【漫画でわかる】赤旗押し売りの実態。女性係長に赤旗襲来!【ひどいと思ったらシェア】


 

 

この漫画は、共産党市議による【政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金について】の問題を、一般有権者向けに説明するために作成された政策資料です。

議員である私自らがが目にした実態をベースとしております。
併せて、出典・奥付は、報道のみならず一般質問の議事録としており、極めて真面目に作成されたものです。

万が一、爆笑してしまった人がいたとしても当方の意図するところではありません。

※特記
パワハラ購読をさせられる女性係長は杉田水脈先生とは関係ございません。(と言っておきます。)
また、行橋市議会には「徳永克子(共産党行橋市議)」という私の政敵がおりますが、漫画に出てくる方は別の方です。

関連
【共産党が隠す実態】公務員に赤旗押し売りで資金源?【弱点はココ!】

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
13627143_1096954377042112_2174022576516901742_n

 

 

 

 

赤旗襲来!女性係長の苦悩
それでは漫画をお楽しみください。

001_001

 

002_001

 

003_001

 

004_001

 

005_001

 

006_001

 

8

 

9

 

55a874c6194228e18eea8c80f7b5cc0e

 

10

 

共産党市議の圧力によって赤旗を購読させられる市職員

 

その他の報道資料は、以下にてまとめております。
【共産党が隠す実態】公務員に赤旗押し売りで資金源?【弱点はココ!】

 

 

 

地方議員の皆様へ
本件は、一般質問をベースに追及した案件です。
十万人未満の地方都市、恐らくは名を知らぬ方も多いであろう福岡県は行橋市。
全国から見れば無名の田舎街と言われるのかも知れません。私はそんな町で、町を守るため必死に戦っております。

先般4月の行橋市議選において二期目のスタートを切らせて頂きましたが、この案件を手掛けた際、私は一期生でした。
一期も務め上げぬ新人風情が!と笑い飛ばされることも覚悟しておりましたが、全国の諸先輩方、その多くはお会いしたこともない先輩方の厚情に救われ、「しっかりとした政策課題」として全国に広く周知させることができました。

 

ついに、政権与党・自由民主党が動く。
これは党本部が動きました。

自治体職員への「赤旗」勧誘 自民党が実態把握の通達

2014.7.15 22:58

 自民党が、地方自治体で共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の強引な購読勧誘が行われている事例があるとして、各都道府県連に対し、注意喚起と実態把握を求める通達を出していたことが15日、分かった。

 通達は竹下亘組織運動本部長名で先月18日付で出した。通達は、福岡県行橋市で共産党市議らが市職員に対し、庁舎内で赤旗の購読勧誘や集金を行ってきた事例を紹介し、「議員の立場を利用して半ば強制的に地方公務員に購読させているなら看過できない事態だ」と指摘。議員の地位を利用したり、庁舎管理規則に反した強引な勧誘が行われたりしている可能性があるとして、「必要な対応」をとるよう呼びかけている。

 共産党の地方議員が自治体職員に赤旗購読を勧誘するケースは、行橋市のほか兵庫県伊丹市、神奈川県川崎市などで表面化。同県鎌倉市では「職務の中立性」を理由に、今年度から庁舎内での政党機関紙などの販売を禁止している。

http://www.sankei.com/politics/news/140715/plt1407150005-n1.html

文字サイズが小さく読みにくいかと思いweb版を紹介しました。
以下は同じ記事です。

A-5

【赤旗問題】自由民主党から出された通達
pdfで全文閲覧する。(プリントアウト用)

 

しかし、まだ状況は不完全です。
公平性が担保されるべき庁舎において、また地方公共団体の施設において、歪んだ勧誘行為、市民の目に余る配布状況、違法と考えることが妥当な集金行為が横行しております。

庁舎管理規則は、執行部が管理しております。
国ではなく、地方が、です。
そこに法があろうとも、最終的な判断は地方自治体にあると当方は認識しております。

それを糺すのは、地方議員の責務であり、執行部の在り方を問うのは一般質問を置いて他にありません。

 

首相自らが、共産党との対決姿勢を示した今こそ好機。
一人でも多くの議員が後に続くことを信じます。

当方も改選後、初めての6月議会、さらに再質問を行いました。
また全国の若い議員が同種の質問を継続中です。
力を、不合理な現実と戦う力を、多くの若者が求めています。

 

もしよければ、以下の動画もご覧ください。
実際の、一般質問の様子です。(わかりやすい解説付き。)

【赤旗問題】一般質問「政党機関紙しんぶん赤旗の庁舎内での勧誘・配布・集金について」

 

 

 

全国の皆様へ
この問題が広く波及し、実際に事態を解決すべく動くためには。
「武器としての資料」が必要でありました。
拡散するに足る資料は、政治家の責務として揃えることができたと思います。

ただし、どんなに優れた資料であっても、人の目に触れねば効果を発揮しえません。
ネットで公開することにより、全世界に発信することはできますが、
それは全国の皆様が閲覧する(受信する)こととは違うのです。

一人でも多くの地方議員の元に、本資料が届きますよう、
そして現実が変わっていきますよう、皆様の力を貸してください。

 

 

おかしいものは、おかしい。

 

声を挙げる勇気、立ち上がる勇気。

 

見て見ぬふりはやめよう。

 

最前面には、私たち議員が立ちます。

 

一歩前に出る勇気を持ちたい。

 

賛同してくださる方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

関連
【共産党が隠す実態】公務員に赤旗押し売りで資金源?【弱点はココ!】

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【漫画でわかる】赤旗押し売りの実態。女性係長に赤旗襲来!【ひどいと思ったらシェア】 への11件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【漫画でわかる】赤旗押し売りの実態。女性係長に赤旗襲来!【ひどいと思ったらシェア】 この漫画は、共産党市議による【政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金について】の問題を、一般有権者向

  2. 横浜市民あまあま のコメント:

    共産党はおかしい。遵法精神に欠ける。

  3. りょお のコメント:

    イラストレーターの件でも見て取れる様に、
    傲慢極まりない集団です、共産党と言うのは。
    と同時に、よく分からない立場の者を丸め込む
    ノウハウの凄まじさは改めて脅威だとも思いました。
    我々一人一人においても、心に隙を作らない様
    気をつけていかないといけませんね。

  4. enoyan のコメント:

    このマンガ、赤い陣営の方々が組織統率されて動員されている集団行動現場で、カウンタービラにして撒いちゃいけませんかね……?
    あの勢いを削ぐにはピッタリだと思うのですが。

    法律に触れますかね?どこの陣営にも属していない勝手連が、世間に知らしめたいと義憤に燃えて行動してしまう、というのは?
    勿論公選法はしっかり遵守せねばなりません。ええ。

  5. 生野区民 2 のコメント:

    これって犯罪ではないのですか?
    民進党が大幅に減りそうだが、このような狂った団体が増えるのは困る
    資金源を断ち、日本から共産党をなくすように頑張って下さい
    ちなみに今日共産党の選挙カーに、お仲間のしばき隊の決めポーズの中指立てをしてやったら、嫌な顔してましたww

  6. 中島一人 のコメント:

    Noと言えばいいだけでは?

    • 小坪しんや のコメント:

      中島一人 様

      複数のエントリに対し、多数のコメントを頂き感謝申し上げます。
      当方も「告知」として、貴殿がいま付けた複数のコメントに対し同種の意思表示を行わせて頂きます。

      (別稿にて返信した当方からの告知)
      貴殿は、まったく議論の体をなしておらず、
      他者の質問に対しては答えず、例えば特定の方向に他者を誘導しようと試みてみたり。

      結論になりますが、当方が提供する発信ツール(以下、HPと略す)において、コメント欄を議論空間として提供しておりますが、貴殿はその使用を許可するに足るものではない。

      貴殿のアカウントについては「保留」とさせて頂きます。アドレスのみならず、セキュリティの観点からIPなども取得しておりますゆえ、様々な方法を使えば突破することは容易でありますけれど、その痕跡も全て取得しておることも事前に申し伝えておきます。

      当サイトは、承認制をとっておりますが、基本的には「ホワイトリスト」「ブラックリスト」で管理しております。数回の承認をもって、ホワイトリスト入り(私の手動承認は不要)としておりまして、貴殿もホワイトリストに加えておりました。

      ブラックリストとは、SPAM扱いとなり、そもそも承認フローまであがらぬ形式となります。自動化している部分もあるため、特定のURLを列挙した場合など(私がせずともソフト側で)ぶちこまれることがあり、稀に復旧作業を試みております。

      「保留」という処分でありますが、「何があろうとも毎回手動承認」という扱いになります。私もパソコンの前に常に張り付いているわけではありませんから、一日程度、反映が遅れます。

      以上が当方の対応となります。
      これまで通りコメントを頂くことは構いませんが、承認は「なかなかされない」とのみご理解ください。

      では。

      (他のエントリにて当方が返信した内容)
      いつもコメントありがとうございます。
      さて、一時期より少し主張のニュアンスが変化してきたように思い、当方も困惑しております。

      >閉ざされた病的な民族主義には虫唾が走る
      当方は、そうは思っておりません。

      >限られた崇拝者の意見だけを良しとする貴兄の器の小ささにも
      限られた崇拝者の意見を良しとしているのでしょうか?
      その認識もございません。
      ただし、少数の意見である場合もございましょう。

      「このような世論もあって良いのではないか?」という考えに基づき
      政治家として、発信する場合などは「新しい意見」である以上、
      賛同者はごく少数でございましょう。

      さて。
      「少しずつニュアンスが変わる」という部分でありますが、むしろ(やや)攻撃的なコメント、批判的なコメントが多数を占めてきたように思うのです。

      それはそれで問題なく、「やや本題とズレるなぁ」と思った際は(貴殿のみならず)当方の判断で承認いたしておりません。それは当方のサイトでございますので議論対象外とさせて頂きます。
      例えば、中には特定の議員、もしくは特定企業のイメージを損なうことのみを目的とした、スパムとまでは言いませんけれども噂話のようなものもございます。無論、エントリの本題とズレます。それを承認しない自由が、当方にはございます。

      また、中には「いまはこの情報は(まだ)出したくないな」という際もございます。政治判断として、承認を遅らせる or 承認しないという判断をくだす場合もございます。

      一例を挙げますと、下記のような感じでございます。
      管理画面よりHN等で検索しますと色々ございます。
      少々、批判的であったとしても、ほぼ8割方は承認してきたと思うのですが、スタンスが変わられたようにも思いまして。

      よって、どのように回答して良いか当方は判断に迷うわけでございます。
      以上でございます。

      例)
      更新しないというお知らせ・本会議前日
      中島一人 のコメント:
      2016年6月28日 10:20 PM
      小っさい
      ちんころ細かー

      国家として許してはならない一線。中共の軍艦、我が国の領海、接続海域に「侵攻」
      中島一人 のコメント:
      2016年6月10日 9:46 PM
      何度も言うけれど、ムキになれば負けです

      【重要資料】弁護士会に人権救済の申立てを行う書面・同種の手続きを行う際の参考資料
      中島一人 のコメント:
      2016年5月26日 11:13 PM
      泣き寝入りも看過もする必要はありませんが、ムキになる必要もないのでは?

      【ヘイトスピーチとは何か?】司法記者クラブ(福岡高裁)にて、記者会見を行いました。【報道の在り方とは】
      中島一人 のコメント:
      2016年5月24日 12:43 AM
      あんたの名誉は二の次で良くね?

      侵害された人権とは何か?政治家としての誇り【西日本新聞の捏造記事問題③】
      中島一人 のコメント:
      2016年5月19日 10:12 PM
      人権?
      議員の貴兄が?
      他に大事なことありませんか?

  7. 名ナシ のコメント:

    自分達は正義であり、その正義のためなら何をやっても良いが
    反対の立場の人間の違法行為は追及する・・・そういう人達です。
    去年の救急車妨害事件なんて一番わかりやすい実例でしょう。
    あ、生活保護を受給していた医療生協の支部長が受給した保護費
    で組合費と党費を払ってたなんて事件もありました。
    弱者の味方なんて御冗談を。

  8. 月光仮面 のコメント:

    こんなことをしているのですね
    考えられない事を平気でするのですね
    中国が南シナ海の仲裁判決「ただの紙くずだ」
    と言っていたり 侵略を続けているのに
    何一つ言わないで 日本ではこんな事をしている
    大変な事ですね
    日本のための日本の憲法を一日も早く取り戻す
    必要があると おもいます

  9. ほうじ茶 のコメント:

    小坪市議様、お疲れ様です。
    いつも有益な情報を有り難うございます。
    ROM専でしたが、初コメ致します。
    赤旗強制購読のマンガ、大いに笑わせていただきました!
    私の義姉も九州最大の政令指定都市の職員をしておりますが、係長に昇進した途端に共産市議が来て赤旗勧誘があったらしいです。
    その時、たまたま義姉は外出中だったので事なきを得たらしいですが、その後も時々勧誘があったらしく、すべて偶然回避出来ており、未だに購読せずに済んでおります。
    やはり購読しない事による影響として、共産市議から議会で嫌がらせをされる旨を申しておりました。
    全くマンガと一緒で共感しましたし、マンガの共産市議のネーミングに大いに爆笑させていただきました!
    これからも小坪市議の活躍を期待しております。

  10. ピンバック: 【共産党市議】選挙期間中に赤旗配布、定時内の庁舎にて!【常識がないと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です