【海外メディアを抑えられた打撃】日韓関係と慰安婦の虚構、情報発信が難しくなった理由


 

 

「ネットに求められる動き」を具体的に書く。ループする世界を断ち切るため、私たちが何かをなさねば、異なる解は得られない。このままでは、今までと同じくスタートに戻ってしまうのだろう。

なんとかしたいという思いを、未だに持っている。
ここで「海外情報発信だ!」「正しい知識を伝えることこそ全て!」という意見も出されている。
今まで実際、私はそれを行っており、指揮を執った一人だと自負している。

その上で、今回は手段として提示していない。
「日本が譲歩し、支払ってしまう」と仮定した上で、海外メディアの動きを事前シミュレートし、効果があるか否かを検証している。
答えはNOだった。

今まで有効としてきた手段が封じられている。
その理由を記すと共に、今後の私たちの在り方について述べたい。

タイトルとしては前回とほぼ同様ですが、内容は全く異なります。
発展形と言うか、周辺情報の積み上げになります。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12436530_964434700294081_2032373271_o

 

 

 

 

海外発信が無意味な理由
何点か挙げられますが、順を説明します。
今回の被害規模を「見積もれない」と述べた理由がよくわかると思います。
これは事前に「日本が譲歩し、支払ってしまう」と確信を得た時点で、海外メディアの動きを推定し、その上で立案していたプランの一つです。

私自身、海外に対し正しい情報を発信することで、資料を積み重ねることで「是正できないか」と検討させて頂きました。
答えはNOでありました。

 

日本は、国としては動かない。
今回は政府が認めています。
よって、日本は国としては主体的にはやってくれないでしょう。政府の方針が示されている以上、それと異なる動きとは起き得ないためです。

無論、「ネットで批判の声が高まれば」動くには動くと思います。
いまも少し動き始めています。
ゆえに批判の論調を高める方向に私は動きました。

ただ、やるにせよ言葉を選びながら、となります。
直近の、「いま」の発言があるため、そこと齟齬にない形とする必要がある。
はっきり言えば制限を受けます。

どちらにせよ、ほとんど動けないでしょう。
国は動けません。

 

戦うのは民間人
よって、民間人がやるしかありません。
今までも実態としては民間ロビイストが主導して行ってきました。
効果も挙がっており、凄まじいまでの奮闘でありました。
私も本当に少しではありますが、その一翼を担ってきたと自負しております。

先に断わっておきますが、私は今回、やる気がありません。
気軽に私に求める方もおりますが、あんなものは数十時間は必要なのです。
あれを瞬発的に出したということは、別件をほとんど止めた上で徹夜対応を繰り返して「なんとか間に合わせている」という背景があります。

効果が見込めないのです。実効性の低いプランに、負荷を割くことはできません。
そのような余力が全くないためです。

やれる方は、ご自身でやってください。
(効果はゼロではないので、やらないよりはやったほうがマシです。)

 

民間人 vs 海外メディア
民間人が戦うのは、海外メディアです。
今までも似た構図ではありましたが、「海外の政治に、意思表示をする」程度であり、
明確に「海外メディアと対峙する」のは初めてだと思います。

日本の国内メディアと対抗する際には、大量のネットユーザーが動いており
ある程度の効果を挙げています。
しかし、対海外となれば動ける者は限られており、戦線としては極めて薄いと言わざるを得ません。

特に現地在住の方などは、それでもここを粘ってくれると思います。
では、「民間人 vs 海外メディア」で、発信力競争をやったとしましょう。
発信力でも財力でも、遥かに負けています。
焼け石に水、まさにこの言葉が相応しい。

「正しい資料の提示」を錦の御旗のように掲げる方もおります。
はい、そうですね、とは思います。確かにその通りです。
しかし現場レベルで言わせて頂ければ、「声の大きい(発信力の勝る)」陣営が、実際の世論の主導権を握っていくのです。
日本国内における「対メディア戦線」は、日本人の参加者が膨大に膨れ上がったためできていることなのです。

民間ロビイストが「正しい資料の提示」を行ったとして、
海外メディアのソースは、日本政府です。
これをどうやって論破せよ、と(汗

実際に「やる」方ならまだしも「こうすべき」と、べきべき言わないでください。
ここに無理に民間人を送り込むのですか?私はそんなこと、言えません。
翻訳サイトを活用しつつ、貴方も行くのであれば応援します。
そうではないなら、気軽に言わないで頂きたい。

 

楽観視はできない。
正しい情報発信は、継続していくべきとは思いますが、それで効果があがるとかは、そんな楽観的なことは考えておりません。
夢を見るために、私はここにいるわけではないのです。
実際に効果を挙げるため、押し返すためにBlogを書かせて頂いております。

事態はそこまで面倒なことになっています。
今まで組み上げてきた資料という資料、その全てが灰燼に帰したと述べました。
こういう意味です。

 

 

 

海外メディアの報道状況
海外発信が有効な一手となるならば、私は資料をまとめております。
しかしそうは思えないため、行っておりません。

軍艦島の際にも、似た事例がありました。
「大丈夫だ、大丈夫だ」という、実態に即さない声も多かったため、
海外発信にシフトする目的で、海外の報道状況をまとめたのです。

以下をご覧ください。
【海外報道まとめ】日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島

 

あの時でさえ、ここまでの触れられ方なのです。
今回、どのような状況かは、私はもうまとめたくない。
これ一本、書き上げるのにどれほどの時間と負荷が必要であったか。
翻訳ソフトを使いつつ、ご自身の目でご覧ください。

 

ここまでの状況にあり、しかも海外メディアのソースは我が国の政府です。
それをどう論破し、影響を与え、是正の動きに持ち込めばいいのか。
相手のソースが、我が国の政府となる、そう理解した時点で、私は匙を投げました。
海外発信という手段が、有効打となりえないと悟った瞬間です。

 

得られた情報を列挙するのではなく、それを伝えやすいよう順番を決め
「素のデータ」を「読める形」にするためには膨大な負荷がかかります。
エフセキュアのアンケートも、頂いた回答はまとめ終わっておりますが
「読める形」にまとめ、それぞれにレビューを加える作業が難航しております。
データの処理を含む資料作成とは、簡単にできるものではありません。

 

 

 

ループする世界
早速、「うちも、うちも!」という声が挙がっております。
今回もループする世界となりつつありますが、まだスタート地点に戻されたわけではありません。
また、今回のループは「今までよりも遥かに激しい」という点も指摘させてください。

 

早速ではありますが、義務の履行は反故にされつつあります。
いつもの「ループする世界」であります。慰安婦像についてですが、話が違う。

【速報】韓国ユン外相「慰安婦像の移転は約束した覚えがない」(保守速報)

 

挺対協は、北朝鮮系と言われています。
韓国における慰安婦問題を取り仕切る団体で、正式名称は「韓国挺身隊問題対策協議会」です。
韓国政府も手を焼いている団体のようです。

約束を履行するためには、(韓国政府が)ここを抑える必要があるのですが、そもそも難しいと思っておりました。
ネットの楽観論に基づけば、「それが罠」だと思っているようですが、それは今までループしてきた世界でも同じなのです。

いわゆる動くゴールポストというやつで、実際問題、難しい。
では今までどうなったかと言えば、(事実、難しいのですが)あれやらこれやら言ううちに「どさくさに紛れてなくなる」のです。韓国の義務が、です。

 

日本だけが義務を履行させられ、韓国の義務は霧散する。
ここに夢を見たい方がいるのは理解しますが、現場に在る者としてそんな意見は採用できない。

今回も、何もしなければループしますよ。
そして日本だけが「求められる」のです。
理由は、海外メディアによる報道状況です。

それほどに手ひどい打撃を受けております。
我が国だけは、引っ込みがつかないでしょう。
あの国と違い、信頼もあり、先進国として振る舞っているためです。

その日本が述べてしまった以上、外堀は完全に埋まっており、我が国が「何かを果たす」という空気については、すでに回避不可能な状況です。
韓国が、何もしなくとも、ね。

海外メディアが報じている以上、外堀は埋まっているのです。
韓国がやろうとやるまいと「我が国だけの義務」は発生してしまっている。

 

 

 

動くゴールポストを停めろ!
ネットに求められるのは、ここだ。
「韓国は約束を守っていない!」と指摘する、指摘し続ける。

慰安婦象を撤去、移動させるとなれば、韓国国内でも世論を二分して大きな議論を呼ぶだろう。
履行したがらぬ、これが想定されるのだ。
今までのループする世界においては、韓国側が義務を果たさず一方的に暴言を吐く、このフローがあった。

何がなんでも韓国に義務を履行させる。
「履行せよ!」と指摘し続ける。ネット上でもいいし、政治家に対しての抗議でもいい。

 

数パターンの考え方を提示し、それを否定してみせた。
嫌味に感じた方もいるだろう、それはそれでいい。
各個人、様々な意見を持つことは全く問題のないことだ。
私の想定は、今回はたまたま当たったが、今後も確実に的中するかなどわからない。

ただし。
なすべきことは、どの意見であって「結論は同じ」なのだ。
ネットが今後していくこと、ネットに求められる動きは、どの意見を採用しても同様になる。

 

極めてシンプルかつ、言われなくても誰しも行うような内容だ。
大切なことは、それを発作的に行うのではなく、「これには効果がある」と意識した上で動くということだ。
この点は非常に大切です。

 

政府が譲歩したからと言って、私たちにできることがあるのであれば
私は、その指揮を執りたいと思うのだ。

これから生まれ来る日本人の名誉のために、
いまを生きる私たちには、なすべきことがあると信じるからだ。

韓国が履行を渋る。
これはループ世界では毎回、見られたこと。
ここを絶対に逃がしてはならない。
ネットの力なくしては、なしえない。

 

共感して頂ける方、このエントリが重要だと感じた方は
FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

関連
【許せなかったらシェア】軍の関与を認め、首相のお詫び、未来永劫の禍根はなぜ生じたか
ネットの力。私たちのなすべきこと、慰安婦の虚構と日韓関係の今後

 

 

 

【業務連絡】年明けからは、2日に1回の更新になります。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

37 Responses to 【海外メディアを抑えられた打撃】日韓関係と慰安婦の虚構、情報発信が難しくなった理由

  1. medakanoon のコメント:

    【海外メディアを抑えられた打撃】日韓関係と慰安婦の虚構、情報発信が難しくなった理由 「ネットに求められる動き」を具体的に書く。ループする世界を断ち切るため、私たちが何かをなさねば、異なる解は得られない

  2. 七子 のコメント:

    総理は日本人に誇りを取り戻させようとしている人だと思っていました。自虐史観から日本人を解き放つ努力されている人だと思い込んでいたのです。何らの解釈も述べずに軍が関与したと言い、パク大統領に電話をしてお詫びしたと聞けば海外での報道は一斉に韓国が一貫して主張していたことが正しく、日本がやっと認めたのだと言うことになるでしょう。

    総理は何の深慮遠謀もなさらずに国益も考えずになさったわけではないでしょう。後になって、あんなふうに思わなければ良かったと思える時が来るのを、ほんの微かにだけ期待します。

    朝日新聞の捏造から始まり、主体となる韓国が中国と一緒になって利用して獅子身中の虫である国内の活動家も手伝い日本をトコトン貶め、プロパガンダを世界に撒き散らしました。日本国民は辱しめられ、苦しめられて来たのに、そんな朝日が、こんなことになったのを、どこ吹く風の傍観者みたいな記事を書いてます。ま、日本人ではない記者もいる新聞社のようですから。私、まだ深傷を負って脱力中なんです。

  3. araigumanooyaji のコメント:

    “ネットに求められるのは、ここだ。 「韓国は約束を守っていない!」と指摘する、指摘し続ける。”

  4. taka のコメント:

    はじめまして。
    勉強させて頂いています。
    しかし、この妥結に関して、安倍政権・自民党を批判するな、
    ネットで個人として戦えというのには首をかしげざるおえません。
    保守分裂を危惧するという私なり理解はできますが、失策であれば、
    安倍首相、自民党は批判されるべきだと思います。そうしなければ、
    韓国等に甘い顔を見せても、「支持」は変わらないと、与党・野党に
    思われるのです。同時に、与野党問わず、韓国に対して認識を誤れば、
    すぐに支持率が低下する、という認識を持たせるのは必要かと
    思います。

    未だに、吉とでるか凶とでるか、私にはわかりません。
    ただ、政府の失策を、「信頼してもいない」ネットに頼るのは、
    もう少し言えば、煽るのは政府批判を反らすだけではないのですか?

    決して、誰かの意思や支持の変更を希望して書いているのではありません。

    • ふぃくさー のコメント:

      落ち着きましょう。先生は「ネットを信頼していない」なんて全く発言されてないですよ。
      おそらく29日エントリにおける「私はネットを過信したり、その力を盲信することには否定的だ。」という発言からそう受け取ったのだと思いますが、過信や妄信をしない事と信頼していない事は全くの別物です。

  5. みけ のコメント:

    小坪先生
    ブログアップありがとうございます。
    カナダ在住のみけです。

    挺対協、正式名 韓国挺身隊問題対策協議会ですが、
    私は今回はじめて英語名を知りました。

    The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan

    この暴力的な、狂ったような団体名が正式英名です。
    Military Sexual Slavery、By Japan の入った団体名ですよ。

    ”問題対策協議会”などというやわらかい、日本人がすんなり受け止めそうな
    漢字の報道、日本のメディアは意図的に使っているのでしょうか。

    そもそも韓国語では英名、あるいは漢字名、どちらのニュアンスなのでしょう。
    (韓国では漢字は使いません)

    一連のこと、いたたまれません。
    敗戦国であること、おかしな国にとり囲まれていること、アメリカのいいなり、
    それもありますが、世界のモラル、声を大きく、がなり立てて、自己主張ばかりの
    魑魅魍魎がどんどん有利な条件を勝ち取っていく、
    日本の政治だけではなく、ここカナダでも正直者一般市民は馬鹿をみています。
    最高所得税はを50%超え、消費税は12?13%。一方で一生脱税し続ける移民たち。

    ところでこちらで普通に目にするメディア報道では、アメリカも含め、
    今回の合意の件は、まったく気が付きませんでした。
    海外報道、といってもメイン・ページ、TVで流れない場合、毎日発信される
    数百の新ニュースの一部の可能性が高いように思います。
    私はWSJなどの合意に関する報道は、日本の朝日新聞でした目につきませんでした。

    だからといって何もやらなくていい、ということではありませんが、
    日本のメディア、バランス感覚がまずおかしいのではないでしょうか。

  6. のコメント:

    自分の思い通りにならなければキレる保守派にはうんざりします
    第一次内閣で軍の強制を否定しようとして袋叩きにされた安倍総理が同じやり方で攻略するとは思えません
    たとえ失敗したとしても総理大臣として戦後レジームからの脱却を公言したことには感謝したいと思います
    旧軍の名誉回復などアメリカに戦争で勝つ以外にないでしょうし
    恥を知るのは日本人の美点とは思いますが、ライダイハン問題を黙殺して日本を攻撃する韓国の図太さを見習えばいいんじゃないでしょうか
    命を捨てて戦ったご先祖様の苦労に比べれば私達が味わう屈辱などしれたもの

  7. のコメント:

    自分の思い通りにならなければキレる保守派にはうんざりします
    第一次内閣で軍の強制を否定しようとして袋叩きにされた安倍総理が同じやり方で攻略するとは思えません
    たとえ失敗したとしても総理大臣として戦後レジームからの脱却を公言したことには感謝したいと思います
    旧軍の名誉回復などアメリカに戦争で勝つ以外にないでしょうし
    恥を知るのは日本人の美点とは思いますが、ライダイハン問題を黙殺して日本を攻撃する韓国の図太さを見習えばいいんじゃないでしょうか
    命を捨てて戦ったご先祖様の苦労に比べれば私達が味わう屈辱などしれたもの
    アドレス間違えたのでもう一度送信します

  8. かな のコメント:

    今回は三橋さんのブログも合わせてチェックです

  9. とも のコメント:

    海外のメディアは外務省HPの日韓合意の文章(英文)を見て報道していると思いますが、ここの英文が本当に酷いです。
    韓国のこれまでの言い分を100%認めるような書き方になっています。
    外務省へ苦情は送信していますが、、、
    年末の忙しい最中かと思いますが、余裕のある方は共に苦情送信をお願いしたいです。

    今回の件、安倍総理は退陣されるしかないと思います。
    その際の記者会見に可能な限りの顛末を話してもらい、国内外で取り上げてもらえれば、少なくとも今よりはましになると思っています。
    本当は世界に対してより驚きをもたれる退陣の仕方がいいのですが、究極的には自ら絶たれるしかないので…さすがにそれは厳しいかなと。
    (消費税の増税凍結を閣議決定してからやってくれれば尚よしですが…)

    • ふぃくさー のコメント:

      今回の件、どこでもかなり荒れてますね。保守速なんて29日から30日にかけてひどいものでした。おそらくともさんも頭に血が上って冷静な判断を欠いている時に書きこまれたものだと思います。

      ただ、私は思います。相手がある戦いにおいて百戦百勝ってできるものでしょうか? 未だ今回の件が失策とは感じていない私が言っても説得力に乏しいかもしれませんが、仮に今回失策だったとしても安倍さんの退陣を求めるのは愚策の際たるものだと思います。仮に退陣させたとしましょう。次の政権を誰に担ってもらうつもりでしょう? 少なくとも、安倍政権に比して50%以上の戦力減退になると思います。都知事問題でもあれだけ叩かれた猪瀬さんの復帰コールがそこそこありますよね。一喜一憂していては対局を見失うのではないでしょうか。

  10. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議が前に記事を書いて下さっていた西早稲田ですが、相変わらずですね

    【慰安婦】西早稲田の団体が日韓の合意に反対声明
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8454356

    日韓合意で『西早稲田の”某所”が正体を自白する』抱腹絶倒の事態に。日本の敵が次々と炙りだされている
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50473871

  11. 東京都55歳 のコメント:

    今回の日韓合意について。

    慰安婦問題の終結、
    「合意すること目的」
    なのか。

    あるいは、
    「合意することは、手段にすぎない」
    のか。

    前者であるとしたら、
    どうにも、腑に落ちないのです。

    今のところ、
    当事者(当事国)同士の、
    誰も得をしていないような、
    そんな合意は、
    本当に「目的」だったのか。

    小坪さんのご指摘通り、
    世界中に向けた、
    真実の周知や、
    誤解の修正は、
    極めて困難になってしまったのでしょう。

    青山さんも、(同じ理由で)激怒しています。

    ただし、
    もしも、
    今回の合意が「手段」に過ぎないのであれば、
    「肉を切らせた」だけなのだと考えれば、
    ようやく、どうにか、腑に落ちます。

    年末年始の長期連休。
    かなり手ごわい推理小説を手に入れた、
    そんな気分です。

    小坪さん、そして読者の皆さま、
    よいお年を。

  12. 櫻盛居士 のコメント:

    そもそもですが、この”慰安婦問題”と言うのは幽霊みたいなもので、実際には存在しないものです。
    存在すると意識すれば、その存在が見えると言った、幻想でしか無いのです。
    この場合は”慰安婦”と”慰安婦問題”は、似ている様で全く異なるものである事は前提条件以前の当り前として認識する必要がありますが・・・。

    分かり易い例に例えるならば、当り屋に引っ掛かった場合、事故だと思い込めば事故になってしまい事故として処理され、事故であった事が現実となります。
    しかしながら、詐欺だと見抜き詐欺として刑事告発すれば、詐欺事件として処理され、詐欺事件であった事が現実となります。

    言うなれば今回の一件は、詐欺だとして処理しなかった挙句、事故の疑いがあるとして広めてしまいつつも、何とか詐欺であると言う証拠固めが済みそうだった所で「事故でした、ご免なさい」と言ってしまった様な、極めて間抜けにも程がある状態を自ら作り出した訳です。

    ここで考慮すべきは、日本人的感覚なら真実による覆しが可能な様に感じるのかも知れませんが、第三国まで巻き込んでしまった以上、日本人的感覚など糞の役にも立たないでしょう。
    例えとしては、外国では自らが起因となって起きた交通事故でも絶対に謝らないと言う話は、誰もが知っている事と思います。
    認めた時点で過失割合など、殆ど考慮されずに処理が進む事があるからです。
    これが常識の世界を相手に、これから我々は真実の追求を以って汚名返上に挑む訳です。
    それが如何に厄介かを、再認識する必要があると考えております。

    ならば、真実を追求するのは一旦休もう。
    発想の転換です。
     
     
    扨て、この一般的に”慰安婦問題”と呼ばれる存在無き存在を無に返すには、それなりのテクニックとマジックが必要であろうと予測しております。

    究極の目的とすれば、日本の汚名返上なのでしょうが、そもそもが存在せぬものである限りは、意識さえしなければ見えない類のものであり、存在し無いものに含む要因で失墜した名誉ならば、その存在を意識出来なければ名誉は関係しようが無いっと言った、実に難解な禅問答の様な一種のマジックを使って、この実体化した幽霊を成仏させる訳です。

    それには、日本人一人一人がある程度清濁併せ呑む必要があるでしょうし、正義一直線の熱血漢が猪突猛進しても意味を成さないばかりか、全てをオシャカにし兼ねない極めて困難な方法であるとも言えるでしょう。

    何だか、映画やアニメなど物語の様になってしまいましたが、実際の所それくらい叡智と幸運を持っていないと、覆す事は不可能な状況を認識しないとならないでしょう。

    偖て、実際にはどうすれば良いかと言うと”擬似外国人”になりきってしまう、言い換えれば日本人である事を仮想的に忘れてしまおうと言う話です。

    極めて無責任に、あたかもそれは自らには直接関係の無い事柄の様に振舞って行くのです。
    状況と場合によっては、”慰安婦問題”に燃料を投下して燃え上がらせる必要もあるかも知れません。
    そして何よりも、日本人の美的意識に反した、偽善と欺瞞に満ちたまるでサヨクの様な詐欺師に成り切る必要があります。

    手法としては、皆が大嫌いなサヨクの常套手段である”論点のすり替え”を駆使します。

    日本の”慰安婦問題”が話題となる場があれば盛り上げ、敵の建前を引き出すだけ引出しておいて、敵の建前を以って敵に足枷をハメる。
    当に詐欺師的テクニックが必要ですが、以下の二択から主張を意図的に固定します。

     ? 目的は日本を陥れる事である。
     ? 目的は女性の人権である。

    必ず、上記の二択から選択を迫る必要があります。
    まぁ、そうなると敵は?以外は選択し辛いでしょうから、続けて”女性の人権”に基づいた過去の問題点、特に欧米などの先進国の例に発展させて行く訳です。
    その為には、今まで以上の知識を必要としますが。

    今まで保守層は日本の名誉を挽回する為に、一生懸命戦前の醜業に対する知識を深めて来ました。
    そのついで的に、RAAなどの一部の例に触れて来ました。
    とてもでは無いですが、その程度の知識では詐欺師に成り切る事は不可能ですので、事前にその手の事案に詳しい方に知識を開示して貰い、共有しておく必要があります。

    常に意識しないとならない事は、日本人が想像する幽霊を外国人に理解させようとしても無理なので、日本人の方がゴーストを学びゴーストの話題で会話する必要がある所です。

    幽霊の話題がゴーストの話題にすり替わる様に、日本の”慰安婦問題”から”女性の人権”に論点をすり替え、更に第三国の人間が想像し易いストーリーを例に採り話を発展させるのです。

    ポイントとしては第三国、特に欧米などの先進国が「見たくない、知りたくない」真実に必ず踏み込む必要があります。
    何故なら「見たくない、知りたくない」は、言い換えれば”意識したくない”と言う事だからです。

    人間が認識出来るものとは、脳が感知出来る事柄です。
    それは現実のものであれ、幻想であれ、脳が感知出来れば、それが認識出来るものとなります。
    それに対し、認識出来ないものは大きく分けて二種類あり、脳が感知出来ないものと、脳は感知しているが不要情報として処理したものがあります。
    この作用を利用した、詐欺師のテクニックを駆使するのです。

    つまり、第三国、特に欧米などの先進国が”認識したくない事”をぶつけながらも、認識しない事を許容してやるのです。
    ありとあらゆる”慰安婦問題”を、纏めて”認識したくない事”に仕立て上げる事によって、その存在を擬似的に消し去ろうと言う方法です。
    これは、蒸し返す事がタブーとなる可能性が見込める方法です。

    ターゲットは、第三国。
    第三国、特に欧米を詐欺に引っ掛けてやる事で、幽霊を消し去るのです。
     
     
    他にも方法は在るのでしょうが、それらが尽く失敗すれば、行き着く先は戦争でしか解決は望めないでしょう。

  13. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    もうマスゴミだけではなく保守的なサイトでさえも絶望的な
    コメントに溢れている状況で、こんな書き込みをするのは
    憚られますが、なにか大きな目的があるからこその合意と
    思われるのですが、何かはわかりませんが、どうやら3月に
    なにかが起きるようです、それまでは死んだふりをしなければ
    ならないようですが、あの安倍首相がこんなにも単純な売国行為を
    行うとは思えない、なにか大きなことを成す前の布石ではないかと
    思えるのですが私はまだ諦めてはいません
    あと3ヶ月、今まで70年もの長い間我慢してきたのですから
    わずか3ヶ月はそんなには長い期間ではないはずです
    もう少し冷静になることも必要では、すでに南朝鮮では政府と
    国民との対決姿勢が始まっているようですが、もう大きく
    なりすぎた怪物の暴走はもう誰にも止められない状況で
    あとは自爆も時間の問題でしょう

  14. たろう のコメント:

    インディアン虐殺、奴隷貿易 殖民地支配 有色人種を虐めまくったアメリカが 当時の日本の崇高な思想(人種差別撲滅 アジア開放)があったことなど認めるわけありません 日本が非道な国であったほうが国際政治において都合がいいです 結局は韓国は日本への嫌がらせの道具であって日本という国を永遠に切れない鎖で縛りたいのです
    韓国というやっかいな国を 日本に永遠に面倒を見させることが彼らの狙いでしょう 他の白人国家も似たようなものでしょうね 日本の将来を考えるなら 韓国とは断交すること それしかありません

    • たろう のコメント:

      別の「たろう」です。
      もっと歴史を複眼的に見るほうがよいです。
      あなたの主張は極端だと思います。

  15. たろう のコメント:

    だんだんと錯綜してきましたね。
    慰安婦団体が徹底的に今回の合意に反対する理由は単純です。
    「お金のためにこの運動をやっているのではない。正義のためにやっているのだ」。
    本気であーいう運動を真の正義だと思ってやっているのです。基金でお金だけもらって「あーよかった」では権威がガタ落ちなのです。
    なにせ慰安婦様の立派な銅像を韓国国内に建ててしまったのですから。銅像をつくるほど立派なことをしたというには日本に土下座までさせなければダメなのです。

    でも見通しのよい韓国人は、以前のようにサカリのついた変態左翼が朝日新聞等をそそのかして日本人がメディアに洗脳されるような時代ではないと知っています。
    それで、もうこのくらいの線で韓国が妥協してもよいと内心で思っているのが一部の「穏健」な韓国人。

    ところが、日本がこれ以上、譲歩できないことを知りながら、それでもやれやれというのが強硬な韓国人で、これは「日本の譲歩などまったくいらない。国際世論に訴えて、ひたすら日本をおとしめる」というのが目的なので、慰安婦の面倒は韓国が見ればよい、決して日本側の提案を受け入れずに国際社会で日本を打ちのめせと考えています。いわば反日ビジネスの中毒者たちです。

    韓国政府はどちらのほうに考え方の主軸を置くか。というと、やはり韓国は韓国なので、両方に色目をつかって玉虫色の決着を好むと思われます。
    くだらない予測をしてもしょうがないですが、日韓双方の国民の大反発によって、今回の合意がご破算になる可能性もあります。
    合意の確定は韓国政府がどれだけ切迫感をもって対処するかにかかっていると思います。
    日本では野党の支持は一応ありましたが、韓国の野党は強硬に今回の合意内容を非難した。これによりパククネの支持率がいっきに低下したら、掌を返したように合意を無効にするかもしれません。

    合意が無効になったら打撃を受けるのは韓国だというのは楽観的見方だと思います。ある意味、日本側も打撃は大きいと思われます。
    日本はますます足元を見られます。「タカ派の安倍でさえ、ここまでやったのだから、次はもっと韓国寄りの提案をしろ」と恫喝されるかもしれない。
    国際世論も「いまさらお金で賠償するのだったら、なぜもっと早くやらなかったのか」と疑念をもたれて、さらに圧力を受ける可能性もあります。

    あまり悲観的になってもしょうがないですが、日本にとって少しでもマシなほうに状況が傾けばいいと思います。

  16. たろう のコメント:

    今回は海外メディアということですが、世界的にメディアの権威は落ちていると思います。
    アメリカでも、えらそうに慰安婦問題等で日本人に説教するメディアに対して、「日本人をしつこく刺激するのはやめろ。もし日本人が原爆の件で怒涛のように怒りを爆発させたらアメリカ人は悩ましいことになるぞ」とうっとうしく思っている一般人はいます。

    たしかにそうなのです。慰安婦を性奴隷にした写真など一枚もないかわりに原爆のホロコーストの有様は、親子や赤ん坊の地獄の苦しみを映した多数の写真になって残っています。
    ふつうの常識的人間はそう考えるのです。
    しかし、読者からも見放され、政治を右往左往させるのが楽しいメディアは、えらそうに多方面に説教することしか生きがいがありません。(ただしスノーデンの情報を拡散させたガーディアンの行動などは評価してもよいのではないかと思われます)

    外国人に対して、なにかメッセージを送ろうとしたとき、個人的な趣味ですが、次のように5種類に考えています。
    わざわざ英語で恐縮ですが、
    1)ブラック・・・確信犯的な日本たたきの常習犯
    2)イエロー・・・ブラックに洗脳されつつある段階の者
    3)ブルー・・・中立的または無関心
    4)シルバー・・・日本の応援者で見識者
    5)ゴールド・・・シルバーのなかで世論を左右するほど権威あり

    この一番目のブラックの連中に、なにかメッセージを送ろうとしたり陳情してはいけません。
    このブラックとは米国でいえばマイク・ホンダ(下院議員)のような連中です。
    南京研究のホームページで有名な松尾さんという方が、マイク・ホンダが靖国神社を見学にくるというので、靖国で待ち構え、南京の真実を英文で用意した資料をわたした。
    しかし、その場ではあーわかりましたと丁寧にわかったふりをしてごまかすが、その後いっさい情報は無視。たしかに数か月か数年はおとなしかったようですが、結局は南京、南京と慰安婦などと同列に置いて宣伝しはじめました。
    つまり政治目的で中国系や韓国系と同調して歴史を利用するのが政治的ライフワークの確信犯だったわけです。公正さを装うのはカムフラージュです。
    シルバーとは日本人でわかりやすいのはケントギルバート氏などですね。

    20年以上前に日本で翻訳業やサービス業をしていた中国人女性と話をする機会があって、日本文化が好きで日本人と結婚して日本に永住してもいいという風に思っていて、しかも政治になんにも関心なくて。
    そういう女性が、こちらからなんにも南京の話をしてないのに、「南京ギャクサツハ、アッタヨ。ワタシのシンセキが、モクゲキシャなのよ」といきなり話してきたときにはギョとして、どう返答してよいか黙り込んだことがある。

    ほんとうに朝日新聞というのは、知的生物ではなくゲテモノ。毒素をばらまくアメーバみたいなものです。
    現在、慰安婦騒動で朝日新聞に訴訟を起こしていますが、慰安婦騒動しか知らなくて、南京虐殺騒動を知らない若者が、この真相を知ったら、懲役50年の犯罪者がひどいと思って、よくよく余罪を知らべれば、まだまだ余罪があって実際は懲役500年だって、さらに震撼したというような感じだと思います。

    真実は恐ろしいものです。慰安婦の真実はひとつです。
    圧倒的に狂っているが世間的には権威あると見られているマスコミが一方的に情報をたれ流して国民を洗脳すれば、意のままに国民をあやつることが出来るということ。
    そして、それがもとで外国との関係がこじれたりしたら、もはや元の原因となったマスコミは蚊帳の外で、ただ憎しみの応酬ばかりが国民間に残って、それがえんえんと続いていくということです。

    • 支援は賛成だが、受け入れは反対 のコメント:

      >、「南京ギャクサツハ、アッタヨ。ワタシのシンセキが、モクゲキシャなのよ」

      20万人の都市で30万人殺したとされる日本軍に遭遇しながら生きながらえたその「モクゲキシャ」に疑問を持たない、さすがチャイナクオリティー(笑)

      • 支援は賛成だが、受け入れは反対 のコメント:

        なお、いわゆる先進国において「伝聞証拠」に、原則、証拠”能力”はありません。さすが、人治国家中国!

  17. ハンター のコメント:

    余命さんの名前は禁句なのか?あれ読んで納得したんだけどなあ

  18. 生野民 2 のコメント:

    今年も大晦日になってしまった。
    気分が悪いまま、正月を迎えることは大変に不本意だが
    売春婦支援団体がぶち壊しにでて、日本人が望む方向に動いてるのは不幸中の幸い。
    情報を正しく、海外に発信と言うよりもう一歩進んで民間主導でもプロパガンダを
    行う方向で、来年は動きたい。
    保守はどうしても正しいことに拘るが、これは戦争であって負けてしまえばすべてを
    失う、未来の日本人に負の遺産をもたらす結果になるから、どんな卑怯なことをしても
    勝たなければいけないと思う、来年からはなりふり構わず運動をしたい。

  19. ねじゃか のコメント:

    慰安婦爆弾が投下され、これがねつ造であることを知るネット民の心と
    身体は揺さぶられました。しかし私のまわりの職員さんたちは、日々の
    忙しさに追われ、何が起きているかさえ知りません。

    皆様、今こそ日本の知恵「瞑想」をしましょう。そして次に本物の爆弾が
    飛んできても静かで落ち着きはらっていられるよう年末の今から来年に
    向けて実践あるのみです。

    一昨日のコメントを書き直し再載します。後半に瞑想の仕方を書きます。

    今日は二度と日本人のやさしさ、思いやり、まごころが悪用されない為に
    日本人が知るべき本物の真心について書いてみます。

    真心の「真」とは、宇宙の理、神仏の働きの事です。よって真心とは
    自我を消し去り、神仏の働きを地上にもたらすことのできる人の持つ
    言葉、行為だと思います。
    今まで日本人は、真心や思いやりとは相手の願いをできるだけ手伝い
    叶えてあげる事だと錯覚してきました。
    だからこそ現在の韓国のような、自立できない人々、国を作ってきて
    しまったのです。

    しかし日本こそ自立できていません。平和、平和と叫ぶ反日左翼に
    あなたの頭の中は欲望、憎しみ、策略で溢れていませんかと言いたい。
    頭の中を一つの波もたたない程の静けさにできない人が、平和を
    言うんじゃないよと言ってあげることは愛です。

    これから日本人は生まれ変わらねばなりません。
    本物の愛や真心は、相手に何かを与える事ではありません。
    その人、その国が自立できるように頭の中をからっぽにして
    欲や恨みから離れなさいと言ってあげることです。

    自我でいっぱいの人には、新しい発見、発明、創造ができません。
    無我というのは何もない事ではなく、空っぽゆえに宇宙から
    無限大の知恵や発見が湧いてくるという事です。
    もし豊かで幸せになりたいなら、人に求めることをやめ、あなたの
    日々湧き出る欲望、恨みつらみ、考えのすべてを消し去る事だと
    はっきり言うべきです。

    しかし、彼らが聞く耳を持つはずないので、日本人は先に進みましょう。

    瞑想には二つの手法があります。一つ目は湧いてくる思考をつかまずに
    受け流すことです。
    3・11後不安がとれない人が多い為に、ためしてガッテンで不安解消法
    として瞑想を使いました。かなり効果があったようです。当然のことです。
    何かがあった時、不安を肥大化させるのは自分自身の頭の中の無限ループ
    する考えだからです。私達はこれを止める方法を教えられていません。

    本来は、不安だけでなく湧き出るすべての考え、感情を傍観できるように
    なる事が瞑想です。今回の事で、悔しさ、虚しさ、怒り様々な感情、考えが
    沸き上がる事と思います。しかしこれを何が起きても静かで、笑っていられる
    真新しい自己を誕生させるチャンスにしましょう。
    コーヒーが飲みたい、甘いものが欲しい、あいつは憎い、ああ言えば良かった
    など考えが浮かぶたび考えていた事に気付けばいいのです。
    考えを否定するのではなく、気付いた自分を温かく見守りましょう。
    そうして毎日続けるうちに、考えは少しづつ減り静かになるでしょう。
    もっと大事な事、心がキューッとなったりドキドキしたりカッカする時
    それを不安、恐怖、怒りなどと名前を付けるのをやめることです。
    それらはただあなたが生きている証拠、あなたのエネルギーです。
    ゲームのように、生きてる生きてると笑えるようになる事です。
    死んでしまえばドキドキすらしないのですから。

    二つ目の手法は山川草木悉皆仏性に気づくことです。
    以前にも書きましたが、私たちは誰一人自分で心臓を動かし、細胞を新しく
    作ってはいません。この宇宙すべて仏性、私たちのあずかり知らぬものが
    生かしてくれています。
    このことを深く感じてもらえば、身の回りすべてのものは生きています。
    子供たちに、コップでも机でも周りの空間もすべて、あなたと同じ尊い命だと
    教えて下さい。そうすれば子供たちは、今という瞬間を生きる愛と想像力に
    溢れた子になるでしょう。
    もしいじめや罵倒を受けても、それを受け流すことを教えてください。
    大人も一緒になって悲しんだり怒ったりするのでなく、彼らは私達や自分が
    仏さまとして生かされていることを知らない、可哀想な人だと思ってください。
    彼らが大切なことに気付く縁があるように祈りましょう。
    そうやって、周りからの矢に揺らされることのない自己を確立しましょう。
    彼らは日本人が、揺らされ弱いままでいることを利用したいのです。

    メディア、イデオロギー、何らかの力に負けない強い日本人になって
    来年も強く明るく戦いましょう。

    • ねじゃか のコメント:

      一昨日のコメントは先一昨日の間違いでした。

      試してガッテンの瞑想方法は、「頭の中に川を流れる葉っぱを描き
      不安が沸き起こる度、葉っぱに乗せて流すことを毎日10分続ける」
      というものでした。

  20. のコメント:

    保守派は慰安婦問題で迷惑を被る海外の日系人や日本人を守れと主張していましたよね
    今回の合意を盾にして慰安婦像の撤去、反日をやめるように訴えて行けばいいんじゃないですか?
    3月にあるらしい合意文書の作成から逃げるならこちらが有利になるのでは
    慰安婦問題はもう解決済みなんでしょう?

  21. 海外在住 のコメント:

    いつもお疲れ様です。合意の発表当日は絶望感で禄に眠れなかったものの、小坪さんのブログ他ニュースやまとめサイトをみながら数日経って、この合意が「肉を切らせて」であった場合の狙いはなんなんだろうと考えておりました。

    韓国が合意を覆そうが奇跡的に守ろうがそこはもう期待していないしどうでもいいと考えているのではないでしょうか?
    その辺は守れば守ったでクネさん大変www、蒸し返したら韓国の信用問題wwwって論調の保守系サイトに任せるとして、大事なのは

    慰安婦問題を一番騒いでいる韓国を「一国10億円」でもう蒸し返さないという条件で合意した。の部分なんではないかと。「10億円という基準価格を決めた」という事なんではないかと。

    合意の発表があってから私が見かけたのは中国台湾がおれもおれもしてきたというニュースですが、現状潜在的に慰安婦問題がくすぶってるのはまだ数カ国有ると目にしました全部がおれもおれもして来たとして「戦争終わったときに解決したじゃん、、。じゃあ話し合いはするけど基準価格は10億円ですよ?蒸し返すなよ?第三者に立ち合わせるよ?もっと欲しい?韓国とはそれで同意していますがどういう根拠でそれをいってるのかちょっと詳しく。」「一国10億円で解決が基準のの案件におれもおれもしてきたのはそちらですよ?」と。

    時価って書いてる寿司に100円って値段を表示する。並んでる客の一人目に100円で食わせる。のが目的だったのではないかと。
    100億前後で世界に散らばる慰安婦問題という亡霊を改めて封印するつもりなのではないかと。
    基準の値段の所は下げれば下げたほうがいいから20億って話の金額の所は戦って値切ったのではないかと。 

    政府単位であったなかったはもう諦めて、(よく読めば、調べれば軍の関与は何を指すかはわかるのは今まで通りであり、強制連行して性奴隷化、人間狩りを日本軍がしたなどといってるのは海外メディアがアサヒっている。)現代において慰安婦問題と呼ばれるもの全てを100億円ですっぱり黙らせる、終わらせる。先人の名誉ではなく優先して現代の、これからの世界中の日本人を守る。

    全部終わった事として以降の日本人に謝罪をさせない。(政府間ですら終わって解決した事だろ、現代で原爆を落としたことを謝るアメリカ人がいるか?俺とお前の間に何か事件があったのか?と言い返せる。海外にて今までは有耶無耶であった無かったの話しになりがちだった事が、誰が見ても明らかに「終わって解決した個人が各地で謝る必要が無い事」となる。)

    これが、肉を切らせて骨を絶つ。当然切られた肉(無かった、一銭も払う必要なし。を主軸に戦っている方、前線であればあるほどでしょう、「現地メディアの誤報、誤訳」で傷つけられる先人の名誉もでしょう。)は痛いでしょうし納得もできなければ士気も下がろうというものですけども。

    上の方で>かなり手ごわい推理小説を手に入れたとコメントされてる方がいらっしゃいますが、私もそんな気分で、読んでいく中でこの考えを誰かに聞いてほしい、って勢いだけで書いてしまいました。妄想垂れ流しの駄文とお目汚し失礼いたしました。まだ絶望するのは早いとおもっております。 
    それでは小坪さん、皆様よいお年をお迎えください。

  22. mirage のコメント:

    「河野談話」で大敗北を期し、「安倍合意」で敗北を確定した、と考えます。
    しかも今回は、世界から見れば「20数年以上に渡り河野談話を誤魔化そうと試みたが、ついに諦めて韓国に屈した」ということになるでしょう。
    もう海外へは、何を言っても聞いてもらえないと思います。
    完全敗北の焼け跡から、何十年かかるか分からない復讐戦を始めるしかありません。
    もともと「内戦」が大事だったのですから、国内での言論戦で「慰安婦は高給取りの売春婦」を今以上に広めましょう。
    もう「慰安婦」という誤魔化し言葉はやめて、「売春婦」に変える時期です。
    また、韓国人に激しく怒り憎悪する日本人を一人でも増やすことが大事です。

    戦後70年に、日本は第2の敗戦を迎えました。
    暗い年明けになりますが、敗戦後初年にあらためて怒りを胸に戦いを始めるしかありません。

  23. kalevala のコメント:

    外務省の英文声明を訂正させるよう
    官邸にメール・FAX・電話・手紙郵送をして
    民意の高まりを伝える必要があると思います。
    議員さんの生命線は選挙(民意)です。

    海外メディアは外務省の英文によって
    日本軍が主体的・積極的に行ったと報道しています。

    例えば、involvement を、日本語では「関与」と記載していますが
    involve は「巻き込む」という意味ですから
    責任主体は日本軍であるというメッセージです。

    衛生検査など部分的に関わっただけなら
    participation のほうが近いです。

    外務省による、ユネスコ  forced to work  と同様の手法です。
    岸田の頭は空っぽなんですね…
    高1レベルの単語も知らないとは。

  24. 中島 のコメント:

    敢えて安倍信者、余命信者と書きますが、この人達はなぜ現実を見られないのだろうか。

    アメリカの慰安婦像の撤去を喜ぶ者も多いが、慰安婦像の設置は韓国人の目的では無い。(汚い言葉で申し訳ありませんが)奴らの目的は日本政府が認める事だった。

    日本政府が認めた事により、今カルフォルニア州の教科書に慰安婦は掲載されるだろう。日本政府が認めたのだから、韓国人が強要するまでも無く、アメリカ人が載せる事ができる。教科書に掲載されれば慰安婦像など必要は無いから、撤去に同意するのは当たり前の事なんだ。

    当然この動きは他の国にも派生するだろうし、日本の総理大臣が認めてしまった以上、民間でこれを阻止、覆す事は不可能だと思われる。

    容易に安倍を支持するなとは言わないが、今回の事を重く受け止め、新たにゼロ(今回は大きなマイナスだと思うが)から始めないと、今のまま進めるとより一層の損害を受けるだろう。

    日本人は容易に謝り、ありもしない非を認めすぎである。
    また、個々の行動、発言の効果や検証を行わず、反省もしない。
    いつになったら、日本人は目が覚めるのだろうか。

  25. 旧新人類 のコメント:

    靖国神社テロ事件、仏像盗難事件、天皇陛下侮辱発言、神社仏閣立山油かけ事件、首都圏に大量にいるらしい押しかけ売春などの悪行の数々をもっと周知して一刻も早く出入り禁止、が難しければ入国規制をするとかの要望をもっとメル凸しようと思います。あと、日本国内の利敵勢力は次の選挙で絶対落選してもらいます。EUが人権偽善主義で崩壊しそうになっている今、国内人権たかり屋の偽善の面の皮もますますはげていくのではないでしょうか。つくづく、慰安婦という言葉を聞くのもうんざりです。本当に破廉恥な連中ですね。日本や日本人と付き合いたいというのなら、もっと自らを正してからの話です。こっちが合わす筋合いはありませんから。そういうのを押し付けてくる多文化共生も気持ち悪すぎです。人から無理やり押し付けられるものには反発するのが人情というものです。外交ゲームは別として、国民の嫌悪感は増したのではないかと思います。

    今、外務省の和文と英文見たのですが、日本語は主語があいまいな言語であるのに対して、英語は主語を明確にする言語です。なので、訳文自体はまんま日本語を英語に移したものですが、英語にした時にインパクトが違ってきます。特にresponsibilities と表現したのは日本が一方的に責任があるように受け止められるので感心できません。そのあたり、認識したうえでやっているのかそれとも無知なのか、興味がそそられます。それに、なんで韓国女性のdignity やらhonor だけが問題になるのか(それも高給もらって待遇がよかったんですよね)。だったら終戦前後の外地や戦後国内で卑しめられた日本女性はどうなるの、ベトナムで虐殺された女性はどうなるの、と疑問や怒りがふつふつと沸いてきます。この文章、ダメじゃん!!韓国人にレイプされた世界中の女性は、韓国政府に謝罪と賠償を求めましょう。だって、女性のdignity とhonorを汚すものは誰でも謝罪すべきなんですよね?

    ところで、今年もあっという間に大晦日になってしまいましたが、この1年小坪先生のご活躍を拝見しいろいろと勉強になりました。喉の調子は如何でしょうか。どうぞ良いお年をお迎えください。

  26. こつる のコメント:

    日本のために いわゆる 戦争広告代理店 を活用する
    のも考えていいかもしれませんね。

  27. 十津川 昭和 のコメント:

    「日韓合意」での慰安婦問題謝罪は自民党とアメリカとの合作!だという証拠と周辺で蠢く闇の日本破壊勢力
    http://soumoukukki.at.webry.info/201512/article_1.html

  28. 軍の関与 のコメント:

    軍隊に供給する兵器、食料、着衣類、携行品に軍が精査しない物はありません。
    追軍慰安婦もこの限りではないとして
    今回の合意で【 軍の関与 】発言には汚名撤回のチャンスが残されていると思います。
    安倍総理は我々の頼りない情報拡散にそれを委ねたのかもしれません。
    諦めず頑張りましょう。

  29. ある愛国者 のコメント:

    今度はもっと巨大な慰安婦像を
    東京都庁前に設置しろと要求されておりますが・・・。

    韓国マンの舛添だったら
    本当にやりかねないのでちょっと怖いですね・・・。

    ってか、「蒸し返さない」と言う約束が
    いきなり破られていると思うんだが・・・。

  30. 士魂のかけら のコメント:

     外国のメディアを相手にするのではなく、東京の米国大使館に手紙(便箋)を送るべきであると、軍学者の兵頭二十八氏がブログに持論を提示されています。

    『兵頭二十八の放送形式』
    http://sorceress.raindrop.jp/blog/2015/12/#a001592

     詳細は、上記サイトを確認していただくとして、要点を述べると、今回の件は、スーザン・ライスの差し金で、国務省は乗り気ではない。日本人がこの件をどう感じているか、この決定が却ってアメリカのためにならないことを、つたない英文でよいから大使館に直接手紙で伝えることが効果的である。伝えるべき内容は以下の通り。
     儒教国とは、近代国家間の約束は成立しない。
     儒教国とは一切譲歩しないことが、自由主義圏のためである。
     日本人は、韓国とは協力より絶縁したいと思っている。
     日本人は、自衛隊が韓国のために戦うなどまっぴらである。等々

     メールで送るのもいいですが、アナクロな手紙の方が効果的だろうということです。試してみる価値はあると思います。

     アメリカ大使館 〒107?8420
     東京都港区赤坂 1?10?5

     では、よいお年を!
     

  31. ピンバック: 日韓合意を海外で戦い続けた日本人はどう見たか | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください