【極秘】半島有事は起きるか否か?各国のチキンレース、全員ドボンの危険性。政治家の見方(分析方法の公開)


 

 

私は、年頭より半島問題について異常な的中率を誇っている。
しかも「起きてからの分析」ではなく、だいたい3日ほど前に「こうなるかな?」と推論をし、ほぼ未来日記のように的中させていく。なぜ分析できたのか、その手法を公開する。

タイトルに「極秘」と入れたが、これは釣り文言ではなく。
実際の公的機関やインテリジェンスより「理由」を教えてくれと乞われたり、「情報ルートの公開」を強要されたり、「分析手法を買う」と値札が付けられたものであり(しかも桁が数千万円)、様々な組織が求めた情報である。

私は売らず、かつ教えなかった。
公開することで、その価値は消失する。
ここに公開するのは、実際の極秘情報だ。

 

▼異常な的中率
テレビに出てくる評論家や、専業の分析官以上の的中率であり、ここは強調しておきたい。
威張りちらしているように見えたら申し訳ないが、(事態が発生する以前に)先行して「かなり踏み込んだこと」を書いているため、【外したら政治生命が終わる】規模の論評を行っている。過去分析ではなく、未来予測を公開するというのは、実は極めて危険な行為だ。
未来予測の、異常な的中率。これは自他ともに認める部分であり、強いプライドももっている。

年頭において「半島を損切り」する点から始まり、事実上の朝鮮有事の可能性を示唆、これはパククネ大統領の弾劾裁判以前の話だ。かつ、大使が戻った際の重み、その速報性、その後の情勢分析、そのほとんどを的中させている。下手したら「起きる前に」当たっている。

米国は二正面作戦が難しい、それは事実なのだが、「ゆえに起きない」という楽観論もあった。
データに基づけばそれは確かに事実なのだが、この予測は瓦解したに等しい状況。
では、なぜ私はあてることができたのか。

 

▼その効果
すでに投資家なども重視しているBlogとなっており、いまの読者層は保守のみではない。
国会議員の読者(毎日ではないが、感想を個別にメールでくれる先生も。)いたりして、ちょっと嬉しい。

また、恐らく自民から情報をもらえないからだと思うが、左派系の記者の情報源(恐らく自民はこう動くだろう)という指標にも用いられているようで(これは伝聞)実際に一部の論調に影響を与え始めてきた。
異常なまでの的中率の効果は、ここまでの波及を生じている。

 

▼分析手法
数値に基づくのは当然だが、最後の最期で「数字を捨てる」ことにある。
数字を用いた分析で未来を予測しているわけではない。
理系なりの分析手法で分析していた対象は「人物の性格」であったり「癖」なのだ。
矛盾するように感じるかも知れないが、数字の積み重ねの分析で、「人を読む」のがポイント。

そして、各所から「私だけに頂きたい」と強く懇願されている、【朝鮮有事の可能性】に関する、私の現在の読みを公開する。
併せて「極秘」とされた分析手法を公開する。

※重要
本日もサイバーテロを受けた。4回目の攻撃である。
12時40分頃よりアクセスできなくなり、復旧したのは21時頃であった。

恐らく明日も明後日も同様の事態が生じるのだろう。
それでも復旧させ、そして書き続ける。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

起きるのか、起きないのか。
「それは誰にもわからない」と冒頭で述べてはおくが、
様々な分析や論評もあるが、私の読み方とは異なる。

 

私自身も、あるかないかについては、断定は避けたいと思う。
しかし、高い現実味を帯びており、「備える」ことは必要な状況だということは、強く述べたい。

ここは強調しておきたが、年頭において「現状を読み」かつ、大使が戻った際の重みなど、
この件に関しては、私はそのほとんどを的中させている。

 

報道よりも、そして政治的な事実よりも、
先読みして、悉くをあてている。

その読み方を書いておく。

 

見ているのは、人。
その人の「癖」を見る。

国とか数字だけではない、無論、読むのは数字なのだが、
分析に基づく推論には違いないのだけれど、数字のみで組み立てているわけではない。

判断や動き方の「癖」を見ている。
重視しているのは「人間」です。

 

数字のみを追いかければ、「米国は二正面作戦が難しい」「ゆえにやらない」という結論を下した論調が一部にあった。
それは分析としては王道なのだが、しかし未来を当てることはできないだろう。
事実、できなかった。

シリアの際は、議会の承認すら得ずに、撃った。
ではそのトリガーが何だったかと言えば、噂はご存じだろう。

「映像を見て、毒ガスに倒れる子供がかわいそう」というエピソードだ。

 

 

 

コロンブスの卵
「できる・できない」じゃないんだ。
だったら、戦争なんて起きないし、全ての商行為は全員が黒字だろう。
株で損をする人間だって存在するはずがない。

決めるのは、人間なんですよ。

 

数字で、つまりデータで示せるのは
「できる・できない」であり、能力として充足しているか否か、だ。
ある意味では、それだけに過ぎない。

これは株式などの統計では、ほぼ同様の回答がでるわけで、予測はある程度は当たる。
しかし、外交を含む政治では、これだけでは正解は導けない。

決めるのが、人間だからです。
しかも個人が強く影響を及ぼす場合もある。

特に、乱世の場合はそうだ。
単なる統計は、よくできた模範解答にはなるが、それが未来を正しく読む可能性は極めて低い。

 

「できる・できない」という資料を前にした上で、
政治家は「やる・やらない」の判断を下す。
人間が判断を下す。

各国に政治家がおり、それぞれの立場の「人間」が判断を下す。
データに基づかぬ、パッションがそこにはある。

単にロジックだけで動くわけではない。
ロジカルに分析を行う私が言うと違和感を感じるかも知れないが、
情勢の分析を積み重ねても未来を読むことはできない。

 

過去のデータ、そして現在の状況を正確に把握するのは当然なのだが、
最終的に何の分析を行うかと言えば「その場にある人間」の、性格や判断の癖を読む。

この「人間分析」を丁寧に行い、外乱として存在する「人間らしさ」を折り込んで予測を行っている。

「この人は」「こういうとき」「どう動くか」である。
性格を判断するために数字を分析するが、
未来の予測をする際には、数字から敢えて離れる。

 

 

 

肉が大安売りでも魚を買う人はいる。
具体例を出す。

 

肉が大安売りの日があり、なんと高級国産牛が5割引きとしましょう。
数字のみで読むならば、肉を買うのが正解のはずなんだ。
だけど、物凄く魚が好きな人だったらどうか、という話。

 

しかし「最近、魚を食べてない」という状況が継続していれば、
その方は魚を購入するという選択をし、食卓には魚がのぼることとなる。
肉が安くても、だ。

ゆえに。
肉を買うほうが妥当だという分析は、外れることとなる。
人を見ていないからだ。

 

私は甘党だ。
そして酒が一切ダメで、基本的に飲めない。

仮に、非常に貴重な酒があろうとも、恐らく飲まないだろう。
魔王があろうが、百年の孤独があろうが、十四代があろうが同じである。

「こんなにお得だ」とか「これほどの妥当性がある」と、
そのフィールドの分析をしても無駄な場合がある。
一般論としての模範的な答えは出せても、アクションには結ばない。

 

実は数式も組み立てていたり、結構、複雑な式とか、
行列で幾何的に変形させてみたり、バックグラウンドでは色んなことをやってるんだけど、それは秘密。

私の卒論は、虚数空間内での、物体の変形で行列式で幾何的に示していくというもので、「非可換幾何学」です。数学でも新しい分野で、教科書もなくて(卒論の目的は教科書をつくることだった)少し変わった分野なんです。工学部出身ですが、卒論のみ数学。

ようは「強いストレス状況下」では、特に「人間らしさ」の外乱の係数が異常に上がる場合があって。
それを私は乱世と呼んでいるのだけど、その係数が高い場合は「模範解答は軒並み外れる」と思ってるってことです。

 

 

 

人間は、不条理な生き物
肉の特売日であっても、肉を買わない人はいる。
特に「嫌なことがあったり」「逆に嬉しいことがあったり」した時には、
もしくは記念日であったり、特別な事態であれば、人は不条理な行動を行う可能性が高まる。

 

その不条理とは、周囲から見て不条理なだけであって、
当事者から見れば、それは「当たり前」の行動なのだ。

 

また、当事者のみならず、「当事者に近い」人間には納得できる行動というものもある。

まったく甘いものを食べない人なのだが、ある日、ケーキを買った。
365日の購買データに基づけば、甘い物を買う可能性は極めて低い。
ここで丁半ばくちをすれば、誰しも「買わない」に賭けるわけだ。
オッズははねあがる。

だが。
いつもは買わないケーキを買うこともある。
例えば大事な人の誕生日だったり、その人が家を訪問したり、と。

余り仲良くない人は「え?あいつがケーキ買ってる?」と不思議がるわけだが、
密接な友人は「そういえば遠距離の彼女の誕生日か。」

 

となれば、遠距離だが、会う可能性をほぼ断定できる。
「①彼女が訪ねてくるのだろう」 or 「②彼女を訪ねるのだろう」の二択に絞ることができる。

彼が駅に嬉しそうに向かったとき、それが軽装であるならば、答えは①の可能性が高い。
逆に、スーツケースを持って駅に向かったのであれば、答えは②の可能性が高い。

 

これらの行動パターン、本人なりの事情。
それは「くだらない部分」に見えてくる。

趣味嗜好、好物、家族構成、
感情面については、キレた瞬間、もしくは我慢した瞬間。

人は不条理な判断を下す生き物だが、
不条理を読むことは不可能ではない。

先ほど少し卒論に振れたが、 i×i=-1である。
これが可換というものだが、『i×i=1』となる世界が非可換な世界。
いわゆるディラックの海というもので、単一平面上に空間を構築することができる。その空間内における物体をベクトルに変換し、行列式に配置。幾何的に物体を変形させていった場合の、数式を構築していく作業が非可換幾何学。

数字の世界においても「不条理」というものはあり、そして不条理は解析可能だ。
かつこの学問は、まだ未発達であるが、特に外乱のウェイトが大きい場合は極めて効果的な分析手法となると推定する。
日本語の教科書は、存在しない。

 

 

米国と北朝鮮、そしてCHINA
米国も、北朝鮮も、CHNAも、(規模こそ異なれど)似た状況にある。
国内においては「強いリーダー」であることが求められており、引っ込みがつかない。
その際に「できる・できない」は関係ないわけで、その場の人は「やる・やらない」の二択なのだ。

 

かなり前置きが長くなったが、このような前段がなければ、
恐らく以下を真面目に読んで頂けないと思ったのです。

やっていることは「置き換え」と、「その場に立った気持ち」を推定するというだけなのだが、言葉としてはかなりラフなものとなる。

 

いまの三者は、
いわゆるヤンキーが、「俺は強いんだぞ」と、手下や彼女の前で強がるようなものです。
「怖いでやめます。。。」と屈した時点求心力は喪失する。

ネットではギャルビッチとかDQNとか叩かれるし、皆様から見れば
生態も思考パターンも意味不明なのでしょうが、彼らは彼らなりのルールがある。

それぞれに大切に思うものがある。
ただし、(そのルールの中で生きる者以外からは)意味が分からない。
女の前でかっこつけたいとか、意味不明に「このコーナーを速く周りたい!」だとか、「車を、ピッカピカにするぞ!」だったり。

それらのジャンルを場合分けしていく。
どういうときに怒り、どういうときに悲しむのか。
そして、「いつ撃つ」のか。

癖というものはある。

 

米国も、北朝鮮も、CHNAも、この三者は「退く」と求心力が低下する。
全員が退くことが、世界平和という「最大公益」に合致するのだが、
ならば過去の世界においては戦争自体が生じない。

「退くことによる求心力の低下」が、何より価値が勝る場合もある。
特にCHINAの場合はその傾向が強く、国内問題ゆえに「屈することができない」のだ。
恐らく習近平は、CHINA内での政争に敗れることとなり、「弱い男」になることができない。

別に戦争がしたいわけではないのだろうが、無論、利益は欲しいため、
勝てる喧嘩はするが、「損がしたいわけではない」のだけれど、

それでも「退いた」というイメージを持たれるだけで死活問題なのだ。
彼は失脚し、最悪の場合は死ぬだろう。

 

トランプ大統領にしても似た状況。
ここまで部隊を展開しておいて、
空母から何から手配しておいて、「何の手柄もなく」【退くことが許されない】のだ。

退いた場合はどうなるか。
彼の政治力は、大きく削がれるだろう。
所詮トランプもこの程度、という認識になろう。

日本人ですらそう思うだろうし、米国人はもちろんそう思う。
イメージ戦略ではないが、誰しも国内問題を抱えた上で、外交を戦っている。

 

北朝鮮はどうか。
北が屈すれば、つまり、米国に土下座すればいいのだが、、、
無条件降伏のようなことは、恐らくしない。

そのような理性で、つまりロジックに基づいて動いている国であれば、
こうはならないからだ。

「北朝鮮さえ、屈してくれたら」と日本人は願うだろう。
そうすれば、トランプ大統領も矛を収めることができ、
【日本に被害はない】からだ。

この自分の利益に相当する部分は、まず消してくれ。
北朝鮮は、日本の利益とか、貴方が生きようが死のうが、どうでもいいわけだから。
北の判断を分析する際には、北の利益を基準に論じねば、目の前が歪む。
分析においては我が国の利益、また私たちの利益は除外すること。

 

北朝鮮は、恐らく「一番びびり」である。
兄弟を殺した際に確信した。

殺されることを最も恐れており、彼らは恐怖で政治体制を敷いているのではなく、
恐怖に駆られているのだ、逆なのだ。

 

まぁ、怖いとは思う。
でっかい空母が攻めてきた。

まともな空軍はなく、海軍も頼りにならない。

反撃手法は限られ、メインは歩兵。
武装も旧式で、もう竹やりで戦うようなもの。

そこに巨大空母が2隻と、潜水艦、特殊部隊まで来るという。
怖いと思うのが普通である。

かつ、元からビビり、である。
ビビりの虚勢が北朝鮮の行動原理だと思うが、こういう奴はチキンレースが強い。
かつ危ない。

ビビりは、手加減を知らず暴発するリスクも内包しているからだ。

 

 

 

ヤクザの組長の自宅に、ヤンキーがピンポンダッシュ
北朝鮮を、ビビりヤンキーと仮定する。
CHINAは、内弁慶の番長みたいなもの。
この場合は、米国がヤクザ組長宅となる。

 

ビビりヤンキー・手下(北)
「俺、言っとくけど、ヤクザとか怖くないから笑」
「見とけよ?おりゃ!ピンポンダッシュじゃ!」

組長(米)
「・・・」

※ 組長としては格が違う場合には怒れないという事情もある。

 

ビビりヤンキー・手下(北)
「お、新車のレクサス買ってやがる。」
「(彼女に)見とけよ?10円パンチで、ガリッと傷をいれたるわー」

※ 怖い者、格上の者にちょっかいをかけることで、自尊心を満たす行動を示す場合がある。

組長(米)
「くぅぅおりゃぁあああああーーー!」
「ゆるさんぞぉ!」

↑いまココ

 

組長(米)
「若頭と組員を派遣!」
「自宅を取りかこめ!」
「撃つぞ、おんどりゃ!」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「手下が何かしましたかな?」

組長(米)
「おまえんとこのガキ、いい加減、しばきあげるぞ」
「自分で落とし前つけんかい!」
「いいか、おまえがやれよ?」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「ああん?(ドキドキ)」

※ 番長は、恐怖政治で群れを統率しているため、ビビっていると思われると、番長の立場を喪失する。

 

組長(米)
「ちょっと、番長、事務所で話そうか。」

番長(CHINA)
「(こ、こ、怖くないもん。手下にナメられる。)」
「(逃げるな、俺)」

「番長の度胸ってもんを見せてやる」

組長(米)
「ま、デザートでも食え。」

(ばきゅーん)

組長(米)
「とりあえず、50発ちょい、撃ったから。」

 

番長(CHINA)
「(10秒沈黙)」

「え?もう一回、説明して?」

組長(米)
「撃ったから。」
「でよ、番長はどう思う?」

番長(CHINA)
「お、おう。い、いいんじゃないかな?」

「あ、あいつら、薬とかそういうのやってたんすよ、そういうの、ほら、よくないっすからね(滝汗」

組長(米)
「・・・だろ?」

 

組長(米)
「ところでさ、お宅の手下がおるじゃろ。」
「おまえがしめろよ、うちの事務所に火をかけるとか言うてんだけどな。」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「あー、そうですね、えっとですね。」

組長(米)
「おまえがやらんなら、うちがやるで?」
「な、わかっとるよな?」

 

番長(CHINA)
「手下、おまえ、何をしてくれとんのじゃ!」

ビビりヤンキー・手下(北)
「う、う、うるせぇ」
(ちらちらっと彼女を見る。)

大量の黒塗りの車に包囲された、
ビビりヤンキー・手下(北)の自宅。

組員が、チャカを構えている。
手元にあるのは、バタフライナイフのみ。

 

 

 

普通ならば、ここでヤンキーは土下座で「ごめんなさーい」となって円満解決なのだ。
だが、問題はビビりであることと、すでに謝っても許してくれなさそう、という点。

ビビりゆえ「もう、どうにでもなーれ」がある。
というか、暴発するのは、だいたいビビりな奴だ。

 

組長も退けない。
すでに若頭を動かし「俺は撃つけんな!」「半端なことじゃ許さんで!」と啖呵を切ったあとだ。

何もせずに、手ぶらで帰ったら恰好がつかない。
もうヤクザも廃業だ。

両者のにらみ合いは続く。

 

 

 

チキンレースで全員ドボン
三人とも、チキンレースで勝ちあがってきたような連中だ。
退かないことが売り、である。
それをスタイルとしてきた。

「きっと相手が降りる」と信じ、それでのしてきた。
恐らく、降り方がわからない。
降りない、退かないを繰り返すと、勝負の降り方がわからなくなる。

 

そういう人間だけでチキンレースすれば、全員ドボンとなる危険性がある。
だいたいヤンキーの喧嘩とかは、こんな感じでスタートする。
走り屋とヤクザが喧嘩したり、高校生のカラーズ(色ギャング)と暴力団が衝突したりしてきたが(そして時々、私も巻き込まれていたが)だいたいの場合は、退かない連中・退けない連中の、それぞれ異なる理由が衝突し、チキンレースで全員ドボンからスタートする。

 

例え話ばかりだとわかりにくいかも知れない。

米国が撤退する条件は、北朝鮮が「全力で敗北を認めること」である。
靴の裏を舐めるぐらいの醜態を、全世界に晒せば許すだろう。

具体的には「核の放棄」もっと言えば「米軍の進駐」を許すこと。
これぐらいしないと、トランプ大統領は退けない。

 

しかし、北朝鮮はビビりなのだ。
核を手放した他国がどうなったかが頭をよぎり、ビビりゆえ核を手放すことができない。
臆病者が、銃から手が離れないのと同じだ。

また、世界に対しての敗北宣言は、北と言う国家の崩壊を意味する。
何がなんでも政治体制の存続を求めると思うし、もっと端的な欲求は「死にたくない」であろう。

意味不明に感じる北の動きだが、実は「死にたくない」が行動原理であると推察される。
かつ、破れかぶれになるリスクも内包しており、しかも失うものがない。

すでに何人か殺している犯人が、人質をとって立てこもっている。
「ど、ど、どうせ、投降したって死刑なんだろぉ!」と怒号をあげている者は、だいたい臆病者である。そして臆病者は危険だ。

破れかぶれにやって人質を殺す。
突入され、犯人は射殺される。
ではビビりの犯人は死にたかったのかと言えばそうではなく、
生存欲求が非常に強かったはずなのだ。

にもかからず、自ら死ぬ方向の選択をしてしまう場合がある。
それは、やつがビビりだからだ。

生きたいのに、人質を撃って射殺される犯人もいる。
ビビりの生存欲求は、時に破壊的な衝動につながる。

さらにマイナス要素もある。
北朝鮮の「いまの三代目」は、戦争を経験していない。
初代、二代目は戦争経験者であり「あれはひどい」という記憶をもっていた。

彼の引き金は、軽いんだ。
撃つ危険性はある。

 

北は屈さないだろう。
核を手放したり、米軍の進駐を認めることはない。
むしろ、死なばもろとも、失う物なんてないぜ!と発射する道もある。
ビビりゆえの、強がりの暴発。

北が折れない。
となると、米国は引っ込みがつかない。
退いた場合には、世界の若い者になるからだ。

 

ではCHINAはどうか。
米軍の進駐を北が受け入れれば、米国の基地を有する地域と、国境を接することとなる。

「番長、一言、やつに言ってくださいよ」と、手下たちに言われたら
「おうおう、組長さんよぉ。そこ、うちらの溜まり場なんすわ」と滝汗をかきながでも言わざるを得ない。

北と米国が「うまくいく条件」があったとしても、
CHINAはそれを承服できない。
ここに難しさがある。

「米国と北朝鮮」が合意できた場合、
その合意をCHINAは受け入れることができない。

承服し、是認した時点で。
CHINAの体制は崩壊するだろう。

 

 

 

一縷の希望
ここまで書けば「じゃ、絶対、起きるんだ」と考えるだろう。
実は、起きない可能性というのも示唆しておきたい。

これは「なんとなくのカン」である。

 

ロジックに基づけば、米国は二正面作戦が難しいのは現実だし、
こんな事態に発展する可能性なんて、どこにもなかったのだ。

だが、実際にこうなっている。
なぜならば、そこに人がいるからだ。

 

それぞれの「人」の前には、大量の資料があるだろう。
山のような紙の束が、データが眼前にひろがっている。

だが、データ通りの答えを下すのが人ではない。
データに基づかぬ不条理の積み重ねが、目の前の現実である。

 

ならば、逆もあるのです。

全員が「チキンレーサー」と仮定するならば、

チキンレースをやってきた者ゆえの「感じるもの」がある。

 

先ほど、全員ドボンの話をした。
チキンレースでのしてきた者は、「全員ドボン」の恐怖をよく知っている。

わかるんだ。
チキンレーサーたちは、類まれなるチキンレーサーたちは、
「なんとなく」感じる。

「あ、、、これ、全員ドボンじゃね?」と。

 

その際、サーキットブレーカーのように、
なぜか全員が、同時に足をとめる瞬間というものがある。

全員ドボンで痛い目を見た者だけがもつ、動物的なカン。
そういうものが、勝ち上がってきたチキンレーサーたちにはある。

 

 

 

 

世界を巻き込む、各国の運命を懸けたチキンレース。

 

まず脱落したのは、弾劾を決めた韓国。

 

現時点では、まったく落としどころなんて見えない

 

世界は落としどころと安定を求めていると思うのだが、

 

そして三者ともに落としどころを模索していると思うのだが、

 

だが、誰も「今は」見つからない。

 

ゆえに、このままいけば、「全員ドボン」で、有事となってしまう。

 

だが、勝者不在の全員ドボンと気づいた時点で、

 

生っ粋のチキンレーサーたちは、何かを見つけるかも知れない。

 

鉄火場の空気に馴染んだ者だけが見える「何か」

 

つまり「獣のカン」に基づく、サーキットブレーカーが発動するか否か。

 

動かぬロシア、語らぬプーチン大統領。

 

この静寂が一縷の希望であるならば、「まだわからない」と期待も持ちたい。

 

「確かに極秘情報」だと思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

ちらっとだけ希望の続きを書いておく。
ロシアが静かだ。これは異常なことなんです。

プーチン氏のコメントが、ほとんどあがっていない。
楽観論は述べたくないが、異常と感じたファクターは注視する必要もある。
実は「話がついている」可能性がある。

米露で何かの「未来の約束」があるのならば、自ずとその位置に世界は収束するかも知れない。

米国も「撃ったら」損もある。
北が反撃するが、無論、負けることはないが、尋常ならざる被害は出る。
韓国は焼け野原で、我が国にもミサイルは着弾するだろう。
北が撃つ可能性はゼロではないが、先制は米国からなされるだろう、あるならば。

反撃として北が応射。
山岳地帯ゆえ、航空攻撃は効果をあげず「結構、時間かかる」と思う。
2~3日ではなく(取り逃がせば)二週間、三週間は見たほうがいいのでは?
その場合は、ミサイルの着弾は、覚悟したほうがいい。

米国は、それでも始めるだろうか。
このチキンレースの勝者は、誰なのだろう。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【極秘】半島有事は起きるか否か?各国のチキンレース、全員ドボンの危険性。政治家の見方(分析方法の公開) への56件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【極秘】半島有事は起きるのか否か?政治家の見方(分析方法の公開) 私は、年頭より半島問題について異常な的中率を誇っている。 しかも「起きてからの分析」ではなく、だいたい3日ほど前に「こうなるかな?」と推

  2. ネット保守 のコメント:

    先生!すごく面白くてにやけながら読んでしまいました。
    にやけちゃだめだろう!この非常事態に!とかおもうかもしれませんが
    絶対笑かしにきてる!こんなコメディードラマ仕立てずるいw
    特に「たぐい稀なるチキンレーサー」からのオチはもうおかしくて耐えられませんでした!私の家族にも元チキンレーサーがいるのでww

    私たちギャラリーとしては「チキンレーサー世界最強決定戦」を見守るしかないですね。
    ただあまりに大きなレースなのでギャラリーの数も前代未聞、
    観戦に不慣れなギャラリーもいる事でしょう。
    そんな方達に「そこは危ないからもっと離れて見なさい」
    と観戦なれしてる常連はキリッと教えてあげたいですねw

  3. Masa のコメント:

    >その不条理とは、周囲から見て不条理なだけであって、
    > 当事者から見れば、それは「当たり前」の行動なのだ。

    分かります。先日、仲の良い同僚と雑談した際、「日本のためにすごく頑張ってくださっている議員の先生が居て、気持ち程度だけど応援の意味を込めて個人献金してるんだー。福岡の行橋って所の市議さんなんだけど。」と言ったら、全く理解できないという顔をしていました。

    「そういう献金とかって、地元の議員で何か口利きしてくれるとか、自分にメリットがある相手にやるもんじゃないのか?」と言われたので、「メリット?強いて言えば、日本がより良くなる・・・かも?」と返した所、宇宙人を見るような目で見られました(笑)

    さて、自分としても、追い詰められてヤケクソになった北が怖いです。
    こんな展開があるのではないかと妄想しています。(映画の見すぎ?)

    ・キム一族は生き延びたいし、支配体制を最後まで崩したくない。何だかんだで威嚇以上のレベルで撃つつもりは無い。(←プロのチキンレーサーなりにギリギリ限界のラインは把握している。今まで食糧支援とか取り付けていたのはダテではないぜ!)
    ・そんな中、北の軍上層部は、状況的に絶望であると悟る。米軍に攻撃されて死ぬか、降伏してもどうせ上層部の自分達が責任を取らされるかの未来が見えてしまう。
    ・こうなりゃヤケクソだと、軍上層部が土壇場でキム一族を暗殺し、軍事クーデターを起こす。
    ・諸悪の根源を暗殺し、やり遂げた所でふと思い返すのは、今まで処刑された同僚の顔やら、飢える国民と丸々太った支配者の対比やら。あぁ、オレの人生一体何だったんだろう。
    ・もはやすべてがアホ臭くなり、最期にデカい花火でも上げてやるかと、軍上層部が核ミサイル発射。全員ドボン。

    極限まで追い詰められると、思わぬ方向から想定外の伏兵が出てきて、薄氷のバランスでぎりぎり成り立っていたシナリオを一気にひっくり返す なんて事もありそうで怖いですね・・・。

  4. Tanaka のコメント:

    そう、ロシアが沈黙を保ってるのが不気味なんですよね。
    今までなら、何かしら意思表明をしてると思うのです。
    ロシア単独で、斬首作戦を秘密裏に準備している可能性は
    どのくらいあるのでしょう。

    あと、中国内部でどのような動きがあるのか気になっています。
    共産党が軍部を統率できていないようなので。

    それと中国と隣接している国々の反応ですね。
    喧嘩売られまくっているので、中国の動きによっては
    戦闘状態になるかもしれないと考えています。

    取り越し苦労ならいいのですが。

  5. 頭痛が痛い のコメント:

    北:やるやる詐欺をずっとしていたが面子を大事にするのもここ。やっぱ韓国と兄弟だよなと思う。記者を平壌だかに呼んで重大なことをすると言うなら
    やはり面子の上でも何かやらかすのだろうと予想をつけるが、ドンパチかどうかは不明。ミサイル攻撃として確実にとどき打撃を与える場所に落としても
    次の2発目は間違いなく日米同盟国が打ち込み制圧するだろう
    と考えればもうどーにでもなーれと周囲にバラまけるだけばらまくか、自爆するかだが
    果たしてどうなるのか

    米:なんだかんだ言って今回はトランプさんは脅しだけじゃなく本気で打ち込むだろうなと考える。(よほど何かでブレーキがかからない限り)今までさえ交渉も、経済制裁も効かずなんだかんだと引き伸ばし、どんどんミサイル開発が進んでこの状態。なおかつメディア含めアメリカ国内での工作のウザさ。深刻になるレベル。一旦白紙状態に戻すかトラウマ植え付けるのが手だと自分なら思う。
    しかし攻撃理由が薄いので米国ならスパイ使って北から適当に周辺国へミサイルを落とした後口実作ってから攻撃開始になりかねない。
    その時はある程度強い攻撃理由がいるから同盟国の都市部でもやられるかなーとも考える。その可能性にはもちろん日本も入っている。

    しかし未だにトランプさんをバカ扱いする奴がいるが工作員なのか
    どう考えても頭がいい。特にバックが。敵には効果的なお膳立てを作り最も効果的場面で脅しをする。同盟国との仲良い宣伝も効果も凄い。
    今の状況、流れを見ても本当は化け物だと思う。
    今の日本の総理が安倍さんで本当に良かった。安倍さんと縁の下の力持ち集団が今の日本を支えている。(私は自民党至上主義ではないが)
    そして日本のために草の根的に活動し人生を捧げてる議員、右系ブログの方には感謝しかない。
    本当にありがとうございます。
    有事の前だからこそ感謝の言葉を伝えておきたかったので、とりあえず。
    長文失礼しました。

  6. 鳥海山たろう のコメント:

    オバマのときも「米軍が北朝鮮を先制攻撃したらどうなるか」というシュミレーションをしましたが、「米韓に莫大な犠牲がでる」ということで思考停止になりました。
    (この詳細はおそらく公開されてないのでは)

    トランプに変わってもシュミレーションしていますが、その観点というか次元が変わりました。

    「いかに米韓や日本の犠牲を最小に抑えて北朝鮮を崩壊させるには、米軍がどのように先制攻撃すればよいか」というシュミレーションに変わりました。

    おそらくクリントンが大統領になっていたら、こうはいかんでしょう。

    なぜ次元が変わったかというと、米国が、北朝鮮の核や化学兵器の脅威にさらされる時代になったので、北朝鮮への攻撃は「米国の正当防衛のための権利」と位置付けられるようになったためです。

    安倍首相とトランプの関係がいくら良くても日本は蚊帳の外に置かれるかもしれません。
    今週だれかれと飯を食いましたが、会社勤めの日本人はだれも北朝鮮の話題なんか口にしません。もう慣れっこです。

    うちの子供も10歳くらいから「北朝鮮と戦争になるの?」と毎年聞いてきましたが、もう最近は興味をなくしつつあります。

    時限爆弾をくわえた狂犬が近所をうろついているのですが、慣れっこになっています。
    日本人は左翼の洗脳で催眠術をかけられてきました。

    米国人のなかにも、シリアよりも北朝鮮のほうが米国にとって深刻な問題だと考える人間が出てきました。
    拉致にはあんまり関心をもってもらえなかったですが、KN08やKN14のことを知って大部分が背筋ぞっとしているはずです。

    それでも先制攻撃はかなりハードルが高く、難しいと思います。
    米国内部では、先に北朝鮮に手を出させて、それを突破口にイラクみたいに総攻撃するシナリオも考えられているのかもしれません。

    今後も小坪先生の大胆な予想を楽しみにしております。

  7. 名もなきせいぎーー のコメント:

    サイバー攻撃が平常運転になりましたね、

  8. 一般人 のコメント:

    みんな関係者を内側に引き込んで参加させようとするのは、どなたの発案なのでしょう? 
     
    ロシアがこのチキンレースに参加する可能性があるという事でしょうか?
    しかも、ドボンではなくて丸く収めるスゴ技があって、「ロシアが言うんだからしょうがないよね~」って、みんな解散するんでしょうか?
    核爆弾もビビりヤンキー・手下(北)もロシアのプーチンさんの監視下におかれ、大人しくロシアのシベリア辺りで余生を送るのでしょうか?
    ロシアにはスノーデンさんもいらっしゃいますし、アメリカからの避難場所見たいですね。
    挙句の果てに、日本は北朝鮮の民主化の為に奔走するのかしら?
    資金は韓国にあげましたから日本国民に出せとは言わないでしょうけど、戦火を免れたのだからなんとかせいって、親分に言われそう・・・
    もし拉致された方々が取り戻す事が出来るなら、それは素晴らしい事だと思いますね。
    そしたらパチンコで大もうけした方々にお帰り頂いて、お国の再建をして頂くことになれば丸く治まりますね。
    こんな夢の様な事が起きるとは思えないのですが、妄想してみました。

  9. ひかりちょういち のコメント:

    ワロタ。
    「世界の若い者に」ワロタ
    単なる誤植に見せて深い暗号を発信しています?
    ワロタ。

    さて、私は北九州に住んでいます。市内に朝鮮学校が存在しています。朝鮮半島からも近いです。長崎原爆の時のファースト標的地だった所です。

    今後しばらくひかりちょういち(世界の若い者)にハンドルなめを変えます。

    一月くらいの予定

    引きこもりに必要な水と、缶詰約200個、電池200個、電灯とラジオ等買いますた。

  10. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    三つの「チキンレーサー」ですか・・・。
    厄介なのはこのチキンレーサーの一つが、他の二つを凌駕するチキンと言う所でしょうか。
    朝鮮人の本領を発揮する事が無ければ良いのですが。

    歴史的に見れば、徹底的に他者に依存&寄生し、それは名も顧みずに敵にも尻尾を振り、謀反と裏切りを勝利と正当化し、使う手段は万人が驚く程に姑息を超越した姑息な手口。
    唯一、こんな人間性を放棄した様な他を凌駕した民族を、暴力と精神的圧力で上手に纏め上げ、「YES」か「はい」の二択しか与えない事で、結果的に地域の平和を齎して来たのは嘗ての支那です。

    北朝鮮が土下座すれば米国ならば振り上げた拳を下ろす事を、正義と位置づける可能性があります。
    所が朝鮮民族だけの世界では、最後に裏切りさえすれば土下座も無かった事になると言う、もの凄い敗者復活ローカルルールが存在します。
    ココを米国は誤る可能性が高いと推察しております。
    正しい朝鮮民族の討伐方法は、土下座する隙も与えずに取敢えず絶命寸前まで殴り倒し、その後に土下座させて更に土下座した朝鮮を更に殴る蹴るして、頭を土足で踏みつける所まで行わないとなりません。
    相手が朝鮮の場合はこの人間性を放棄した様な非情性を徹底しないと、訳の分からない敗者復活ローカルルールが適用されてしまう所に恐ろしさがあります。

    このチキンレース、漁夫の利を中共が油揚げを攫う様に得る可能性が残されている様で、その点が懸念点がと考えております。

    • 読点 のコメント:

      >正しい朝鮮民族の討伐方法は、土下座する隙も与えずに取敢えず絶命寸前まで殴り倒し、その後に土下座させて更に土下座した朝鮮を更に殴る蹴るして、頭を土足で踏みつける所まで行わないとなりません。

      文明国の人間を自認する者は、誰もやりたくないでしょう。
      ましてアメリカの自画像は「ヒーロー」、次いで「ジェントルマン」ですし。
      結果、「朝鮮族」に対する理解が進み、篤い共感を基礎に据えた日米蜜月がはじまるでしょう。
      「日本よ、やっとわかったよ……」

      ああ、いけない。
      鳥海山たろうさんに「あなたのコメントは在日朝鮮人への差別感情が全般的に強くて、非常に問題があると思います。」「在日への攻撃を促す、またはそそのかす」と怒られてしまいます。
      (参照)https://samurai20.jp/2017/01/kolie-29/#comment-67338 以下

      • 櫻盛居士 のコメント:

        読点様

        このコメントで、鳥海山たろう様に怒られる事は無いかと推測します。
        史実として嘗ての支那が朝鮮をその様に治める事で地域の平和が齎されていた事は御存知の筈ですし、支那方式の統治を止めた事で朝鮮半島だけではなく、他国にも迷惑を振り撒いている事も御存知の事でしょう。

        そもそも、アカの着包みを剥いでみれば、中身は朝鮮人であったと言う事も御存知でしょうし。
        但し、文明国の人間を自認する者向けには「敵はアカ」と言う形式を前面に表す必要がありますので、そこをすっ飛ばして直球ストレートで朝鮮人を狙う様に見えてしまうのは宜しくないと言う事を仰っているのでしょう。

        実際の所、中の人に朝鮮人が多い事を知る人は、日本でも一部ですから、文明国の人間を自認する他国者向けには尚更です。
        何故、中の人に朝鮮人が多いのかと言えば、朝鮮人の思考特性として「目先の利益」こそが最大の価値観であり、何でも他者のせいにする共産主義も、これまた朝鮮人の思考特性との相性が抜群に良い為、朝鮮人自身も自らがアカと自覚していないアカが大勢存在している事が理由でしょう。

        まぁ、どちらを叩いても結果はほぼ同じと言う事です。

        それならば「第三者への見せ方にも気を配ろうよ」と仰っているのでしょう。

        • 読点 のコメント:

          了解しました。

          櫻盛居士 さんは、大人なんですね。

        • 読点 のコメント:

          櫻盛居士 さんに敬意を表してもうやめようと思っていましたが、あまりのことに衝撃を受け最後っ屁をかましてしまいました。

          詳しくは、しばらく上に上ったところにある読点のコメント。

          もっとも、大した価値はないので知らなくとも問題ありません。うん、間違いなくみんな「知ってた」w

  11. 名ナシ のコメント:

    ティラ―ソン国務長官がロシアを訪問してましたね。
    プ-チン大統領とも対談をしている所もポイント。
    トランプ大統領の「昨夜、北朝鮮の脅威に関して中国主席から非常
    に良い電話があった」というツイ-ト、良い電話って・・・?
    攻撃前の地ならしなのか武力介入回避なのか・・・。
    空母2、強襲揚陸艦2の大戦力を投入してる以上引くとも思えませんが…。

  12. ぽのかのぽん のコメント:

    小坪先生が分析しているのは「人物」「性格」「背景」なのですね。
    自分も最近、つくづく感じます。政治の動きは「人」を見ることなのだと。
    オバマが大統領に就任した際、「この人は黒人だし、元人権派の弁護士なのだから
    アメリカ国内の黒人問題(black lives matter)に積極的に取り組み、シリアの内乱にも
    積極的に介入して四苦八苦するのだろうな」と思っていました。
    しかし、起きたことは、皆さんご存知の通り、「戦略的忍耐」という建前の完全放置
    でした。この完全放置作戦は、対アジアの外交でも発揮されました。
    シリアやクリミアを放置することは、ロシアを有利にするだけだと、マケイン議員を
    始めとした、いわゆる軍産複合体からもたびたび批判されていたにもかかわらず、
    オバマは頑として動かなかった。
    このことから、オバマ大統領の八年間を通して学んだことは、アメリカの外交という
    のは、アメリカ大統領の個人的性格に強く影響されるのだなということです。
    じゃあ、トランプはどうか・・・と考えた時に、自分が驚いたことは、トランプさん
    は思った以上に賢い男だということです。歴代大統領の中でも、最もIQの高い人なの
    ではないでしょうか。今回のシリアへのミサイル発射も、発射してから1~2日は、
    アメリカ国内の保守層からも批判されてましたが、軍事施設への攻撃だったことから
    今は批判も収まり、概ね高評価になっています。このことで、アメリカの保守層と
    リベラル派の両方からの支持を取り付けることに成功しました。
    選挙期間中、「シリアのことなんてロシアに任せておけ」
    「外国のことなんか知るか!」と叫んでいたにもかかわらず、
    いざ必要となれば180度違うことでも即断即決できる人なのでしょう。
    また、移民問題で批判されているメルケルさんとも握手せず、アメリカの保守層から
    これまた絶賛されていましたし、閣僚人事も、「クルクル変わる」という批判を
    一顧だにせず、この人は適切でないと判断すれば、すぐに首を切って適材適所を
    実践しています。また、米中首脳会談の最中に大規模にミサイルを撃ち込むなど、
    過去の前例に全く囚われない性格なのでしょう。
    また、アメリカの過去の政策の本質を見極める能力(引継ぐ能力)も秀逸です。
    シリアの混乱がオバマの置き土産だとするなら、それを自分が解決すれば
    アメリカ国民からの支持も増えるだろうと読めば、すぐ実行しましたし、
    韓国に大使を置かないのも、韓国が2013年~2016年にかけて、アメリカから離反
    するような言動を始めているという現状を、よく知っているからでしょう。
    もし、トランプさんがオバマのような八方美人で事なかれ主義の人ならば、
    すでに韓国に大使を置いていると思います。
    で、このトランプさんの性格を踏まえれば、自分の分析では、トランプさんは
    遅かれ早かれ、必ず北朝鮮を攻撃すると思います。長くなりましたので、あまり
    詳細には書きませんが、どう考えをめぐらせても、中国と北朝鮮とで折り合いが
    つかないことは明白ですし、取引(deal)も成立しません。また、北朝鮮のミサイル
    の発射能力が向上していることは、アメリカのメディアはもちろんのこと、トランプ
    さんの支持母体の保守層からも、強烈な批判が上がり始めているからです。
    トランプさんは二期目も再選するために、何か大きな戦果を欲していますしね・・・

  13. 宮原えい のコメント:

    三人三様のチキン事情、ニュースで上がった細かい情報をきちんと全部入れ込んでて笑ってしまいました(笑)

    とても分かりやすいです。そして、国は舐められたら終わりってのは正しいなとも思いました。特に国内で支持がない独裁者は、舐められたら国内勢力に始末されるだけで生き延びる目はなくなる。威力のある間は傍若無人に虐殺でも何でも出来るが、内心常に恐怖と猜疑心に支配されているのでしょう。

    古代中国の支配者に仕えていた将軍は「この戦に勝ったら褒美はいかほどか?」と常にたずね続けたらしいです。何故なら「皇帝は猜疑心の強い方だから常に反逆を恐れている。自分が褒美目当てに戦ってると常に知らせなければ、いずれ反逆を疑う」と言ったそうです。

    今回の記事を読んで、このエピソードを思い出しました。

    日本はチキンレース国ではありませんが、チキンレース国に絶対に巻き込まれる立場です。出来るだけ被害が出ないように今出来る対策をやるしかないですね。

    サイバー攻撃で見られないと不安ですが、記事はプリントして読み返したいと思います。ありがとうございます。

  14. 月光仮面 のコメント:

    えーーーーと 私は アメリカは攻撃すると思います
    韓国の首都が(名前を覚えていない)危ないと言われて
    いますが その 危険を払いのける爆弾を今度
    使用しましたね あの爆弾をばらまき おとして
    北朝鮮の 戦車は大砲やミサイルを駆逐する と 同時に
    爆撃ですね これで ますます おきると思います 

    よ。

    • 月光仮面 のコメント:

      そして 人間 行動に思惑がある時が あると 思います
      移民を推進している かた 大学の先生だと思いますが
      完全に 思惑があると思います 決して 日本のための
      行動ではありません 歴史が 暴く時が来る

      思います。

      • 月光仮面 のコメント:

        皆さんが これほど心配している時に 自民党の働かない
        で総理になりたい人が列島改造論パート2なる本を出すとか
        何だか ネットニュースで見ました 私 この方を
        知らないで批判していますが 何だか 今 己の事ばかり
        口を開けば後ろから唾を吐くような事を言う そして
        親分が良くない と言うか あの親分の残党ばかりでしょ
        日本をぐちゃぐちゃにしたのは 私の本心はそんなに嫌いな
        人物でもなかった(それほど知らなかったからかもしれない)
        日本を思えば 今 総理になりたいと言えるのかな
        安倍総理が続投して改憲をする そして それの 手伝いを
        全力でするのが 責任ある人のすることでは無いだろうか
        なりたいなりたい だけなら おいらでも言える 
        本を出すなど 時代遅れ そして この前の大臣の時
        なーーーーーーんにも働いていないのかもね。

        すみません 自民党の皆様 安倍総理の続投をお願いします
        そして 日本のために 本当に良い憲法にしてください
        チャイナにODAで金をだし その 一部を受け取って
        いたとか いるとか していた議員もいるのだと
        ネットで聞きました いつか 必ず 歴史が暴きます
        今は 日本のために皆様働いてください そして
        農業をやりやすくするために 韓国の肥料だったか
        輸入するって その場限りの事はせずに(バックがあるの
        かもね)日本にあれだけのことをしている国の便宜を
        はかるような事は止めて ひとえに日本のためを
        合言葉でお願いします 場違いの発言ですみません

        • 月光仮面 のコメント:

          すみません 上に書いてる先生方 金のために
          動いているのかも知れませんが お願いします
          日本のために よろしくお願いします

          移民は 世界が失敗しています 母国を良くして
          共に共存するべきです

          総理は改憲ごに名乗りをあげてください
          だけどたいした仕事は おぬししていないよね

          農業をだしにして 己の手柄にするな
          なぜ韓国製の肥料なんだ これは金になるからか
          そうでなければ おぬし 政治センスなし
          日本にどれだけのことをしているんだ韓国は
          その肥料を使うなんて おぬし日本人か

          言いたいことを言わせて下さい
          小坪先生すみません 

  15. 波那 のコメント:

    中朝国境に瀋陽軍が15万人?展開してるようですが難民流入阻止する為だけでしょうか?瀋陽軍は江沢民派で習近平が掌握出来ていない部隊とも言われていますね。

    金正恩は姑息ですね。金日成生誕祭にかこつけてピョンヤンに海外メディアを招待してるそうですが、まさか空爆阻止の為に人質に取るつもりではないでしょうね。取材陣が出国するまで気にかかります。

    • 翼望 のコメント:

      十分にあり得るお話です。
      昔南のほうの国が竹島で似たようなことをやってきたことがありますし。

      第二次日韓基本条約
      http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2596.html
      >約4000人の漁師を拿捕抑留したうえで、刑務所に収監中であった約500人の凶悪犯罪者の釈放と在留特別許可を要求。
      典型的なテロリストの手口ですね。

      >4000人を人質にとれば、身代金:20兆円をせしめることができた。

      手口の汚さなはさておいて、敗戦、属国続きの朝鮮の歴史においては、数少ない成功例でしょう。
      いわば成功体験です。

      犯罪者は、一度味を占めると、同じ手口を繰り返すものなのです。

      もし各国の記者団を人質にできたとしても日本はともかくアメリカをはじめとした欧米各国にはどれほどの効果がありますことやら。アメリカは9.11の経験がありますし、欧米の治安機関には事件関係者を表す項目の中に「人質」と「要救助者」の項目がない(犯罪者の人質は人質にされた段階ですでに死んだものとみなされる)といいます。日本に至ってはイスラム国の一件に出てきた安田さんよろしく人質になるべくして行っちゃう人が出てきそうです。

  16. ふゆつき のコメント:

    トランプ大頭領は、北朝鮮攻撃後、中国も大混乱になるのも織り込み済で、その時、ロシアが北からなだれ込む。あとは徹底放置かな?と妄想しますw

  17. のコメント:

    人生に悔いはない。充分に豊かに楽しく過ぎ去った日々。
    最悪は核。難民20万。マスコミ煽りで安部失脚。
    夢は
    ロシアに刈り上げ亡命。アメリカ主導で半島統一民主化へ
    はかない夢を見たい

  18. スカイツリー のコメント:

    チキンレースで全員ドボンさせて
    ロシアが美味しいところを持って行くに
    一票入れます。

  19. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    日本人へのヘイトだと思います。わざわざ国会でやるなら制作者を呼んで欲しいです。

    NHK、「ニュースウオッチ9」の中で日の丸を中国国旗の下に表示…NHK「国の上下関係を示す意図はない」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1921613
    158: 名無しさん@1周年
    >>138
    自民党は横ならべにするのが当たり前といってる
    てか、それが常識でありマナー
    151: 名無しさん@1周年
    じゃあ、何のためにわざわざそんなこと
    してるんだよw
    視聴者はそれ以外の意図がわからないぞ?

    205: 名無しさん@1周年
    これか
    https://twitter.com/Yamato_Japan_/status/852473171030622209
    教科書最大手の東京書籍が『アンサイクロペディアを資料に採用する』恐怖の展開に。危険すぎる記述に周囲騒然
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50497423
    15: ニールキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ [US]:2017/04/
    >>8
    >江戸しぐさ自体が胡散臭い
    道灌も同感

    18: アトミックドロップ(中部地方)@\(^o^)/ [FR]:2017/04
    なんで根拠不明なのに教科書つかうんだレベルね

    前から東京書籍は反日&自虐押し付けで話題でした、妄想で教科書作られたら隣国と同レベルです

    明治神宮に液体、中国人女2人指名手配 “朴”今玉容疑者(49)“朴”善愛容疑者(49) ←!?
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51066789
    64: 閃光妖術(福岡県)@\
    >>50
    中国人の中にも朝鮮族はおるんやで
    漢族とか満州族とかそういうののひとつ

    文化テロだと思います

  20. 元修羅の国住民 のコメント:

    プーチンさんはむしろ三者(プラス旧瀋陽軍区)全員ドボンした後の事を
    考えているのではないでしょうか?
    全員共倒れ後の漁夫の利を狙うのは昔からのロシアのお家芸ともいえる
    伝統ですから。

  21. 八王子市民 のコメント:

    外交はヤクザに例えるとスッキリ理解できるというよくある状況ですね

    ミサイル攻撃はロシアを避けるように慎重に行われてますから、逆にロシアに手を出すつもりはないって明確な意思表示なんですよね
    2正面作戦どころか両面でロシアを牽制する妙手

    人間の性質でいうと、集団を破壊しようと圧力をかけるとぎゅっと団結してしまって逆に破壊できなくなります
    追加の制裁はもはや問題解決に寄与しないでしょう
    この状況で全員が面子を保ちつつ同時に降りる方法…イラン核合意かな

  22. 北九州市民 のコメント:

    小坪先生のような方が政府の中枢におられない(本当は深く関与している?)ことが疑問です。

    今や東大、京大をはじめとした旧帝大などの高学歴者はアスペルガーだらけで、いわゆる「テスト」が得意な暗記バカ・受験マニアだらけであることは自明です。

    高学歴だが、仕事は驚くほどできない、そもそもコミュ障で話にもならないというのがそこら中にいる。いい加減、学歴偏重の社会を改める時期ではないでしょうか。

    「机に座ってお勉強ができる・できた」だけの人間はほとんどの状況で役に立たない。もっと適材適所を重視した社会になることで、日本はまた一つ上のレベルにいけると信じます。

    小坪先生を筆頭とした政治家のみなさんに期待したい仕事です。

    • 東京の主婦 のコメント:

      北九州市民さん、話の本筋とは違いますが抗議します
      発達障害を持つ人に対して差別的な発言は止めてください
      自閉症児を持つ母として非常に不愉快です
      学歴偏重の社会の有り様を変えるべという意見には賛同しますが、なぜそこにアスペルガーという用語が出てくるのでしょう
      そういう発言が誤解や偏見を生みます。止めてください

      • 異議あり のコメント:

        言葉を投げつける本人は「アスペルガー」とはどのようなものかもわかっていない事が大半です。
        誰かを「普通」の範囲から除外して侮蔑する時に便利な、「馬鹿」よりも強い言葉ぐらいの感覚でしょう。
        安易に「自分とは違う」ものを下げる時に、病気や年代性別各種カテゴリを持ち出す方が左右どちらも多いのが悲しいところです。
        その言葉で糾弾したい相手ではなく、関係のない、その言葉に当てはまる人が最も痛みを感じてしまうのは理不尽だと思います……

        そして味方を増やす手口は左のほうが長けているのです。
        差別はよくない、ヘイトスピーチ、人権と表向きは綺麗な言葉を使うからです。
        相手ではなく外野にどう見られるのかを意識しないといけないです。
        この記事の話にも似ていますね。

  23. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    朝鮮人関係で、こんな記事がありました

    【調査】在日韓国人が最も多い都道府県はどこ?在日中国人と傾向に違い=法務省
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8849885
    18: (´・ω・`)
    重要なのは日本人との比率だぞ
    43: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
    誰か都道府県毎の総数と割合と生活保護総支給額纏めてみてください

    中国や朝鮮の帰化人を含めると1000万近く居る
    こんな少ない数では無い
    みんなの近所にもたくさん居るだろう
    名無し

    あと、コレ捕まりましたね。どうか、遺族が望む刑に処してあげて欲しいです。

    【千葉女児殺害】 PTA会長(40代・男)を逮捕。体に残されていたDNA型と一致
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52173261
    >>70
    いや、動物だって幼い子供を犯すなんてしないからね?
    理性のある人間がやることじゃないでしょ。
    女の身体が出来上がるのは中学生の中頃くらい。
    これはちゃんと統計を取って証明されてる。
    小学生に手をだすなんてありえないでしょ。生物学的にみてもさ。
    名無しオレ的ゲーム速報さん

    本当にとんでもないですね。
    栃木の宇都宮で約半年の間従業員の背中等をハサミで刺して昨日逮捕された販売店経営の男(新聞では実名報道あり)も地元の中学のPTA会長でした。
    ニュースにもなっていませんが
    もっと公にして欲しいですね。

    名無しオレ的ゲーム速報さん

    性犯罪から子供を守る活動、中3女子買春、平川貴之
    六実第二小学校の保護者で作る会の会長、千葉の女児殺害、澁谷恭正、渋谷恭正
    名無しオレ的ゲーム速報さん

    フィリピンで小学生を買ってた日本人校長もいましたね。

  24. のコメント:

    ロシアというかソ連は不凍港を欲して南下政策をとっていたんでしたっけ?
    ソ連は、日ソ中立条約を一方的に破棄し、敗戦後の日本を侵略し北方領土を占領したんでしたっけ?
    ならば、今回、有事が起きた際には、最後にロシアが介入してくることもあり得るのかなと思いました。

    スカイツリー さんと同様に、ロシアが美味しいところを持っていくに1票入れます。

  25. こたママ のコメント:

    在ニューヨーク日本国総領事館HPにある自衛のためのお役立ち情報です。
    皆様ぜひご一読を。知っておいて損はないと思います。
    もうどなたかが紹介済みでしたら申し訳ありません。

    テロ関連情報
    生物核化学兵器による攻撃への対策
    (米国土安全保障省より)
    災害は自然災害だけとは限りません。人的災害にも備えましょう。緊急時の対処法を知ることは災害対策の要です。数秒の差でまったく違う結果になるかも知れません。
    http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j6/

  26. さいたま市民 のコメント:

    今日意を決して子どもの担任に、非常時の対応準備が出来ているか確認してみました。答えはNO。行政からの連絡もないとのことです。辛かったのは、北朝鮮のミサイルが…と伝えたときの先生の表情。ああ、軽蔑してる時って、人はこういう表情するんですね。先生の心で私はモンペ危険人物のタグがしっかりつけられたのを感じて、凄く泣きたい気分になりました。一応は、jアラートが鳴ったらカーテンをしめて…と伝えましたが、jアラートも聞いたことはないとのことで、気休めにしかなってませんが、無いよりマシだと、子どもの命が大事だと自分に言い聞かせました。
    本当は、我が子がいざというとき自分で対応できればいいのですが、残念ながら自閉症児で、臨機応変の対応は絶望的。安全は先生に託すしかないのです。
    ずっと担任に言うべきか悩み苦しんでいました。結果も想像した通りでしたが。今回思ったことは、平時からjアラートを使ったミサイルの避難訓練やせめて学校職員の定期レクチャーを、なぜしてくれていなかったのだろうということです。してくれてれば、こんなに辛い思いもしなかったのに。さいたまなので、比較的ミサイル落下は危険度が低いかもしれませんが、無事であっても子どもの在学中ずっと毒親扱いと思うと、陰鬱な気分になります。
    行政も大手メディアも、罪は大きいですよ。

    • 一般人 のコメント:

      ご心配は当然でしょう。
      入間基地は有事の場合は救助活動を行うでしょうし、外敵が新潟県に上陸した場合、埼玉県は都市部への通路になると言われてますね。また、ミサイルだけでなく国内にいる反日勢力による暴動等の危険も、特にあるのでは?
      山本 秀和氏のFBでは、入間市では毎年訓練をしているようです。
      『午後は入間市国民保護訓練でした。市庁舎で化学剤が散布され多数の負傷者が出たという想定で実施されました。市当局、消防局・消防団、警察、陸上自衛隊・航空自衛隊、地元医師会・看護学校など、多数の組織団体のご協力により、今年も着実に実施されました。市民の生命、財産を守るために、初動から終息までを通じた対応の確認と検証など、継続的な訓練の積み上げが必要だと思います。』https://www.facebook.com/hidekazu.yamamoto1/posts/1456608727747168?pnref=story

  27. 翼望 のコメント:

    このブログの皆様には笑われてしまいそうですが、(未来の)半島有事に際してはこのような見方もあるようです。頭の片隅にでも入れて入れていただければ幸いです。

    開戦は26日深夜か?
    http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-3127.html#more
    以下引用

    今後の周辺各国の対応は、下記の本音を満たすものでなければならないかと。

    ・ 開戦後、米国は次第に後方へ下がり、韓国軍が前面に出るように仕向けたい。
    ・ 米国は、できるだけ長引かせ、南北朝鮮両者ともに疲弊させたい。
    ・ 米国は在米韓国人を、日本は在日朝鮮韓国人を、それぞれ本国に強制送還させたい。
    ・ 中国ロシアの関与は避けたい。(要するに、朝鮮内での内戦として対処したい)
    ・ 米国は、戦後の体制を解消したい。(韓国を消滅させたい)
    ・ 日本は中立宣言を出して、戦争には関与しない。難民は力を用いても排除。在韓邦人の救出に専念。
    ・ 日本は韓国を崩壊させたいが、北朝鮮を崩壊させたくはない。
    ・ 韓国は国家破綻(デフォルト)が目前。オリンピック開催も無理。だからなんとかして、自己の責任を回避したい。
    などなど。

    だから、戦術的には、米国とすれば、長距離ミサイルの発射場さえ破壊すればいいんですね。
    そうすれば、米国本土まで、核兵器が飛んで来ることはないから。

    あとは南北で適当に戦っていてくれればいいのかと。

    そして最後には、何発あるか知らないけれど、北朝鮮が核兵器を保持したままだと危ないので、できれば全部使わせて、なくならせたい。
    この役目には韓国が適任ですね。

    引用ここまで

  28. 波那 のコメント:

    自民党、北朝鮮有事に即応確認 二階俊博幹事長「遠くへ出かけないように」と所属議員に伝達
    北朝鮮情勢2017.4.14 11:31

     自民党は14日の役員連絡会で、朝鮮半島有事に備え、即応できる態勢をあらかじめ整える方針を確認した。

     二階俊博幹事長は同日の記者会見で、北朝鮮について「正直に言って、見通しは立てられない。慎重に見守りながら、後れを取らないようにしたい」と述べた。その上で「予定もあるだろうから急に縛りをかけているわけではないが、ただちに招集に応じられるよう、遠くへ出かけないように、という気持ちは(議員らに)伝えてある」と語った。

    http://www.sankei.com/politics/news/170414/plt1704140013-n1.html

  29. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、チキンレースとしての半島有事をとらえたするどい分析情報感謝です

    チキンレースの結果がどうなるのか?という視点すごくするどいです。
    それと、ロシアのプーチン大統領の静かな態度に注目している視点!なるほど
    このような視点からの分析情報は産経新聞でも、そして、あの虎の門ニュースでもなかったですね。青山繁晴さん、百田尚樹さん、井上和彦さん、有本さん、竹田恒泰さん、武田先生、大高さんからもロシアの静観についてはコメントはなかった。

    ですので、刮目していきたいとおもいます。

    閑話休題・・・・先生が甘党!酒がだめ!そして、非可換幾何学とディラックの海

    わたし、今回は、上記のことに刮目しました。

    >私は甘党だ。そして酒が一切ダメで、基本的に飲めない。
    >仮に、非常に貴重な酒があろうとも、恐らく飲まないだろう。
    >魔王があろうが、百年の孤独があろうが、十四代があろうが同じである。
    政治家で多忙を極める先生、お付き合いもさぞやおおいことでしょう。
    甘党はま、わかりますが、お酒が一切ダメってのはかなり、政治家としてはたいへんだろうなとおもいます。でも、がんばってください。

    逆に、先生がお酒のみたい!また、きょう、ワイン買ったよ!なんてコメントがもしでてきたら、うん・・これは怪しいぞ!!ってことになるのかな・・なんてw

    >「非可換幾何学」とディラックの海です。
    >教科書もなくて(卒論の目的は教科書をつくることだった)
    >少し変わった分野なんです。工学部出身ですが、卒論のみ数学。
    理系の政治家 小坪先生というのは、脳内保存していましたが、、、
    まさか、卒論が非可換幾何学とは!ちょうむずそう!
    しかも、先生のブログでディラックの海がでてくるとは、眼から超巨大な鱗がおちていきました。さきほど、学生時代に購入した量子力学 (ディラック (著), P. A. M. Dirac (著), 朝永 振一郎 (翻訳), 玉木 英彦 (翻訳))を久しぶりに手にとってみました。だいぶ、黄ばんでしまいましたが・・・(^ω^)

  30. 月光仮面 のコメント:

    政治家の皆様 学者の皆様 今 あなた方の一言一言 行動の一つ一つが
    歴史に刻まれようとしています 共産党は日本には不要です ミンシン党
    に一度でも存在していた人物は政治家としては もはや不要です自嘲してください

    朝鮮攻撃が始まると思います 今まで日本をたたき好き放題してきましたが
    アメリカがたたくと思います 何もなく平和が来ることが一番いいと思い
    願っています。でも 日本をたたきすぎましたね チャイナと朝鮮民族
    の方々 ともに平和の世界を満喫したかった です。

  31. Augusta のコメント:

     ここ数日のサイバーテロ、辻本問題を取り扱っていた頃とは別の相手ですね。この投稿後に止んだのは、正体をバラしているも同然です。

  32. チャロチャロ のコメント:

    保守速報さんも小坪先生ブログも今日は妨害が無い・・・・・・。
    まさか。
    「13日に料金を支払わなかった」から14日には妨害が無かったのか?

  33. ココ のコメント:

    お疲れさまです。
    とても賑やかですね。ロシアが静かという事ですが…
    北方四島を盗る時も静かだったのでしょうか?アメリカとの交渉で忙しかったのかもと思ったりします。どの国を眺めてもならず者に見えるのは勉強不足からかも知れません。そこはお許しください。

    朝鮮半島を盲腸に例えるコメントを多々見かける事があったのですが、小指に見えなくもないです。親指みたいな太さですが…
    以前敵対する相手から身を守る方法を教わった1つに、握られた腕から逃れるには、その手を振りほどくより先に、相手の小指を強く持ち上げれば、痛みで手を離すとの事でした。試す機会がないままにいますが、不穏な状勢から思い出しました。

    世界(状況)には2種類のもの以外ない気がします。極端ですが生と死、男と女、勝つか負けるか等ですが、言い訳と説明も対極なようです。
    好きか嫌いかもありますね。個人的にはいつまでもグダグダ言う人達は苦手です。
    強請や集りの国もです。

    私がトップリーダーなら、トランプのジョーカーになるべくの策を動きを模索しながら、プーチンさんに小指を持ち上げてもらうかも知れません。戦後70年以上も近隣反日国に血税を流し、結果ミサイルを向けられながらの先行きなら、ロシアとアメリカと日本では無理かなと思うのですが…甘いですね…

    北朝鮮の言い訳に堪忍袋の尾が切れたというところでしょうが、産みの親と育ての親のどちらもが逃げ切れば、アメリカの立場がきつくなるのも確かですね…
    チキンじゃなく、日本は本腰を入れてキチンとしなければなりません。私はこの大事な時に国会を遅滞させる民進党と共産党が消えて無くなれば良いのにと、憎しみに近い思いを抱えながら暮らしていますが、今回のような極秘文書にはとても癒されますので、これからも体調に気を付けてニヤニヤさせてください。

  34. 山田太郎 のコメント:

    金正恩がロシアに亡命、キムハンソルによる北の体制維持
    この辺りが現実的な落としどころですか?金正恩が飲まなければ
    開戦ですか?

  35. くし のコメント:

    「日本を取り戻す」、の一丁目一番地は国内の反日勢力、特に在日朝鮮人(含む韓国人)の殲滅。(もう少し穏やかに言えば、国外追放・あるいは国内での影響をなくすこと)

    第二次安倍内閣以降、そのための法整備(外国人登録、マイナンバー、安保法制、暴力団への締め付けなどなど)は着々と進み、共謀罪も成立間近。
    自衛隊の編成・装備替え、予備自衛官の増員、警察の装備強化も着々と進み、政権与党内、いわば身内の敵の反日勢力(小渕・松島など)も徐々に表舞台から去って行っている。
    外交でも、反日国家に対し包囲網を敷き、敵の孤立化と困窮化を進めて日本に手を出す余力を削いできた一方、日本の味方をじわじわと増やしてきた。
    戦後70年、いや、戦前からソビエト共産党に浸食されてきた日本を取り戻すには、同じ年月とは言わないけれど、「普通」にやれば、数十年はかかる。しかし、大きなきっかけがあれば別。犠牲はあるかもしれないが、どのみち犠牲はでるのだから、ただ犠牲を払ってメソメソ・ギャーギャーするだけでなく、それに乗じて一気に巻き返す。そのためのできることは着実にやってきた。

    というのが、ワタクシの妄想でもあり、願望。

    最初の攻撃(テロ含む)を無事生き延びられたら、反撃開始。
    絶対に、息の根を止めてやる。

    と決意して…明日に備えて、おやすみなさい。

  36. 個別の774人 のコメント:

    興味深いエントリありがとうございます,色々応用ができそうです。

    >チキンレースで全員ドボン
    具体的には「核の放棄」もっと言えば「米軍の進駐」を許すこと。
    これぐらいしないと、トランプ大統領は退けない。

    これは米国にとっては罰ゲーム臭いです、週刊実話のサイトですがこんな情報が。
    >「北朝鮮利権」奪取へ奔走するロシア
    ttps://myjitsu.jp/archives/20443

    米露はシリアで猫手の(効かない)殴り合いをしてますが、
    北朝鮮に露軍進駐で話がついている可能性もあります。

    あと、来週は
    「この嘘も いいね」と朝日(アカ)が 書いたから 四月二〇日は 珊瑚忌念日

  37. のコメント:

    恐怖に駆られている、という表現に驚いた。
    つい最近読んだ近代戦記小説で、共産主義国家の行動原理を主人公が全く同じ言葉で喝破するシーンがあった。
    知っている人間から見れば、虚勢など丸見えなものなのだろう。

    正直で謙虚な姿勢は、長生きの役に立つらしい。
    私も心がけたいものだ。

  38. 一郎 のコメント:

    小坪先生の「一縷の希望」が現実となることを期待します。

    まだ憲法改正も日本軍も出来ていません。
    中国(敵国と認識しております)に対する反撃用のミサイルもTHAADさえも配備しておりません。

    残された時間はないのですが、北朝鮮にいる拉致被害者の保護は、北朝鮮に攻めた際の日本軍の大仕事。

    市場は円高(現在1ドル108.57円)で、地政学リスクが反映され、戦争を現実的に意識しているようで、ビクビクしています。

  39. ピンバック: 【半島有事勃発後の推移】北朝鮮は山岳地帯ゆえ、意外に粘るか?ミサイルは日本に着弾する危険性も。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  40. ピンバック: 『韓国大統領選、安哲秀氏の支持率が上がった理由』(4/12日経ビジネスオンライン 趙章恩)について | 柏の住人

  41. ピンバック: 北朝鮮のミサイル発射は、本当に失敗なのか?ロシア南下の可能性を検証 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です