政治vsマスゴミの行方、これからのメディア規制の帰趨


 

 

本稿においては、思考のみを書いてみる。
通常は肉付けにあたる部分、ロジックの解説に文章量を割くのだが、ある意味では「手抜き」とさせて頂きたい。

本日は、地元で航空祭。
他、所用もあり思うように時間がとれなかった。

恐らく書き直すとは思う。
「解説ナシ」での、私の脳内をそのまま記述する。

どうして、マスゴミは滅びるのか。
未来日記を書いてみました。
このエントリは半年後、数年後というスパンで「予言の書」となるでしょう。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

vs政治
これは、私が市議になった直後に誤解していたのだが、選挙を経る権限は2つある。

2つというのは、日本における3権だ。
立法、行政、司法の3権。

 

市議は、立法のピラミッドであり、
行政とは通常は公務員(市職員など)を指す。
だが、行政の長たる市長は、選挙で選ぶ。

 

国会はどうか。

立法は、国会議員ということはおわかりだろう。
行政は、官僚などを指す。
ただし、省庁を統べる大臣、つまり各省庁のトップは、これまた政治家なのだ。
そしてその最大のトップは、内閣総理大臣である。

 

いま、メディアは「政治家」を敵に回している。
どことなく「立法」を敵に回しているように思う方も多いだろうが、それだけではない。

 

 

 

選挙を汚した。
支持率を操作する目的での、意図的な偏向。

政治介入を意図しての、争点の捏造。

挙げればきりがないが、選挙人がもっとも嫌う「汚い手口」のオンパレードだ。

 

私個人としては、民主主義には限界があるとは思う。
その上で、現在、モアベターな選択肢だとも思っている。

さて、民主主義の制度において、私たち政治家は議員なり市長なりを拝命しているわけだが、
選挙の根幹を揺るがす行為は、許されない。

 

また、永田メール事件の際とも異なり、
責任などを問うつもりも、ないようだ。

ほぉほぉ、となる。

 

で、それで済むのか?と言えば済まない。
また、済ませるべきではない。

民主主義により選ばれた私たちは、
その制度そのものを破壊する勢力に対し、
「ほぼ本能的に」対抗する遺伝子が組み込まれている。

・・・私の勘違いでなければ、
これは選挙を経験した全ての者に、だ。

 

 

 

立法、行政、司法
政治家を敵に回すと怖い、という。
その理由をいくつか考えてみたが、それは「3権のうち、2つの権」を統べるからだ。

司法以外は、実は選挙を経てなっている。
(ただし民間人を大臣に起用するなどの例外もある。)

 

あとは、司法だけ、となろう。

 

もう、ひとつ。
政治家は、実は頭が悪い。
これは一般論として言えば、事実だろう。

私たちはリスクをとるのだ、この生き方は「頭が悪い」と言われても仕方ない。

 

選挙においては、敗北すればそれまで。
全てを失う。

左派系などには「組織」の随分とあるが、組織候補でないならば、
出馬の時点で人生を賭けている。

これはサラリーマン的な生き方の対極であり、
いまメディアがボコボコに叩いている政治家たちは、
一度は清水の舞台から飛び降りたタイプの人間だ。

市議会議員だって、そうである。

 

こういうタイプは、キレると「自爆特攻」する。
自爆特攻と言いつつも、毎回、生還してにこやかに再出撃しまくる私みたいなタイプもいる。

これは場数を踏み過ぎて「生還ギリギリ」のリスク判断が相当に正確だからだ。
かと言って、安全かと言えばそうではなく、常にマージンはほぼゼロ。
外乱があれば、やっぱり死ぬ。

「あ、死んだかな」という時が、だいたい年に何回かある。

 

宇宙飛行士の訓練も同じだそうだが、極限状況においても、「冷静な判断」を繰り返すことで、飛躍的に生還率は向上する。

私がやっているのは、主にそんなものなのだろう、と思う。

 

そして、それは私だけに言えるものではない。

リスク管理に長けており、
そして「リスクを覚悟」することに慣れているのである。
選挙自体が、そういうものだ。

 

政治家が怖いというのは、そういうことなのだと思う。

自らの進退を賭け、身命を賭し、突撃する。

 

 

 

サラリーマンにはわからない。
サラリーマンで構成されたメディアは、いまいちわかっていない。
勝負のフィールドにあがれば、「場に提示するもの」は同じなんだよ。

こちらがBETしたものと、同じものは「賭けている」と思ってもらったほうがいい。
やれば、やられる。

 

前から、私には違和感があったのだ。
そして、多くの政治家が同じことを思っているように思う。
漠然とした疑念というか。

ゲームに例えるのはどうかと思うが、
「相手がルールを守ってない」のだ。

このゲームに負けたら切腹ね?みたいなルールで戦っているはずなのだが、
適用されるルールが異なる。
なぜか、メディアだけは切腹しない。

 

許認可がどうだとか、従軍慰安婦の虚構なり、「メディアの罪」は暴かれた。
人の罪をメディアは問うが、自分の罪は償わない。

・・・はて?

 

なんというか、相手だけ常に「無敵モード」と強弁していたり、
コンティニューボタンが無限に押せる、みたいな。

俺俺ルールでやっているように思うわけ、なんですね。
これは、よろしくない。

 

では、無理やり切腹させるのか、と言えばそれも違う。
ルールを守らず、ゲームが成立しないのであれば、
それは「退場」とすべきだ。

 

ここで私は退場とか切腹とか、比喩的に述べているが、
この言葉は「具体的なもの」があった上での置き換えだし、
ある程度の確証をもって書いていることは付記しておく。

 

そして「切腹させる」よりも、「強制退場」は、重い。

 

 

 

押し紙という切り札
私が、司法分野でも相当な問題視をされてきた、押し紙を担当した理由になる。

 

押し紙は、切り札になる。
なぜかと言えば「司法が動く」から、である。

前述のように、立法・行政は、政治家が司る。
司法のみは、政治家の分野ではない。

 

我が国は三権分立であるが、司法さえ抑えれば「全て揃う」のだ。
ビンゴ、である。

政治家は、すでに牙をむき始めた。
司法が同調できるテーマであれば「一気に動く」可能性は高い。

 

ま、
押し紙がトドメを刺すとは、確証がもてないが、
対メディア戦略の「重点作戦のひとつ」であるのは事実。

ネット世論上では「あれも、これも」と言うが、論文一本を書くのも大変で、
「だったら、おまえがやれ」と言いたい。
こっちだって市議の公務の合間に、必死にやっている。

実際、私は市議になる前からやっているし、ネット上でNHKのスクランブル化の論法の骨子になった請願を書いたのも私だが、議員になる前の作品。押し紙請願も同じくである。

 

とりあえず、「押し紙」をメディアは気にしているし、
官僚機構も含め、行政にも浸透させることには成功している。

立法側にも相当に浸透している。

 

相手の戦力にも上限はあり、むしろ責められることにはなれていないようだ。

ならば「戦力の分散」は相当に効果が高く、メディア側が「押し紙やられるのか?」とか「電波オークションか?」と、各所を警戒してくれるだけでも、色んなことが楽になる。

そのすきに「メディア責任法」などをPL法みたく成立させたり、
ドタバタしている間に、公取から押し紙監査を抜き打ちで受けたり。
会計検査院とかね。

 

司法と同調しやすいという意味では、押し紙は「要注意テーマ」ではある。

 

 

 

敗北するマスゴミ
いきなり結論に飛びます。

この過程には色々あるのですが、それは省略します。

省略したものは、主として戦力分析です。

 

メディアが持つロビイストだったり、いわゆる手駒。
国会議員であっても、仮に自民であれ、NHK寄りの方もいるし。
色んなものを勘案して「勝てるかなぁ」という図上訓練をしてみたのですけれど。

 

戦力的には、いける、と感じました。

 

 

かつ、まぁ、それがGOになりそうかも、なんとなく見えました。

2案、3案ありますが、競馬の予想みたいなものですよね。

高確率でA、次点がBかな、大穴でCみたいな。

 

例えば電波オークションの場合は、「テレビ局の収支に直撃」します。
もう、あんまり利益あがってないみたいですけど、そこから「現金を抜く」というのが怖いわけですね。

これを「囮」につかい、「メディア側に(政治に)お願い」をさせ、頭を下げさせた状態で、撃つ。

相手をスタン状態にしておいて、一気呵成に撃ち抜くのは常套手段でして、
その際に放てそうな酸素魚雷というのは、数案に絞れるわけです。
先に戦力分析において「勝てそうな」分野も絞られますしね。

 

 

 

 

大事なのは、国民世論です。

 

政治家は、すでにエンジンがかかっている。

 

選挙を経てきた者の「最大のエネルギー」は

 

支持者の声であり、国民の空気なんです。

 

あとは、燃料が尽きぬよう、応援の声を継続すること。

 

メディア批判もどんどんやって欲しいが、

 

現場で戦う政治家への、支援の声を絶やさないで欲しい。

 

これだけで勝負はつくように思う。

 

不安要素も少しある。

 

日本人の悪い癖だが、勝負あったとなった時、

 

「許す」ことや、「手を抜くこと」である。

 

赤軍が暴れた際、あれほど共産党アレルギーがあったにも関わらず、

 

いまだのうのうと存続を許している。

 

今回で、ある程度は討ち取らないと、

 

結構、面倒なことになると思いますよ。

 

各々方、最後の最後まで気を抜かないで。

 

まぁ、最大の理由を最後の一文に込めて見るけれど

 

朝鮮有事になったとき、

 

いまのマスゴミの在り方では、国家の機動性が低すぎるんだよ。

 

私は有事対応の一環だと思う。

 

あと、「ここまで悪化させた」責任を、

 

政治家はとりたがらないからね。

 

擁護する議員が激減していて、

 

むしろスケープゴート用の生贄を探しているようにすら思う。

 

なるほどね!と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

30 Responses to 政治vsマスゴミの行方、これからのメディア規制の帰趨

  1. medakanoon のコメント:

    政治vsマスゴミの行方、これからのメディア規制の帰趨 本稿においては、思考のみを書いてみる。 通常は肉付けにあたる部分、ロジックの解説に文章量を割くのだが、ある意味では「手抜き」とさせて頂きたい。 本日は

  2. スカイツリー のコメント:

    ネットが有って良かった。

    ガセネタとか判断する力が必要ですが

    マスコミが流さない真実とか色々な立場の人の意見とかが此処に有る。

    もし無かったらと思うとゾッとします。

    多分、マスコミなんか変だなぁと思いつつもお花畑な状態だったろう。

    テレビにしろ新聞にしろもう素直に信じなくなってます。

    どこかの大統領が、日本の乗っ取り完了なんて言ってましたね。
    まだ本当に危ない状況ですががギリギリ反撃間に合ったと思う。

    マスコミは一度解体の方向で

  3. あき のコメント:

    若い子はテレビ全く観ない人、ユーチューブとかの配信だけとかという人も増えてるみたいですね。  ネット有って本当に良かったと、今の時点では判りますが、既存メディアがバレ出したり誤誘導とかなかなか思うようにならなくなってきて、ネット規制やりたそうだし、工作員みたいな奴とか自称有識者有名人などの誘導コメント的なのも多いし、フェイスブック・ツイッター凍結など(著しく偏らなければまだ良いのですが)も、なぜこれで??みたいな事例も出ているし・・気を付けないとと思うのです。
    私、望みたいのは既存のテレビ新聞メディアを軌道修正して、罰則などきちんとして欲しい。一度解体してかなりテコ入れしないと無理でしょうけど。
    兎に角、在日朝鮮外国人帰化人も(支那韓は反日国!ですよ!!)これは幹部制作などには絶対に入らせない!というのを即やるべき・今入り込んでいる奴は首・偏執極左など偏った思想を番組などに反映するのは規制、検証など不可欠では?それでも難しいでしょうが。
    一部変な連中、在日支那朝鮮極左創価などなどこんな屑共に言論統制・言論封殺されるのは絶対に間違い。絶対に許せない。どんな形でも戦わなければやられたい放題です。 非常に危険な状態だと思っています。
    言論だけで無く、本当にテロ、武装襲撃など警戒すべき。  
    大体、支那韓語表示氾濫、高速道路の在日朝鮮・しかも北朝鮮籍の者迄優遇?!って?これはどういう事なのか!です・こんなの異常ですよ!!

    • 名もなきせいぎー のコメント:

      セキュリティクリアランスは喫緊の課題です。
      一応官僚内では試案はあるようですがね。

    • 読点 のコメント:

      そもそも現状の日本に不満を持つ外国人が帰化できることが、おかしい。

      皇族の人権を考えた時、私は諸手を挙げて天皇制に賛成するものではありませんが、日本の歴史も皇族が置かれた位置も役割も意味も理解しない「日本は好きだけど『天皇制反対』」という外国人が帰化できるのは、いくらなんでもおかしいだろ。

      反社会的活動を行う帰化人に、PL法を適用すべきではないの。

  4. araigumanooyaji のコメント:

    “選挙を経てきた者の「最大のエネルギー」は 支持者の声であり、国民の空気なんです。 あとは、燃料が尽きぬよう、応援の声を継続すること。 メディア批判もどんどんやって欲しいが、 現場で戦う政治家への、支援の

  5. MOSU5 のコメント:

    実際の所、国民には中央自民党(国会議員団)というものの実態や実質が殆ど分かりません。大部分の議員は、新聞記事などで何をやっているか、記事にもならないためです。

    逆に一旦「自民党ブラックボックス」から表舞台に出てくると、例えば河野太郎大臣は、保守派の前評判にも関わらず外務大臣として、岸田前大臣なんかより強硬でしつこさもあり、しかも言語明快、かなりいい仕事をしていたり。

    そういう意味では、電波オークションに関しても、自民党内にどのくらいの本気度があるのか国民には分からず、総務大臣は野田聖子氏ですが、

    どの議員を応援すればいいのか、今のところ国民にはまったく分からない状態です。

    これは、自民党内の保守系議員たちのSNSなどでの自己発信力がまだまだ小さすぎる、自民党内で国民に対し具体的な方向を示す旗を立てる人や、そのための連係がほとんど無いせいではないかと思います。

    • ヒデのシソン(女) のコメント:

      遅い反応のコメントとなってしまいますが・・・
      (小坪先生、私のこのレスが見当ちがいや良くないものであれば削除してください。)

      MOSU5様への横レスとなってしまいますが。
      現在の日本での最大の権力者(国民への影響から見て)は、私見ではマスゴミといえると思うのです。何をしても処罰されず、民衆の思考すらコントロールして、選挙結果の誘導を続け、ときには政治家の政治生命を奪うことにすら成功してきました。ですからマスゴミは、ある面においては三権以上の権力者、しかも小坪先生が書くように、「ルールを守りはしないファイター」、私に言わせれば「悪魔」「悪鬼」なんですよ。
      そこで、政治家について考えますと、みなさん生命を張って戦っていらっしゃいます。マスゴミというロクデナシとのゲリラ戦闘(相手がルールを守らないんで、必然的にゲリラ戦となるでしょう)においては、思うに「参謀」と「司令官」を大切に守らなければなりませんし、「指揮命令系統」が敵に露見してはならない・・・のだと思います(このあたり、戦線にいない国民の管見ですので小坪先生が間違いだと判断されればレスごと削除してくださってかまいません)。戦場において、参謀・司令官だけではなく、伝令(メッセンジャー)も大事ですから、指揮命令系統の全貌が露見するのは避けるべき、というのが普通の判断だと思います。何度も申し上げるように、敵がルールを守りゃしないので、ただでさえ不利な戦線、ハンディを負っているのです。
      で・・・野田総務大臣や河野外務大臣の起用などの現状を観察し、小坪先生のエントリを読みながら個人的に到達した考えとしては、小坪先生からのメッセージはおそらく、「応援すべき政治家は、示唆することもありますがそのほかは国民みずから判断してください」ということではないのか、と。ネット論壇(?)では国民の意見交換も活発ですし。わたくしども国民の目の前には、小坪先生という「司令官兼参謀兼メッセンジャー」(ですよね?)という複数機能を備えた稀有な政治家がいるのですから、小坪先生の発する「隠喩」に注意深く耳を傾けて、国民同士の連携も保持しつつ最終的には「自分で」考えていくべきなのでしょう。
      ・・・という駄文の長文でした。ここらあたりでMOSU5様には失礼いたします。

      末尾になりますが、小坪先生お大事になさってくださいね。

    • ヒデのシソン(女) のコメント:

      連投すみません。
      MOSU5様には、釈迦に説法となるかもしれませんが・・・

      戦闘の最中にある兵士にとって、「敵の目をあざむく」ことは必要不可欠なこととなります。迷彩服も陽動作戦もこの一言でくくれる側面があります。(私は「参戦」したことは一度もありませんが、家族以外の周囲が左翼の巣窟というような環境で生活していますので、なんとなく小坪先生のおっしゃりたいことが皮膚感覚でわかるんです)。
      それと、政治家(に限りませんが)にとっては「演技」というのも大切な要素でして。(大学で演劇部の「末端の末端」に関係しておりました。)
      政策の大切なパイプ役を務める政治家(地方・中央とわず)が、国民の敵であるマスゴミに対して「撃って撃って?」といわんばかりにサインを出すタイプの人物であれば、選挙に当選することはあっても政策を実行・推進していくことは難しいでしょう。(小坪さんは場数を踏んでいらっしゃるから何とかなっているのでしょう。)
      政治家のA氏とB氏が目的を共有しているとして、「表だった」関係としては・・・
      A「Bは保守といいながらNHKに文句いわない、偽装保守だ!」
      B「ウソつけ、Aこそ慰安婦像に何も言わないほどのナンチャッテ保守だ!」
      ・・・というセリフを投げつけあっておいて、テーブルの下では資料をやりとりしている・・・
      という真相であったり、とか。いえ、これは歴史ドラマを見すぎた私の妄想でございます。
      小坪先生、いろいろまずいことを書いておりましたらこのレス削除してくださいね(汗)
      MOSU5様もおそらくこのような「人間の世間」をご存じであろうと思いつつ書いた長文でございました。人間は、とぼけるということができるのですもの。
      最後に、すてきな歴史格言を。「敵は本能寺にあり!」

      お粗末な駄文で失礼いたしました。

  6. 学のない保守 のコメント:

    国民はマスコミに対して怒っている、
    と思います。

    先生お大事にしてください。

  7. 読点 のコメント:

    >ネット世論上では「あれも、これも」と言うが、論文一本を書くのも大変で、
    「だったら、おまえがやれ」と言いたい。

    お気持ちよく分かります。

    • しこ のコメント:

      数ある保守層論客で最も・・・いや、唯一説得力がある。
      講演会で銭稼ぎしてるビジネス保守ではここまで心に響かない。
      卒業レポートレベルのものを、毎日瓦版の如く
      提供している先生には頭の下がる思いです。

  8. 助さん、拡散 のコメント:

    ”政治家のエンジンは、かかっている。” あとは、世論がどんどん出力を上げていけば、よい訳ですね?攻撃目標は”紙”と”電波”。先生が常々、仰ってこられたように、メデイアは、やり過ぎたのです。国民側としても、忖度は無用です。

  9. miku のコメント:

    朝鮮有事になれば反日マスゴミに起きること
    ・NHKの”機材のみ”を除き民放・NHKともに殲滅
     (機材以外のものと言えば・・ま、想像にお任せします 御愁傷様)
    これはロシアがやったコソボクリミア方式です
    国民は何が起こったか最後まで知ることなく、お掃除が完了する段取りです

  10. 通りすがりの名無し のコメント:

    話の腰を折っちゃって恐縮ですが、彼ら、最近は言論機関って名乗ってませんか?
    それが鼻につくというか。

    言論機関だからそれなりのイデオロギーというか、ポリシーがある。と暗に言いたいのかもしれませんが、それならば、報道機関とは名乗らないで欲しいです。
    元々彼らに求めてたのは、正しい編集の無い情報ですし、それに色を付けるならばそう宣言して頂きたいものです。
    そうであれば、買わないだけではありますが、受給側としては供給を受けるための判断ができますので。

  11. task のコメント:

    私はメディアが偏向していても良いと思います。
    ただし、特定の新聞やテレビ局が行っている「私たちは中立の視点から報道しています」という姿勢を止めてもらいたいです。
    特に朝日新聞や毎日新聞などをはじめとする売国メディアは、素直に「私たちは日本国を破壊して、特定の国や勢力の利益になるために報道をしています」と明言すれば良いと思います。
    そうすれば、特定の思想を持つ人は今まで以上に応援してくれるでしょうし、私のようなネトウヨはこれからも見ないようになるので、良い「住み分け」が出来るのではないでしょうか?
    私が特定のメディアや言論人の嫌いなところは、「自分たちは中立であり、市民の視点に寄り添って報道・発言していますよ」というところです。

    • 日出処の天子 のコメント:

      態々、当方は外患誘致的経営をしますとは言えないでしょうがね。
      自身が安全圏にあってこその狡猾メディアなんだからね。
      現在でも、法曹界から守られているんですよ。お仲間ですから。

  12. 巻線 のコメント:

    彼らは今まで好き勝手やり過ぎました。国民も怒っています。いい加減ツケを払ってもらわないといけませんね。

    体調があまりよろしくないようで。ご多忙とは思いますが、休めるときに休んで、お身体を大事になさって下さい。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    エンジンかかってるなら少し安心です、止まりませんように…
    そして嫌な事件ばかりですが、犯人がしっかり処罰される事を望みます

    札幌で女性が背中を刺された通り魔事件、犯人として12歳少年を児相通告「人を傷つけたかった」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200305
    仮に家庭が複雑だったからって何してもいいわけじゃないんだぞ

    12才だと触法少年扱いで罰なしなのがなぁ
    知っててやったんだろうな

    この子供に罪は問えないだろうけど親は、治療費とかの賠償責任とかはあったはずだわ!

    危ないからと子供から刃物を遠ざけた弊害じゃないかと思ってる。工作の授業などで怪我した事が有れば、痛みを知り他者を傷つけようとは安易に思わないと思うけどなぁ。

    わたしがよく見ているサイトでは、10歳未満でも殺人含めかなり凶悪犯罪起こしてるのもいます。
    周りが庇うと被害者が増える場合もありますのできっちり処罰して欲しいです。

    反天皇デモ参加者のプラカ「日本が大嫌い。日本人の思考性格が嫌い。日本人は気違いだ。日本人を許さない。日本なんか殲滅してしまえ」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52518609
    20: 名無しさん@涙目です。(
    あんたが日本から出て行けば丸く丸く収まる

    28: 名無しさん@涙目です。(
    凄いヘイトスピーチ

    85: 名無しさん@涙目です。(
    「日本人は気違いだ」って書いてあるじゃん
    完全にヘイトスピーチでわろた

    67: 名無しさん@涙目です。(c
    これは酷い
    日本から出てくべき

    以下はおまゆう…

    漫画家・小林よしのり氏が『るろうに剣心』和月伸宏先生に苦言「児童漫画を描くプロが児童に猥褻目線を持つことが理解できない」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200229
    見るまでもなく、お前が言うなとツッコまれる様が目に浮かぶわ。

    元朝日記者「“日本死ね”は日本が死ぬ訳じゃない。“朝日新聞死ね”は朝日新聞が亡くなれって事だから、全然違う」@よるバズ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52516256
    あの説明でどこの何が違うのか納得できる人間って存在するの?

    日本〜〜の方が悪質に決まってるじゃん
    日本まるっと全部だぞ

    別に朝日しねも「朝日新聞が生命体そのものではない」んだから条件同じだろw

    犯罪しないで欲しいです

    読売新聞の記者が逮捕!!路上で突然面識のない20代女性の胸や下半身を触った模様・・・
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52200203
    ムネムラ。名前がよくない。

    絶対、触っちゃダメな名前でしよ

    【これは酷い】国交省、軍事利用可能なヘリ用カメラを廃棄決定 ⇒ 産廃業者がネットオークションに出品 ⇒ 中国人留学生が落札、中国の軍事企業へ不正輸出
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52511282
    136: (´・ω・`)(`ハ´
    >>1
    >埼玉県越谷市のリサイクル業者

    こいつが一番ふざけてる

    104: (´・ω・`)(`ハ´
    >>92
    カメラは国交省四国地方整備局の防災ヘリに搭載されていたが、
    廃棄処分を依頼された三菱電機の下請け会社を通じて流出。
    複数の業者を経て入手した埼玉県越谷市のリサイクル会社がオークションに出品し、
    昨年2月に男が55万円で落札した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400719&g=soc

    三菱電機です
    本当にありがとうございました

    73: (´・ω・`)(`ハ´
    業者が一番悪いって言ってる奴、寝ぼけてるのかね?
    事の重大さで判断しろ。
    たとえば日本人の大学生が落札して日本に売っていたらと。
    こいつ、中国に売ってるんだぞ、これは酷い

    こんなことやってちゃアメリカだって最新式の兵器とかは
    そりゃ売りたがらないしテロ情報も渡して大丈夫か考えるよな。
    書類上できちんとなっているから大丈夫ではなく、
    こういうものに関しては自分の目で確認するよう徹底すべきだよ。

    東日本大震災で中断した日韓交流が『謎の復活を遂げて』技術流出の危機に。止めろ!という声が殺到中
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50505695
    20:(´・ω・`)(`ハ´
    農業新聞同士だろ?
    朝日新聞と韓国の新聞が業務提供するみたいな感じかな?
    農業新聞使って日本国内農業に寄生するつもりだろうから、国民は厳しくチェックだな

    31:(´・ω・`)(`ハ´
    >>1
    > 11年の東日本大震災発生で中断していた交流

    本所は秋葉原なのになんで3.11で中断してたんだ?
    どうせ放射能ガーとかで一方的に切られたんじゃねぇの?
    ただでさえ相手は泥棒なのに何考えてんだ?

    賄賂かハニトラにあってないか国が率先して調査してくれ、そうじゃないなら無知蒙昧過ぎるわ
    穴久保光雄って人、どんだけ学習能力が無いんだ?

    【韓国】小学生「彼女がいないから僕は屈辱「負け犬」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8988323
    51: (´・ω・`)(`ハ´
    こんな環境じゃ、そりゃ頭おかしくもなるわな…

    57: (´・ω・`)(`ハ´
    これはニュースなのか?
    単に頭のおかしい奴の書いた頭が痛くなるような文章にしか思えない

    61: 2017/11/25(土) 11:34:1
    >>57
    韓国の大手紙が書いた記事ですよww

    58: 2017/11/25(土) 11:33:
    >乳幼児でさえオナニーと勃起をするもので、ましてや小学生であれば言うまでもないというのが真実である。

    吐き気がする。
    この民族はやはり人間として何か重大なものが欠落している。

    なんか性衝動を抑えれないことを然も当たり前のように是と捉えてるような内容なのが怖いな。
    記者のその感性自体がおかしいと感じるんだが。

    この記事の異常なのは、筆者が子供が持つ性欲におよそ共感して書かれていることで、何が原因なのか全く考察せず、いよいよ諦観に満ち満ちて終わらせてるところだわ

    せめて強がりでも警鐘の文言くらい入れればいいのに、アイゴーと嘆いて終わりじゃ不安を煽るだけで、捏造記事と同じくらいたちが悪い

    韓国では、異常なほど身長に拘るので、成長ホルモンを幼い頃から、親に摂取させられる。日本の医者は、簡単には処方してくれないが、韓国では簡単に出してくれるとか。そのせいか、性方面に早熟化が進み、5歳児の性犯罪も、時々、韓国の新聞に載る。

    男女問わず凶悪犯罪者の特徴の1つに性的早熟が挙げられます。
    見事にその通りですね。

  14. お焼き県民 のコメント:

    わっかりました〜、要は国民からの声・プッシュが足らんよ?ということですね〜。

    ご意見送っておきます。

    理由付けがなくて骨子だけなほうがガン見しているカスゴミの皆さんには怖かったりして^^;

    まあ、今まで反日やりすぎたもんね。悪いことしたらゴメンナサイだけで済まなくて臭い飯食うとか、命で支払ったりとか、ぱんぴーだけじゃなくてカスゴミもそうなるべきだよね?だって「聖域」なんてないんでしょう? 言霊&ブーメラン。

  15. 波那 のコメント:

    【衝撃画像】反天皇デモ参加者のプラカ「日本が大嫌い。日本人の思考性格が嫌い。日本人は気違いだ。日本人を許さない。日本なんか殲滅してしまえ」
    2017/11/27 12:49
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/52518609.html

    動画
    https://youtu.be/MD3uJceoxAQ?t=29m56s

    ※29:56〜

    *画像では最後の一文が切れて見えないけど、動画で見ると「殲滅」って書いてあるね。

    ttps://www.weblio.jp/content/
    殲滅
    意味 皆殺しにしてほろぼすこと。残らず滅ぼすこと。
    ……………
    ?在日さんが、凄いヘイトスピーチ。

    何で警察は日本に勝手に入り込んで来て、勝手に居座って、1度も引き留めたことがないのに帰ろうとしたことがない、日本人に敵愾心剥き出しの外国人デモを許してるんですか?

  16. アラフォーおばさん のコメント:

    小坪市議にはこれからも日本の未来を任せたいのです。
    何の力にもなれない非力な私ですが国民の一人として、ずっと応援しています。

  17. 八王子市民 のコメント:

    前回の衆院選テレ東で見てましたけど、自民の先生方の新聞テレビに対する不信感の凄まじいこと
    極め付けは池上あきらの「政治とメディア、切磋琢磨して行ければ」という呼び掛けに小泉進次郎答えずという
    まぁ今の新聞テレビが切磋琢磨に値する相手かって話ですわな

    ただいかに新聞テレビが無茶苦茶やったとしても、「メディア」は無くせないでしょうね
    銀行屋がさんざん博打で儲けて、リスクだけ税金に押し付けるような無茶苦茶をやっても「銀行」は無くせなかったようなもので、彼らの楽観というのもそこから来ているのかな?
    やるなら「メディア」という漠然としたものを相手にせず、もっと具体的な対象に落とし込むのがいいんでしょうね

  18. 鳥海山たろう のコメント:

    小坪先生は、個別のマスコミへの対応は丁寧に対応されながら、マスコミ全般へははっきりと対決姿勢をとられているのが非常に賢いと思います。

    本当に慰安婦騒動はいろんな切り口がありますが、結局のところ、大失敗は宮澤喜一という当時の(自民党政治家の)首相が致命的な判断ミスをしたことに尽きます。

    宮澤が河野談話を河野洋平に指示したのです。
    宮澤は善人でしたが、致命的なのは朝日新聞に自民党の本流とか聡明な政治家などとおだたられて、朝日新聞に完全に気を許していたのです。

    自民党のタカ派の政治家をおさえているなどと調子のよいお世辞を言われているうちに大変な判断ミスをしてしまったのです。

    もちろん宮澤は死ぬまで、「朝日新聞にやられた」とか「騙された」という意識は無かったと思います。

    宮澤は吉田茂の弟子みたいな面もありましたが、もし宮澤が吉田茂のしっかりとした洞察力と気骨を受け継いでいたら、

    「身売りされた慰安婦は気の毒であるが、日韓基本条約で民間補償は韓国政府がやることになっているので、日本側は賠償といったことは行わない」
    「慰安婦問題については日韓の歴史家が当時の歴史史料に基づいて忌憚なく研究されればよい」
    「日韓併合は朝鮮民族にとっては不幸な歴史だが、女性の人権向上など朝鮮の近代化にも貢献したと私は考える」

    このくらい(5分か10分くらい)のスピーチをくらわせて、いくら朝日新聞がキャンペーンをやろうが、韓国で狂ったようなデモが行われようが、ガンとして覚悟をもって乗り切っていたら、半年くらいで慰安婦騒動は消滅していた可能性が高いと思います。
    (当時は韓国の首脳も、このテーマで延々と大騒ぎする予定はなかったので誠に残念です)

    思えば、自民党の過去の総理大臣も決意をもって偏向マスコミと闘っていたのです。
    以下は本当に必見の動画です。
    若い方は見られたことありますか?

    私は話だけ何度も聞いたことありますが、しばらく前にYoutubeではじめて見ました。
    同類の動画がいくつも出回っており、何万回も視聴されています。

    「佐藤栄作 退任記者会見 – 1972」

    https://www.youtube.com/watch?v=N0jxKeJ0Sks

     佐藤総理:「新聞記者の諸君とは話をしない。偏向記者は大嫌いだ。国民に直接話したい。(テレビカメラを探す)」

     新聞記者A:「テレビだけ特別扱いするのは新聞社として絶対に許せない」

     佐藤総理:「この部屋からどうぞ出ていってください」

    このとき新聞社は、「しょせん娯楽の道具」と見下していたテレビを、佐藤総理が「テレビはそのまま伝えてくれる」と持ちあげたものだから、テレビを新聞社の支配下に置くことを考えたに違いないと思われます。

    そうすれば政治家がテレビを通じて国民に話しかけることも自由にできなくなります。

    新聞記者どもは「すべてを新聞社の見たフィルターで国民に垂れ流す」という仕組みに社会を改造したかったのでしょう。

    子供のころから、この佐藤総理の逸話は、よくいろんなところで読んだりしました。
    子供のころは、「新聞記者を締め出すなんてなんと無謀なことをやったもんだ。だぶん佐藤総理というのは頑固な総理大臣だったんだろうな」と漠然と思っていました。

    その後、社会人になって(新聞社の異常性をつくづく知って)、やっと佐藤総理の当時の気持ちが痛切にわかるようになりました。

    50年以上も前から、日本の政治家は新聞社の捏造と命がけで闘っていたのです。

    でも当時は国民が日々の勤労と生活で忙しく、しかも情報源は新聞に抑えられていて、まったく支援ができなかったのです。

    マスコミと闘う政治家を全力で応援すべきです。

    • 異常な新聞社の反日左翼記者 のコメント:

      >「日韓併合は朝鮮民族にとっては不幸な歴史だが、女性の人権向上など朝鮮の近代化にも貢献したと私は考える」

      あのう、日韓併合はあちらの申し出でを日本が受けたものでしたよ。

      100年後の現在も南北朝鮮でなお利用され続けている立派なインフラは、李氏朝鮮の莫大な借金を肩代わりした日本が、当時の国際地理情勢を鑑み、さらに自腹を切って整えたものでした。

      それが朝鮮民族にとって「不幸な歴史」ですか……

      「棚ぼた」の間違いじゃないですか?

      本来、東北に回すべき資金を犠牲にして半島を開発したのですよ。
      日本人ならあり得ない発想に、愕然としました。

      その東北が東日本大震災に見舞われた時、南朝鮮の皆さんがなにをしたか。

      「大震災をお祝いします」という垂れ幕と共にホルホルし、「日本沈没」などと浮かれ騒いでいた姿が昨日のことのようにまざまざと思い浮かびます。

      朝鮮の方の脳ミソは、選択性健忘症でできているのでしょうね。

      「おかわり」はありません。
      「ウリナラ偉いニダ」と心中なさいまし。

      なにより、半島開発の犠牲となり貧しさから親に売られて売春婦にならざるを得なかった東北出身者の「慰安婦」は、完全スルーな点。

      はらわたが煮えくりかえる。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      お怒りの気持ちはよくわかります。

      「不幸な歴史」というのは韓国の全トカン大統領が来日したときに昭和天皇が晩さん会で述べられた有名な言葉です。

      このくらいの表現は使わざるを得ないという時代でした。
      このお言葉の結果、日韓は過去の歴史にとらわれないで未来志向で進もうという雰囲気になりました。

      それを何年も捏造と歪曲の報道を繰り返して、いっきにぶちこわしたのが朝日新聞などの反日左翼でした。(朝日新聞は信じられないほどのフェークニュースの元締めでした)
      左翼にとっては日韓が協力関係になると本当に困るからでした。
      (現在は皮肉なことに、むしろ右側のほうが日韓関係を破壊したいと思っています)

      「日本人と朝鮮人」の関係を「ナチスのドイツ人とユダヤ人」のような<ホロコーストをやった、やられた>という関係に仕立てようとしたのが、当時の反日左翼どもでした。

      だれでもご承知の通り、アジアのあちこちに出かけては、狂ったように日本への被害者意識を植え付けていました。
      (インドネシアでは自称「日本軍の慰安婦」をポスター等で何千人とか何万人とかを集めた。この反日左翼の連中は本当に精神異常者というレベルでした)。

      たしか(私の記憶が間違ってなければ)「韓国を併合してはならない」というのは明治天皇の遺言であったと思います。

      軍事的、地政学的に重要な半島などと言いますが、この遺言にさからって韓国を併合したのがそもそも失敗であったと思います。
      あの民族は大和民族とは違います。精神文化的にも全く別民族です。
      (理想をもって朝鮮半島を近代化しようとした当時の日本の官僚などの理想自体は高邁であったと思います)

      腹が立つという意味では、(安倍首相には申し訳なく思いますが)、昭恵夫人の韓国をおだてたり(韓流への迎合)、「日韓関係が悪くてつらい」などという「おためごかし」の発言には、実にがっかりします。

      首相夫人ともなればマキャベリの哲学を実行してほしい。

      (マキャベリの名言)
      「『謙譲の美徳』を持ってすれば、相手の尊大さに勝てると信ずるものは、誤りを犯すはめに陥る」

      日本人は謙譲でありすぎたために反日左翼や韓国にやりたいようにやられました。謙譲の美徳は捨てなければなりません。

      しかし、(それと同時に)相手に打ち勝とうとして尊大になってもいけません。見えすいた尊大さは自信の無さの表れにすぎません。

      • 異常な新聞社の反日左翼記者 のコメント:

        >お怒りの気持ちはよくわかります。

        私が「はらわたが煮えくり返る」と言っているのは、朝鮮人の”被害”は針小棒大に言いふらしながら、はるかに大きな犠牲を”払わされた”日本人についてスルーする鳥海山さんに対してです。

        >「不幸な歴史」というのは韓国の全トカン大統領が来日したときに昭和天皇が晩さん会で述べられた有名な言葉です。
        >たしか(私の記憶が間違ってなければ)「韓国を併合してはならない」というのは明治天皇の遺言であったと思います。

        私は全く存じ上げませんので、出典を添付していただけないでしょうか。
        これまでのあなたのコメントで、引用の意図的な歪曲・出典不明があまりにも多すぎました。鳥海山さんの発言に対する私の信用度はほぼゼロです。

        >あの民族は大和民族とは違います。精神文化的にも全く別民族です。

        「あの民族」とは、どの民族でしょうか。

        他人事、無責任、公私の区別がつかない……

        鳥海山さんのコメントを見るたびに、朝鮮人が自立できない理由の理解が深まります。

        • 異常な新聞社の反日左翼記者 のコメント:

          なお、どのくらいの割合になるかは知りませんが、戦前戦後、貧しさから「共産主義」の理想に惹かれて左翼に走った方は多いです。

          転向組として、西部邁さんや長谷川慶太郎さんが挙げられます。自民党の大物にもいらっしゃいますね。

          最も彼らは共産主義思想が持つ根本的な欠陥に直面し、思想的に決着をつけてからは、日本社会の繁栄に寄与していますが。

  19. あかしのきみ のコメント:

    病床にありながら「斬るか斬られるか」の世界の話をされている小坪先生はもちろんのこと、コメント欄の皆さまにも、恐ろしく暢気だと思われそうなことを書いてしまいますが、遠方より築城基地航空祭に伺いました。
    自衛官の皆さまに日頃の感謝と航空祭を楽しませていただいたお礼を申し上げたかったのですが、なかなか声をかけられるもんじゃないですね。
    通過した行橋駅は思いの外大きな駅でした。
    基地で小坪先生をお見かけしないかと、ちょっと期待していたのですが、直前に緊急入院され…ゆっくり養生しておられるご様子でもないようですが、どうぞできる限りお体お休めください。
    銃弾飛び交う戦場に竹槍で参戦する程度のことしかできませんが、何かしらこんな私でもできることがあれば、ささやかな行動をと心がけています。
    「現場で戦う政治家へ支援の声を絶やすな」「最後まで気を抜くな」
    肝に命じました!

  20. 今回は匿名で のコメント:

    国民の応援の声が足りないというのはなんとなくわかりますが、それだけ政治家が遠い存在だということなのだろうと思います。ネットではともかく、私も自分からはまず近寄らないほうです。仕事でもなく、つきあいでもなく、動員でもないとなると、危機感以外の理由で実際に動くだけの動機づけができませんし。
    SNS経由で積極的に関わる方々も出てきているようですし、これからはそちらで熱心な人たちにがんばっていただきたいですね。そういう余裕が持てなくて全然協力できそうにないのですが、期待しています。

    ところで、小坪先生もう退院されたのでしょうか?
    連日ブログが更新されているのを見て驚いています。くれぐれもお大事になさってくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください