【国士烈伝1】対中非難の急先鋒、長尾敬(大阪14区)、苦戦【その分を保守が支えると覚悟する人はシェア】


 

 

ウイグル国会議員連盟の事務局長を務める長尾敬先生が、苦戦している。
大阪府下全域において、唯一、公明党の推薦が得られなかったことは理由としているネットの世論もあるが、それは甘い。現実はさらに複雑だ。より根源的な問題として、実は極めて強い維新の地盤で、松井市長がおひざ元(府議時代の地盤)である。

大阪府第14選挙区。
前回は1600票差で薄氷の勝利、前々回は1800票差で惜敗(比当)、もともと維新と死闘を繰り広げてきた選挙区であった。維新としても”奪還”したい選挙区である。戦略的にのみ述べるならば、”公明党からの推薦は、必須であった”とも言うべきなのだろう。

長尾敬は、いわゆる対中非難決議において、上程には至らなかったものの主導的な立場を果たした。ポイントはそこではない。その原因として、自民党の一部(執行部含む)や友党・公明党側の協力を取り付けきれなかったことを、公開の場で述べた。
覚悟の上であったと私は確信している。覚悟をもってやったことだ、と。だからネットは知ることができた。

ネット上の議論において、長尾先生のみが大阪で公明の推薦を得られなかったことを批判する意見がある。私には浅く見えてしまう、本質はそこではない。

”友党だから”はなんの言い訳にはならず、義務を負うわけでもない。いかなる支持母体であれ、(仮に推薦が得られたとしても)頂いた推薦状が勝手に選挙をするわけではない。
公明党だって人間だ、創価学会員もどこまで行っても人間である。
党を強く批判されれば、心を込めて応援しようという気分にはなるまい。当たり前のことだ。

【凄まじいまでの、維新と激戦区】であり、公明党の推薦も得たかったはずの長尾先生は、状況を理解したうえで「それでも述べることを述べてきた」のだ。本当に価値を見出すべきは、ここである。どうなるかも理解し覚悟した上で判断してきたのだと私は確信する。

今回、維新は(今までの候補ではなく)有力な新人を擁立してきた。年齢は若く、キャリアも素晴らしい。本気で大阪府第14選挙区を(彼等目線で)”奪還”しに来ているのだ。対中非難決議の一件は、その有力新人が名乗りを上げてのちのことだった。強力な新人が、やがて選挙区内でも台頭していくことは予見できたことだった。それでもやった。

長尾先生は、ネット上では有名なインフルエンサーでもある。各種の保守系番組にも多数出演しており、本人の発信力も極めて高い。けれども、youtuberではないし、職業インフルエンサーでもない。どこまで行っても政治家であり、一票を頂く政治家だ。発言には責任も伴うし、一つ一つの決断は自らに跳ね返る。言いたい放題が許される立場ではない。同じく、実名の、議員ブロガーとして振る舞う私には痛いほど分かる。それでも「言うことをはっきりと述べてきた」のが長尾先生だ。結果として、ネットの世論は醸成されてきた。

私は、公明党が推薦を出さなかったことに異論を唱えるつもりはない。批判もしない。むしろ当然のことだと思う。全国を見渡せば公明党の推薦を得ずに小選挙区を戦う自民国会議員もいる。僅差であっても勝利をおさめてきた。その陣営の支持者は、公明党の悪口など言わない、責任は自らに課すもの、他に責任を押し付ければ「気が楽になる」だけで、現実は何も変わらないからだ。

【公明党の得票が期待できない】ならば、その分、保守の票を積みますよりない。
ただそれだけだ。公明党からの推薦状を自発的に返した先生は、『自らを支えてくれる自民党の地方議員は、地方選でライバルになるのに自分だけ楽をさせて頂くわけにはいかない』と要旨を述べて、推薦を受けなかった。浪人中からバッジをつけられるかという状況だった。驚いたのは、自民党の地方議員だった。そして様々な神社仏閣、退職した自衛官たち、もはや誰しもが必死だった。私も選挙区に入り浸った一人だ。楽な選挙ではなかった、接戦だった、けれども勝つことができた。

私たちには、なすべきことがあるのではないか。
覚悟をもって政治家が動いた、ここでなすべきは一つだ。友党を攻めても仕方なかろう、そんなことをしても(本当はいれようと思っている学会員などの)票を失うだけだ。
私たちが言わねばならないのは、「だったら、保守として全力を尽くす」以上のことはない。

大阪第14選挙区
八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市。

伝えていくのは、選挙区だ。この地域に住む方は、【長尾たかし】に清き一票を。
そして、ご家族ご友人のおられる方は、何卒、”長尾たかし”の名を伝えてください。知人が大阪14区にいない方は、誰かの目にとまるよう拡散をお願いします。

私は、行橋市議会議員選挙において、遠く離れた大阪から出陣式に来て頂いた御恩がある。
自らの市議選を終えてのち(緊急事態宣言が解除されていたタイミングで)、大阪14区で市政報告会も開催させて頂きました。
皆様になすべきことがあるのではないか?と述べるだけではなく、私も、私にはなすべきことがあると宣言する。地元でなすべきを終え、大阪に入ります。証紙貼りでもなんでもする。

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

長尾先生からの、応援演説
大阪から、行橋まで来てくださったマイクを握ってくださいました。
(確か、市議選中に最初の緊急事態宣言が発令。出陣式ではギリギリ出ていなかった(どうしていいか手探り状態だった)時です。)

 

 

 

小坪しんや市政報告会イン大阪

今度は私自身が、長尾先生の地元に行って市政報告会。
大阪14区にて、(県外の市議の)市政報告会を開催し、来賓として支部長である長尾先生に登壇して頂きました。

※1 こちらは長いです。一時間ちょっとあります。

※2 長尾先生の出番ですが、ちょうど60分目から来賓挨拶です。

 

ウイグル問題以外の、例えば拉致問題などにおいて長尾先生がどのような実務的な動きをとってきたかが分かると思います。

 

ちなみにこの会は、関西の地方議員にも来賓として参加して頂き、かつ登壇して頂き、あわせて私から各議員に「長尾先生をよろしくお願いします」とお願いする場でもありました。昨年の8月でありますが、あわや衆院選があるか?という予断を許さない状況でした。

前述の、維新が強いことも理解した上で、だからこそ開催した市政報告会(大阪)でした。

 

 

 

求められることは、公明批判ではない。

推薦するかしないかは、公明党の勝手だ。

それが大阪府内で、長尾先生だけだとしても、だ。

むしろ覚悟の上だろう、それを批判して何になるというのだ。

 

一部の学会員は、それでも(維新にやるよりは)長尾!と動くと期待する。
組織力の高い団体ではあるけれども、単にそれだけで動くわけではない、相手も人だ。
ここで公明党を悪者にすれば、票が抜けるだけだ。この点は明確に述べておく。
(それに公明党を非難したとして、いまさら推薦が降りるわけでもない。)

 

私たちがすべきことは、支援だ。
それ以外にやることはあるだろうか。

 

必死に戦うしかないだろう、やるしかないんだよ。

「それでも、言いたいことを言うんだ!」と国会議員が覚悟をもって決断した、覚悟をもって発言してきたんだ。
それを支援してきた我々は、仮に無謀だとしても「応援する」以外の道はない。

 

 

 

具体的な支援方法
シンプルだ。

票を集めるよりない。

 

ネット上では、14区の自治体も浸透していっていない。
下記の情報もセットで広めて頂きたい。これがあるのとないのでは、まったく効果が違う。

大阪第14選挙区
八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市。

伝えていくのは、選挙区だ。この地域に住む方は、【長尾たかし】に清き一票を。
そして、ご家族ご友人のおられる方は、何卒、”長尾たかし”の名を伝えてください。

 

次に運動員の問題。

長尾先生の、今回の選挙事務所の陣容は分からない。
けれど、私的にやり取りしているメールにおいて「運動員が欲しい」旨の要望はあった。本人からです。(ただし選挙期間に突入した今の情勢は分からない。)

 

特に平日の昼間などは運動員が手薄になるものであり、私がかつて戦った公明党の推薦なしの衆院選は、スタッフ不足に悩まされました。

公明党の党方針に言いたいことがある方もいるだろうけれども、ドライに言わせて頂ければ「運動員としての存在は大きい」ことは事実として述べさせて頂きたい。有休を駆使して、組織的にスタッフを配置して頂いている小選挙区は多々ある。

もしも公明党の在り方に異を述べたいのであれば、実際に行って頂きたい。
行って、運動員を手伝って欲しい。大量の証紙を貼ったり、電話かけであったり、その一つ一つは極めて地味に作業。誰でもできる作業だ、けれど誰もやりたがらない作業。その小さな積み重ねが、大きな大きな得票につながり、それが国政選挙になる。

 

私も、地元を終えてのち、行く。
それは恰好つけるために行くのではなくて、「地味な仕事」に汗を流すために行くのだ。

共に支えるために行く。
皆さんと共に支えるために、だ。

 

 

ウイグル応援グッズ

 

 

 

現状は厳しい

ネットの力は強力だ。

否定するつもりはないし、私もその力をお借りしてきた立場だ。

 

その上で、ネットの力も限定的だと言わざるを得ない。
例えば前回の総裁選がそうだけれども、ネット人気と得票は常に比例するわけではない。

ネット上に党員が多くはいなかったというだけであるが、ネット上に大阪14区の人間が何人いるかは分からない。

参院の全国比例ならば、どこからでも投票できる。
けれども、小選挙区はそうではない。

 

維新の新人候補は強力だ。

というよりも、今までも相手候補が少し変わったキャリアだったというのもある。
元は社会党に属していたのに、自民党に移籍、風色が悪くなるや維新に移籍したという人が、「いままでの維新候補」だった。

それでも冒頭で述べたように接戦だった。
前回は1600票差で薄氷の勝利、前々回は1800票差で惜敗(比当)が結果である。
松井さんのおひざ元であり、特に維新人気が強い。また、維新も重点選挙区に据えてきていた。

この「いままでの維新候補」が、若い、キャリアもしっかりした新人候補に変わった。
新人は最初は顔も知られていないが、徐々に名前が浸透していくに従い、支持率も高まっていく。

さらに公明党の推薦は得られていない。

 

現状は厳しい。

だったら、やらないのか?

 

長くなってしまったけれど、私は「長尾たかし」は、日本に必要な政治家であると考えています。

皆様はどうか?

必要だと思わないのか?

 

だったら、なすべきは一つだ。

こういうのは有利だからやるとか、不利だからやらないではないんだ。

必要ならば、戦うまで。

それ以外にないだろう?

 

 

 

大阪第14選挙区

 

八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市。

 

選挙区の自治体を伝えていこう。

 

この地域に住む方は、【長尾たかし】に清き一票を。

 

ご家族ご友人のおられる方は、何卒、”長尾たかし”の名を伝えてください。

 

知人が大阪14区にいない方は、誰かの目にとまるよう拡散をお願いします。

 

「長尾たかし」は日本に必要な政治家だと思った方は、FBのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

8 Responses to 【国士烈伝1】対中非難の急先鋒、長尾敬(大阪14区)、苦戦【その分を保守が支えると覚悟する人はシェア】

  1. 波那 のコメント:

    安倍晋三チャンネル開設二日でチャンネル登録者数17万越え。安倍事務所に苦戦してるのでとYoutubeで応援をお願いされては如何ですか。この選挙の為に開設なさったのですから。

    長尾たかし議員は大好きな先生です。大阪の皆さん、お声がけを宜しくお願いします。

  2. 波那 のコメント:

    何なのでしょうか、あの国は。啞然呆然😱これが中国。

    🔻【This is China】
    北京市、日中戦争の発端「盧溝橋事件」と同じ日に新製品発表の広告を出し中国国家の尊厳を損なったとし、ソニーの中国法人に約1770万円の罰金を科した
     http://totalnewsjp.com/2021/10/18/china-146/

    目次
    This is China
    ソニーに罰金1700万円 中国の尊厳損なうと当局
    ネットの声
    盧溝橋事件
    参考記事

    🔸This is China

    産経ニュース
    @Sankei_news
    ソニーに罰金1700万円 中国の尊厳損なうと当局   https://sankei.com/article/20211018-P2ZFSVOUTZJZJJGHKMPDFRGBMY/
    盧溝橋事件から84年に当たる日に新製品を発表するとの広告を出し中国国家の尊厳を損なったとして、北京市朝陽区の市場監督管理局は18日までに、ソニーの中国法人に100万元(約1770万円)の罰金を科した。
    ソニーに罰金1700万円 中国の尊厳損なうと当局
    sankei.com
    午後3:02 · 2021年10月18日

    🔸ソニーに罰金1700万円 中国の尊厳損なうと当局
    2021/10/18

    日中戦争の発端となった盧溝橋事件から84年に当たる日に新製品を発表するとの広告を出し中国国家の尊厳を損なったとして、北京市朝陽区の市場監督管理局は18日までに、ソニーの中国法人に100万元(約1770万円)の罰金を科した。12日付。

    同局などによると、中国法人は今年6月30日夜に、7月7日夜に新製品を発表するとの広告をインターネット上に出した。これが1937年の盧溝橋事件発生とほぼ同じ日時だったため、中国で批判の声が殺到。7月1日に広告を削除し、不適切だったとして謝罪していた。

    盧溝橋事件は、日本軍が北京郊外の盧溝橋近くで演習中に銃撃を受けたなどとして中国軍を攻撃。8年間に及ぶ日中戦争のきっかけとなった。(共同)

    🔸ネットの声

    中国に法人など作ったらいかん。こうなるのは見えていた。何かにつけ難癖つけられるからもう撤退した方が良い。

    中国はかつて尖閣国有化の際、日系企業を破壊・略奪が起きても何もせず日本企業を守らなかった国。日本は過去に学ぶべき。

    典型的なカントリーリスク。

    目に見えてる、他企業も考えなければ、、、。

    ベトナムとかインドネシアに会社移転しましょう。

    これが中国これが共産党。日本企業は心してかからなければ足元すくわれる。

    むちゃくちゃだ。893のいいがかりよりひどいわ。

    🔸盧溝橋事件(田母神氏論文)

    東京裁判の最中に中国共産党の劉少奇が西側の記者との記者会見で「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党で、現地指揮官はこの俺だった」と証言している。したがって、我が国は蔣介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである。
    【田母神論文問題 – Wikipediaより】

    田母神さんの論文は問題とされた風潮だったのが問題ですよね。2008年の頃はまだ日本はドップリと自虐史観に浸かっていたのだなと思います。我々は今ではコミンテルンによって仕掛けられたのだと言う事を知っています。

    🔸盧溝橋事件(wikipedeia)

    1937年(昭和12年)7月7日に中華民国北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。1937年7月7日夜、豊台に駐屯する支那駐屯軍の支那駐屯歩兵第一聯隊第三大隊第八中隊が盧溝橋近辺の河原で夜間演習中に(中国から)実弾を撃ち込まれ、兵士が一名行方不明となり、行方不明の兵士は発見されたが、散発的に射撃があり、翌朝、第三大隊は中国軍が駐屯する宛平県城を攻撃した。

  3. autumn ripple のコメント:

    何故維新がそれほど強いのか関東の人間なのでわかりませんが、東京都の杉並のように元々左派が多い、的な理由だと難しそうですね。
    維新も新型コロナの件で、党首や副党首のメッキが剥げたり、病院減らしすぎたのが顕になったり、看護士が足りないと思ったら看護学校潰していたり、などなど悪い所がかなり目についていたと思うのですが……。
    過去の「改革」のイメージに踊らされている人が多いだけなら、戦いようもありそうです。

    話題になっていないので大丈夫なのかもですが、過去の共産と自民大阪が手を組んだ件はもうケジメついて不問、問題にならないように片付けたんでしょうかね??

  4. よー のコメント:

    長尾たかし議員は長尾和宏医師と実兄弟であると主にネット上で勘違いされているように見受けられます。
    ワクチンに否定的な人だと先入観を持たれると不利かな。

  5. kidokazu2 のコメント:

    #長尾たかし#拡散希望#憲法改正反対!現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!#六四天安門#武漢肺炎#拉致被害者全員竹島北方領土奪還#関西生コン#全拉致被害者即時一括帰国#特定失踪者全員奪還#拉致被害者奪還

  6. 神無月 のコメント:

    大阪第14選挙区 八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市の公明党を支持されている皆様の御心を信じたいものです。

    人権には日本国内も外国も違いは有りません。

    公明党を支持されている党員の皆様は、人権を一番大切にされている方々と思っています。
    長尾たかし候補は、人権弾圧を受けているウイグル人を助ける為に尽力された強い方です。

    人権を守る党員の皆様は教えを大切にされているいると思います。
    また、公明党は自民党と共に与党としての重責も担う立場です。

    万が一、長尾たかし候補の当選が叶わねば、その影響は公明党の負になると心配致します。

    何卒、公明党の党員皆様の「長尾たかし」候補への御支援を御願い申し上げます。
    .

  7. ピンバック: 【国士烈伝3】在日ウイグル人の陳情処理を続けてきた桜田義孝、えひめ丸事件では米軍に一歩も譲らぬ交渉。野党共闘により、大ピンチに【メディアの作ったイメージに惑わされるな】 |

  8. ピンバック: 【国士烈伝4】公明の推薦なしで「野党統一候補」と戦い続け、倒し続けてきた政治家、木原みのる(熊本一区)【今回も公明推薦なし、比例も自民】 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください