【ピース暴徒】海保のボートに放火で現行犯逮捕、沖縄にて【平和的じゃないと思った人はシェア】


 

 

 

平和を掲げつつ暴力的手段をもって、活動する。
ネットの一部では、”ピース暴徒”と揶揄されている実態だ。
名護市の漁港にて、海上保安庁所有のゴムボートが燃える火災がおきた。県警が建造物等以外放火の疑いで男を現行犯逮捕との報道。

逮捕された者は黙秘しているようなので、基地反対派かどうかの断言はできない。
ただし、一般論として「平和を掲げる」ものが、暴力的な手段をもって活動を行うことはおかしい。違和感を覚える。というか、平和と暴力が混在できる思考は、はっきり言って頭おかしい。

海上保安庁は、海の警察です。
海保の船とは、警察車両みたいなもので、パトカーに放火するのと同義だ。
治安維持に供する設備に放火、これはどう考えてもテロリストだ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

 

 

(OGP画像)

 

 

【沖縄の声】ウイグル問題を考える集会・街宣活動 in 沖縄 / 沖縄選挙戦2022~南城・名護市長選挙始まる~[桜R4/1/17]

(こちらの動画については、明日の記事で触れます。私も出演します。あと、昨日と今日が過去記事である理由、この記事になった理由も察して頂けると幸いです。大阪での市政報告会のち、東京へ。その後の経路を考えて頂けると幸いです。こう、日付けを逆算と言いますか。あ、今日の収録です。)

 

 

 

報道の紹介
以下、報道を紹介する。

 

海保艇放火疑いで男逮捕 沖縄・名護

 

 沖縄県名護市の名護漁港に停泊していた海上保安庁所有のゴムボートが燃える火災が16日未明にあり、県警が建造物等以外放火の疑いで男を現行犯逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。男は黙秘しているといい、県警は経緯や動機を調べる。

 捜査関係者によると、男は16日未明、名護漁港に停泊していたゴムボート2隻に放火した疑いが持たれている。

 名護市では昨年12月、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設工事に関わるセメント製造会社の重機の鍵穴に接着剤が塗られたり燃料タンクに異物が混入されたりする被害が確認され、県警が関連の有無を調べる。

 

 

これは、普通に犯罪です。

 

 

 

テロリスト

単に犯罪者というだけでは足りない。

 

冒頭でも述べたが、治安維持に供する機材に放火する、これはテロリストだ。
厳罰に処して頂きたい。

海上保安庁は、国土交通省の外局である。
海上の安全及び治安の確保を図ることを任務としている警察機関だ。

 

海の治安を守るべく、陸路を走ることもあるが、赤色灯が許されていなかったかと思う。
私は、海保にも認めてあげて欲しいと思うが(高速道路のNEXCOや、輸血に供する車両、ガスなども赤色灯が許されている。)、海上保安庁は警察機関である。

 

治安を維持するための組織の機材を、放火・・・。
放火とは、故意にやったということ。
事故で起きたことではなく、わざと壊しているわけです。

 

放火自体が極めて重たい罪でありますが、これは、それ以上に「テロリスト」です。

 

 

 

放火は、極めて重たい罪
以下が放火に関する刑法の規定です。

過失の場合は、失火(わざとではない)となり、故意に火を放った場合は放火となります。

 

・現住建造物等放火罪(刑法第108条)
死刑または無期もしくは5年以上の懲役

・非現住建造物等放火罪(刑法第109条)
 2年以上の有期懲役
 自己所有物に放火した場合は6ヶ月以上7年以下の懲役
 公共の危険が生じなければ罰しない

・建造物等以外放火罪(刑法第110条)
 他人の所有物を焼損・公共の危険を生じさせれば1年以上10年以下の懲役
 自己所有物の場合1年以下の懲役または10万円以下の罰金

 

人がいる建物の場合には、「死刑または無期もしくは5年以上の懲役」であり殺人罪と同じレベルです。

今回の逮捕は、報道によると”建造物等以外放火罪(刑法第110条)”となるようなので、1年以上10年以下の懲役となるのでしょう。海上保安庁のボートですから、自己所有物ではありません。強いて言えば、国民の財産です。

 

懲役は確実につくのでしょうけれど、1年では足りないと思います。
マックスの10年でも私は不足していると思う。

例えば警察署に放火するとか、消防署に放火するとか、公共施設に対する放火は罪は重たくすべきではないか。
無論、その場合は「人がいる建物」ゆえ、108条になりますけれども、パトカーを壊す、海保のボートを壊すというのは、ちょっとありえない。
例えば、自衛隊の戦車であったり、戦車を破壊するのは大変だったとしても、補給車両を破壊するなどした場合を考えて欲しい。

治安に関する者を破壊するのは、ちょっと罪の種類が違うのではないか。

 

是非とも厳罰に処して頂きたい。

 

 

 

自衛隊もやられた。
これは昨年末の記事である。

本件との関連性は不明だが、自衛隊の関連施設までもが「テロの対象」となっている。
このことが怖くてたまらない。我が国には治安はないのか。

 

自衛隊沖縄協力本部に放火 1階窓も割られ、ベッド燃える

 

22日午前3時半ごろ、那覇市前島の自衛隊沖縄地方協力本部で「ガラスが割れる音が聞こえて火が上がるのが見えた」と、通行人から110番通報があった。那覇署によると、沖縄地本の建物1階の窓ガラスが何者かに割られ、部屋の窓際にあった折り畳みベッドの一部が燃えた。職員が気付いて消火し、けが人はなかった。署は放火事件とみて、現住建造物等放火の容疑で捜査を進めている。

署によると、事件後に付近を原付きバイクが走り去ったという目撃情報や、敷地内の防犯カメラが撮影できないように赤いスプレーのようなもので塗られていたことから、放火との関連を調べている。

(中略)

沖縄地本は自衛官の募集業務や自衛隊に関する広報業務などを行う組織。建物1階には沖縄防衛局の那覇防衛事務所もある。

 

 

防衛局が入っている。
これは結構、怖い話だ。

犯行が手馴れている。

 

監視カメラをつぶし、ガラスを割る。
何がしかの方法で、放火すべく悪事を働いたわけだ。例えば引火性の高い液体をばらまき、着火するなど。

のち原付で逃走をはかる。

 

被害は、窓際の折り畳みベッドの一部が燃えただけで済んだようだが、犯行方法がプロ。

単に放火というには手馴れすぎている、
被害を受けた施設の意味を考えても、どう見てもテロリストだ。

※ 今回、逮捕された者との関連は不明である。あくまで、昨年末において、上記のようなテロがあったという紹介である。

 

 

 

中核派のIさんだと仮定すると。

例えばの話であるが、学生運動をやっていた本籍地が内地の、活動家(専従)Iさんだと仮定する。
あくまで架空の人物とするが、過激派の専従が治安を脅かしているとしよう。
仮に中核派のような過激派とする。

その場合も、刑法第110条(建造物等以外放火罪)で裁くというのか。
国民世論が納得すまい。

 

警察も、これを容認していいのか、という話。

法に定められた以上の量刑を求めることはおかしいとは思うし、それを行政職である警察官に求めることは筋違いではある。
だが、せめて量刑のフルマックス(十年)は請求すべきだ。

しっかり述べておきたいが、
これは政治活動ではない。

 

私は、政治活動については左派であれ容認する。
基地反対派についても容認する、と断言する。

日本は、様々な政治信条を認める国だ。
我が国の政治家として、イデオロギーが違うというだけでこれを取り締まれとか逮捕せよとは言わない。
それは弾圧であり、白色テロである。

このような弾圧は、共産主義国家で起きていることであり、民主主義国家ではあってはならないこと。
ゆえに、私は基地反対活動自体を弾圧せよとは言わない。
他の政治家も述べるべきではない。
(立法分野の末端としての誇りとして。)

 

ただし、これはテロ行為だ。

放火することは、政治活動ではない。
基地反対がどうとか、そういうのは一切関係ない。

火をつけるな、治安を乱すな。
これはイデオロギーではない。

普通に考えて、おかしなこと。
厳罰に処して頂きたいと政治家が主張するのは、当然のことだと思っている。

 

過激派が、海保の設備を破壊するまで、我が国の捜査機関は指を加えて見ていたのか?
予防しすぎるわけにはいくまいし、沖縄県警のトップはオール沖縄の知事ゆえ、やりにくさはあるのだろう。
あるのだろうけれども、だったら国民は納得するのか、という点を考えて頂きたい。

過激派が普通に跋扈し、破壊活動を行っているとして、
それを実行するまで見ていなければならないのか。

私にはまったく納得できません。

 

 

 

自衛隊施設への放火については

 

「現住建造物等放火の容疑」で捜査が進められていたようだ。

 

関連性は不明とはしつつも、こちらの犯人も逮捕して頂きたい。

 

その場合には、現住建造物等放火罪(刑法第108条)となり

 

「死刑または無期もしくは5年以上の懲役」である。

 

今回の海保のボートとの関連性は不明だが、

 

自衛隊とか海保とかを「破壊」するのは、

 

すでに政治活動ではない。

 

しかも平和を掲げつつ活動しているのだとすれば

 

まったくもって理解もできぬし、容認もできない。

 

ピース暴徒が怖い方は、拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

6 Responses to 【ピース暴徒】海保のボートに放火で現行犯逮捕、沖縄にて【平和的じゃないと思った人はシェア】

  1. BLACK のコメント:

    暴力で「平和」を主張する。
    暴力で「戦争反対」「自衛隊反対」を主張する。
    その人たちが主導する社会が実現したら
    どのような社会・どのような国家になるのか
    透けて見えます。バレバレです。

    維新の志士ファンの方々には申し訳ない例えですが
    よく理解していただけると思いますので例えさせていただきますが
    倒幕の志士たちが幕府を攻撃し倒すための方便として「攘夷」を叫んだように
    「平和」「戦争反対」「自衛隊反対」「米軍反対」「反核」を叫ぶ人たちも
    現政権・現体制を批判する為だけの方便に過ぎないのは明白です。

    「平和「戦争反対」「自衛隊反対」「米軍反対」「反核」を叫ぶ人たちが
    政権を握った時には、非常に血なまぐさい政権・国家になるのは明白です。

    そして「テロリスト」もいない、「人権問題」も無い、彼等の主張する「平和」な社会になるのでしょう。
    それはあくまでも彼等が主張する「平和」です。
    発言すること、批判することを、自由を許さない「平和」です。

    皮肉なことに、車両の前に身を投げ出すと言う危険な行為も
    身を投げ出す活動家が批判する日本の現体制によって守られています。
    彼等は日本の現体制によって自身が守られ、安全であるこを理解して
    現体制を批判しているのです。
    はっきり言って卑怯ですが、彼らの頭の中では「頭脳戦」とか「賢い」とかになっていのだと思われます。
    彼等が好きな某国で、同じことをやって見せる勇気は無いと私は思っています。

    優しい言葉で言えば、日本に甘えているのだと私は思っています。
    親に反発する子供と同じに私には思えます。
    それが左翼活動家の実態であり、精神的な問題だと私は思います。

    もちろん、そうだからと言って理解されたり、許容されたり、許されたりするものではありません。
    厳正な対処を求めます。

    以上 文責 BLACK

  2. BLACK のコメント:

    昨日は阪神淡路大震災から27年目の震災の日でした。
    阪神淡路大震災への私の想いは割愛させていただきますが

    阪神淡路大震災の日にかこつけて
    阪神淡路大震災→東日本大震災原発事故→証言することのたいせつさ・語り継ぐことのたいせつさ・忘れない
    として、反核運動の報道が、昨日と今朝は目に付き個人的に非常に不快でした。

    純粋に慰霊の日にすることが出来ないメディア
    反核に利用するメディアがとても不快です。

    以上 文責 BLACK

  3. 神無月 のコメント:

    【日本語字幕】【保存版】共産主義の本質がわかる53年前の警告

    前編 https://youtu.be/B8COygmqKgQ
    後編 https://youtu.be/yIXrjuKEURs

    共産化を進める団体の狡猾さは、53年前の警告の通りに世界をその方向に具現化しています。
    保守はスーパーヒーローの出現を願うのではなく、個々の柔軟な団結が唯一の対抗手段です。
    .

  4. autumn ripple のコメント:

    警備の警察官?の顔写真貼り出したり、警察官の家族まで脅すような無法地帯でしたよね、沖縄。
    警察が機能しないのであれば、もう国が動いて掃除するしかないと思うのですが、それが出来る法律とかは……無いのかなやはり。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    暴力には秩序に基づいたものと、秩序に基づかないものがあります。
    秩序に基く暴力とは、犯罪者に対する刑であったり、正当防衛行為がそれに該当します。
    秩序に基づかない暴力は、犯罪行為そのものであったり、侵略行為などがそれらに該当します。

    これら暴力を考察するに、”秩序に基づかない暴力”を抑止、又は排除する為には”秩序に基く暴力”が不可欠なのが現実と言う事が理解出来る筈です。

    上記を理解した上で所謂ピース暴徒らの行動を解析すれば、”秩序に基く暴力”を秩序に基づかない暴力と世間一般には誤認させ、自らが行う”秩序に基づかない暴力”を秩序に基く暴力と刷込んで、秩序そのものを破壊しようとして居る事も理解出来る筈です。

    本エントリーは2019年にアップされたものの再掲ですが、あれから約3年が経過し、連中が目的とする秩序の破壊を食い止める事が出来て居るでしょうか。

    暴力と聞くと無条件に悪いものと判断して思考停止に陥り、連中が論理的に逃亡する隙きを与えてしまって居るのではないでしょうか。

    暴力には行使せざるを得ないものと、行使してはならないものがあると言う事を明確に区別し、それらを認識しておく必要があります。

    特に公人は秩序を維持する役目を多かれ少なかれ担って居りますから、この辺りの区別はしっかりと御認識頂きたいものです。

    そして、この区別がしっかりと出来て居る公人は、何かと矢面に立たされて敵の総攻撃を受ける事が多いですから、そう言った出来る公人を守る事も必要であると言えるでしょう。

  6. 常磐本線 のコメント:

    一般人になった関生婆のコメントが欲しいところ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください