しっかり休む。次、駆けるために。


 

 

体調は良い。
本当にのんびりと寝た。何もしていない。
仕事がまったくないわけではないが、今日は何もしなかった。

良い感じにゼロリセット。
「もういいかな?」と思いつつ、せっかくなのでここで完全に休んでおきたい。
どうせ年末には何か起きるだろうから、そこで過負荷かけることを前提に「休めるうちに休む」としておこう。

それにしても、ここ半年一年は無理をした。
継続的に戦うためには、計画的な休養が必要だ。
無理に無理を重ねても(せざるを得ないときはあるのだが)、先日のように激しく体調を壊してしまうもの。

戦うために、休む。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

7 Responses to しっかり休む。次、駆けるために。

  1. k より:

    お疲れ様です。。。

  2. しょろ より:

    駆逐艦もドック入りですね。

  3. ゴミ≪毎・朝・N・T≫さようなら! より:

    日本の為、世界の為、ご家族の為にもお休みください。

  4. 旧新人類 より:

    小坪先生、ゆっくりできてよかったですね。勝手に書き込みしますね。

    JU Marketing
    @jumarketingtx
    6時間
    現アメリカ大統領のコロナに対する議会への要求をなぜ、米国の3大ネットワークは無視するのか?この演説は、アメリカで、全く報じられていない。コロナの影響でアメリカ国民は疲弊していて、トランプ大統領は一人2000ドルの給付を要求。議会に議決修正を求めている。@realDonaldTrump
    大統領の演説。

    Blah
    アメリカ国旗
    大統領選HQ
    @yousayblah
    Thank you, Mr. President!

    トランプ大統領、米国民に還元せず海外や箱物、不法移民やジェンダー教育に税金の垂れ流しの93兆円コロナ法案を厳しく批判。

    米国民は一人当たり$600ではなく$2000を受け取るべきとして議員達に再協議を求めた。法案に改善が見られない場合、拒否権を発動するとのこと。

    なし崩し的に可決されたコロナ+オムニバス法案、5000ページ以上もある草案はあれもこれも詰め込まれ、トランプ大統領も激怒のパキスタンへのジェンダー教育(?)、反乱法の無効(!)などとにかく酷い。

    記者や言論人が寝ずにページを繰って、誰がいちばんトンデモな一文発見するか競争してるらしい。

    (以下、もえるあじあの記事から引用)

    速報:5,893ページの法案に隠されている@realDonaldTrump
    拒否権が期待されているのは、次のような規定です。

    「大統領による反乱法の使用を無効にする。」

    政府機関の停止を人質にどさくさ紛れで出した6000pの書類の中に
    戒厳令を無効化法案を紛れ込ませて押し通そうとした

    ペロシとマコネル自分で地雷置いて全力で踏み抜いて草

    (マコネルの嫁は、台湾出身といっても外省人でしょ?こんなの運輸長官に任命して大丈夫かと思ったけど、やっぱり。アンチチャイナチ学院さんが言うように、この国の人間は一切信用できないね。)

    高橋 佑幸@日々是学習/データサイエンティスト
    @yukou_takahashi
    憲法専門弁護士イヴァン・E・ライクリン氏が、興味深いツイートをしているので分析したい。

    「明日は攻めるぞ! #ペンスカード」
    ⇒ペンス副大統領が、選挙人の投票結果の受け取りを拒否するカードを意味していると思われる

    そしてその根拠が実に興味深い
    ⇒⇒最高裁の自爆行為の恩恵である

    ライクリン氏に宛てのツイートが端的に物語っている

    https://twitter.com/BradStoneburner/status/1341587870885289984?s=20
    「これは素晴らしい。
    連邦最高裁は、先日の選挙の時と同様に、どのような訴訟も却下するだろう。
    あるいは、訴訟を起こした人は、不正がなかったことを証明しなければならないでしょう。
    これは素晴らしいことだ」

    連邦最高裁は、選挙に関する紛争の取り扱いを却下した。

    つまり、今後いかなる訴訟も取り扱わないということである。

    そして訴える側が正当性を証明しなければならない。

    【それは民主党側も同様になる】

    さもないと最高裁は自己矛盾を来たし、自らの正当性を消滅させかねないからである。

    よって、ペンス副大統領が選挙人結果の受け取りを拒否した場合、民主党側が不服を訴えても【連邦最高裁は取り扱いを拒否し、却下せざるを得ない】のである。

    もしダブルスタンダードを示し、民主党側の言い分を認めたら、自己矛盾に陥ることになる。

    (この人の見立てによると、最高裁は政治に不介入だそうです。面白い展開になってきましたね。アメリカの民主主義が守られますように!)

  5. 福岡 秀憲 より:

    次の戦いの為ですから、あと少なくとも2・3日は休んで下さい。
    お願いしますから…

  6. 黄色くん より:

    トランプ大統領も、この火急の時期にクリスマス休暇を取りましたね。計画的に、休みべき時は休む、が正解なんでしょうね。

  7. 琵琶鯉 より:

    日本の国体を護る戦いに皆様、是非とも
    参加して下さい。やり方は簡単。この朗読の動画の拡散お願い致します。
    みずうさ大明神チャンネルより
    https://youtu.be/_TN-khtD9s0
    ttps://youtu.be/5vAVC6JIeE0
    ttps://youtu.be/yetdlOtZgwo
    ttps://youtu.be/Mua0if3tCyo
    皇室の危機を如何に回避し、護るか。現在国益を守る議員会派の方々が、提出している法案の元になった書籍の朗読です。国民が広く知る事で国会議員への後押しとなります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください