【感謝】菅義偉総理、お疲れ様でした。誰がやっても苦労する時期だった。


 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

コロナ禍の、国難。フラストレーションも溜まる。
私個人の考えにはなるが、のち振り返れば失敗だと言われる判断だってあったのだろう。この難しい情勢において、確かに政権を運営してきたことは評価されて欲しい。言いたいことがある方は多々おられると思う。私だって、あるにはある。だが、成果は成果としてしっかり見られるべきだと思う。

「従軍慰安婦という表現を不適切とする答弁書の閣議決定」について。さらに「重要土地調査法成立」もある。また、すでにお忘れの方もいるかもしれないが「日本学術会議の改革」もある、最後まで譲らなかった。いつか誰かが決断せねばならなかった「福島原発処理水の海洋放出決定」。左派も評価すべきと思うのだが、「黒い雨訴訟の上告断念」の政治決断。保守として触れるかは迷うが「携帯料金の値下げ」も大きい、いわゆる電波利権にメスを入れる行為。

僅か一年間だ。
仕事人内閣という意味では、確かな実績を残した。

批判はあった。
安倍政権の踏襲を謳いつつ、結果としては新自由主義の色合いが強くなった。安倍内閣において、期待された経済的な対処、これについては安倍政権についても私は批判的な部分はある。だが、踏襲したはずの菅内閣においては、さらに異なる方向に舵が切られた。批判的な方は、恐らくこの部分が大きいのではないか。

続けて、菅内閣に欠けていたものは何か。
一つには、広報能力だろう。打ち出し方、見せ方が下手くそだった。明るく言えば、もっと違った受け止められ方もしただろうに、と。

振り返ってみれば、上記の成果は決して軽いものではなく、しかもコロナ禍の国難において対処してきたことを考えれば、今後は評価もされていくのではないか。

これら万感の思いを込めて、菅義偉総理大臣に感謝の言葉を述べさせて頂きます。
また支えてこられた全ての閣僚に感謝いたします。

本日、令和3年10月4日、菅内閣総辞職。
併せて首班指名を経て岸田内閣が発足、衆院解散の日程が示された。

 

 

今日はここまで。

下記はオマケとさせてください。
触りだけ書いておきますけれど。

 

 

 

ここからは明日以降の記事。

 

クリックして下さい!

岸田内閣についての分析。
キーワードは、「照準がズレる」こと。
ネットのインフルエンサーも面食らうと思うし、これは国会議員もしばらくは慣れないかもしれない。ネットが良い悪いではなくて、今までとはやり方を変えないといけないと思ってる。

例えば、「ネット以上の速度」を、【現実が持つ】こと。
いままでは”動け動け!”と世論を喚起してきたのだけれども、世論よりも、遥か先に現実が高速移動したらどうなるのだろうか。

岸田内閣のポイントは、個で受けずに「面で受ける」だと思っている。総理による直接の指揮ではなく、総理は総理で人事権のみを行使し、タスクチームのように大臣を配置したのは見るべき点。

ブレインストーミングから、議案審査制に移行したぐらいの衝撃があり、これは大きな変化。恐らく、ネットが希望していた以上の「劇的な変化」や「大幅な成果」をあげることになる。けれども、好きにアドオンできるわけではなく、議案に沿って審査するような形になるし(想定にはなるけれども、要望においては(実際のとこどうよ的に)リアルの団体を動かすことが必須になるとか、個人プレー的なものは埋没していくと思う。ネットで盛り上がっている等は理由にならず、しかしながら、実際に一定数以上の議員を集めてしまえば粛々と進める等。)やり方は変わる。

鶴の一声みたいなものはなく、意見を言うだけでも苦労するだろう。
けれども、苦労して(法的な裏付けまでとって)意見としてあげることができれば、恐ろしいまでの正答を返してくる、、、とか。
ここは希望的な観測もあるのだけれども、大きな変化だと思う。

いままでは国会議員の断り文句に「広く国民世論の啓発」などが含まれており、地方議員や活動団体には啓発や広報が求められた。恐らく、これはない。布陣的に、さっさとやるぞ感があり、その大きなフレームに基づいての意見、そして意見を述べるだけの知識がなければ、審査に参加できない気がする。

ネットが想像する以上の速度、「え?あれはそういう意味だったの?」と、後で気づいてぞっとする。そんな、リアルの木霊とか、リアルの残像が、ワンテンポ遅れてネットで拡散されていく、ような世界。

 

この動画の意味だって、全然違う。

もう、はっきり言っているんだ、これ高市さんを橋本さんが叩いているという側面しかネットは盛り上がっていない。甘利さんは、幹事長として「でカップリング」と言っている。戦略的にデカップリングって言った。分離とか、そういう意味。

ポンと英語が出てきたので橋本氏も対応できなかっただけだろう。

 

このコメントの本質は、高市さんと靖国じゃない。橋本さんは、そういうことを言っているけれども。
自民党の事実上のトップの幹事長が、中国に対して「戦略的にデカップリング」って明確に言った。

もう総理とも話していないと、ここまで言えないんだよ。
準備は終わっていると言っていい。法案のおぼろげな姿のイメージだって終わってる。そして、ネット保守が口出しするような、そういうレベルや事態ではない。(高市・靖国で議論している時点で、もう意見をいう段階が終わってしまった。)

次の業務フローに移っていると想定すべきで、「タスクチームに所属する委員」において、実務的に「内部で審議」するという、ただ粛々と進むのみ。さらっとアウトプットとして現実に出てくるんだろう。

その、議案に対して具体的に口出しをするならば、要望の出し方も、すべて法律に基づいた、相当に高度なやつじゃないと無理だ。私を特殊な人間という気はないけれど、うちのチームのエキスパート級を3~4名、張り付きで集中稼働させて、それで一案件に、ちょっとだけコメントできるかどうか、とか。そういう速度。

動き方を読むだけでも忙しいというか、全貌が見えない。
速い。

 

 

こっちだって速いんだよ。

総理の所信表明は明日というか(日付が回っているという意味では今日)だ。
まだ所信表明は終わってない。これは原稿ではないけれども、アジェンダ的なものを先手を打ってもう公開している。

だいたい所信表明は、メディアにいいように叩かれて、捏造される。

報道される前に、先手を打って公開していく方法は、保守系議員が機動的にメディアと戦う時に多用してきた戦法だけれども。
解散が早まったのは想定の範囲内だったけれど、所信表明のアジェンダと思われるものが、日付けが変わった直後にすでにアップされて、メディアにも「枠をはめる」のは、今までは考えられない。

 

 

まぁ、私は、反省している部分があるんです。
はずしたんですよ、いくつか。総裁選においても。そして、「この人のロジックはかなり正答だろう」と思った記事が、それも上方修正で照準がずれた。私たち、前線の人間が、しかも分析を主とするものが、(下方に修正するならまだしても)上方に照準がズレることなんて、ほとんどないんだ。

基本的なロジックは間違っていなかった、ほぼ100%と言っていいぐらいにあたっていた。ネットもメディアも含めて、総合点で見れば、最強と言っていいぐらいの正確性、速度だったと自負している。けれど、それでも外したんだ、何点か。

いずれも、照準よりも、現実が上方修正されている。速度が、私の想定より速かったというのは、解説を聞けば納得してもらえると思う。その原因は、多分、岸田総裁の「敗北の経験」だと思う。明日以降は、このあたりの分析を書きたい。

反省とは、宏池会はお公家集団などではなかったんだ。かつては、そうだったのかもしれない。けれども、ある時期から大きく変質したんだ。谷垣さんのとき、それとも溝手さんのとき、河合さんの補選で敗北したとき、それとも小選挙区と公明党に差し出さざるを得なくなったとき。我慢に我慢を重ね、抜刀すべき時すら抜刀せず、もはやお公家とバカにされ、、、

禅譲狙いで、耐える道を選んできたわけだけれども、重ねに重ねた我慢。
動けなかったんじゃない、動かなかったんだ。宏池会の速度を見誤っていた。ここ一年で負けまくった経緯があり、恐らく中身が戦闘集団に変質していた。しかも、耐え抜いてきた組織は、鉄の結束。

最初は、お公家集団だったのかもしれない、そう評価されても仕方なかったのかもしれない。けれども、総裁選の前に、宏池会は戦闘集団に変質していた。速度は、想定値を大幅に越えていた。仕事のやり方は、大幅に変わる。パラダイムシフトというレベルで。

ネットがこの状況変化に追いつくまで、しばらくかかるだろう。
メディアや記者すら追随しきれていない。リアルの残像が、ネットに木霊として表示されるような、そんな未来を書くことになるとは思っても見なかった。

 

 

私は岸田陣営を応援したけれども、実際に30分、会った。
その時の判断から違和感を覚えていた。そして、谷垣さんの動画、あとは一部の報道。

現場にいたから気づくことができたんだとは思う。
宏池会をお公家集団と揶揄していた人は恥をかくことになる。次のエントリに向けて、私は先に反省を示し、これらの認識を撤回しておきたい。総裁選の応援において、薄々わかってはいたけれども。

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

12 Responses to 【感謝】菅義偉総理、お疲れ様でした。誰がやっても苦労する時期だった。

  1. あき より:

    重要土地法案~とか言うけど、あれザル法案も良いとこです。 慰安婦の件は歴代自民党がずっ~~~とお粗末で、トドメが安倍晋三慰安婦合意・この国賊が公式に認めた事は絶対に許せない詐欺に日本人の税金10億の無駄に出したのも許せません、今度また岸田になり、朝鮮人の騙り婆が何か言ってるらしいですね。 この朝鮮人の日本に対する態度・ゆすりタカリ反日は絶対に変わりませんし、嘘しか言いません(合意も戦後補償他も意味を為さない)から、即時断交して欲しい。  媚支那韓自民創価政府に言っても、暖簾に腕押しでしょうが。
    菅にお疲れ様~何て言いたくないです。  随分好意的に書いてるけど(自民党だから仕方無いですね)生活が苦しければ生活保護貰えば~と言った事は絶対に忘れませんし、この人全く意味のある武漢肺炎対策してません。  利権五輪もゴリ押し開催され負債額3兆以上です、武漢肺炎ウイルス新種株も入り放題でした。(パソナ竹中一派とかは大儲けで笑いが止まらないでしょ?人材派遣とか言って全く使えない不適材不適所~中抜き90%以上?とかですし、政府とべったりやりたい放題、地方自治体に潜り込んで行政の邪魔して金だけは貰う)
    せっかく天皇陛下が、五輪開催は見合わせた方が良いのでは?と言う主旨のお言葉されたのに。  擬似保守、自称保守、自民信者には呆れた。
    こういう事言うと、自分は出来るのか!だの言う人が居るけど、日本の首相でしょ?日本国の為に仕事をしろ!と言うのは当然。 

    次は岸田・・・、全く期待していなかったが、組閣面子も最低で、増税だけは絶対にする!と言う確固たる意志だけしか感じない。 犯罪者、変態、在日朝鮮犯罪ヤクザの妻のパチンコ議員を役職に就ける・・・自民創価党はそういう集団だって事です。 創価公明党には絶対に国土交通省提供ですしね!! 自浄作用0、むしろ、どんどん悪化劣化中。  
    これを支持する~と言うのは、受益者、信者でしょう。

    1. icyoshida より:

      自民党が疑似保守というのは聞き飽きた。
      遠慮せず保守の働きしてもらって構わないですよ。
      所属参議院議員ゼロ、衆議院議員ゼロ、地方議員ゼロ、首長ゼロで何が出来るのか知りませんけど。
      国政にも地方行政にも立法権にも行政権にも何一つ単語一つ反映させられないのに威勢だけはいいねえ。

      しかし、自民党員の現職議員のブログでよくそこまでボロクソに言えますねえ、感心します。

  2. 名もなきせいぎーー より:

    広報能力はあったと思いますよ。ポエマーだっただけで。

    いくら軽量級といっても仮にも大臣なので。
    もう少しマシなことを言ってもらわないと。

    あとは「部会でギャーギャー」に象徴されるように意見を集約し、
    自身をアップデートすることができない人が中枢にいたと。

    元々見ている範囲が狭すぎる人達というか。

    彼らの失敗は一言で言って感覚が古かったから。
    2000年代前半くらいに通用した手法を今更持ち出されても。

    岸田政権の最初の印象。速い。ちょっと驚いた。

    G20に行かずに今月中に選挙を打つ。

    外務省は出席を求めたと思うし、財務省も補正予算の成立を
    求めたと思う。

    あとネットでも誰も言っていない、市議も言っていないけど
    デジタル庁の大臣交代。

    岸田派だったので変えないかと思ってました。
    これもデカップリングの一環かと。

    デカップリング自体はもう決まっており、よほど政治、
    産業レベルで実務的な知識がないと何も言えないと思う。

    橋下さんレベルでは到底無理。無理なもんは無理。
    というか見ている視点自体が既に違うというね。

    あとは金融、軍事、国内治安分野における対処をどう求めていくか。

    実務者が動けるようにするにはどう動けばよいか。

    我々が念頭に置くところはそこじゃないでしょうか。

    まずは目の前の衆院選に勝つこと。まずはそこからです。

    足元を固めないと進まない。求めたものは得られない。

    邪魔する奴は全力射撃でいいと思う。

  3. ミカンの実 より:

    小坪議員、政治を変えるためには、政治家になるか、政治家に影響を与える納税者になるかしかないと思ってます。日本の政治には色々と言いたいことは山ほどある。でも日本が一番!もしも嫌ならアメリカでもヨーロッパでもアジアの他国に移民すればいいだけのこと。私は日本が一番住みやすいし、日本の文化が一番素晴らしいって思います。日本国の政治は大変ですよ。軍隊はなくて、法改正もままならなくて、それでいて経済は大国ですから。でもそれだけまだまだ伸びるということです。デフレ30年をなんとか乗り越えて、さらに文化的にも経済的にも、そして抑止力としての軍事力もさらに良くなっていくと思います。

    菅元内閣総理大臣になってしまって少し寂しいです。よく頑張ってくださいました。ありがとうございます。

  4. BLACK より:

    岸田内閣の一見地味に見えるけれど最強っぽい布陣。
    最強・鉄壁の党内人事。
    バンバン出て来る明確な言葉・明確なビジョン。
    予想を上回る速さの解散・総選挙。
    (この日程ならばもしもコロナの冬場の次の波が来ても間に合うのではないかと思います。コロナ禍においては一番安全な時期の選挙になると思われます。)

    岸田氏のお力ではあるのでしょうけれども、驚かされています。
    宏池会全員のお力でしょうか。
    ワクワクします。と言うか、ワクワクする暇も無いです。

    維新は早速岸田内閣を敵認定して攻撃を始めましたね。
    菅政権の時は協力体制でしたのに、非常に分かりやすいです。
    見ていて恥ずかしくなる程あからさまです。
    自民Vs維新、または政府Vs維新の構図がはっきりしたように見えます。
    維新の正体が明確になり、これはこれで良いことだと私は思っています。
    今後の公明のスタンスも興味深いです。

    菅内閣の光と陰の
    陰の部分全てに光があたって行くような感覚です。

    菅総理大臣には感謝しています。
    この一年、どれ程のご苦労であったかと思いますし
    そのご苦労とお心は正当に評価されてはいないと思います。
    けれど、間違いなく闇と言うか、陰もありました。

    普通に働く普通の庶民が安心して普通に暮らせる毎日を
    岸田内閣ならば実現してくれるのではないかと
    私は大いに期待しています。

    岸田総理と、閣僚の皆様と、自民党の皆様と、官僚の方々に
    心から期待しています。

    極左も極右もマスコミも出る幕が無い政治を
    岸田内閣は見せて下さるのではないかと
    私は期待しています。

    以上 文責 BLACK

  5. 神無月 より:

    私も大きな事は言えませんが、菅前総理の器から見れば、難しい法案をコロナ禍と五輪開催是非の中でよくやられたと思います。

    人心を引き寄せる力は、生まれ持った霊的なところですので、仕方が有りません。
    その中での実績を批判するのは簡単ですが、マスコミ野党合掌連合+国際金融を相手に戦うのですから、総理と云えども一歩前進は大変と思います。

    残念ながら、総裁になられた時に任期が一年と感じた事は正しかったようです。

    お疲れ様でしたと、労いの言葉になります。

    岸田政権が誕生し、日本の株価は大幅に落ちました。
    竹中氏を外した事への経済界の見立て?でしょうけれども、小坪市議が言われている様に、岸田文雄氏の本気モードを読み違えている様にも思えます。

    早速メディアは、岸田内閣の評価を下げモードに誘引していますね。
    総選挙目前では、通例の御祝儀期間も無いようです。

    解散までの短い間に、インパクトのあるメッセージが出せるのかが勝負なのでしょうね。
    .

  6. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    菅義偉総理に関して言えば、先ず何よりもお疲れ様でしたと言いたいですね。

    誰もが指摘する様に、正直言ってアピール力は低かったのですし、武漢肺炎禍の最中で負荷も大きかった事と思います。
    それを逆手に取るかの如く、数々の業績を残したのは、任期満了後の事はその時に考える方針で、兎に角引受けた仕事は我武者羅にこなして来たのではないかと思える程です。

    武漢肺炎禍対応に関してはほぼ宗教戦争になってしまうので多くは語りませんが、純粋に数字を見ればその功績は大きかったと推定します。
    特にその効果は次の内閣へのプレゼントかの様に、ここ近日に顕著になったのはニクい限りです。
     
     
    扨て、500円が硬貨に成って随分と経ちますが、以前は紙幣だった事を思い出しました。
    この500円紙幣に描かれて居たのは、岩倉具視と言う幕末から維新にかけて生き抜いた公家でした。
    公武合体を強力に推し進めて行きましたが、最終的には倒幕の立役者となった人物です。
    その様な業績の裏側で、自分の屋敷を賭場にしてテラ銭を得たりと、中々の曲者でもあった様です。

    岸田新総理にも、良い方面で曲者であって欲しいと思います。
    「内閣総理大臣就任にあたっての決意」に於ける安全保障の項では、特に曲者であって欲しいと考えます。
    広島出身の総理大臣としての立場上、理想は高く持つべきとは思います。
    その一方で、現実を見据えて先ずは「広島を再び被爆地にしない」を目指し、段階的にリアルに沿った政策を推し進めて欲しいものです。

  7. 波那 より:

    🔻19年夏にPCR機器を中国が大量発注 米英豪チームが解析
    コロナ12月発生説を疑問視
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA233970T20C21A9000000/
    2021年10月5日 4:00

    米国、英国、オーストラリアの民間研究者は、新型コロナウイルスの発生源となった中国の湖北省で2019年5月以降にPCR検査機器の発注が急増していたとの報告書をまとめた。同年秋までに新型コロナが広がっていた可能性が高いと指摘。同年12月に最初の感染例が見つかったとする中国の説明を疑問視した。

    米英豪の元情報機関の職員らで構成する調査チームが、中国の公共調達の入札情報を集約したウェブサイトからデータを収…

    この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
    ……………

    中国人の入国禁止が遅すぎたからだと、去年一斉に非難されていましたが、もう前の年から中国人が世界にウィルスを撒き散らしていた事になります。事実、日本より早くに中国人を入国禁止にしたアメリカでの感染の広がりが早くて余りに感染者の数が多かったので、おかしいなと思っていました。

    中国はまた新しい生物兵器を準備していると思います。武漢ウィルスで全世界に被害を撒き散らす事が出来たのですから。中国人を定住させるのは一番危険です。中国と日本を行き来してウィルスを持ち込みますから。ヨーロッパでの感染が蔓延して行ったのは、イタリアに定住させてる中国人が春節から戻って来てからでした。

    選挙ですが、無党派層の数が一番多い。その日頃、無関心な無党派層を投票所に足を運ばせたら公明党と連立しなくて良くなります。中国人を入れ続けてるの公明党でしょ。また国交省大臣が公明党です。

  8. M より:

    ブログ主が書けば、それに付和雷同、忖度するのがならい。

    だが、
    先ず、菅が100%駄目だったわけではない。
    その中でも携帯電話料金値下げは見えやすく、実際効果の出たものだ。
    他にもいくつかあるが、全て内政。

    して、この菅、官房長官という女房役が表だった首相になるとこうも惨めなのかという実例。
    本人もよく分かった様で今やスガスガしい。

    だめな点。
    まず日本国を代表する顔として
    陰気過ぎる。

    そして説明能力、説得力等が無い。

    それから本来保守政党ならその基本政策でどれほど前進できたのか?

    最後に最低の河野太郎をお土産にした罪。

    まだまだあるが、とりあえず。

  9. 福岡 秀憲 より:

    菅総理本当にありがとうございました。

    コロナによるストレスを、口下手にぶつけたいじめみたいなもの…
    為政者の務めであるとは言え、悲しい国民性でもある。

    僅か一年で成し得た仕事は忘れずに覚えておきます。という国民も一部必ずいると信じたい。まずは、自分が忘れない!を目指す。

    岸田総理の体制は、自民党を組織として変えることが出来るか、出来ないか?
    そういう戦いになっていますね。
    明らかに、今までの政府の在り方よりも、党の在り方よりも、政策の発信内容に変化がある。
    菅総理のことへの反省からか、「発信」がすごい。
    薄っぺらい「人気」とかで無く、「内容」で押して行ってますね。

    岸田+甘利の体制で、変革できるか?
    勝つか、負けるかの岐路と感じます。

    取り巻く環境が、就任からの日経平均下落(ダウに連動している・恒大の件)や、米英3個空母打撃群+F35発着の「いずも」、それに対して台湾防空識別圏へのCHINA軍用機多数侵入。

    ご祝儀相場や、ハネムーンは無しという、それもまた本質的変化の要因でもあり、逆に勝負には「運」が絡むことも事実。

    ここの戦いは本当にシビア。総裁選にて、国民の関心レベルやネットの感情吹き上がりがどう作用する・リアルとの乖離も見せつけられました。

    今回の変革期を失うと、次までには私の寿命は尽きていそうですwww
    応援の仕方のナビゲートよろしくお願いいたします。

  10. アンチレッド より:

    >コロナ禍の、国難。フラストレーションも溜まる。
     私個人の考えにはなるが、のち振り返れば失敗だと言われる判断だってあったのだろう。

    mRNAワクチン接種は現時点ですでに失敗だったのではないですか?
    もはや新型コロナウイルス感染症よりmRNAワクチン接種の方が健康被害が多くなっているのではないでしょうか。
    さらにワクチン接種の有無による差別という社会問題の発生。
    コロナ禍というよりワクチン禍でしょう。

    小坪市議と同じ立場の自民党地方議員の方が一般質問されている動画
    閑道人@risingsinot
    小田圭一議員の岡山県議会での質問 (1/6)
    ・新型コロナの感染者数
    ・死者数   PCR検査
    ・新型コロナワクチン ワクチン接種後の副反応
    岡山県議会 令和3年9月定例会 本会議 一般質問 9月28日 自由民主党 小田圭一議員
    https://twitter.com/risingsinot/status/1444969104281014275
    約2分20秒の動画が6本

  11. 波那 より:

    菅総理、有り難う御座いました。マスゴミは報道しなかったけど、数々の業績を成し遂げられました。💐

    自由 @Free Tweet000 8時間
    「バイデン大統領に直接要請し、 福島のコメや 牛肉を含む日本産食品の輸入規制を全面的に撤廃させた」を新たに追記しました。

    まさか9月16日から2週間ほどでさらに追加す るとは思わなかった。 ワクチン接種率も最新に 反映してます。 これが最終版かな。

    ・学術会議の改革着手

    ・10兆円規模の大学ファンド創設で若手研究者らへ経済的な支援策 ・交付金による地方銀行再編を後押しする改正金融機能強化法を成立

    自衛隊基地など日本の安全保障上、重要な土地の利用を規制する主要土地利用規制法成立

    安定的な皇位継承において現在の皇位継承順位を維持する方針

    個人/中小/フリーランスあらゆる業種へ給付や減税・免税などの支援策 ・自由で開かれたインド太平洋構想の推進

    日米通称クアッド)を推進

    ・日米豪印 (通称クアッド) 会談を毎年の首脳会議開催とすることで一致=日本の推進が完全定着

    ・パイデン大統領に直接要請し、島のコメや牛肉を含む日本産食品の輸入を全面的にさせた ・オーストラリアと円滑化協定でモリソン首相が総理に敬意と感謝 法改正可決

    ・まだ情報の少ない時期にもかかわらず、今となっては安全性や効果に優れた3種(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)のワクチンを国民全員分確保 ・3回目も確保

    接種スピードも世界トップクラス

    ・ワクチン接種の割合は713% (米国 64.0%)、 目の割合は60.9% 米国 55.15%)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください