社だけを特別扱いすべきではないだろう。

 

◇社会部出身の朝比奈豊社長
ちなみにこの「押し紙」裁判に先立って、毎日新聞社は、元店主に対して店舗からの退去を求める裁判を起こしている。元店主は、「押し紙」が原因で毎日新聞への新聞代金の納入ができなくなった。そこで毎日新聞社は、店主との商取引を一方的に破棄した経緯があった。

ところが元店主は、産経新聞や東京新聞も配達していたので、引き続き店舗を必要とした。こうした事情を知りながら、元店主に店舗からの退去を一方的に求める裁判を起こしたのである。裁判を好む読売と体質が類似していないだろうか。
提訴時には、社会部出身の朝比奈豊氏が社長を務めていた。同氏は社会部の出身でありながら、新聞の押し売りを公然と認めてきたのである。一行たりとも「押し紙」を報道していない。

続きは以下。

 

 

 

誰も読まない新聞
実際に比率を示してみよう。平成25年1月は、搬入部数1,584に対し、実配部数は540部である。
実際に、配られていた部数は、この時点で僅かに34.0%。
なんと64%が「そもそも読まれていない」のだ。
翌2月は、搬入部数1,559に対し、実配部数528部。さらに数値は悪化し、届けられたのは僅かに33.8%、押し紙は66.2%。

数値は、年を経るごとに悪化している。
上記の表の最後の数字を紹介する。

 

平成27年7月の数値。
搬入部数が1,573部に対し、実際に配られたのは420部。
配られたのは26.7%にまで悪化。

押し紙は【73.3%】である。

 

搬入された新聞の、そのほとんどが読まれていない。
環境破壊も甚だしい。

 

 

 

販売店に対しての当方のスタンス
言い回しに苦慮する部分であるが、販売代理店も加害者にはなる。
広告費を詐取している当事者でもあり、単に被害者とは言えない。

だが、新聞社と販売代理店には大きな力の差があり、
NOをNOとも言えぬ関係であり、かつ実際にNOと言ったところで押し付けられ、
先ほどの事例では「店舗を奪おう」とまでしている。

 

考えて欲しい。
早起きして、雨の日も雪の日も、必死に新聞を配達する思いを。

決して新聞が嫌いなはずもなく、愛してやまぬ存在かと推察する。
その「大切なもの」を、配らぬと知りつつ搬入され、わが手をもって廃棄するのは、どのような気持ちなのだろうか。
私には、わからない。想像するよりない。

 

この例えが適切かはわからぬが、私は車が好きだ。
バットで車を破壊するだけの仕事、そして表では中古車販売。

お花が好きな人は、花で考えて欲しい。
花が好きで花屋となり、裏では花を大量廃棄。
ケーキでもいいし、家具でもいい。

 

たまったものではない、というのだけは、わかる。

好きなものを、自らの手で廃棄させられる。
農家が、稲に火を放つようなもの。

その一点をもって、心情として「販売店の側に立つ」ことを当方のスタンスとする。
力学的に、新聞社と販売店を同列に語ることはできない。

私たち政治家は、「心のままに」生きることが許されている。
そしてその生き様を示すことこそが、真の職責であると確信している。

 

 

 

独占禁止法に抵触
「独占禁止法違反」と断言した前述の文章は、黒藪氏の原文ママである。

小タイトルは「独占禁止法に抵触の恐れ」としたいところだが、敢えて「恐れ」は削除した。

 

この微妙な言い回しが何に起因するかと言えば、当方が政治家であり、
立法・行政・司法という三権分立における立法分野に属するためだ。

違法か違法でないかの判断は、司法においてなされる。
立法分野の私が断言することは、基本的には避けたい。

 

その上で、論拠を示してであれば、「恐れ」はつけるべきではないと判断した。
以下、新聞業における特定の不公正な取引方法・公正取引委員会告示第九号(平成十一年七月二十一日)を紹介する。

 

新聞業における特定の不公正な取引方法(平成十一年七月二十一日公正取引委員会告示第九号)

 

 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号)第二条第九項の規定に基づき、新聞業における特定の不公正な取引方法(昭和三十九年公正取引委員会告示第十四号)の全部を次のように改正する。

 

新聞業における特定の不公正な取引方法

1 日刊新聞(以下「新聞」という。)の発行を業とする者(以下「発行業者」という。)が、直接であると間接であるとを問わず、地域又は相手方により、異なる定価を付し、又は定価を割り引いて新聞を販売すること。ただし、学校教育教材用であること、大量一括購読者向けであることその他正当かつ合理的な理由をもってするこれらの行為については、この限りでない。

2 新聞を戸別配達の方法により販売することを業とする者(以下「販売業者」という。)が、直接であると間接であるとを問わず、地域又は相手方により、定価を割り引いて新聞を販売すること。

3 発行業者が、販売業者に対し、正当かつ合理的な理由がないのに、次の各号のいずれかに該当する行為をすることにより、販売業者に不利益を与えること。
一 販売業者が注文した部数を超えて新聞を供給すること(販売業者からの減紙の申出に応じない方法による場合を含む。)
二 販売業者に自己の指示する部数を注文させ、当該部数の新聞を供給すること。

 備考
 この告示において、「日刊新聞」とは、一定の題号を用い、時事に関する事項を日本語を用いて掲載し、日日発行するものをいう。

 附則
 この告示は、平成十一年九月一日から施行する。

 

 

今回、紹介した訴訟の事例では、販売店側は明確にNOという意思表示をしているとのこと。
にも関わらず、7割と言う異常なまでの供給を行っている。

この件については、法の解釈が付け入る隙はなく、議論の余地などない。
三権分立の都合上、「あくまで一般論」とはさせて頂くが、通常に考えて「違法である」と認識することが妥当であると考える。

 

 

本件は、

 

独占禁止法違反だ。

 

法にのっとり、公正取引委員会は

 

適切な対応をとることを期待する。

 

 

 

小坪しんやの論文はこちら。

前編

後編

 

渡邊哲也氏の論文はこちら。

 

黒薮哲哉氏の論文はこちら。

 

 

平成22年(2010年)、私の過去の活動。
押し紙に関する国会法に基づく請願を作成、実際に提出。
雑誌掲載もされている。私も、思えば古参ですね。

 

【新聞業界に激震】NO!残紙キャンペーンがスタート。【保革共闘の時代よ、再び!】

 

 

 

政治家の動き
黒藪さんは、リベラルゆえ、安倍政権に対しては否定的だ。

その上で仲良くさせてもらっているのだけれど、
まぁ、この戦線は命懸けだから、やってる人間同士、仲良くもなる、というのが一つ。

今日ひさびさに長電話してたわけですが
(関係ない話もダラダラしてたりするのですが。)
森友・加計と報道について、少し話しました。

 

黒藪さんは、「もっとやれ!」と思ってるとは思うのだけど、
支持政党の話は横に置いておいて、政治家に対する”ある化学反応”を生じさせた可能性を議論した。

よかろうと悪かろうと、それは横に置いておこう、と。
とりあえず、「メディアだけが、一方的にタコ殴り」にした事実はある、と。

で。
安倍晋三記念小学校なんて、書いてなかった、と。
朝日は間違った、と。永田メール事件の際とは異なり、ミスったほうは責任をとる気もなさそうだ、と。

化学反応というのは
「おい、おまえ、なんかおかしくないか?」という、ふつふつとした怒り。
政権とかイデオロギーとか外交とか、そういうのは抜きにしてですね、

「一方的にやられたら」、誰だって頭にくるわけですよ、はい。
流石に、政治家もキレてる、と。
まぁ、そんな流れじゃないんですか?と。

 

政治家であること。
それをちょっと除外して考えたい、と。

誰だって「あっこまでボコボコ」にされれば、恨みだって抱くだろう、という話。

 

・・・というか、そんな【空気は感じる】わけですね。

このBlogの更新が、早朝の4時とか5時とかになっているのは、
謎の資料をいっぱい書かされてたり、妙な繁忙期みたくなってる可能性もあるわけでして。
それが何かなんて、書きませんけどね。

 

私は歩兵みたいなものですから、制空権を奪取すべく、お空の上で何か熾烈な空中戦でもあるのかも知れませんけれど「想像するしかない」立場です。
・・・と述べておきます。

まぁ、なんちゅうか、怒ってるんだろうなぁ、と。
何かありそうな気はしますね。

 

準備して「構え!」と号令し、
結果としては(水面下で)妥結というのは有り得る話なのでしょうけれど、
今回ばかりは、やるかも知れんね。

なんでかって、「怒り」を感じるからです。
【あったま、きたぞぉ!】みたいな。
それが押し紙で行くのか、NHKのスクランブル化なのか、電波オークションなのか、BPOの改変(罰則あり)なのかは知りませんが、何かはやりそうな感じです。

 

どうしてこういうエントリを書くかと言えば、
「自民党の偉い先生!」
「公取に、おかしいんじゃないの?七割はさぁ」って言ってくれんかな?と思ったからです。

先生、それを水面下でこそっと言ってくだされば、
それだけで新聞社には「大きな大打撃」でございます。

公取にもっていく資料が必要でしたら、訴訟関係の資料は取り寄せたいと思いますので、個別に携帯なり鳴らしてください。
速達で送ります♪

 

・・・というエントリがですね、拡散されていったらですね、
新聞社に対する「良い牽制」になると思うのです。
なので、ふるって拡散支援のほどよろしくお願いします。

 

 

 

これこそが、ネットを活用した、

 

新たな時代の、政治家の戦い方。

 

私はそう信じます。

 

見ようによっては、これは自爆特攻。

 

敵はあまりに大きく、

 

普通に考えて、勝てるわけがない。

 

誰もできぬと思われたとき、

 

「俺が行く」と言えるやつじゃないと、

 

選挙に出馬しようだなんて、

 

そもそも思うわけがない。

 

損得も、利害も、関係ない。

 

心の赴くままに。

 

政治家の思考は、自由であることが健全なのだ。

 

許せないものは、許せない。

 

「マスゴミは、やりすぎた」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

34 Responses to 「押し紙」なんと7割。悪質事例、関東でも。裁判で明らかに【公取委は摘発すべき】

  1. medakanoon のコメント:

    「押し紙」なんと7割。悪質事例、関東でも。裁判で明らかに【公取委は摘発すべきと思ったらシェア】 大阪に続き千葉でも、である。 なんと搬入される新聞の「7割が押し紙」である事例が法廷闘争で明らかになった。

  2. お焼き県民 のコメント:

    これは明らかに司法でも勝てそうなのに、公取委員会が今まで仕事してなかったのは何故か?

    と考えるとフツーにお金が新聞社持ちの、上納金か性接待で公取のお偉いさんがずぶずぶの図。を想像します。あるいはwikiによると、

    『公正取引委員会(こうせいとりひきいいんかい、略称:公取委(こうとりい)・公取(こうとり)は、日本の行政機関の一つである。内閣府の外局として、内閣総理大臣の所轄の下に設置される合議制の行政委員会である。』

    らしいので、問題があるのを知ってはいたけれど手駒の一つとするために「歴代内閣総理大臣が」見て見ぬフリをしてきた可能性。

    が考えられますかね。

    でも一般庶民がニュースソースとしてもう当てにしてないレベルでの誤報虚報プロパガンダの便所紙。ですし、毎日新聞は変態WaiWai事件でもありましたが日本人は変態!と英語で全世界に発信し続けて責任取ってませんし(バカ日の慰安婦捏造ほどインパクトはないけど)、この店主さんへの仕打ちとかフツーにパワハラ、嫌がらせの域ですよね,元同僚に対して。

    ってことは首相官邸に向かって「押し紙ってひどすぎね?」ってご意見送れば良いんですね。分かりました〜。皆さんもこちらへどうぞ。↓
    https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

    市議ったら、入院されてるのにちっとも休んでませんね?
    今はまだ尿路結石だから良いですけど、メンテ怠るとどんどん怖いレベルの故障になりますからね?ちゃんと寝て下さいよ?
    お掃除が済んで綺麗になった日本の行橋市でも市議続けて欲しいんですから。

  3. 川崎哲治 のコメント:

    小坪さんを含めた何人かの人々の努力によってここまで来ました。本当に感謝です。
    ここから後は GoGoGo!!!

    しかし7割はいくら何でも酷すぎる。

  4. 読点 のコメント:

    新聞社勤務経歴が「前科〇犯」と同じ扱いになる日が来るのか。

  5. 匿名希望 のコメント:

    小坪市議は現在の日本で最も「自由な」政治家ですな
    本当の意味で最もリベラルである

  6. ブレダ のコメント:

    新聞社の「自分に都合の悪いことは攻撃か無視」的な態度には
    本当にがっかりさせられます。

    それにしても彼らに広告を出している企業や団体、個人の方々は、自分たちの支払う
    広告料の根拠が実売部数なのか、押し紙まで含むのか、真剣に考えてみる
    よい機会ではないでしょうか。他の広告媒体も充実してきているわけですから。

    彼らの浅ましい実態を暴露してくださる、小坪先生に感謝です。

  7. 修羅の国の元住民 のコメント:

    被告になった毎日新聞の当時の社長の朝比奈豊といえば、あのWai Wai変態事件の
    責任者だった人じゃないですか。
    あの事件で処分されると思いきや、逆に栄転になってネット民の批判の対象に
    なってましたね。

  8. ひろちゃん のコメント:

    自民党のえらい先生、どうぞよろしくお願いします。国民は、もう騙されるのはうんざりなんです。

  9. 月光仮面 のコメント:

    大阪自民が姉妹都市解消を渋った 平和を仲良くを旗印で渋った
    皆さん チャイナ 韓国がしていることは 日本を敵として
    みなして 工作活動をしていると思います その結果として
    この押し紙も無いのだろうか 無知からの意見ですが
    皆様 今日の虎の門ニュースみたら もはや 日本は日本を
    守るために立ち上がるべきではないでしょうか 政府に
    強く言いたいですね 守る法律を早く作れーーー

    • 月光仮面 のコメント:

      ヘイト法を作った何とかサン 出番ですよ 貴方が真の
      日本のための政治家なら 立ち上がってみてはいかがか
      これには手もへも出さんよね

  10. itibariki のコメント:

    渡邉哲也氏著「メデイアの敗北」を広めたくて、ある試みにチャレンジしましたが挫折して情けなく凹んでました。自分はだめでも皆さんに頑張っていただき、また元気が出てきそうです。裁判、公取、そして日本郵便に第三種郵便物承認を・・・となりますように。朝日、毎日の英字発信も阻止しないといけません。

  11. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、押し紙情報(今回は毎日新聞)ありがとうございます

    しかし、押し紙が30%ならまだしも、70%が押し紙じゃ、販売店も頭爆発するのはよくわかります。きっと、日本全国の販売店のかたがたのマグマ(ふざけんなよ!)はもう、たまりにたまってるじゃないですかね、、きっと、大爆発するぞ!これは・・・

    んで、黒藪さんは、リベラルで、姿勢としては安倍政権に否定的なんだ・・ふむふむ
    でも、命がけで活動している黒藪さんと、新聞一面を使ってフェイクニュースを垂れ流し、それを@から指摘されると、ちいさく言い訳記事を載せる、でも、謝罪とかいっさいない!朝日新聞とかとくらべたら、黒藪さんは真のリベラルなんでしょうね。

    閑話休題・・・・

    きょう、以下を脳内メモさせていただきました。

    >このBlogの更新が、早朝の4時とか5時とかになっているのは、
    >謎の資料をいっぱい書かされてたり、妙な繁忙期みたくなってる可能性もあるわけ>でして。それが何かなんて、書きませんけどね。

    >【あったま、きたぞぉ!】みたいな。
    >それが押し紙で行くのか、NHKのスクランブル化なのか、電波オークションなの
    >か、BPOの改変(罰則あり)なのかは知りませんが、何かはやりそうな感じです。

    上記、なにかうごいていそうで、今後が楽しみ(楽しんでいいすよねw先生w)になってきました。

    そうか、、ブログの更新が、朝方(それも、午前4時とか五時なんすよw)なのは理由があるんすね。
    でも、小坪先生、体調だいじょうぶですか!わたしは、そちらが心配!
    小坪先生、釈迦に説法だけど、健康第一ですぜ!日本の未来のためにも、絶対、健康第一でおたのもうします!伏しておねがいします。

    • MAZDA のコメント:

       私も同じ箇所で「ざわざわ」と胸に来るものがございました。
      その中で、一番抵抗が少ないと思われるのは「BPOの改変(罰則あり)」でしょうか?
       その他の3つは、それぞれどれ一つを取っても妥協点が見いだせない「完全な敗北」と直結しすぎています。

  12. MAZDA のコメント:

     私も同じ箇所で「ざわざわ」と胸に来るものがございました。
    その中で、一番抵抗が少ないと思われるのは「BPOの改変(罰則あり)」でしょうか?
     その他の3つは、それぞれどれ一つを取っても妥協点が見いだせない「完全な敗北」と直結しすぎています。

  13. solt-nappa のコメント:

    選挙の時、政見放送使わないでね。

  14. gamaお? のコメント:

    7割って・・・。
    新聞の勧誘をめぐるトラブル、「新聞拡張団」の様な押し売りのバカ者どもを暗躍させて来た原因も『押し紙』にあるんですかね。ならば、やはり新聞社の罪は重い。
    78歳の一人暮らしの母も販売員からしつこく付きまとわれ、仕方なく契約した過去がありました。解約を申し出ると販売員が飛んできて、怪しい契約書を盾に暴言吐きまくり。私が目の前で消費者センターに電話すると、販売員は逃げていきましたとさw。
    偏向報道ばかりの新聞は消えてしまえ!

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    押し紙、早くよい方向に決着つくといいですね。
    そして日本内で嫌な事件が続きますね。倫理モラルの低下に関しては、道徳の他に精神医学を取り入れた方がいいかもですね

    朝日新聞の誤報騒動が『自民党の逆襲が始まって』特大ブーメラン化した模様。議事録に捏造の証拠が永遠に残る
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50505772
    3:名無しさん@涙目です。:2
    頑張れ朝日新聞 真実に負けるな

    9:名無しさん@涙目です。:
    >>3
    好き

    42:名無しさん@涙目です。:
    >>3
    嘘百回で真実になるからな

    76:名無しさん@涙目です。:
    加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
    2017年5月17日5時0分
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html

    うわあ…不自然すぎて吹いたw
    よほど都合が悪いようだ

    88:名無しさん@涙目です。:
    >>76
    下の肝心なとこが絶妙に読めなくなってるよなw

    【動画】餌で猫を誘い出し車からエアガンを撃ち込む事件が発生、飼い主が監視カメラの映像を公開
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200407
    恐るべき幼稚さ…免許取れる年齢なんだよな…?

    エアガン(ソフトエアーガン)とガスガンと電動ガンには、思い当たる迷惑行為に繋がる行為を警告として説明書、本体にシールなどで書いてるので、理解した上で犯罪行為を行っている。
    普通にタイホやな

    「ひきこもり就労支援」を半数の自治体が断念!行政からもさじを投げられるお前らw
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200399
    ひきこもりやニートだけを収容教育する特別施設をもうけて、そこに集約して一括管理体制を取って指導していくほうが、無駄にあちこち金をばらまくより、よっぽど有益で効果もあがると思う

    結果が出にくい事業だろう。
    引きこもってる本人が、引きこもりをやめるために行動を起こすことが怖いだろうから、拒否も多いだろう。でも窓口は開けといたほうがいい気がするんだけどな。

    原理に戻るべきだと思うけどな。
    働かない奴はたとえ餓死したとしても当然という考え方を推奨すべき。
    引きこもりの間違っているところは「働かなくても食べて良い」とおもってるところ。
    ここを徹底的に改善すべきでは?子供の頃から教育していくべき。
    働きたくないなら働かなくても良い。その代わり餓死して当然という考え方ね。
    親が餌を与えて飼うのは罪にすればいい。
    支援はあくまで外がすべき。家の中で支援するから外から見えないし甘えが出る。
    餌が欲しければ支援センターに行けばいい。毎日飯の時だけでも外に出ればいい。
    これだけでも変わると思うぞ?「引きこもれない」状況を作るのは予防として大事

    女性ユーチューバー(16)が「フリーおっぱい」企画 渋谷駅前で60人に胸を揉ませて炎上
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1948425
    34: 名無しさん@恐縮です 20
    こういうの観たら外人も日本人女は
    触っていいんだとか思いそうだな

    71: 名無しさん@恐縮です 20
    揉む方も映像残るのによくやるな

    75: 名無しさん@恐縮です
    これだけ人(通行人含む)がいて誰もその場で通報しないという民度の低さ

    痴漢告白のネット掲示板で知り合った男達が、集団痴漢で逮捕! 電車内の防犯カメラで特定
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200366
    ネット上で結託して集団痴漢。最低としか言いようがない。

    “板橋駅のホームで、乗客の整理をしていたアルバイト(19)が、
    車内で女性を取り囲むようにして立っていた男らに気付き、
    駅員を通じて110番した。”
    素晴らしい。表彰すべきだろう。

    これは痴漢じゃない
    婦女暴行だよ。

    >>12
    痴漢もののAVを模倣したんだろう。
    AVの真似なんてそんなアホな事するわけがないだろうと普通なら思う。
    だが普通じゃない奴等ってのは必ず居る。

    高2女子がいじめで自殺未遂。 机や椅子に大量の紙切れで罵倒されるも担任「生徒同士のじゃれあい」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200348
    というか、ここ最近よくいじめによる自殺ニュースをしてるのにやめないな学生達。特に中学ぐらいなら理解してテレビ等をみてるはずなのにみてないのかな?
    社会対して興味なしでは今後の将来がこわいわー。

    どうして最近のいじめってこんなに陰湿にならないといけない理由があるんかね。
    いたくなけりゃ、いじめる側が学校辞めれば良え話ちゃうん?

    なんで高校教師がガキの躾までしなきゃなんねえんだ
    「いじめすんな」レベルのガキの躾くらい小学生前に親が済ませとけ
    育児放棄だろ

    学校関係者みたいなコメント多いね
    いじめを見て見ぬふりしてた時点で叩かれるのは目に見えてるしその擁護は無理あるよ

    だっていじめを解決すると評価が上がる加点方式じゃなくて
    いじめの発生が確認されると教師の責任になる減点方式なんだもの

    確かに教師ももう少しなんとかできたかもしれないけど、
    この事件で1番ガイジなのは高校生にもなって幼稚ないじめをするような子供を育てた親だね

    「韓国の違法中絶、一日3000件」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8989250
    98: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/11/27(月) 12:2
    >>15
    いくらなんでもフェイクだろ。
    まず、数学の根拠が乏しい。
    証言する人が少ないのに、どうやって調査したか根拠を示していない。
    その調査に基づく数字も、1日
    460〜3000件であって、3000件以上では無い。

    18: 2017/11/27(月) 11:11
    毎年100万人がしているの?

    27: (´・ω・`)(`ハ´
    >>18>>
    リピーターが結構いるんじゃね?

    中絶に関しては他国を笑えませんね

  16. たつまき のコメント:

    マスコミは大した事ない相撲の報道ばっかり?
    日本国民はそんなに興味無いと思うけど…(笑)
    もっと重要な事を報道して欲しいけど、しょ〜もない報道でごまかしてるのかな?
    こんなワイドショーみたいな報道ばっかりやってるマスコミは要らないと言われても仕方がないですね。

  17. 元新聞奨学生 のコメント:

    私は新聞奨学生として専門学校に行かせて頂きました。朝3時頃に配送車から朝刊が届くのですが、300部程配っていました。(辞めた後暫くは朝6時頃に起きたりすると「しまった?寝坊した?」とドキドキしてました。)それから地元スーパーなどのチラシを織り込みます。それはチラシ配布エリアの実売数でチラシ配達手数料を頂いていたと思います。強みは地域密着型なので独り暮らしのお年寄りの話相手になったりポスティング代行、郵便物配送代行もやっていました。当時で15万人の業界と聞いていました。アマゾンやヤマト運輸さんの代行をすれば業界の健全化、再生を計れるのではないでしょうか?最早、資源の無駄遣いする国力はありません。今ある人的資源の最適化、配置転換をする時です。戦後に日本でこそすべきだったレッドパージ、偽帰化人の公職追放で日本は復活するでしょう。

    • 読点 のコメント:

      経歴に自尊心を持たれているのに感心しました。文字通りの意味です。

      団塊の世代が取り上げられていた時に「団塊の世代」というフレーズに過剰反応を示された団塊の世代の方がいましたが、「中の人」でないと分からない実情や正義はあるのですよね。

  18. テロ指定共産党 のコメント:

    弁護士さんの「過払い金返還請求」も返還期限が近いようで、次のお仕事に「過払い広告料金返還請求」が始まるのですね。

    ただ、ワイドショーでは絶対に報道しないですよね。
    .

    • 漫画喫茶店長 のコメント:

      広告主は本当にこれ「過払い広告料金返還請求」やるべきです!
      広告料は発行部数とほぼ比例するんです。
      ここ一ヶ月や二ヶ月の話じゃないわけですから、長年広告を出していた企業にはとんでもない金額の過払いが発生していますよね。

      アデ○ーレさん、業務停止がとけたら次はこれで勝負かけてください!!!

  19. 本物の保守より のコメント:

    毎日新聞は確か、聖教新聞の印刷なども請け負っていたので、この件に対しては公明党から意見が出るようにも思う。しかし、公正取引委員会は公平な判断をしていただくことを切に思う。あわせて、電波の割り当てについても、公正取引委員会が何らかの指針を出してもらいたい。現状はテレビ会社によるカルテルだと思う。

  20. 一郎 のコメント:

    やっぱ、小坪先生は、強い!
    心の赴くままに、ご存分に。

    嘘八百と詐欺で、国民を欺いてきた、毎日新聞と朝日新聞に鉄槌を!

    自民党のみならず、野党の議員の皆様も、マスコミに支配されない政治をしてください。

  21. 三浦銀治郎 のコメント:

    abc協会 発行部数 これもデタラメですよね。

  22. araigumanooyaji のコメント:

    “どうしてこういうエントリを書くかと言えば、 「自民党の偉い先生!」 「公取に、おかしいんじゃないの?七割はさぁ」って言ってくれんかな?と思ったからです。”

  23. のぶ のコメント:

    それにしても七割とはねえ。
    新聞は時代遅れ感のある商品ではあると思うけどそれ以上に商品の質が悪いから売れないってのを自覚するべきですね、新聞社は。

  24. ピンバック: アクセス障害のお詫びとご報告、攻撃の可能性を考えることの重要性 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  25. ピンバック: 沖縄二紙を正す、新たな動き。泣き所は「押し紙」比率の調査。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  26. 匿名希望 のコメント:

    石油ショックのことはテレビでしか知りませんが、あの時も押し紙を続けてたんでしょうね。

  27. liinter7 のコメント:

    毎日新聞の発行部数のうち70%も偽装していたのか。ひどい詐欺だな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください