米国大統領選と今後


 

 

私は多くは語らないほうがいい立場なのかもしれない。
その振舞いを冷たいと見る人もいるだろうし、冷静と言う人もいるだろう。
一応述べておくが、これは保守系のインフルエンサーを揶揄するための投稿ではない。各所で煙があがっているため、この前置きが必要な情勢だと考える。
そして、さらにごく一部の人は「ある程度の結果と、その後の流れ」について理解していたとか、中には”知っていた”という人もおられるのだろう。そちらについては、明言を避けたい。

繰り返して述べるけれども、私はトランプ支持者であり、かつ「大統領選挙の最中」に必要な情報をトスしていた。
それは選挙戦後において、米国の要人がアップしたファイルと同じものをベースとしている。

私は、選挙戦を戦った。
しかし、自らが選挙で選ばれた以上は、選挙戦後においてそれ以上の言及は避けた。
まぁ、某・人型決戦兵器のアニメにおいて、黒い板がペラペラとお話しをするシーンがあるけれど、あんな世界があったとして。

万馬券を連続で当てた素人が、たまたま会場に侵入するチケットを得ていたとして。
もしも五つの眼を持つようになっていたとして、それがどうしたというのだろうか。

できないことはできないし、やれないことはやれない。
それでも抜刀するときはあるけれども、どこを戦線に据えるか?というのは考えておきたい。

まぁ、黒いモノリスを見たのか?については一言、触れておこう。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

これからのこと
敢えて過去記事の抜粋で紹介してみよう。

ちなみに、今日明日の論調で、これと同じことを述べる論客が多数いる気がする。
下記については即日で書いたもので、あくまで過去記事だ。

 

【まさかのトランプ苦戦】バイデン210トランプ174、結果が気になる。混乱の世界へ突入か?

 

世界は、このまま混乱の時代に突入してしまうのか?
米国のトップが「仮にCHINAの傀儡のようになってしまった」とすれば、いままで想像してこなかった情勢になる。

例えば、尖閣や日本海について、「米軍は、放置する方針をとらざるを得なくなる」だろうし、
結果として、台湾もCHINAに飲み込まれる危険性が高く、我が国はシーレーンを維持できなくなる。
また、米中が接近した結果、我が国は”米中から孤立する”ことすら考えねばならない。
これは我が国目線で見た話である。

そして、世界を見渡せば、米国のプレゼンスは低下し、というよりも「CHINAが動きやすいよう」に米国が退いていき、やりたい放題が加速するだろう。チベットやウイグルの少数民族の弾圧にも、米国はだんまりという最悪の未来。悲しいことに、(軍備を含む)我が国の国力では単独で発言できるような力はない。

 

 

もう少し後になり、12月の半ばの記事より。

米国の大統領選を受け、対CHINA牽制に一手。

 

まぁ、”やること”は同じなんだけど意味合いは変わってくるよなぁ。
米国の大統領選、”まだ結果は分からない”と言いたいが、どちらにせよCHINAは増長してくるだろう。
カードが全くないかと言えばそうでもなくて、現在の大統領が誰か?という点が答え。無茶はやってやれなくもない。けれども、そういう破壊的なカードの切り方は非現実的と言っていいほどハードルが高い。

ネットでは「戒厳令だ」と、したり顔で言っている人もいたが、それ以外にも様々な方法がある。大統領の職権の範囲内なら、現時点でも行使は可能なのだから。けれど私は『だから、やる』という論調に持って行きたいわけではなくて、”とは言え、そんな簡単にはできないし、やれんだろう”と思っている派です。

それって、民主主義の否定ととられかねないし、特に(民主主義国家として)対選挙という部分で強権発動してしまっていいのか?って話が出てくる。
まぁ、その部分は後日に譲るとして、私たちが何をしていくか、という話。

今まで通りに対CHINA牽制に注力していく。
変化があるとすれば、”今まで通り”という言葉を、”今まで以上に”と変えるぐらいか。
分かっている、変化はある。リスクは跳ね上がる、危険な政策テーマになるだろう。自民党の一部も腰砕けになるかもしれない。エアカバーをどこまで信じていいかは探り探りというとこか。

やりにくく、なるのだろう。
で、やめるかと言えば、やる。
だから何も変わらない。

もともとリスクはあると承知でやっている。
だから何も変わらない。

覚悟の種類が微妙に変わるぐらい。
小破・中破は覚悟していたが、大破・轟沈も視野にいれて運用するぐらいの差。

少数民族への弾圧は激化するだろう。
ウイグル問題は、やる。幹事長として早期の組織化および政策活動を軌道にのせる。
ここはさらなる速度の向上が求められるだろう。ちょっとフレンドリーにやっていたが、一気にジェノサイドにシフトしそうな危険もあるので「少し厳しく」やる。ついて来れる艦だけでいい、速度は最大。

のち、チベットや内モンゴルなどにも同種の展開、ここは他の人に出てもらうかもしれん。人手は足りない。予算も厳しいかな、ここまでやると。4月に市議選からの連戦で、コロナもあり。他府県への応援、都構想。来年は那覇市議選に都議選。
まぁ、予算面もどうにかするしかあるまい。

ネットからの援護も、恐らく小さくなる。
ならざるを得ない。大手のSNSも規制傾向だ。
中にはメルマガでの配信まで手が回っているような気がして、一気にトーンダウンしてきたインフルエンサーたちもいる。youtubeも同様で、それが「飯の種」だった人は苦しい状況ではないか。一時のまとめサイトと同様だ。

現状、今まで通りに弾を撃ちまくれるのは、自サバで運営しているワードプレス系ぐらい。実名型で公人のサイトとなると数は限られてくる。
議員の発信も、SNSに依存していた者が多く、土台の部分が揺らげば大きな動きは難しいだろう。やれる者でやるしかない。

なんだかんだで、「アクセス=収入」に代えていたサイトの脆弱性が示された部分もある。メルマガやサロン系も同様で、それがビジネスである以上(私はそれを否定しない)、バンは致命的だ。生殺与奪の権を他者に委ねていた現実を誰しも思い知っているのだろう。

結局は、ロートルな駆逐艦がのびのびと戦線に在る感じ。
最新鋭の巡洋艦クラスはクラッキングで沈黙しちゃったなぁ、と。
けれど「ただ、一隻」ではない。まだ稼働可能な艦はそれなりにあり、いずれも歴戦の駆逐艦だ。かつて赤旗撲滅戦線を戦った一期生たちも、いまや三期生。

(後略)

 

 

これぐらい書いておりますので、追加で述べることはないというのが現状です。

 

 

 

精度

今回、違う意味でもマークされているのは分かっています。

精度が高すぎる。

 

攻勢をかけるとき、
そして、すっと押し黙って伏兵となるとき。

勝負所で失敗しない、そういうイメージは持たれていたけれど
こと外交関係の予測についても「当たり過ぎる」というのは事実だと思う。

よくない意味でマークされている。
あんま、やりやすい状況ではない。

 

愚痴も一つ。

我が国の論客が、あまりにもミスリードを繰り返した。
結果、私は悪目立ちしてしまった感じはある。

もうちょっと上手く動くと思っていたんだけれども。

 

ここは情報を受け取る側、つまり保守系のユーザー側の動向ではなくて。
いわゆる保守論壇についての苦言というか、愚痴です。

他にも何人かいるんだ、それなりの情報ルートを持っている人たちって。
結果として、そういうラインがあぶり出される形になってしまったのは残念だ。

精度が高いとマークされるんだよ、
味方ではなくて、敵対勢力から。

 

 

 

モノリスを見たのか

某人型決戦兵器のアニメにおいて、主人公の少年がクラスメイトに聞かれたとき、アルファベットで回答をしている。

私が選ぶアルファベットは、同じだ。

 

数週間から数か月程度は、少しだけ情報精度を下げたり、出す情報を小さくしていこうと思う。(そうせざるを得ない。)

理由は、どことどこにアクセスできるかを伏せる必要があるからだ。
一時的に、普通の保守系Blogみたいな深さに戻そうと思う。
(ごくまれに、急に未来予測を異常なレベルでやり始めたときは、なんかあったときだと思います。)

 

 

大統領選を受けての、今後の世界情勢の予測。

書こうかと思ったんだけれど、それを私が今日やってしまうと、やっかむ人も出てくると思うから。
で、味方陣営のやっかみで済めばいいけれど、敵陣からのマークは気分が良いものではないので、時間をください。

 

 

 

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

23 Responses to 米国大統領選と今後

  1. ぽのかのぽん のコメント:

    民选的土皇帝做事就是任性,
    结果不闹都不开心
    特朗普告別了白宮迎來监狱

    • 波那 のコメント:

      もう勝ったから、勝ち誇って五毛の正体現すことにしたの?で、コメント一件で幾ら稼いでるの?w

  2. 波那 のコメント:

    抑制的に警戒して書いておられますけど、では不正があった事も全て掴んでいて、でこれではトランプは勝てないだろうと「知っていた」と言う事を仰ってるのでしょうか?

    私は、あらゆる保守系サイトで同じような情報が取り上げられているので、毎日のように移り変わる情報を追いかけても仕方ないと思い、どうせ1月6日になれば分かるからと思い経過に惑わされないようにしていましたが、ただ保守系の人達の躍起にトランプ大統領を支持していたのも分かるのです。それは日本が『あらゆる面で、まだ用意が出来ていない』からです。主たる危険は日本は、日本だけでは台湾を守れない、台湾を守れないなら尖閣は?沖縄は?と言うことで、

    これらの事は安倍/トランプ政権では万全と思われていたのが瓦解して無くなったのですから当然トランプに勝って欲しい、きっと勝つと皆さん、思われて記事を書かれていました。

    もう終わったので、一つ知りたいのは現政権は痴呆バイデンが降ろされて、カマラ・ハリスに交代されたら?が起きた時の準備は出来ていますか?と言う事です。本当の恐怖は「あの人達の狙いはカマラを大統領にすること」で、その恐怖をアメリカ人と共有しています。もう今迄、アメリカに抱いていたイメージのままのアメリカは無くなると認識されている方は政府内には居るのでしょうか?という事が最大の不安です。

    no name
    日米マスココミや野党の中国の犬どもがいくらトランプ氏を批判しようが、彼ほど中国の脅威に立ち向かった大統領はいない。安倍さんと気が合ったのも、それをよく理解していたからだと思う。トランプ大統領には心より感謝いたします

    matatabi @matatabi_catnip.3時間

    THE WHITE HOUSE
    WASHINGTON

    20th January 2021

    Joe, you know I won.

    トランプがバイデンに残した手紙。

    2021年1月20日

    ジョー、俺が勝ったの知ってるだろ?

    https://twitter.com/matatabi_catnip/status/1351958090590126092?s=20

  3. 波那 のコメント:

    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/201113/for2011130002-n1.html
    🔻トランプ政権、最大の功績は“独裁”中国への厳しい姿勢堅持 「中国が支配する世界」誕生の可能性考えれば高く評価せざるを得ない
    2020.11.13

    トランプ氏は、米首都ワシントン近郊のアーリントン国立墓地で「退役軍人の日」の式典に出席した=11日(ロイター)

     このコラムを書いている時点では、米大統領選の最終的な結果は出ていない。ただ、ドナルド・トランプ大統領が政権を去る可能性がでてきた。毀誉褒貶(きよほうへん)が激しかったトランプ氏が率いた政権の功績について考察する。

     最大の功績は、共産党一党独裁の中国に対し、厳しい姿勢を堅持したことだ。習近平国家主席の中国を「脅威」として認定し、断固として中国の不公正・不法な行為に制裁を加えた。

     米中覇権争いの本質は「ハイテク覇権争い」だ。AIなどの最先端技術は、軍民両用の技術であり、それらは人民解放軍の兵器開発にも徹底的に利用されている。だから、トランプ政権は、中国による米国の最先端技術の窃取に対して、痛烈な制裁を行った。

     トランプ政権による、中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」に対する徹底的制裁、中国のスパイ活動の拠点になっていた在米中国総領事館の閉鎖、中国人スパイの逮捕などの果断な措置は見事であった。

     覇権争いは、イデオロギーの対立でもある。

     マイク・ポンペオ国務長官は「自由主義の世界は中国共産党の独裁体制に勝利しなければいけない」「中国が繁栄すれば民主主義に転換するとの期待の下で続けてきた従来の関与政策は失敗だった」「中国が変わらない限り、世界は安全にはならない。自由主義の同盟国・有志国が立ち上がり、中国の姿勢を変えるべきだ」などと主張した。

     そして、中国政府による香港や新疆ウイグル自治区での人権弾圧、南シナ海での領有権の拡大、知的財産権の侵害などを列挙し、「中国の指導者の言葉ではなく、行動を見て判断しなければならない」「中国に対しては、『信用するな、確認もせよ』を貫き、公平性と相互主義を求めていかねばならない」と警告した。

     また、「民主主義は、中国を恐れてその専制政治を許すことは歴史的な過ちにつながる。結束して中国に立ち向かうべきだ」「中国の国民が問題なのではなく、中国共産党一党独裁が問題であり、中国共産党を打倒しなければいけない」とも宣言した。

     もう一つのトランプ政権の功績は、「力による平和」をスローガンに、国防予算を大幅に増額し、米軍の再建に取り組み、「宇宙軍」も創設したことだ。そして、20年近く続いている対テロ戦争の優先順位を下げ、最大の脅威である中国人民解放軍に対処する態勢を築いたことだ。

     トランプ政権の中国に対する厳しい姿勢がなければ、「中国が支配する世界」が誕生する可能性があったことを思えば、トランプ政権を高く評価せざるを得ない。

     ■渡部悦和(わたなべ よしかず) 元陸上自衛隊東部方面総監、元富士通システム統合研究所安全保障研究所長、元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー。

  4. 波那 のコメント:

    中国、動き出す… 20日から海警法案審議 武器使用規定

    🔻中国、海警法を審議へ 22日までの全人代常務委で
    2021.1.19 17:47
    https://www.sankei.com/world/news/210119/wor2101190014-n1.html

     【北京=三塚聖平】中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は20日から北京で会議を開き、海上警備を担う中国海警局(海警)の権限を定めた海警法草案を審議する。海警に武器使用を認めるもので、最終日の22日に可決される可能性がある。

     昨年公表した草案では、海警の職責を「管轄海域で警備を展開し、重要な島・岩礁を見張り、国家主権と海洋権益を脅かす行為を制止、排除する」と規定。国家主権や管轄権が外国の組織、個人により不法に侵害されたときには「武器の使用を含めたあらゆる必要措置」を取れると明記した。

     施行されれば、独自の領有権主張を展開する東・南シナ海での海警の活動強化につながる恐れがある。海警は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で巡視船による領海侵入を繰り返しており、周辺で操業する日本漁船も対象に入る恐れがあり、日本政府の警戒も強まっている。

    百田尚樹@hyakutanaoki
    いよいよ、中国が牙を剝きだしたね。 トランプ退陣のタイミングに合わせてきたとしか思えない。 今年は尖閣が危機を迎えるかもしれない……
    ……………
    産経ニュース@Sankei_news
    中国、20日から海警法案審議 武器使用規定  ttps://sankei.com/world/news/210119/wor2101190014-n1.html… 中国は尖閣を「固有の領土だ」と主張しており、周辺の日本領海で警備する海上保安庁や、操業する日本漁船も「正当な武器使用」の対象となりそうです。
    午前0:13 · 2021年1月20日

    teketeketei@teketeketei
    中国、海警法を審議へ 22日までの全人代常務委で ttps://sankei.com/world/news/210119/wor2101190014-n1.html… @Sankei_newsより
    日本も一刻も早く国を守る体制を整えなければ。まずは、二階派潰し。
    午前0:02 · 2021年1月20日

    ちえぞ~(旧ちえぴ)大和撫子隊@Chiezo12Dnkn
    どーすんの、コレ

    中国にヘラヘラした結果がこれだよ

    中国、海警法を審議へ 22日までの全人代常務委で ttps://sankei.com/world/news/210119/wor2101190014-n1.html… @Sankei_news
    午後10:34 · 2021年1月19日

    NxExMxO2021@inasilent
    すぐ来そうだな。。情勢によっては。中国、海警法を審議へ 22日までの全人代常務委で ttps://sankei.com/world/news/210119/wor2101190014-n1.html… @Sankei_news
    午前0:49 · 2021年1月20日

    ネット上のコメント

    ・国が国民も領土も守る気あるんですかね
    ・ただ無念です。これからの事を考える言葉が見つかりません。気休めでもいい、挽回するチャンスがあると言って欲しい。
    ・今のところ、予定どおりに進んでいます
    ・とっくのとうです。
    ・バイデン当選なら失います。
    ・改憲
    ・どこまで譲歩すれば日本政府は気が済むのか。国民は怒ってる。竹島の二の舞はごめんだ。

    🔻米、中国のウイグル族「虐殺」を認定 新政権発足直前に発表
    1/20(水) 3:11配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cf598dd8e73c071941b5665b03c64c5a51433b8

    ポンぺオ米国務長官は19日、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)と犯罪」を犯したことを認定したと表明した。12日代表撮影(2021年 ロイター)

    [ワシントン 19日 ロイター] – ポンぺオ米国務長官は19日、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)と犯罪」を犯したことを認定したと表明した。 ポンぺオ長官は声明で、入手可能な事実の精査を経て認定に至ったとした上で、「ジェノサイドが継続していると確信している。中国と中国共産党によるウイグル族壊滅に向けた組織的な攻撃を目の当たりにしている」と言明した。

    政府高官によると、ポンぺオ長官は新疆ウイグル自治区における中国政府の政策や慣行、虐待に関する文書を精査し、少なくとも2017年以降にこうした行為が行われていたと判断したという。 米政局混迷を踏まえ、バイデン次期大統領の就任までジェノサイドの認定は見送られるとみられていたが、20日の就任式を待たずに発表された。すでに悪化している米中関係に影を落とすことは必至だ。

    バイデン政権移行チームの報道官はコメントを控えた。 中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会(CECC)は先週公表した報告書で、中国によるウイグル族に対するジェノサイドの可能性を指摘していた。 在ワシントンの中国大使館からのコメントは得られていない。ただ同大使館の報道官は先週、「いわゆる『ジェノサイド』は反中勢力が意図的に広めたうわさで、中国の信用を傷つけるための茶番だ」と反論した。 昨年11月の米大統領選前、バイデン氏の陣営は新疆ウイグル自治区でジェノサイドが起きているとの見解を表明していた。

  5. 元修羅の国の住民 のコメント:

    売電が大統領になることによって
    バックにいる勢力や某国にとって、彼らの思惑とは逆に
    皮肉な結果になってしまうことを期待するしかないのかなと
    個人的に思っています。

    それを期待することはおそらく叶わないかもしれませんが
    ・・・(´・ω・`)

  6. BLACK のコメント:

    極端な言い方を許していただけるならば
    今まではたくさんのインフルエンサ―、ブロガー、評論家の中に、議員ブログとして目立ちながらも混じっていたものが
    他の方々が、ガタガタであった為に、またはガタガタになってしまった為に
    (「ガタガタ」の中身に言いたいことは山程ありますが割愛します)
    小坪氏おひとりが予想外に目立ってしまった。

    目立つ方々は他にもおられるのですが
    「保守」と自他共に名言できる存在としては、ほぼ小坪氏おひとりになってしまったように感じています。
    「保守」の方々は敵にはもう敵認定されないのではないかと思います。
    むしろ「使える」「味方」と認定されたと、私は思っています。

    そして保守インフルエンサー、ブロガー、評論家の方々は
    何十日もあったのに、軌道修正が出来なかった。冷静になれなかった。
    何十日も読者を焚きつけた。
    有り得ない希望をかざして、結果的に読者をご誘導した。
    このことは「トランプ大統領再選ならず」「バイデン大統領誕生」よりも日本の不利益だと私は思います。
    非常に、非常に、残念でなりません。

    ここから、現状の中で、現状を受け止めて、保守は日本の利益の為に舵を切ることが出来るでしょうか。
    もし出来たとしても、トランプ大統領のことで「ガタガタした」資質に、私はかなり絶望しています。
    そのような意味でも、「ガタガタしていない」小坪氏の存在は目立ちます。目立ちすぎます。

    そして、小坪氏にとりましても、予想外に目立ってしまったこと以外にも
    「思ったよりも真の味方がいない」「頼れる層がいない」
    と言うような種類の不安と絶望もあるのではないかと思いました。
    小坪氏の危機感とお心はいかばかりかと・・・・・・・・・

    ここから立て直して欲しい
    立て直せるでしようか
    今回のことを保守は教訓に出来るでしょうか

    当本文で小坪氏の仰りたいこと、理解致しました。

    以上 文責 BLACK

  7. js のコメント:

    小坪さんのおっしゃる保守派の主張に大きく分けて二色あり、小坪さんがどちらに対して不満なのか正直わかりかねるところがあります。それはお前の読みが浅いという意見はなしにして
    知っていることを言うことがミスリードなのか。バイデンが勝つと言っていた人は、不正があることを知りながら、わざと隠して大雑把な意見を言ったのか、それとも本当に不正がないと信じていたのか
    トランプ陣営の選択は、情報を洗いざらいさらして、民衆を味方にしようという方針で決まったのかなと私は思っております
    言論人までが戦略的に動いてしまっては、私たちは本当に無知な大衆に落ちてしまう。小坪さんの言い方は、それが正しいことのように読め、何となく違和感を持ちます

    こんなこと書くと、また、お前はコメント欄から出ていけなんて書き込まれるかな。自分は小坪さんの行動をを心から応援してますよ。ただ、同調する意見をわざわざ書き込むことに意味はない気がして、ちょっとした違和感のみを書くだけです
    意思を必要上小出しにすることしかできない政治家と気持ちを一致させることは本当に難しい

    • BLACK のコメント:

      たぶん、なのですが
      これはあくまでも私の感じ方、なのですが
      あくまでも「文責 BLACK」なのですが

      小坪氏は、トランプ氏応援だと思います。
      それは選挙投票日直前の小坪氏の動きでわかります。
      そしてどの程度かは私には不明ですが、不正の部分も知っておられる、と思います。
      ただ、それを現状で明かして騒いでもトランプ氏と米国と日本の利益にはならない
      防衛線は「トランプ氏応援」「不正を正せ」では無い
      今必要なことは「不正を正せ」と主張したり、煽ることでは無い
      今必要なことで、私BLACKiに見えているのは
      米国の選挙結果には騒がず、中共の人権侵害に騒ごう
      それが現状では、日本と米国と世界の利益だ

      と言うことかと、私個人は勝手に思っています。

      「トランプ氏応援」「不正を正せ」と主張するのは、正義感であるとは思いますが
      絶対的な正義はどこにも無く、100パーセントの正義も無く
      ましてや私たち庶民は、小坪氏が覗いておられる世界を覗くことは不可能です。
      トランプ氏が100の正義で、バイデン側の正義がゼロとは言えないのです。
      ましてや、米国の大統領選挙に正義がゼロだと主張することは非常に危険です。
      民主主義の制度を自ら否定することになるからです。
      それこそ、敵の思うつぼだと思います。
      「トランプ氏応援」「不正を正せ」と声高に主張しておられる方々の中には
      わざと騒乱と混乱を起こさせたい、日本の保守層をガタガタにしたい
      そして「見ろ、日本の保守はこんなにガタガタだ」と言いたい、見せたい。
      そのような思惑を持った方々も混じっておられるのではないかとも危惧します。

      私たち陣営が戦うのは、バイデン氏側では無く、共産主義陣営、覇権主義陣営、独裁主義人為、権威主義陣営であるはずです。
      戦線、最前線がどこにあるのか。
      本当の敵はどこなのか。

      小坪氏に今、本当のことを言ってくれ、本心を明かして欲しい、と
      もちろん私は聞きたい、知りたい気持ちは正直ありますが
      たぶん、それはどうでも良いのだと思っています。
      「どうでも良いとは何だ」「真実は一番たいせつなことだ」と言うお叱りは甘受します。
      けれど、知ることよりも、真実よりも、たいせつなことがあると、私は思っています。
      それは、人権であり、国家の独立維持であり、世界の未来だと思います。

      今後
      人権問題でどこまで日米欧で協力して主張し、戦えるのか
      環境問題でどこまで中米欧がタッグを組むのか、日本はどうするのか
      (環境問題で共産国・独裁国がその強みを生かして世界を主導し、それに欧米が追従した場合、世界と日本は非常に苦しい、と危惧しています)
      私は注視したいです。

      以上はあくまでも私個人の勝手な推測・心情に過ぎません。
      小坪氏、勝手なことを言わせていただきましたご無礼、平にご容赦ください。

      以上 文責 BLACK

      • js のコメント:

        いろいろありがとうございます。小坪さんがトランプ応援であることは、最初からわかっています
        そして、私は小坪さんの本音を聞きたいとは思いません。ただ、保守派の一部のミスリードとは何か、私にはよくわからない。それだけです
        それを具体的に言うことは、個人名を名指すことになるので、小坪さんにできないことも承知しております
        今回の正解は、個人的に、「不正はあった、しかしその規模は不明であり、単純に米議会の仕組みからするとバイデンが投票結果のまま当選とされる確率が高い」だったと思うのですが、このような論建ての人は少数だったように思います
        そう論じた人がミスリードの側であったのか、あるいは戒厳令を期待する人がミスリードであったのか、単純に不正はなくバイデン勝利とする人がミスリードであったのか
        庶民レベルでの考察なら、米の文書やトランプ陣営の発信を読んでも、ある程度のレベルまでたどり着けます。BLACK様のように、政治家だから我々の知らない世界が見えている、と考えるのは、政治家と我々愚民との分裂の元であり、これからの世界構築にとってむしろ危険な要素であると私は愚考いたします
        失礼極まる発言をお許しください

        • BLACK のコメント:

          js様
          私の方こそ、上の私の投稿はjs様のご投稿の趣旨とはズレておりました。
          申し訳ありません&お気遣いありがとうございます。

  8. 波那 のコメント:

    【国内ニュース】

    💢(日本反日協会)NHK が、またまた嘘をつきました!

    ワクチン投に向けて 早ければ来月下旬から先行接種開始へ

    ワクチン接種のスケジュール
    (厚生労省による。

    2月下旬めど 医療従事者(約1万人)

    3月中旬めど 医療従事者(約300万人)

    3月下旬めど 65歳以上の高齢者(約3,600万人)

    74月以降 基礎疾患ある人など優先に順次

    ニュースで報道した表 ー(Google レンズでコピペ)

    「デタラメだぞ」 河野大臣がNHKのフェイクニュースを指摘

    河野太郎@konotarogomame
    うあー、NHK、勝手にワクチン接種のスケジュールを作らないでくれ。デタラメだぞ。
    午前7:08 · 2021年1月20日

    カズユキ 近鉄・京都市バス推し@kazuyukiman
    返信先: @konotarogomameさん
    放送法改正して、フェイクニュース等の捏造報道をした場合の罰則強化をしないといつまでも改善されないように思います。
    午前7:13 · 2021年1月20日

    水紀@Justice1531
    返信先: @konotarogomameさん
    最近、日曜討論も討論になっていないので NHKにはうんざりしています。
    午前7:11 · 2021年1月20日

    も。(に。なぬ。ん?)@Aq8nybhyvkQIcco
    返信先: @konotarogomameさん
    今、見ました! 大変だ〜。 世界中の人がそのスケジュールで思い込むよ〜!!!
    午前7:10 · 2021年1月20日

    ネット上のコメント

    ・地元の新聞も5月想定と一面トップ。なんなんでしょうねえ。
    ・大変だ!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!フェイクニュースは、ヤメレです
    ・日本メディアの偏向報道、印象操作、なんとかしてほしいです(´;ω;`)
    ・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    ・あっぶねえ騙されるとこだったわwありがとうございます
    ・おはようございます NHKより少し前にTBSの情報番組でも似たようなスケジュールを示していました。
    ・電波止める法案作って下さい

    no name
    おいおいスクランブルやらない理由が偏りを無くし公平性を保つためだったよな?
    はいやらない理由なくなりましたー^^

    no name
    天気予報を除いて,全てデタラメ!

    no name
    フェイクニュースには厳しいペナルティを。

    no name
    渋谷区のNHKの建物が悪魔の要塞にしかみえない。

    no name
    過日の動画配信で米国大統領選挙に不正はなかった、といったご見解に(立場上「あった」と明言出来ないことはわかっていますが)、ああやっぱり河野大臣は河野大臣ですよねと痛感しました。

    no name
    電波没収罰則を法定すべし!!
    ………………

    NHK はトランプ大統領の演説も故意に誤訳して報道(豊島区議員くつざわ亮治さんのブログより)
    https://go2senkyo.com/seijika/165194/posts/198458

    トランプ大統領、WHで20分ばかし演説
    細かい政策以外の部分の訳
    ・貿易外交金融生産消費のあらゆる面で米国は敵視され、あらゆる約束は反故にされ外交がうまく行かなかった 各国のリーダーは米国に常に踏みつけられ耐えてきたと話した
    ・皆さんが知っているように私が推進するのは強行策となります 今後重大な事が発表されますが、私が別れを告げても決してアメリカの心を失わないでください 正義は消え去り何もかも奪われたと感じるかもしれませんが、それは間違いです 心を研ぎ澄まし何も見過ごしてはなりません 民主主義は守り抜かなければならない人類の誇りなのです
    👉これをNHKは「別れの演説をした」「次期政権の成功を祈りエールを送った」と報道
    私には「軍に権力移譲して私は大統領では無くなるが全然負けて無いんでがっかりせんで民主主義を守ろう」としか聞こえないんだが
    それと演説の中で一度も「バイデン」と言わなかったらしい 
    ネット民も気がついたらしく
    「情報テロリストだな大手マスコミは」
    「まともな翻訳すらできなくなったのか、NHKは!」
    「インチキ放送局だわホンマ」
    「1mmでも祝福してた部分あったか?笑わせよる」
    容赦無い非難、やはり日頃の行い大事

    19日バイデン、故郷のデラウェアで演説 聴衆25人
    テレビ「彼の演説は25人の群衆を席巻しています!」放送せん方が良かったんじゃ・・
    なぜか「私が死ぬ時はデラウェアの景色を思い出すだろう」言ってしまう、遺言か
    以下略

    🗣️ 故郷からホワイトハウスへの出陣式に25人しか集まらなかったって、いくらコロナ、コロナと言っても、バイデン人気を気取っても無理があるんじゃないですか。トランプ大統領の演説集会には遥か彼方まで見通す位の人、人、人の押し寄せ方だったんですから。バイデンを盛り上げていたのはマスゴミだけ。不正なんてデマだよと言ってる先生方、そう思われません?

  9. アンチレッド のコメント:

    >我が国の論客が、あまりにもミスリードを繰り返した。
     結果、私は悪目立ちしてしまった感じはある。

    これが現状をよく表していると思います。
    つまり、民意(理想)と政治(現実)の乖離が大きすぎる。

    敢えて政治ブログランキング1位の記事を参照してみます。
    正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
    フロリダ州でトランプ大歓迎!バイデン大統領就任式のYouTubeは「ダメ」が「いいね」の約7倍
    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8155.html
    >ドナルド・トランプ前大統領の支持者たちは、水曜日にフロリダ州マー・アー・ラゴの街路に立ち並び、大統領が大統領職後の時間を過ごす場所に大統領を迎えました。
    >「おかえりなさい」、「トランプ大統領を愛してる」、「トランプ大統領が勝った」などの看板を掲げて、一連の支持者が彼を待っていたと、WOFLは報じた。

    >一方、バイデンだが、全く人気がない!
    大統領就任式の参列者も視聴者も非常に少なかった。
    それどころから、バイデン大統領就任式のYouTube動画では「ダメ」評価が「いいね」評価の約7倍となっている!!
    以上抜粋引用

    民意に支持されたトランプ大統領(理想)→全く人気がないバイデン大統領(現実)
    民意が納得できないのは当然でしょう。
    もし不正選挙で小坪市議が落選すれば支持者が納得すると思いますか?

    それに小坪市議自身の過去記事
    【拡散】爆破予告を受けた和田政宗議員への、異常なメディアバッシング【国民が護る】
    https://samurai20.jp/2018/03/wadamasamune-2/
    爆破予告や殺害予告を受けた際、実は想像以上のダメージがあります。
    犯罪被害者である和田議員を、「守ったり、支えたり」するのではなく、集中砲火を浴びせるメディアは、絶対に間違っている。
    いま、確実にしんどいはず、です。
    相手が傷ついていることをいいことに、ぶん殴り続けるメディアが許せない。
    しかも、テロ予告という卑劣な手段によって、です。
    メディアは期待できぬと思っておりましたが、和田議員の被害を伝えぬどころではなく、弱っていると見るやいなや、ボッコボコ。
    最後に勝敗を決するのは、実は国民世論です。
    メディアだって視聴者あってのもの。(忘れがちでしょうが。)
    政治家だって、選挙で選ぶのは国民です。
    日頃から、我が国のために戦ってくれている和田議員に、いつもの恩返しとして、支援の声を伝えよう。
    「応援の声」が強ければ強いほど本人も心強いですし、何より「メディアがやりにくくなる」のです。
    動くは、国民だ。
    守れるのは、私たちしかいない。
    そう、そこの貴方。
    モニターの前の、貴方ですよ。
    「私たちが守る!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。
    ---
    この記事で和田議員をトランプ大統領に置き換えたのが今回の状況ではないですか。

    • アンチレッド のコメント:

      中国共産党のウイグル問題を糾弾すると言いますが、移民政策を推進している日本にその資格があるのか?
      移民政策を「他国の国民をあてにした政策」と言い換えてみれば、程度は違ってもウイグル問題と方向は同じでしょう。
      どちらかと言えば、日本民族を少数民族にしようとしているように見えます。
      つまり、極論になりますが、日本で日本民族がウイグル民族のようになってしまうかもしれない。
      今の日本の政治にはそんな危険性を感じます。
      (参考資料)
      ★全日本国民に知って欲しい在日朝鮮人の主張があります。 | kyuuji②
      https://ameblo.jp/kujirin/entry-12600668939.html
      より引用
      李敬宰(イ・キョンジェ) 1954年生まれ 在日朝鮮人二世 高槻むくげの会代表、民族共生人権教育センター代表 2006年帰化
      「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
      というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
      ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
      だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です。
      そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか」
      (2001年12月14日18時30分~ 京都YWCA 在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 での発言)
      以上引用

  10. K_NKGW のコメント:

    小坪先生

    昨日?ネットニュースでインドネシアの鉄道高速化計画にChina参画により日本側困惑と見出しがありました.Chinaの影響とは一帯一路影響国および日本のシーレーンに関する国々に影響が大きいと捉えて良いのでしょうか.

    保守の先生方にエールをば.

  11. 福岡 秀憲 のコメント:

    黒いモノリスは、アニメとキューブリックの映画でしか見たことが無いですwww

    「でぃーぷすてーと」と言っている方の頭の中にあるものなら見えなくても仕方が無いとは思いますが、地政学の奥山真司さんもえらく叩かれたりして、理解ができません。

    もし、小坪艦長の言う「黒いモノリス」が「中共」・「ロシア」等の工作部隊・政治局であるならば、今回の騒ぎに影が見えたとも思いますが…

    一番恐れていたジョージア州上院選の結果(騒ぎ無ければ勝てていたのに)を引き起こされて、オールブルーに米国がなったことに腹を立てています。
    (米国在住共和党員はそう思っている人多し!)

    米国が民主党大統領の時代、日本がいつもどんな目に合わされてきたか?!!

    バイデンがニクソンのように任期途中でバイバイ。
    ハリス大統領……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    防衛費予算で積み増しになったようですが、全然足りましぇんね。

    「中共」の工作が、民主主義の弱点を突いてきました。
    謀略による嘘と混乱と分断と不信感…敵はやり方のステージ変えてきました。その分本気さを感じます。

    踊らされているような気がします。
    売電が気持ち悪いと批判する気持ちはありますが、日本外交の基軸はあくまでも「日米同盟」!!!!
    プリンシプルが無いとぶれますよね。
    日本は気持ちを抑えて、米国との同盟深化を考えていかねばと思っています。

    艦長は、北九州市議選 西田候補応援頑張って下さいね。

  12. K様 のコメント:

    自民党入党して、武田氏の。しもべになられたので、支援辞めますサヨウナラお元気で。

  13. ぎん のコメント:

    トランプ氏のTwitterアカウント永久停止とか、気持ちの悪い前例を作ってしまいました。
    武力は使わずに、口も塞がれ発信する術も無くなったら、どこかの国みたいではないですか?
    バイデン大統領の就任式は、コロナ禍のせいなのか、民意とかけ離れているせいなのか解りませをんが、祝賀ムードとは程遠いものでした。
    私達は何を見せられ、何処へ持って行かれようとしているのだろう…?という目で、これからも見ていくと思います。

  14. 旧新人類 のコメント:

    nobby
    @nobby_saitama
    日本の皆さん、軍が政権掌握するとかグアンタナモとか変な期待したあげく、今日であきらめちゃってない?
    ガチのトランプ支持者なら、今日が新たな戦いの1日目ですよ!

    ①民主党はトランプ打倒にアンティファを利用した。
    しかしタダで利用されて黙っているアンティファじゃない。
    シアトルのアンティファは反グローバリズムな極左。
    ポートランドのアンティファはDSA(AOCが所属するアメリカ民主社会主義者)系列が多い。

    Blahアメリカ国旗
    @yousayblah
    1月21日

    バイデン就任祝いとばかりにポートランドのANTIFAが民主党オレゴン本部を襲撃。

    …あっそw

    反バイデン、反警察、反ファシスト、欲しいのは復讐だ!と何が何だかわけわからん。

    まあカマラ(バイデン)政権はファシズム支持者に支えられているから、あながち間違ってもいないのかな?w

  15. 神無月 のコメント:

    小坪市議から見れば、コメントに「大丈夫です」と、書き込んだ私は情弱に見えたのかも知れませんね。

    虎さんを政治家から見れば政治の素人?なのかも知れませんが、日本の政治家には無い可能性を感じさせてくれるカリスマ性は持っていたと思います。
    声高らかに自国民を守り、国益に反する事は排除するシンプルさを羨ましく感じていました。

    もちろん、世界一の大統領ですから可能な事なのは承知です。

    虎さんなれば、拉致被害者解決やウイグル問題にもプラスになると感じ、再任を祈念したとしても仕方が有りません。

    本日のエントリーには、少し寂しさを感じました。
    ディープな情報ルートを持っている自慢?の様な雰囲気と、情報に踊らされている烏合の衆?を見下す様な感じにです。

    敵に手の内(能力)を見せないことは、軍では常識ですので理解はしています。

    個人的には、エピソード1が終わり、エピソード2が始まった感じです。
    エピソードがいくつあるのか判りませんが、日本人が茹で蛙になりません様に、知る立場から道筋を示して頂ければ幸いです。
    .

  16. 開発中 のコメント:

    今後、アメリカ合衆国は民主党が永遠の与党に。
    ズルでもインチキでもなんでも許される、シナや北朝鮮のような言論統制が横行する独裁国家。
    シナ共産党傀儡政権(国家)であるから、その性質が酷似するのも当然か。
    万が一共和党政権が誕生するとしても、RINO集団で本質は同じ。
    そんな独裁侵略主義とは、一日も早く縁を切らなければヤバイ。

    日米安保や日米地位協定も、日本の行動や自由を奪い植民地化するためのもの。
    こうなった以上、それらを迅速に完全破棄せねば。
    米軍も、侵略と殺戮を好む米民主党を頂く以上は極めて危険な人殺し集団。
    直ちに日本から叩き出すべし。

    そんな中、民主党政権下の米国とも日米同盟維持・強化を謳う似非保守が多く実に嘆かわしい。
    GHQ(=差別大好き殺人集団米民主党)の洗脳は、強く長持ちするものだと改めて実感。

    代わりに、憲法改正・国防軍・核武装・防諜法・武器完全国産化・在日強制送還等の実施も必要。
    話に聞く米共和国が本当に誕生するのであれば、そちらと国交樹立+同盟締結。
    米軍が民主党に従属していないのであれば、米国にもまだ望みはあり。

  17. 名無し侍 のコメント:

    「選挙不正に関して」
    民主共和どちらもやっているのだが、ドミニオン票集計機による票操作。
    あれを認めたら何回選挙やっても民主党が勝つ。
    あれはいくら何でもやめたほうがいい。
    あの機械(もしかしたら日本にも導入されてるかも?)の取替えを望む。

    バイデンの組閣は民主でも現実路線で、過激左派(BLMやANTIFA)には不満でしょう。
    従って今後もペロシと共に命狙われる危険あり。

    ・BLMと関係のある某政党書記局長
    https://www.youtube.com/watch?v=Lo8EYXK2D0c
    ・ANTIFAと関係のある某国会議員
    https://pbs.twimg.com/media/EZbIb8IU4AE6xQz.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EZZSGDXVcAEFe6N.jpg

  18. のコメント:

    沼の水を抜いてみたらワニが身近にも迫っていた。今はワニ達に愛する身内がザクザク食べられている。FBI CIA もワニで、味方は軍(半分位か)と庶民(米人口の半分以上)だけです。
    小さなテレビ局を買って持っていたら、マスゴミ総攻撃でも自分(と庶民)を守れたのでは
    アンティファ等 の暴動時に強権を発令していたら
    ドミニ○ンをネット接続してはいけない等と大統領令を選挙前に発令していたら
    ついIF を考えてしまいます
    1番悔しい思いをされてるのは先生です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください