国益に寄与した者に対し、皇国臣民が御下賜品を配布。本日深夜から明日未明にかけて。


 

 

明日の早朝、国益に寄与した者に対し、
皇国臣民が、陛下の祈りを自ら感じ、御下賜品を配布。

早朝、ベッドの隣にプレゼントがある子供もいると思う。
恋人より何らかの品を受け取る者もいるだろう。

実は。
陛下は自分からは言わないだけで、
元をただせば全てご下賜品なのである。

 

私も最近まで知らなかった説である。
是非、紹介しておきたい。

私を含め、皆が知らなかったのは、
陛下の奥ゆかしさによるところが大きいのだと思う。
いわゆるプレゼントなる品には、菊花紋章が印字されていないことからも明らかだ。
(諸説ある。)

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

真相はこうだ。
みだりに陛下の思いを忖度することは許されないが、
皇国の臣民である意識を強くもつ者が、
つまり親の一人一人が、子弟に対して、
また、恋人それぞれが、自らのパートナーに対して、

「本年一年の、皇国臣民たる貴殿の行動は、
我が国の国益に大きく寄与しており、
ここに栄誉あるご下賜品を贈呈するものである。」
とのメッセージとともに、

陛下の国思う心、国民に対しての愛情、
日本に対しての祈りを体現するために、
その日、一夜限り、自らを八咫烏とし
皇国臣民が手分けして御下賜品を配布してまわる日である。

 
我が国の伝統を相互に確認し、
陛下の素晴らしさを感じるとともに
臣民ひとりひとりが、国益に寄与していく誓いを新たにする日である。

 

 

 

政治家はみんな嘘つき
大メディアは「政治家はみんな嘘つき」という印象操作を継続してきたように思う。
政治分野に在る一人として、「政争の過程」においては、これも一面においては真実なのかもなと感じることもある。

ときに。
本日の深夜から明日の早朝にかけて配布される品は、
陛下からの御下賜品である可能性を主張しておきたい。

 
子供に教え込もうかと思ったのだが、
ちょっと怒られそうなので断念した。

私の心の弱さが露呈した格好だ。

 

後輩のカップル双方に主張してみたこともあるが、
「は?何を言いよんすか?先輩」と言われた。

ひさびさの挫折を味わう。
そこで諦めないのが、政治家に求められる生き様であろう。

 

ここで断念せず、こうして皆様にお伝えしているわけである。
例えばバレンタインデーのチョコにしても、ハロウィンにしても
後付けの商業的な理由により「創り上げられてきた」経緯はある。

ならば、【国益に寄与した者への御下賜品である】という主張を
繰り返して継続していくことには意味がある。

バレンタインチョコも、ホワイトデーも、最初は全て「ウソ」だったわけだ。
そして政治家は、メディアによると嘘つきらしい。
ならば私はこの主張を貫く自由もあるのはずだ。

 

 

 

陛下の優しさ・奥深さ
異国の宗教が布教活動を行うに際し、陛下はこれに対しても寛容なのだ。
ゆえに、その始祖なる者の生誕祭を兼ねることを許したり、

本来は八咫烏の恰好で、御下賜品を配布することが適切であると考えるが、
臣民がそれを手配する労力を鑑みるに、
代替品として「赤い服の白ヒゲ」の恰好であっても構わないとされていると認識している。
(※1 特に3本目の足のデザイン、装着方法には高いデザインセンスが求められ、一般個人のセンスでは極めて高い難易度が求められる。)
(※2 また、昨今のセクハラ騒動やMETOO活動を鑑みるに、男性には八咫烏の三本目の足を再現することは極めて難しい社会情勢にあることも付記したい。)

異国の宗教にも寛容な陛下。

 

さらに、景気回復の観点も含めてであろうか、
御下賜品の種類、カテゴリについては一切の制約を課していない。
どのような御下賜品であっても不問に処すというスタンスだと理解している。
臣民ひとりひとりが知恵を凝らして「好きな物」を選べるようにしてくれているのだ。

ケーキなるものを買い与えあい、糖分の補給も忘れない。
あれは牡丹餅でも大福でも構わないが、これがケーキ等の洋菓子でも構わないというのは、優しさ以外の言葉で形容することはできない。

陛下の優しさに触れる一瞬だ。

 

また、水資源の問題、環境問題にも斬り込んだ催事となっている。
この奥深さは理解できるだろうか?

落葉する広葉樹こそは、自然のダムの機能を果たしていることはご存じだと思うが、
戦後において(建築用の部材ともある)針葉樹が、商業的な目的からも植樹された。

スギ花粉に苦しむ国民が多いことからも明らかなように、
日本の植生は大きく変わってしまった。環境への影響は計り知れない。
針葉樹の買い取り価格も、海外の木材に押され下落傾向である。

そこで、この催事においては
「特に西洋の、針葉樹を伐採して並べる」ことが、半ば義務付けられているのである。
(花粉症の方は、モミに限らず、スギとかも伐採して建てられると良いと思う。)

国土を思う、強い意思。
水資源への、深い見識。
陛下の思慮深さを感じる。

 

 

 

メリークリスマス
ポリティカル・コレクトネスにより、米国においては「メリークリスマス」は事実上、禁じられた掛け声となったようだ。
実際、贈られたモミの木までもが撤去(イスラムへの行き過ぎた忖度)されたとのこと。

その結果、かの異教における”掛け声”は、なんと「ハッピーホリデー」と言うらしい。
イスラム教徒などに配慮した結果、ということか。

 

世界を暖かく包む陛下の愛は、
「せめて日本では」とメリークリスマスの掛け声を許してくださっているのだ。

よって、我が国では異教の掛け声、メリークリスマスも許されている。

 

実は、ハッピーホリデーを採用しないのは、共産党員らへの配慮という説もある。
この掛け声を直訳してみると、何に忖度しているかがよくわかるというものだ。

「ハッピーホリデー」は、
「本日は旗日なので祝おう」という意味である。
意訳すれば「旗日、万歳!」「天皇陛下、万歳!」となる。
こちらを採用しないのは、共産主義者らに対する配慮としか思えない。


共産主義者は、陛下に感謝するように。

もう一度、書いておく。


共産主義者は、陛下に感謝するように。

 

海外の事例を軸に2例を紹介したが、正しいと思われる掛け声も紹介しておきたい。

御下賜品の交換の際の正式な掛け声は、
【皇尊弥栄】であることは忘れてはなるまい。
読みは「すめらみこといやさか」である。

雰囲気をぶち壊すわけにはいかないゆえ、
メリークリスマスと述べる際もあるだろう。
その際は、心のなかで「すめらみこといやさか」と言うように。

 

 

 

 

 

今年は、

 

私にも、御下賜品があるようだ。

 

もらえぬ者も多いだろう、昨年までは私もそうであった。

 

理由は、自らにあったと自省していた。

 

まだまだ国益への寄与が足りぬという理由だ。

 

来年こそはと努力し、八咫烏に手紙を書いたところ、ついに御下賜品を得るに至った。

 

総員、決意新たに奮起せよ!

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

15 Responses to 国益に寄与した者に対し、皇国臣民が御下賜品を配布。本日深夜から明日未明にかけて。

  1. 湘南童子 より:

    Happy Holidays!
    メリークリスマス!

    すめらみこといやさか!
    スメラミコトイヤサカ!

    May peace prevail on earth.
    May peace be in our homes and countries.
    May our missions be accomplished.
    We thank thee, Guardian Deities and Guardian Spirits.

    日本国を始め万国全地域が平和でありますように
    日ノ本の大和の天命が完うされますように
    地球を司る神々様 八百萬の大神達樣 
    ありがとうございます

    皇尊弥栄< 彌榮

  2. 川田 より:

    おめでとうございます。我が事のように嬉しく思います。本当に嬉しい。メリークリスマス!

  3. 福岡 秀憲 より:

    古来日本では神道はあっても仏教(だけでなく、キリスト教・儒教・その他諸々、無神教の共産主義という邪教まで…)を取り入れ、異国の宗教にも寛容な姿勢。

    神道は「道」(生き方)であって宗教では無いから、宗教とも並存可能なのだろうと個人的には思っています。

    「メリークリスマス!」
    と、陛下の寛容なる御心の元、唱えることのできる日本の自由さ!!
    日本弥栄!

    まだまだ国益への寄与が足りぬので御下賜品はいただけませんが、「日本に生まれたこと」そのことが、大君の辺にこそ居れる幸せ。
    そのことこそが天津神様、国津神様、八百万の神々様からいただいた「御下賜」

    感謝の心と異教への寛容・敬意を忘れずに、異教徒の祝祭日に心新たに葦原中国(中国は なかつくに であって ちゅうごくとちがうぞ)日本の為にならんと言祝ぎ(ことほぎ)ます。

    【皇尊弥栄】

    来年こそは「上皇陛下誕生日後日夜」の12月24日に八咫烏さんが来てくれるよう!国益に寄与したいい子になりたいです。

  4. ぽのかのぽん より:

    >男性には八咫烏の三本目の足を再現することは
    >極めて難しい社会情勢にあることも付記したい。

    ほっほっほっほっほ。日本の支配者層の紋章を
    軽くディスっているのですかな?天皇がサンタの格好
    でも良いという感性は、既に保守ではなく、グローバリスト
    であるという証拠であろう。

  5. 旧新人類 より:

    GWR Business Produce
    @GWR_SMM
    来年の春節の帰省期間(冬休み)を中共は下記の日程で発表しましま。
    例年に無く長い設定です。
    さぁ、日本国政府の踏み絵の始まりです

    1/28~3/8
    (実際の春節は2/12~2/14)

  6. 波那 より:

    両陛下が、お出ましになると何処も凄い人だかりになってしまい蜜になる為に御姿を動画で拝見する事も出来なくなってしまいました。多分、年明けの二日の皇居一般参賀も中止にされて例年目にする日の丸が波のように、はためいて天皇陛下万歳の声が轟くことも天皇陛下の御言葉を聞く事も出来ない日本のお正月にされてしまうのですね。こんなの生まれて初めて。全てが中国のせいです。

    来年は神武天皇の御世から数えて皇紀2681年です。西暦はキリスト歴で、我が国には皇紀があります。インドネシアの独立は05年8月17日となっています。この05年は皇紀2605年の05年で、インドネシアは日本が終戦した後もインドネシアに残り戻って来た宗主国のオランダ軍とインドネシア人と共に戦い、共に独立を遂げてくれた日本兵への感謝として独立宣言文に皇紀を記してくれたのです。

    🎌皇室弥栄!!天皇陛下万歳!!🎌

    1. 波那 より:

      安倍総理は欧米の旧植民地の東南アジア諸国の集まりであるインドネシアのバンドンでの会議に招かれた時に独立戦争で散華された日本兵の墓に参られ、街にはインドネシアの国旗と旭日旗を組み合わせた幟が列を作って立てられていました。

  7. ぎん より:

    Happy Holidays!
    安倍政権復活でトランプ大統領と共に、世界のリーダーになってほしい……というプレゼントが届くといいなぁ、聖なる夜に。

  8. あき より:

    安倍政権復活で~~~???絶対に御免だ!!馬鹿野郎!!!ふざけんな!!

    困った時の、皇室話~日本~凄いにしか見えない。 

    真実、天皇陛下、皇室の事を考えるなら、自民創価!!既存政党全廃棄しか無い。
    支那韓から、武漢肺炎直輸入して、こいつらの治療まで!日本人の税金使って、また!支那韓観光客緩和~、日本人の失業者、日本の中小企業は切り捨て! 自民創価政権が、国民のどんな反対が有ってもゴリ押し!!!している事です!!!

    誰が、どの政治家が、が、じゃない、既存政党が、全部駄目。 他も腐りきってる。
    キリストだの、クリスマス?だの、別にどうでもいいんですが・聖なる夜に!一日も早く、日本第一党が、日本の与党、国政政党になりますように・いずれなりますが、早くして欲しいんで。

    1. 波那 より:

      あらま、日本第一党って日本すご〜いのバリバリ極右翼だと思ってた。日本罵り、既成政党を批判してるだけでは、いきなり国政に出ても票は集まらないでしょ?ヨーロッパでは極右が台頭して来てますが、と言っても与党になれる程でもないのは何故なのか。日本では極右台頭は何故出来ないのか、先ず国民性、国柄の違いも含めて多角的な観点から冷静に分析して見ましょう。折角、とっ捕まえて横っ面張り飛ばす勢いの凄いパワーのある方なんですから。

    2. 名無し より:

      浅いですねw
      ってか覚醒して間も無いキッズかなw
      アメリカはCIA、金融屋他。国内は経団連含め全財界。日本人でも自覚無い企業売国側等を守りながら。安倍ほど匍匐前進でありながらも法改正等で日本の護りを固めた実績を残した総理は居ない。主要ゴミでは報道されて無いが、ネットやSNSでは確認出来るけどね、見てないかw
      愛国とか保守とかそんなんだけで人間は生きていけないのはわかる?

      そもそも日本第一党って諜報インテリジェンス持ってんの?w

      スガ内閣の外国人入国規制はもってのほかやけどね

      日本第一党の理念や行動には賛同するよ。
      ここが本気で日本の政治の一線に出て行きたいのなら、安倍を批判するのではなく、自民党内のまともな連中に一旦、迎合するしか無い。自民党が大多数売国寄りなのは保守人の多くは知っている。多数派取ってから本性発揮すれば良い。

      今のやり方と支持者のレベルでは現状維持がやっとだろうね。

  9. BLACK より:

    私は、現在の皇室にどれだけの敬意や価値を感じているのか自分でもわかりませんし
    「日本すごい」と言うつもりでもありませんが

    「古来日本では神道はあっても仏教(だけでなく、キリスト教・儒教・その他諸々、無神教の共産主義という邪教まで…)を取り入れ、異国の宗教にも寛容な姿勢。」

    福岡 秀憲 氏の上記のコメントに感銘とヒントをいただきました。

    私が好きで大嫌いな共産主義。
    「そうだ、日本的に共産主義の良い部分だけを淡く取り込んでしまうことは出来ないだろうか」
    と。
    そう、クリスマスのように。
    暴力志向、権力志向、差別思考、独裁思考、これ等の部分を共産主義から排除してしまうことは出来るだろうか?
    もしかしたら日本なら出来るかも知れない。
    (これは「日本すごい」と言う意味ではありません。良い意味でも悪い意味でも、それが日本の個性だと思うからです。アマニズム、群島文化、海洋文化とでも言うのでしょうか。良くも悪くも絶対権力を認めない文化とでも言いましょうか。天皇、皇室も、絶対権力では無いと思いますし。注・その意味でも明治~昭和の天皇の在り方が日本としては人工的で異常だったとも解釈出来ると思います。これは薩長の作戦の弊害かも知れません、天皇を利用し過ぎたと言う意味で。)

    この場にはそぐわない意見かも知れませんし
    小坪氏の理想でも
    福岡 秀憲氏の理想でも無いと思いますが(福岡 秀憲氏のお言葉をお借りしておいて恐縮ですが)
    そんな日本ですから、保革で日本の個性をより良い社会の為に使いませんか?
    バカにもされてきた「日本人のクリスマス」
    このごじゃまぜの咀嚼力。
    この力こそが未来への希望かも知れません。
    日本の為の保革共闘、私は期待し願っています。

    以上 文責 BLACK

  10. パコリーヌ(髭) より:

    確かに何もかも足りないわ
    だから何も貰えないのね
    KK小室と魔子ちゃんが足りないのね
    解ったわ

  11. JL より:

    今朝は枕元になにかお届け物あったかしら?
    いい子にしてたら来るそうですよ♪

  12. 子リス より:

    そうだったのか・・・。
    ウチの子はサンタさんではなく天皇陛下から図書カードを頂いていたのか。
    私は今年はコロナの慰労金5万円を公金から頂きました。
    これも陛下からだったのかも知れない。
    臣民全員に支給された10万円も陛下からだったのかも知れない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください