【漫画でわかる】赤旗”強制?”購読の実態。こうして市役所は陥落した


 

 

この漫画は、共産党市議による【政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金について】の問題を、一般有権者向けに説明するために作成された政策資料です。

議員である私自らがが目にした実態をベースとしております。
併せて、出典・奥付は、報道のみならず一般質問の議事録としており、極めて真面目に作成されたものです。

万が一、爆笑してしまった人がいたとしても当方の意図するところではありません。

※特記
行橋市議会には「徳永克子(共産党行橋市議)」という私の政敵がおりますが、漫画に出てくる方は徳水(みず)克子氏であり、まったく別の方です。

 

関連

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

赤旗襲来!女性係長の苦悩
それでは漫画をお楽しみください。

 

001_001

 

002_001

 

003_001

 

004_001

 

005_001

 

006_001

 

8

 

9

 

55a874c6194228e18eea8c80f7b5cc0e

 

10

 

その他の報道資料は、以下にてまとめております。
【共産党が隠す実態】公務員に赤旗押し売りで資金源?【弱点はココ!】

 

 

 

地方議員の皆様へ
本件は、一般質問をベースに追及した案件です。
十万人未満の地方都市、恐らくは名を知らぬ方も多いであろう福岡県は行橋市。
全国から見れば無名の田舎街と言われるのかも知れません。私はそんな町で、町を守るため必死に戦っております。

先般4月の行橋市議選において二期目のスタートを切らせて頂きましたが、この案件を手掛けた際、私は一期生でした。
一期も務め上げぬ新人風情が!と笑い飛ばされることも覚悟しておりましたが、全国の諸先輩方、その多くはお会いしたこともない先輩方の厚情に救われ、「しっかりとした政策課題」として全国に広く周知させることができました。

 

ついに、政権与党・自由民主党が動く。
これは党本部が動きました。

自治体職員への「赤旗」勧誘 自民党が実態把握の通達

2014.7.15 22:58

 自民党が、地方自治体で共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の強引な購読勧誘が行われている事例があるとして、各都道府県連に対し、注意喚起と実態把握を求める通達を出していたことが15日、分かった。

 通達は竹下亘組織運動本部長名で先月18日付で出した。通達は、福岡県行橋市で共産党市議らが市職員に対し、庁舎内で赤旗の購読勧誘や集金を行ってきた事例を紹介し、「議員の立場を利用して半ば強制的に地方公務員に購読させているなら看過できない事態だ」と指摘。議員の地位を利用したり、庁舎管理規則に反した強引な勧誘が行われたりしている可能性があるとして、「必要な対応」をとるよう呼びかけている。

 共産党の地方議員が自治体職員に赤旗購読を勧誘するケースは、行橋市のほか兵庫県伊丹市、神奈川県川崎市などで表面化。同県鎌倉市では「職務の中立性」を理由に、今年度から庁舎内での政党機関紙などの販売を禁止している。

http://www.sankei.com/politics/news/140715/plt1407150005-n1.html

文字サイズが小さく読みにくいかと思いweb版を紹介しました。
以下は同じ記事です。

A-5

【赤旗問題】自由民主党から出された通達
pdfで全文閲覧する。(プリントアウト用)

 

しかし、まだ状況は不完全です。
公平性が担保されるべき庁舎において、また地方公共団体の施設において、歪んだ勧誘行為、市民の目に余る配布状況、違法と考えることが妥当な集金行為が横行しております。

庁舎管理規則は、執行部が管理しております。
国ではなく、地方が、です。
そこに法があろうとも、最終的な判断は地方自治体にあると当方は認識しております。

それを糺すのは、地方議員の責務であり、執行部の在り方を問うのは一般質問を置いて他にありません。

 

首相自らが、共産党との対決姿勢を示した今こそ好機。
一人でも多くの議員が後に続くことを信じます。

当方も改選後、初めての6月議会、さらに再質問を行いました。
また全国の若い議員が同種の質問を継続中です。
力を、不合理な現実と戦う力を、多くの若者が求めています。

 

もしよければ、以下の動画もご覧ください。
実際の、一般質問の様子です。(わかりやすい解説付き。)

【赤旗問題】一般質問「政党機関紙しんぶん赤旗の庁舎内での勧誘・配布・集金について」

 

 

 

全国の皆様へ
この問題が広く波及し、実際に事態を解決すべく動くためには。
「武器としての資料」が必要でありました。
拡散するに足る資料は、政治家の責務として揃えることができたと思います。

ただし、どんなに優れた資料であっても、人の目に触れねば効果を発揮しえません。
ネットで公開することにより、全世界に発信することはできますが、
それは全国の皆様が閲覧する(受信する)こととは違うのです。

一人でも多くの地方議員の元に、本資料が届きますよう、
そして現実が変わっていきますよう、皆様の力を貸してください。

 

 

おかしいものは、おかしい。

 

声を挙げる勇気、立ち上がる勇気。

 

見て見ぬふりはやめよう。

 

最前面には、私たち議員が立ちます。

 

一歩前に出る勇気を持ちたい。

 

賛同してくださる方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

関連

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

One Response to 【漫画でわかる】赤旗”強制?”購読の実態。こうして市役所は陥落した

  1. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    赤旗どころか朝日にすらアレルギーみたいなものもある身の上としては図書館のように各紙揃えることを求められる場所は別として公的な場であっても何故あんな反政権寄りの新聞を購読しているものもあるのか疑念すらあるものです。

    ニーメラーあたりのことを持ち出して共産主義を正当化するような論調すらされる場合もありますけどそんなのは偽善者か何かと同類だとしか思えません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください