【朗報】パチンコ出玉規制、本日より施行。昨年度のパチンコホール倒産、前年比2.4倍に急増【ミサイル開発費を潰したい人はシェア】


 

 

北朝鮮は我が国にミサイルを撃ちまくっているが、パチンカーが打ちまくって、負けまくったお金の一部が開発費になっている可能性は高い。警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正。本日、平成30年2月1日より、規制を強化します。
実は、本問題の天王山は「例のパブコメ」の際にあったように思います。実際には規制することは確定していたものの、【国民の声】が伴うか否かは大きな差異があり、国会議員・官僚の【想定外の数】が寄せられたことは、多大な影響を与えました。

ソースを示すことはしませんが”与えました。”と断言するに足るだけの状況があります。規制のさじ加減のみならず、今後の「規制の加速度」にも強い影響を与えており、今後、パチンコ業界には厳しい状況が続くと推察されます。

昨年度(平成29年)の1月?12月のパチンコホールの倒産件数(負債1000万以上)は前年度を上回っており、東京商工リサーチの記事によると【前年比241.6%】となっております。負債総額は291億9500万円(同67.6%増)で2年連続で増加。
また、負債100億円超の大型倒産も発生しています。

ここまで厳しい状況下において、本日より「出玉2/3」の規制が施行。
いよいよ業界としての崩壊が目に見えてきたように思います。

確かに、IR法案をはじめリゾート型のカジノとの相関もあるのでしょう。ギャンブル依存症のみを取り上げるのであれば、こちらにも批判的であるべきです。ちなみに私は無尽蔵に設置するのであれば、カジノにも賛成はできません。例えば、いま街中に事実上の賭博場であるパチンコがひしめいているような状況は、決して好ましいとは考えることができないという意味です。

ただし、観光・レジャー産業、また来日外国人の富裕層をターゲットにしたものであれば(日本人の入場には高めのハードルを設ける)【いまのパチンコより遥かにマシ】という立場をとっています。

さらに、繰り返しにはなりますが、パチンコホールの経営者の多くは「日本人ではない」上、いま我が国にミサイルをバカスカ撃ってきている”地域”の方が多く含まれていることを重視します。賭博・ギャンブルはそもそも違法(公営のぞく)ですが、基本的には本人が損をするだけで終わります。しかし、パチンコで負けた場合は「他の日本人をも危険に晒す」という意味から、私は強く反対します。

自己責任でギャンブルに負け、結果的にミサイル開発が進み、防衛予算を多額に計上する必要が出てきて、(今後、福祉財政も厳しいのに)税金の投入まで増やさざるを得ない。往復ビンタのダブルパンチです。

その上で、射幸性を煽ったり、大きな音・光で脳に依存させながら「人を壊す」ような存在は、単に自己責任によるギャンブルとは言えない側面もあり、今回の【射幸性を著しく落とす】施策は素晴らしいと思います。自分一人の力ではやめることができなかった方々、つまり強い依存状態にあった方が自立する一助になるのではないか、と考えています。

少し面白いのは、「2月4日」が名護市長選挙です。
なぜか左翼は、パチンコ規制にはだんまりを決め込んでおり、結果的には資金源などの一つだったのか?という邪推も一部にはございます。普天間基地の移設先である辺野古、それが含まれる名護市の市長選です。翁長知事を倒せるかどうか、この一戦に注目が集まっています、左翼からも。

いまの状態で、規制が進んだとしても【翁長知事防衛体制】に全力を捧げている左翼は、恐らく対応できないでしょう。この規制が2月1日であることは、結果論ではありますが”極めて上手いタイミング”であったと思います。将棋に例えるならば、王手飛車取り。そして、私たち保守陣営としては、そのどちらにおいても勝利を納めることが求められています。

では、倒産件数などのさらに詳細なデータを記していきましょう。

 

重要
【翁長県政の倒し方】日米外交に直結、沖縄選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】

 

重要
【日米外交の危機】決戦、名護市長選。とぐち武豊候補に支援を【共に戦う人はシェア】

名護市長選挙
平成30年1月28日 告示
平成30年2月 4日 投開票

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
以下、東京商工リサーチより。

 

2017年「パチンコホール」の倒産状況

 

 2017年(1-12月)の「パチンコホール」倒産(負債1,000万円以上)は29件(前年比141.6%増)で、3年ぶりに前年を上回った。負債総額は291億9,500万円(同67.6%増)で2年連続で増加、4年ぶりに負債100億円超の大型倒産も発生した。
 出玉規制で射幸性を抑えた「パチスロ5号機問題」が落ち着いた2009年以降、倒産は減少した。だが、パチンコ出玉の上限を今までの約3分の2に抑える改正風俗営業法施行規則が適用される今年2月を前に、再び増加に転じた。減少する遊技客の奪い合いで中小ホールの経営は厳しさを増し、資金力のある大手ホールが新規出店や買収で攻勢をかけている。ギャンブル依存症への対策を狙う2月の規制強化が、今後の客足にどう変化を及ぼすか注目される。

パチンコホール倒産 3年ぶりに前年を上回る
 2017年の「パチンコホール」倒産は29件(前年比141.6%増)で、前年の2.4倍増と急増した。倒産が前年を上回ったのは3年ぶり。5号機問題の影響で倒産が144件とピークに達した2007年以降、2014年を除き前年を下回っていたが、2017年は大幅増に転じた。
 負債総額は291億9,500万円(同67.6%増)と、2年連続で前年を上回った。4年ぶりに負債100億円超の大型倒産が発生、負債総額を押し上げた。

 

 

(中略)

負債額別、10億円以上が前年比50.0%増加
 負債額別では、負債1億円以上5億円未満が15件(前年比400.0%増、前年3件)で5倍増と急増、構成比も半数(51.7%)を占めた。また、4年ぶりに発生した同100億円以上の1件を含む同10億円以上も6件(前年比50.0%増)と大幅に増えた。
 ただ、同1千万円以上5千万円未満も5件(前年ゼロ)と増加し、中堅規模の倒産が目立つ一方で、小規模ホールの倒産もジワジワと増えている。

原因別、販売不振が2.7倍増加
 原因別では、「販売不振」が19件(前年比171.4%)と2.7倍増で、構成比も65.5%を占めた。次いで、グループ企業に連鎖した「他社倒産の余波」が5件(前年ゼロ)、店舗や機器の投資負担から資金繰りに窮した「過小資本(運転資金の欠乏)」が3件(前年ゼロ)発生した。

 

(全部は、元記事にてお読みください。)

 

 

それぞれの数字について、思うこと、書きたいことは多々ありますが、

その部分については、読者それぞれに譲りたいと思います。

なぜならば、この規制こそは、当サイトでパブコメ依頼を出したものであり、

実際に「爆発的な数」を出力した主要因の一つが当サイトだからです。

 

そして、【大人の夏休みの宿題】として、パブコメを送る際にも

それぞれの読者が考えて書いてくださっており、

また、実際に「数が出揃って、勝利」した際にもかなり詳細にレポートを書いているからです。

 

 

 

大人の夏休みの宿題
ご記憶の方も多いと思いますが、”【拡散】パチンコに大型規制、崩壊か。警察、本気を出す。【撃ちてし止まむ】”のタイトルで記事をアップ。イイネの数は約5000、記事単体のアクセスとしては2万5千人超。

これが、当時の記事です。
かなり長い記事ですが、「国の施策」について詳述しています。
(まぁ、いま読むと【中の人】かのような書きぶりかと疑われそうですね。)

 

下記は、昨年(平成29年)の8月7日の記事です。

 

 

そして、勝利宣言を出したのが同年8月25日。

尋常ならざるパブコメの数が揃い、「業界側からの規制反対」の数を大きく超え、【ほぼ満額回答】が出されたわけです。

通常、これら「規制系」の施策を出す際、パブコメは規制反対の一色です。
理由は「困る業界」があるためで、それが一般的に良いことであろうと、実際に社会に負の影響があろうと【業界の組織票】が目立つものなのです。

関係者たちが血眼になって送る傾向にあり、「規制反対」「ご飯が食べれない!」という怨嗟の声で埋め尽くされる。

 

ただし、この件に限っては「そうはならなかった」のです。

実際にパブコメの審査にあたった国会議員も驚いていたそうです。
恐らくパチンコ業界側の意見を代弁したかったであろう議員らは、ほぼ沈黙。

【満額回答】と相成ったわけです。

 

下記は、昨年(平成29年)の8月7日の記事です。

 

まぁ、私は国会議員ではありませんから、見てきたかのように話すことは如何なものかと思いますが、

地方議員とは言え「個人的に国会議員と知り合い」という例もあるでしょうし、

ここは現職議員ブロガーの強みとも言えるでしょう。

 

あくまで「又聞き」ではありますが、あそこまで動いていた以上、それなりの情報は持っております。

ただし、この場で開示はいたしません。

なぜならば、【ほぼ満額回答】の中身は、すでに公開済みだからです。

 

 

実は、報道には不足がある。
いまこの部分ばかりが報じられておりますが、果たしてそれだけだったでしょうか。

「出玉2/3」というのは、大きな衝撃があるもので、射幸性は著しく低下します。

パチンコをしない方にはピンと来ないと思います。
私もパチンコはしませんから、最初は意味がわからなかったのですが、話すと長いので割愛。

「大負けも大勝もしない」という効果があり、ギャンブル性が低下するのです。
かつて存在したパチプロ等をやろうと思えば【極めて長時間】打たねばならず、はっきり言えば「退屈」なわけです。

ギャンブルとは「大切なものを失う」(この場合はお金)リスクと、得る喜びの狭間で脳内麻薬がバンバン出るものだと思っておりますが、この部分が射幸性なのですけれど、【出玉2/3】はここを直撃します。

 

ただし、施行される規制とは、これだけではありません。

パブコメを送った方は、徐々に思い出してきたのではありませんか?

 

 

 

規制案の実際の姿
以下は、パブコメ依頼を出した際のエントリより抜粋。

私は「下記の内容」を記して、依頼を行いました。
まずは出玉規制から説明します。

 

改正案(2/3の中身)
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」において「(著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準)」が規定されている。

 

以下、パチンコの場合。
一時間の場合、四時間の場合(新設)、十時間の場合の規準が設けられている。
この範囲を越えれば「著しく射幸心をそそるおそれ」があるとされ、つまり許可がおりない、となる。

 

一時間の連続発射
改正前)        改正後)
勝ち 三倍を超える ⇒ 勝ち 二・二倍を超える
負け 基準なし   ⇒ 負け 三分の一を下回る

 

四時間の連続発射(新設)
改正前)        改正後)
勝ち 基準なし    ⇒ 勝ち 一・五倍を超える
負け 基準なし    ⇒ 負け 三分の一を下回る

 

十時間の連続発射
改正前)        改正後)
勝ち 二倍を超える   ⇒ 勝ち 三分の四を超える
負け 二分の一を下回る ⇒ 負け 二分の一を下回る(変更なし)

 

 

ちょっとわかりにくいと思うので、少し整理する。
「え?わかってるよ?」という人も、多分わかってない。
これは結構すごいことが書いてる。
上記は「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」であるため、つまり「アウト」の規準だ。

わかりやすく説明すると、こうなる。
今までは「一時間、連続でパチンコしたら、300%の出玉が出た」のだ。
しかし、これからは「一時間、連続でパチンコしても、220%しか出玉は出ない」のである。
ちょろっとやっても、余り「出ない」となる。

一時間で、一万円をつぎ込んだとしよう。
勝ちまくれば、三万円になっていたものが、「2万2千円まで」に制限された。
短期間でのビギナーズラックみたいな勝ちも、爆発力を失う。

 

今までは「十時間、ぶっ通しでパチンコしたら、200%の出玉が出た」が、
これからは「十時間、ぶっ通しでパチンコしても、133%しか出ない」のである。
朝から順番待ちをし、長時間、打ち続ける人はいる。
設定というらしいが、それだけ良い台を求めるし、言い換えれば「長時間、打とう」というわけだ。

だが、これほど長時間、打ったとしても(今までは倍になっていたのが)「1.3倍」にしかならない。

もっとわかりやすく言おう。
10万を打ちこんだとして、(勝ちまくれば)20万円になっていたものが、
10万を打ちこんだとして、勝ちまくっても13万円しか出ないというわけ。

はっきり言うが、長時間、打つ理由がなくなる。
どうです?ちょっと、「お?」って思ったでしょう?

 

このあたりで「時間」についても解説しておきましょう。

一時間というのは、待ち時間とかの「隙間時間」でパチンコに行く人を想定していると考えられます。
「ちょっと寄る」ぐらいの場合、勝てる金額が(一万円を投じて)「3万円から2万2千円」に減額されました。一時間やって、「1万ちょっとしか」勝てないわけです。リスクを考えれば、やる価値がない。

十時間というのは超長時間、つまり朝から晩までという依存症に近い方や、職業と自称するレベルの方を想定してのものでしょう。
勝てる金額が(10万円を投じて)「20万円から、13万円」に減額されました。
はっきり言って「やる意味がない」レベルになっています。
今までは10万円勝てたわけですが(勝てればですが。)10時間やっても「3万円しか勝てない」のです。

 

さらに、四時間という新しい基準が設定されました。
十時間というのは、いわゆるパチプロを想定したものでしょう。

 

さらに残酷なことを書いておきますね。
上記は試験でパスしないといけませんから、「この数字、ギリギリ」には設定できないでしょう。可能な限り狙っては来ると思いますが、狙い過ぎてドボンとなれば大変なことになる。

あくまでこれらは「上限の値」です。
知恵を絞るのは思いますが、この通りにするのは大変だし、余りあこぎにやれば”さらに規制”すればいいだけだ。

 

では、四時間とは何かと言えば、午前中だけとか、午後だけという「主婦」やファミリー層を想定したものだと思います。

四時間やって、(四万円を投じた場合)1.5倍までですから「最大6万円」の出玉が上限になります。つまり、2万円「しか」勝てない。

この「しか」というのは、打つ者の心境を代弁したつもりです。
主婦のギャンブル依存や主婦売春の温床を打ち砕くでしょう。

かつ、このようなライト層こそが店の収益の一つであったように思うのです。
一時間という「一見さんには大きく勝たせ」、次につなげる。
十時間も打つ「ハードユーザー」からは、毎日ボロ負けさせても「本人も金がない」ので、適度に搾り取る。

もっともカモにしやすかったのが、四時間程度のミドル層に思えてなりません。
いわゆる「遠隔」がなされていたと仮定すれば、の話でありますが。

 

 

「店の取り分」にも言及しています。
実は、新設されたのは「四時間」のみではありません。
「負ける下限」が新設されています。

先ほどの「勝ち」については、打つ者の心境で書いておりますが、こちらは「店側を主語」にして論じてみましょう。
どれだけ搾り取っていいか、という規定になります。

 

先ほどの表を再掲します。

 

一時間の連続発射
改正前)        改正後)
勝ち 三倍を超える ⇒ 勝ち 二・二倍を超える
負け 基準なし   ⇒ 負け 三分の一を下回る

 

四時間の連続発射(新設)
改正前)        改正後)
勝ち 基準なし    ⇒ 勝ち 一・五倍を超える
負け 基準なし    ⇒ 負け 三分の一を下回る

 

十時間の連続発射
改正前)        改正後)
勝ち 二倍を超える   ⇒ 勝ち 三分の四を超える
負け 基準なし     ⇒ 負け 二分の一を下回る

 

一時間、打ったとしても「2/3」までしか、負けさせることはできません。
一万円を客が打ったとしても、全額をとることは許されず「6600円の”収益”」しかないのです。

逆に言えば「3300円は勝たせる」必要があります。
適度には「出す」必要があります。
頻繁に「当てる」必要があり、ちょいちょい当たっては面白味も半減でしょうね。

 

四時間で四万円を打ったとして「2万8千円」しか搾り取れません。
「1万2千円」分を出す必要が出てきます。これは上限値ですから、1万3千円、1万4千円程度は「負けても出てくる」という基準です。

完全なるまでの、完膚なきまでの負けというのは、許されなくなりました。
それに、店からすれば「まったく儲からない」となる基準だと思います。

 

圧巻なのが、十時間。
十時間で十万円を投じたとして、半分は返さないといけない。
店が儲かることができる上限は(10万円を投じた者に対し)「5万円」です。

逆に、(10万円を投じた者に対しては)「5万円は出さないといけない」というわけです。ただし、ここは変更なし、です。

 

朝から晩までいるパチプロや依存者に対し、「打った分の半分は戻せ」と言っているわけです。最近のパチンコは「長時間打っても、負けない」存在だったのです。店からすれば、「儲かることができない」わけです。
なんていう罰ゲームなんだ、となる。

しかも、打つほうも打つほうで、大勝しても(10万円を注ぎ込んだと仮定して)「3万円しか勝てない」のだ。

 

あんな大音響の、光の中、10時間も座り続けて、
(投じた金額が10万円として、)
負けるリスクを背負いつつ、勝っても上限が3万円。
負けても5万円、逆に5万程度は戻ってくる。

 

これ、もうパチンコじゃないでしょ。

 

十時間において設定されていた「負けの規準」が、一時間と四時間にも設定されました。
これは店舗側からすれば、大打撃でしょう。

 

 

「新旧対象表」も紹介しておりました。

以下、実際の原文を掲載しておきます。

 

(著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準)
第八条法第四条第四項の国家公安委員会規則で定める基準は、次の表の上欄に掲げる遊技機の種類の区分に応じ、それぞれ同表の下欄に定める上欄に掲げる遊技機の種類の区分に応じ、それぞれ同表の下欄に定めるとおりとする。

遊技機の種類 ぱちんこ遊技機
著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準

改正前)
三 一時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の三倍を超えることがある性能を有する遊技機であること、その他短時間に著しく多くの遊技球を獲得することができる性能を有する遊技機であること。

改正後)
三 一時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の二・二倍を超えることがあるか、又はその三分の一を下回ることがある性能を有する遊技機であること、その他短時間に著しく多くの遊技球を獲得することができる性能を有する遊技機であること。

 

改正後)
[号を加える。]

四 四時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の一・五倍を超えることがあるか、又はその五分の二を下回ることがある性能を有する遊技機であること。

 

改正前)
四 十時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の二倍を超えることがあるか、又はその二分の一を下回ることがある性能を有する遊技機であること。

改正後)
五 十時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することができる遊技球の数が発射させた遊技球の数の三分の四を超えることがあるか、又はその二分の一を下回ることがある性能を有する遊技機であること。

 

 

そうそう、ボーナスゲームの上限値も制限されました。

 

改正前)
七 役物を連続して作動させるための特別の装置(以下「役物連続作動装置」という。)が設けられている遊技機にあつては、役物が連続して作動する回数が十六回を超える性能を有するものその他当該役物連続作動装置の作動により著しく多くの遊技球を獲得することができる性能を有するものであること。

改正後)
八 役物を連続して作動させるための特別の装置(以下「役物連続作動装置」という。)が設けられている遊技機にあつては、役物が連続して作動する回数が十回を超える性能を有するものその他当該役物連続作動装置の作動により著しく多くの遊技球を獲得することができる性能を有するものであること。

 

 

 

ちなみに上記は、ぱちんこ遊戯機のみ。
他、回胴式遊戯機(スロット)、アレンジボール遊戯機にも同様の改正が入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のpdfは、総ページ数が48ページございます。
私の解説で「まだ足りない」と思った方は、実物をご覧ください。

以降のページでは、38頁までが「別記様式第2号(第1条、第7条関係)」という様式の紹介です。そこからさらに10頁が、同様式の用語の意味になります。この部分において、今度、基準とされるであろう「封入式」を想定した文言が散りばめられています。

これは「ガラスを開けることが許されない」もので、釘の調整が不可能になります。試験のみ「基準通り」にしておき、店に設置後は「イベントごとに釘の調整」をすることが不可能になります。

時期規制として「釘調整」を制限する可能性を示唆したもので、「試験だけパスして」【店舗で、射幸心をそそること】が不可能になります。まぁ、今まではやってたんでじゃないでしょうかね、知りませんが。

 

これらは、先ほど紹介した「パブコメ依頼」の際に当サイトで紹介していた資料です。

 

ただし、上記は「あくまで改正前」の、パブコメ依頼時に記したものであり、当時は現実にはなっておりませんでした。

のち、どうなったか。
当時の報道を紹介しましょう。

 

サンケイスポーツ

パチンコの出玉抑制決定 大当たり上限は2400個から1500個に 「大勝ちや大負けが減る」警察庁

 

 警察庁は24日、パチンコへの過度なのめり込み防止のため、出玉の上限を現行の3分の2程度に引き下げる風営法施行規則などを決定した。7月10日に改正案を公表し、パブリックコメント(意見公募)にかけていた。

 今回の改正では、上限の引き下げとともに下限も追加しており、警察庁は「玉の増減の波が穏やかになり、大勝ちや大負けを減らせる」としている。施行は来年2月1日で、機器の入れ替えに原則として最大3年間の猶予期間を設けた。

 施行規則と遊技機の認定に関する規則の改正により、現行の「1時間続けた場合の出玉は3倍未満」が「1時間続けた場合の出玉は3分の1を超え、2.2倍未満」などとなる。また、これとは別に大当たりの上限も2400個から1500個に抑制された。パチスロでも同様に規制を強めた。

 

 

サンケイスポーツの場合は、賛成・反対の意見については触れず、ただ事実のみを報じています。これもフラットな書き方ですね。

 

そして朝日。

パチンコ出玉、上限3分の2に 依存症対策、来年施行

 

 パチンコの依存症対策として、警察庁は24日、出玉の上限を現行の約3分の2に抑えるよう風俗営業法施行規則などを改正した。来年2月1日に施行される。

 警察庁は7月、出玉を規制する改正案を示し、一般から意見を求めていた。寄せられた意見は約1万4千件で、「1日に使える遊技料金を規制するべき」「遊技の長時間化を招く。依存症対策として逆効果では」などがあったが、ほぼ当初案通り改正した。

 

朝日新聞デジタル
 
パチンコ出玉、上限3分の2に 依存症対策、来年施行:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK8S51M5K8SUTIL017.html
 パチンコの依存症対策として、警察庁は24日、出玉の上限を現行の約3分の2に抑えるよう風俗営業法施行規則などを改正した。来年2月1日に施行される。 警察庁は7月、出玉を規制する改正案を示し、一般から意…

 

賛成する意見があったことは書いておりません。

賛否を明らかにしない形で意見を紹介していますが、「警視庁の案には疑問」というのを印象付けていますね。

 

 

朝日さんが「こういう書き方」だったから、賛否は拮抗していたか、、、

もしくは賛成が大半を占めたのかも”しれません”ね。

なぜかと言えば「反対が大勢を占めていた」場合には、

「圧倒的な反対の声であったのに、国は強行した」という書き方が可能だからです。

 

朝日がこの選択肢を放棄するとは考えにくい。

よって、パブコメの賛否の比率、その質には「朝日が触れにくい何か」があったような【気がする】と考えたわけです。

※ 業務連絡
この書き方なら大丈夫ですか?余談になりますが、何か制約かけようとした者には、毎回、少し嫌味な書き方を続けますからね。ご機嫌よう。

 

当時の、その他の報道は下記にて紹介。

 

 

というわけで、

 

朝日さんの言う通り

 

ほぼ当初案通り

 

なんですよね。

 

 

 

客の儲け、5万円以下(4時間あたり)

当時の、時事の報道。
実は、勝てる金額についても明言されています。

パチンコ出玉規制を強化=来年2月から、経過措置3年?警察庁

 

 警察庁は24日、ギャンブル依存症対策の一環として、パチンコの出玉を現行の3分の2程度とする規制強化を決定し、風営法施行規則などの一部を改正した。来年2月1日から施行し、3年間の経過措置期間を設ける。

 具体的には、標準的な遊技時間(4時間)でパチンコ玉の獲得総数を発射総数の1.5倍未満とする新基準を設け、大当たりの上限も現行の2400個から1500個に引き下げる。これにより、4時間の客のもうけを現行の十数万円から5万円を下回るようにする。パチスロなども同水準とする。

 同庁は「もうけが減ることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクも減る」と説明している。
 また、パチンコ店の店長ら管理者について、施行規則で定める業務に、依存問題に関する客への情報提供などを追加する。

 同庁は7月、改正案を発表し意見を募集。1万4838件が寄せられ、「昔ながらの健全な大衆娯楽となる」「(賛成の立場から)より厳しい内容とするべきだ」といった賛成意見と、「客離れが進み、パチンコ屋、遊技機製造業者などの経営が苦しくなる」などの反対意見があった。(2017/08/24-20:47)

 

www.jiji.com
 
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082401131&g=soc
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082401131&g=soc

 

パブコメ依頼においても詳述しておりますが、4時間での儲けが5万円以下です。

4時間は、長い。かなり長い。

パチンコを打つ人で、よっぽどの人は10時間などもいるのでしょうが、この層のボリュームは大きい。

 

常に5万円が勝てるという意味ではなく「勝てても5万円」となるわけです、
4時間も打って。

今までは楽しいパチンコだったのでしょうが、これではただの苦痛です。

 

 

時事の記事を触れ直した理由は、以下です。
この部分は、実は地味に重要です。

 

>パチンコ店の店長ら管理者について、施行規則で定める業務に、依存問題に関する客への情報提供などを追加

 

 

今回「2/3」に規制という以上に、この部分は大きな意味を持ってくると思いますよ。

おわかりでしょうか、これってどういう意味なのでしょう。

私は、この箇所は本丸の一つだったと思いますよ。

 

 

 

猶予期間は3年
本日より施行済みではありますが、「すでに納入済みの筐体」は、3年間は使用することができます。

「なーんだ」「だったら、あと3年は効果を発揮しないじゃん」と思った方は早計です。

相手の立場、経営側の目線で考えてください。

 

ようは「昨日までに筐体を納入」しておかねば、

もう「まともな機械は買えない」ということです。

ここでいう”まとも”とは、ビジネスとして成立するモデルか否かという意味です。

・・・経営側から見て、ね。

 

端的に言えば、もう「経営できようなマシン」は開発されないし、

買うこともできなくなった、ということです。

この部分は少し乱暴な書き方でして、複数の規制がありますから、年度ごとにちょこちょこスケジュールはあるのですけれど、だいたい上記であっているかと。

 

「猶予3年」とは言いますが、果たして(斜陽産業が)ただでさえ苦しい中から【大事な経営資源を設備投資】に回すのでしょうか、という部分を問いたい。

ここまで書くと、冒頭の記事の意味がわかってきたように思います。

 

なぜ、多数が倒産したのか。

一つにはギャンブル性が薄れ、客が減ったこと。

それにもまして「今しか買えない」と設備投資(パチンコ台など)を購入する必要に迫られたからでしょう。

ただし、ここで買った筐体も、(別の)規制を受けたものであり、置いておいたからと言ってパチンコファンが大満足するようなモデルではなかったようです。

 

 

 

パブコメを書いた方は覚えているかと思いますが、

 

単に出玉が2/3になったのみならず、

 

4時間という長時間を打った場合でも

 

”勝てる上限が5万円以下”に設定されていたり

 

店の取り分(企業側の利益)に上限が加えられたり

 

また、「負けまくった際の、最大負け幅」も規制されており、

 

すでに【ギャンブルとは言えない代物】になったわけです。

 

地価も高く、固定資産税も高額なはずの一等地の税金。

 

多数の人件費に、高額の電気代を支払えていた”今まで”とは

 

状況が大きく変化していくことでしょう。

 

倒産件数がここまで急造した背景には

 

客離れだけではなく、多額の設備投資が求められたことも遠因かと思います。

 

猶予期間3年が設けられてはおりましたが、

 

言い換えれば昨日までに設備を更新する必要があったわけです。

 

最後になりますが、ミサイル開発に転用されていた可能性が否定できなのであれば

 

北朝鮮のミサイルに対抗するため、

 

米国の若い兵士らまでもが命を懸けるのは

 

私はおかしいと思います。

 

最大の友好国とは言え、

 

賭博か遊戯かわけがわかりませんが、

 

日本人のお金の一部で、ミサイルが飛んでいるならば、

 

政治家はしっかりと意思表示を行い、

 

覚悟をもって発言すべきだと思います。

 

この動きに、国民世論は呼応すると信じます。

 

「パチンコは潰れていい」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

12 Responses to 【朗報】パチンコ出玉規制、本日より施行。昨年度のパチンコホール倒産、前年比2.4倍に急増【ミサイル開発費を潰したい人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【朗報】パチンコ出玉規制、本日より施行。昨年度のパチンコホール倒産、前年比2.4倍に急増【ミサイル開発費を潰したい人はシェア】 北朝鮮は我が国にミサイルを撃ちまくっているが、パチンカーが打ちまくって、負け

  2. スカイツリー のコメント:

    パチンコ屋多すぎ!
    依存症の方のリハビリ施設として必要な分だけで充分と思います。

  3. Tanaka のコメント:

    今後は環境音楽かヒーリング・ミュージックを静かに流してはどうでしょう?
    パチンコ玉が出す音がハッキリ聞こえるように。
    出玉が少なくなるので気分だけでも、ねぇ?www

    休憩所、喫煙所としての存在を目指してみてはどうでしょうか?
    電気代も少しは安くなるんじゃないでしょうか。

    まあ喫煙所として残しても、煙草自体が多重課税&増税対象に
    なっちゃってるので、どうなるかはわかりませんが。

    と、いったところで脱線します。

    個人的には、煙草やらガソリンやら高速道路代(特に自動二輪)やら
    搾取しまくりの状況をどうにかして欲しいのですが。
    特に普通自動二輪以上の駐輪場が不足しまくりなのは頂けない。
    (駐禁取締は厳しいのに)

    まあ自動二輪も四輪も、マナー違反・交通違反が酷い方々がおられるので
    お互い目の敵にしてるのが実情ですが。
    自転車は自転車で無灯火やら交通違反が酷いので
    免許制にしてはどうだろうか、と考えたりしてます。
    あと都市部では、街灯のお陰なのか無灯火自動車もよく見かけますね。
    それと雨でもないのにフォグランプ常時点灯とか。

    以上、徹夜明けの頭で考えた独断と偏見です、です。

  4. araigumanooyaji のコメント:

    賭博か遊戯かわけがわかりませんが、 日本人のお金の一部で、ミサイルが飛んでいるならば、 政治家はしっかりと意思表示を行い、 覚悟をもって発言すべきだと思います。 この動きに、国民世論は呼応すると信じます。

  5. 旧新人類 のコメント:

    パチンコ屋が小中高生も大勢歩く商店街や駅前に大きな顔をしてはびこっていた現状がそもそもおかしいんですよ。これからも北朝鮮に資金が流れそうなルートは、パチンコだけでなくその他すべて炙り出して全部シャットダウンすべきです。仮想通貨にしても、どうせならず者国家向けマネロンの手段なんでしょう。そんなものに大事なお金を託す人の神経が理解できません。北朝鮮の子供が飢えているとかユニセフが言ってるそうですが、ものほしげなこと言うよりも先に、子供を飢えさせる体制をやっつけるのが先でしょうに。大体、ブタが子供らを犠牲にしながら一人肥え太って女を侍らせハーレムみたいなことやっているのに、なんで国際社会がその体制を温存させなければならないのか。子供のためにお金を渡しても、その金でますますミサイル開発するに決まっているでしょう。子供が飢えることなんかどうとも思っていないいんだから、あのブタは。

    ちょと話が飛躍しましたが、パチンコ規制推進の取組みをされた小坪先生および他の皆様に感謝いたします。これも日本社会浄化のための貴重な一歩です。ついでに北朝鮮とパチンコの味方バカヒが浄化(=廃業)されたら日本晴れですね。

  6. 月光仮面 のコメント:

    昼休みに パチンコ屋の前を通ったとき いつものように お客の車は
    満車でした なぜかなーーーと思っていたのですが たぶん パチンコ
    してる人たち 出にくなったって知らないのか それとも 店が
    操作しているのかもね 検査するのかなーーーー一番いいのは
    パチンコは禁止いいえ換金できないようにすれば良いのに おっとー
    換金するって日本中の警察も知っていますよね これは 違法では
    無いのだろうね 変な国だねーーー

  7. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    パチンコは害しかありませんね…。
    以下はこの妄想に至るまでに、どのような作品を閲覧してきたのか…。
    性犯罪者対策の為に、国籍問わず性犯罪者死刑を徹底しろと主張すればいいのに

    【日本共産党】カクサン部長「新基地が連れてくるのはオスプレイだけじゃない。米兵・軍属が3200人もやってくる。レイプや殺人事件おこす米兵の多くは独身兵」@kakusanbuchoo
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52894689
    まず新基地ですらないんだよなぁ…
    既存の基地(キャンプ・シュワブ)に普天間基地を統合する話だが。

    レッテル貼りだな、これぞレイシストといった感じ
    ただ沖縄に言いたいのは、本当にそうだとしたら対策とるなり行動考えろってこと
    2年くらい沖縄に住んだことあるけど、若い女が泥酔して外で寝てたり、夜の居酒屋に子連れできて夜更けに子供だけで家に帰ったり、危機感足りなさ過ぎ
    そんなことやってたら犯罪起きるわ、ただ単に学習能力のない馬鹿だと思ったよ
    田舎だと治安を信じて鍵かけなかったりするのはわかるけど、時代が変わったんだからそらに順応して防犯しなきゃ駄目だ

    【在日犯罪】「スピードラーニング」の無許可売買容疑で朝鮮総連元幹部逮捕 総連東京都本部を家宅捜索 利益、都本部の幹部に送金か
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52894130
    137: 名無しさん@1周年 201
    スピードラーニングの中古なんていくらでも売ってねえか?何が駄目なん?
    …と思って記事を読んでみると

    >落札者が16年7月、埼玉県警に「教材とCDがセットになっていなかった」「返品に応じない」などと相談していた。

    とことんクズやなwwww
    普通に商売すりゃ捕まるネタじゃなかろうに自分で別件逮捕呼び込んでる
    総連って時点で目付けられてんのに何考えてんだか

    118: 名無しさん@1周年 20
    総連潰さずに北朝鮮に対する経済制裁なんてあり得ない

    123: 名無しさん@1周年 201
    >>118
    正論
    にもかかわらず、政治家もバカマスコミも
    北朝鮮に忖度してそういう議論をしないw
    北朝鮮の工作機関を放置してる状態じゃん
    北朝鮮本国とつながりのある個人企業団体は
    すべて国内から排除するのが当然だっての

    【旭日旗】 「戦犯旗の意味、知らなかった…申し訳ない」〜タトゥーで物議かもした米国のロックバンド『ワンリパブリック』が謝罪
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/9024726
    43: (´・ω・`)(`ハ´
    >申し訳ないと考え
    >申し訳ないという意思

    多分に妄想だろうな。だから、意志だの考えだのとごまかして表現してる。
    実際に本人が「謝罪の言葉」を出してるわけではないからだ。
    単に商売上で客のリクエストに応えて、その場限りの営業スマイルをしているだけ。
    だから、

    >「来韓公演でタトゥー露出は絶対無いだろう
    >「来韓公演で

    韓国以外では、つまり日本やアメリカやヨーロッパでは堂々と見せるってことだ。

    外国人向けに英語サイトを解説して徹底的に旭日旗が国際的に合法だって理解させないと不味いな。もちろん東南アジアや南米向けにもね

    その旭日旗を振りかざして戦争犯罪をしていたのは、
    おまエラ韓国朝鮮人なんだけどなw いい加減に恥を知れよ糞食い土人。
    ◆韓国TVニュース「関東大震災の時、多くの朝鮮人が日本人に虐殺されました」→満州で朝鮮人たちが中国人を虐殺した記録を放送[2014/11/11]
    ttp://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/c/2/c281c6fb.jpg
    ・加害者達の服に「鮮人」の文字がw

    ヒトラーからもらった月桂樹を国宝にしている事を棚にあげて、
    旭日旗をドイツのハーケンクロイツと同一視して、『 戦犯旗ニダ!』 と騒ぐのは矛盾しすぎだろw
    ◆韓国の旭日旗狩りの矛盾 「アジアのナチ旗」 と言いつつヒトラーに貰った月桂樹は国宝[2014/6/15]

    それに旭日旗は日本・日本人に関連している旗だけど、
    ヒトラーやハーケンクロイツは韓国・韓国人とは無関係なのに、おまエラ大好きじゃねーかw
    ◆韓国人の 「ヒットラー好きが凄過ぎる」 とロシアのサイトで話題に・・画像あり[2013/6/9]
    ttp://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/28129249.html
    更には1990年代から2010年までに、何回も韓国海軍が旭日旗と共に海上自衛隊と
    合同で訓練してただろ?w 何でその時までは一言も文句言わなかったの?w

    【悲報】韓国補佐官、雇用の人材連携を活発にするため、入国管理手続き・査証の簡素化や社会保障制度の見直しなどで日本と連携する考え
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52894652
    6: 名無しさん@涙目です。(
    >>1
    指紋チェック義務付けで出入国すればいろいろ解決

    勝手に韓国側が言ってるだけではないの?

    外国人向けにマニュアル作成で中国資本の不動産買収に“お墨付き
    国土交通省、建設産業局・国際課に電凸
    私「外国資本に領土売却推進のマニュアル作成は問題
      不動産所有者へ恫喝文は削除しろ」
    http://goo.gl/ltShm5
    平成29年2月27日
    小野寺まさる?@onoderamasaru ・ 21時間21時間前
    《告知》国交省が何をしたいのか…理解出来ない。最も強い「所有権」を外国人にも付与し国土を売る国は日本だけだ!【北海道が危ない 第4部(下)日本の領土を国交省が“斡旋”…外国人向けマニュアルを…中国資本の不動産買収に“お墨付き” 】

    『年収600万では貧しくて生活できない』とテレビ局職員が窮状を訴え。同業他社に比べて安すぎる
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50507694
    23:名無しさん@1周年:20
    高いじゃあねえかwww
    あと、NHKも放送業界なんだから、これ参考にしろよ

    高いとこと比べりゃ そりゃそうだろ
    平均と比べろよ

  8. 漫画喫茶店長 のコメント:

    まだ喜んでいいのかどうか微妙なところです。
    グラフにあるように2007年の5号機ショックの後は倒産件数が激減していたのですよ。
    理由は、ジワジワと規制をくぐり抜けた爆裂機が蔓延してきたからです。
    今回から6号機ということになりますが、早くも規制緩和の噂↓があります。

    http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5692.html
    パチスロ「6号機」で爆裂AT機が復活!! 「規制緩和」も歴史繰り返すパチンコ業界に不安の声が……

    パチスロ「政治家に泣き入れ」で規制緩和実現か……ユニバーサル「公選関与疑惑」など政治と密接なパチンコ業界

    二階さんや平沢さんに陳情に行ったそうです。。。
    特に平沢さんは、CR機導入時にパチ業界の売上を倍増させた輝かしい実績があります。

    パチ業界の資金力は侮れません。
    嘗て、パチ業界の総連幹部が「現金を机の上に2千万ならべると、どんな政治家も眼の色が変わる」と言ってましたからねえ・・・

    しかし、何れにせよ若者のパチ人口は激減していますので業界が縮小するのは当然です。
    若者パチ離れの理由はスマホゲームに多額の課金をしているからです。
    実はコレが曲者で、案外パチよりも日本経済にダメージを与えているのですよ。
    詳しく書くと長くなるので今日はここまでにしときます。

  9. 眠り猫 のコメント:

    最近、新聞折り込みチラシを見ていて、パチンコ店の(経営者の?)一部が、カラオケ店やボウリング場などの娯楽・遊戯施設に鞍替えして生き残りを謀っていると感じています。

    ギャンブル依存症になる施設が減るのは、まあいいとして、娯楽・遊戯施設であろうと、その利益が朝鮮半島に流れるのは許されないと思います。

  10. のぶ のコメント:

    倒産件数が2.4倍になったといっても元々去年のが低いのが。。。

    友人がパチンコの筐体作る仕事してて新しい台は売れるかなとぼやいてました。
    なんだかんだ言っても結局客が好む台はよく出る台だそうで出る台がまだ残ってるのに出ない台を出してもパチンコ屋が買ってくれないであろうという。

  11. 無私 のコメント:

    小坪殿には毎回有意義なブログを無料で拝見させていただいて非常に感謝しています。
    小坪殿がブログで提案されていたパブリックコメントへの投稿、自分の頭で考え、自分の意見として送らせていただきました。友人たちにもパブリックコメントについて拡散しました。
    今回の結果に繋がったことは非常にうれしく思います。

    小坪殿にお伺いしたいのは、小坪殿も何回もブログで触れていらっしゃる「既存のマスコミの偏向報道やプロパガンダ」について、このような国民の意見を表明できる機会はないのでしょうか。
    多くの国民が真実から遠ざけられている現状は日本国にとって深刻な状況であると存じます。

  12. 反日愚国 のコメント:

    中小規模店は、新基準の台を入れ替える資金もなく、中古台も売れない為
    撤退を余儀無くされる事になります。
    大型店は投資の回収が難しくなり、急激に資金繰りが悪くなるでしょう。
    投資しなければ店が運営できず。
    投資したところで回収のあてはない。
    大型店だけが生き残れるなんて補償はないでしょうね。
    ○ハンだって例外じゃない。
    既に店舗は減少しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください