【図解】北朝鮮のミサイルは、確実には迎撃できない。着弾する可能性がある。【腹を括ったらシェア】


 

 

もうわかっていると思うが、北朝鮮のミサイルを「確実に迎撃」することはできない。PAC3の配備状況と射程を地図にて図解。恐らく貴方の住む地域は「範囲外」だ。仮に北のミサイルが着弾するとしても、PAC3が貴方を護ることはないだろう。何度も述べてきたが”射程が極めて短い”(有効なのは20km程度)ためで、そもそも国土の全てをカバーするようなものではない。実は、用途から違う。かつ、配備数が(恐らく皆様の思うよりも)遥かに少ない。
図解は以前から持っていたのだが、ショックを与える可能性があり公開を控えていた。

国土全体を護るのは、イージス艦などから発射されるSM-3という種類のミサイル。こちらは500kmの射程を誇る。ただし、我が国が保有するイージス艦は4隻に過ぎず、1隻は確実にドック入り(精密機械ゆえ仕方ない。)しており、日本海に常時展開できるのは”2隻”と思っていい。こちらも図解しているが、「穴はある」。撃ち漏らす可能性はある、特に日本のみであれば。

そろそろ現実を直視して頂くため、本日はロジカルに「どれほど無理難題」かを述べる。
ちょっと後で怒られるかも知れないことも書く。まぁ、はっきり言えば、「撃つ場所によっては」【そもそも迎撃なんてできないよ】というのが実態である。

北朝鮮のミサイルについても言及する。
舐めた性能ではなく、実は迎撃自体が難しい。上昇中ならば、まだ低速であり破壊できる可能性はある。先日のロフテッド軌道の場合の到達高度は「2800km」。とんでもない高度なのだ。
これに対し、イージス艦が発射するSM3のブロック1Aの到達高度は600km。弾道の頂点には届かず、射程に入った際には「極めて高速」となっている可能性が高い。
この条件となると有効に迎撃できる半径は「500km」もないだろう。
撃ち漏らす可能性は、残念ながらある。

PAC3の射高は20kmぐらいで、グアムに向けて「順調に北のミサイルが飛んだ」場合は、どうにもならない。また、【誤まって北朝鮮のミサイル】が日本に着弾しかけた際だが、PAC3が、国土のどれぐらいの範囲をカバーしているかは、実際に図で見て欲しい。
これが現実だ。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

PAC3の配備状況
PAC3が有効に防衛できる範囲を20kmに設定。
SM-3が守備できる範囲を500kmに設定。

 

下記は、2011年度のデータとのこと。
ネットで「PAC3 配備状況」で画像検索したもの。

 

 

ここからは、少し歯に何かが挟まったような書き方になる。
理由は答えない。

実は、個人作成(普通の個人ではないが)の、より年度の新しい図解ももっている。
防衛白書をベースに作ったものだが、あまりに詳細なのでアップは控えることになった。

 

橙色の円がPAC3の守備範囲であるが、正確には「1/3」だと”思う”。
超高空に打ち上げるロフテッド軌道ばかりが注目されるが、実はディプレスト軌道という発射方法もある。こちらは極低高度で飛んでくるもので、着弾まで4分程度しかない。

「真上」から落ちてくると想定すれば、守備範囲を「円」で見ても構わないのだろうが、ディプレスト軌道を想定すると「実際は扇形」とすべきだろう。【仮に】扇側の中心角を120度とすれば、橙色の面積は「1/3」となる。実質、90度程度じゃないかと思うが、そのあたりはよくわからないので書かない。

とりあえず、上記の橙の面積はかなりオマケされている。

 

 

もう少し新しいデータ。
出典は産経新聞。

 

 

守っている範囲だが[P]と書かれている【マーク】がほぼ守備範囲である。
このマーク以上は護られていない。

[X]は、エックスバンドレーダーのある位置。
なぜ(最前線とも言える)日本海に集中しているのかは、のち解説したい。

 

「PAC3には守備されていない」人は多数いるとは思うが、まぁ、怒らずに聞いて欲しい。
ディプレストの場合は「SM3は無効」ゆえ、PAC3のカバーも本当はあったほうがいいのだが(後述)、【日本全体を護る】のはSM3の仕事である。

PAC3は射程が短いので、広範囲をカバーするような迎撃装備ではない。
メディアもネットも、そもそも間違えているだけだ。

 

戦闘機には戦闘機の、
輸送機には輸送機の、
ヘリコプターにはヘリコプターの、仕事がある。

ヘリに、戦闘機並みの速度で飛べって言ったり、
戦闘機に、輸送機並みの航続距離を求めるようなもので、いまやってる議論の多くが「根本的に間違えている」のだ。

 

PAC3に人格があれば
「そんなこと言われても、元々できないよ~♪
 何を言ってるの?
 それはSM3に言って?」
と思っていることだろう。

 

 

無駄とは言わないが、

 

中国・四国地方に持って行っても、

 

皆さんが思うようなことはできない。

 

 

 

イージス艦とSM-3
我が国が保持するイージス艦は、4隻。

 

こんごう型護衛艦 4隻。
(ネームシップ:こんごう、2番艦:ちょうかい、3番艦:みょうこう、4番艦:きりしま)

あたご型(あたご、あしがら)の2隻は、弾道ミサイルの捜索・追尾は可能だが、迎撃能力は有していない。

 

この4隻が、皆様を護る我が国のイージス艦だ。
ただし、冒頭で述べたように1隻は「お休み」する。ドックに入渠し、メンテを受けねばならない。

ずっと前線に出し続けることができるものではない。
また、全てを日本海に展開させ続けるわけにもいかない。

 

よって、実質2隻が実情である。
交戦国になるかも知れない北朝鮮が「親切にも、いまから撃つよ?」と教えてくれた時には、3隻とか4隻を出せるかも知れないが、そんなことは実際の戦闘ではありえない。

ゆえに下記の図は正しい。

 

 

 

「正しい」とは書いた。
だが、完全に正解とは言えない。
この図は「二次元」で書かれたものだからだ。

ミサイルは、高度をとって撃ちおろすロフテッド軌道や、低高度で着弾速度を優先するディプレスト軌道など、3次元を飛ぶ。

撃ち方によっては、「500km」という円を描くことはナンセンスなのだ。

 

 

 

SM-3の限界
では、辛辣なことを書いていこう。

我が国の虎の子、4隻(展開できるのは2隻)のイージス艦。
SM3に期待している方も多いとは思うが、限界がいくつかあります。
SM3にも種類があり、我が国に配備されているのは「SM-3ブロック1A」という種類です。

 

届きません。
ブロック1Aの到達高度は600kmです。

それに対し、平成29年7月4日に北朝鮮が発射したミサイルは、ロフテッド軌道をとっており高度2800kmです。

国土に被害を与えぬためには、高高度で迎撃する必要があります。
弾道頂点で迎撃することは重要で、「届かない」のではどうしようもありません。

先ほどの500kmという「円」では計れない理由です。

※ 落下中で「600km」まで降下すれば迎撃はできます。
ただしミサイルの速度が乗っており、マッハ4のミサイルを迎撃した実績はありますが、「迎撃の可能性」は低下します。

 

設備更新しても、弾道頂点には届かない。
新型はブロック2Aと言います。
ブロック2Aの到達高度は1,000kmを優に超え、一説には2000kmを超えるという話も。
しかし、ロフテッド軌道の頂点 2800kmには届かないのではないでしょうか。

 

射程は大幅に伸びます。
現行のブロック1Aの射程が1,200kmであるのに比べて、ブロック2Aは2,000kmと言われています。
「有効に守備できる範囲」とは意味が異なりますが、かなりの強化には違いありません。

とは言え、我が国にはまだ配備されていません。
自前で兵器開発していないので、アメリカ待ちというか、予算待ちと言いますか。

昨年のニュースになりますが、予算化されてはいます。
改修(工事)には、”それなりの時間”が必要で、一か月二ヶ月でどうにかなるものではありません。

4隻を一度に前線から下げるわけにはいきませんから、一隻ずつとなるでしょう。
全部終わるのは、4~5年先ではないでしょうか。

 

 防衛省は2017年度予算の概算要求で、米軍再編関連経費を含め過去最大の5兆1685億円(16年度当初予算比2.3%増)を計上する方針を固めた。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、日米両国で共同開発を進める新たな海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の配備に向け取得費用147億円を初めて計上。  

ま、設備更新しても、弾道頂点には届かないんですけどね。

※ 「弾道頂点に届かない」=「迎撃できない」ではありません。
迎撃の成功可能性が低下するという意味です。

 

一発ずつしか撃てない。
ググったのですが、公開されているものがありませんでしたから、少し誤魔化して書きます。
間違えていたらコメント欄で指摘してください。

 

「我が国のイージス艦 及び SM3ブロック1A」の場合、北朝鮮から発射されたミサイルに対し、「①追尾できるのが一発まで」もしくは「②発射したSM3を制御できるのが一発まで」でして、①か②の理由により一発ずつしか撃てないはずです。

 

何が致命的かって、SM3って「弾道弾1発に対し」「2発を撃って迎撃」する仕組みだった気がするんですよね。

インフルエンザのとき、タミフルとかリレンザを2回飲みましょう、みたいのがあるじゃないですか。
まぁ、あんな感じじゃないですかね。
(※ このあたりはあんまり書いたら怒られるかも知れないし、ちょっと「記憶があやふや」ですので、状況によってはこの項目は全削除されます。)

 

仮定の話としてですね、ICBMに対しては「SM3を2発、撃ちましょう」となっているのに、
我が国のイージス艦と装備品では、SM3が一発ずつしか撃てない場合はですね、ちょっと困りましたね。

 

さっきの図なんですけどね、2隻を日本海に展開させてるでしょう?
これが「交叉している範囲」ってどれぐらいありますか?

 

 

この範囲だけは、「2発が撃てる」かも知れません。
ブロック2Aに改修されたら、何発か同時に発射できるみたいですよ。

完成までには少し時間かかりそうですけれど。。。
配備が完了するのは4~5年先かもしれません。

防衛の装備って、精密機械ですから「今日、頼んで明日とどく」みたいなものではありません。

 

 

SM3が撃ち漏らす可能性は、充分にあります。

 

特に、撃ち方によっては、どうしようもありません。

 

例えば、ロフテッド軌道・ディプレスト軌道を併用された場合などは

 

この装備では、どうしようもありません。

 

そんな機能は、元からない。

 

 

少しだけ安心できる情報も。

我が国が常時展開できるイージス艦の数は、2隻程度だと述べました。
ですが、いま米軍はイージス艦をかき集めており、16隻ぐらい来ているはずです。

ですが、ここに安心しないで欲しい。
あくまで「他国の艦船」であることは忘れないで欲しい。

自前でできなければ、外交なんてできない。
例えば外交(過去のTPP交渉など)で極めて不利な条件を提示された場合、我が国は突っ張れないんですよ。

 

 

 

実は、古い。そして、高い。
皆さんが頼りにしたくなるイージス艦。
我が国は4隻のみ、展開できるのは2隻ぐらい。

「いっぱい欲しい!」と思いませんか?
私は「もっとたくさん欲しい!」と思います。

 

しかも、実は古いんです。
こんごう型のネームシップこんごうは、1993年に就役しました。
20年をとっくに経過しており、そろそろ30年が近づいてきています。

次級のあたご型の2隻は、SM3を装備していません。
23中期防で、イージスBMD5.0を導入、弾道弾迎撃ミサイル発射能力を付与させることは決定しています。恐らくSM3が装備できると期待しています。

 

予算化は始まっているが、まだ改修されていません。
船の数が足りず、一隻一隻が貴重です。

改修には時間がかかり、何隻も同時に改修するわけにはいきません。
工事自体にも時間はかかりますが、順番にやるので「完成までは時間がかかる」と思います。

 

ゲームとかだと、飛行機も船もじゃかすか出てきます。
映画とかでもいっぱい出てきますし、派手に吹き飛んだり爆発したりしますよね。

あれ、実はめっちゃ高いんです。

 

こんごう型の場合、ネームシップ(こんごう)の建造単価は約1,223億円です。
これは行橋市の総予算の4年半に相当します。
韓国に、日韓合意で払った金額(10億円)の122倍です。
(韓国が怒るのもわかる。)

イージス艦は高いんです。
いっぱい買えないんです。

 

ちなみに、こんごう型の4隻も全面改修を受けています。
SM3ブロック1Aを発射できるようにしたのですが、その際の予算も結構高いです。

改修と発射試験で、「こんごう」の合計予算は340億円。
「ちょうかい」は307億円、「みょうこう」は309億円、「きりしま」は312億円です。
行橋市の年間予算より高いです。

 

ちなみにSM3のブロック1aも高いです。
あのミサイル(迎撃用)は、一発20億円します。
一発のISBMに2発を使ったとして、40億円が吹き飛びます。
(日韓合意で韓国にあげた金額の4倍が盛大に吹き飛びます。金額について韓国が怒るのなら、若干わかる。)
(PAC3は5億円ぐらいだったかと。)

ブロック2Aは、何円するのだろう。
改修費用は何円するのだろう。

 

 

 

中国・四国へのPAC3展開
現実を直視してもらうために、はっきり書きました。
先日の、ロフテッド軌道で発射された北朝鮮のミサイル。
あれは衝撃でした。

あの高高度から撃ちおろす方法は、日米の想定を大きく超えたものだったと思います。
到達高度2800kmです。

頼みの綱のSM3は、我が国に配備されているものでは600kmが限界です。
弾道頂点での迎撃は不可能です。

 

北朝鮮は、グアムに向けて発射すると言っています。

中国・四国地方に配備されつつあるPAC3ですが、射高は15km~20kmぐらいです。
(ただしこれは弾道弾を想定したもので、敵の航空機の場合はもっとあるかと。)

北朝鮮がグアムに弾道弾を飛ばすとして、中国四国の上空を横切るとは思いますが、
そもそもPAC3では届きません。
(ディプレスト軌道の場合は、一瞬射程に入る可能性もゼロではありませんが、余りに高速で対応できない可能性のほうが高い。)

各種報道でも、このあたりは気を付けて報じられています。
政治家の発信も「弾道弾の落下物」(ブースターなど)を迎撃するためという触れ方であったり「誤って日本に落ちてきた場合」と述べています。

下記の図は、朝日新聞の出典。

 

 

 

グアムまで「ちゃんと飛んだ場合」には、PAC3はどうしようもありません。
この図は、三次元的に描かれており、そういう意味でも正しい。

PAC3は、基本的に届きません。
仮にそれがグアムに着弾するコースであっても射高が絶対的に足りません。

 

そして、SM3が撃ち漏らす可能性は、あります。
日米共同ゆえ、成功率は高いと思いますが
「日本独自」で、SM3で迎撃することは、書き方は工夫しますが、
「確実に迎撃することは難しい」と述べたい。

 

仮に「着弾」した場合や、ブースターなどが落下してきた場合は
PAC3で迎撃する必要がでてきますが、守ることができるのは「下記のマーク」ぐらいの範囲です。

 

もう一回、見てください。
このマークの範囲ぐらいしか、守れません。
PAC3も数が足りないんです、圧倒的に。

 

 

あー、もうめんどくさいから、はっきり言っちゃう。

 

あんな高度で、あんな速さ、当たるわけないだろ。

 

物によっちゃ、時速2万キロで落下する、

 

秒速7~8kmの場合は、「30kmを4秒」で通過する。

 

PAC3の射高が30kmとしても、「2~3秒」しか迎撃可能なタイミングなんてない。

 

それが、そんなに都合よく当たるとは、思えない。

 

防衛の装備には、開発にも改修にも、

 

凄まじく予算がかかり、かつ時間も必要なんだ。

 

いま(能力が)「ない」ことは、わかって頂けたと思うが

 

明日、欲しいと言っても、手に入るものではない。

 

だから防衛予算の大幅な増額が必要なんだが

 

増額しても数年がかりで、じんわり増えるもので

 

今夜、筋トレしたからと言って、

 

明日、ムキムキになるわけではないように、

 

我が国の防衛力は、実は、ガタガタだと思います。

 

この状態で、自衛官が戦線に赴く可能性があることを

 

一人の政治家として、本当に申し訳なく思う。。

 

「腹を括る」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【図解】北朝鮮のミサイルは、確実には迎撃できない。着弾する可能性がある。【腹を括ったらシェア】 への45件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【図解】北朝鮮のミサイルは、確実には迎撃できない。着弾する可能性がある。 もうわかっていると思うが、北朝鮮のミサイルを「確実な迎撃」することはできない。PAC3の配備状況と射程を地図にて図解。恐らく貴方の住

  2. k のコメント:

    日本人1人が死んだ時は、在日2人を強制送還しましょう。
    日本人1人に在日1人では釣り合わない。

    日本人2人の死亡に対して在日1人の強制送還では話にならない。
    そういうレベルの話もしましょう。

    実際に日本人が死ねば、相手国に対して損害の債権が発生し、すぐに
    返済の遅延が発生して利子を付けて返してもらわなければなりません。

    在日、あなたの話ですよ。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、北朝鮮のミサイル情報ありがとうございます。すごく、詳細なご説明をいただき、本当に感謝です。

    きょうは、もう、コメントとかするのはやめておきます。
    ただ一言、もう、腹くくりました。

  4. ぶらふまん のコメント:

    お疲れ様です。
    小坪センセ、なんだか疲れてるみたいで心配です。
    実際、自分らあれやこれや要望やら要求してみたり、先生の意見に同調してみたり、
    たまに宿題が出たらやってみたりはするんだけど先生個人になんかしてあげられたり
    って事は全くないわけで好き勝手言ってるしかないんですよね。
    見返り望んでやってるんじゃないし、誇りもってやってらっしゃると
    常々うかがってはいますが、人間なんで。マシーンじゃないんで中々しんどいものが
    ありますよね。自分の仕事も技術系の苦情受付みたいな仕事なんですがたまにぷっつんと溜まったもの吐き出したくなったりします。
    ご多忙でしょうし、お立場もあるでしょうし、ストレスが溜まってもスカイラインを
    ブログには書けない速度で走らせたりは出来ないでしょうし、した事も無いとは思いますけど。
    人生チップで勝負してる人に気楽になんて口が裂けても言えないですが、上手いこと言えないですがご自愛ください。
    疲れてる時・忙しい時はネタ記事とかでも全然楽しんでみてますんで。
    白旗とか朝日の社旗のエントリーも自分好きっすよ!

  5. 鳥海山たろう のコメント:

    北朝鮮のノドンをターゲットとされるPAC3は日本と同様にドイツなどでも積極的に取り入れられていますが、PAC3を進化させたのが、下記のMEADS。

    中距離拡大防空システム
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E9%98%B2%E7%A9%BA%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

    計画は難航しましたが、ロッキードが粘り強く開発して、ドイツがPAC3の後継として購入を検討しているようです。

    ここで、極めて残念なのは、上記の開発計画に日本も参加を求められましたが、例の「武器輸出三原則」に反するとのため、計画への参加を見送りました。(ドイツやイタリアは参加しました。ただし途中でリタイア)

    それで日本独自に始めたのが「03式中距離地対空誘導弾(三菱重工)」ですが、自国を守るためのミサイル防衛システムの国際共同開発にさえ参加できないという異様な事態になっています。
    (今後は見直されていくのでしょうか。クソマスコミは「ドイツを見習え」というのを口ぐせにしていますが、都合悪いときは使いません)

    頭のおかしい左翼は「北朝鮮と対話しろ」の一点張りですが、誰もピョンヤンに行って命がけで説得しようとしません。そのくせ嫌がらせばかり行っています。

    そういえば、北朝鮮はどうして1994年あたりから狂ったように核開発やミサイル開発にのめりこんだか?

    私は朝日新聞の従軍慰安婦騒動が関係していると信じています。

    なぜなら、ちょうど1994年あたりから、日本の反日左翼が狂ったように北朝鮮をけしかけて「日本の左翼が北朝鮮に手を貸すから、韓国と手をむすんで日本をやっつけて欲しい」と訴えつづけていたピークだったからです。

    その風潮転換により北朝鮮は最先端技術や資金を堂々と日韓から取り入れることが可能になったと思っています。

    朝日新聞が従軍慰安婦騒動を起こす前は、「北朝鮮はテロの危険国家だから警戒せよ」という意識が生まれつつありましたが、それを慰安騒動により100%ぶっこわしました。その結果、韓国は北朝鮮ではなく日本を警戒するようになりました。

    反日左翼は「北朝鮮の拉致などがあるわけない。笑わせるな。そんなことをやって北朝鮮に何のメリットがあるのか。そんなことを考えるのは悪質な右翼だ」とデマを流して、日本人の警戒心を消滅させながら、狂ったような慰安婦パニック騒動を着々と準備していました。

    いまだに朝日新聞を能天気に読んでいる日本人がいることが信じられません。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    仮にPAC3の有効迎撃範囲にミサイルが落下して来て、仮にPAC3での迎撃に成功したとします。
    敵の放ったミサイルとPAC3の破片が、確実に落下して来ます。
    破片の飛散範囲は数十Km、重さは100kgを越えるものが含まれると想定されていた筈です。
    それでも着弾した場合よりは随分と被害はマシな筈ですが、先ず無傷とは行きません。
    おそらく、破片による死傷者が発生します。
    その意味から言えば、PAC3の守備範囲も安心は出来無いのが現実と言えるでしょう。

    更に迎撃時に弾頭の炸裂が起きた場合は放出されるエネルギーにもよりますが、衝撃波が猛スピードで襲って来る可能性があります。
    着弾した場合には、確実に高出力の衝撃波に襲われます。
    衝撃波によって破壊されたガラス片、コンクリート片、金属片が飛来する可能性もありますし、気圧の急激な変化により鼓膜が破れる等の被害も予想されます。
    因みに、軍事訓練経験者なら常識ですが手榴弾を投擲する場合ですら、鼓膜保護の為に炸裂時は口を開けて気圧の急激な変化に備えます。
    ミサイルの炸裂時なら尚の事、口を開けて耳や目を塞ぐなどして感覚器官の保護が必須です。
    亦た、衝撃波は空気中だけでは無く、地面や建造物を伝わって身体に影響を及ぼします。
    多くの方は対衝撃体制として地面や床に伏せる事は御存知でしょうが、高出力の衝撃波に備える場合には、衝撃波が腹腔内に伝わって内臓を破壊されない為に、腹部を直接地面や床には着けない様に配慮する必要があります。

    炸裂時の燃焼温度によっては、炸裂と共に空気の急激な膨張と炸裂によって発生する押し出す力によって、爆心から周辺に向かって衝撃波と爆風が広がりますが、爆心の温度が高温であればある程熱せられた空気が急激に上空に押し上げられる為、対流による吹返しが発生しますので、爆風をやり過ごしたからと言って直ぐに立ち上がると危険な場合があります。

    特に核爆発の場合は広範囲に衝撃波の前に熱線が襲って来ますので、ほぼ運次第でダメージを受けるか受けないかが決まると言って良いでしょう。
    因みに核爆発の被害として印象深いのは放射線によるものでしょうが、実は被害の約5%程で、主な破壊力は閃光(熱線)と衝撃波にあります。
    それでも核兵器から放出される放射線や放射性物質は脅威ではありますが、爆発から2周間程で約1,000分の1に線量が減衰すると想定されており、これが重度の放射線障害による生死の境になると言われています。
    つまり、核攻撃を受けた場合は密閉空間で2周間を過ごす必要がある計算になります。
     
     
    扨て、一番頼りにしたいSM3ブロックA1ですが、迎撃可能高度は高度70~500kmとされており、縦長の半楕円を描くロフテッド軌道の場合、迎撃のチャンスは原理的には上昇時と下降時の2回ですが、この高度の滞空時間がそれぞれ非常に短い上に、日本は法の縛りのせいで北朝鮮の領空を通過する上昇時は迎撃出来無い為に、現状は迎撃のチャンスは実質的に下降時の1回だけと言うアホな状況にあります。
    ムザムザと迎撃のチャンスを法で1回放棄してる訳です。

    半円または横長の半楕円を描く通常軌道の場合は、打上高度によって2回~1回で何れもロフテッド軌道の場合と比較すれば、高度70~500kmの滞空時間が長い為に迎撃率は高くなります。
    しかしこれも、法の縛りのせいで北朝鮮の領空を通過してからの迎撃ですので、迎撃可能時間も数分放棄すると言うアホな状況は変わりません。

    通常軌道と同様に半円または横長の半楕円を描くのですが、高度70kmに達するかどうかのディプレスト軌道の場合は、本文に記載がある様にSM3自体が無効なのです。
    つまり、PAC3のみ。
    これはブロックA2でも変わりません。
    しかも、ディプレスト軌道は最小エネルギー軌道から外れる軌道である為、推進エネルギー量を大きくしないと同じ位置に届か為、航行速度が非常に高いのも特徴で、これをPAC3のみで迎撃するのは非常に困難と言えるでしょう。

    結果から言えば、敵基地攻撃能力や侵攻能力を有していないと言うだけで、平和もヘッタクレも無いのです。
    と言うより「平和を放棄している」と言った方が正しいでしょう。

    ミサイル防衛のキモは、攻撃したらそれよりも恐ろしい報復が確実である事で「攻撃させない」ところにあります。
    これを法で規制すると言う事は、「平和を放棄している」している事と全く同義なのです。
    『戦争放棄≠平和』と言うのが、現実なのです。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      櫻盛居士様、いつも詳細な情報ありがとうございます

      >核兵器から放出される放射線や放射性物質は脅威ではありますが、
      >爆発から2周間程で約1,000分の1に線量が減衰すると想定されて
      >おり、これが重度の放射線障害による生死の境になると言われています。

      上記、桜盛居士様のご指摘のように、1/1000までは2週間ですが・・

      以下のpdfファイルをみつけましたので貼らせていただきます・・
      hだけ、はぶいてあります。検索の際は、hをつけてくださいませ。

      >ttp://dr-urashima.jp/pdf/2011314nuke.pdf
      一部、だけ引用させていただくと・・・

      >7の法則
      >• 爆発後の時間が7倍経過するごとに、線量率は1/10に減少する。
      >• 例1:爆発1時間後の線量率を基準とすると、爆発7時間では1/10、
      >さらに7 x 7 = 49 時間(約2日)で1/100,
      > 7 x 7 x 7 = 343 時間(約2週間)後には1/1000に減少する。

      上記の、ほぼ2日以内に1時間値の1%に減少する・・・というところに刮目しております。わたくしが、小坪先生の別記事で、3日間サバイバルのため、頑張ろう!と書きましたのは、3日間たてば、1/100以下になるというてんに注目しているのですが、いかがでしょうか?ちなみに、日赤病院で被爆した私の母親が祖父にみつけられて故郷に戻ったのも、3、4日後であったと記憶しております。

      2週間も密閉空間で待機というのは、ちと、つらすぎるような気持ちがするのであります。ま、1/1000まで減少するのを待機はベストであるとはおもいますが・・・

      駄文失礼しました。コメントは無視していただいて結構です。

      • 櫻盛居士 のコメント:

        理論上では核攻撃を受けた場合、時間の経過に任せるしかないのは共通の認識かと存じます。

        爆撃直後は爆風によって、放射性物質を多分に含む塵(死の灰)が空中に舞っている為、これが概ね地表に落下しきるまで約1時間と想定されている様です。
        この1時間をやり過ごして地下避難所に避難すれば、被災者の約70%程が救済されるとも想定されています。

        ただ広島の例ですと、爆心地より北西2.5kmに位置する三滝周辺を中心に北東部、南西部に至る迄広範囲に爆撃後に黒い雨が降ったとの証言があります。
        降り始めは、爆撃後約20分~1時間程で降雨時間は長い所で約2時間程だった様ですね。
        因みにこの黒い雨は、その後の各国による地上核実験でも観測されています。
        この黒い雨は死の灰を多分に含有している為、触れると非常に危険なのですが、空気中の死の灰を効率的に洗い流す一面もある為、避難の際には天候にも配慮した方が良いと言えるでしょう。
        併せて、地下避難所の排水も考慮が必要でしょう。(爆撃直後は電力供給が途絶しているでしょうから、排水ポンプが機能しない事が推測されます。)

        降雨は無くとも風向き、火災の範囲や火の強さ、気温等も条件を変えてしまう事でしょう。

        尤も、これは飽くまでも理論上の話でケース・バイ・ケースでしょうから、個人で核シェルターでも保有していない限り、理想的な避難・待機は不可能でしょう。

        亦た、放射線による被害はかなり個人差もある様です。
        今から約30年程昔の話ですが、故郷の長崎に戻る途中で広島に1泊したら原爆でふっ飛ばされつつも致命傷に至らなかった為、急いで長崎に戻ったらそこでも原爆でふっ飛ばされたと言う御仁がピンピンしておりました。
        罹災地点は聞かなかったので存じ上げませんが、二度共に爆風で身体が宙に舞ったとおっしゃっておられたので、相当高濃度の放射性物質を浴びているでしょうし、それらを体内に取り込んでしまった事も推測出来ます。

        更に広島原爆の爆心地より南東約1.5km地点で被爆された方のお話も伺った事がありますが、この方もお元気でした。
        この方は、爆撃直後に救援活動に従事されたとの事でしたので、かなり市内中を行き来した事でしょう。

        こう言った例がある一方で、遠方から救援に来て入市被曝し現地で亡くなられた方や、その後後遺症を患った方もいらっしゃいます。

        勿論、体内被曝を防ぐための防備をするか否か等の条件もあるのでしょうが、やはり個体差は否定出来ない部分だと考えます。

  7. 名無しの日本人 のコメント:

    現実逃避する人が多い中、事実を率直に教えて貰えてありがたく思います
    好き放題に撃てる相手に対して守りに徹するのは到底無理です
    被弾覚悟で敵基地を叩かないと、この状況を打開する事は出来ないと思います

  8. あき のコメント:

    核武装は必須、早くして欲しい。 9条何てさっさと破棄して貰いたい。  本当に情けない、自分の国を守るこんな当たり前の事が出来ないなんて。  在日朝鮮人もだけど支那人も馬鹿みたいに入国させてるし、この連中や一部外国人には税金垂れ流し、国防に使え!と思うわ。  今本当に色々な問題が噴出して、野党は論外、自民党も連れてくるのもタレント崩れや屑ばっか、議員減らせばいいのに!地方も外国人が多数入り込んでるし、どうにかしないと恐ろしい!  
    きちんとした保守政党が絶対に必要、日本第一党を支持する。 

  9. じゅげむ のコメント:

    要は、先生のおっしゃりたいことは、「覚悟せよ」ということに尽きるわけですね。
    我が国のどこかに着弾して、国民の誰かが(数は未定)死ぬか負傷する可能性がある、その事を覚悟せよという事なのですね。

    ハイ、本文に図示していただいて、さらにその危機に直面している事を実感いたしました。
    さらに痛感したことは、戦後随一といわれるほどの外交力とリーダーシップを併せ持つ安倍総理にして、やっとこの程度のことが用意できたということでしょう。

    では、我々国民はどうすれば良いのか?
    「国民保護ポータルサイト」にその指針が示されてあります。
    先ず、これをすみやかに熟読吟味する必要があります。
    小坪先生が毎回注意喚起してくれている、J-ALERTが鳴ったら何をなすべきか?どういうことに留意すれば良いか?が端的に示されています。

    さて、以下は私の妄想であります。
    北の黒電話が何を企んでいるのか?
    ズバリ「統一朝鮮」の樹立です。
    彼の計画はこうです。
    先ず、持てる中・長距離ミサイルのほぼ全てを日本とアメリカ領内に向けて発射、日本国内の同志にゲリラを蜂起させて大混乱を起こさしめる。
    同時に38度線に展開している彼らの持つ短距離ミサイル及び野戦砲が全弾ソウルめがけて火を噴く。
    且つ、中国の国境沿いに展開している人民解放軍が義勇軍と名を変えて、北朝鮮の軍とともにソウルに進撃し制圧する。
    その後に黒電話が、世界に向けて統一朝鮮(内実は中共の傀儡国家)の樹立を宣言。

    と、こういうシナリオです。
    では、日本やアメリカに何ができるのか?
    できることなどないのです、間に合わないから。
    国境からわずか4,50キロの所に、大統領府以下2千万人ともいわれる人々がそこに集中して居住しています。
    そこをめがけて、 攻撃されたら瞬時にして韓国壊滅です。
    その時、韓国政府や韓国軍は何をしてくれるのか?
    真っ先に一目散に逃げ出します。
    リーダーが一番先に逃げ出すという「先逃」という文化の国、実例は既にたくさんありますよね。
    3万人ともいわれる在韓同朋、5万人とも報道されている在韓米人の運命やいかん。
    現在、在韓米軍が救出できるのは、日米の大使館・領事館の家族及び米軍の家族のみ、一般人まで救出するための規模も時間もないのです。
    結果、見殺しにするしかない。
    その時、トランプは空爆を命じるでしょう。
    でも、どれだけ爆弾を落とそうが、報復措置にしかならないと思います。
    それこそ想像したくない悪夢ですが、かの「通州事件」の目撃者が裸足で逃げ出すほどの地獄絵図さえ現出しかねません。

    重ねて、韓国在住の同胞たちに呼びかけたい。
    可及的速やかに避難されたい。
    日本に帰国していただきたい。

    この私の妄想が杞憂に終わる事を切に願います。

    長文、申し訳ありませんでした。

  10. 波那 のコメント:

    そうなんですよね。昨日、PAC3 の射程距離見ていて、あ~射程距離短いと思って…やっぱりそうですか。レールガンなんて先のまた先。夢のまた夢だし…。

    上の方も書いてらっしゃいますが、とりあえず外国人にお金使うのやめてもらえませんか。元気でピンピンしてるのに朝から晩までネットに張り付いて日本と日本人を罵倒してるだけの異民族に生活保護とか、いっぱい居ますよ。安い掛け金で高度な医療を受けさせてやるとか。堂々と反日偏向報道するお気楽NHK に何千億円の税金垂れ流してやるとか、納得できないことばかり。

    最も必要なのは日本と日本人の命を守ることに日本人の税金を使うことではないですか?議員の先生方。

  11. cat のコメント:

    迎撃なんて絵空事

    というのは、何度もここで聞いて理解しています

    だからすべきことは、報復ミサイルを持つこと

    しかないのでは?

  12. tuzuraori のコメント:

    敵地攻撃能力を配備すべき。

  13. 読点 のコメント:

    確認ですが在日・来日朝鮮族のみなさまは、この時期、自由意志で日本に留まっているのですよね?

    日本国内で、仮に北朝鮮のミサイルを原因とするパニック暴動が発生し南北朝鮮人被害者がでる事態にいたったとしても「自己責任」だとご理解ください。目の前の朝鮮人が南北どちらの国籍か判断するのはガイジンの日本人には至難の業だし、今までのいきさつを水に流したとしても1時間に満たない手続きと50円(現在62円)のハガキ一枚で北から南に変更可能な国籍を信用しろと言われてもムリでしょう。しかも、一度脱北しながら「韓国は生き地獄。やっぱり北の方が良かった」と帰る方までいるとあっては。

    私は暴行に参加する気はありませんが(「正当防衛」ですらなるべくしたくないので、そもそも朝鮮人から被害を受ける可能性が低くなるよう条件を整えている)、「朝鮮人だから」と暴行に会っている方を進んで助けるリスクを冒す気もありません。私は日本人もたいして信用していない。関東大震災時には混乱に乗じて違法行為を働く朝鮮人に怒りと恐怖を感じた日本人によって、朝鮮人だと誤解された(?)日本人が殺された例があります。意思疎通が可能な理性的な順法精神のある日本人など、実はほとんどいやしない。パニック状況下にてうっかり誤解を招きかねない行動をとろうものなら、日本人であろうとも何をされるか分からない。

    「強制連行」から、何十年も経過しました。その間、朝鮮人のみなさまには移動の自由が保障されていました。拉致被害者と異なり、「日本にいざるをえない」理由などなかった。まして「強制連行」がありもしない言いがかりだったどころか、そう主張していた者のほとんどが実は密入国者という犯罪者やその子孫だったことがバレた現在、「日本滞在」は自己責任が問われる選択だと自覚していただきたい。「朝鮮人だから」、ではない。日本人でも、政情不安な国や紛争地帯、日本人に特段の恨みを持つ国に好んで出かけ被害にあったと主張する者があれば、私は彼らの自己責任を問いますので。

    • 読点 のコメント:

      いずれ、東日本大震災の時に日本国外へ脱出あるいは帰国した外国人の方は日本にいない方が、お互いのためかと。

      日本人は万能神でも聖人君子でもない。

  14. MOSU5 のコメント:

    今回の件は、アメリカの敵地攻撃と特殊部隊の受話器頭狙撃作戦などに、すべてアメリカに頼るしかない状況ですが、
    一方で、日本もようやく国会で軍備の検証と増強、集団的自衛権の行使の範囲、敵地攻撃などの実践的な国防議論や、憲法改正の議論が始まるのではないでしょうか。

    臨時国会はもう少し早めるくらいのことはやって頂きたいと思います。韓国への渡航や滞在に関する議論、朝鮮半島有事における拉致被害者救出など、課題は山積していると思いますので。

    • 月光仮面 のコメント:

      まったく 同感です 一刻も猶予は無い 予算がないなど
      言ってはいられない 死ぬのは日本人です そうそう
      今 韓国に居る日本人ってどうするんだろう 会社の
      命令で行かせて会社は責任取るのかなーーー こんな事が
      おきるか知らなかったで済ませるのかな 国民の
      生命と財産を守るってどこかで見たような気がしてたけど
      気のせいかもね それにしても いつの時代も日本は
      こんなところ弱いよね 

      • MOSU5 のコメント:

        北朝鮮や韓国に居る拉致被害者や在韓邦人を救出するのに、それぞれ金正恩や文大統領の許可が必要、などという現実的でない議論が国会でまかり通っていることに驚きます。

        拉致被害者救出に関しては日米(韓?)で、また在韓邦人救出に関しては日韓か日米韓で、自衛隊がスムーズに入国出来る仕組みを構築しておくといったことも喫緊の課題だと思います。

  15. 月光仮面 のコメント:

    やっと見せてくれるサイトが出たような気がしています
    まったく知らない事でしたが 予想はしていました
    日本の装備はカタログだと思っています そして 一つでも無くせば
    戦闘に穴が開く ようは予備が無いと思っています
    考えてみてください 総勢で20万人ちょっとですよ
    この数って おそらく 前線で戦う人でも足りない 絶対に
    足りないと思っています 一人の兵隊が小銃を何分間打つ
    弾を持って行くと思いますか 戦争開始20分後 弾が無い
    弾をくれって叫ぶけど おそらく日本の自衛隊には
    後方部隊が居ない 弾を運べない 飯を運べない
    負傷者を運べない おいら そう思っています 大東亜戦争
    の再現ですね だって 戦闘機今はどうだか判らないけど
    たぶん今も ファントムが飛んでいるんですよ パック3は
    基地を守る 機関砲だと思った方が良いと思います
    だから 2段階の防御はマッタクの嘘
    でも この状態にしたのは オバマ そして 自衛隊の
    装備の穴を作ったのは歴代政治家 左翼 ですね
    そして このまま行けば 第二の広島長崎が おきるって
    こと そして これは日本の核ではない事は知っておくべき
    だと 思います ここまでにしたのは 反戦運動では
    ないだろうか 日本に戦争はだめだと言い 外国には
    何も言わない 核は持ってはだめだと言い 外国の
    核はきれいだと言う それに 推されて何もしなかった
    過去の政府 どちらかもちえば今もそうだと思う すごく弱い

    皆さん この記事を機会に考えるべきです 死ぬのは日本人
    です それを 止めるのも日本人のはず もう時間は無い

    最後に 兵士ですが 布っきれの服で戦場に行かせるのは
    止めませんか 防弾チョッキは切るけどね 手はでる足はでる
    顔も出る 弾がかすめただけでその人戦えない せめて
    出てるところはチタンなどで防御するべきではないでしょうか
    顔を含めて  これくらいして初めて日本を守る努力をしてると
    言ってほしい これは 政治家への弁です 正しいかどうか
    判らないけど 装備を自前で持っていく人が居ると聞いた
    暗視ゴーグルだったか無いってネットで見たような気がしています

    カタログにはあるんですけどね それもないのか 
    そうそう輸送するのにフェリーを使うって言ってたけど
    後方部隊が無いんですね 素人ですが悲しいですよ 

    • 月光仮面 のコメント:

      何故 後方部隊 の話をするかと言えば 戦争は前ばかりで起きないって
      亡き親父が言っていたんです 自分たち前線構成員は若い その後方は
      年老いた兵隊だったそうです 後方が攻められたと言う事で すぐに
      助けに行ったそうですが 全員戦死してたそうです すぐに助けに行かないと
      挟み撃ちにあうそうです ここなんです 後方部隊のいない日本は
      ゲリラの後ろからの攻撃にさらされます 前線が維持できない 後方攪乱
      されて 日本は戦闘が出来ないのだと思います ここにまったく目を
      向けていない アメリカは 州兵が居るんですよ そうそう
      維新に質問 地方で行政を任せろって言っているんですよね
      それって 州兵をもつ気持ちはオアリデスカ

      • 月光仮面 のコメント:

        もう一つ言わせて下さい 離島から住民がフェリーで
        本土に逃げて来たとき 護衛はどうしますか 
        潜水艦が護衛についたとしたとき 日本に潜水艦の
        余裕ってありましたっけ 大東亜戦争の再現ですね
        学童が乗っていたフェリーが敵潜水艦から撃沈
        させられた って 朝日が書かないか あは朝日は
        隠すかもね でも これって 起きますよ
        まったく考えていない 日本の政府 アメリカが
        居るからーーーーですか もう少しでアメリカに
        助けてもらう時期が来ますね 

        • 月光仮面 のコメント:

          すみません 戦争がおきます必ず起きます
          だから 言わせて下さい 日本中の皆様
          戦争はしてはいけません だから 左翼の方たちが
          日本に戦争はだめだと言います 言われなくても
          日本から戦争をすると思っている人は
          まったくいないと思います でも 日本に
          戦争を仕掛けて来ています チャイナは
          尖閣沖縄は自分の領土だと言っています
          韓国は竹島を占領していますそして いろんな
          像で日本の財産を奪おうとしています
          これが 戦いの戦争になりかねません

          ここです 日本はこのまま行けば 戦線が
          作れないから 本土決戦になります 良いですか
          大東亜戦争でやっとの思いで 本土決戦をしなくて
          良かった日本ですが 今度は 起きます
          本土決戦がおきます 何だか悲しいですね
          日本の政治すべてが悲しい 

    • 櫻盛居士 のコメント:

      災害派遣の際、真っ先に救助にあたるのが概ね戦闘部隊。
      避難所設営、復旧処置にあたるのが概ね後方支援部隊です。
      災害発生から時間が経過すると、混成体制に移行し被災者支援重視の展開となる傾向があります。

      因みに正規軍編成の常識では、概ね兵員の3分の2が後方支援部隊、残り3分の1が戦闘部隊の割合で組織されます。
      戦闘部隊しかない軍など在りえません。

      海上封鎖によって補給ラインが絶たれた大東亜戦争時の戦況をイメージしても、余り参考にはなりません。

      • ピーナツ県民 のコメント:

        以前読点さんも書いておられましたけど櫻盛居士さんって何者!?

        と思いつつ、その知識量の豊富さにいつも勉強させてもらっています。
        元自衛隊の方でしょうか?という気が少ししますが。
        正体を暴きたい訳ではないので、返信不要です。

        • 櫻盛居士 のコメント:

          単なる偏屈爺で御座いますよ。
          あまり人付合いの上手い方ではありませんが、現役自衛官、自衛官OB、現役警察官、警察OBと言った方とのお話出来る機会がありましたので、少々コアな話題をお聞きした事がある位です。

          因みに保守系のイベント等で懇親会が開かれる場合は、結構そう言う機関の経験者が参加されている事が多いので、お話を聞ける機会を効率的に得られます。
          小生的には、お薦めです。

  16. POLLUTANT のコメント:

    この事って知ってる奴は「北朝鮮の核が〜」と騒がれ出した頃から知ってましたが、一般的には「迎撃システムがあるから大丈夫」みたいな言説が信じられてましたね。その為の防衛の膨大な予算で、戦前のはんせいで科学者が軍事に関係する事がタブー視されてた国なので、防衛能力が実は低い事が周知されるのはいい事ですね←こんな事実がいい事とは情けない限りですが・・・。

  17. たっど のコメント:

    日本人は1億2千7百万人弱居ます。
    ガセ臭い最新情報によれば、北は小型化された核を60発持っているそうです。
    ある日北が60発全部、先生のおっしゃる「ナンチャラ軌道」で、日本の住宅地に打ち込んできて、日本のミサイル防衛はすべて空振りだったとします。
    1発あたり10万人として、6百万人死に、1億2千1百万人の、怒れる日本人が残ります。米軍と自衛隊の基地も残ります。
    北に残るのは、朝鮮戦争時代の飛行機と戦車と、おびただしい数の銃砲ですが、食料と燃料はありません。ほぼ丸腰の後進国です。
    60発のうち何発かは、狙いを外して米軍基地を直撃するかもしれませんし、アメリカ人は日本中に居て巻き添えになります。
    米軍が報復核攻撃すれば、生き残るのは「穴の中の金正恩一家」と、石器時代の朝鮮人だけです。
    北がそんなことをするかということですが、バカだからやると思います。ただし、バカばかりだからやり損って自滅するでしょう。

  18. テロ指定共産党 のコメント:

    日本が守るのは、軍事基地と都心部だけだよ。

    後は、国民の自己責任だ。
    それを望んでいたわけだからね。

    今更慌てても間に合わないから、神に祈ることかね。

    自業自得だけどね。
    .

  19. 鳥海山たろう のコメント:

    あと、北朝鮮のミサイル問題に便乗して、在日朝鮮人への異様な憎しみを煽るのは「エセ右翼」か「左翼系工作員」か「頭のおかしい愉快犯」等なので、くれぐれもご注意ください。

    やれ「朝鮮総連を見張れ。北ミサイルが発射した日は遅くまで電灯がついていたぞ」とか。一種のキチガイです。

    もし非常時において日本人が在日朝鮮人に襲い掛かったときに、警官や自衛官が射殺するのは、在日ではなく、犯罪者となった日本人のほうです。

    非常時に警官や自衛官の仕事を増やしてどうするのですか。

    また「在日を監視して、なにかあったら通報しろ」とド素人をそそのかす。
    警察にどうでもよい雑魚情報が殺到して、本当に重要な情報が埋もれてしまいます。

    公安や警察に余計な仕事をさせて治安機構を消耗させるつもりかもしれません。

    朝鮮人を罵倒すると刺激を好む読者からの食いつきがよいので、一種の麻薬にもなっているのでしょう。

    以前にはざっと読みとばしていた「博士のひとり言」を改めてじっくり読んでみましたが、これはエセ右翼です。
    「国体の護持と弥栄を!」などと書いて、だまされる人が多かったのだと思います。

    まったく反日の根源である左翼の本質や共産主義者の本質にせまっていません。

    そのかわりに、朝鮮人の犯罪が起こると実にマメに紹介して、朝鮮人全般は犯罪者であるように思わせる印象操作ばかりやっています。
    またメディアの中枢に朝鮮人がいるように見せかけて根拠を示さずにデマを流しています。

    なぜ左翼はなかなか衰退しないのか、これほどしぶといのか。
    というと、こういう紛らわしいエセ右翼が現れて人心を混乱させているからだと思います。

    ちゃんとした社会人は内心では、そういうブログを読みながら「やり過ぎ」とか極論でないかと見てながら、おそらく「純真な気持ちでやっているのだろう」という同情心や、村八分になることをおそれてか真正面から抗議しなかったのだと思います。

    またエセ右翼が朝鮮人を異常に敵視するので、狡猾な左翼が朝鮮人を表にだしてきてカムフラージュしている面も大きいと考えます。一種のオトリです。
    なぜなら昔は過激派のプラカードにハングル語など見かけたことなかったですが、最近は意図的にハングルを混ぜています。

    もちろん警戒は必要です。たとえば、なぜ中国のメディアは日本をほめちぎるようになったか? 
    これは「中国人に日本は希望の国だと思わせて(チベットのように)大勢の中国人を日本に殺到させてシロアリのように日本を乗っ取るつもりではないか」と疑うのは正当な警戒心だと思います。特殊な国家ですから。

    でも正当な警戒と非理性的な攻撃は全然違うことです。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      軍艦島のような反日映画がヒットする韓国のテレビドラマをなぜ嬉しそうにして日本人が見ているのか。
      それも疑問です。
      こういう能天気の日本人を説得することも必要と思いますが、ただ嫌悪感をぶちまけて説得するのは難しいと思います。

    • ピーナツ県民 のコメント:

      長期旅行者さん、今のうちに南か北か知らないけど母国へ帰ったら?

  20. 旧新人類 のコメント:

    先日、このところの米朝間の緊張につき、お花畑の友人にもう少し危機感を持ってもらおうと「私もJ-アラートが鳴ったら、すぐに避難できるようリュックを常備しているよー」とかソフトに注意喚起したら、その反応が「(ブタの)挑発に乗るトランプがわるい、(トランプの)ばか。」というものでした。もう完全に正常性バイアスのマトリックスに取り込まれております。まさしく、小坪先生がいうように、ブタの挑発に慣れが生じています。この友人は犬HKばかり見ている人なんで、巧妙な印象操作で顔を歪めてわめいているトランプ(=極右)のイメージが刷り込まれているのかも知れませんが、トランプの悪口をいうのが良識派、みたいな思い込みはどこから生じるのでしょうか?そんなことより、もっと足元を見るべきなのですが。そもそも、いつ核ミサイルぶっ放すかわからない狂気の独裁者がすぐ近隣にいることの方が怖ろしいとは思わないのだろうか?半島から米軍に出て行ってほしいのなら他にも方法があるだろうに、米本土攻撃を目指した核開発に邁進し、ミサイルを飛ばしまくって威嚇するような頭のおかしい独裁者は世界中の迷惑であり、民主主義国家の選挙で民意により選ばれた大統領のトランプよりもはるかに危険です。どうしてそう思わないのか不思議でなりません。話は変わりますが、投資をされている方々は、ぜひ防衛・セキュリティー関連銘柄に投資をお願いします。戦時体制になったら不必要な商品のメーカー(特に反日偏向捏造番組のスポンサー)はがんがん淘汰されるかも知れませんが、仕方ありません。国民もこれから何に優先的にお金を使うか、そういうところからサバイバルが始まるのです。これは消費者の選択の自由ですからね。

  21. 東京都56歳 のコメント:

    lofted軌道のミサイルは、
    日本列島を超えずに、
    ICBMの存在を実証するための策、
    アメリカに対するアピールでしょう。

    近場にある日本を攻撃するとしたら、
    わざわざ、貴重な虎の子を使わなくとも、
    もっと安くて、手軽で、有り余ってる、
    ノドンとかスカッドとかで十分で、
    着弾までの時間も短いでしょうし、
    飽和攻撃も容易な気がします。

    万が一、それに失敗したら、
    その時に、仕方なく使う、
    その可能性はあるかも知れませんが・・・

    いずれにしても、
    北朝鮮が本気でミサイルを仕掛けたら、
    日本列島が無傷で済むことは、
    奇跡でも起こらない限り、
    ありえないでしょう。

    さて・・・
    明後日の8/15というのは、
    我が国にとって特別な日ですが、
    朝鮮半島にとっても、
    別の視点での特別な意味がありそうで、
    「お盆休み」という状況も含めて、
    なんだか、いやな感じがします。

    毎年恒例の「報道陣、靖国大集合」。
    「公的ですか?公人ですか?」
    なんて、
    お約束の「間抜けな質問」をしてるところに、
    あの「気持ち悪いアラート」が聞こえたとき、
    左翼メディアは、何を思うのでしょう?
    それでも、
    安倍政権つぶし工作を続けるのでしょうか?

    ちょいと、見てみたい光景でもありますが、
    できれば、あのアラートは聞きたくない。

    「専守防衛」ではなく、
    先制攻撃も含む「先守防衛」について、
    本気で検討することが必要なのでしょうが、
    今から議論するようじゃ、
    到底、間に合いませんよね。

    「腹を括る」しかないんでしょう。

  22. 元文科省事務官 のコメント:

    本当に確実な防衛とは撃たせることを思い止まらせる位の敵地攻撃能力の所持でしょうね。
    小野寺大臣は敵地攻撃能力所持に前向きみたいだけど国会通るかね?アメリカさん色々売ってくれれば経済対策になるのに、トランプ大統領お願いします。

  23. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    誰だって戦争は嫌ですが、万が一着弾して生き残って避難したとして、避難先にこんな話し合い中毒の連中ばかりいたら、まともに生きる為の協力関係を築ける気がしません…。
    自分含めて、有事の際に精神崩壊して勝手に死ぬならいいんですが、周りに迷惑かけないといいのですが…

    【毎日新聞】PAC3配備に不安や疑問の声 被爆者団体の理事長「政府は国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えて」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51872310
    16: (´・ω・`)(`ハ´ 
    意味不明すぎる
    北朝鮮はアメリカ相手にチキンレースしてるだけだろ
    日本としては備えるだけしか手段が無い

    【毎日新聞】高知市の会社員(61)「PAC3を配備したら北朝鮮に狙われるのでは。落ちたらおしまいで怖いけど、防ぐため戦争になるのは嫌」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51874293
    62: 名無しさん@涙目です。(
    PAC3を配備したら狙われるとい思考からもう理解不能

  24. ココ のコメント:

    お疲れさまです。
    北朝鮮は同時刻に、または多少の時間差でグアムと別方向に撃って出る事はないのでしょうか?どうすれば良かったかの振り返りが不足な事と、この期に及んで国民に注意喚起する気配もないのは、騒ぐ程のものがない、または他に何か理由があるのかと思ったりしますがどうなんでしょうか?
    先日官邸メールに、伝聞で少しと、YouTubeで見た、ニュースでは知れなかった東日本大震災で起こった出来事が、ミサイルで騒然とする時に繰り返されないよう、公報してくださいと入れました。そして都内に地下鉄を造る時はシェルターを考慮してくださいと付け加えました。世界でただ一国、2度の被爆を味あわなければならなかった国が、シェルターで国民を守るという発想すらなかったからです。
    今年、国会がグダグダで、今もなお官房長官に日本人とは思えない人が、触れたら汚れる、聞いたら不快度マックスの気持ち悪い金切り声で貼り付いてる訳ですが、日本人の欠点がよく解る会見です。喋らせる他の記者も情けないですが、政府は支持率が国難よりお大事か?と改めて問いたいところです。
    私が関係者なら、蛭のような虫は絶対に入れません。そしてどんなにメディアに叩かれようと、今大事なのは国と国民を守る事だと言い切ります。
    被災者の中には避難所に行かず、真っ暗な中で夜を過ごした方々がいらしたそうですが、暗くなるのを待ってトラックで乗り付け、瓦礫の中から、半壊した家の中から、遺体からも盗みを働く人でなしが居たそうです。怖くて音が出ないようにしているよりなかったそうです。国は弱みに付け入る泥棒をのさばらせない対策を取ると伝えなければならないと思います。被害にあっても押し黙っている日本人のままだから、亡くなった方から指輪を盗り、指が欠損していた等のあり得ない事をさせてしまうのです。国はダメージを受けた国民に、いったいどれだけ辛い思いをさせれば毅然とした姿勢を取れるようになるのか。戦争に負けたのは遥か前ではありませんか?何時まで引きずって行くのか?
    今大事なのは、ミサイルに対抗する術を持ち合わせてないという事を自覚して、どこまでも舐めてくる敵を黙らせる武器を持つ事ではありませんか?
    先に国内の不遜分子をおさえずに、何が出来るのかと腹立たしい気持ちです。もう綺麗事は不要なんです。
    メディアパーク化して劣化するばかりの機関は何の利益にもなりません。ミサイルより怖い害悪機関は法に則って潰せば?と苛立ちます。災害には立ち向かうつくりの日本人です。しかし裏切りを働く者は許しません。遺憾砲では国民を守れません。
    日本は潜入している反日国の異端分子を念頭に、72年も放置して来ざるを得なかった憲法改正こそを、国民に丁寧に説明してクリアしなければならないと思います。小坪議員の私達国民を心配してくださるお気持ちを理解した上で、分岐点に立つ感想を入れさせて頂きました。失礼がありましたらお許しください。

  25. Tanaka のコメント:

    基礎研究に備蓄に訓練。
    自衛隊で足りてるのは、辛うじて訓練のみかと思われます。

    たまに撃つ、弾がないのが玉に瑕

    なんて言葉もあるようですし。
    迎撃能力不足なのは当然の状況でしょう。
    迎撃以前に、探知能力は足りているのか、
    また探知から迎撃までの実際の時間は?
    一々、首相の判断を仰ぐ時間はないでしょうし。

  26. 通りすかり系 のコメント:

    すでに遅きに失しているが、ハリネズミ防衛論を排し、専守防衛をやめ、その為に憲法を改正すべきだ。

  27. ピンバック: 【図解】北朝鮮のミサイルの性能、我が国の迎撃能力の比較【現実を直視するためにシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  28. araigumanooyaji のコメント:

    “今夜、筋トレしたからと言って、 明日、ムキムキになるわけではないように、 我が国の防衛力は、実は、ガタガタだと思います。 この状態で、自衛官が戦線に赴く可能性があることを 一人の政治家として、本当に申し

  29. ピンバック: 【教科書に載ってないポツダム宣言・邦訳】終戦の日は、祈りを捧げる日。先人たちに感謝を。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  30. トット農園 のコメント:

    > もう一回、見てください。
    > このマークの範囲ぐらいしか、守れません。
    > PAC3も数が足りないんです、圧倒的に。

    PAC3は上昇高度15キロメートル程度、対弾道弾射程20キロメートル程度とされています(←ウィキペディア、防衛省は対弾道弾射程は数十キロメートルであるとする)。迎撃高度が高くなると、その分だけ水平航続距離が短くなってしまいます。楽観的に見積もるとして、半径数十キロメートルの円内しか防衛できないでしょう。

    島根、広島、愛媛、高知の各防衛地点から、半径数十キロメートルを超えた領域はPAC3で防衛されません。4つの県内でもPAC3が届かない地域があるでしょう。愛媛県と高知県の配備地が近いので、愛媛県西部や高知県西南部などは防衛空白地帯になりそうです。万遍なく防衛するためには、空白地帯を埋めるように多数のPAC3を配備することになりそうですが、予算は大丈夫でしょうか?

  31. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市 市会議員 小坪しんや様
     THAAD8セットの導入をすべきでは?
     アメリカが韓国やグアムにTHAADを配備した事、THAADを設置した韓国へのシナ
     の嫌がらせをみても、かなり有効なのではないでしょうか?
     THAAD8セットで、150基の東風21号をほとんど迎撃できるそうです。(下記
     を参照ください)
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/07/04/223220

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です