成人式を批判する自粛警察たちへの抗議


 

 

新たに成人となった者たちに、一言、お祝いの言葉を述べたい。
さて、今日は”いわゆる自粛警察”に対して言いたいことがある。いい大人たちが何を言っているのか、まったく分からない。ちなみに、自粛警察のなかには政権も、また国会議員も含むことを明記する。医療の専門家たちにも言わせて頂きたい。

コロナ禍もあり、高校の卒業式もできなかった。この世代は、大学に進学していたならば、ほぼリモート授業。高い学費を納めつつ、なぜか県外で家賃のみ払いつつ、バイトを探そうにも飲食店で募集はなく。彼らは充分、自粛してきただろう?

今回、成人となったのは、この一つ上の世代であるけれども、どれだけ若い世代に負担を押し付ければ気が済むのか?
今後、就職氷河期になっていくと思うが、彼らはその荒波に突き落とされる。私の時代がそうだった。
それでも年金を支えることを求められ、福祉を支えることを求められ、地域を支えることを求められ、もはや若者のほうが弱り切っていることにどうして気づいてやれないのか。

自粛警察の皆様に言いたいが、成人式を批判するならば、「年金もいりません」「国保も社会保障もいりません」と念書でも書いてから言え。年金は賦課方式といって次の世代が支えるもの。

彼等を批判するならば、制度設計上、”彼らを養分とするような果実”は、すべて返せ。君らが今後、享受するであろう様々な「社会保障」を放棄して頂きたい。当たり前のことだ。

『クラスターが発生したらどうするのか?』という声が聴こえてきそうだ。
ああ、発生するだろう。発生するだろうさ、世の中、色んなところで発生している。成人式でも発生する可能性はある。こっそり開いた会社の忘年会や、公務員(自治労)が開いた忘年会で発生したように、確率論としては発生するだろう。

若者だけが感染源ではあるまいし、他者の人生の大事な部分に踏み込むんじゃねぇ。
大阪では、えべっさんの祭りが盛んだったそうですね。各自治体ともに、我が町が”やりたいイベント”はやっているだろう?いまさらキャンセルできない、それなりに高額な予算を投じた花火とか。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

どうして成人式だけがやり玉に挙げられるのか。
そもそも国からして、オリンピックの開催を断念していない。多額の予算を投じた企業らが怖いからか?名誉欲などから、自分たちが開きたいからか?成人式だって、出たいやつはいるんだよ。

ビジネストラックは閉じていない、レジデンストラックは閉じていない。
この状況下において、どうして若い世代にだけ負担を強いることができるのか。神経を疑う。もう一度言う、神経を疑う。

私は、当選したときは33歳だった、まだ若手と言えたけれども、いまは41歳。若者の声を代弁する資格はないかもしれないが、むしろ年長者として述べたいことはある。それは申し訳なさ、だ。

この成人式が、結果として今生の別れのようになる友もいる。
県外に就職した者や、中には国外に行く者だっている。例外的な話と言うかもしれないが、私自身も似た存在だった。少しつらい話をすれば、いままでは横一線だった10代に比較し、卒業した大学のレベルであったり就職先のランクであったりで、社会的な立場にも変化が出てくる時期。
ここが「最後」ということはある。

久しぶりにあって、そしてご飯でも食べに行って、それの何が悪いのか。
悪いと言っている者は、自分が言っていることの意味をもう一度考えてから発言して欲しい。大人として情けなくなりはしないのか?

高校三年生は、この一年しかない。来年もう一度はないんだ。
41歳の私が、42歳になった来年に「今年は延期して、もう一度やるか」はできても、二十歳の成人式は一度しかない。

「自粛」により、オンラインに移行したり、中止した自治体もある。
それはそれで英断である。批判する意図はない。
私たち大人が言うべきは、”やりにくい世の中でごめん”以外にないと思うんだけどな。

専門家らは、クラスターが発生したらどうするのか?というのだろう。医療も逼迫しているというのだろう。医療の専門家だから言えばいい。
私は政治の専門家だ、言わせて頂く。いままで「良い金額の税金を投じてきただろうが!」「民間病院と公立病院の制度設計のハザマで、自分たちの業界の慣例で縛られている矛盾について問わせて頂く!」「頑張っているのは分かっているが、こっちの気持ちも分かってくれよ」

私が本当は言いたいのは、「万が一、君らが(コロナを問わず)病気になった時には、万全の医療体制を整えている。適度に遊べよ」である。医療関係者がそれほどに成人式に目くじらをたてるならば「あれだけ税金を投じておきながら、この体たらくの自らを恥じよ!」が、政治の専門家としての反論である。
(※ これは成人式に目くじらを立てる医療関係者に限定した反論であり、必死に頑張る現場をディスる意図はない。実際、そういう報道もあったものでね。)

成人の日は終わった。
楽しい時間を過ごした新成人もいるだろう。
迷いに迷って、不参加とした者もいるだろう。
同じく考え抜いて参加した者もいるだろう。

それでいい。
いいんだ、それでいい。

私が言いたいのは、どうして世の大人たちはそれを言ってやれないのか?という点だ。
迷いに迷って参加した新成人もよろしい、考え抜いて不参加とした新成人もよろしい。考えて行動したなら、それでいいではないか。
その全ての選択は、すべて正しい。

当市においては、コロナ対策の一環として来賓の抑制を行っており、例年ならば全ての常任委員会の市議が列席しているが、本年は所管する文教厚生委員のみとなっている。直接、お祝いを伝えることができず残念だ。

全国各地で、中止したところ、オンラインに切り換えたところ、様々である。
中止も断腸の思いだったろうが、一部の自治体では強行した。そちらについても責められるべきとは思わない。
「やめちゃったほうが楽」だから。リスクをとって、それでも実施に踏み切った首長らにも、私は敬意を表したい。これはコロナを軽視した判断ではなく、行政長としての覚悟だろう。新成人を迎えるにあたっての、社会の一員を迎えるにあたっての。

昨年までの過去のエントリ

 

平成26年度(写真あり)
SSL化のためURLが代わりカウントされていないが、凄まじい数のはてなブックマークを頂き、成人式の喧騒をメディアが報じる際、下記のブログ自体が記事になった。

 

平成27年度(写真あり)
今年(平成30年)ドタバタして一緒に撮影できていないが、H28年は一緒に撮影。

 

平成28年度(写真あり)
教育長が一緒に撮影に応じてくれた。
また、メディアにも取り上げられ、私も含め(一瞬ではあるが)
「派手だが、静かに式が進行」ということも含め、テレビ(バカリズム)で取り上げられる。

 

平成28年度(写真は少し)
テレビに報じられることになったことを伝えるエントリ、実は教育長も一緒に撮影に応じてくれた。
その理由の部分、それらの背景を人口問題を論じた政策的なエントリ。
写真は少しでありますが、教育長と撮った写真も掲載。

 

平成29年度(写真大量)
この年は、とくに人数が多く、また独創性に富む恰好が特に多かった。
女性陣も奇抜なものが多く、むしろ撮影を求めてくる者も多数。
(かなり多くの写真に、寸評をつけています。)

 

平成30年度
テレビに報じられることになったことを伝えるエントリ、実は教育長も一緒に撮影に応じてくれた。
その理由の部分、それらの背景を人口問題を論じた政策的なエントリ。
写真は少しでありますが、教育長と撮った写真も掲載。

 

平成31年度

 

令和2年度

 

 

 

 

新たに、社会の一員として新成人を迎えるにあたり、

 

このような情勢下で迎えざるを得ないことを心から申し訳なく思う。

 

「共に社会を支えていくぞ!」という願いを込めつつ、

 

成人式にごちゃごちゃ言う連中に対して反論を述べさせて頂き、

 

これをもって社会の先輩としての祝辞とする。

 

彼等に文句がある者は、私にかかってくるがいい。

 

 

 

社会を共に支える新成人を、暖かく迎えて頂ける方はFBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 成人式を批判する自粛警察たちへの抗議

  1. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    成人の日が動的に変動する様になったのは2000年からの事で、1月11日と言えば小生の感覚的には専ら鏡開きの日だったりします。
    尤も鏡開きも地域によって異なりますので、人それぞれ感覚が異なるでしょう。

    成人の日と言えば、やはり1月15日かなっと感じる次第です。
    1月15日は小正月にあたり、嘗て元服の儀が行われて居た事から、この日を成人の日として居たのですが、連休の方が良いって事で年によって変わる様になりました。

    成人式に目くじらを立てる医療関係者に限らず、この日を疎ましく思ってる人は、元々が古来の儀式に基づいて行われて居たからなのではないかと考察して居ます。
    この手の儀式と言うのは皇室や公家、武家の慣習が庶民に落ちて来て定着したものが多く、日本が嫌いな連中からすれば、憎くて憎くて仕方がないと言う要素が揃って居るのですから。

    そこに暴れる若者が出現した事によって、日本を憎む連中に攻撃する隙きを与えてしまったのではないかと考えて居ます。
    毎年御恒例だった芸人みたいな出で立ちの若者も、面白いと言えば面白いですので、式を妨害しない限りは許容の範疇ですが、小生とは美的センスが違い過ぎるので野暮ったく、全く粋では無いと感じるのは仕方が無いでしょう。

    本年は誠に残念な日と成りましたが、代わりに例年では見られない小坪先生の本気が垣間見れる内容が掲載されました。
    本日のエントリーは是非とも若者に読んで欲しいものです。
    そして、自分達の為に何が必要なのかを感じ取って貰えればと思います。

  2. 波那 のコメント:

    成人になられたのを御祝いする日を、こんな状況下で迎えられた事が本当に気の毒です。言葉がありません。

    ” そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来るわ。あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるわ” と、何故だか中島みゆきのフレーズが浮かんで来たのです。涙が溢れて止まらなかった。先生も聴いて下さいね💌

    “時代 – 中島みゆき
    https://youtu.be/BpHk8Sjy7Vs

    中島みゆきの哀愁の世界に浸り切った事がないのですけど、「狼になりたい」を初めて聴いた時に背筋にビビビッと走った感覚と、カラオケに行ったら歌の上手い友達にいつも「悪女」を歌って貰っていた頃のことを懐かしく思い出しました。

    “狼になりたい:中島みゆき
    https://youtu.be/I_WmoXeASn8

    成人の皆さん。今は、こんな時代ですが、心は未来に向けて歩んで行って下さいね。

    • ぎん のコメント:

      私も、中島みゆきさんの歌も人も好きです。あの声量のある、野太い声で歌う、女の怨みがこもったような「怜子」を初めて聴いた時の衝撃は忘れられません。
      個人的には、『3年B組金八先生』の挿入歌の「世情」(せじょう)が好きです。哀愁があって、今の世情と重なってしまいます。

  3. BLACK のコメント:

    私個人の女性としての価値観・美意識からしたら
    女性が成人式の日に制服のように着る和装にはずっと違和感と言うのか嫌って来ました。
    そんなですから、自身の成人の日には和装はしていません。
    あれは、私の価値観・美意識ではお仕着せの「制服」なのです。
    成人の日の女性限定の「制服」。
    なんで大金かけて制服着て喜ぶのかなぁって、私は思います。
    今はそうでも無いのかも知れませんが、白いフワフワのショール。
    私の時代は全員がそれを肩からかけていて、ぞっとしました。
    (注・私は着物は好きです)

    以上は私の勝手な個人的な意見で失礼しましたが

    バブル崩壊後から続いている、そしてコロナで加速している、若者軽視。
    若者使い捨て、の空気・政策・在り方について全く同感です。

    「最近の若者は・・・・」と上から目線で言う世代は
    現在の若者・中年の、何を知っているのでしょうか。
    自分たちの若い時代・中年の時代と全く同じ状況だと勘違いしているように感じます。
    税金・社会保障料はその時代よりずっと高額で
    手取りは少なく
    なのに年収はアップしない
    正社員になれると言われ就職してもいつまでも正社員にはしてくれない
    社内でも「正規ではない」と差別される
    ブラック企業に出会ってしまい追い詰められても「自分の若い頃は」と理解してもらえない
    我が身、命の危機から転職すれば「根性が無い」「ダメ人間」と言われる
    社内ではバブル入社時の高年収者からのパワハラ
    「車を買わないのか」「結婚もしないのか」等々いわれるが、出来ないんだよ
    「欲が無い」「物欲が無い」と言われるが、上の世代の「欲」と「物欲」が有りすぎだろ
    物を買わないから内需が回らない、それ、若者の責任ですか?
    ずっとずっとそれが続いていた

    その上、コロナで自粛しろ、高齢者を守れ、と言われる
    街に出ていたら、経済を回していたら批判される。

    医療従事者・医療専門家は善意で「老人の命を守れ」と仰っておられるのだとは思いますが
    それが大きくなり過ぎれば、若者虐め、若者軽視になると危惧します。
    否、もうそうなっていると思います。

    社会の上部におられるのは、年齢の上の人たちです。
    なので、若い政治家諸氏が声を上げて下さることを望みます。
    今の「高齢者重視」「若者軽視」の雰囲気に、「それは違うと思うよ」と高齢者が声を上げて下さることを望みます。

    余りに「高齢者重視」「高齢者をコロナから守れ」が度過ぎれば
    それはまた、「命の軽視」「命の不平等」になると、私は危惧します。
    それは一種のパワハラにも思えます。

    そして、これは近年の医療や命に対して思うことですが
    高齢者の命をあまりに重視し過ぎていると私は感じます。
    「それはなんて言い草だ」と思われるかも知れませんが
    命の順送りと言うのか、命をつなぐ、と言うことが軽視されているように感じます。
    「高齢者の(自然に)死ぬ自由を認めろ」と言う意見も目にしました。同感です。
    高齢者が自分の延命を拒否することを医療関係者は「絶望」だと言いますが、絶望だと言うのは医療関係者の傲慢にも思えます。

    とりとめもなくなってしまい、まとまりませんが
    若者は国の、社会の担い手です。希望です。未来です。
    成人の日に、それをもう一度きちんと認識したいと思いました。

    以上 文責 BLACK

  4. Tanaka のコメント:

    自粛警察に問い質したいのは『自分らの時はどうやったん?』です。
    まあ成人式から10年20年以上経過して、それなりに成長(したつもり)で
    目線というか視点の高さが変わるのは理解できる。
    親世代として、子供に苦労させたくないという気持ちがあるのも、まあ理解できる。

    理解不能なのは、自分自身の成人式の頃の気持ちと周りの状況を思い出した上で
    現在の状況との差異(例えばインターネットを始めとする、情報量の違い等)まで
    考慮して、今の世代の気持ちを少しでも理解しようとした上で
    発言しているのか?という点。

    何も省みずに上から目線だけで『だめ!ダメ!駄目!!』と連呼しているのでは?
    今の社会の有り様を批判するのは結構だが、その中に自分自身は含まれているのか?
    自身の事を棚上げした挙げ句、そんなのはどうでもいいって感じで批判してないか?
    年長者である以上、各人の有り様とは関係なく
    今現在の社会の有り様の片棒担いでいるという認識はあるのか?

    投票に行かなかったり、民主党政権誕生前の選挙の際に
    民主党の公約が勝手に書き換えられてたりしたのに
    何も考えずに『一度やらせてみようよ』と投票してたりしてないか?
    あの時は、絶対に民主党には投票しちゃいけない状況だったんだが?
    自民党がベストでない事は確かだが、もっともベターな選択肢だった。
    というか、野党が軒並みワーストだらけなので選択肢がない状況だった。

    大多数が何も考えずに、民主党に投票するような事しておいて
    オレは悪くないは通用しない。
    未投票も含め、選択をしたのは自分自身だ。

    今の世代に関する選択権は、今の世代自身にある事を理解できないのか?
    できないなら老害と呼ばれても当然だと考える。

    自粛警察に言いたいのは『貴方方の頃とは違う、社会も教育も情報量も。
    考えるための状況も材料も違うのに、今の貴方方の考え方で批判するな。
    最低限、貴方方の若かった頃の気持ちを思い出した上で
    状況というか時代の違い・差異を認識した上で熟考した上で口を開け』と。

    最低限、自分達がしなかった・出来なかった事を頭に入れた上で
    口を開けと言いたい。
    今の野党連中の如く、自身のやらかした事を棚上げして
    したり顔で批判するなんぞ、恥の上塗りだ。
    まあブーメランの名手になりたいんだ~っ!っていうのなら
    勝手にすれば?と放置したいところではあるが
    無駄に声と態度だけはでかいからねぇ。
    彼らの面の皮、装甲材として使えたらいいのに、と思う。
    耐弾性能も圧力耐性も素晴らしいので、最大潜航深度がマリアナ海溝よりも
    深い潜水艦とか配備できるんではなかろうか。
    あ、弾頭の材料としても優秀だろうな~。

    凄く分厚いだろうし、2,3枚剥がしても問題ないよ多分。
    ちゃんと塩で殺菌するから剥がしてもいいよね?

  5. 波那 のコメント:

    自粛警察やってる方々は老害の方達なんですか?w 私、今の若者は〜と言う老人が大嫌いですよ。あなた方が何を知ってると言うの、何が分かってると言うの?テレビを見ない、新聞見ない、情報はネットで取捨選択して選ぶ若者の方がずっとキチンとした考えを持っていて立派ですよ。うちの甥がそうです。

    政府は官僚の天下り先にする為にFラン大学を温存して中国人や韓国人の留学生に学費を出してやり生活の面倒を見てやるのを止めなさい!!日本の子供達はローンを返す為に結婚出来ないじゃありませんか。社会に出て税金を払って日本を支えるのは日本人の若者なんですよ。何で、それ位のこと分からないの?何で官僚の天下り先が優先なの?

    アメリカでは海外の留学生の学費の方が高いそうです。だって卒業しても自国の為に尽くさないから。

    NHK も総務官僚の天下り先の為に温存してやるんでしょう?そうなんでしょう?総務大臣。

  6. とくめい のコメント:

    小坪先生、すごくうれしいです。
    この間「高齢者の為に自粛しろ」と言われて若者は随分協力してくれましたよね。
    頑張って協力してくれた彼らにお礼でも言ったことがあるのでしょうか?
    総理までもが若者を名指しで説教してしまうとか、社会の構成員としてお恥ずかしい限りです。
    若者の皆様、これまで自粛に協力してくれてありがとう!

  7. ミカンの実 のコメント:

    成人式、私、出席しておりません。また着物も買っておりません。
    どうしても欲しいものがあって、
    「成人式の着物や車の免許のためのお金もいらないので、○○を買ってください。お願いします。」と、拝み倒して、購入したものがあります。いまでも私の宝物です。
    その代わり結婚式ではお色直しに振袖を着用しました。嬉しかったですね。

    成人の日が、この様な形で台無しになって本当に可哀想ですが、着物はまた着ることができます。
    大事にしてください。

    着物は日本人女性が着るのが一番美しくなりますね。
    民族衣装があるというのは、文化も素晴らしく、美意識も高いということ。良い事だと思います。

    閑話休題

    私は自衛隊員の方々が望むのなら、成人式に制服(礼装)を着用し参加することをぜひお願いしたいです。(これはあくまで私の個人的な希望ですが。)とても美しいので。

    流石に子供の入園式や入学式では(父、おじいちゃん、親戚の方々)普通のスーツでお願いしたいですが、(子供が主役なので。)結婚式など晴れの日のお祝いなどは、自衛隊の礼装良いですよ〜。まぁ、いろいろと制約も当然あると思うので、そこはまぁお任せしますが。

    子供の卒業式など母親や親戚の方がお着物で礼装されているのは、本当に素敵ですよね。

  8. ミツ のコメント:

    小坪さんに追随。

    自粛警察で、政治に無関心、武漢肺炎感染拡大まで無関心だった奴に特に言いたい。

    「情弱なのか知らねえふりしてるのかは不明だが、武漢肺炎の元凶(中国)に対する批判の声を挙げねえ連中は黙っていただきたいもんだ。
    成人の日。
    そう、祝日。
    成人式。
    大人になった事を自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます事を趣旨とする。
    新たな大人の誕生を祝う日なんだよ。
    祝えねえなら、せめて黙ってろや。
    強者には何も言えねえくせに、弱者には言いたい放題ってか?
    笑わせんじゃねえよ?
    スネ夫共。
    感染拡大だ?
    もう既に感染拡大してんじゃねえか。
    更に拡大する?
    すりゃいいじゃねえか。
    全国民が本気で対策に取り組むんじゃねえか?
    憲法や制度に問題があるにも拘わらず、何の対応もしなかったのが悪い。
    出入国禁止、完全外出禁止になってからほざけ。」

    言葉が非常に悪くなってしまいましたが本音です。

    氷河期世代の先輩から新成人の皆様へ。
    おめでとう。
    共に頑張ろう。

    以上。

  9. 一般人 のコメント:

     私は小坪氏を応援していますが、この話には賛同できません。それは数十年前から、「成人式が必要か?」という意見があったからです。自粛警察ではなく、コロナも関係が無く、元都知事の猪瀬氏も言っていますが、時代が変わったのだから、必要かを再検討した方が良いと思います。
     成人式の出席率を知りませんが、私は参加していません。意味が解らなかったからです。酒、タバコ、パチンコ、競馬等を20歳まで我慢しているでしょうか?やらない人は20歳過ぎてもやらないでしょうし、やる人は20歳以下でもやっていると思います。中卒や高卒なら仕事を始めて何年か経っているし、大学生なら2年生です。選挙権も18歳になっています。何かの区切りになっているでしょうか?
     成人式を自治体が行うから人が集まるのであって、「参加者募集」として、「ある程度集まれば開催します。」としても集まるでしょうか?再検討して成人式を行うなら反対はしませんが、法律や学術会議と同じで、あって当たり前とか、やって当たり前ではなく見直すべき時代になったと思います。今年に限って言えば、各自治体の判断で良いと思います。

    • 川崎 のコメント:

      成人式が必要か

      必要だと思う人にとっては大事なものであり
      必要だと思わない人にとっては大事でないもの

      他人の「大事なもの」に口出ししてはいけないよ
      あなたは参加していないんだから。口出しする資格なし

  10. 川崎 のコメント:

    8月ごろにコロナ収まってたら2021年だけ「成人式の日パート2」って8月に作る法律作ってくれ

    • のコメント:

      私の田舎は信州ですのでお盆にみんなが都会から帰って来る時を狙って成人式を開いています。ですので振袖や紋付袴のいでたちは殆どなく私もワンピースだったかな。
      格好ではなく数年振りで友達に会えるのがうれしかったですね。
      息子も昨年の大学の卒業式は行われず残念な思いをしましたし、就職先がフイになってしまった子もおりました。人生の門出を迎えた若い方々には厳しい時代だと思います。時にはチョットハメを外したくもなりますよね。

  11. 維新は裸の王様 のコメント:

    うーん・・・

    自粛警察云々は別にどうでもいいのですよ。
    ですが、せめて首都圏の成人式は、いくら緊急事態宣言がヌルヌル自粛でも、初夏に延期位した方が良いかと。

    それに、横浜でしたっけ? 真っ昼間から一升瓶ラッパ飲み・・・
    流石に弾けすぎているのまで擁護しちゃいかんですよ。

    以上です
    1/13 文責 維新は裸の王様

  12. 焼き鳥 のコメント:

    こんにちは、コメント失礼致します。

    当方33の女ですが、ルールやマナーを守らず他人様に迷惑かける国恥共を
    非難してる方々迄偉そうに自粛警察だの老害だのレッテル貼りするのは違うと思います。
    「ちゃんとしてる」若者に関しては素直に祝います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください