【外国人の扶養控除】継続審査、議場配布、不採択自治体一覧


 

 

本意見書に対し、継続審査(採択の可能性あり)の議会、また郵送ゆえ議場配布となった議会、審議はされたものの賛成少数(不採択)であった議会の一覧を公開する。

この集計に最も時間がかかった。
郵送不可の自治体については、そこにお住いの読者皆様、ネットの皆様の力をお借りするよりない。

今回掲載する自治体数は凄まじい数であります。
皆様のお住まいの自治体は、いかがでしょうか?
採択されてないと肩を落とす方もおられるかも知れませんが、そもそも通知文書を発行していない議会もあります。

頂けるだけ素晴らしいな、と思っております。
見落としはないと思いますが、通知を頂いた自治体、恐らく全てを掲載しています。

12月議会、翌3月議会に向けての基礎資料となるデータの一覧です。
広範に、体調のこと、今後の方針について言及しております。

 

関連
【外国人の扶養控除】意見書採択の報告~動き始めた地方議会
【外国人の扶養控除】続く採択、驚きの全会一致
【意見書採択】行橋市議会において、外国人の扶養控除
【外国人の扶養控除】採択して頂いた議会一覧(中間報告)さらに採択
【外国人の扶養控除】立ち上がり、意思を示した地方議会(九月議会・最終報告)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
gf

 

 

 

 

 

採択
少しではありますが、いまだ通知文書が届き続けています。ほとんどが不採択・継続の通知でありますが、新たに交野市(大阪府)から採択通知が届きました。採択日は11月9日(文書発行10日)のため、少し変わった日程の議会もあるようです。
また、飯塚市の例や一部の自治体では陳情者に通知を返送していない場合もあるため、採択された自治体はこれ以上あるかも知れません。

採択された議会
更別村議会 (北海道)
大鰐町議会 (青森県)
鰺ヶ沢町議会(青森県)
五戸町議会 (青森県)
野辺地町議会(青森県)
にかほ市議会(秋田県)
北秋田市議会(秋田県)
井川町議会 (秋田県)
潟上市議会 (秋田県)
伊那市議会 (長野県)
北塩原町議会(福島県)
天栄村議会 (福島県)
南相木町議会(長野県)
長野原町議会(群馬県)
愛川町議会 (神奈川県)
あま市議会 (愛知県) 伊藤嘉規議員
高取町議会 (奈良県) 新澤良文議員
交野市議会 (大阪府)
本山町議会 (高知県)
日高村議会 (高知県)
上島町議会 (愛媛県)
伯耆町議会 (鳥取県)
飯塚市議会 (福岡県)
行橋市議会 (福岡県) 小坪しんや
多久市議会 (佐賀県) 野北悟議員
南阿蘇村議会(熊本県)
南大隈町議会(鹿児島県)
糸満市議会 (沖縄県)
今帰仁村議会(沖縄県)

(※ 十一月十五日 通知文書到着分)
野辺地町については、電話にて議会事務局に確認済み。
交野市(大阪府)が新たに採択。

 

趣旨採択された議会
大仙市議会 (秋田県)
佐渡市議会 (新潟県)
倉吉市議会 (鳥取県)
由利本荘市議会(秋田県)
真鶴町議会 (神奈川県)
日吉津村議会(鳥取県)
中城村議会 (沖縄県)

(※ 十一月十五日 通知文書到着分)

採択29議会、趣旨採択7議会。

入院中に、新たに交野市より採択の通知が届きました。
謹んで感謝いたします。

 

 

 

継続審査
議会ルールに明るくない方も多いため、分かりやすく説明する。
ひとつには、「様子見」という側面もある。他自治体の動向を見極め、採択するか否かをこれから決めるというもの。

もしくは、本会議に進め採決となった場合、否決(不採択)となる危険性がある際に、「ワンステップ踏む」ことで賛成議員を増やす(会期を跨ぎ、賛同者を増やす)ため、継続で留める場合もある。例えば北九州の例がそれにあたる。
北九州市議会にて口頭陳情 ~ 諦めない姿勢、信じる心。

充分に採択の可能性があり、今後も注視していきたい議会。

 

青森県
板柳町議会

宮城県
蔵王市議会

秋田県
五城目町議会
羽後町議会
三種町議会

福島県
喜多方市議会

栃木県
益子町議会

群馬県
東吾妻町議会

新潟県
関川村議会

富山県
立山町議会

長野県
小海町議会
池田町議会
生坂村議会

鳥取県
若桜町議会

島根県
西ノ島町議会

高知県
黒潮町議会

鹿児島県
龍郷町議会

沖縄県
豊見城市議会

 

 

 

不採択・否決
各議会ごとに意味合いが異なる可能性もあるが、「①議運を通過」した上で、「②本会議で賛否がとられた」のち、結果としては賛成少数であった議会。

郵送陳情ゆえ、議会運営委員会にも諮ってもらえない議会も多い中、議運をパスし、委員会審査をパスし、本会議までは上程されていることをまず嬉しく思います。文書を手にした議員が、少なくとも一人は動かないとこうはなりません。

結果的には不採択であったものの、本会議で賛否が採られているため所属議員すべてに「このような案件がある」ことは周知されている議会と言える。

 

北海道
江差町議会
北竜町議会

青森県
青森県議会
新郷村議会

岩手県
雫石町議会

宮城県
蔵王町議会

秋田県
小坂町議会
八郎潟町議会
上小阿仁村議会
大潟村議会

福島県
塙町議会
川俣町議会
桑折町議会

群馬県
中之条町議会

千葉県
習志野市議会
船橋市議会
八千代市議会

東京都
北区議会
新宿区議会
台東区議会
武蔵村山市議会
東村山市議会
瑞穂町議会

神奈川県
横浜市議会
清川村議会

富山県
朝日町議会

長野県
茅野市議会
信濃町議会
佐久穂町議会
山ノ内町議会
白馬村議会
山形村議会
小谷村議会

愛知県
蟹江町議会

大阪府
大阪市議会
和泉市議会
大阪狭山市議会

兵庫県
高砂市議会

鳥取県
三朝町議会
琴浦町議会
北栄町議会
鳥取市議会

島根県
松江市議会

徳島県
徳島市議会

高知県
梼原町議会
馬路村議会

長崎県
壱岐市議会

沖縄県
西原町議会

 

 

 

議場配布・資料配布・議員回覧 等
議運を通過できなかったため、議場での配布に留まった議会。本会議での決はとられていない議会で、(現時点では)賛否は明らかになっていない。

大きな理由としては、議会の申合せにより「郵送が不可」であったり、もしくは意見書の提出に際し「提出議員」が必須の議会で提出者が現れたなかった等の理由がある。

議場に配布されてのち、読んでいる議員もいると思われるが、大量の資料が配布されるため全員が熟読したわけではない。しかし、確率的には一名以上の議員が「なんらかの疑問」をもってくださり、少なくとも本制度が存在していることを周知はできている議会。

再提出の必要があり、採択される可能性が充分にある。まだ審議自体もされていないためだ。
下記の議会においては特に、「持参」で、皆様に陳情をお願いしたい。
(把握しきれていないが、住民票を有する方、または近隣に限定されている議会もある。)

 

北海道
東川町議会
美幌町議会
天塩町議会
本別町議会
東神楽町議会
枝幸町議会
豊頃町議会
浦幌町議会
遠軽町議会
函館市議会(総務常任委員会で配布)
釧路町議会

青森県
岡崎市議会
八戸市議会
外ヶ浜町議会
七戸町議会
今別町議会
大間町議会
平内町議会
横浜町議会
鶴田町議会
田舎館村議会
六ヶ所村議会
東通村議会
佐井村議会

岩手県
住田町議会
葛巻町議会
岩手町議会
二戸市議会

宮城県
石巻市議会
七ヶ宿町議会
山元町議会
柴田町議会
大和町議会
栗原市議会
加美町議会

秋田県
秋田県議会
鹿角市議会
横手市議会

山形県
河北町議会

福島県
二本松市議会
湯川村議会
会津坂下町議会
小野町議会
国見町議会
本宮市議会
須賀川市議会

茨城県
龍ヶ崎市議会
那珂市議会
神栖市議会
稲敷市議会
つくばみらい市議会
かすみがうら市議会
水戸市議会
美浦村議会

群馬県
昭和村議会
藤岡市議会
嬬恋村議会
下仁田市議会(委員会報告)

埼玉県
入間市議会
鶴ヶ島市議会
志木市議会
狭山市議会
川島町議会
和光市議会
幸手市議会

千葉県
四街道市議会(委員会委員に配布)
旭市議会
富津市議会
印西市議会
白井市議会
袖ヶ浦市議会
木更津市議会
市川市議会(各会派に配布)
君津市議会
大喜多町議会
東庄町議会
栄町議会

東京都
目黒区議会
豊島区議会
千代田区議会
墨田区議会
北区議会(区民生活委員会にて配布)
文京区議会(正副議長、議会運営委員会にて閲覧)
港区議会(区民文教常任委員会委員に配布)
江戸川区議会(総務委員会に参考送付)
千代田区議会(地域保健福祉委員会へ参考送付)
青梅市議会
西東京市議会
東大和市議会
三鷹市議会(会派の代表者に配布)
小金井市議会
八王子市議会
町田市議会(総務常任委員会に参考送付)
立川市議会
日出町議会(議会報告)
国立市議会(各会派へ配布)
調布市議会(各会派、正副議長への回覧)
八丈町議会
檜原村議会

神奈川県
横須賀市議会
茅ヶ崎市議会
藤沢市議会
逗子市議会
南足柄市議会
海老名市議会
綾瀬市議会
相模原市議会
大磯町議会
開成町議会
二宮町議会
湯河原町議会
中井町議会
葉山町議会
松田町議会

新潟県
胎内市議会
聖籠町議会
弥彦村議会

富山県
射水市議会
滑川市議会

石川県
宝達志水町議会
穴水町議会
志賀町議会
中能登町議会

長野県
飯山市議会
千曲市議会
辰野町議会
下諏訪町議会
麻績村議会
木祖村議会
湯沢温泉村議会

岐阜県
下呂市議会

静岡県
伊東市議会
御殿場市議会(掲示)
伊豆市議会(掲示)
函南町議会

愛知県
みよし市議会
西尾市議会

福井県
おおい町議会

三重県
多気町議会

京都府
京丹後市議会
長岡京市議会
宇治田原町議会

大阪府
箕面市議会
高石市議会

兵庫県
川西市議会
神戸市議会(議長、各会派への配布)

奈良県
葛城市議会

和歌山県
串本町議会

鳥取県
大山町議会
南部町議会
智頭町議会
日南町議会

島根県
吉賀町議会
隠岐の島町議会

岡山県
岡山市議会(総務委員会に配布)
矢掛町議会
和気町議会(議員供覧)
新庄村議会

広島県
広島市議会
北広島町議会

山口県
柳井市議会
山口市議会

徳島県
那賀町議会
北島町議会

高知県
高知市議会
四万十市議会

福岡県
うきは市議会
朝倉市議会
芦屋町議会
香春町議会
大刀洗町議会
添田町議会

佐賀県
嬉野市議会
鳥栖市議会

長崎県
五島市議会
川棚町議会
東彼杵町議会
南島原市議会

熊本県
上天草市議会
阿蘇市議会
御船町議会
苓北町議会
和水町議会
山都町議会

鹿児島県
鹿児島県議会(会派毎に配布)
鹿屋市議会
南さつま市議会
指宿市議会
鹿児島市議会
鹿屋市議会
霧島市議会
知名町議会
和泊町議会
伊仙町議会
錦江町議会

沖縄県
沖縄市議会
嘉手納町議会
本部町議会
読谷村議会
東村議会
伊平屋村議会

 

 

 

議長預かり
本会議場での配布も行われていない自治体。また、議運での審議も行われてない状態である。
議会の申合せによる場合が多いが、(郵送陳情は)議運にも諮らず、議長で預かりとした議会。
現在、一切の行政フローにはのっていない。

議場配布・資料配布・議員回覧の場合と同様に、手で持っていけば行政フローに乗る可能性が高い。
再提出の必要があり、採択される可能性が充分にある。まだ審議自体もされていないためだ。
下記の議会においては特に、「持参」で、皆様に陳情をお願いしたい。
(把握しきれていないが、住民票を有する方、または近隣に限定されている議会もある。)

 

北海道
訓子府町議会
秩父別町議会
新篠津村議会

福島県
伊達市議会
会津美里町議会
福島市議会

茨城県
下妻市議会

栃木県
大田原市議会
市貝町議会

千葉県
松戸市議会
我孫子市議会
長柄町議会
白子町議会
一宮町議会

東京都
国立市議会
武蔵野市議会
狛江市議会

新潟県
見附市議会
聖籠町議会

長野県
軽井沢町議会
須坂市議会(正副議長の回覧)
上田市議会

愛知県
新城市議会
設楽町議会

大阪府
八尾市議会(事務局と議長の回覧)
茨木市議会

兵庫県
西宮市議会

熊本県
芦北町議会

宮崎県
新富町議会

 

 

 

その他、朗読など
議場にて趣旨を読み上げる、など。
様々な取り扱いがあり、私も知らない取り扱いがあった。
「上程されず」は、提出者が必須の議会であると思われるが、委員会に付託せず直接本会議に行く(?)のだろうか。

また、見送りは継続とどう違うかわからない。審査の結果、議決に至らないとは不採択と同じ意味だと考える。
しかし、用語としては異なるため(私自身、自信が持てなかったため)その他というカテゴリとさせて頂きました。

 

下記議会においては、少なくとも採択はされていないため、再提出の必要がある。
持参すれば、採択される可能性が充分にある。
下記の議会においては特に、「持参」で、皆様に陳情をお願いしたい。
(把握しきれていないが、住民票を有する方、または近隣に限定されている議会もある。)

 

北海道
士別市議会(上程されず)
留萌市議会(上程されず)
北斗市議会(上程されず)
今金町議会(取り扱わない)
仁木町議会(上程されず)
羽幌町議会(見送り)
古平町議会(総務文教常任委員会に付託)

青森県
黒石市議会(審査の結果、議決に至らない)
三戸町議会(議員回覧)
八戸市議会(郵送不可)
小子町議会(持参して説明したもののみ受付)

福島県
新地町議会(議長が議会報告)
南会津町議会(郵送陳情は受け付けない)
飯舘村議会(郵送陳情は受け付けない)

茨城県
土浦市議会
日立市議会(郵送不可)

栃木県
日光市議会(郵送陳情は審査除外)

群馬県
みどり市議会

千葉県
長南町議会

東京都
練馬区議会(郵送不可)
日野市議会(郵送不可)
板橋区議会(要望書として対応)

神奈川県
川崎市議会(提出者が県外の場合、委員会に付託しない)
小田原市議会(郵送不可)

富山県
富山市議会

長野県
塩尻市議会(郵送陳情は事務局内回覧のみ)
立科町議会(郵送不可)

静岡県
吉田町議会(議会運営委員会での協議まで)
菊川市議会(上程しない)
三島市議会(関係機関への提出は行わない)

大阪府
泉大津市議会(上程されず)

兵庫県
芦屋市議会(結論を得ず)

鳥取県
米子市議会

高知県
いの町議会(保留)

福岡県
桂川町議会(上程されず)

大分県
大分市議会(意見書付き陳情は紹介議員が必要)

沖縄県
南風原町議会(審議未了)
大宜味村議会

 

 

 

新たに採択された地方議会
11月9日に採択、10日付けで新たに採択の通知を頂きました。
このような日程で審議されることもあるのだと、少しびっくりしました。
現在も入院生活でありますが、非常に勇気づけられました。

 

交野市議会(大阪府)
1

2

 

 

採択された、ある議会の委員長からメールが届きました。
許可を得て(一部を伏せ)紹介させて頂きます。

黒岩巧議員(長野原町議会)から頂いたメール。

涙が出たメッセージ(クリックして下さい!)
ご入院中に失礼いたします。
群馬県の長野原町議会議員の黒岩巧と申します。

小坪先生のFacebookページを○○さん経由で見つけて以来、fb・ブログを拝見し勉強させていただいています。

9月定例会で「外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書」提出の陳情者のお名前を見た時には、すぐに分かりました。
私が委員長を務める「総務文教常任委員会」での審査でしたが、異論はなく全会一致での採択でした。

また、本会議での委員会報告も異議なく可決となりました。
小渕元総理と優子先生についてのエントリーを拝見し、勝手に親近感を抱かせていただいています。

そこで、思いきって友達リクエストを送らせていただきます。
ご迷惑でなければ、よろしくお願いいたします。

ご自愛の上、ますますのご活躍をお祈りしております。

 

私からの返信。
入院の中の動きについて、「あ、、、」と思いつつ納得して頂ける点があると思います。
なぜに「空元気」を装う必要があったのか。

クリックして下さい!
ありがとうございます!
こちらこそ、よろしくお願いします。

議員と共に、いまだ保守活動家の真似事などさせて頂いており、恥ずかしい限りです。

私たちの陣営は、実は正面戦力が極めて薄く、実際は二週間も戦線に穴をあけることができませんでした。

そのため、無理に明るく振る舞ったり、かなりふざけた内容も投下させて頂いております。
先輩議員の皆様におかれましては、議員としての振る舞い、その適格性に疑義・異論を挟まれても仕方ありません。

ただ、そうでもしないと、残してきた友人たちのみで戦線を維持できるとも思えず、やむにやまれずの動きであります。

これが空元気であることも、やがては敵陣に見抜かれると考えております。できるだけ速やかに体調を整え、一日も早く戦線に復帰したく思います。

最後になりますが、不躾にも郵送にて陳情させて頂いたにも関わらず、丁寧なご審議を賜り、黒岩委員長はじめ委員の皆様には感謝しかございません。

今後も国家国民のため、一期も勤め上げぬ新人ではございますが、しっかり暴れることで、戦線を押し上げる一助となってみせたいと思います。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

行橋市議会議員
小坪しんや 拝

 

本当の、私。
空元気を装っているということは、その間においてはむしろ体調が悪かったことは理解して頂けると思います。

そうまでして戦線維持を試みた、私の本心にあたるもの。

クリックして下さい!
ありがとうございます。
実は、最初に頂いたメール、物凄く嬉しかったのです。

web上では、そして、テキストで見る私は、
保守の指揮官として差配する、、、
少しドライな人間に見えるかもしれません。

ただ、実態は、一期生が無理に前に出ている側面もあり、
このように私のことを知っていてくれて、だから通してくれたんだって聞いて、とても嬉しかったのです。

間違えたことはしておりませんが、では、だからと言って私の動きがイレギュラーでないかと言えば、そうでもなくて。
時にきつい日もございます。

体調は、夕刻より持ち直しました。
昨晩、術後のかさぶたがはがれ(二度目)高熱と痛みで苦しんでおりましたが、やっと落ち着いたところです。
もうしばらくかかりそうですが、時間が薬ですから、仕方ありません。

少し羽を伸ばさせて頂きたいと思います。

これは4日前のメールになります。
今度こそ、(空元気やポーズではなく)かなり体調も戻ってきました。
ベッドで寝てばかりで体力も落ちてきたため、筋トレやウォーキング(喉以外は無事)も少し行っています。

おどけて見せていた際、実際は、高熱でうなされており、食事ができぬため輸液(点滴がご飯の代わり)で生活していた時期です。

 

 

 

行橋にお住いの方をご紹介ください。
実は、今日が誕生日でもあります。
だからというわけではありませんが、後援会名簿の様式があがってきたため(少し気が早いのですが)公開させて頂きます。

もし行橋にお住まいの方が読者さんがおられましたら、もしくは行橋にお知り合いの方がおられましたら、ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

名簿用紙_おもて面OL

名簿用紙_うら面OL

(軽くするため、少し解像度を落とし過ぎておりますが印刷してご利用ください。)

 

 

少し重たい(3メガ)ものですが、印刷して頂ける方は下記もご利用ください。

後援会名簿(表面)
googleドライブです。画像があるため少し重たい(3メガ)データです。

後援会名簿(メッセージ欄)
googleドライブです。

少し気が早いのですが、、、応援メッセージは「個人からの為書き」をイメージして作りました。
FAXもしくは郵送して頂ければ、市内外を問わず全国からの声、
できる限り全てを、事務所に掲示したいと思います。

枚数が必要な方は、前述の画像の番号(悪戯防止のため画像のみ)に連絡いただますと郵送させて頂きます。電話・FAX兼用です。

 

 

 

9月議会での採択結果を踏まえた新たな書式は、完成しております。
今週中のアップを目指しますが、なにぶん未だ入院中であります。
少しお時間を頂けると幸いです。

12月議会の提出締切が11月の下旬と想定され、時間的にはギリギリになってしまいました。
陳情書を出す際の注意点も含め、まとめてみたいと思います。
もしかしたら、3月議会まで遅れてしまう議会もあるかも知れませんが(12月議会の締切が間近)じっくり進めていきたいと思います。

何卒、協力のほどよろしくお願いします。

 

 

 

【再掲】採択を求める依頼文 ~ 地方議員の先輩方へ

もう一度、読んで頂ける方はクリックして下さい!

地方議員の先輩方へ

 

 地方議会の諸先輩方にこのように不躾なお願いをさせて頂きましたのは、本制度における「大きな差」が地方財政を原資としてしまっているためです。単に税金が安くなるのみで生じた差ではありません。地方自治体から講じられている「非課税世帯」を基準とした各種の減免対象となっているためなのです。国が徴税できなくなった額よりも、地方自治体が(実態にそぐわない形で)支出してしまっている有償の行政サービス(保育料・公営住宅・国保税・介護保険等)の金額のほうが遥かに多いのです。

 これは合法である以上、国の制度の問題です。地方議会で論じるべき内容ではないと思う先輩議員もおられるやも知れません。しかしながら、国の制度の瑕疵により、財政上の負担を強いられている被害者は地方自治体であり、地方議会より声を挙げるより他、抜本的な改善の道はないと考えました。地方自治法第99条に基づき、全国の自治体が足並みを揃えて問題提起することでしか、また地方議員の多くが実態を把握・周知していくことでしか、法改正を伴う抜本解決は不可能です。

 国は、恐らく本制度を改正する意思が弱いと考えています。私は、様々なロビー活動を展開、ネット発信を駆使し、それらの世論を受けて国会にも陳情に行きました。三権より独立した機関、会計検査院が調査に乗り出し、実態も明らかになりました。添付の関連資料のように、政権与党より出される税制改正大綱にも多くのページが割かれております。国税庁から各法人に制度改定の通達も出されました。
 しかし、書類の厳格化に留まり、制度の抜本改正はなされておりません。国外の外国人を扶養親族とできる者(外国人または外国人を配偶者とする者)は、書類さえ整えれば、今まで通り扶養控除を受けることができる状態に変化はないのです。

 想像にはなりますが、国ともなりますと難しい問題もあるのでしょう。本制度があることで「外国人が安価な賃金で働ける」状態にあります。地方自治体からの手厚い行政サービスのおかげで、生活のイニシャルコストが遥かに安い。また、外国人労働者の安価な賃金に引きずられ、特に地方に住む日本人の若者の賃率を安く据え置くことができる。この状態を利益だと考える者は、外国人以外にもいるのでしょう。根本的に変えるとなると、経団連等、大企業の顔色を伺う国会議員や官僚も多いように思うのです。ただでさえ厳しい地方財政を原資に、担税力に拠らず実態として外国人の生活を扶助し、結果として賃率を抑え日本人イジメとなっている制度が放置されてきた理由は、他にあるのでしょうか。

 

 一期も務め上げておらぬ新人ではありますが、地方行政の一般事務を監査する、地方議員とは責任ある大命だと誇りを持っております。ただでさえ厳しい地方財政がこのような形で、実態としては必要ない層への扶助・大幅な減免を行っていること、結果として若者を苦してめていることを看過することはできませんでした。

 単独でできることは、やり尽くしたと思います。HPのアクセスも月平均で60万人が訪問、数百万アクセスを叩き出し続けており、広く世論にも訴えました。先ほどは国の苦言も述べさせて頂きましたが、国としてもあれが精一杯なのでしょう。

 度し難いのは、私の同世代がどのような思いで働いているかという実態が政治の場においてしっかり議論されていない点です。ワーキングプア、地方の疲弊、若年雇用、少子高齢化、再三論じられておりますが、主役として若者を見てもらっているとは感じません。「福祉財源」として見られているだけであり、自治体消滅も職員雇用の観点が透けて見えます。にも関わらず、厳しい福祉財源を何に使っているのでしょうか。

 結果、私たちの世代はどうなるのでしょう。次の世代はどうなるのでしょうか。もう私たちの世代は、過酷なまでに増えすぎた高齢者を支えることは難しいほどに、生活実態は滅茶苦茶なことになっております。その一因として、本制度が背景にあるのであれば、私はその全てを捧げてでも彼ら若者の側に立ちたいのです。

 そして多くの諸先輩方が、本心から「地域を守る」「この街に住まう若者たちの未来を守る」と共に立ち上がって頂けると心から信じるものであります。私たち地方議員には大企業の思惑も(国会議員や官僚とは異なり)関係ありません。おかしいことに口をつぐむために、苦しい選挙を戦ったのではありません。

 全てを捧げると言いましたが、実際、今回の印刷費、郵送費の費用負担は相当なものです。全国1700に及び地方議会のすべて、都道府県議会に本書を送付しております。政務活動費を充てることができるわけなく、私費より賄う他ありません。片田舎の市議の給料ですから皆様の想像通りの状況でして、来年に改選を控えた状態で全ての貯蓄を投じました。完全に使い果たしました。ゼロです。

 当然ながら、まともに選挙を戦える経済状態にはありません。web上で集めた個人献金に、回せる経費を少しでも回し続けて捻出した費用で、本書の郵送費は賄いました。そうして届けた言葉は、きっと先輩方の胸に届くと信じて、信じて書きました。

 

 先輩方へ。私は、地方議会は素晴らしいなと思っています。最も有権者に近く、目の前に世論があるポジションです。私たちがしっかりし、着実に動いて行くことで、未来を切り拓けると本心から信じております。議員各個人がバラバラに動くのではなく、それが議決・意見書採択として形を為した場合、それこそが最も国民に近い世論であると確信しております。

 多くの意見書があがろうとも、それが具体的な動きに結ぶことは確かに少ないのが実態です。地方自治法99条などは、ただのガス抜きであると笑う方もいます。それで口をつぐむのであれば、私はとっくの昔に地方議員など辞しているでしょう。諦めることが許されないのが政治家の生き方だと教わりました。「信じてください」と有権者に言ってしまったあの日を、私は忘れるつもりはありません。

 執行部の権限は強力ではありますが、私たちにしかできないことがあります。それは意思を示すということです。議会からしか、目に見える形で意思表示を行うことはできません。二元代表制にあって、執行部にも負けぬ力を議会は持っています。

 税制を変え、税法を変える。狙いはここです。法改正を求め、地方議会から発信する。余りの敷居の高さに、荒唐無稽に思えるやも知れません。私にも自信はありません。しかし、どう考えてもここから先は地方議会が動くより他、事態を打開する術はないように思います。やらないという選択肢はありませんでした。

 次は、私はもう議員ではないかも知れません。だけど、いや、だからこそ、届くべき方の元に資料が届きさえすれば、きっと動く。政治は動くと、信じたいからこそ、信じているからこそ、一人でも多くの地方議員の先生に届くよう本意見書を送付させて頂きました。もし良ければ、本資料は印刷して全議員に配布をお願いします。

 意見書(案)は、どのように修正して頂いても構いません。郵送の可否など各種の手続きあるかと思いますが、(本書を無視しても構いませんので)議員側から提出等、無理をお願いできないでしょうか。何卒、意見書の採択をお願いします。
地方議会の誇りにかけて。

行橋市議会議員 小坪しんや

 

ほぼ二か月前、八月初旬の話です。
この意見書は、下記のような方法で、多くのボランティアの協力の元、発送することができました。
いま読み返すと、感慨深いものがあると思います。
全国すべての自治体に陳情書・発送

 

 

ひとつずつ、一歩ずつ。

 

地方議会から、法改正を目指す。

 

無謀とも思える壮大な夢を、共に願ってくれた議員たちがおります。

 

ここに公式に示された、厳然たる事実は、

 

こうしてモニターの前で情報に触れる皆様にとっても、

 

各地で賛成多数となるため議会工作に奔走する議員たちにとっても、

 

一人一人にとって、大きな勇気になると強く確信するものです。

 

一歩を、踏み出す。

 

その勇気を持ちたい。

 

一人でも多くの方に伝えるため、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

踏み出す勇気を持つための公式資料を、一人でも多くの仲間に伝えるために。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【外国人の扶養控除】継続審査、議場配布、不採択自治体一覧 への41件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【外国人の扶養控除】継続審査、議場配布、不採択自治体一覧 本意見書に対し、継続審査(採択の可能性あり)の議会、また郵送ゆえ議場配布となった議会、審議はされたものの賛成少数(不採択)であった議会の一覧を

  2. 親子丼 のコメント:

    うちの市のHPを見ましたら、
    こんなのが出てきました。
    https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/tetsuzuki/zeikin/kojin/kojinshiminzei/zeiritu.html
    外国税額控除
    納税者が外国に源泉のある所得について、その国の法令により所得税や市・県民税に相当する税金を課されたときには、一定の方法により、その外国税額が市・県民税所得割額から差し引かれます。

    これどういうこと!?

    • 福岡選挙区 のコメント:

      これは、海外で所得がある方が、海外現地にて所得税等の税金を支払っていた場合、
      日本の確定申告時に「海外でこれだけ所得がありました」と申告する際、
      所得を得た外国地において、既に所得税が徴収されていた場合は、
      日本側は二重に税金を課す事はしないため、
      所得を得た外国地に収めた所得税の分は控除されますよ だと思います。

      簡単な抜け道があるかどうかまでは分かりません。

      • 親子丼 のコメント:

        福岡選挙区さま

        大変解りやすい説明を頂き、
        ありがとうございました。

  3. 関羽雲長 のコメント:

    ご無沙汰してしまいました。
    政治献金は用途に限りがあるとのこと。
    例えば、国会陳情にも、極端な話生活費にも使える「寄付」を募ってはいかがでしょうか?
    税金的に議員の手に残る金額は少ないかもしれませんが、我々としては例えば一人月々1,000円を寄付することはそれほど苦にならないと思います。
    無責任にも、どんな寄付行為があるのかはまだ調べてはいないのですが、議員を信用して投資をしたい人は多いと思います。
    (投資と書きましたが、決して現金での配当を求めるものではありません)
    今の団塊世代は、自分たちさえ良ければ日本の今後のことなどどうでもよいという考えです。
    しかし、若い世代やこれから生まれてくる世代のことを思った政治を行わなければ、近い将来日本は自壊してしまう。
    その対策の一歩目として議員に配当を求めない投資を行いたい。
    そう考える日本人は多いと思います。
    私も寄付の形など調べてみます。
    同じような考えを持つ方たちも協力していただけないでしょうか?

  4. 生野民 2 のコメント:

    行動するのが、大事って事はこの27議会採択されてまだ可能性を残す議会があることが証明している、行動がなければ0だったんだから。
    我が大阪市議会は大阪朝鮮維新の会が、多数なので否決は当然の結果だとは思うが
    こうやってみると市民としては、恥かしい
    行橋市民ではないので、後援会名簿や応援メッセージが書けないのは残念
    総理経験者の竹下登でも、振り出しは地方議員なんだから今後の議員の活躍を
    期待しています

  5. 支援は賛成だが、受け入れは反対 のコメント:

    パリ同時多発テロにつき、ダマスカス(シリア首都)留学生のブログが記事をアップしました。
    http://blog.goo.ne.jp/from_syria/e/b83d63501989cb1e4adfcc0285ad4274#comment-list

    これに目を通す限り、彼らの頭の中には「イスラム教徒=マイノリティー」→「一部の過激派のせいで無関係な平和主義の(幸せであるべき)イスラム教徒までが迫害されている」というお約束の図式があって、それが唯一かつ全てなのだなと改めて実感させられました。

    その図式を前提に、現状を自サイドと相手サイド(今回はフランス)に分ける二項対立で捉え、相手サイド内に自分たちを擁護する意見があるではないかと、相手サイドに一方的な譲歩を要求。自サイドのイスラム教徒に避難先を変えるよう、呼びかけたりはしないようです。

    テロ事件を起こすような人々から難民として逃れようとするのは分かるが、その先がなぜ「先進国」でなきゃいけないのか。陸続きの同じイスラム教徒の国ではダメなのかといういつもの問いは見事にスルー。潜在的なトラブルの積み重ねの歴史があって、テロというわかりやすい衝撃をきっかけに、ベクトルが同じ方向を向いた「だけ」だとは理解しないのか、したくないのか。

    いずれ、法治主義の理念のもとに維持される社会と、宗教法を最高法規に置く宗教(イスラム教に関わらず)の教徒は根本的に相容れないという現実を認める気はないようだ。

    生物学における「すみわけ」の人類バージョンが「国境」だと、いい加減理解しろと。

  6. 支援は賛成だが、受け入れは反対 のコメント:

    すみません、コメント投稿する先を間違えました。
    【日本の弱点】用のコメントでした。

  7. 鳥師 のコメント:

    外国人の扶養控除の件、各地に続々と動きがでているんですね。
    お知らせいただきありがとうございます。

    二月ほど前、私の地域の市議会議員の方に本件への要望をメールでお送りしました(事務所に直接伺うのが当方の事情でどうにも不可能でした)。
    ずっとこちらのブログにその方のお名前が載る日を楽しみにしていたのですが…メールの返信も来ません。少し残念です。

  8. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    まずは、本日がお誕生日とのこと、おめでとうございます。
    すでに、回復途上と推察しておりますが、とにかく、いまは、体調回復を最優先で是非、おねがいいたします。

    神奈川県民の一人として、愛川町議会が採択、真鶴町議会が趣旨採択したこと、本当にGJとおもいました。
    一方、横浜市議会が不採択・秘訣は実に残念。でも、本会議まで上程されているということは、動いた議員さんがいらっしゃったということ、今後に期待したいとおもいます。

    更に、議場配布・資料配布・議員回覧 等でとどまっているなかで、横須賀市議会、茅ケ崎市議会、藤沢市議会、逗子市議会、南足柄市議会、海老名市議会、綾瀬市議会、相模原市議会等には、住民票をもっているブログ会員が各市議会の背中を一押しする必要がありそうですね。

    閑話休題・・・

    (1)黒岩巧議員(長野原町議会)から先生宛に届いたメールを読みながら、こちらも、うるっとしてしまいました。このようなメールが一番の励ましになりますね。

    (2)12月になりましたら、また、雀の涙(なんていったら、雀がおこるかなw)ほどですが、寄付をしたいとおもいます。

  9. 通行人 のコメント:

    エフセキュアの件で、人生ではじめて地元議員(総務委員所属)に直接働きかけました
    何人かにメールをし、うち一人がメール送信の翌日に話を聞いてくれて、問題点を箇条書きで構わないから書面にするよう依頼され、金曜日の夜に小坪議員のblog文と共に提出しました

    自分の地元は議場配布・資料配付・議員回覧等の欄にありましたので、新たな書式がアップされ次第、持参して依頼をします

    小さなことでも一歩ずつ、日本が良くなるようにやっていきたいと思います

    体を大事にしてください
    応援しています

  10. はま のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!

    いつも有難うございます。

  11. ふぃくさー のコメント:

    大きく反響が出ているようで何よりです。
    ところで、反響の全体像が掴みにくかったのでexcelにまとめてみましたが、地域によって濃淡が出ているようですね。仕方ないところなのでしょうか?

    (excel 画像: 2ちゃんのアップローダを利用。1日程度で消されるようです。)
      北海道~関東
      関東~四国
      九州沖縄
      
    ところで分からないので教えていただければ幸いでございます。
    本日のリストには(私の転記ミスがなければ)370自治体が状況毎に分類されて記載されています。しかしながら意見書を送付した先はすべての自治体(1741?)だったと記憶しています。差分の1300以上の自治体の状況はどう理解すればよろしいのでしょうか?

    • ふぃくさー のコメント:

      リンクの動作確認してみたらリンク方法を変えるよう指導が出てましたので変更しました。
      (excel 画像: 2ちゃんのアップローダを利用。1日程度で消されるようです。)
        北海道~関東
        関東~四国
        九州沖縄

    • ふぃくさー のコメント:

      おわ、もう消されてる! 速っ!
      我が市の名前も入ってなかったので位置付けを伺いたかったんですよね。
      アップ先を変えてもう一度貼ってみます(今度は1週間程度保存)。改めてご指導方お願い申し上げます。

      【画像】
      北海道~関東、 関東~四国、 九州沖縄

      【全体(PDF)】
      外国人扶養控除採択状況.pdf

      • sinobu hattori のコメント:

        情報、ありがとう御座います。

        自分の解らない分野のコメント内容、
        いつも、拝見・勉強させて頂いております。

        こちらも、参考にさせて頂きますね。

  12. Masa のコメント:

    自分の地元議会では、不採択になっておりました・・・orz

    とても情けなく、そして、とても恥ずかしく思います。
    本気で悔しいです・・・。

  13. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     むしろ,仮令地元民でも議場若しくは事前配布又は会派代表若しくは議場留の議会こそ,再提出の価値ありです。

     逆に,わたくしが,近頃,実際に足を運んだ,
    1.東京都狛江市
    2.東京都調布市
    3.東京都武蔵野市
    4.東京都小金井市
    5.東京都練馬区
    6.東京都板橋区
    7.東京都北区
    8.東京都墨田区
    9.東京都荒川区
    10.茨城県猿島郡境町
    11.茨城県猿島郡五霞町
    12.千葉県松戸市
    13.埼玉県春日部市
    14.埼玉県北葛飾郡杉戸町
    は,残念ながら,左右の立場不問で,既に反対の意向が固まっているものと思料されます。

     まして,千葉県松戸市は,持参限定にして,実際事務局では,陳情の記載事項の不備ではなく,内容自体の検閲が入ります。
     そのすさまじさは,ネットや活字では伝わりません。
     松戸市民の方には,理屈ではなく,実際に松戸市議会事務局の某昇大元帥様の暴言添削を喰らっていただけるとわかると思います。
     今までの持参陳情の感触からして,郵送の可否不問で,陳情を請願同等に扱うと言う甚だ美味しい餌をちらつかせる箇所に限って,臭いと思った方が良いです。
     世の中の求人情報と同様です。おいしい話には必ず裏があります。
     給料が妙に高い求人案件のようなものです。
     むしろ,陳情と請願を峻別している箇所こそ,本気で内々での審査を着々と進めているように見受けられます。

     << 美味しい話には裏がある。 >>,これを改めて痛感しております。

  14. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     同様に,地元外の郵送陳情でも尚,請願同等待遇の箇所も,おいしい話には裏があります。
     結局のところ,陳情よりも,地元議員さんで仲の良い人がいれば,その人の紹介を以て請願するのが良いようです。

     以下,わたくしが実際に陳情した,地元外郵送陳情でも請願相当の扱いをする地方公共団体です。
    1.東京都
    2.東京都新宿区
    3.東京都足立区
    4.東京都台東区
    5.東京都江東区
    6.東京都千代田区(※送付陳情制度=請願とほぼ同等)
    7.千葉県習志野市
    8.千葉県船橋市
    9.埼玉県幸手市
    10.埼玉県北葛飾郡松伏町

  15. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     わたくしが実際に陳情した,地元外郵送陳情でも請願相当の扱いをする地方公共団体の補足。
    11.北海道

  16. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     ちなみに,先に列挙した,陳情を請願同等に扱う箇所に限って,東京都以外,特別区も含めて,今期扱いの締切日が早いところでは,明日の必着です。
     (東京都北区議会等・・・。)
     やはり,陳情と請願を峻別する箇所の方が,却って期待が持てます。
     締切日も遅いです。まだ間に合います。
     逆に,私が上記に列挙した箇所は,東京都議会以外,もう間に合いません。本当に。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       上記列挙のうち,4.東京都小金井市は,既に今期扱いは締切済みです。
       (11月4日(水))

  17. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    I.わたくしが実際に陳情した,地元外郵送陳情でも請願相当の扱いをする地方公共団体の補足2。
    12.茨城県稲敷市

    II.実際にわたくしが陳情した箇所で,陳情自体を請願と峻別し,参考配布に留める箇所。

    1.北海道虻田郡ニセコ町
    2.東京都八王子市
    3.東京都葛飾区
    4.東京都中央区
    5.東京都港区
    6.千葉県
    7.千葉県千葉市
    8.千葉県柏市
    9.千葉県野田市
    10.千葉県我孫子市(地元民持参であれば,議運による審議結果によっては,条件付きで請願待遇へ格上げとのこと。)
    11.茨城県
    12.茨城県つくば市
    13.埼玉県
    14.さいたま市
    15.埼玉県川越市
    16.埼玉県飯能市
    17.埼玉県所沢市
    18.埼玉県秩父市
    19.埼玉県秩父郡横瀬町
    20.埼玉県秩父郡小鹿野町
    21.埼玉県秩父郡皆野町
    22.埼玉県秩父郡長瀞町
    23.埼玉県川口市
    24.埼玉県草加市
    25.埼玉県吉川市
    26.埼玉県三郷市
    27.埼玉県八潮市
    28.埼玉県蓮田市
    29.埼玉県越谷市
    30.埼玉県久喜市
    31.香川県
    32.香川県仲多度郡まんのう町
    33.福岡県
    34.福岡県行橋市

  18. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     実際にわたくしが陳情した箇所で,陳情自体を請願と峻別し,参考配布に留める箇所の補足。
    35.埼玉県秩父郡東秩父村

     文書作成やら発送やら移動やら,時間,労力,費用の何れも相当嵩みましたが,今まで見えなかった事項が,多々見えてまいりました。
     議会の規則やら議会事務局職員の対応の是非やら,実に,地方公共団体たる者,まさしく雲泥の差でございます。
     茨城県猿島郡五霞町,ビーグル犬MAD市の酷い対応から,埼玉県春日部市さん,東京都さん,東京都北区さん,東京都狛江市さん,東京都調布市さん,東京都武蔵野市さんのようなホテルマン級の素晴らしきご対応まで,実に多種多様でした。
     生涯一度は経験しておくと,有意義であると思われます。
     本当に,ネット上又は活字では語れぬものがありますから。

  19. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     あ”~~~~!!
     一番肝心な箇所を忘却!!
     垢に染まった大地・・・。

    I.実際にわたくしが陳情した箇所で,陳情自体を請願と峻別し,参考配布に留める箇所の補足2。
    36.埼玉県上尾市

    II.これから実際に持参しようと思料し,持参であれば地元外であっても陳情を請願同等に扱う箇所。
    15.千葉県東金市
    16.千葉県大網白里市

     時間,労力及び費用からしても,もう,これにて完結です。
     これらの中から,絞り込みをかけて,例の第二弾を陳情しようと思います。

    • sinobu hattori のコメント:

      貴重な情報、ありがとう御座いました。

      うちの地元は「参考配布」状態で、
      議会内容にまでにするには、

      やはり、「議員先生の力が必要」…みたいです。

      是非とも、
      目にして頂いた「議員の先生方」には、
      議会内容として、動いて欲しいと、

      心より、願っております。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       こちらこそコメント,ありがとうござます。
       わたくしの地元も実は,地元外の陳情又は地元民であっても郵送陳情では,議長留であり,良くても精々,地元民持参で議会における全議員配布なのです。
       参考資料配布でも良いくらいなのです。
       議題として盛り込むには,請願にする必要があるのですが,地元議員は誰も挙手をしないばかりか,反日左翼と,無色透明のノンポリ議員ばかりです。
       一応,地元も持参しようと思いますが,わが地元では,参考配布を受けて議員が急遽その場で議題化へ動くとは考えにくい議会構成であります。
       ただ,埼玉県内の地方公共団体でも,都市部又は大規模な箇所は,議員さんもいろいろいらっしゃるので,義解参考配布の時点でのアクションを期待しております。
       そして,陳情を請願扱いするところに限って,左巻きと同様なので,むしろ参考配布の箇所へ積極的に郵送をしようと思っております。
       ですので,持参による扱いの変化がない上で,陳情と請願を峻別する箇所へお住いの方におかれましては,郵送でも良いので,どうか勇気を持って陳情して戴きたく存じます。
       皆様の勇気が,一件でも多い陳情が,日本を動かすのです。
       わたしたちの行動は,決して無駄にはなりません。

  20. お祝い のコメント:

    お誕生日、おめでとうございます。
    そして、こうして詳細を伝えて下さいまして感謝いたします。

    今回の件についてのご返答を、八王子市議お二方から返答が御座いました。
    どちらの方も、意見書に関する資料や、趣旨を把握していないようで、
    「自民党本部が動けば我々も動く」大まかに言えばこういうご返答でした。

    一方、八王子市としてはこの外国人扶養控除は手続き作業の負担、
    税の公平性の観点から見直しが必要と認識はしているものの、
    国の法整備であり、八王子自治体としてはこれを受け容れる。
    との判断に異議は唱えない。だそうです。
    これは一市議のご返答でした。

    平成26年の外国人扶養控除は260件申請されているそうです。

    今回の記事を拝読するに、マシな方なのかとも思えます。
    次世代の党・・・当選して欲しい・・・。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       地元の保守系議員さんに,お知り合いがいらっしゃるなんて,羨ましい限りです。
       わが地元の顔見知りは極左なので,なんとも請願叶わずで,もう,泣きたいぐらいです。
       保守系議員自体が,わが地元には,そもそもおりませんから。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       外国人の控除260件,これは一人であっても八王子市議会議員のどなたかが切り込みを入れなくてはならぬ状況です。
       実は,先日,わたくしも八王子市さんの税金等についていろいろと調べておりました。
       住民税及び水道料金そのものの計算式を察するに,これ自体が決して高いわけではないのですが,どうやら固定資産税及び被用者保険未加入者の国民健康保険税が,現状にそぐわぬ計算式で,<< 結果としての高額 >>になっているのです。
       金額設定と言うよりは,地域特性と計算方法との乖離に起因する,結果としての高さなのです。
       固定資産税は,市役所当局の管轄ではなく,議会管轄でもないので,陳情等の対象外であり,部外者のわたくしめは手の出しようがなく,国民健康保険税の計算式に対しては,部外者が僭越ながらも所謂いちゃもん垂れて,八王子市議会へ陳情を出しました。
       勿論,全八王子市議会議員への参考配布にとどまりますが,誰か動いて!!と言う思いでございます。
       あの計算式は酷いです。都心部仕様の計算式です。あれは。
       むしろわが地元と同様の計算式で良いと思い,地元の国保税の式を参考に案を陳情しました。

  21. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    誕生日おめでとうございます!!

  22. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。
    ———————————————————————
    「外国人の扶養控除制度の見直し」

    全国で、採択が次々と決まっていく事、
    各地方の議員の方々に、望みと期待を致しております。

    私の地元は、まだなのですが、
    頑張って働き掛けていきたいと思います。

    ——————————————————————————
    ———————————————————————
    小坪先生の地元、福岡県行橋市の皆様へ…
    ———————————————————————

    是非とも、
    ——————————————————————————

    小坪しんや市議会議員を「支えて」下さいませ。

    ——————————————————————————
    私、行橋市から遠く離れた関東に在住なのですが、

    小坪市議の後援会・涼月会に
    少額ですが、献金支援をさせて頂いております。
    https://samurai20.jp/contact/kenkin/

    正直、小坪市議とは、実質的な面識も無く、
    こちらのHPなど、
    インターネットの知り合いで「付き合い」だけです。

    …でも、
    後援会の会員となり、献金支援をしております。

    それは、小坪市議に対して、
    ——————————————————————

    大きな価値が有ると感じているからです。

    ——————————————————————
    今までも、目に見える行動して頂き、
    そして、現在も「入院中」であるにも関わらず、
    動いて頂いております。

    「遠く離れた所からの支援」

    私はこれを
    マンガ「ドラゴンボール」に出てくる
    主人公「孫悟空」の使う技「元気玉」と思っております。

    「孫悟空」が、皆ンなから、少しずつ「力」を貰い、
    「大きな玉」にして、敵にぶつける技です。

    「皆ンな!ほんのちょっとずつだけ、オラに元気をわけてくれ!!!」

    …「悟空」は、こう言って技を使います。

    ——————————————————————

    皆ンな!ほんのちょっとずつだけ、

    小坪先生に「元気」をわけてくれ!!!

    ——————————————————————
    小坪先生に、大きな、大ぉーきな
    「元気玉」
    作って挙げて下さい!

    私も、その「元気玉の一員」です。

    私は、行橋市の住民では無いので、
    「元気」は、少量しか出せません。

    でも、地元の方々なら、もっと、
    「元気」以外の力も、分けてあげられます!

    ————————————————————————
    後、個人的に、もう一つの「価値」として、

    小坪市議に
    「エンターテインメント」…としての意味を見ております。

    「映画」「演劇」「ゲーム」「マンガ」「コンサート・ライブ」…
    …等に、出費する事と同じく、
    小坪市議に「エンタメ」を 見せて頂いております。

    私は、
    この「エンターテインメント」を「見続けたい」一人として、
    小坪市議の「ファン」として、
    支援させて頂いております。

    しかし、この大きな「エンターテインメント」を
    一番支えてあげられるのは、
    やはり、

    地元、「福岡県行橋市の有権者」の方々です。

    是非、小坪市議の「パフォーマンス」による、
    最高の「エンターテインメント」をご覧になって、

    その「エンターテインメントの一員」として、
    皆様も加わって、楽しんで下さい。

    行橋市の方々は、
    「特等席」「SS席」「升席」「リングサイド」「かぶりつき(笑)」
    こちらで「体感出来る方々」です。

    是非とも、支援、
    よろしくお願い致します。

    ——————————————————
    最後に、小坪先生へ…

    お誕生日おめでとう御座います。

    祝う…以外で、これ位の事しか出来ない
    「へっぽこエンタメ人」の自分ですが、

    持てる技量で、頑張ってみました。(笑

    「完全回復」と「完全復活」を 望み、期待して、
    文の締めにいたします。

    長文、失礼致しました。

  23. トライスター のコメント:

    お誕生日、おめでとうございます。
    一日も早いご回復を、心からお祈りしております。

    さて、当方在住の座間市では、この件は陳情番号42番として「継続審議」となっているようです…。
    https://www.city.zama.kanagawa.jp/www/contents/1443409037704/index.html

  24. 名無し のコメント:

    小坪市議、御誕生日おめでとうございます。
    市議の勇気と智力、行動力溢れるアクションに大変励まされる一方、ブログを拝読しつつ陰ながら応援しております。
    日々、心身共に大変タフな状況のなか獅子奮迅のご活躍をされているぶん、くれぐれもご自愛下さい。
    小坪市議は我々日本国民の輝ける希望であるので、まだまだもうしばらくは続くであろう日本を取り戻す為の闘いにおいて、是非万全の体調で、引き続き真の保守の国民的アクションを盛り上げて頂きたいと、心より願っております。
    頑張ってください!

  25. 櫻盛居士 のコメント:

    継続審査、不採択・否決、議場配布・資料配布・議員回覧等、議長預かり、その他、朗読・・・。
    何れも、悲観的になる必要は無いでしょう。

    実はサヨクはどんな状況でも執拗に、同じ主張を繰り返して来た事で現在の社会的影響力を勝ち取りました。
    70年近く、繰り返しているのです。

    たかだか1回で、ここまで採択された事の方が凄いと判断致します。

    今後、反復練習の如く何度も何度も繰り返す事で採決に持ち込める議会もあるでしょうし、そうで無い議会でも保守系議員を地方自治体の議会に送り出し下地を均した所で、再度住民が個々で各議会に繰り返し持込む段取りをすれば良い訳です。

    この辺りの行動力は、サヨクを見習うべき所でしょう。

  26. 日本大好き のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます。
    毎日、更新ブログ記事を楽しみに拝読しています。

    小坪議員ご自身が目一杯精力を傾けて、日本の大掃除のために尽力されているのを、記事を読むたびに強く実感します。

    この動きが、私達読者一人一人の努力でさらに拡がることを切に願っています。

    小坪先生ご自身もいくつかの強力な保守系ブログをご存知でいらっしゃると思いますが、その中のひとつである「余命三年時事日記」殿にて提唱・拡散されている「官邸メール運動」を、さらに日本を愛する国民のより多くの方に共感・拡散・協力頂きたく、以下に手軽で簡単、かつ有効な、官邸メール送信サイトを紹介させて頂きます。

    *専用アプリ/ソフトのダウンロード不要!!
     下記サイトから手間要らずの超簡単「ワンクリック」で、私達日本人の思いを総理官邸へ!!

      日本人の家族や友人にも 拡散!!
      【余命官邸メール】の輪を広げよう!!

    日本国、日本国民のために、もっともっと、みんなに広めよう、教えよう! !
    家族・友達・職場の仲間と一緒に、一日わずか数分、毎日続けて日本を浄化しましょう!!

    *《官邸メールWeb》(余命三年時事日記ミラーサイト)
    ●ttp://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html

    小坪先生、お身体、じっくりしっかりと完治、復調されて、まだまだ一層更なるご活躍をお願いします!!

  27. 福井県民 のコメント:

    お初にお目にかかります。
    小坪先生、お誕生日おめでとうございます。
    お身体大変でしょうが、
    退院間近と聞き安心しました。
    どうぞご自愛下さい。

    さて、
    上記本文のリストを流し見(仕事中のためキチンとは見られていませんが)ましたが、
    僕の住む福井県の市町村が一つも入っていなかった様に思います。
    これは小坪先生の方では意見書を送られていないという事でしょうか?

    外国人の扶養控除に関する制度が無いとは考えにくく、
    またこういった話題を聞いた事も無かったため、
    何方か福井県の何らかの情報をお持ちの方、
    申し訳ありませんが御教示頂けませんでしょうか?

    県議会の自民系議員の方(1期目では有りますが)に知り合いが一人おりますので、
    僕にできる事が有るのならば、
    こちらの友人知人の伝手を使ってでも、
    今更ですがエフセキュアの件も含め、
    何か地元議会に対して働きかけが出来たらと考えています。

    このエントリを今日初めて読み、
    福井県の文字が無い事に、
    今更ながら危機感を覚えました。

    • ふぃくさー のコメント:

      福井県では「議場配布・資料配布・議員回覧 等」の欄におおい町議会の名前がありますよ。
      ちなみに、送付先は国内の全自治体との事ですから福井県にも行っているはずです。我々ができる事は非常に限られたことではありますが、せめて思いの分だけでも協力していきたいですね。我々も動かなければ何も動きませんので(^^

      • 福井県民 のコメント:

        ふぃくさー様、返信ありがとうございます。
        すみません、見落としておりました(汗

        仕事が終わってから、
        確り読み直した上で、
        僕の住む福井市についても調べてみようと思います。

  28. 加古川市民 のコメント:

    いつもごくろうさまです。
    兵庫県加古川市議会の西村まさ文議員のHPに掲載がありました。
    「外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書(案)採択されました。」とのことです。

  29. ピンバック: 【外国人の扶養控除】陳情時に持っていくもの(印刷物一覧) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です