韓国の滅亡と、我が国への余波。嫌な予感ほど当たってしまう。


 

 

 

私は、ロシア人脈を多くは持たない。
これは地方議員比較ではなく、国会議員を含む政治関係者との比較だ。市議および素人と比較すれば、爆発的な情報源は持ってはいる。けれど、決してロシア通というわけではない。

ロシアが、韓国に対して爆撃機を飛ばした。
明確に交戦の意図を示すような飛び方で、U字型だと言う。ニュースも出ているため、分析してまとめようかと思ったが、書くことは控える。
報道されていること以外にも知っているからだ。何が書いて良くて、何が悪いのか、まだわからない。だから行間にも滲ませたくはない。

東アジアは、火種まみれだ。
一旦どこかで火が付けば、それがボヤではなく一定程度の爆発になる程度には内圧が高まり過ぎている。

引き金となるであろう、想像しやすい舞台は韓国だ。
レッドチーム入りした。あとは、どの国が領有権を主張するか、である。属国としても残らないのではなかろうか。
獲るのは、CHINAもしくはロシアだろう。二択しかない。

米国は韓国からは退く。
最初このことを書いたとき、ネット上では「まさか?」という指摘が相次いだ。あの時も(少しは情報を持ってはいたが)ある程度は勘だった。
今回のロシアの爆撃機について、米国は静観の構え。
「どうでもいい」ということだろう。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

米国の動きはどうだろう。
台湾にシフトし、韓国は破棄。
これは軍事上の要衝という意味で。橋頭保としては、半島は放棄され、最前線が下がる。

台湾を軸に、香港が火種となり延焼する危険性もある。
ゆえに米国が台湾方面にシフトするとして、合理的な判断だと思う。
どこかで起きるという意味では、やはり警戒しておくにこしたことはない。
米国は台湾にシフトして行くように思うし、それをネット保守論壇も礼賛する恰好だが、一喜一憂している場合なのだろうか。

台湾が米国に特化することの意味、それは日本側へのサポートが下がるという意味だし、
対CHINA牽制も含め、日本海や沖縄は我が国自身が守る比率が高くなるということだ。
無論、朝鮮半島に関する事象は、我が国が自ら対応せねばなるまい。

台湾方面は米国が見るとして、問題は「下げた韓国のライン」である。
言うまでもないが、我が国が最前線となるよりない。
本心から言うと、かなり面倒な事態だと思う。正直、嫌だ。

「韓国が滅亡」と聞くと、「おっしゃ!」と思う方もいるかもしれない。
私だって、胸がすっとする部分はある。けれども、実際に防衛線が下がるとなると様々な問題が発生する。
楽ではない。

どこで火がつくのか、わからない。
けれど、誰かが何かをするだけで、ぱっと燃え上がるような状況にあることは間違いない。

韓国は、航空会社も含めて身売りの方向。
やがては世界恐慌の引き金にすらなりかねない。かつてであれば、「ならば」と、最前線になるぐらいならと、我が国が折れてきた。仮に政治家がそういう判断を試みようとしても、今回は「日本の世論がそれを許さない」し、安倍政権も許さない。私も「(韓国に対し)退くな」と思うし、多くの者がそうだろう。
また、米国も見捨てている。

経済的に停滞し、一気に没落していく中、韓国を獲りにくるのは、CHINAかロシアか。
今回はロシアが一歩、先に出た。CHINAも容認しているようだけれど、かと言って半島を獲りにいかないとは限らない。
そう、ロシアとCHINAが朝鮮半島を賭けて一戦やらかす可能性だって否定はできない。偶発的な、形式上の戦闘ぐらいはやる可能性はある。それがボヤで済むのか、大火事になるかはわからないけれど。

明日、気が向いたら時系列でニュース記事を並べるかも知れない。
本当は今日やろうかと思ったけれども、行間に余計なことを書きそうで控える。

往々にして悪い予感ばかり当たる。
いまの状況については、結果的に当たった。次に起きそうなこと、書きたくはないなぁと思う。

 

 

今日は「ほらね?」と書いても良かったんだ。
けれど、流石にそんな気分にはなれない。やはり気持ちは沈んだままだ。

 

※1 今日もコメント欄は好きに書いてみてください。
※2 私も探り探りで書いています。報道と、これに関する情報の精査は鋭意やっています。
※3 コメント欄は楽しく読ませて頂いています。私とは違う角度の考察もあり、ときどき「お!」と思わされます。
※4 閲覧者の地方議員ら(友人)からもコメント欄の充実具合が評価されたりしてて、地味に嬉しいです。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

42 Responses to 韓国の滅亡と、我が国への余波。嫌な予感ほど当たってしまう。

  1. 紅葉 のコメント:

    情報の発信という観点から、
    注記※2と
    >何が書いて良くて、何が悪いのか、まだわからない。だから行間にも滲ませたくはない。
    というお言葉を見て、安心をしました。

    判断がつかぬ間は言動を慎み、余計なことを語らない。
    政に携わる方の心構えとして、
    時勢に合わせた過不足のない情報の発信は、大切なことと存じます。

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この度の韓国防空識別圏へのロシア軍機飛行は、SU-35Sが投入されて居たと朝鮮日報は報じて居ますね。
    仮にSU-35Sの投入に、ロシアは何らかのメッセージを込めて居るのだとすれば、状況は深刻であるとも考えられます。
    今年7月にはロシア軍、中国軍共同で挑発的な飛行をしていますし、それからのコレです。

    そもそもですが、朝鮮半島有事が勃発しても、韓国は国家の存亡の賭かった総力戦になるでしょうが、ロシアや中国からすれば本土から離れた場所での限定戦争でしかありません。
    米国からすれば、遠く離れた場所での話で、尚更に限定戦争でしか無い訳です。

    戦争と言うものが政治的目的を遂げる手段の一つでしかない事を鑑みれば、今の韓国は西側諸国にとって政治的目的を遂げる為に必要な存在では無い為、”韓国を現状維持する事”に戦争で失うもの以上の対価を見込めないのです。
    つまり、もう西側諸国的には「どーでもいい」のです。

    経済に於いても、韓国が世界経済へ与える影響が少なければ、世界は韓国経済がどうなろうが知った事では無いでしょう。
    特に最近は我が国がホワイト国から外しただけでギャーギャー騒いでますから、他国から見れば韓国経済の脆さを韓国自らが盛大に曝け出した様にしか映らなかったでしょうし、そうなれば韓国を縁切りする事で損失を回避する方向に進むでしょう。
    そしてこの度のロシア軍機飛行の様な、「韓国は火種」と言うアピールが続けば、韓国エンガチョは益々進む事でしょう。

    韓国経済がズタボロになり、韓国の内政もガタガタとなれば、今度は買い叩きの絶好のチャンスの訪れです。
    李氏朝鮮時代には、あらゆる利権をロシア等に売渡た実績のある民族です。
    丁度最近も、ソロモン諸島で似通った様な話題がありましたね。
    それをロシアが忘れて居る筈はありません。
    ロシアは朝鮮人は脅してなんぼと言う事も、中国と共に熟知して居ると見て良いでしょうし。
    あの時は日本が国防を優先して、莫大な資本を投入し買戻しを行いましたが、良くも悪くも軍事リテラシーの希薄となった現在の我が国では、小坪先生が指摘される様に助力する事は出来無いでしょう。
    当に「歴史を忘れた民族に未来は無い」と言う言葉を、韓国自らで吐き、韓国自らで証明しようとしている訳です。

    更に韓国国内では”日本を罰しない”米国に対しての反感が高まって来て居る様で、次第に反米傾向が強くなって来てます。
    2015年3月のマーク・リッパート駐韓米国大使襲撃事件に続き、再び大使公邸乱入事件が発生しており、今回の事件では米国側は「urge」と言う表現を用いて抗議して居ると報道されました。
    この”urge”と言う表現は、外交界では敵性国に使うもので、同盟の間ではあまり使わない表現らしいのです。

    こうなって来ると、朝鮮半島を盗ると言った意味では、戦争すら必要無い可能性もあるのです。
    戦争と言うものが政治的目的を遂げる手段の一つでしかない以上、戦争未満の紛争や衝突、更に言えば軍事的挑発も、やはり政治的目的を遂げる手段の一つでしかありません。

    結果的に第一弾としては、韓国はアオムシコマユバチに寄生されたオオモンシロチョウの幼虫状態になるのではないでしょうか。

    寄生蜂の生態 アオムシコマユバチ
    https://nico.ms/sm10063704?ref=twitter_ss #sm10063704

    オオモンシロチョウの幼虫は、アオムシコマユバチの幼虫に体を食い破られてアオムシコマユバチの幼虫が出てきた後、何故か自らを食い破り出て来て、自らに致命傷を与えたアオムシコマユバチの幼虫を守る様に、最期の力を振り絞りアオムシコマユバチの幼虫の為に繭を作ります。
    韓国も同様の最期を遂げるのかも知れません。
    反日成分を与えておけば、きっと最期の力を振り絞りながら、ロシアか中国かは知りませんがそれらの為に韓国は繭まで作ってくれる事でしょう。
     
     
    まぁ我が国からすれば、これからは韓国の滅亡した将来を前提とし、その条件のもとに国防意識を高めて行く必要が現実的となって来た訳です。
    保守層の多くも、意識の転換を求められて行くのかも知れません。

  3. なな彩 のコメント:

    メディアから目覚めたと思っている人も、
    ネットメディアに踊らされている。

  4. 米中が本格的な「殴り会い」の対決に入る前、米露は協調路線である程度首脳間で合意があったと見るべきで、米国防総省が2019年の「インド太平洋戦略報告書」において台湾を協力すべき対象「国家」と明記したのは、その伏線があったからだと思う。
    あくまで私見でしかないが、実は裏でその強力な後押しをしていたのが日本の安倍総理ではないか、と思う。安倍総理は第二次安倍政権を成立させた直後(2012年)、国際NPO言論機関「プロジェクト・シンジケート」のウェブサイトに「Asia’s Democratic Security Diamond(アジアの民主的安全保障ダイアモンド)」と題する英語論文を発表しているからだ。

    論文の要旨としては、Chinaによる東シナ海と南シナ海の国際紛争に関して、太平洋からインド洋にかけて航海の自由を守るため、日印両国が大きな責任と役割を負う必要があり、事実2007年に安倍総理は日本の首相の立場でインド国会でその旨の演説をしている。そして日印豪米(ハワイ)によって、インド洋から西太平洋に広がる海洋権益を保護するダイアモンドを形成することを(安倍総理は論文で)構想している。アジアの安全保障を強化するため、英仏にもこの舞台(アジアの民主的安全保障ダイアモンド)にカムバックしてもらいたいとも(論文内で)述べている。
    興味深いのは、この「アジアの民主的安全保障ダイアモンド」に韓国が入っておらず(日本の現在の立場からすると台湾を明記することは出来ないだろうが)、言外に日本の敵はChinaであると言っているようなものだ。その上で、論文では「日印で二国間軍事対話に従事しているが、米国を含めた公式な三者協議に着手した」とある。

    思い出して欲しいのは、2016年の米国大統領選でトランプ大統領が誕生した時、それを予想していたかのように安倍総理はいち早く米国に飛び、トランプ大統領と電撃的に会談をしたではないか。その後の日米首脳の親密ぶりは周知の如くだが、すでに安倍総理はトランプ大統領が誕生する4年以上も前にアジアにおける戦略的な安全保障を構想し、インドと手を携えて布石を打っていたのだ(と思われる)。
    安倍総理が構想する「アジアの民主的安全保障ダイアモンド」にとって日米同盟は重要であると同時に、米国にとってもアジア太平洋地域における安全保障戦略に日本はなくてはならぬほど重要だ。
    日米の利害がこれほどまでに合致し、アジアにおける日本のプレゼンスを示したのは安倍総理をおいて他にないが、日本のマスコミは報道しないから日本人はほとんどが知らない。
    去年の夏頃、南シナ海に英国海軍が出張ったのも、今年の初めに米英海軍が南シナ海で合同演習をしたのも、単なる偶然ではないだろう。

    以上のことから、日本においても朝鮮半島を「無視」は出来ないが、アジアの安全保障に必要ではないと(少なくとも安倍総理は)考えているし、国民世論も嫌韓に大きく傾いている。
    そんな中、香港が火を吹きそうなタイミングでロシアが韓国に爆撃機を飛ばしたのは、Chinaに対する示威行為だろうと私は見ている。Chinaがどう出るか、香港に対する動きと併せて米露はかなり注視しているハズだ。
    それに対して知らずに無関心のまま、一朝何かあれば腰を抜かすのは日本国民だけ、という状況だろう。少なくとも韓国がレッドチームに組み込まれているのは諸兄の知るところではあるが、さて、ロシアがどう動くかまでは予測不能だ。しかし、米国は明確にChinaと敵対しているのだから、ロシアと何らかのディールをしているに違いない。
    同時に、米朝でどういった動きがあるのかも、ウォッチしておきたいところだ。北朝鮮の核武装解除にはロシアの協力がなければ無理だろうから。
    いずれにせよ有史以来常に「事大主義」で通して来た朝鮮半島がどう動くのか、これは非常に面白い見世物であると同時に、日本は対馬海峡まで防衛ラインが南下する覚悟を持つ必要がありそうだと言える。

    参考文献:
    藤井厳喜・古田博司『韓国・北朝鮮の悲劇-米中は全面対決へ』(ワック・2018年)
    西村幸祐『韓国のトリセツ-やたら面倒な隣人と上手に別れる方法』(ワニブックス・2019年)

  5. 一国民 のコメント:

    素朴な疑問なんですが…韓国を欲しがる国なんてどこにも無いんじゃ…
    つまりロシアの行為は、要はGSOMIAを破棄して中国と手を結ぼうとする韓国への意思表示「こっち来んな」なんじゃないかと素人的には思ってしまいます。無能な味方ほど要らないものはない、と…。

  6. BLACK のコメント:

    38度線が日本海、日本が最前線
    このことが、レッドチームとブルーチームの今以上に明確な色分けとなり

    ☆レッドチームの外交・野望・やりかたを目前で明白に見せてもらえることで、レッドチームを再認識し、一定の人たちが持っている憧れのようなものを破壊できるかも知れないこと
    (沖縄・北海道、在日外国人・左翼・パヨクの覚醒)
    ☆日本が最前線であることの認識と覚悟を持てること。危機感と愛国心、国防についての再認識を持てること。
    ☆日本が最前線であることを、外交上徹底的に有利に利用すること。
    ☆以上の理由から、日本への中共とロシアの野心が明白となり中共とロシアとしては逆に動きにくくなるかも知れないこと。

    言葉で言う程簡単なことでは無いのは明白ですが、日本が最前線になった場合、せめて少しでもそのことを有益に出来れば、と願っています。

    軍事も知らない私が僭越・生意気でありますが
    韓国と言うよりも、あの半島をブルーチーム側に取り込んでおくこと自体が、有史上、無理なのだと私には思えます。
    それだからこそ、ブルーチームに取り込んでおくことの意味も価値もあったのだとは思いますが。
    理想も利益も軍事ありましょうが、地理的にも文化・民族的にも、やはり無理は無理だ、と思います。

    難民問題は非常に難しく厄介だと思いますし
    私たち一般人にとっては一番身近な問題になるのだろうと思います。
    短期的な国益と展望、長期的な国益と展望があるように思います。
    政府や、我らが指揮官がどのような判断をなさるか、私には全くわかりませんが
    場合によっては、損して得とれ、我慢することは我慢する、完全を求めない(100%を求めない)、譲るところは譲る
    の覚悟と心構えも必要に思います。
    もっと言えば、保守にとっては「なんだよそれは」と抗議したくなるようなこともあるかも知れない、と思います。
    そのような場合に、どれだけ政府を支えられるのか、どれだけ支持できるのか、心構えが必要になるかも知れないと自分に言い聞かせることにします。
    冷静に、したたかに、我慢強く、計算高く、柔らかく、が増々重要になると自分に言い聞かせることにします。

    過去と、現在と、これからの韓国の愛国が反面教師です。
    絶対に同じようにはなりたくない。

    小坪氏のお気持ちは沈んだまま、とのこと。
    指揮官は今はそのような心情でいて下さるからこそ信頼できるのだと思います。
    勇敢・有能な指揮官は、皆、そのようなお方、そのような心情であられる(あられた)ように、私は思います。

  7. 菅間省治 のコメント:

    ロシアは中等に於いてもその存在感を増しているようだし、ある意味勢いはあるように思います。
    また、夢にまで見た不凍港を手に入れるチャンスと捉えて、支那と密約を整えていれば、仕掛ける可能性は、極めて高いだろうし、やるだろなとは思います。
    まぁ、覚悟はしてましたが、ロシアが目に見えて動くのは想定してなかったなぁ。
    日本海防衛頑張らないと。

    • たぬきねんね のコメント:

      うーん、ロシアどうでしょう。私には現状ですでに戦線のびきってあっぷあっぷに見えます。ロシアの経済力では限界がそろそろ表面化していてもおかしくない。いくら人件費が安いといっても相当無理しているとおもいますが。

  8. 西郷隆盛 のコメント:

    ロシアと共産支那か…やはり日清、日露戦争時に戻って仕舞ったのですね…全く朝鮮人めッ。
    より身近で心配なのは【朝鮮戦争当時】の様に難民が大挙して日本海側に押し寄せて来る事です。特に対馬、北九州ですね。
    本当に憂鬱です。彼奴等の侵入を如何防げば良いのか…良い知恵は無いものか?

  9. 憂国人 のコメント:

    外国人労働者の受け入れは嫌ですし反対ですが、ふと、もしかして半島有事を想定し難民となった朝鮮人を受け入れ易くするために誰かが画策したのかも、と思ってしまいました。いずれにしても我が国にとっては迷惑だし危機的な状況だと思いますが。乱文失礼しました。いつもありがとうございます。

  10. 武蔵 のコメント:

    世界の動きを予測する時に、地域レベルではなく全体を俯瞰して考えたい。

    第二次世界大戦の戦勝国であるアメリカと現ロシアは、戦後、表面でらは戦っていたが、実際はお互いの利益を分け合いドイツを東西に分け合ったり、日本を共同統治してきた。

    しかし、中国の急速な覇権拡大を許してしまった為に、世界の戦後秩序が変えられようといているのが今の状態である。南シナ海の埋め立てによる軍事施設建設は、アメリカ、ロシアだけでなく多くの国の反中国姿勢を決定させたのである。

    すでに裏では、アメリカとロシアによる中国解体は合意済みであろう。

    来年11月にトランプが再選した後、次のような動きがあると思う。
    1.アメリカ及び同盟国の経済制裁最大化
    2.アメリカ及び同盟国(日本を除く)の戦力を中国に向け配備
    3.中国の軍事衛星を全て破壊、中国国内外の情報通信網無力化→中国の制空権制海権が消滅
    4.中国共産党は5つの戦区をベースに、国家解体を受け入れる。
    5.チベット、ウイグル、内モンゴル、香港、マカオは独立しアメリカロシアの共同統治となる。
    6.5つに分かれた中国は軍事力と独裁体制を一定規模維持する。(将来の火種になる)
    7.日本は平和ボケした日本人と、左翼の反対により役割を放棄して、国際社会な避難を浴び更なる斜陽化を突き進む。(将来の赤化革命のシナリオなら始まり)

    この流れがほぼ合意されている。これはファイブアイズ(アメリカ、カナダ、豪州、NZ、英国)とロシアによるものである。

    ただし日本が7.のシナリオを回避して、軍事力行使ができれば、これ以上望むべくもない豊かな将来を迎えるであろう。

    その為には、有事が起こったら、憲法の一時停止を閣議決定し参戦することである。非常に難しいがやるべきだ。多分対馬への軍事侵攻、沖縄への攻撃などが発生し国民も目を覚ますと期待する。2021年3月…
    3.全ての

    • 波那 のコメント:

      武蔵 様
       ファイブアイズについては他にも記事が出ていますが、これもその一つです。

      🔻日本は世界一のエリート諜報クラブの「第6の目」になるのか
      https://jp.sputniknews.com/reportage/201910146755279/

      今日、米国が直面している中国の力の増大やロシアの台頭、北朝鮮の核プログラム、イランの行動などの課題は、正確で質の高い情報機関の情報を必要としている。そのため米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国の情報機関の完全な情報交換を主目的とした「ファイブ・アイズ」と呼ばれるプロジェクトの拡大が必要とされている。「ファイブ・アイズ」の加盟国候補の一つはイスラエルかもしれない。イスラエルの伝説的な情報機関「モサド」は、中東各国の広範な情報を所有しているからだ。また、当然、日本もその候補に上がっている。イスラエルが中東情報をカバーするのと同様に、日本は北東アジアで非常に有用な存在となる。これに関する元米国海軍将官で現在は政治アナリストの記事が、ブルームバーグのサイトに掲載された。

      カナダの政治評論家でサイバーセキュリティのサイトの創設者であるルドヴィック・レンバート氏は、日本はすでに「ファイブ・アイズ」へ加わったと考えている。レンバート氏は「現在ファイブ・アイズは、世界一のエリート諜報クラブに日本を6番目の正式なメンバーとして迎えるか検討している。日本が中国大陸や南シナ海、北朝鮮に関する情報収集で多大な貢献を果たしたこと、また、この数年来、『5カ国』全ての情報機関が活発に日本と協力したことから、大多数の専門家たちは、日本の加盟はすでに既成事実となっていると考えている。私たちに一番最初に『ようこそ!シックス・アイズ』へと言わせてほしい」と自身の記事(*)の中で述べている。

      米国、冷戦時代の鳥スパイに関する情報を公開
      またロイター通信は、「ファイブ・アイズ」は、中国と、そしておそらくロシアの対外活動に立脚した脅威に対抗するために、日本とドイツを引き入れる意向(*)だと報じている。
      ソ連対外情報庁の元職員で現在は独立系アナリストのユーリー・スベトフ氏は、スプートニクのインタビューに対し、北大西洋条約機構(NATO)の全加盟国29カ国とその同盟国は、もちろん情報機関の情報を交換しているが、しかし、さらに高い信頼レベルがあるのは「ファイブ・アイズ」だけだと語り、次のように続けたー

      「西側の同盟国には世界を注視するためにさらに多くの目が必要だ。5カ国のインテリジェンス・コミュニティー間で緊密な協力が始まったのは第2次世界大戦が終結してから約10年後で、その目的はソ連とワルシャワ条約機構の加盟国を監視することだった。今日、日米安保条約、また、アジア太平洋地域への米国の高まる関心、日本から決して米軍基地を撤退させないという声明を考慮した場合、この2カ国のインテリジェンス・コミュニティーはずいぶん前から緊密に協力していると推測するのが論理的だ。

      日本は「ファイブ・アイズ」にとって、まずは中国、ついでに北朝鮮とロシアに関連した機密情報源として関心を持たれている。この観点から考えた場合、優れたインテリジェンス能力と充実した技術装備、また、これらの国々との地理的近さを持つ日本は、極めて価値のあるプレイヤーとなる。安全保障とステータスの向上という観点からみると、日本にとってもこれは魅力的だろう。しかし、大きなマイナス面もある。それは日本はその隣国に関する情報機関の情報を交換する義務が発生するということだ。これは日本にとって重要な、たとえば中国とロシアとの2国間関係を損なうおそれがある」。

      「ファイブ・アイズ」が日本とより緊密な協力を目指している間接的な兆候は、2018年10月に日本がはじめて多国間机上演習「シュリーバー・ウォーゲーム」(*)へ招待されたことだ。2001年にはじまったこの「ウォーゲーム」は、主に「ファイブ・アイズ」の加盟国間で開催されている。日本の参加者らの課題は、米国の宇宙通信機器が攻撃された場合に、日本の衛星システムがどのようにして米国を援助できるかをモデル化することだった。

      日本は2019年の「防衛白書」で優先課題として宇宙技術やサイバーセキュリティ、電磁波技術の分野での自国の防衛能力の強化をあげている。これは「ファイブ・アイズ」の優先領域ともほぼ一致している。

      (*) に関して関心がお有りならサイトから御覧下さい。

  11. 琵琶鯉 のコメント:

    日本では、中国にについてのネガティブな報道はほとんどされません。その様な中でいち早く情報を発信しているのが、Youtube「妙佛DEEP MAX」で、管理人が中国語に詳しい為、華僑圏のニュースを紹介してます。
    今回の記事で、中国の原子力潜水艦が、ベトナム漁船の網に引かかってやむなく浮上してきた。という内容でした。詳しくは動画をご覧ください。特に中国関連に関わっておられる経営者の方や行政の方々には、必見です。

    • たぬきねんね のコメント:

      妙佛DEEP MAX わたしもみています。なかなか日本では報道されない事を具体的にアナウンスしてくれるのでいいですね。

      • 琵琶鯉 のコメント:

        韓国における保守派と呼ばれる財界人や政界人達は、中国によってかなり賄賂漬けにされているようです。(当然ハニートラップにもかかっておりますから)なかなか中国から距離をとることは難しいでしょう。
        故にロシアが武力で示したのかもしれません。
        また、米国の政財界も同様でしょう。「中国は国民が豊かになれば、自然と民主主義へと移行していく。」という信念がありました。しかし、5千年に及ぶ王朝の簒奪はそんな生易しいものではなかった。
        中華思想を変える事は不可能だと理解したようです。故の覇権争い。習近平にとって、今度のアメリカ大統領中間選挙で、トランプさんが、負けて民主党の大統領がなるまで持ちこたえれば、この難局を打開出来ると考えているのでしょう。
        でも、その間に中国の非道さが明るみに出て来て苦しい所ですよね。米国は中国への締めつけをどんどんしてますし、やり方が、カエルの生殺しと同じような感じがします。

        そして、日本の政財界方々の中にも同じような経路で中国から賄賂をたんまりと頂いた人がいるのではありませんか?日中友好の影に隠れて。そんな方々は今固唾を飲んで様子を見ているのではありませんか?
        どちらにしても韓国からは資産を引き上げ、日本人の渡韓を制御し、対馬と日本海側の港湾の防衛強化は必須いですね。

  12. たぬきねんね のコメント:

    中露ともに北がある限りは飛び地になる韓国を直接取りに行くことは無いとおもいます。
    取ったところで維持が大変だし韓国民を殲滅とか中世のように民族丸ごとシベリア送りとかは物理的にできないでしょう。
    なまじ西側で自由だのストだの共産圏と相容れない思想を体得している韓国人を国内にいきなり5000万も抱え込んだら共産主義政権そのものがぐらついてしまいます。
    ホンコンですらホンコン人の中国本土侵入を制限しているのもそのため。
    緩い属国として西側からの抜け荷窓口としてのみ利用価値があっただけでまるごとレッドチームへ入れてといわれても向こうだって迷惑でしょう。
    なので一段属国レベルがあがった搾取対象として表向きの独立国、実質植民地のような立ち位置になるとおもいます。
    50年ぐらいかけて中国化なりロシア化させてからであれば吸収もあるでしょうけど。
    同様の理由で北の南進、韓国丸呑みもすぐにはない。現韓国政権のような北の代理政権が年月かけて北とほぼ同じ生活水準、ほぼ同じ社会思想などの教育をすり込んだ後で無いと北の政権のほうが崩壊しますので。

  13. daco のコメント:

    「韓国を獲りにくるのは、chainaかロシアか。」
    半島においては属国よりも消滅が良いと思ってます。
    歴史的にみてきても、国として何らかの形で存続するよりも周辺緒民族にとって未来に来るかもしれない災厄(大難)が中難・小難にすむは確実だからです。半島民族の未来のことを考える必要はありません。

    半島をどこが獲りにくるかは、その二択かはわかりません。地理的・歴史上からもその二択はわかりますが、
    気になるのは北鮮もふくめ、国家消滅時において対外債務がどれほどあるかです。
    このことについて解からないけれど、簡単に二択とか二者分捕りでおさまるような国際社会・国際状況でしょうか?

  14. 波那 のコメント:

    そうですよね。アチソンラインにまで(台湾を含む)防衛ラインを下げると言うことは、そういう覚悟が要るということですよね。単純に日本海に、寄るな、触るな、近づくな~!の見えない壁が出来るような気がして、韓国とは縁が切れるんだと思って嬉しくなっていました。勿論、防衛体制強化は必然のことですが、あそこにロシアか、中国が乗り出して来るかも知れないんですよね。ミサイル撃墜連発可能な超電磁砲レールガンはまだ開発の途上ですしね。レールガンは日本がより安全になれる兵器だと思います。先ず前線に立つ方達を守らないと私達が危ないのですから。台湾に米軍が駐留する事になる(かも知れない)のは、そんなに直ぐではないとは思いますが、ですが事態は流動的でいつ切迫することになるかも知れません。

    各々方、心して奮起されよ。

    ►News US で面白い記事が出ていました。

    フィリピン政府が中国マフィア1000人を逮捕!? タンザニア政府が中国業者を逮捕?世界中で中国に対する締め付けが強まる?
    2019/10/26
    https://news-us.org/article-20191026-00171913536-china

    〈中国が世界中で色んな工事を進めてるんですけど、タンザニアでいきなり中国の業者が逮捕されてしまったそうです!その理由は工事の遅れで、他の業者に対する見せしめだって言われてます・・・。ソロモン諸島では、島を貸し出す契約が無効だと宣言されてしまいました!それからフィリピンでは、違法行為に関わった中国の人達が1000人も逮捕されてしまったそうです。中国の活動は、世界中から規制されてしまうんでしょうか? 〉
    ……………
    ソロモン諸島ってつい暫く前に中国の言いなりになって台湾と国交断絶して中国との国交を選びましたね。民進党の蔡英文総統政権になってから一体、幾つの国が中国に札束チラつかされて台湾と国交断絶したことか。台湾が受けた屈辱感を思うと気の毒です。

    中国が進める世界制覇の野心剥き出しの一帯一路はインフラ整えるからと発展途上国に出資して、返せないのを見越して借金漬けにした国から自分達の野望達成に必要なルートの港湾や土地を我が物にしてしまうことです。そのルートになる国の人達が徐々に中国の下心に気づき始めているかのような気配です。8月末の横浜でのアフリカ開発会議(TICAD)でスピーチした総理の警告はアフリカ諸国のメディアで取り上げられ大きな反響があったようですが、さりとて先立つもののない発展途上国の意志だけでは為す術もないこと。だから背後で中国を選ぶのか、我々を選ぶのかと言うオファーがあるように思うのは私だけでしょうか。アフリカはソロモン諸島が台湾と国交断絶を決めた時、考え直すようにと干渉してました。

    ああ、それなのに我が国は中国人に土地買われ放題とか
    涙…・゜゜(ノД`)…悔しい。

    • 波那 のコメント:

      >アフリカはソロモン諸島が台湾と国交断絶を決めた時、考え直すようにと干渉してました

      間違いました。アフリカではなくて、アメリカです。

  15. mirage のコメント:

    韓国をシナかロシアが獲りに来る、と政治家が言うのはいかがなものでしょうか。
    匿名ネットユーザーのコメントみたいです。
    欧米日等世界はそれを許すのでしょうか。
    猛烈な経済制裁はもちろん断交だってありうると思います。
    何より核保有国北朝鮮が「自国の領土」を侵されて黙っているのですか。
    こういう時のための核でしょうに。
    もう少し慎重な発言をお願いしたいです。

  16. 東京01 のコメント:

    個人的には、ロシアや中国は韓国の一部の占領を目的としていると思います。例えば、済州島とか。韓国を含めた朝鮮半島本島は北朝鮮が占領し、飛び地の済州島かもしくは鬱陵島又は韓国南部の島の一部を占領した方がロシアや中国にとって最大の利益になると思います。なぜなら、北朝鮮政府や日本に対しての牽制や前線基地の役割を持つからです。

  17. さぬきのゆめ のコメント:

    帰化人が気になります。
    出国手続きで日本人専用のルートがあります。そこに金髪碧眼の家族が並ぶことが増えているようです。当然外観は分かりにくい中韓も。
    気になったのは係員が英語で案内していること。数字も日本語で分からない人たちが帰化?
    いざという時はどうするのですか?
    危険を周知しようにも言葉が理解できないのではパニックに陥り、それが周りに悪い影響を与えることは無いのでしょうか?
    帰化に際して条件をもっと厳しくするべきです。当然彼らは被選挙権、選挙権を持つのですから。
    天皇家は制度ではなく国体です。教育を受けるならば日本語で。ここは日本です。

  18. 旧新人類 のコメント:

    特亜の提灯記事ばかり載せる日経に、「東京の空は中国版GPS「北斗」が最多、「陸海空」を覆う赤い技術」(吉野次郎 2019年10月25日)という記事がありました。何それ?気持ち悪い。あと、「中国の決済、スマホ要らずの「顔認証」時代へ 完全監視社会へまた一歩」(2019/10/25 21:00)というのもあります。まあ、国内で勝手にやれば?と思いますが、そんな「1984」(全体主義社会の寓話)を地で行くような監視社会をよそに輸出しないでほしいです。でもダブスタの権化みたいなリベラルパヨク様は何も言いませんね。K国の日本侵攻を念頭に置いた軍拡路線に対しても何にも言わないのは自分らがグルだからでしょうか。あんた方の方こそ軍国主義のヒトラーそっくりですね。

    米国はロシアと中東に関して手打ちしたのでは。それでアジア方面にリソースを集中して中国を叩くことに集中するのかな?プーチンは国内が政治的にそこそこ安定していて自分の国の利益にもなるなら話し合いに応じるタイプのように思える。ひょっとして、EUと東アジアに関しても交換条件があるのかも。その場合だと、ロシアが東アジアで陣取り合戦を頑張るシナリオはないかも知れません(静観・黙認ポジション)。ぷーは内陸で暴動を起こす人民と政敵との権力闘争で自分の足元も覚束なさそうです。がんがん揺さぶってやったらいいですね。大体、あんな大量に人間がいる領域を治めるのは独裁主義でなければならないという議論がありますが、それこそコストがかかりすぎてむしろ無理だと思う。だから共産党がつぶれた後は各地を共和国に分けて独立した経済圏にした方が難民が出る必要がなくていいと思います。中国人民にとっても、今みたいに地方の役人に逆らっただけで下手すりゃ虫けらみたいに殺されるよりいいでしょう。

    あ、そーだ、K国もいたんだっけ(笑)。あそこはどうなるんでしょうね。少数のまともな人々以外は反日にこり固まってウソつきで約束は守らないし、タカリだし、ストーカーするし、ヒステリックだし、常に売春婦を含めた犯罪者を送り込んでくるし、日本の神社仏閣に油をかけたりテロしたり仏像盗んだり日本の国旗燃やしたりして暴力的だし、世田谷区で残忍な一家惨殺事件を起こすし、日本の反日パヨクもそうですが自分たちの非をすべて他人のせいにするし、お付き合いして何かいいことありましたか?普通の人間関係や取引関係だったらすぐにも絶交されるはずなのに、これまでどうしてそうならなかったかの方が不思議です。周辺諸国もめんどくさいので、なるべく関わらないようにしてほったらかしになるのでは。中国もロシアもあんなの抱え込んだら管理するだけでも大変そう。だっていつなんどき敵側にコロコロ寝返るかわからないですからね。だけど、現在のトップの頭がおかしいからいつ何をやるかわからない怖さがあります。日本はそれを念頭に置いて、抑止力強化を含めて万全の対策を取りましょう(いいきっかけになりますね)。そしていよいよ竹島も取り戻しますからね。そのためには国内の特亜に媚びるマスゴミや議員や企業の力をそぐことが肝心です。ユニクロもせっせと韓国の足を舐めてご機嫌を取ったのに炎上してバカですね。自業自得だけど。周囲にはユニクロのダウンを愛用している人も多いですが、全般的に縫製がわるすぎて私はだいぶ前から買っていません。(以上、勝手な妄想でした)

    最後に、GAFAは中国共産党の全体主義志向と親和性のあるビジョンを持っている節があります。つまりテクノロジーとデータによる支配です。だから変な色気出して中国と取引したがるんですよね。リベラルなんて所詮そんなもんです。最初は「誰もが自由にアクセスできる自由なネットの社会」云々とか言っといて、お金と権力を手にしたら人の個人情報を利用してますます金儲けに邁進です。人間の欲には際限がありません。だから「個」に過剰に価値を置く考えには私も警戒感を持っています。

    (以上、勝手な妄想でした)

  19. ミカンの実 のコメント:

    特亜の利用の一番良いやり方は、毒を以て毒を制するやり方が一番効き目があるそうです。
    知人が教えてくれた方法ですが紹介です。ちなみに私は使ったことがありません。
    「例えば付き合っていた彼に新しい彼女ができて簡単に振られたとすると、悔しいから仕返しとかしたくなるでしょ?そういう時は、何かの方法で『パチ●コ』をやらせるのよ。そうしたらすぐにギャンブル依存症になって、数年のうちに別れるから。」これねぇ、かなりの確率で妻帯者だと家庭崩壊になるようです。何もパチンコだけでなくて、応用はいくらでもできそうですね。これに特亜と売国奴をセッティングしたらいいのですよね。おもしろいように色々と壊れていきます。(内ゲバっていうのかしら?)他の話に例えるとしたら、そうですねぇ、「チビクロサンボ」のお話かな?トラたちは勝手に喧嘩してバタ(バター)になってしまいました。ホットケーキは美味しいな〜。
    注意することは、自分がいつのまにか売国奴の立場にされてしまわないように、慎ましく生活することです。そのために必要な武器は、『孤独』です。孤独に慣れるようにして、孤独を味方につけるのです。(60代主婦さん、周りが理解するにはもう少し時間が必要です。どうかもうしばらく孤独を味方にしてくださるようお願いいたします。)慎ましく生活するように気をつけていたら、不思議なことになぜか解らないのですけど、良き友人が増え、お金も自然に増えて、教養もつきますねぇ。別にそういう事を望んだわけではないのですが。心が楽しいし喜んでいます。
    最近、書店に行くと災害時のサバイバル本が売られていますね。私、陸上自衛隊のにわかファンなので、そういう本を買って読んでいます。DVDがついているのもあります。
    できることからやっていって、世界情勢なども、できる範囲でいいから知るようにしていくのが大事ですね。

  20. 神無月 のコメント:

    私も韓国を欲しい国が有るか疑問です。先端の技術くらいは有りそうですが、厄介な人間とインフラは要らないですよね。

    北は資源が豊富との話ですから、価値は高いのかも知れませんし、安い労働力も魅力です。
    中国さんは覇権を公にするのが早すぎて、実力不足のまま、アメリカ様に小突かれ状態。
    中国さんは戦争に勝ったことありませんし、一人っ子の寄せ集めですので、虚勢を張ることが精一杯でしょう。

    ロシア? 基本は自国の安全が保証されていれば、無駄な武力行使はしません。
    但し、国土が広大過ぎますので防衛は大変そうで、交渉の為に先手は有り得ます。

    消去法だと、韓国が先に転けそうですね。茹で蛙状態に気付けませんし、気付く頃には茹で上がっていそうです。

    心配は破れかぶれの言い掛かり攻撃か北の南進ですね。
    北から見れば、南に価値は有ります。

    されど、北には厳しい冬が訪れますね。
    .

    • 神無月 のコメント:

      もし、ロシアが日本側だとしたならば、ワザと竹島に接近し韓国がスクランブル発進を繰り返せば領有権を明確にする必要が生まれます。

      その時、韓国が正規解決に耐えられるか疑問です。
      いやらしい戦略です。
      .

  21. 宮仕え のコメント:

    1 在韓米軍の撤退(韓国の政権から斬らせること、親中政権への交代)
    2 北朝鮮は牽制して動けない状況
    国境にロシア、人民解放軍を展開
    3 韓国は内乱、クーデターにより2~4に分裂親中、親露、親北、親米
    ソウル、釜山、島嶼
    4 内戦の発生、当然、大量の難民が出て日本、台湾、ロシア、中国、フィリピン、等に向かう。
    自国民保護のため、港湾、空港は各国の軍が押さえる。

    5 分割地域については、米中露で決まっている。傀儡政権を立てさせ、統治させる。

    3の時点で韓国が対馬、五島列島、隠岐諸島を占領を仕掛けてくる想定もある。もしくは巡航ミサイルによる発電所、交通の要所、空港、橋、国会、皇居への攻撃。

  22. 貧者の一灯 のコメント:

    韓国を欲しがる国は、日本をも欲しがるでしょう。日本列島を手に入れると太平洋
    に簡単に出られますからね。
    以前、習近平が太平洋の西半分をよこせと米匡に要求していたようですが・・・
    とうとう現実化するのですね。おそロシア・・・

  23. 貧者の一灯 のコメント:

    韓国を欲しがる国は、日本をも欲しがるでしょう。日本列島を手に入れると太平洋
    に簡単に出られますから。以前、習近平が太平洋の西半分をよこせと米匡に要求していたようですが・・・とうとう現実化するのですね。おそロシア・・・

  24. 通りすがり のコメント:

    戦後長い間アメリカの軍事力の傘の下にいて平和が当たり前だと思っている日本人が思うほど、東アジアは平和ではない。それどころか、わずかなほころびで戦乱の世に逆戻りするということですね。
    自分はもちろんサヨクではありませんし、北朝鮮や中国の脅威や韓国の赤化を誰よりも不安に思っていたつもりでしたが、自分の想像以上に現状はやばそうですね。

  25. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    混乱に乗じてスリーパーが動くのかな・・・まったくキモい連中ですね。
    一般の日本人も目を光らせ逐次通報する必要があるんだろうなと思います。
    多くの人が「目」になれば結構な力になると思うのですが。

  26. りちゃ のコメント:

    歴史は繰り返す

    閔妃の時も親清事大→親ロシアへと方針を転換してグダグダになってたよなぁ。東学党の乱→鎮圧を清に頼むなんか見ても、韓国、北朝鮮、中国、ロシアがらみだと何が起きてもおかしくないのか・・・。特に韓国がピンチになった時に大混乱が起きるというかなんというか

    う~んロシアか・・・見落としていた

  27. 名もなきせいぎーー のコメント:

    ロシアは無いかなぁ。ロシア自身の都合として。

    公表されている情報とその中でできることを考えてもこれ以上戦線を広げる余地はない。
    核戦力の維持だけでも大変なのに。

    韓国は当分グタグタだと思います。やってあげれるのは定期的に燃料投下してあげるくらい。

    最近なら脱北者を集団逮捕しようという動きがあるらしいけど本当ですか??ってムンちゃん政権に聞いてあげればよい。まずは韓国人ユーチューバーあたりから。
    大統領は自称人権弁護士出身でしたよねって。

    中国にも燃料投下して揺さぶらないと。
    よくわからん理由で日本人拘束すると経済や民間の交流も無理だし観光客増やしてくれっていっても誰も行きませんけど??ってね。

    王岐山が影響ないと即座に打ち消ししてたことから会談で拘束の話が出たのは確実で結構痛いところだと思います。日本人自身のこととなれば香港その他とは次元の違う話になる。

    また、いつまで途上国待遇なんですか??とかネットの五毛さんたちに聞いてみよう。

    日本の民間の保守派がやるならこういうことだと思いますがね。

  28. Always out of base のコメント:

    スペイン風邪の影響で第一次大戦は早期に終わったとする説があるくらい
    瞬間最大風速で人間を死に至らしめました。

    1914-1918 第一次大戦 死者1000万
    1918-1919 スペイン風邪 死者5000万~1億?

    1997年アラスカで当時の犠牲者と見られる凍結遺体が発掘され、病原の特定に成功。
    鳥インフルが人への感染能力を獲得したものと判明しました。
    人への感染能力を獲得したプロセスは不明ですが
    「埋葬されない大量の戦死者→屍肉を鳥が啄んで濃厚接触→感染能力獲得」
    が容易に推察されます。
    つまり、人の大量死は戦争以上に危険なのです。

    南北朝鮮人7500万人より人口の多い国を見ると冷酷な現実が伺えます。
    大半は低緯度の国で、気温が高く体温を保つエネルギーが少なくて済む。
    日本と同緯度・以北の7500万人の国や地域を列挙すると
    ロシアの欧州側、中国の東北部、ドイツ、トルコです。
    このうちロシア・中国・トルコは石油・石炭が豊富。ドイツは北大西洋の影響で温暖。
    韓国が日米から離れて生きていくには、北朝鮮の石炭に頼るしかない。
    しかし政体を統合するには韓国の原発が邪魔になる。
    小坪先生を始め、韓国との断交が世間で聞きやすくなりましたが、韓国政府が崩壊しても
    人はゲームの雑魚キャラじゃないので自然消滅しない。
    政府が韓国に甘かったのは「彼らは自力生存できず、すぐに大量死に繋がる」と
    警戒していたのだろうと私は考えています。

    政府は鳥インフルを警戒する体制をかなり以前から構築してきました。
    2010-2019 新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備事業
    2010-2019 長崎大学にBSL4施設 (Bio Safety Level4 最上位の感染症研究施設)
    2015-2017 加計学園に獣医学部新設、韓国人留学生
    2015-現在 宇宙基本計画「渡り鳥の監視」

    最低限の体制がようやく完成したところなので、政府と自民党はまだダラダラと
    引き伸ばすと思っています。
    とはいえ、日本が出来る事は(許す or 許さない) x (国内解決 or 国外解決)の4パターンしかない。

    許さない・国内解決…便衣兵と見なせるので合法。しかし大規模な流血沙汰となり75年が水の泡。
    許す・国内解決…全国民が周知した上で現状維持は、もはや不可能でしょう。
    許さない・国外解決…国外追放し大量死に備える。つまり現体制です。
    許す・国外解決…これは掘り下げることができるかもしれない。

    政治犯は遠方に追放するのが世の常です。
    例えば、死蔵している米国債を使ってアラスカを購入、収容施設を作る。
    単に扶養するだけでは日本人が納得しないので、月面都市を作るための実験施設などの
    美名を与えればいい。技術開発の投資もしやすいでしょう。
    この追放政策に異議を唱える外国勢力があれば、そこに引き取ってもらう。

  29. 沙羅 のコメント:

    中国がなぜ朝鮮を属国にしながら、使者でさえ朝鮮の中に入ってこなかったのか!(迎恩門)
    他国から身を守るためとはいえ国中が汚く道路も糞だらけ。狂ったようなしつこい国民性と人を騙すことも「外交力だ」と思える変さ加減!自主性がなく絶えず他国を巻き込もうとする汚さ!  100年前国際連盟が日本に朝鮮を押し付けた理由もそう。どの国も朝鮮にかかわりたくない。
    ところが明治政府は東北や北海道に使うはずの税金を「朝鮮」に使い、子孫の我々はその結果に苦しんでいる。

    ロシアは不凍港が欲しいんじゃなかったっけ!済州島にロシアの軍港ができれば、困ったことだ。
    誰も欲しがらない国韓国・北朝鮮!

    韓国は「金」がなければ発狂する。計画性のない金遣いの荒さは格別だ。金がなくなりかけている様子だがいつ発狂するのか、じっと見ている。今の状態では文に残されているのは「日本に対する宣戦布告」だけのような気がする。文の死刑が先か宣戦布告が先か在日強制送還はあるか。

    アメリカは文を捨てた。韓国の首のすげ替えがあるのだろう。降ろされたら多分文は死刑か!
    文にもうちょっと大統領でいてほしい。できれば「在日強制送還」まで頑張ってほしいとは思う。
    日本は東南アジアの「まとめ役」の立場にある。日本が赤化すれば東南アジア全体は多分赤化するだろう。日本は東南アジアの宗主国として体を張っているように思う。中国・ロシア・北朝鮮・韓国。日本より上はまっ赤っ赤だ。しかし日本はインドと深いつながりを持ち中国を挟んでにらみつけている。国の防衛について、自分は「これからはインドだ」と思っている。インドと言っても今は植民地支配の傷が癒え始めたばかりだが!

    とにかく馬鹿で事起こしのどこやらの国が、今度は何をしでかすのか、どんな動きをするのか、本当にうっとおしいと思う。

  30. 東京01 のコメント:

    正確な資料はないのですが、北朝鮮の制裁で国内の北朝鮮労働者の送還をしなければならない期限が来月までだったと思います。もしかしたら、それに合わせてテロが起きるかもしれません。

  31. 東京01 のコメント:

    一応 ソース?みたいなものです。
    ttps://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/world/amp/190330/wor1903300003-a.html

  32. 元修羅の国の住民 のコメント:

    ロシアは極東の不凍港、チャイナは北の国境付近のレアアース地帯
    と日本海側の軍港となりえる港湾施設という事ですかね
    北の世界有数ともいわれるレアアース地帯に関してはロシアのチャイナも
    欲しがるでしょう。とにかく嫌な勘が当たらぬことを祈ります。

    北のレアアース地帯は中露にくれてやってもいいと思いますが
    それより南は近隣諸国と米国は軍事的にも経済的にも不介入と
    取り決めできればちおうのが個人的願望なのですが。

  33. 凡その人 のコメント:

    問題は、その時日本は何をするかです。
    速やかに竹島と尖閣諸島を抑えて欲しい。
    もし、韓国が中国やロシアの支配下に置かれるとなれば、
    その前に竹島を抑え実効支配する為の用意や準備は必須です。
    条件と準備が整えば、北方領土奪還の可能性も有ると思います。

  34. ピンバック: SC101高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸 | まとめろちゃん

  35. 田舎の保守 のコメント:

    半島は金一家。
    肥大しすぎた中国はロシア、欧米列強で分割統治。
    半島人を正恩が逃すはずはなく、難民は問題なし。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください