入院日記?退院、前夜。なんだかんだで名残惜しい。


 

 

明日、退院します。
日付けが変わっているので、今日と言えば今日ですが。
病室から書くエントリは、これが最後。

今夜が最後の病院の夜。
明日の昼には退院です。

こうして思うと感慨深い。
3日が入院、4日が手術。
予告通り、二週間の入院生活。
長かったような短かったような。

途中、書こうと思ったこと、たくさんあります。
エフセキュアの件、他の件、多々対応が必要となったため
どうしても書くことができませんでした。

ただ、それらのエピソードは、なんとなく私の財産になったように思います。
それは看護婦さんたちの後姿であったり、なんだろう、生き方であったり。
やっぱり入院日記を書いておけば良かったかな、と今更の後悔をしてみたり。

今日は、保守とは関係ない日記になると思います。
日常の一コマを切り取ったものに過ぎません。
だけれども、とても政治の話なのかも知れません。

 

関連
入院日記?注文の多い料理店との相関について
入院日記?ホワイトデビル事件と集団的自衛権
入院日記?点滴なう、棒はなかなか具合がいい。
入院日記?発熱、手術直後の話。(まとめサイトから来た方へ)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

退院前夜

最初、本当は嫌だったのが、この腕輪。
囚人でもあるまいし、と思ってみたり。
脱走したがりの私にはお似合いだと思ってみたり。

 

12268450_941124305958454_76446561_o

 

ちょっと詩的なのかもしれませんが、
この嫌な物が、私と病院を繋ぐものでもありました。
朝には、これが切られるかと思うと、どことなく複雑な思いもいたします。

 

書き方で誤解を与えそうなので注釈を加えておきます。
このバンドは、極めてよくできたもので、現在の技術ではこれ以上のものではできないでしょう。
技術的にはなんでもありでありますが、コスト面との折り合いも考えて、普及できるのはこれです。

(余談になるため、折り畳んでおきます。)

クリックして下さい!
材質は、ゴムで、少しですが伸びるため痛み・スレはありません。
重量も極めて軽く、体感させる重さはありません。
体力が低下した方にも負担にはならないでしょう。
かつ、簡単にはとれません。

 

バーコードのみならず、名前・フリガナ・IDが印字されています。
大型の病院、各種の検査などで部門をまたぐ際、これが電子カルテ等と連動するのでしょう。
極めて効率的なシステムで、混同事故・ミスを防ぐ効果が相当に高いと期待できます。
また、万が一、行方不明、徘徊などが出た場合の捜索にも期待できます。

・・・福祉行政の目線から見るに、極めて良くできたシステムだと思います。

 

 

 

天使と、ホワイトデビル
この名を流行らせてしまったなぁ、と。
よかったのか、悪かったのか。
入院日記?ホワイトデビル事件と集団的自衛権

恨みはありません、ただ怖かったのです。
怖かった、本気で。

彼女たちのみは、場合によっては刃物(メス)を持っている。
私は拘束され、しかもガスで全身麻酔だ。怖くないわけがない。
やられたい放題で、軍備をもたぬ国と同じ。
主権を喪失している。

普段も、一方的に注射はしてくるし、点滴してきたり、と。
もう傍若無人である。(申し訳ない。怖いので本気で思っている。)
にも関わらず、私が反撃してはいかんという。

憲法九条にも問題はあると思うが、あれでさえ「撃たれたら、撃っていい」のだ。
なのに、(注射を)打たれても反撃が許されない。
納得がいかなかった。
(大人なので我慢した。)

 

採血を嫌がっていた私に、ある方が言いました。
周りを見てごらん、白衣の天使がたくさんだ、と。
私は言いました。
下を向いているので地面しか見えません。
いるから!いるから!顔をあげなさい!
嫌だ、見ない、こわい、
俺の生き血(採血)を狙うホワイトデビルしかおらんもんっ!

これがホワイトデビルの語源である。

 

いまは、少し違った目で見ている。
語るまでもないことなんだけど、大変だなぁ、って。

やっぱ女の人なわけで、かといって、そういう目では見れないのだけど。(怖いから。)
言うなれば、ド―ベルマンから強そうな柴犬程度には、私の心象は変わった。
でも怖いが。

 

私は、妙なところで強情だ。
術後、直後のこと、最初のトイレまでは看護婦が付き添うらしい。
余計なお世話だと思った。

立ち上がるのもきつかったが、
全身麻酔から覚めて、自力でトイレまで行った。
本当は、肩ぐらい貸してもらうべきタイミングだったのだけど、
わかってはいたが、自分で立ちたかった。
(この感覚は、福祉を語っていく上で大事になると思う。誰しも自分で、やりたいと思う。)

 

だけど、黙って見ていた看護婦さんは偉いと思う。
私はそのとき、くそぉ、ホワイトデビルが監視してる!って思っていたわけなんだが。
不服そうな私を、じっと見ていた。
(俺は、術後でボロボロなのだが、全力で悔しがっていた。)

 

初めて風呂に入れたのは、3日目か4日目。
やっと生き返ったというか、人間に近づいた気がした。
この感覚も大事にしたい。

生活保護とかで出てくる、憲法とかの最低限の、文化的な生活。
ここの文化的を理解する上で、大事な感覚なのだと思う。

一人でシャワーを浴びた。
外に出たら、看護婦さんたちが縮んでいた。
それまでは強敵に見えていたのだが、小さくなったようだ。
(後述する。)

 

点滴。
なんどか逆流した。
血も出た。

だいたい、俺が遊んでたり、コードがどこまで伸びるか試したり
棒の部分(お月様って名前をつけた。)を、がーーーー!って滑らせた結果である。
俺が悪い。

おかげで針がズレて、明らかに違うところ(皮膚?)に入っているわけだが
まぁ、パンパンになっていくわけだけど、俺はナースコールを押さなかった。

押したら、来るからね、ホワイトデビルが。
またしても、点滴の針を入れられるからね。
結構それなりに痛いんだが、我慢してればやがて「治るかも」知れない。
(これが悪化させる原因だ。)

一時間ほど耐えて、ポパイ風になった俺は。
しぶしぶ、ホワイトデビルスイッチを押した。
(駐留軍のMPを呼ぶようなものだった。)

 

パンパンになった腕を見て、
すごい申し訳なさそうな顔をしてた。
なんだろう、そのとき、やっと看護婦さんになったのだと思う。
俺はよくわからないことを言った記憶がある。

看護婦さんて、全員違う顔してるんですねぇ、と。
それまで白衣でアイコン化していたため、個人を識別していなかったのだと思う。
驚くかも知れないが、顔を識別していなかったようだ。
(術後数日で、まだ朦朧としていた時期。)

痛いでしょ、ダメですよ、とオロオロしていた。
私の中では、「ホワイトデビル=強敵」で、
オキュパイドジャパンが俺ならば、ホワイトデビルは駐留する米軍のポジションだ。
悲しそうな顔をしているのが、ちょっとわからなかった。

そもそも悪いのは私である。
見慣れない機械があると、どうしても動作を確認したくなる。
スイッチは押すなと言われれば押したくなるし、
興味の塊で生きてきた、おかしいと思えば口にせねば気がすまない。
(だから共産党を淡々と刺したのだろう。)

悪いのは、私だ。
なのに、看護婦さんが悲しそう。
私より立場が上なのに、権限が上なのに、俺が悪いのに。

 

私は、なんで?(悲しそうなのか)と聞きました。
なんで?(呼ばないの?)と聞かれました。
何を言ってるんだろう、と思いました。

痛いのは、別に問題ない。
一方的に針を刺されることが不服なのだと言いました。
点滴の針をもう一回やられるのが嫌なのだ、と。

痛いのはいいんだ、それは問題ない。
だが、なぜ俺だけ一方的なのか、と。
不服だ、悔しい、と。
爆笑してました。

そしてやはり刺されるわけですが、怖いもので私は色々言うわけです。
付き合ってくれたホワイトデビルは、時々、吹き出しました。

結果、点滴をミスってしまう。
凄まじく申し訳なさそうで、オロオロしていて、なんだろう、
なぜか俺もオロオロしてしまいました。

ちょっぴり意味がわからなくなりました。。。
私からすれば、「主権を侵害する駐留米軍」なのに、と。
繰り返しになりますが、術後、まだ朦朧としていた時期です。
とは言え、本気で病院が怖いのでしょう。

 

次こそは!と。
真剣な眼差しで、点滴の針を握りしめます。
やつの目はまさにスナイパー、狼の目ですね、と言いました。
やはり、ホワイトデビル、強い。

そしたら、ごめん、一分もらえますか?心を落ち着けるので、って言われました。
誉めたつもりだったんですが。
笑ってしまって針が震えるとのことでした。

このとき、5分ほどでしょうか、ホワイトデビルの一人と話したことで、なんだろう、
あー、人だったんだ、とわかったのでしょう。
未知との遭遇の一コマでした。

軍服のように白衣をアイコン化していたため
本当に、そこに人を見ていなかった時期でした。
当時は。

 

 

 

一人でできるもん。
きっかけは、もう少し前にもありました。
トイレ、不服。
何もかにもが、不服。

一人でできるもんと駄々をこねる子供のようでした。
これは大人になってからもそうで、誰からも触られなくない。

友人や知り合い、認めたやつなら触れられても納得なのですが
知らない人に肩に手をかけられたら、いらっとしませんか?
ボディゾーンと言うものですが、私はこれが少し強いのです。
警戒心が強いというか、星の王子様に出てくる狐の気持ちがよくわかるタイプです。

最初の数日は、点滴がご飯でした。
何事も経験だな、と思うのですが、ちょっとだけ、寒いのです。
体温が下がるのでしょうね。
低い液体を体内にいれますからね、結構な量を。

というか、手術衣のままだった時かも知れません。
下着+作務衣みたいなものですから、やっぱり寒いです。
布団を来ても、何をやっても、やっぱり寒い。

 

私服の上着とか、ジャージとか、着る服はあります。
だから、必死で着ようとするのだけど、体力が物凄く落ちていて身体が上手く動きません。
一時間ほどじたばたして、なんとかいい感じなりました、よっしゃ!とガッツポーズ。
しかし、ここで難問がでてきました。

点滴、とても太い点滴が入っているため、管が邪魔で服が着れないのです。
ここまで、寒い、寒い、寒いと思いながら、手を擦り合わせつつ、
やっとの思いで半分、来たのに、、、
この一時間の苦労はなんだったんだ、と。
(読んでいる人は何やってんだ、と思うでしょうが。)

へたへたと座り込んでしまいました。
くそぉ、この管がある限り、着れないじゃないかと。
悔しいけれど、ナースコールを押しました。
ホワイトデビルが来ました。

 

すいません、寒いんです。。。
服が来たいけど、着れない、と。
私には、それが本当に悲しくて、情けないことだったのです。

あー、
はいはい、お任せを、と。
点滴の袋(?)をするすると棒から取り外し、先に袖からするすると。
たった、何十秒かで点滴のクダを通し終わりました。
やばい、やつは天才だ、と。

袋を通してのち。
ここから先は、できますから。
大丈夫ですから、と言ったのですが、上着をはおらせてくれました。

この瞬間、凄まじいまでの葛藤があったのです。
俺に、さわるな。。。

 

私は元来、酒を飲みませんが、付き合いで酒場に行くこともあります。
あまり好きではありません。

帰りにコートを着せたり、ジャケットを着せてくれようとするのですが
私はこれが好きではありません。
自分で着れるし、余計なお世話、正直、さわんな、と思っています。
かと言って、口に出してそう言うわけにもいきませんから、「すごい勢いで自分の服をゲット」します。
走ります、走って服をゲットです。

同じ理由で、女性とかから煙草の火をつけられるのも好きではありません。
全速力で、凄まじい速さで着火です。
俺に、さわるな。

知り合い、後輩、友人であれば平気です。
狼の群れみたいな生き方をしきたので、よその群れの人に触られたくないのです。
日本狼みたいねって女友達に言われたことがあります。
おまえは、まだよその群れって言ったら泣きました。

 

場面を病院に戻します。
弱っていようとも、世話にはならん、、、
術後で、朦朧としていたのですが、私はやっぱり私でした。
嫌というか、不服でした。

ホワイトデビルは、上着を着せようとするのですが
私は、それを制止しようかとも思ったのですが、先ほどの点滴袋の恩があります。
無下にもできません。
あの技術(袋を袖に通しただけですが)感動してしまった私は、
仕方ない、強者にであれば、服従するまでよ、などと思っていました。

私は、上着を着せられることを受け入れられました。
この間、一瞬のことですが、凄まじい葛藤がありました。

 

そのとき。
天使には見えませんでしたが、「なるほど、これは強敵と書いて【とも】だな」と思いました。
私は、「戦士」や「侍」のカテゴリに加えたのです。

自分より強いもの、または同等の戦闘力を有するものからであれば
悔しくないのです。
なぜなら奴は、戦士だからです。

彼女は強い。
極めて戦闘力の高い、ホワイトデビル族の戦士だ、と。
戦士には戦士の礼で応えよう。

私は、本心からそう思いました。

 

まぁ、背が高かったのもあります。
私は180cmありますが、かなり背も高い。
160ちょい、どうかすると後半、170近いぞと思いました。

数日後、少し体力が回復して、彼女を見ると。
随分と背が低い。
私は、申し訳ありませんが、背はどれぐらいですか?
前はもっと高くありませんでしたか?と聞きました。
なんと150代だったのです。

まぁ、それだけ私は弱っていたのでしょう。

 

 

 

星の王子様のきつね
私は、ホワイトデビルが嫌いではありません。
本心から、嫌いではありませんでした。
だけれども、本心から怖かったのです。
(本当に駐留軍を見る子供な感じ。)

これらの、よくわからないコミュニケーションを通じて。
なんだろう、星の王子様のきつねのように、少しだけ会話もするようになりました。

そうすると、ホワイトデビル族も人間で、
困ることもあるし、悲しい顔もするのだということがわかりました。
最初は、ガチでわかりませんでした。
逃げたい、怖い、逃げちゃだめだ、大人だ、これが脳内を渦巻くばかり。

 

今までは、危険なド―ベルマンだったのですが
鎖につながれた状態の柴犬程度の怖さにはなりました。
だけど、自ら近づこうとも思えません。
少し離れて見ていると、普通に細かった。
身長も、俺なんかよりも、とっても低かった。
(繰り返しますが私は180なので、私より高いわけがない。)

「戦士」で、強力な存在だと思っていたホワイトデビルは
明らかに私より体力がなさそうです。
ここらへんで、あれれ、と思ってきたのであります。

まぁ、きつねと犬は、それなりに中は悪いと思います。

 

 

 

納得できない。

夜勤があります。
私は、寝るだけです。
手術もしました、点滴も打たれています。
だけど、それだけです。

あくまで痛いだけで、そんなのはどうということもない。
痛み止めは(好きではないが)しぶしぶ飲んで、後は耐えるだけ。
身体自体はピンピンしています。

 

私は、ただ寝るだけなんです。
なのに、彼女たちは、ずっと起きてる。
私よりも起きて、仕事をしている。
俺は休んでいるのに。

 

意味がわからないかも知れませんが、
私は、この現実が少し不服だったのです。
俺よりも体力のなさそうなホワイトデビル族が
俺が寝てるのに、働ているということ。

できる者がやればいいのが、社会であって、
私は率先して「俺がやります」というタイプだから
彼女たちが働いて、私だけが眠るということが、
私が、私を許せませんでした。

 

馬鹿みたいな話ですが、彼女たちが荷物を運んでいると。
持ってあげたくなる。
怖いから声なんてかけないし、ホワイトデビルが運んでいるわけだが、
だからほっておけばいいのだけど、だけど、、、

手は細いし、しんどそうだ。
私は、喉以外は調子はいいし、荷物の一個ぐらいは持てるのに。
なのに、俺は寝ている、俺は休んでいる。
その間、働いてる。。。

誰かが休んでいても、アトラスのように生きたい。
インフラを支える、そんなプライド。
私は、それだけで生きている人間なのです。
誰よりも速く、居合いの速さで踏み込んで。。。

なのに、私が寝てるだけの間。
フラフラになりながら、働いているわけです。
これが、私には、受け入れられませんでした。。。

なぜなら、そこにいたのはホワイトデビルではなく
白い服を来た、普通の女の人たちだったからです。
私の苦手な白い服ではありましたけど。

 

私が守るのは、いいのです。
たぶん、守られたり、支えられたり
世話されるのが、好きではないのです。

どこか野生動物みたいなところがあると、古い女友達は言っていました。
首輪なんてまっぴらです。
このゴムの腕輪も、やっぱり嫌でひきちぎってやりたいと、最初はそんなことも思っていたのですが。

なんでしょうね。
たった二週間、長かったのか短かかったのかもわかりませんが
少し愛着でもあるのかも知れません。

 

いまでも注射も、白衣も怖いです。
だけど、前よりは怖くはありません。

で。
体調を壊したら、また連れてこられるんだ、と思うと。
もう不摂生はやめようと思いました。

だけど、
日勤夜勤と、ぼろぼろになって
肉体労働というか、重量物も運ぶであろう、彼女たち。

もうホワイトデビルとは呼ぶまい。
ホワイトエンジェルでもないが、
ホワイトウォーリアとか、そういう感じだ。

あの人たちは、戦っている。
恐らくこれから先、どうにもならない福祉分野で、必死で最前線で。
どうにもならないであろうことを、多分、一番わかっているのに、
一番、前で戦っている。

正面で支える人が、私はやっぱり好きだ。
怖いけど、怖いけれども、尊敬する。

 

 

 

何を言っているかわからないと思いますが。
とりあえず退院します。
まだ二週間ほどは病み上がり、あまり無理はききません。
そのまま12月議会に突入。

あれほど早く逃げたかったのに、少し複雑な気分の自分で不思議でならない。

 

 

 

これだけを医療関係者に見られたら怒られそうなので
テンプレのように以下も張っておきます。
(ホワイトデビル駐屯地対策?)

 

福祉制度について
以下の、国保の海外療養費(+高額療養費)については、会計検査院が入るという報道こそあったものの、調査結果は出ていない。
今年はやられていないのかな?

某有名女性芸能人の父について、国保詐欺の手口が明らかになったものだが、その逮捕前に国会に陳情に行き、無理やりアポを手配してもらい、功労大臣室にてプレゼン・資料配布まで済ませている。
(動画は、それを踏まえた上で、かつ伏せて撮影したもの。)

【小坪慎也】地方から正す外国人福祉政策問題

 

国保は、条例も財源も地方自治体がもっているゆえ、
地方議員として国保優先でスタートさせたが、
外国人の扶養控除の件との関連も鑑み、社保についても調査・チェックが必要かも知れない。

現時点では、外国人の扶養控除の件について負荷を集中。是正を求め地方議会に呼びかけを継続していきたい。
漫画でわかる外国人特権?税金がゼロになる仕組み

せっかくと言うと変だが、病院にいるのだ。
視察などの、外からでは見えないものもある。
中から見る空気というか、色んなものに触れてみたいと思う。
(準看の友人が多いが、看護師も厳しい。また介護職なども。)

 

とりあえず、手術は無事に成功しております。
入院は、事前にお伝えしたように二週間程度。
かなりの長期になります。

新しい環境とは、どういう状況でもワクワクするもの。
良いことではないので、もろ手を挙げて喜ぶことは慎みますが
何事も「知ること」「体験すること」には強い意義を感じるものであります。

 

 

 

まぁ、一番つらかったのは、車に乗れないことでした。
鍵を握りしめて寝てました。
(騎馬民族の、馬に相当すると思う。)

さて帰ろうか、日常へ。
日常というか、戦場へ。

初夏より発熱状態が継続してきた、夏以降はずっと体調不良だった。
まずはアイドリングからだが、フルSPECの踏み込み速度、思い出させてやろう。

なんだかんだでいい経験になった。
わけがわからないと思いますが、福祉政策についても課題が見えてきた。
だって、ホワイトデビル族には仮ができたからね、なんとかしたいとか思っちゃうよね。
義理は、果たされねばならない。

 

 

 

入院日記?注文の多い料理店との相関について
入院日記?ホワイトデビル事件と集団的自衛権
入院日記?点滴なう、棒はなかなか具合がいい。
入院日記?発熱、手術直後の話。(まとめサイトから来た方へ)

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

30 Responses to 入院日記?退院、前夜。なんだかんだで名残惜しい。

  1. medakanoon のコメント:

    入院日記⑤退院、前夜。なんだかんだで名残惜しい。 明日、退院します。 日付けが変わっているので、今日と言えば今日ですが。 病室から書くエントリは、これが最後。 今夜が最後の病院の夜。 明日の昼には退院です。

  2. 親子丼 のコメント:

    これを読む頃にはもう退院されているのかな?

    点滴のところを読んで。
    一度で血管に入るのが羨ましかったデス。
    私が1週間くらい入院した時も点滴されてましたが、
    血管が細いせいで看護師さん→インターンの先生→ベテラン看護師さんと
    合計6回の針打ちの後、やっと血管に入りました。
    毎回そんな感じでした。

    最初救急で入ったのですが、その時のベテランらしい中年の看護師さんは
    一発で入ったのに。

    ベテランの看護師さん、そこらの医者より最強と思った事を
    思い出しました。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、退院前夜の病院からの新規投稿ありがとうございます

    短いような長いような二週間の入院生活がおわり、無事退院との事!よかった!
    本当に退院おめでとうございます!

  4. 名ナシ のコメント:

    退院おめでとうございます。
    20年前の3泊4日の入院生活を思い出しますね・・・。
    なんか人に頼っての生活が嫌で、自分でできないのがとにかく
    嫌だった記憶がありますね。
    (そうだ・・・回診に来た先生が(若手)点滴の針刺しに失敗して
    くれましたよ・・・ナースは誰一人失敗が無かったのに)

    静岡県議会・浜松市議会共に(市議会はHPと市議会便りで確認しました)
    外国人扶養者の意見書は触れてもいなかったんでしょうね。
    首長と土地柄からやっぱりなって思いました。
    12月議会、無理をあまりしないで頑張ってください。

  5. はま のコメント:

    おはようございます!

    退院するのが何だか少し寂しい…
    自分も当時そう感じたこと思い出しました 笑

    点滴の話
    にまーってなりましたw
    血が管に逆流してナースコール、やって来たのは新人さん
    数十分後、腕がパンパンに…ナースコール
    またさっきの新人さん…
    デジャブですw
    はじめから上手い人なんてそうそういない、と同じく注射怖い自分も堪えられましたw
    何度も申し訳無さそうに謝りながら必至に処置してた姿に少し安堵したことも覚えてます。
    現在は頼もしいベテランさんになってるといいなぁ〜と思います。

    病院生活お疲れ様でした。
    我が家に帰った時の安堵感がハンパ無かった記憶も蘇りました。

    退院おめでとうございます!

  6. 助さん、拡散 のコメント:

    ご退院、おめでとうございます。自身の体験を脳裏に描きながら、病院での体験を楽しく読ませていただきました。小坪議員は正真正銘、理系の方だとは思いますが、詩魂も同時に働いておられますね。静かな感動がこみ上げてきました。また厳しい戦線にも戻られると思いますが、急発進はなさらぬように徐々に体力を回復して行ってください。応援いたしております。

  7. とも のコメント:

    退院おめでとうございます!

    注射はどちらかというと医者より看護師さんの方が上手ですよね。
    どちらか選べるならば私は看護師さんにお願いしたいです。

  8. ふぃくさー のコメント:

    讃美歌13番をリクエストしたら来てもらえそうな文章でした♪

  9. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     先ずは,退院,おめでとうございます。
     名残惜しい,わたくしも経験がございます。
     と申しますのも,他人様,それも多くの方々から親切にされるのは,もう,それはそれは泣きたくなるくらいに嬉しいものですから。
     わたくしめは,職業柄,他人様から嫌われ怒られることの方が多いものでして。
     とにかく,これからはご自愛下さいませ。健闘を祈ります!!
     そして,次期選挙再選も!!!!!!!

  10. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     スレチすいません。他団体へ送ったものです。ご参考に。

    参考事例
    「あなたの自治体も例外ではないことを,確認済みです。」
     下記事項は,決して他山の石ではありません。あなたの自治体でも起こっていることです。事実なのです。

    (※※他公共団体参考事例)

    埼玉県南埼玉郡宮代町議会議員  加納 好子 殿

     今回の懇談会会場の宮代町図書館に,どれだけ酷い,公序良俗に抵触し,青少年の健全たる育成等を阻害する図書が収納されているか,あなたはお分かりですか?
     今回の懇談会の辛口のご意見も含め,ご自身に不都合なものを無視して公人面されても困ります。
     まして,(ご自身のブログで)他県様,茨城県民の皆様への「利根川の向こうの世界」,「どいなか」発言等の,かの石原慎太郎の「シナ」発言に匹敵する差別をする前に,自分たちの町の危機をしっかりと,謙虚に,誠実に把握することが先決ではないでしょうか?
     現に,埼玉県北葛飾郡杉戸町では,そういう議員は落選し,又は次期選挙の立候補を見送りました。
     茨城県民のローカルっ振り,大久保司(おおくぼ まもる)大元帥様の破廉恥っ振り,女性演歌歌手(この方は埼玉県民です。茨城の方ではありません。)の容姿やマイナーっ振りを偉そうに酷評している場合ではありません。
     司さんは,水戸地方検察庁へ書類送致されたそうですが。
     とりあえず,下記の事項は,埼玉県南埼玉郡宮代町さんでも(全国的に),決して例外ではないことを,公立図書館蔵書検索システムにて確認済みです。

    区立図書館取扱図書の規制の強化並びに都に有害図書の定義の広汎化及び例規の改正を求める意見書の提出に関する陳情

    (陳情事項)
    1.■■区立図書館取扱図書の規制の強化のため,■■区の例規の改正を求める。

    2.1.に際し,有害図書の定義の広汎化のため,東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正等に係る東京都に対する意見書の提出を求める。(別紙に意見書(案)あり。)

    (陳情理由)
    1.予てより,■■区立図書館をはじめ,全国の公立図書館において,これの中立公正及び不偏不党たる立場を悪用し,又は表現の自由若しくは知る権利を笠に着た,所謂アヴァンギャルドをはじめとする,青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上を著しく害する,極悪非道にして過激たる不貞,猟奇的,暴力的若しくは性的な行為の描写を含み,又はこれを著しく不当に助長,賛美し,若しくは正当化する数多の図書が資料として収納され,これが公開され,若しくは貸出しされているが,東京都青少年の健全な育成に関する条例が包括的に有害図書と指定できるのは図画等に限定されている。

    2.■■区立図書館において,図書等の資料を,その内容を理由に除籍し,又はその収集の禁止若しくは贈与の拒絶をする際には,これが有害図書に指定されていなければならない。

    3.■■区立図書館において,数多に氾濫する活字情報による実質的な有害図書を,制度上の有害図書へ個別指定させることは,非現実的である。

    4.これらを打破するには,仮令,活字情報のみであっても有害図書へ包括指定できるように,東京都青少年の健全な育成に関する条例等を改正する必要がある。

    5.一方で,仮令,有害図書の指定がなくとも,■■区立図書館の裁量で有害図書に類するとされたものを有害図書と看做すことができるように,■■区の例規を改正する必要がある。

    6.制度上の有害図書の定義の広汎化により,■■区立図書館に限らず,あらゆる図書取扱事業において,青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上を著しく害する,極悪非道にして過激たる不貞,猟奇的,暴力的若しくは性的な行為の描写を含み,又はこれを著しく不当に助長,賛美し,若しくは正当化する図書を排除し易くなる。

    (陳情者)  住 所  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           氏 名  ■■■■■■■■   電話■■■■■■

    平成27年11月 日
       東京都■■区議会議長  ■■■■■■ 殿

    有害図書の定義の広汎化及び東京都立・区市町村立図書館取扱図書の規制の強化を求める意見書(案)

     予てより,■■区立図書館並びにその他の東京都内区市町村立図書館及び東京都立図書館をはじめ,全国の公立図書館において,これの中立公正及び不偏不党たる立場を悪用し,又は表現の自由若しくは知る権利を笠に着た,所謂アヴァンギャルドをはじめとする,青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上を著しく害する,極悪非道にして過激たる不貞,猟奇的,暴力的若しくは性的な行為の描写を含み,又はこれを著しく不当に助長,賛美し,若しくは正当化する数多の図書が資料として収納され,これが公開され,若しくは貸出しされているが,東京都青少年の健全な育成に関する条例が包括的に有害図書と指定できるのは図画等に限定されている。
     東京都内公立図書館において,図書等の資料を,その内容を理由に除籍し,又はその収集の禁止若しくは贈与の拒絶をする際には,これが有害図書に指定されていなければならない。
     東京都内公立図書館において,数多に氾濫する活字情報による実質的な有害図書を,制度上の有害図書へ個別指定させることは,非現実的である。
     これらを打破するには,仮令,活字情報のみであっても有害図書へ包括指定できるように,東京都青少年の健全な育成に関する条例等を改正する必要がある。
     一方で,仮令,有害図書の指定がなくとも,公立図書館の裁量で有害図書に類するとされたものを有害図書と看做すことができるように,図書館法を改正する必要がある。
     制度上の有害図書の定義の広汎化により,東京都内公立図書館に限らず,あらゆる図書取扱事業において,青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上を著しく害する,極悪非道にして過激たる不貞,猟奇的,暴力的若しくは性的な行為の描写を含み,又はこれを著しく不当に助長,賛美し,若しくは正当化する図書を排除し易くなる。
     これらの実現のため,下記の事項を求める。

                     記

    1.青少年の健全たる育成並びに治安の維持及び向上を著しく害する,極悪非道にして過激たる不貞,猟奇的,暴力的若しくは性的な行為の描写を含み,又はこれを著しく不当に助長,賛美し,若しくは正当化する図書を,東京都内公立図書館で扱えぬよう,東京都青少年の健全な育成に関する条例並びにこれに付随し若しくは関連する例規の改正を求める。

    2.1.の実現のために必要となる,図書館法の改正を求める地方自治法第99条に基づく意見書の国に対する提出を求める。

     以上のとおり,意見書をここに提出する。

                 東京都■■区議会議長 ■■■■■■

    平成 年 月 日
       東京都議会議長  川井しげお 殿
       東京都知事    舛添 要一 殿

                               平成 27 年 11 月   日
    ■■区議会議長 殿
    ■■区議会議員 各位
                                 ■■■■■■■■

       ■■区立図書館における青少年の健全たる育成等を阻害する図書について
     下記は,■■区立図書館における蔵書の中で,仮令活字情報ながらも,青少年の健全たる育成等を阻害する,非道徳的で過激たる不貞な様態又は猟奇的,暴力的若しくは性的な行為の描写が満載され,又はこれを著しく不当に賛美,助長し,若しくは正当化している図書のほんの一例です。
     今後の参考にして下さい。

    1.タイトル : フォーチュンクッキー
    著者 : 斎藤 綾子/〔著〕
    叢書名 : 幻冬舎文庫 さ?4?2
    出版者 : 東京:幻冬舎 2001年08月
    その他 : 【NDC1】913.6 【サイズ】16cm 【ページ数】251p【価格】\495 【ISBN】4-344-40139-5
    内容紹介 : 俺たち三百回やったら別れようぜ。初めてセックスした夜,つながったままの恰好で男は言った。それが不幸なのか幸せなのか,わからない。今わかっているのは,この男が最高に気持ちよくって,一番感じるということだけだ―。ギラギラの文体で描く,不滅のエロティシズム。レズビアン,ヘテロ,バイセクシャルたちが巻き起こす二十六の愛の形。

    2.タイトル : 愛より速く
    著者 : 斎藤 綾子/著
    叢書名 : 新潮文庫 さ?35?3
    出版者 : 東京:新潮社 1998年10月
    その他 : 【NDC1】913.6 【サイズ】16cm 【ページ数】214p【価格】\438 【ISBN】4-10-149513-0
    内容紹介 : 快感は一瞬だった。それでも,私の肉体は,深い陶酔に永遠を感じていた。奔放な性体験。寄せては返す快楽の波…。私は日々痺れていた。肉体を捧げるオスに奉仕し,心を許せる女に嵌まっていた―。売り,援交,SM,輸姦,乱交,不倫,同性愛…エロスの王道を歩む23歳の女子大生が,怖いもの知らずで体験した数々のセックス遍歴。時代を軽やかに突きぬけた,大胆不敵なラブ&ポップ。

    3.タイトル : ヴァージン・ビューティ
    著者 : 斎藤 綾子/著
    叢書名 : 新潮文庫 さ?35?4
    出版者 : 東京:新潮社 1999年11月
    その他 : 【NDC1】913.6 【サイズ】16cm 【ページ数】248p【価格】\400 【ISBN】4-10-149514-9
    内容紹介 : あなたと触れ合っているその部分から,溶けてあふれて流れ出して,もう止められない…それが私の体なら,思い切ってどこまでも快楽を求め続けよう。暴力,輪姦,SM,不倫,レズビアン,中絶,そしてすべてを凌ぐエクスタシー。それらが渦巻くリアルな性の場面を,軽やかに駆け抜けるエロスの女神たち。その,欲情する体と無垢な心をストレートに描いた,世紀末衝撃の愛の物語。

    4.タイトル : サクリファイス
    著者 : フローランス・デュガ/著 長島 良三/訳
    出版者 : 東京:河出書房新社 2004年11月
    その他 : 【NDC1】953.7 【サイズ】20cm 【ページ数】210p【価格】\1,600 【ISBN】4-309-20423-6
    注記 : 【原書名注記】Dolorosa soror.?の翻訳 【書名注記】並列タイトル:Sacrifice
    内容紹介 : 人はこれほど放逸に性愛を極められるのか!性を自在に変容させる二人の少女と一人の男。痛苦と快楽のさなか非知への予感に震える白い肌。血と恍惚と死に彩られた,究極の性の供犠。全ヨーロッパを魅了した衝撃のベストセラー。

    5.タイトル : さくら伝説
    著者 : なかにし 礼/著
    出版者 : 東京:新潮社 2004年03月
    その他 : 【NDC1】913.6 【サイズ】20cm 【ページ数】451p【価格】\1,800 【ISBN】4-10-445106-1
    内容紹介 : 貞淑な妻と穏やかな生活と年若き愛人との濃密な情事を手にした瞬間,人生のカウントダウンは始まっていたのか―死を覚悟しながらも,官能と恍惚を求める男の性。生と死の狭間にしか存在しない悦楽の先に待っていたものは…。文学史上かつてない,桜をモチーフに日本人の深層心理をえぐった究極の官能世界。

    6.タイトル : 恍惚
    著者 : 梟森 南溟/著
    出版者 : 東京:角川書店 東京:角川グループパブリッシング 2008年02月
    その他 : 【NDC1】913.6 【サイズ】20cm 【ページ数】238p【価格】\1,600 【ISBN】978-4-04-873829-3
    内容紹介 : 喰われ,呑まれ,女たちは歓喜の海をめざして走り続ける。太古から現代まで,異なる時代に生きる女たちを主人公に描く,果てしなき渇望と悦楽の物語。坂東眞砂子が実名を伏して挑んだ禁断のエロティシズム。〈WB〉

    7.タイトル : 欲情
    著者 : 梟森 南溟/著
    出版者 : 東京:講談社 2008年02月
    その他 : 【NDC1】913.6 【サイズ】20cm 【ページ数】248p【価格】\1,600 【ISBN】978-4-06-214554-1
    内容紹介 : 夫は「自由な性」を理想としていた。そして妻は,男と出会った。夫は,妻の性の自由を受け入れられるのか。「自由」に憧れ,縛られた男女の織り成す恋愛長編。坂東眞砂子が挑む,究極のエロティシズム。〈WB〉

    8.タイトル : 発情装置
    サブタイトル : エロスのシナリオ
    著者 : 上野 千鶴子/著
    出版者 : 東京:筑摩書房 1998年01月
    その他 : 【NDC1】367.9 【サイズ】21cm 【ページ数】273,6p【価格】\1,900 【ISBN】4-480-86311-7 【件名】性(セイ)
    内容紹介 : 人はなぜ欲情するのか?もはや「対」幻想の時代は終わった―ブルセラ,援助交際,セックスレス…地滑りを起こしたように変わっていく性意識。その構造を読み解く鍵とは?20世紀というエロスの世紀を,快刀乱麻を断つごとく著者が鮮やかに跡づける。

    9.タイトル : セックスボランティア
    著者 : 河合 香織/著
    出版者 : 東京:新潮社 2004年06月
    その他 : 【NDC1】369.27 【サイズ】20cm 【ページ数】238p【価格】\1,500 【ISBN】4-10-469001-5 【件名】身体障害者(シンタイショウガイシャ)
    内容紹介 : 障害者だってやっぱり,恋愛したい。性欲もある。その思いを満たすための「性の介助」の現実とは?彼らの愛と性に迫るノンフィクションの意欲作。

  11. 生野民 2 のコメント:

    退院おめでとうございます
    何故か入院中に点滴(針が太い)の針を刺すのを7回連続で失敗されて
    看護婦団に、押さえつけられ最終手段の足の甲に点滴されたのを思い出した
    足の甲は血管が太いので、針を刺しやすいが皮が薄いのでとんでもなく痛い
    好きな看護婦の手を握っていいと言われたので、一番後ろにいた看護婦に頼んで
    前の方にいた看護婦に、場所変わってと言ったら前の方にいた看護婦に退院まで冷たくされたがww
    退院ご羽目を外して、体調を崩すことがあるので徐々に普通の生活に戻って
    保守の指揮官として、元気に働いてもらいたい
    くれぐれもご自愛を

  12. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     今一度,わたくしが実際に陳情した箇所及びその取扱われ方のリストを参考までに載せます。
     地元民の皆様,第二弾のご協力,よろしくお願い申し上げます。

    I.わたくしが,近頃,実際に足を運んだ,陳情を請願とほぼ同一視する箇所。
    1.東京都狛江市
    2.東京都調布市
    3.東京都武蔵野市
    4.東京都小金井市(※※今期扱締切済 平成27年11月4日(水))
    5.東京都練馬区
    6.東京都板橋区
    7.東京都北区(※※今期扱締切済 平成27年11月17日(火))
    8.東京都墨田区
    9.東京都荒川区
    10.茨城県猿島郡境町
    11.茨城県猿島郡五霞町
    12.千葉県松戸市
    13.千葉県東金市  ※※追加分
    14.千葉県大網白里市  ※※追加分
    15.埼玉県春日部市
    16.埼玉県北葛飾郡杉戸町

    II.わたくしが実際に陳情した,地元外郵送陳情でも請願相当の扱いをする地方公共団体。
    1.北海道
    2.東京都
    3.東京都新宿区
    4.東京都足立区
    5.東京都台東区
    6.東京都江東区
    7.東京都千代田区(※※送付陳情制度=請願とほぼ同等)
    8.茨城県稲敷市
    9.千葉県習志野市
    10.千葉県船橋市
    11.埼玉県幸手市
    12.埼玉県北葛飾郡松伏町

    III.実際にわたくしが陳情した箇所で,陳情自体を請願と峻別し,参考配布に留める箇所。
    1.北海道虻田郡ニセコ町
    2.東京都八王子市
    3.東京都青梅市  ※※追加分
    4.東京都葛飾区
    5.東京都中央区
    6.東京都港区
    7.茨城県
    8.茨城県つくば市
    9.千葉県
    10.千葉県千葉市
    11.千葉県柏市
    12.千葉県野田市
    13.千葉県我孫子市(地元民持参であれば,議運による審議結果によっては,条件付きで請願待遇へ格上げとのこと。)
    14.千葉県市川市  ※※追加分
    15.埼玉県
    16.埼玉県さいたま市
    17.埼玉県川越市
    18.埼玉県飯能市
    19.埼玉県所沢市
    20.埼玉県秩父市
    21.埼玉県秩父郡横瀬町
    22.埼玉県秩父郡小鹿野町
    23.埼玉県秩父郡皆野町
    24.埼玉県秩父郡長瀞町
    25.埼玉県秩父郡東秩父村
    26.埼玉県久喜市
    27.埼玉県上尾市
    28.埼玉県蓮田市
    29.埼玉県越谷市
    30.埼玉県川口市
    31.埼玉県草加市
    32.埼玉県吉川市
    33.埼玉県三郷市
    34.埼玉県八潮市
    35.埼玉県南埼玉郡宮代町  ※※追加分
    36.香川県
    37.香川県仲多度郡まんのう町
    38.福岡県
    39.福岡県行橋市

  13. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    退院おめでとうございます、今年は覚醒の年、来年早々にもXデーが
    うわさ話として発信され始めていますがどうなることやら
    最近興味深い記事を見つけました、もし本当なら70年以上にわたる
    地獄から開放される可能性がある

    **************
     1945年協定
    **************
    「日本と支那」及び、「日本と朝鮮」との間に自然成立した国際相互協定である。

    ●両国は互いに「相手国からの移民」をいつ如何なる時も無条件に追放する事が出来る。
    ●追放時に於ける「相手国からの移民」の生命、財産、身体、人権、等の考慮も保証も一切しなくても良い。

    成立の歴史

    1945年 支那、及び、朝鮮からの日本人移民の完全追放
        その際、全資産は没収。追放時の待遇は生命、財産、身体、人権等の侵害は甚だしく、
        虐待、強姦、虐殺も頻発するものだった。

    その後、支那、朝鮮政府はその際の日本人移民個人に対する賠償を完全拒否。

    1949年 日韓基本条約
    1978年 日中平和友好条約

    これらの条約によって、移民個人に対する賠償は不要である事が法的に確定。

    而して、国際関係の相互主義の原則によって、「1945年協定」が自然成立した。

    私は今まで人は皆、平等だと思っていました・・・
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/news2/1441969223/

  14. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    IV.陳情を請願と峻別した上で,陳情の郵送による受付自体を拒絶する箇所。(コスパから,陳情を見合わせた箇所。)
    1.東京都小平市

    V.陳情を請願と峻別した上で,地元外からの陳情自体を拒絶する箇所。(コスパから,陳情を見合わせた箇所。)
    1.千葉県富津市

  15. 支援は賛成だが、受け入れは反対 のコメント:

    退院おめでとうございます。

  16. とんと のコメント:

    退院おめでとうございます。
    ツイッターではこの間に何人か批判してくる人をブロックして、対話の道を閉ざされたようですね。これからもイエスマンだけを周囲に置くようにして、迷走されても正す人のいない環境で、ご活躍されることと思います。

    • sinobu hattori のコメント:

      「デジタル・アプリ」の とんと さん、

      一応、退院のお祝いコメントを
      記載されていますが、

      小坪先生に「微妙なケチ」付ける前に、

      こちらの記事のコメントの返信を
      して頂けませんかね? ↓
      https://samurai20.jp/2015/05/kolie-9/

      私、待っておりますよ。(笑

      よろしくです。

      • とんと のコメント:

        なぜ返信がもらえないか、自分の投稿を見てよくお考えになれば良いと思います。
        私は人を見下す人間の相手をしている時間はありません。

        • sinobu hattori のコメント:

          わざわざ、ご返信、
          ありがとう御座います。

          自分に対しての返信では、ありませんでしたね、

          私の、記載の仕方が分かり辛かったみたいで、
          大変申し訳ありません。

          小坪市議の記載した、エントリー記事
          ???????????????????????????
          【拡散希望】
          『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』
          (韓国のネットの声)

          こちらの記事の「内容」対しての「コメント」

          ???????????????????????????
          これを 期待しております。

          >「意見がないわけではありません」が、

          この様に、おっしゃっているので、
          このHPのコメント欄にて、
          ???????????????????
          「小坪市議に対する、ケチと文句」
          ???????????????????
          この事しか記載されていない
          「貴殿の事」に気を使い、

          ご自身の意見「主張」のタイミングとして、
          記載し易いと思い、
          私、返信させて頂いております。

          貴殿の事を思って、返信致しておりますよ。

          理解をして頂けませんかね?
          Do you understand? (どぅー、ゆー、あんだーすたん?)

          ?????????????????????????????
          >私は人を見下す人間の相手をしている時間はありません。

          こちらのHPのコメント欄に、

          「小坪市議に対する、ケチと文句」

          こちらのみを記載している、
          貴殿の方が、
          「市議の事を見下して」おられる様に感じます。

          …ならば、
          小坪市議を相手にする時間も無いのでは?(笑

          ……まぁ、確かに時間は、
          有意義に使った方が、良いですね。

          「記事の内容のコメント」

          これ、記載して頂けるだけで、
          済みますよ。(笑

          ????????????????????
          「ソフト・アプリ」

          私、この様に
          貴殿の事を「表現」致しましたが、

          これは、ある意味での「褒め言葉」も
          入っていたンですけど…理解して頂け無かった様で、
          私、大変、残念に思います…。

          …だって、コンピューターの様に
          同じ内容のコメントを 記載出来る訳ですからね。

          貴殿は
          「コンピューター並み」…なのですよ、凄く無いですか?

          …まぁ、自動で無く、
          コピペで、「ポンポン」と出すだけのでしたら、
          ショボイかもですが。(笑

          ???????????????????????????
          …さておき、
          私に対して、意見・返信など、
          どうでも宜しいですよ。

          貴殿の、

          「記事の記載の仕方」
          「論点をする変えている」
          「イエスマンを集めている」
          「都合悪いコメントを削除している」

          上記載の様な
          「小坪市議、個人に対する、言われ無き文句」
          …などでは無く、

          ????????????????????

          貴殿の、
          意思を持った、
          記事の内容に対する、

          本当の「個人的なコメント意見」

          ????????????????????
          こちらが、私は、見てみたいです。
          こう申しております。

          私など、無視して構いませんよ。

          上記載のエントリー記事、
          次回からのエントリー記事、

          貴殿のコメント、期待しておりますよ。

  17. 中島 のコメント:

    ご退院おめでとうございます。
    看護師さん達は本当に凄い人だと思います。医者よりある意味凄いのでは?と。
    ここではこれくらいにしておきます。もっと言いたいことあったのですが・・

    益々のご活躍応援いたします。

  18. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    退院おめでとうございます!!しかし油断せず体力回復に努めて下さいませ。
    なんか色々ごたついてます

    SEALDs支援者のしばき隊No2が謎の動画と共にプロフィールを大幅削除。運動離脱との観測も
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/46034765

    自民「テロ対策に“共謀罪”を」⇒ サヨク大発狂www 社民・福島みずほ「話しただけで処罰は大問題」山本太郎「どんな言いがかりでもOKになる」etc…
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46935183

    【28悲報】SEALDs幹部、”対話が不可能な相手”を実演!「テロと戦う?くたばれ!話合いをがんばるんだよ」→即論破され敗走「このタイプ本当に嫌い」
    ttp://m.moeruasia.net/article/46023957

    韓国KOEXに出展した長崎県が『醜悪な歴史改竄』に直面した模様。1000年続く日本の伝統は韓国由来だ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50471005

    あと、沖縄知事は何を言ってるんでしょうか

    【本音ワロタw】翁長沖縄県知事「調査の結果、岩礁破砕がなされたかは、“残念ながら”判断できなかった」←!?
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46940601

    余談で韓国にて

    韓国が『在日に”特別永住許可の放棄”を求めて』猛烈な炎上沙汰に。在日側は差別だと怒り狂っている模様
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50471128

  19. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    今日アマゾンからメールが来ました、なんとあのF-secureウイルスソフトの
    購入の案内状でした、いったいどうゆう神経をしているのか、まだ会社として
    生存していたとは、まさにヒトモドキそのもの、ゾンビ化しているのに
    まだ生きているとは

  20. 日本米 のコメント:

    退院おめでとうございます!
    体調が万全でない状態でもこれだけの活動を行っていたとは…
    体調が整い完全体になった小坪さんの今後のご活躍が楽しみです!

  21. 匿名願夫 のコメント:

    >おかげで針がズレて、明らかに違うところ(皮膚?)に入っているわけだが
    まぁ、パンパンになっていくわけだけど、俺はナースコールを押さなかった。

     あなたは、阿呆だ
    生理的食塩水だけの点滴漏れでも、壊死を惹起することがある、ましてや薬液が入っていれば何をか言わんや。
    点滴漏れで壊死を起こすと、皮膚・皮下組織・脂肪組織まで全欠損
    ??治療は、壊死組織除去後皮膚移植(引きつりが起き易いので関節部以外)か、関節付近だと有茎皮膚移植を要す。
    1ヶ月以上はゆうにかかります。それと、病院と揉めます。
    退院おめでとうございます、お体を大事に

  22. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    東京都小平市小平郵便局における個人番号の通知カードに係る誤配達について(参考)

       小平郵便局における個人番号の通知カードに係る誤配達について
    (http://www.city.kodaira.tokyo.jp/oshirase/046/046808.html)
     平成27年11月9日(月曜),小平郵便局において,通知カードを誤って他世帯に配達したことが,11月12日(木曜),同郵便局から市に報告があり,判明いたしました。
     市は,小平郵便局に対して,通知カードに係る誤配達の再発防止の徹底を図るよう要請いたしました。

    更新日:平成27年11月13日
    作成部署:東京都小平市市民部市民課

  23. 巻線 のコメント:

    退院おめでとうございます。

    二週間の入院、長いと思ってても過ぎてしまえばあっという間でしたね。名残惜しい気持ちも分かります(^^;
    これからは日常生活に戻りますが、あまり無理をせずに、ご自身のお身体を大事になさってください。

  24. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致しますね。

    退院、おめでとう御座います。

    今までの記事もでしたが、
    文章から、小坪先生の「病院が嫌」…が、
    肌に伝わってきます。

    今度は、苦手な病院へ入院なさらない様に、
    ご自愛くださいませ。

  25. JL のコメント:

    退院おめでとうございます。

    少しは素直になられたようですが、全員が小坪さんのような患者さんだと
    看護師さんたちは参ってしまうと思いますよ。。
    我を通すのが大事な局面とそうでない時の使い分けを覚えましょう(笑)

  26. きゃべ のコメント:

    退院おめでとうございます!点滴刺入で笑わせちゃダメダメですよー、怖いのに何回も刺されますよ?出来るだけ入りそうな血管探すのが8割、刺す技術は1割、あとは固定だと先輩から教えられました。
    ナースも人間。同じように仕事し、恋愛し子育てもしています。ただ、夜勤の壁が離職率を高めている感じです。子どもが預けられない。でも働かないと、、すみませんデビルの愚痴です。これからは、少しだけ弛みながらの全力で走って下さいね。お大事になさいませ。

  27. のコメント:

    退院、おめでとうございます。
    お疲れ様でした。

    病み上がりが1番コケやすいのです。
    なるべく軽く片付くようなものから徐々に進められたし。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください