日韓合意を海外で戦い続けた日本人はどう見たか


 

 

昨年末に突如結ばれた慰安婦問題を巡る日韓合意を、海外で戦い続けてきた日本人はどう見たのか。この観点は「現場の声」として最大限、尊重されるべきだと考える。

事務負荷、費用面を含め、コストを支払っている方々だ。自らの生活圏を賭け、動き続ける方がただ。オーストラリアにて中韓反日団体と直接対峙し、一年半に及ぶ攻防の末に慰安婦像設置を阻止した団体がございます。
そのAJCNの見解が示されているため、この場を借りて紹介させてください。

肌身で感じる声がどのようなものか。
私には伝える責務があると感じました。
私たちには知る義務があると感じた。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12511448_969982853072599_1136680085_o

 

 

 

 

戦う在外日本人の声
以下、全文を紹介させて頂きます。
これが現場の声である以上、私はこの意見に対して異議を唱える立場にありません。
仔細の政治判断(個々人の趣味のレベル)では差異があるものの、総論として見た場合、全面的に賛同いたします。
(※ 太字箇所などはリンク先を可能な限り忠実に再現しております。)

 

慰安婦問題日韓合意に関するAJCNの見解

2016年1月2日
AJCN 代表 山岡鉄秀

 

昨年末に突如結ばれた慰安婦問題を巡る日韓合意について、豪州にて直接中韓反日団体と対峙し、一年半に及ぶ攻防の末に慰安婦像設置を阻止したAJCNの見解を申し述べます。
中国が覇権主義を隠さず、南シナ海や尖閣諸島で緊張が高まる最中、アメリカが日韓の関係改善と長年の対立点である慰安婦問題の解決を強く求めてきたのは安全保障上当然の成り行きと言えます。日本政府が一定のタイムリミットの中で政治判断を迫られる厳しい状況に追い込まれることは想像に難くありません。

しかし、ここで留意すべきことがあります。当然ながら、アメリカはあくまでも自国の利益を考えているのであって、日本の名誉回復になど興味がありません。日本に大幅に譲歩させ、韓国民をなだめ、満足させることによって東アジアの安定を維持することが米国の利益に繋がるという論文が随分前からフォーリンアフェアーズなどに掲載されていました。最近でも、エズラヴォーゲル氏が「日本は何が正しいか、正しくないかという立場ではなく、隣の国とうまくやっていくために何が必要かを考えて、もっと低姿勢になるべきだ」と大学での特別講義で述べています。*1

このようなコンテクスト上であっても、もし日本に自国の名誉と国民を守る決意があるのなら、絶対に死守しなくてはならない線があります。それは、明らかに事実に反した事柄は認めないということです。

たとえば、少なくとも朝鮮半島や台湾で、軍隊による組織的な強制連行が無かったことは、左派の学者も朝日新聞も認めていることです。また、慰安婦像はあどけない少女がモチーフとなっていますが、これは明らかに「小学校6年生の少女数人が勤労奉仕の名目で徴用されたが、実は前線で日本軍兵士の性奴隷にされた(朝日イブニングニュース1992年1月16日)」という完全な誤解と誤報に基づき創作されたイメージです。挺身隊に徴用された少女達は全員無事だったことが確認されているのに、日本の非道を糾弾するためのツールとして使用され続けています。

言い換えると、日本として、譲れる点と譲れない点を明確にする、すなわち、自分の立ち位置を明確にしてアメリカに説明しなくてはなりません。それは勇気がいり容易なことではありませんが、それこそが政治家と外交官の役割であり、それを放棄したら永遠に日本の名誉を回復することなどできません。

しかし今回、日本政府は、その努力を完全に放棄してしまいました。驚くべきことです。

今回の合意を支持する人たちは、「高度な政治判断により、韓国政府に重い宿題を課した。反日団体を説得できず、この問題を蒸し返したら、非難されるのは韓国政府だ。安倍首相はそこまで考えて決断した」と主張しています。実際、韓国政府が必死になって何度も国民に理解を求めながらも、挺隊協から猛反発を食らっている姿を見れば、ボールは韓国側のコートにあるという主張はその通りです。結局説得に失敗して、この合意は流れてしまうかもしれません。そうなれば、韓国政府の過失です。それは理解できます。

ただ、その一方で、日本のメディアが伝えず、ほとんどの国民が気付いていないことがあります。それは、今回の合意と岸田外務大臣と安部総理の談話を受けて、世界中のメディアが一斉に「日本政府が、第二次大戦中に20万人のアジア人女性を性奴隷として強制連行し、人権を蹂躙した事実を認め、韓国政府に10億円を支払うことに合意した」と報じていることです。これはそのまま、アメリカをはじめとする各国政府の見解となります。「とうとう認めたか、初めから抵抗なんぞしなければ良かったものを」という解釈です。日本のメディアは「(米紙は社説で)画期的な合意をサポートする。解決が遅れたのは歴史を書き換えようとした安倍首相と右派の政治的盟友らの責任だと述べている」*2 というような報道しかしないので、「20万人の強制連行と性奴隷化」というプロパガンダが歴史上の事実と認定されたと報じられていることに気付く日本人は少ないでしょう。合意を歓迎し、米国内の韓国系団体が反発していることに自制を求め、「米国内でも合意への支持 と完全な履行を強く望む」と訴えた米国務省のトナー副報道官は12月29日の記者会見後の質疑応答の中で次のように語っています。

「我々、アメリカ合衆国は、何度も言っているように、第2次大戦中の日本軍による性的目的のための女性の人身売買は、恐るべきひどい女性の人権の侵害であった。」
We’ve stated many times – the United States – that the trafficking of women for sexual purposes by the Japanese military during World War II was a terrible, egregious violation of human rights.

日本政府の声明には強制という表現はなく、法的責任も認めていないと主張する方もいらっしゃいますが、それは残念ながら国際的には全く通用しません。なぜなら、岸田外務大臣による発表を英語で読んだら、日本が犯罪国家であったと全面的に認めたとしか読めず、強制や法的責任などの言葉の有無は無関係になってしまうからです。今回の合意の証人であるべきアメリカの報道官が上記のように述べているのですからなおさらです。
日本語による表現と、外務省によるその英訳では、ニュアンスに大きな隔たりがあることを以前から指摘して来ましたが、全く顧みられていないことに愕然とします。

慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題

The issue of comfort women, with an involvement of the Japanese military authorities at that time, was a grave affront to the honor and dignity of large numbers of women

この部分だけで十分アウトです。軍による甚だしい女性の人権侵害が行われたと認めたのですから、これまでの全ての糾弾(強制連行、性奴隷化)を認めたと同義と解されます。

安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

As Prime Minister of Japan, Prime Minister Abe expresses anew his most sincere apologies and remorse to all the women who underwent immeasurable and painful experiences and suffered incurable physical and psychological wounds as comfort women.

これは河野談話以前から使われている常套句ですが、日本人のほとんどは抒情的な日本語の原文しか読まないでしょうが、外国人は英語の方しか読みませんので、当然英語のニュアンスで理解します。英文を日本語に訳し直せば、こんな感じになります。

安倍内閣総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦として、計測不可能な苦痛に満ちた経験をされ、治癒不能な肉体的および精神的な傷を負った方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する。

言うまでもなく、おわびは謝罪であり、国際社会では謝罪するということは罪を認めることと同義であり、計測できないほどの苦痛を与え、治癒不可能な傷を肉体的にも精神的にも与えたと認めるならば、拷問したと言っているのと同じです。これではクマラスワミ報告も認めていると解釈されても仕方ありません。これらの表現は以前から使われているのですが、今回は責任を認めた一文の中で明確に軍の関与によると認めてしまったので、強制では無かったと主張しても、軍が虐待して人権を蹂躙したことに変わりはないと反論されるのが目に見えています。今後、海外の教科書にも「日本政府が正式に認めた」と書かれていくでしょう。つまり、これまで、民間が必死の思いで積み上げてきた「事実誤認の訂正と日本の名誉回復」の努力を完全に粉砕してしまったわけです。これから手をこまねいて何もせず時間が経過すれば「日本政府は強制連行は認めていない、慰安婦は性奴隷ではない」と主張するのは非常に困難になってしまいました。

AJCNは、豪州に慰安婦像が建ち、中韓反日団体の主張がまかり通ることによって、日系人とその子女が不当な差別やいじめに遭うことを防ぐために戦いました。その間も日系人に対する脅迫事件や差別的行為を経験しました。慰安婦像が建ってしまった北米では、すでにいじめや嫌がらせが起きているが、日系人は泣き寝入りしていると伝えられています。日本政府は「計測不可能な苦痛に満ちた経験と治癒不能な肉体的、精神的な傷」が何を意味するのか、日本軍が何を行ったのか、「関与」の具体的な内容とともに海外および日本国民に明確に説明する責任があります。直近の世論調査でも「慰安婦問題について日本は譲歩する必要なし」が日本国民の多数意見であることが明らかになっています。このままでは、「将来の世代に謝罪させない」どころか「将来の世代に濡れ衣を着せ続け、反論の機会を奪い、民間レベル、個人のレベルで言われなき汚名に対する謝罪を子や孫に続けさせる」ことになりかねません。

今回の日韓合意は、例えるならば「犠牲フライ」のようなものです。ランナーがホームに生還できるかどうか、まだわからないのですが、日韓合意の中で「日本の悪行」というone outは確定してしまいました。そして、そのone outは、ほとんどゲームオーバーに等しいものです。たとえ韓国政府レベルの反日活動封じ込めに成功しても、日本軍が20万人を拉致して性奴隷にしたというプロパガンダを日本政府が事実として認めたという致命的な失点は確定し、民間団体レベルの反日活動に大儀を与え、日韓国民相互の憎悪をさらに増幅していくでしょう。

20万人の強制連行、小学生慰安婦、性奴隷などはプロパガンダと知りながら、そのすべてを認めて謝罪するような発言をしてしまう政府は、世界広しと言えども日本政府ぐらいなものでしょう。政治的妥協の判断と言っても、実害が甚大過ぎます。そして、その影響をもろに受けるのが、現地でのマイノリティである我々のような海外在住者です。

実は、被害を受けるのは、日本人や日系人だけではありません。ストラスフィールド市に住むある韓国人家族では、反日団体の主張を真に受けた父親が激昂し、「韓国に帰って軍隊に入って日本と戦う」とわめきだし、子供が怯えて家庭が不和になるということがありました。その父親はおそらく、挺身隊に徴用された小学生まで慰安婦にされたと信じこんだのでしょう。このように、物事を曖昧なままに放置すると、無関係な現代の韓国人まで苦しむことになってしまうのです。

抽象的な言葉の羅列で妥協点を探ろうとしても、事態が悪化するばかりなのは、これまでの経験で十分に学べたはずです。我々AJCNは、常に自分たちの立場を明確にし、論理的に辛抱強く説明することで幅広くコミュニティの支持を得てきました。(非敵対的合理主義)
10億円払って、大使館前の慰安婦像も撤去されず、海外での反日活動と慰安婦像設置が継続し、日本軍による20万人強制連行と性奴隷化が日本政府公認の事実として確定してしまったら、目も当てられません。日本政府は、政治判断という名の元に曖昧な表現を続けるのは止めるべきです。一貫した原理原則に基づき、意見の不一致や決裂をも恐れずに相対する勇気をもって、初めて国際社会に理解され、意味のある政治判断ができるようになるでしょう。世界は戦国時代に逆行し、情報戦は厳しさを増すばかりです。祖国日本が一日も早く、自国の名誉と国益を守れる普通の国になることを切に願う次第です。

*1.livedoor news/2015年10月24日 7時0分 NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/10745271/

*2.日韓首脳の努力「賞賛に値」=慰安婦問題合意で-米誌社説 時事通信2015年12月31日木曜日

http://jcnsydney.blogspot.jp/2016/01/ajcn.html

 

・関連
昨年のことになるが、まず気になったのが「海外を戦う日本人」のことであった。
相当に厳しい状況に陥ると考える。それゆえの批判を展開した。
【海外メディアを抑えられた打撃】日韓関係と慰安婦の虚構、情報発信が難しくなった理由

 

 

慰安婦像は、撤去されない。
予言のようで申し訳ないが、政治家としてのドライな分析として聞いて頂きたい。
慰安婦像は、撤去されないだろう。

 

撤去されない理由
パククネ政権には、それを抑えるだけの求心力がない。
そもそもレームダック状態であり「パククネが言っているから、我慢しよう」とはならない。
日本においては、ネットを始め「安倍首相の判断だ、何か考えもあるのだろう」と擁護の声も挙がる。
韓国には、これがない。

撤去されない、ではない。
正しくは「撤去する力が残ってない」である。

 

だが、3月合意はなされる。
再三に渡り述べてきた。
合意させたいのは「米国」であり、日本の意思でも韓国の意思でもない。
認めたくないため、私も回りくどく書いてしまった。
言いにくいことを書こう、一言で済む。

安倍内閣は、米国からの外圧に屈したのだ。
それだけだ。

私は初期において「ある」と確証を得ることができたのは、この痕跡を見つけることができたから、とも言える。
米国の都合をもって「合意はなされる」そして「合意せざるを得ない」状況に追い込まれる。
よっぽども動きがない限り、合意自体はなされる。

 

後退する。
言わんとすることがわかるだろうか。
「慰安婦像の撤去」が、3月合意に残される可能性は低い。

アメリカは、日本の誇りとか国益とかは「関係ない」のだ。
日本の祖先らの名誉も、今後の日本人の未来も関係ないのだ。
ただただ、「対CHINA」を見据えた際の、朝鮮半島の立地にこそ米国の利益があるのだろう。

ならば、「合意さえさせれば良い」であり、その内容は問われない。
例えば「慰安婦像の撤去を除外した文書」も有り得る。
また「不可逆という単語を除外した文書」も有り得る。

それが合意の障害となっているのであれば、米国は日本に圧力をかけると想定する。
我が国は、折れざるを得ないだろう。今のままでは。

 

悔しいですか?
私は悔しい。
これが「最大の友好国」という美しいフレーズを口にし、国家の事業であるべき安全保障を他国に頼ってきた我が国の限界であります。

私は、悔しい。
その上で、現実を見据え、よりベターな選択肢を提示していく。
私に求められる責務である。

 

 

 

安倍内閣を支持する。
世界情勢を見れば、我が国がとり得る手段はこれしかなかった。
クレバーな判断であり、気に入らずとも受け入れたいと思う。
仮に「3月合意で後退」したとしても、だ。

「不可逆という言葉は消え、」「慰安婦像の撤去が消え、」
「10億が100億になった」としてもだ。
そうなったとしても、安倍政権を支持したいと思う。

無論、陛下の謝罪などが条件に加えられた場合は、この限りではない。
多くの日本人と共に、なんなら倒閣運動の旗を振っても構わない。

だが、3月合意でどこまで後退したとしても、私は甘んじてその判断を受け入れたいと考えている。
安倍首相が「それしかない」と考えたのなら、それしかないのだろうから。
ネット上で少数派となったとしても、私はそうしたいと思う。
軍を持たぬ我が国において、モアベターな選択をするだけだ。
いばらの道であろうとも。

関連
【日韓合意】安倍政権を守るため、国内世論の内圧を維持する。

 

その覚悟を持つ。
だが、今はまだできることがある。
「3月に予定される合意」において、影響力を行使できるのだ。
政権批判とせずに「納得できない」と声を挙げ続けること。

今はまだできることがある。
「慰安婦像の撤去、はんたーい」と韓国では狼煙があがる。
ゆえに3月合意で、我が国は後退が求められるだろう。

ならば、「撤去しないなら、金は出さなーい」と私たちも声をあげよう。
韓国の民度と同じになれとは言わないが、あの行為は「実は韓国の国益」になっている。
見習いたくはないが、効果があるならなすべきだ。

安倍政権を支持する立場を表明しつつ、
今回の決定に納得できぬと言うスタンス。
これが最も効果が高いと考える。

 

 

 

取り返しのつかない打撃
本件は、もう扱わぬ予定であった。
ただ、AJCNの見解に触れ、どうしても触れたいと考えを改めた。
私には伝える責務があると感じました。
私たちには知る義務があると感じた。

 

見解でも触れられているが、「日本の謝罪」は広く報道されている。
国際的には信用のない韓国が、今まで何を言おうとも与太話レベルの扱いであった。
ここに「信頼のある日本」のブランドで、謝罪をしてしまったことの打撃は取り返しがつかない。

3月の合意が仮に破綻しようと、合意自体がなくなろうとも
ここで受けた損失は取り返しようがない。
この現実を受け入れた上で、「さらに3月合意が後退したら大変だ」という認識を持って頂きたい。

その状況を回避することは、安倍政権を支えることに繋がると信じる。
政治がNOと言うためには、対になる世論が必要だ。ならば、私たちがその世論となりたい。

 

慰安婦像が世界に蔓延していく中で、
自らの生活圏を賭けて立ち上がった日本人がいる。

その現場の声を広く伝えることは、重要だと考えた。
皆様はどうお考えだろうか。

聴きたくない部分もあるとは思う。
だが目を見開いて、現実を直視して頂きたい。
次の一手のため、まだ戦うために、だ。

まだ諦めないという方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。
(エフセキュアのアンケート結果、データ化がほぼ完了したため次回はそちらを触れたいと思います。)

 

関連
【許せなかったらシェア】軍の関与を認め、首相のお詫び、未来永劫の禍根はなぜ生じたか

ネットの力。私たちのなすべきこと、慰安婦の虚構と日韓関係の今後

【海外メディアを抑えられた打撃】日韓関係と慰安婦の虚構、情報発信が難しくなった理由

日韓合意が世界に与える影響。打ち出の小槌、日本

【日韓合意】安倍政権を守るため、国内世論の内圧を維持する。

 

 

 

 

【業務連絡】年明けからは、2日に1回の更新になります。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

日韓合意を海外で戦い続けた日本人はどう見たか への50件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    日韓合意を海外で戦い続けた日本人はどう見たか 昨年末に突如結ばれた慰安婦問題を巡る日韓合意を、海外で戦い続けてきた日本人はどう見たのか。この観点は「現場の声」として最大限、尊重されるべきだと考える。 事

  2. ふぃくさー のコメント:

    AJCNの見解は胸にきました。そしてそれに対する見解も。
    一切の反論はありません。全面的に支持します。

    • ふぃくさー のコメント:

      意見を捕捉します。

      今回は自分が思っていた以上に米の圧力が強かったのだろうと考えを変えましたが、それまでは次のように思っていました。

      ——-
      発表されたような合意をすれば、日本を悪者にせずに、自然に韓国を追い詰めることができる。一方、一部事項については日本の立場が悪くなる事もありえて、具体的には「日本が性奴隷の悪事を認めた」という風潮が世界に出回ることが予想される。

      さて、慰安婦問題を本質的に解決しようとすれば根元である韓国を潰すしかなく、ひとつひとつの事象に火消しをしていてもらちが明かない。そして今の韓国は瀕死の重傷になっており、黙っていても息をなくすだろう。ちょっとでもエサをちらつかせてやれば藁と思ってても食いついてくるしかなく、叩き潰す絶好の機会である。食いつかなくともそのまま自然死だからそれはそれで構わない。この合意をもって慰安婦問題に完全にとどめを刺す。

      残るは世界で言われるであろう性奴隷問題であるが、しばらくは苦労するにしても所詮国際関係など力関係がものを言う世界だ。日本非難の声など出せなくなるよう、日本が成長して強大になっていけばいいのだ。そして、韓国がいなくなれば日本にはその力がある。
      ——-

      誤算1: 米の圧力が思った以上に強かった
       → 合意により韓国を叩き潰すどころか、さらなる譲歩を強いられる可能性がでてきた
      誤算2: 外務省の売国的英訳
       → 外務省による合意英訳文がすべて。想定済の被害なのだから、せめてマイナスを最小限に抑えるのが仕事なはずなのに、逆に最大化させてしまった。故意か誤りか? おそらくは故意だろう。さすがに安倍さんも単語のひとつひとつまでは関与しないだろう(「英訳して発表せよ」程度の指示位しか関与していないはず)事を利用して小細工をしたと考えるのが自然なように思う。

      さて、安倍政権の続行/退陣論について目を移せば、世間で言うプラス査定/マイナス査定の人間的性格が絡んでいるような気がします。どちらがいいという話はできない性格のもので、マイナス査定の方は今回の失敗(?)をもって退陣論を主張し、プラス査定の方はこれまでの功績をもって続行を支持している傾向はないでしょうか。

      私はプラス査定者であり安倍政権続行支持をしています。もちろん安倍政権が100点という気はありませんが、70~80点の出来はあると思っています。民主党政権時の出来は10~20点でしょうか。仮に安倍さんが退陣して次の政権に移った場合、その点数は30~50点程度かな、と思っています。

      確かに民主党時よりはマシかもしれませんが、点数が下がる(と予想される)方向への変更は愚策だと思います。例外としては、新政権の総合点が低くても安倍さんに優っている要素が緊急かつ極めて重要な事案にマッチしているケースでしょうか。海外での性奴隷認識問題は重要ではあっても「極めて」をつけるほどではないというのが私の感覚です。

      こういう考えから、次の主張を全面的に支持しています。

      > だが、3月合意でどこまで後退したとしても、私は甘んじてその判断を受け入れたいと考えている。安倍首相が「それしかない」と考えたのなら、それしかないのだろうから。ネット上で少数派となったとしても、私はそうしたいと思う。軍を持たぬ我が国において、モアベターな選択をするだけだ。いばらの道であろうとも。

  3. ふくすけ のコメント:

    私の考えは先日書かせてもらいましたので
    今回は提案です

    尚、政府・自民党・外務省には合意の当日から連日講義メールしております
    電話もしておりますが、電話を受ける人は、、、何なんでしょう?
    バイトですか?
    「ご意見を承りました。お話しがそれだけでしたら、これで電話を切らせて頂きます」
    言い方は丁寧だが、お話にならないレベルです
    (この件でも官邸に抗議しました)

    以下、有志の方に署名のお願いです
    (URLが超長いのでタイトルのみです)

    change.org(ネット署名)

    ●桜井誠氏の署名キャンペーン 宛先:安倍総理大臣
    【慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!】

    ●キャンペーン発信者のツイッター(アメリカ人?)
    https://twitter.com/geoffrey_cain/status/655631151768317952?ref_src=twsrc%5Etfw
    朝鮮人が嫌いなようです(機械翻訳で読んだので正しいか判りません)

    宛先:朴大統領
    【Apologize for the Systemic Rape of Vietnamese Women During the Vietnam War】
    (ベトナム戦争での組織的な強姦について女性に謝れ)・・・機械翻訳なので正確かどうか判りません

    あくまで、賛同して下さる方のみにお願いします
    (人それぞれ考え方が違いますので)
    ベトナムへの謝罪の方は各自、翻訳しください…念のため

    私は、上記2件とも署名しました
    韓国へのプレッシャーにもなるし
    何よりアメリカが嫌がると思ったからです

    ベトナム戦争、朝鮮戦争での「本物の慰安婦」「虐殺・強姦」には
    アメリカは敏感でしょうから(ベトナムでは「枯葉剤」の件もあるしね)
    日本国民からアメリカへの圧力になればいいと思います

  4. なぜ、アメリカがしゃしゃりでてくるのか? のコメント:

    どうして、アメリカはこの問題にしゃしゃり出てくるのか? 
    自分達も、朝鮮戦争の時に朝鮮慰安婦を使っていたわけで、いつ、突っ込まれるかわからない。その危険を犯してまで、なぜ?

    [ デニス・ハルピン研究員 ]

    米国の東アジア問題専門家が「日本の歴史修正主義は、米国を戦争犯罪者とする可能性がある」と警告したと報じた。

    米ジョンズ・ホプキンス大学国際関係大学院のデニス・ハルピン研究員は、外交誌「ナショナル・インタレスト」に寄稿した文章の中で、「日本政府の歴史修正主義の論理は、日本が戦争被害者だと前提にしている」と主張。そのうえで、一部の米国人が原爆被害者に対する良心の呵責を示していることについて「そのような行動は当時のトルーマン大統領を戦犯にしようとする日本の右翼に利用される可能性がある」と警告している。 さらに、「欧州と違い、日本では社会指導者層や政治家、ジャーナリストにも修正主義者がいる」と指摘、「慰安婦や南京大虐殺を否定する日本に対して沈黙すれば、最終的には第2次世界大戦後に世界秩序を築いた論理をすべて崩壊させることになる」と警告を発しているという。

    [ トーマス・シーファー元駐日大使 ]

    『慰安婦制度に対する歴史的説明を修正することはアメリカにマイナスの影響を与える』

  5. 桃太郎 のコメント:

    こんばんは。
    海外で生活している日本人の方々の事は合意された時点で心配されてました。この件で日本の為に活動されてきた国内の有志の方々の落胆も聞こえてました。せっかく日本人の覚醒が広がり始め希望を見出していた矢先の事で何と言えばいいのかわかりません。
    ただ政府が本当に妥協したのか、それとも、そういう事だったのかと納得できるような事態になるのか現在はわかりませんが、これからの動向で参院選で国民が審判を下すでしょう。
    ただ、今現在、海外で生活しながら中韓の嫌がらせで毎日苦労されてる邦人の方のために、政府や官僚は何か動いてほしいですね。
    NHKを始め今のマスメディアは火に油をそそぐことしかしません。
    新たに真実のみを淡々と発信する政府公認の国際放送局を作って日本の立場や証拠を世界に発信するのはだめなんでしょうか?

  6. 東京都55歳 のコメント:

    まず、一連の小坪さんの主張について、
    全面的に賛同いたします。

    私自身、
    安倍さんに期待するから、
    今回の合意を(無理にでも)深読みすることで、
    どうにか自分を納得させようと試みました。

    見たいものだけを見て、
    聞きたいものだけを聞いていました。

    しかし、
    残念ですが、
    それは間違った思いだったようです。

    安倍さんに期待するなら、
    日本を何とかしたいと考えるのなら、
    間違った時には素直に「NO」と言う。

    妙に「物わかり良く」「大人な」反応は、
    結果的に、
    安倍さんを苦しめることにつながり、
    日本を貶めることにつながる。

    あるいは、
    安倍さんも、
    日本国民からの「NO」を求めているのかも。

    当事国同士が、まったく得をしない合意は、
    単純に米国のみが得をするためのもの。
    まったくヒネリもない、
    二流の推理小説だったようです。

  7. 七子 のコメント:

    私も先生と同じように総理が「それしかない」と思われた、状況をアメリカから情報を受けたからだと考えます。韓国を中国から引き剥がす為に急激に動く必要があったからだと。これから先ずっと韓国を引き込んでおけるとは思えなくても、少なくとも当座は時間稼ぎする必要がある事態なのだと。決断に至ったのは国の安全に関わる事態なのでしょうね。総理には責任がありますから。説明はされないでしょう。敵に状況を晒すことになります。

    海外で矢面に立って活動をしてる方達、韓国人から執拗に嫌がらせを受けている方達には言葉もありません。今まで築いてきた足場を一瞬にして取り払われ、地面に叩きつけられたようなものです。

  8. たろう のコメント:

    今話題になってる保守系ブログ余命三年時事日記をどう思われますか?アメリカ軍が韓国から撤退して中韓の自滅作戦を日米が決行すると書かれてます 実際はアメリカは朝鮮半島から撤退しないし 日本に東アジアの平和の為に我慢と援助を求めるのではないかと考えざるを得ないです ただ韓国は普通の国ではなく 日本に何をしても許されると思ってる絶望的な反日国家です 反米に染まったイスラム圏の人間をアメリカに入国させたらいけないのと同様 日本に入れては入れてはいけない人達です これ以上日本が譲歩するようになれば日本は滅亡しますね 

    • Augusta のコメント:

      横からすいません。
      今回の件は、日韓関係で見るか、日本対世界で見るかで大きく見解が異なります。

      余命については、どの勢力が発信しているのか、度々話題になっていますが、ハッキリしませんでいた。今回の対応で、かなり絞り込めたのでは。私も何度かコメントしていますが、その対応を含めて、今は確信しております。

  9. 神奈川11区 のコメント:

    『絶対に死守しなくてはならない線があります。それは、明らかに事実に反した事柄は認めないということです』

    AJCNのこの言葉を念頭に置き、米国を納得させられるような国にならなければ、将来的に国益どころか国民も守れなくなるのではと不安になります。

    米国が自国の利益しか考えていないのは、今に始まった事ではなく、幕末にも日本は相当搾取されましたからね。

    韓国は地政学的に重要ですが、抑止力と言うのなら日本の防衛費を先進国並みの3%まで引き上げる等の強い要求がもっと米国から出てきてもいいのでは?と疑問に思ったり……

    3月のXデーまで、韓国・米国の動きに応じて首相官邸に自分なりの意見を送り続けてみようと思います。

  10. 108441 のコメント:

    唯々、胸が痛い。
    河野談話を超える、売国行為だ
    AJCSの見解に、反論できる人がいようか。
    安倍政権には、こんなにも真摯に日本のためを思って活動してきた人たちを、完全に裏切ったことをしっかりと認識すべきだ。
    合衆国日本州の状態を脱皮し、独立国家として歩み出すべきと、痛切に感じる。

  11. 103 のコメント:

    今回の件を、自分は下記のように認識しております。
    「実は本件で一番感情的なのは日本人である、ここを理解の上政権をバックアップしロビー活動の準備を行うべし」との結論です。

    12月会談終了時点での各国思惑を勝手に想定してみました。
    韓国:いわゆる慰安婦問題を解決する気はない、永遠に攻撃カードとして使用する。
    (圧力4:感情4:金2)
    アメリカ:国防上譲れない朝鮮半島をコストを掛けずに、且つ軍の負担を減らし自国へのロビー活動を減少させる。今回根本的解決をするのはbestではない。
    ※認めると自国の利益を損なう運動が勃発する。
    (圧力6:感情2:金2)
    日本:国際社会に対し、本問題を冷静に対処し解決とした実績が欲しい。市民団体の抗議は韓国政府で落着させて欲しい。金は拠出しても良いがこちらも国民感情がある為含みは持たせる。
    (圧力2:感情6:金2)
    →拠って、圧力と金の2点を補強する。
    圧力対策:ネットでの書き込みを具体的な陳情とする動き(正しくは仕込み)を行う。
    金対策:10億円は政府から拠出されるとの前提で使用方法に介入する。

    本件の解決の定義を「徹底的な真相究明の為の会議場を提供」とし、解明作業は引き続き行う、寧ろ期限は設けない。

    市議の記事により、自分なりに考える方向が出てきた気がします。情報提供、誠に有難うございます。

  12. 生野民 2 のコメント:

    3月に日本が譲るなら、政府の言うことは尊重するが
    それを公約にして2月に総選挙をして国民の声を、聞いて欲しい
    堂々と譲歩と言って選挙をするべき、それで落選したら国民はそんな議員は望んでないと
    はっきりする、売春婦や在日特権を争点にして民主主義国家として堂々と選挙をするべき
    3月に譲歩するのは、間違いないと思うから

  13. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。

    この件に関して、
    私は、小坪先生と同調をさせて頂きます。

    …ただ、私は、
    ちょっと考え方が違うかも知れません。
    ————————————————————————
    安倍政権が、

    アメリカの意図「のみ」を組んで、
    「ビビッて」「怖がって」やった事でも、そうでなくても

    現在、世界に対して発信された事は、
    —————————————
    「日本は、やっていた、御免なさい」
    —————————————
    なンですよ。

    国内で「民意的に圧力」を
    出して行く事も、大事な事なのですが、

    世界に対して「圧力を出して」やっても、
    イイんじゃないですかね?
    ————————————————————————————

    「ほら、お前らン所も「これ」やってたンだろう?」

    ————————————————————————————
    …てな感じで、

    世界中の国を「巻き込んで」やったらイイ。

    アメリカは、
    ここの「事実」を 突かれるのが「嫌」で、
    世界中の国も「嫌」と、思ってる訳ですよ。

    自分のとこの「何かしら」を隠したい訳ですよ。

    …なら、今現在、
    南コリアの連中が、暴れ、騒いでいる事、

    「止めたがっている」のは、
    この件に、触れたくない

    「アメリカ、及び、やっていた世界の国」です。

    …だから、今回の合意で、
    「日本を評価」していたりする訳、なのかも知れませんね。

    この考え方とすると、本来なら、
    ——————————————————————
    「アメリカ・世界中」の政権が
    南コリアに「圧力」を掛けるべき事
    ——————————————————————
    …こう思いますよ。

    もしかしたら近日中に、
    そういう行動が、あるのかもしれません。

    …でもね、

    「日本のせい」に押し付けて、
    隠れたいと思って、知らんぷりして、
    ——————————
    だんまり(黙り)
    ——————————
    …これを 決め込まれるのも「しゃく」だし、
    「腹が立つ」訳ですよ。

    なら、こちらで、

    世界中の政権の「ケツを引っぱたいて」やったら
    イイんじゃないですかね?
    ——————————————————————————

    私は、先ずは、
    「外務省HPの英文変更」を官邸メールして、
    —————————————

    日本「も」関わっていた

    —————————————
    これを 強調させて欲しい英文にして…と、
    頼みました。

    これで、変更して頂ければ、イイですが、

    …まぁ、
    官邸や外務省が変更に動かなくても、
    これに足して、
    ———————————————

    お前ぇーらが、隠したがっている、

    世界の「困った」内容、出す

    ———————————————
    こういう行動を してやればイイ

    …こう考えます。

    南コリアの「ライダイハン」とかの
    アピールも大事ですが、

    他の国のも、探して、
    ドンドン出してやればイイんですよ。
    ———————————————————

    今回の合意の発信で、

    日本の英霊の方々の、紳士である事、無実、

    それを 証明する、
    時間・労力・散財・誠意…を かけた内容を
    ——————————————
    「無」にされた訳ですよ。
    ——————————————
    ふざけるな!…ですよ。

    「安倍政権の思惑も、有るかもしれませんよ。」

    申し訳ないが、
    そんな事は、「知ったこっちゃ無い」ですね。(笑

    「大人しく、いい子で、安倍政権を信頼して…」

    こんな考えで無くてもイイ。

    政権に文句を言っても、変わらない、変えられない

    …それだったら、
    ————————————————————————————

    世界中の「ヤツ」を探して 晒してやろうや。(笑

    ————————————————————————————

    南コリアの奴ら「だけ」に、ぶつけるンじゃあ
    連中と「同じ」に、なっちまうし、

    世界から「め!」…って、怒られちゃうンですよね?

    …なら、ちょっと「洒落た」やり方しても
    イイんじゃないですかね?
    紳士的に「ルール守って」ね。

    今回の「最終的、不可逆的に」でしたっけ?

    もう言っちゃ駄目よ…で、イイんですかね?

    …これ、
    ————————————————————
    日本と南コリアの「売春婦」の問題
    ————————————————————
    …を 言っているンですよね?

    …もしかして、
    ————————————————————————

    それ以外の、
    世界のなら、関係ぇーねぇンじゃねぇーの?

    ————————————————————————

    3月の合意文書の内容に、
    「もう日本と南コリアの問題の事を蒸し返すな!」

    これに、「世界のもだ!」…なんて、
    記載は出来ないでしょう?

    自分達の事も、入れちゃうンだから。

    自分等も「ヤってた」…って認めちゃうンだ!
    …って、なるンだから。(クスクス

    「「慰安婦」の事を蒸し返すな」…でも、

    揉めているのは、「日本と南コリア」ですからね。
    世界は関係無いですよね。(ウフフ

    …なので、多分、

    3月の合意後…でも「拡散発表」出来ますよ。(ゲラゲラ

    そんで、

    やってた奴「全部」晒したら、「平らか」になって、
    「仕切り直し」な訳です。

    「日本が、売春婦を公的に認めて行っていた、謝った。」

    …こうだとしても、
    ————————————————————————
    他国と比べて、
    いかに、「我が国は紳士的対応」だったか?
    ————————————————————————
    …こう、なりますわな。

    安倍政権が、
    ここまで考えて発表したのかは、解りませんが、

    3月の合意まで待つ必要も無く、
    こういう行動しても、イイと思いますよ。

    私は、今回、民間で行える行動の「答え」は、
    ———————————————————————

    全ぇー部、世界中、巻き込んでやった方が、
    面白ぇーじゃねぇーの?

    ———————————————————————
    この様に、思いますよ。

    「英霊・御先祖様達の事を汚された」…という内容は、もう、
    政権によって、世界に発信されました。

    それを もう一度、取り戻す方法は、

    これが、答えだと、思いますよ。
    ————————————————————
    …以上になります。

    …ンじゃ私は、
    先ずは、「白い家」にでも、
    英文を作って、
    送ってみるとしましょうかね。

  14. たろう のコメント:

    生野民さんへ

    もし3月に日本が譲歩した形となった場合 アメリカが韓国に 日本に対して嫌がらせ虐めタカル何をしても許されるといった反日思想にお墨付きを与えたことになり 国を挙げての日本への嫌がらせは勢いを増すことになります 韓国が自由な陣営に残りたいのであるのなら 反日活動は今後一切しない したら断交だとする最後通牒を突きつけなければ日本が終わります 彼らの反日思想が間違いであることを分からせないといけません

  15. サクラサク@ のコメント:

    今回のエントリーは、今の私の心情と全く一緒です。

    世界情勢から見て安全保障上仕方なくやっているというのは理解できますが、
    それでも一線を越えてはならない事があるというのがまさしく今回の件です。

    これを飲んでしまったら今後先人たちに着せられた濡れ衣を晴らす事は
    不可能に近くなってしまいます。3月の合意まで期間が短いですが、日本政府には
    きっちり抗議していきたいと思います。

    またアメリカの圧力があるというなら、大使館にも日本人は韓国に対して断絶
    したい程に嫌韓が増していて、日本にこれ以上譲歩させようとするなら反米も
    覚悟してくださいとメールしようかと思っています。アメリカにもきっちりと
    日本の世論を伝えていかなくては何も変わらないと思っているからです。

    …安倍政権を応援していかなくてはならないというのにも同意ですが、今回の
    ような事があると不信感は増します。やはり一刻も早い憲法改正をして普通の国に
    ならないと、色々と守る事も出来ないという事を実感しました。

  16. ある愛国者 のコメント:

    >安倍政権を支持したいと思う。
    >無論、陛下の謝罪などが条件に加えられた場合は、この限りではない。
    >多くの日本人と共に、なんなら倒閣運動の旗を振っても構わない。

    当たり前です。そんな事をしたら安倍内閣どころか日本そのものが消滅します。

    日本を消滅させない為にと言う事を前提に我慢に我慢を重ねているのに
    その条件に『日本消滅』が書き加えられたら
    これぞまさしく本末転倒です。

    もっとも天皇が大嫌いな公明党や共産党あたりは大喜びしながら
    安倍内閣ばんざーい!!
    とかになって翌日の聖教新聞やら赤旗やらが
    『安倍内閣を支持する!!評価する!!』の絶賛の嵐になりそうですがね(苦笑)

    小坪殿がそう言った怪しい属性持ち(?)ではないと言う事が
    今回の記事から確認できたと言うだけでも私個人としては
    「満足だ」とだけ言っておこう。

  17. Augusta のコメント:

    3月までに主張する事。

    1、岸田大臣の更迭
    2、3月合意で一切の譲歩をしない事
    3、韓国へのTHAAD設置

    これで決めました。

    1、岸田大臣の件は明らかです。像の撤去を約束した、世界遺産への慰安婦申請を辞めると約束したと会見で言っておきながら、韓国外相にあっさりと否定されています。背任行為です。韓国に都合いいように日本国民に説明したのですから。

    2、自民党内では既に譲歩案が出てきているのでは。小坪先生が既に譲歩に言及してますからねぇ・・・怪しい。

    3、日本は関係ない、とか言うなよ。今回の件は、アメリカの対中戦略に沿ったものだ。これすら韓国に飲ませられないなら、日本にとって何の意味もない。

    私は、常々安倍政権支持を主張してきましたが、3月までは撤回します。それ以降どうするかは合意内容(成立すれば、ですが)次第です。そろそろ安倍首相の次を考えなければいけない時期です。このような売国行為は為にならないと示す必要があります。

  18. みけ のコメント:

    カナダ在住の みけ です。

    こちらで長年生活し、長くなればなるほど、日本に誇りを持ち、
    日本が大好きになります。
    そういう日本人ばかりです。

    オーストラリアで活動をされている方々の無念は簡単に言葉にできません。
    日本人の生真面目さで、3月までじっと待っていられない気持ちです。
    あえて日本人の悪い点を言わせていただくと、世間知らず(世界)でお人良し。
    自分と相手も同じように考えるだろう、という甘さでしょうか。

    日本の外は魑魅魍魎、この合意に関しても、大変まじめな議論を見ていて、
    日本人以外はそんなのはお構いなしに、自国利益、自己利益だけでなんでも覆すし、
    裏切るし、まず事実に沿ってまじめに考えよう、とはゆめ思っていないはずです。

    英語圏で長年住んでいますので、オーストラリアで活動されていらっしゃる方々のように、海外報道の英文、また外務省の英文も大変気になります。(かなりひどいです)

    また以前も載せましたが、みなさんから反論は承知の上で、海外左派メディアの日本たたき報道は、あまり本気になって日本から事実を細かく提示しようとして、時間をかけないほうがいいと、個人的には思います。

    世界が大変きな臭い状況になっていて、雑多な情報が毎日出てくる中、正直そこに大きな効果はないと思われます。
    しかも日本のように、大新聞、TV、そしてネットというかなり限られたメディア情報源ではなく、北米ではたくさんのメディア、たくさんの言語、たくさんの立場で世界中のニュースが報道されています。
    (まぁしかし、知られていないと思いますがカナダはかなり左派でメディアは強烈な反日の国です。民主党、九条の会、捕鯨反対の市民の会、人権委員会、などが集まった社会だとイメージしていただいてもそんなに遠くないです)

    中韓は日本を下すことでしか、自分たちを延命できない国々。
    日本の信用度、日本人とやり取りをする安心感、これはまだまだ絶対に安泰です。

    もちろん、小坪先生のおっしゃる、その日本ブランドを悪用した合意は反対ですが、
    過剰なほどに日本の誠実さ、民主主義(北米でのキーワードです)、正確さ、そういったものを宣伝していくことも大切だと思います。

    正直個人的には、中韓のジャパン パッシング、そして同じく中韓(特に韓)の
    日本の技術者の買い上げ、盗み、というほうが現代社会でもっと日本にとっての脅威だと思っています。

    また日本国内で、またぞろ意見、足並みがそろっていない、これは目を覆いたくなります。
    気持ちの悪い中韓、そしてアメリカですが、本当の問題は日本国内にあり、
    国民一致団結で国益を守れる行動を起こすことがまずは第一歩だと思います。
    力が入ってしまい、長くなり失礼しました。

  19. みけ のコメント:

    連投すみません。

    付け加えますが、現在も続く日本と日本人の良さをアピールすることで、
    これはどうひっくり返っても中韓は、絶対に、永久に
    太刀打ちできません。

    北米の文化に限って言えば、後ろ向きな議論よりも
    前向きな議論が好まれます。

    もちろん強制労働、慰安婦などの嘘、間違いを正さない、ということではないです。
    それは今まで同様、地道な訂正、運動を自身もこちらで続けますが、
    インパクトと効果のある海外向けの運動も必要と信じています。

    もう一点、かつての日本の強さ、経済面でも大急ぎで回復すべきです。
    そのためには無駄な金を中韓に恵んでいる場合ではありません。
    大切な日本人の若者、技術をもった会社に投資し、守ってほしいです。

    経済力(そして急激に軍事力も・・)を持った中国が、張りぼてでありながら
    世界に影響力を持っています。

    日本はさっさと韓国を切り捨て(無視が一番。勝手に自滅します)、
    自国の強みを見せつけてほしいです。
    まだまだその部分は間に合います。
    (残念ながら慰安婦問題は、政府があまりにも長く放置したため、ここを最大限日本のプラスに持っていくことは難しいと痛感しています、あまり言いたくないですが・・)

  20. mirage のコメント:

    年末から重苦しい気分でいます。
    海外の日本人は、どれほどつらい思いでいるのでしょうか。

    今回の合意は、河野談話とともに「間違い」であり、「犯罪的合意」です、絶対に否定すべきです。
    それにしても、この合意を歓迎するマスコミ・政治家・評論家の愚かさには呆れ果てます。
    彼らには「国の名誉」という感覚が全くないのでしょう。
    「蒸し返し禁止」「少女像撤去」「10億円」など、本質的な問題ではありません。
    「苦労するのは韓国だ」など、馬鹿もいい加減にしろ、です。

    絶望的状況ではありますが、日本人1人1人が他人任せにせず、他に仕事があっても休みなく批判の声を上げ続けるしかありません。
    また、韓国は完璧な敵国になりましたので、徹底的な攻撃が必要であり、この国への投資・観光は売国行為として糾弾されるべきでしょう。

  21. こたママ のコメント:

    小坪市議、あけましておめでとうございます。
    今年も、お身体にお気をつけて、なお一層ご活躍されますように。
    以前AJCNについてコメントを送付させていただいた、アメリカ在住の日本人です。
    >こちらで長年生活し、長くなればなるほど、日本に誇りを持ち、
    >日本が大好きになります。
    >そういう日本人ばかりです。
    カナダ在住のみけさんと同じく、わたしも日本が大好きです。オーストラリアや他の地域で活動されている方々のお気持ちをお察しいたします。生真面目で誇り高い日本人にとって、つらい試練の時となりました。
    安倍総理が敢行された今回の電撃的な合意について、吉と出るか凶と出るか、祈るような気持ちで見守っています。
    万が一これが日本にとって不名誉な結果に終わったとしても、安倍内閣の支持については小坪市議と同じ気持ちです。しかしながら、せめて従軍慰安婦についての事実も、竹島のように、外務省のホームページで現存する証拠と共に掲載することはできないのでしょうか?
    内容としては、日本政府の見解による慰安婦の人数や国別内訳、募集広告、警察による違法行為の取り締まりについてや給与についての文書、慰安婦保護のための軍の関与、また軍人による犯罪行為とその処罰の事実など。そしてアメリカ政府による調査報告や吉田証言・朝日新聞による虚偽と謝罪も併記して、「強制連行ではなかったけれども、人道的に、当該者の方々が不幸な境遇に置かれたことを遺憾に思う」ので、すでに日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」だけれど、今回もう一度合意をしましたよ、と国民と世界に向けてわかりやすく掲載してほしいです。海外にいる日本人にとって、せめてそれくらいの援護があれば救いになります。
    もしも事実を曖昧にすることが政府にとって戦略上都合がよいのであれば別ですが、政府には説明責任があると思います。
    合意に差し障るでしょうか・・・

  22. 支援は賛成だが、受け入れは反対 のコメント:

    平行して、韓国政府の容認下で行われた、犯罪行為の謝罪を要求しましょう。

    「靖国テロ謝れ!」

    どさくさに紛れてなかったことにすんなよな?

  23. kuxttoba のコメント:

    幸福が実現するといいですね。

  24. 弥太郎 のコメント:

    AJCNの山岡さんのコメント、小坪議員の文章で、やはり今回の合意が誤りだと改めて認識できました。
    余命3年と言うブログが、前から安倍は韓国無視だし今回も話はまとまらないと断言してたにも関わらずデタラメで、その後の煙に巻くような深読み解釈に、信者はさすが余命さんと絶賛。
    自分の頭で考えず、都合の良い話に脳ミソ預けてるのは何もパヨクだけでなく保守にもいたのかと落胆してました。
    今回のAJCNさんの話で、正にその通りだとスッキリすると共に、本当に怒りが収まりません。

    • ふぃくさー のコメント:

      大変遅くなりました。気になっていたご意見なのでコメントさせていただきます。
      次の2つの表現です。

      今回の合意が誤りだと改めて認識できました
       私も今は米の圧力に屈したのかな、とは思っておりますが、実際そうであったのかはまだ分かりません。また、仮にそうであったとしても、「合意が誤りであった」と決めつけることはできないのではないでしょうか。政治の選択ですから、100点と0点の2択なんて事はまずありませんし、マイナスの点数しかない中から選択せざるを得ない場面だってあるはずです。採用した結論が仮にマイナスの点数だったとしても、それ以外の選択肢がより大きいマイナスしかないのならば、その選択は「正解」となりますし、決して誤りだとはいえません。今回の合意に対する評価は最終的に歴史が下していくと思います。

      本当に怒りが収まりません
       何に対する怒りでしょうか? 
         (a) デタラメを書いた余命ブログ?
         (b) 自分の頭で考えずに都合のよい話に脳ミソ預けた保守?
         (c) 他の意見に振り回された自分?
       怒りの対象が(c)ならば分かりますが、もし(a)や(b)であったならばお門違いでしょう。
       
       (a)については、これまでの記事でさんざん正しい事を書いてきています。荒唐無稽と思われた話がどんどん現実化してきた事実がブログの信頼を勝ち取ってきた原動力です。仮に一度や二度間違ったとしてもデタラメブログと非難する資格は誰にもないでしょう。ましてや、ご指摘の表現は「官邸は4つの条件をだしている。(中略)韓国がのめる条件ではない。朴槿恵は応じ切れまい」ですから断言でもありません。

       (b)については、もし本気でそう考えてらっしゃるのならば、私としては弥太郎さんの感性を疑わざるをえません。本ブログと余命ブログのコメント欄は自分の意見をしっかり持っている人達のコメントで溢れています。少なくとも私が見てきた中では最高クラスのコメントが集まるサイトです。

  25. kusuko のコメント:

    東京の米国大使館(駐日米国大使閣下)宛に手紙を

    軍事評論家の兵頭二十八氏によると
    今回の日韓合意が日本の国益の毀損と思う人は、
    東京の米国大使館(駐日米国大使閣下)宛に、手紙/eメールを出すのがいいらしいそうです。

    日本語でも、へたくそな英語でもOKだそうですよ!
    詳しくは、「かけだし鬼女の 今が日本の一大事! ~よければ一緒に凸しよう!~」
    『アメリカ大使館に「慰安婦妥結」に、そして「下朝鮮との友好」に不満な日本人の気持ちを送ろう!』(migigimi.blog)をググってみて下さい!

  26. sakurako のコメント:

    アメリカの国益を優先した安倍氏をそれでも支持するなんて、
    アメリカに安保を頼り切りな日本人の精神そのものですね。

    安倍が駄目なら俺たちが!なんて勇気のある政治家はいないのでしょうか。
    安倍氏は祖父が元総理大臣の政治家一族のもとに生まれただけであり、
    それがなければ政治家、総理大臣になれたか、私には疑問です。

    アメリカにとって、韓国よりも日本の方が地政学的には重要なのです。
    韓国が敵にとられても、アメリカとの間には日本があります。
    日本が敵に取られたら、敵とアメリカの間には海しかありません。

    私も海外在住組なのですが、日本のヘタレ度には愛想がつきました。

  27. kalevala のコメント:

    嫌韓が嫌中が、反米感情に発展しやすい人は、
    松本治一郎(ロシア工作員という説あり)の呪いに
    かかっているのかもしれませんね^^;

    「高句麗人(広域北朝鮮)と日本人とは同じ民族なので
    中国(唐)と韓国(新羅)と白人(中世欧州)への恨みを
    共に晴らしましょう!」 という思想です。

    人間ならだれもが持っている
    自己防衛の心理システムを利用して
    最終的に白人(特にアングロサクソン)やユダヤを敵視させ
    日本を大陸半島に取り込もうという戦術は
    敵ながらあっぱれ、です。

    金融危機が起こると必ず核実験をする北朝鮮が
    今回もウクライナデフォルトの後、核実験しました。
    慰安婦冤罪合意で日本が半島に頭を下げたのは、無駄でした。

    日本の政治家は、交渉というものをしたことがないのでしょうか?
    DNAと儒教による作品である東アジア3兄弟は
    「上下」と「金になるかならないか」という発想しかないので
    こちらが一歩譲歩すれば、倍にしてふっかけてくるのに…

  28. (ま) のコメント:

    諸悪の根源はあの英文だと思って、官邸メ―ルを作ろうとして挫折しました。クマラスワミ報告のPDF(日本語)を読んでいるうちにわずか6ページ目で洗脳されてきて、ひょっとして日本が悪いのかと思えてきてしまいました。
    だから前ページ、sinobu hattori様のコピペを送ることにしました。ありがとうございました。

    北朝鮮核実験が今回の日韓合意の背景にあったとしたら、日本はこれを盾にアメリカにも韓国にももっと強く出ることが可能だったかもしれないと考えると、さらに業腹なので以下は送れなかった意見貼ります。

    ——————-

    外務省は、自分たちの仕事をどう考えているのでしょうか。

    日本は、憲法の定めで戦争をすることができず、外国との交渉には軍事力を背景にした圧力が使えないことが安保法制議論でしみじみとわかったのですが。

    なら、日本は武力によらない交渉を強力に行うしかない、それは上品な紳士的な態度だけでは他国を動かすことが困難なのは当然のことで。

    だから、外務省には、えげつないまでの日本押しのチカラがないとやってけないと思うのです。中韓露北朝鮮の武力示威に匹敵する、あるいは上回る「外交力」が、外務省には求められているはずです。

    それが外務省に対して憲法が求める姿だと思います。

    憲法前文「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」は、外務省こそが率先して国際発信すべき部分でしょう。なのに今回の慰安婦問題日韓合意に関する英文は、日本の名誉を著しく失墜するものとしか思えません。

    日本の名誉が守れないのなら、外務省は廃止して、防衛省が外交に当たるべきだと考えます。

    ところで、今の外務省に、そこまでの自覚、覚悟があるのでしょうか。外交的に働きかけ、日本国内に発信して世論を高める努力をしたのでしょうか。拉致被害者の救出然り、ユネスコ記憶遺産然り、クマラスワミ報告然り、竹島・尖閣然り、北方領土然り。

    外務省、もっと日本防衛の最前線に立つ仕事してください。嫌なら憲法改正してください。

    • sinobu hattori のコメント:

      (ま)様

      官邸メール、
      ありがとう御座いました。

      元は、ここのコメント欄に書き込みされていた、
      「yamato」 様(以下のブログの方です)
      ttp://japan.sun-rises.info/wp01/political-crisis/2619/

      こちらの方の文章を「まとめた」だけなので、
      是非、「yamato」様にも、
      コメントしてあげて下さいませ。
      ———————————————————

      (ま)様の、こちらの「想いの詰まった文章」は、
      是非、「外務省」に、ぶつけてみて下さい。
      ttps://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

      …因みにですが、

      (ま)様の「想いの詰まった文章」
      官邸メール向けに、いじってみました。

      コピペで、そのまま使えますよ。
      私、送ってみました。(笑

      よかったら、使用・参考にして下さい。

      以下、官邸メール文章↓
      ————————————————————————————
      「テーマ」
      外務省の関係の更迭と入れ替え、
      及び、防衛・軍事に関する憲法の改正

      ——————————————————————————
      外務省の関係の更迭と入れ替え、
      及び、
      防衛・軍事に関する憲法の改正を 望みます。

      外務省は、自分たちの仕事をどう考えているのでしょうか。

      日本は「憲法の定め」による、
      防衛力・軍事力を「行使」をする事が、厳しく、
      外国との交渉には「防衛・軍事力を背景にした圧力が使えない」事が、
      安保法制議論にて、理解出来ました。

      ならば、
      「日本は武力によらない交渉を「強力」に行うしかない。」

      それは「上品な紳士的な態度」だけでは、
      他国を動かすことが困難であり、当然の行動です。

      ならば、外務省には、毅然で確固たる「信念」と、
      「えげつない」までの日本としての押し、
      「力押し」がないとやってけないと思われます。

      中、韓、露、北朝鮮の「武力示威に匹敵」する、
      あるいは上回る「外交力」が、
      外務省には求められているはずです。
      それが外務省に対して憲法が求める姿だと思います。

      憲法前文
      ———————————————————–
      「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」
      ———————————————————–
      こちらの内容は、
      外務省こそが、率先して国際発信すべき部分でしょう。

      ですが、今回の慰安婦問題日韓合意に関する「英文」は、
      「日本の名誉を著しく失墜する」ものとしか思えません。

      日本の名誉が守れないのなら、
      外務省は「廃止」し、
      防衛省が外交に当たるべきとも考えます。

      今の外務省に、そこまでの自覚、覚悟があるのでしょうか。

      拉致被害者の救出然り、
      ユネスコ記憶遺産然り、
      クマラスワミ報告然り、
      竹島・尖閣然り、
      北方領土然り、

      外交的に働きかけ、
      日本国内に発信して世論を高める努力を行った内容とは、
      到底、思われるものではありません。

      以上の事から、

      ・外務省の関係の更迭と入れ替え
      ・防衛、軍事に関する憲法の改正

      こちらを 望むものであります。

      ————————————————————————————
      …以上に、なります。

      最後にもう一つ、

      「美しい日本の憲法をつくる国民の会」
      ttps://kenpou1000.org/

      こちらも閲覧してみる事、
      お薦めしてみます。

      よろしくお願い致します。

  29. 鳥海山たろう のコメント:

    変な感想ですが、まず海外で闘っている方々が優秀であることに、いつもホッとします。多くの良識ある日本人が絶対に認めてないから、長期間かかっても誤解はとけていくと信じています。

    「第一に、日本政府が90年代の最初に責任を認めたのは、朝日新聞の相次いだ捏造報道に日本国民や政治家がだまされたため。(韓国人もだまされた)」

    「第二に、日本政府が今回責任を認めたのは、韓国があまりに感情的で日韓対立が続けば、北朝鮮の悲惨な独裁や中国の覇権主義など東アジアの政治情勢が悪化し放置されていくのを安倍首相などが懸念したため。」

    「第三に、韓国や米国など他の先進国とくらべて断じて日本は突出して慰安婦を虐待して人権弾圧してない。日本が責められるのであれば他国も責められるべきだ。日本だけをスケープゴートにするのは断じて許さない」

    この3点をいつまでも指摘しつづければ良いです。
    日本国民の怒りはほんとうに良くわかります。

    この騒動は「朝日新聞に始まって、朝日新聞に終わる」のです。
    朝日新聞がもう新聞社として成り立たないというくらいに日本国民から強い非難を受けて商業的には立ち行かないという状態になれば朝日新聞が終わります。
    それで、「いったい従軍慰安婦騒動とは何だったのか」という問題が総括されます。

    この問題は、軍隊(自衛隊)を無くするために徹底的に自国の軍隊をおとしめることに執念をもった日本の変態左翼があまりに氾濫したのがすべての原因です。
    それを証明する膨大な資料が残されています。

    <以下はできれば、しっかりと読んでください。>

    共産主義者で戦後日本を代表した歴史学者の羽仁五郎が昭和50年代に亡くなったのちも、羽仁五郎の異様な執念は延々と日本の言論界を覆っていました。

    昭和50年代後半に出版された羽仁五郎の論文集を読むと、それはあまりにすさまじいものです。北朝鮮系の在日朝鮮人である朴慶植の「朝鮮人強制連行の記録」を全面的に肯定しています。

    この本の内容はほんとうにすさまじいものだったのです。
    「数万人の女性が陸軍の慰安婦として女子挺身隊という名目で強制連行された」とも書かれています。従軍慰安婦騒動のデマの先行例です。
    なんと「朝鮮人強制連行の記録」は昭和40年に出版されたにもかかわらず数十年に渡って意図的に検証されていなかったのです。

    羽仁五郎はこの本を読んで検証もせず、すべて鵜呑みにして、日本のどこぞの地域の鉄道の「線路の枕木の一本、一本の下に使い捨てられた朝鮮人の遺体が埋められている」と書いているのです。
    そんな本が大量に昭和50年代にも出回っていたのです。

    いかに狂信的な共産主義者たちが歴史学者として社会の中枢に侵入して、歴史を改ざんしていったか、この壮絶な経緯が理解できないかぎり、「慰安婦騒動はデマだ」などと世界の人々に説明しても、いっさい理解されない仕組みになっているのです。

    羽仁五郎の背後には数千人という類似の歴史学者がいて、共産主義を美化した責任をのがれるために、ひたすら日本を悪魔化するという学風を追及し、欧米や中国・韓国の学者や人々に対しても「日本に悪質な歴史修正主義者がいる」と扇動しつづけることで日本のオピニオンリーダーとして生き残ることに成功してきました。

    もし日本の戦前・戦中の軍国主義や全体主義を批判するなら、共産主義者ではない良識的な知識人もいました。ところが共産主義者が主流になってしまったのです。
    羽仁五郎の発想はずっと読んでいくと、妙な西欧コンプレックス(治安維持法以上の検閲と弾圧の暗黒社会であったフィレンツェを自由都市と絶賛?)もありますが、中枢になる発想は、日本国内のいわゆる「少数派(極左、部落の人々、在日朝鮮人など少数民族、キリスト教徒や仏教徒の少数派)」をありったけの執念で扇動して、反体制的な怨念を受けつけて、日本への恨みをうえつけることに主軸を置いています。

    そして1992年に騒動が起こったときは、吉田清治のデマや挺身隊のデマなどは少し検証すればウソであることが見破られるとわかっていたために、歴史学者は表舞台からは引っ込んでしまって(吉見義明などは例外と思われる)、テレビなどメディアには高橋哲哉など哲学者や弁護士がよく登場していたと思われます。

    高橋哲哉の登場の意味(NHKの性奴隷の民間法廷の解説者もこの学者だった)はよく考えるとぞっとするものがあります。
    「厳密な歴史学者の検証には、朝日新聞の従軍慰安婦騒動や民間法廷は耐えられないに違いない」と反日左翼は考えた。
    そこで、「朝鮮人慰安婦たちが被害を訴えてきたときに検証しようとするのは日本人が戦争の罪を認識していない証拠だ。ほんとうに反省したら検証しようなどしない」などととんでもない屁理屈を並べて、検証ムードを消滅させていったのです。

    そして歴史上まれにみる北朝鮮のスパイによる日本人少女などの拉致をおかした北朝鮮にまで当時の変態左翼は出向いて、せっせと朝鮮労働党などの用意した証人から、ありったけの日本軍残虐物語を引き出していました。

    当時の予備校(代々木予備校か駿台予備校か忘れたが)の、ある講師は「北朝鮮の慰安婦の証言では、日本兵が慰安婦を強姦した後に熱湯でゆでて食ったらしい」などと高校生に説明していたのです)
    いかに変態左翼が(膨大なまじめで正直な日本人がせっせと働いて日本を世界トップレベルの経済大国にもりあげていた裏では)、このような恐るべき洗脳が手を変え、品を変えて、行われていたのです。

    もちろん朝日新聞など全国紙を読んでもいっさい、そういった変態左翼のうごめく全体像はわからない仕組みになっていました。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      (尻切れトンボになってしまいました。)

      上記のような変態左翼とすんぶん違わない朝日新聞という異様なメディアが変態左翼の宣伝塔となって、まず日本国民を洗脳して口を封じ、
      次に世界中の外国紙(NYタイムズは提携紙)や反日勢力を扇動し、国連も巧妙に巻き込み、わずか数年で、とんでもない世界的規模の戦争犯罪騒動になっていったのでした。

      上記の歴史を理解できるかどうかです。
      資料は膨大にあります。
      朝日新聞、岩波書店など。
      外国人が上記の「いかに共産主義者が日本の戦後をおそろしく混乱させたか」というのを理解できれば、すんらい慰安婦騒動の背景も理解できると思われます。

  30. 鳥海山たろう のコメント:

    もう一点、きわめて重要なことがあります。
    上記で記載した羽仁五郎などの歴史学者がどうやって戦後に日本人を洗脳したかというと、
    「戦前か戦中に獄中で亡くなった野呂栄太郎のような共産主義者が日本で共産主義革命を成功させていたら戦争は防げたはずだ」という理屈です。

    これが青年や知識人に大量に宣伝されて、頭脳に吹き込まれました。
    「共産主義者を治安維持法で弾圧したから日本は戦争につきすすんだ」と。
    多くの日本人に信じられました。

    ところが追及をすればするほど、その逆の真相がわかってきました。
    むしろ権力中枢やメディア(朝日新聞のスパイの尾崎記者など)に巣食うっていた共産主義者が日本を戦争に仕向けていたのではないか(近衛文麿の証言など参照)、さらにアメリカにも共産主義者のスパイが権力の側にも忍び込んでいた。
    また中国の国民党は中国共産党の毛沢東などにうまく操られて、日本との停戦を拒否して断固抵抗してしまったために第二次大戦後に台湾に追い出されてしまった。

    という風に第一の原因ではないかもしれないが、各国の共産主義者が日本を戦争に誘導する方向に頑固に動いていたこと、それにもし日本で羽仁五郎の奨励するような共産主義革命が成功していたとすると東アジアはどういう状態になっていたか、などの規模まで歴史を振り返ることができる日本人や外国人でなければ慰安婦騒動の原因はさっぱりわからないでしょう。

    それと左翼がいかに日本の戦争犯罪を捏造に加担したり応援してまで厳しい指弾をあびせながら、共産主義国家群のおぞましい戦争犯罪やホロコーストについては見て見ぬふりをしたというのも、教科書に書かずにごまかされるのであれば、多くの日本人の手によってこれでもか、これでもかというくらいに蓄積して資料化するべきです。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      まず事実をもって(延々と)根気強く説明すればよいと思います。

      「日本は米国の陰謀にやられた。終戦後にGHQがやってきて日本人は徹底的に洗脳された」と日本人が言っても、「お前は歴史修正主義者か。日本の新聞も教科書も、GHQは日本を民主化したと書いているではないか」で終わりです。
      歴史は複合的な原因や要素があり、GHQが日本を民主化したという側面もあります。歴史は複眼的に見なければなりません。

      意図的にある一面的な歴史的事実(GHQは民主的)が強調されたら、その逆の面をこつこつと強調するべきです。
      たとえばGHQの驚くべき横暴ということを批判したいのなら、
      「(GHQの公職追放は)旧制中学の校長とか、大企業でいえばだいたい取締役以上、日本の指導者が一遍に公職追放されたわけです。それにはドイツでは適用されなかった文化人とかジャーナリストも含まれた。そこまで日本はやられた。
      ・・公職追放された人が(数字がわかっているだけで)20万人。本人だけじゃなくて、3親等内の親族と配偶者まで対象になっているんです。3親等内の親族と配偶者まで強制的に公職追放されました。追放されると退職金がでない。
      3親等まで対象になったので、本人の曾祖父さんとか曾孫(ひ孫)まで対象になる。お父さんが80歳くらいでどこかの顧問をやっているとか、大学の名誉教授だとか。そういうのも対象だから、はっきり言って100万人以上が日本の指導層から消されたわけです。(水間正憲氏「有名女子中学・入試問題の大嘘」)」

      ここまで日本の指導層を追放したのですから、共産主義国のソ連や中国の独裁者がやったのと(収容所に入れたりしなかったものの)、あまり変わりはないということです。
      そして、その大量粛清のあとで重用されたのが、ばりばりの共産主義者のクルクルパー連合だったから、日本社会の言論空間が左翼で独占され、政治や経済の中枢こそ、良識的日本人がかろうじてコントロールしている状態でしたが、日本国民は変態左翼に扇動され、一歩まちがえば、なにが起こっても不思議ではない状態でした。

      そして変態左翼は、あまりに無残な人殺しどうぜんの学生闘争が起こっても、世界中の共産主義がおそろしい牙をむいても爪あとを残しても、平然と開き直り、ただひたすら過去の日本の戦争を反省しろと糾弾することにより、責任を問われることを免れました。

      どんなおぞましい過去の言論でも「戦争を反省しろ」とわめきちらせば日本人を納得させることができたのです。
      それで、東西冷戦終了で、やっと日本人の洗脳が融けはじめたという80年代から90年代にかけて、反日左翼がやりはじめたのは中国や韓国をけしかけて日本を糾弾させることでした。

      なにを言いたいかというと、ステレオタイプのような主張をしないで、水間正憲氏のように事実を丹念に洗い出して事実をもとに反論するという日本人が数千人もでてくれば世界の反日プロパガンダに日本人が屈服することはないだろうということです。

      しかし、日本の変態左翼のおそろしさ、狡猾さは想像以上です。
      過去をおもいだすと、原爆のなまなましい被害をただ客観的に説明しているような場面でも、
      「日本人はまず被害者であるより加害者である。○○○○の被害を見よ」といって○○○○は「南京大虐殺」であったり「従軍慰安婦」であったりするのです。
      その動機は普遍的正義の見地にたったものではなく、ただ北朝鮮や毛沢東などを賛美してきた、おぞましい変態左翼が自己を正当化して、歴史認識や歴史問題等おいてオピニオンリーダーとして日本社会に居すわるための方便だったのです。

      なぜかあれほどの騒動になり大テーマであった「南京大虐殺」であったり「従軍慰安婦」であったりの戦争犯罪は、広く専門家や体験者などを公平に集めた場で議論されることはありませんでした。
      反論はすべて変態左翼が封じて、一方的論文を読まされたのです。
      慰安婦問題は朝まで生テレビで一回だけ議論されって変態左翼が完膚無きまでに論破されたため、その後一切公共メディアでの議論がなされませんでした。
      変態左翼は国内で議論せず、海外にデマを流すようになりました。
      朝日新聞は変態左翼と一心同体であったのですから本格的に狂っていました。

      変態左翼や過去を罵倒してもしょうがありませんが、世界の人に訴えるには、この戦後日本のあまりに異様な事象を同時に説明するのが良いと思います。

      わざわざ、ろくに調べもせずに完膚無きまでに自国をおとしめ、自国の軍人を殺人鬼や強姦魔に見せかけるようなメディアはほかの国ではいっさい見たり聞いたりしたことがありません。
      それは戦後日本に限ったことだと思います。
      それはくどくど書いたとおり、筋金入りの反日左翼が変態化または奇形化してマスメディアや教育まで巻き込んだような大変な勢力となり、日本人を苦しめたということです。
      そして歴史騒動で協調関係になりつつあった日韓関係や日中関係をあとかたもとどめずぶっ壊して、中国を傲慢な独裁的反日国家に変貌させました。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      水間正憲著
      「ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実」
      のなかの
      原爆の写真集のページになかに、なぜか唐突にのせられた「アメリカ人」への言葉。

      『”ことば”はいりません。「アメリカ人」は、ただ静かにひたすら観てください。”人道のために”。』

      この姿勢と態度で多くの日本人が冷静に毅然と対処すれば、慰安婦問題についても、日本発の慰安婦騒動から世界もいろいろなことを学んでいくでしょう。
      各国の慰安婦の歴史についても。

      ネットでも何十年間も変態左翼が「慰安婦問題は日本人が反論するから世界からの抵抗が多くなるのだ。責任と罪を認めて反論するな」とネットでさかんに日本人を洗脳しようとしてきましたが、やっとそれにひっかかる日本人は少なくなってきたように思います。

      それは変態左翼の想像した域をこえて、韓国人や反日勢力が”ハッスル”した結果でもあると思います。
      さすがに世界中に慰安婦像をつくる運動をするとは、しかも韓国では日本大使館の真正面に慰安婦像をつくるとは、反日的変態左翼も想像していなかったと思います。

  31. アンチレッド のコメント:

    現在、最も日本人英霊の名誉を汚し続けているのは韓国(特亜三国)でしょう。
    安倍政権が倒れたら、英霊の汚名は返上されるのか、これ以上汚されることがなくなるのか?
    答えはNOでしょう。

    欧米メディアの反日報道は、その根源をたどれば東京裁判史観でしょう。
    先の大戦時の日本は悪意を持って悪行を行った、これが歴史的事実でこれを否定するものは歴史修正主義者として糾弾される。
    だから大戦時に日本が行った事はすべて悪行でなければならない。
    こういうことでしょう。
    勝てば官軍負ければ賊軍という厳しい現実を受け入れたのが、当時の日本でしょう。
    意味を考えれば、”勝敗は善悪より優先される”ということでしょう。
    日本対連合国で、どちらかが善でどちらかが悪としたら、今さら連合国が日本が善で連合国が悪などと認める訳がない。
    マイケル・ヨン氏が発掘した米国の慰安婦に関する調査結果も、米国政府は完全に無視。
    欧米は”日本は悪かった”以外認めないという姿勢でしょう。
    この状況をどうやったら覆せるのか、いつになったら覆せるのか、想像出来ません。

    しかし、欧米が東京裁判史観を堅持してても、韓国(特亜三国)が騒がなければ、現実的には問題にならなかったと思います。

    だから現実的に日本が何を優先すべきかと言えば、韓国(特亜三国)を抑え込むことではないでしょうか。

    米国は自国の利益の都合でコロコロ態度を変えるでしょうが、今は韓国を抑える方向で動いているように見えます。
    この機を逃せばいつまた態度が変わるかわかりません。
    元はと言えば東京裁判史観も米国によるものですからね。

    米国は11月に大統領選挙、日本は7月に参院選挙、3月訪米、このスケジュールから逆算しての昨年末の日韓合意=韓国抑え込みを歴史的事実とするための第一歩、と解釈するのは希望的観測か。
    というより、今回の合意が大きな犠牲の代償として成立したのなら、そうなるように日本政府にはうまく立ち回ってもらわなければならない。
    そして我々もそれを後押しするように行動しなければならないと思います。

  32. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    皆さんの自民党への意見のおかげ??(だと私は思ってます)か、選挙を意識したのか、一応国民へのパフォーマンスは始めたみたいですよ(辛口なのは、性犯罪者への厳罰法改正など、するする詐欺ばかりだったから)最初から言えていれば胡散臭くないですがね…それでもぬるすぎですが

    【慰安婦合意】自民党部会 稲田・西田・高島・片山ら「像の撤去が条件」「慰安婦白書の発刊を中止させろ」「国連で蒸し返さないと宣言させろ」10億円拠出の約束取りやめ要求相次ぐ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/47444193

    六曜の件も多少動いたようで

    人権団体「大安仏滅は差別」の抗議でカレンダー配布中止→この話が一般人に広まった結果w
    ttp://m.moeruasia.net/article/46489915

    最後にトンデモ記事です…

    【東京新聞】2ちゃんのまとめブログをよく閲覧する人はレイシストの傾向が強い
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/46491426

  33. 櫻盛居士 のコメント:

    この一連の流れを戦場に例えれば、どの様な状態であろうかと考えてみる・・・。

    戦闘に勝利する為に最前線の歩兵支援として後方から砲兵が砲撃する事があるが、砲兵の砲撃によって最前線の歩兵が巻き添えになる事がある。
    所謂、誤爆の状態である。

    扨て、戦友の歩兵が誤爆されたからと言って、歩兵が戦闘を放棄し砲兵討伐に引き返せば、その戦闘は勝利出来るだろうか?

    答えは、否だ。

    誤爆の責任追及は、戦闘終結後に回さなければこの戦闘には負ける。

    優先順位としては、共通の敵殲滅が最優先だ。
     
     
     
    これが、小生が安倍政権を支持し続けざるを得ない理由です。

    そもそも、この様な実に無駄極まりない虚構の火消し対応に振り回される原因を作ったのは、朝日新聞です。
    それを利用し、世界に嘘を広めたのはアカです。

    確実に屠らなければならない『敵』は、下記です。

     ・ 朝日新聞
     ・ アカ
     ・ 特亜

    安倍首相、岸田外相へは後からビンタでも腹パンでも喰らわせてやれば良い。
    今、小生が思わず振り上げてしまった手は、上記の敵に向かって振り下ろそうと考えています。
    これから我慢させられる分、フラストレーションが溜まる分、敵に向けて力一杯拳を振り下ろすつもりです。

    上記の敵は、在外邦人・日系人の為にも、一刻も早く屠った方が良いのは明確です。

  34. たろう のコメント:

    1日本人ほど欧米人はマスコミを信じていない 記事の背景の金の動きを常に意識している(日本人ほどマスコミに対して盲目ではない)
    2慰安婦問題は70年以上の前の出来事であり 常識的判断があるのなら欧米人がみても慰安婦ばあさんの抗議活動は異常に映る 少し考える人なら韓国政府の国を挙げての日本に対するタカリ活動として映るでしょう(なぜなら現在の日本人が他の中韓の人間と比べてマトモだからです)

    日本政府は日韓基本条約で終了してると言えば済む話でした 安倍総理に対してアメリカの圧力があったことは否定で出来ません しかも日本政府への圧力はアメリカの国益を考えての冷徹な判断からだと分かります どんなに頑張っても欧米の猿真似の域をでない中韓の人間と軽く凌駕してしまう日本人とでは どうしても日本人は憎しみの対象になるのでしょう 日本人は自分達(白人)より立派で頭のいい民族だと認めてしまってるゆえ より日本人を鎖でしばりたいのかもしれません 韓国が地政学的に重要だから日本は謝罪する必要があったか?謝罪なんかしなくても東アジアの平和は保てたでしょ 何か問題ありますか?ではなぜ謝罪を強要したのでしょ?

    私達日本人が外国人を信じすぎて批判能力が欠けてるからです

  35. こたママ のコメント:

    このエントリーで二度目の投稿です。
    わたしは海外在住の日本人として今回の合意騒動に胸を痛めていますが、安倍政権の支持は続けます。アメリカの圧力はあったのでしょうが、今の時点で名誉よりも大きな国益を重視した上でのことだと推察するからです。
    安倍総理が優れた政治家・総理大臣であることは間違いないと思います。次の人材の育成は必要ですが、他の政治家を立てている余裕は今の日本にはありません。
    日本国内外での反日勢力、覇権主義の中国、大戦の戦勝国など、いろいろな方面の思惑が複雑にからまりあった歴史が現在まで続いていることを、今や多くの日本人が自力で学びはじめています。素晴らしいことです。
    「百年マラソン」をスローガンに時間をかけて活動を続ける粘り強さ(執念深さ?)は、敵ながらあっぱれ。http://www.amazon.co.jp/China-2049-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/4822251047
    その長期的視野に立った戦略を日本人も見習って、いつか汚名を晴らす日が来ることを信じています。

    • ふぃくさー のコメント:

      初めまして。
      こたママさんの冷静で知的で、それでいて熱意溢れる文章に触れていちいち頷いています。
      海外からもこのような文章を投稿していただける日本人という民族を誇りに思います。

      • こたママ のコメント:

        ふぃくさー様
        返信していただいたことに気が付かず、申し訳ありませんでした。
        過分なお言葉をいただき恐縮ですが、うれしいです。ありがとうございました。
        ふぃくさーさんのコメントにはいつも多くを学ばせていただいています。
        小坪市議のような若くして志の高い日本人をみんなで応援していきましょう。(ふぃくさーさんの年齢を存知あげませんので、失礼があったらお詫びします。)
        わたしも「べきべき」と唱えるだけではなく、行動できる力量(攻撃力)を身に着けたいと思っております。

  36. のコメント:

    初めて投稿いたします。

    ここにも見受けられますが、

    アメリカの圧力の件ですが、

    昨日の青山繁晴さんのインサイドコラムを聞きました。

    そして、それによれば、アメリカは、韓国には、強行に迫っていたが、

    日本には、お願い程度であったということです。

    これが、本当なら、私は、これが本当だと思いますが、

    アメリカの日本に対する要求が「お願い」程度であったとしたら、

    韓国などどうにでもできたと思います。

    それが、できず、誇りまで捨てて、ああいう風にしかできなかった政治責任は、

    甚大です。

    今後、誇りを取り戻すことは、至難の業でしょう。

    何せ、安倍政権でさえ、国家謝罪をしてしまったのだから、

    韓国よりもはるかに信用されてる日本が、

    誇りまで捨てて国家謝罪をしてしまったのですから。

  37. araigumanooyaji のコメント:

    “国際的には信用のない韓国が、今まで何を言おうとも与太話レベルの扱いであった。 ここに「信頼のある日本」のブランドで、謝罪をしてしまったことの打撃は取り返しがつかない。”

  38. AG のコメント:

    求心力は日韓融和に向かう

    丁度そんな矢先、北朝鮮の核実験が行われました。

    そこで米国はより米日韓の絆を強めようとするでしょうし、又日韓に求めて来るでしょう。
    中国はかたや南シナ海、東シナ海で不埒な動きをしていながら北朝鮮を仮想的に見立てて仲間のフリをした割り込みをし、自国の利益を求めて来るでしょう。

    そんな動きに何時もながら騙され翻弄されるのは日本国ですが、この対北朝鮮問題と韓国との慰安婦問題などや中国の覇権主義への対策などそれらをいくら日本国内の親中、親韓派が策略を巡らせようと騙されず分けて冷静に判断しなければいけません。

  39. ピンバック: 【政治家の目線】北朝鮮の水爆実験に対する抗議と、今後の朝鮮半島の動向に関する所見 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  40. 小坪しんや様 のコメント:

    いつも韓国どうした、韓国切れまくるしか報道しないメディア、新聞。
    そして、金だけ取られて、騙され、蒸し返されるの繰り返しは証明済み。
    誰も気付かない。なんでもっと世界に事実をどんどん突きつけて行かないのか。
    まったくこんなネットで、スターよろしくわかったような評論事言合わないでほしい。世界に向かって発信能力がまったく無い日本に欠陥があるのは解りきっていること!日本で、スター気取りで、写真までカッコつけて載せて、何のプラスにもなりませんから。これだからいつまでたっても「振り込め詐欺」がなくならないわけですよ
    こんな事グダグダ続けてても、今生き残ってる40匹そこらの元売女腐れババアもこの世からその内いなくなるんだよ。そしたらこっちが嘘と確信してても、もう既成事実となってしまうんだよ。これからの子供たちも未来に生まれてくる日本人も、背をわ無くていい罪を背負っていかなくてはいけないんだよ。悲惨すぎる。

    • sinobu hattori のコメント:

      小坪しんや様 様

      何か、名前が、ややこしいですが、(笑
      ご返信、失礼致します。

      >スターよろしくわかったような評論事言合わないでほしい。

      …こちらは、
      「どなた」に向けておっしゃっているのか、解りませんが、

      是非、貴殿のこの「力強い」文章のような「想い」を
      ———————————————————————————

      「官邸メール」や「各省庁」「大使館」…などに、
      ぶつけてみて下さい。

      ———————————————————————————
      ご自身で記載されている
      「海外」でも、構いません。

      小坪市議にも「動いて欲しい」つもりでの
      コメント記載かも、しれませんが、

      小坪市議は、
      元々「運動家・活動家」として動いていた方だけに、
      今回の「合意問題」は、

      より、「重く・厳しく・辛く」
      捉えておられると、思いますよ。

      「コメントで文句」だけでは、何も変わりません。

      是非、この「熱い文章」の様に、
      他にも「影響力」の有る方々へも、
      アクションを 起こしてみて下さい。

      貴殿の様に「熱い想い」が多くなれば、
      動かざるを得ない状況になります。

      よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です